JAZZ & BAR em's(ジャズバーエムズ)

 銀座6丁目に2003年末オープンしたジャズバーです。
「大人のくつろぎ空間」をお探しの皆様にご案内申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時として気になるのが・・・

2008年02月29日 | たまには言わせて

 ジャズバーでライブを聴くときに、「お酒が飲めないから」と
必要以上に遠慮なさる方がいらっしゃることです。
まず、お誘いしても「飲めないから、そういう場所に行ったら
ご迷惑でしょう。」と、断られます。何がご迷惑なのかは
よくわかりません。で、いざ、お友達といらしても、
私「何を召し上がりますか?」
客「何でもいいです。ウーロン茶でも」
私「生のジュースもございますが。よろしければ、
コーヒーも・・
客「アルコールが入ってなければ何でもいいです。」
これは解せません。 だって、オレンジジュースとコーラと
コーヒーでは、味が違います。どれを飲みたくて、どれだと
飲めないタイミングなのか、って、だれでもあると思うのですが。
お酒を飲めないからと言って、特に値段が下がるわけでもありません。
(ジュースでも、コーヒーでも、ビールや水割りと同じ値段です。)
 ですからつまり、お客様としての売り上げへの貢献度は同じですし、
酒場の雰囲気から浮いているかどうか、は、ご本人が気になさるかどうか
だけなのです。 コンサート会場と同じように演奏するとしても、
ちょっとした飲み物を片手にくつろいで聴ける場所だと思ってください。

 お酒を飲めない方には、お酒で気持ちよくなる人の気分は
ほんとうのところわからないかもしれません。でも、逆に
お酒が飲めない方のこの遠慮と言うかしり込みは、私から見ると、
ちょっと度が過ぎて、お酒以外の楽しさからも距離を置いているように
感じられます。

 もっと積極的に、おいしいソフトドリンクを片手に、場の雰囲気を
楽しんでみたらいかがでしょう?

コメント

I Need To Be In Love

2008年02月28日 | 生ジャズ

人生で一番キツいこと・・・
この世のどこかに愛してくれる人がきっといると
信じ続ける・・・ってことかな
日々いろんな人に出会っては別れる
その中に その人がいたのかもしれない
気がつかなかったのかもしれない

昔は「約束なんてウザイよ、お互い自由でいましょう」
なんて言ったものだけど・・・
あっさりサヨナラできる都合のいい女だっただけかも
それがわかるのに長いことかかって
結局 高い代償を払ったみたい

愛されたいだけなの
ずいぶん時間を無駄にしてきた
完璧なんてあり得ないこの世界に完璧を求めて
いつか巡り会えると まだ信じてる
午前4時だというのに眠れなくて
話す友達もいない
希望も自信もたくさん持っているけれど
今このときには 慰めにはならないみたい
でもきっと・・・私は大丈夫よ

愛されたいだけなのに
ずいぶん回り道をしてるよね
きっと完璧な「あなた」に巡り会えると
信じている・・・バカね?


 う~~ん、そんな時刻に目が冴えて悶々としてる・・・
ってこと、ありますよね。 カレン・カーペンターがとっても
好きだった曲だとか。彼女のボーカルにはグッときます。
 昨夜初めて(!)歌ってみました。土井さんも、ピアノを弾きながら
しっかり一緒に歌っていらっしゃいました・・・。



コメント

速報!

2008年02月26日 | Information

 明後日(28・木)読売新聞夕刊の
『銀座通信』というコラムに、「JAZZひなまつり」と、
エムズ、オリオンズなど、参加店の記事が載ります。
 チラッとごらんくださいませ。
コメント

初めての・・・・

2008年02月26日 | エピソード

23日(土)エムズで公開録音なるものが行われました。
去年エムズのCMの流れた「インターFM]で番組を持っている
シャンソン歌手の「さわち美欧(みお)」さんの、
さわち美欧オフィシャルサイト
ミニ・コンサートの形での録音です。 コンサートそのものは、1時間強、
でしたが、機材のセッティングや、実際に録った音の編集までを入れると、
実に8時間ほどの長丁場、メディアの現場にいるスタッフは、
ほんとうに大変です。 
 それはさておき・・・
 このコンサートのバックを務めたミュージシャンは
渡辺かづき(P)ジャンボ小野(B)田中詩織(ヴィオラ)のお三方。
2日前のエムズで、好き放題トークを繰り広げていたジャンボさん、
インタビューのマイクを向けられて、
さわち「どうして“ジャンボ”さんて言うんですか?
ジャンボ「生まれたとき15kgあったからです」な~んて
リハーサルでは飛ばしていましたが、本番になると、抑え目のシブイ低音で(
オトナの受け答えをしていました・・・・なんか釈然としないゾ
この模様は3月19日と26日(水)p.m.22:30~23:00の番組
「Mio's ChansoNight」をお聴きくださいませ。[インターFM76.1MHz
神奈川地区:76.5MHz]

 エムズの空間が「ろくでなし」「希望」「見上げてごらん夜の星を」etc.etc....
よく知られている日本語の曲と、さわちさんの美しいフランス語のシャンソンで
染められた一日・・・。
応募したリスナーの中から抽選で選ばれた二十数名の
お客様は、アフタヌーン・コンサートを堪能されたようでした

コメント

ひなまつりチケット完売御礼!

2008年02月25日 | Information


 おかげさまで今年も、前評判上々。
エムズ預かりのチケットは売り切れてしまいました。
これから「なんとかなりませんか?」というお問い合わせは、
ひなまつり本部にお願いします。
ひなまつり本部

 4ステージの間に9バンドがめまぐるしく動くのと、
完全に同じメンバーではなくて、少しずつ組み合わせを
替えているため、考えすぎると結局同じメンバーを追いかけて
いる結果になったりします。(追いかけてもいいのよ、もちろん!)
疲れるから、と言う理由で同じところに留まっているほうが、
いろんな演奏が聴けたりして。

 当日お天気が穏やかだといいですね。銀座散歩もお楽しみ
いただければ、と思います。ちなみにこれまでの2回は
いずれもお天気に恵まれております。

コメント

サンガーさんの夜

2008年02月25日 | ステージから

 加藤真一さんとペアで登場のクリストフ・サンガー[Christif Sanger]さん。
5年ほど前のレコーディングで知り合ったのだそうです。
サンガーのつづりは「A」の上にウムラウト(お公家さんの眉毛みたいなヤツ)
発音は、「singerに近くて、元々の意味も近い(ご本人談)」そうです。
ビックリ! ひとつひとつの音の粒立ちがくっきり、
指の力が強いのね。
ウォーミングアップから'Oleo'なんか軽く弾いちゃう。決して
過激なプレイ、という印象ではありません。(加藤さん、少々指が痛そう。)
「ドイツ人にしては大雑把な性格(加藤さん弁)
う~~ん、そうなのかな?初めて直にお話したドイツ人だから、
わからないや。
 スタンダードに造詣が深くて、いつも歌っているバラードも、
とてもキレイなコードが聴こえて新鮮な感じ。
  http://www.cdjournal.com/main/artist/artist.php?ano=154081
 いくつか持って来てくださったCDのうち、ピアノ・ソロで
「アート・テイタムに捧げる」として作られたアルバムは、
ほとんど私の歌っているレパートリーで、面白く聴きました。
 同じ曲も、違った解釈・アプローチがあるものだな、と
改めて感心。 いろいろな方と出会ってすぐに演奏できるのが、
スタンダードの便利で楽しいところです
コメント

J&Jの夜

2008年02月22日 | ステージから

 久々のJun(袴塚)&Jumbo(ジャンボ)コンビで。
私「それじゃ、このステージの最後は、ちょっとひねくれた歌で。
'Is You Is Or Is You Ain't My Baby?'アナタまだ私の彼氏なの?
浮気してるんじゃないの?・・・っていう内容で・・」
ジャンボ「これって、バースからイン・テンポ(リズムをつけて)
だったよね?」
私「そう。
ジャンボ「じゃ、みんなで?」
私「自由参加でもいいよ
ジャンボ「そんなこと言うと、いつまでも休んじゃうよ
 当然、淳さんもよく知っている曲と思って、冗談を言い合っていたら
しんみりとルバート(リズムをつけない)で、イントロを弾く淳さん。
ジャンボ「イン・テンポって言ってるじゃん!
私「聞いてよ、淳さん
淳「いけね。聞いてることとしてることがバラバラだよ。
失礼しました。

 そんなこんなでステージ上は楽屋状態。
初めて見えたカップルの方は、目を丸くして聴いていらっしゃい
ましたが・・・。終わって、
ジャンボ「すみません。他のところじゃマジメにやるんですけど、
ここに来るとつい、くつろいじゃって
私「もしもし
客「いや~、うらやましいですよ、楽しそうで、いいな~
ジャンボ「そりゃもう、ジャズなんて、やってる人間が一番楽しいん
ですもん。ぜひ、やることをおススメしますよ。
 
 勧誘ちょーしいいんだから。

コメント

グラスホッパーというカクテル

2008年02月22日 | バーカウンター

 バレンタインに、チョコレート・カクテルはありません!
いいましたけれど、これはミント&チョコレートの味のする、濃厚に甘いカクテル。
デザートにピッタリかもしれません。バレンタイン・ディナーの後に、
ご注文になった方がいらっしゃいました。

「・・・ ペパーミント・リキュール、カカオ・リキュール、生クリームを
よくシェイクする。そのキレイな薄緑色から、「バッタ」という名前が
ついたと言われています。・・・

ミントをハーブ&スパイス系の黄色いリキュール「ガリアーノ」にかえると
『ゴールデン・キャデラック』になる。・・・」

 え~~、内容はほとんど同じレベルなのに、バッタとキャデラックなんて、
ヒドイ差別じゃないでしょうか?(脱線



コメント

今週のエムズは・・・

2008年02月20日 | Information

 今夜(20・水)は、五十嵐トリオで御馴染みの
森田潔(P)そして初登場:斎藤真巳(B)のおふたりです。
シブイ演奏が聴けるかな?

 22(金)は加藤真一(B)そして、ドイツから来日、加藤さんと
ツアー中の:クリストフ・サンガー(P)のDUO
以前におふたりが録音したCDを聴いたことがあるだけで、
いつもどおり、当日まったくの「ぶっつけ」になると思います。
コミュニケーションできるかな?過激な夜になるかな?
楽しみ!
コメント

I Get A Kick Out Of You

2008年02月20日 | 生ジャズ

バカ騒ぎに疲れて ぼ~っとしていたとき
君に出会った 君の愛らしい顔を見た その瞬間に

シャンパン飲んだって 少々のアルコールなんかじゃ
ビクともしないって
こんなことってアリかな?
君を見て興奮してるなんて

異国の香水嗅いだくらいじゃ ときめかないゼ
ヤバイ薬だって 実はもう飽き飽きしてるんだ
それなのに・・・
君を見た時のこのときめきは  何?

ボクの前に君が立っているだけで
しかもさ、君はてんでボクに興味なさそうなのに・・・

飛行機に乗ったって平気
誰か他の女の子とハイになったって どうってことないのに

でも、君は衝撃的だよ


 どうでしょう?ちょっと場面限定し過ぎかな?
遊び疲れた不良が恋に落ちた設定で訳してみました。

 『異国の香水・・・』のところで、また別の歌詞で、
『バップのフレーズ聴いたって飽き飽き』(バップ・スタイルは、
ややもすると、気に入ったテーマをしつこく繰り返すキライあり。
それをみんなでアドリブして楽しむのですが・・・)というのがあります。
 ある日2番でそっちを歌ったら、土井さんが聞きとがめて
「え?もしかしてオレの演奏飽きられてるってこと?」と
突っ込まれたのには参りました。一般論ですって。
ヒアリング万全ですね。
コメント