JAZZ & BAR em's(ジャズバーエムズ)

 銀座6丁目に2003年末オープンしたジャズバーです。
「大人のくつろぎ空間」をお探しの皆様にご案内申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Impossible

2006年08月31日 | 生ジャズ

ほんとうのキッスはとてもとてもステキなものだよ、と
誰かが教えてくれたとしても 全然信じなかった
私にはとても無理、と思っていたから

虹の足の果てにたどり着けばきっと あなたに逢えると
誰かに教えられたとしても
私にはとても無理、と言ったと思う

そんな夢を見ること自体
私にはありえないことに思えたけど
でも今は その美しい夢の中に自分がいるような気がする

あの頃の私に誰かが
一筋の月の光が荒れ狂う海を鎮めることもある、と言ったとしても
たぶん私は信じなかった
だけど今は信じられる あなたが傍にいてくれるから
この世に不可能なことなんて何もないと

 1960年代の曲、というと、私たちのレパートリーとしては
なんだかとても新しいような気がするのですが(いつも1920
~40年代の曲ばかり演奏しているので)、
もう50年近くたっているのですね。
メロディーもなんだか不思議な、美しいバラードです。

 8月最後の今夜は袴塚淳(P)大津昌弘(B)のDUO
こんなバラードがよく似合うふたりの演奏でゆったりと
お過ごしください。
コメント

I Cried For You・・・あなたに焦がれて泣いたけど

2006年08月30日 | 生ジャズ

あの頃の私はあなたに焦がれて
不実なあなたに泣かされてばかりだったけど
今はもうそんなことないの ふっきれた
いまさら寂しいって泣いてもダメよ

ものごと何でも「ターニング・ポイント」があるってことを
あなたもわかったほうがいいね

あなたを求めて泣いていたなんて
なんてバカだったのかしら!

今になってあなたが悲しそうな目をして
「これからはもっと大事にするから、もういちど戻ってほしい」
って言ったって もう私にはその気はないのよ

今度はあなたが私を失ったことで泣く番ね


 昨夜初めて歌ってみました。かなり楽しげなスウィング・テンポで。
これは1920年代にできた曲です。
 すれ違いって世の中によくあることですが、長く生きていると(何者!?)
人生の景色はいつのまにか移り変わり、自分も成長していって、物事が
違ったふうにみえてくることもあります。 ひとつのことにこだわって
苦しむのは、その人の誠実の証だけど、でも、永遠に続く夜もない、と
どこかで思っていれば少し楽になるなあ、と・・・。そんな気のする
ちょっと痛快さのある歌かも。

 最近ひねりのある曲ばかり取り上げているので、
「たまには相思相愛の恋人を思うロマンチックな歌も訳してください
という苦情混じりの(?)リクエストをいただきました。
へへ・・・
 では、今週はその路線で務めたいと思いますので、請うご期待


コメント

演奏家の感覚・・・言わせていただけば

2006年08月30日 | ステージから
 なぜかわかりませんが、たまに演奏中、特に歌っている最中、
歌に負けないように大きな声でしゃべる方がいます。で、
歌が1コーラス終わって間奏に入ると、しゃべるのをやめて「イエイ!」
とか言って拍手してくださいます。それって何なんでしょう?

 いろいろな音が混ざり合って、ひとつの場を作り出し、
結構にぎやかでも心地よい空間と感じられるか、はたまた
耳障りな音があるために落ち着けない空間になるか・・・
お酒が入って気持ちが大きくなって声も大きくなりがちなもの。
エムズのように小さな空間では、聴き入っている人と、
BGMのように聴き流している人の落差は非常に大きく感じられるので、
ぜひ、おしゃべりのタイミングには気をつけていただきたいと思います。

 もちろん、ずうっと静かにしている必要はないし、和やかに
おしゃべりするのも酒場の楽しみの大きな割合を占めます。
でもパフォーマンスをしている最中に、それを聴きたい、
観たい人のジャマになるような行動をするということは、
そのパフォーマーの音を聴く気がない、という意思表示と、
私たちはとらえるわけで、それは最大の侮辱、と思っています。


 現場で、ライブに慣れていらっしゃらない、または慣れていると
思い込んでいて全然わかっていない、という方がいる場合、
迷惑だなあ、と思っても、悪気のない当人に、なかなか苦情は
言えません。喜んで、楽しんでお帰りいただくのが、
プロの第一の仕事なので・・・ですから、たまにはあえて、
(ただし一般論として)ステージ側の事情とか、思っていることを
ブチまけて()みたいと思います。

コメント

Maybe You'll Be There・・・あなたがそこにいるかも

2006年08月29日 | 生ジャズ

人ごみの中でいつも 
立ち止まってあなたを目で探す  バカみたい
いるはずないのにね 

真夜中 人気のない散歩道を歩きにでかけて
あなたに会えるかもしれないと思う
そんなときそんなところにいるわけもないのに

あなたの腕も唇も 私のためだけのものと言ってくれたのに
こんなふうに終わってしまうなんて・・・

いつか祈りが通じて 階段にあなたの足音がするかも
ドキドキしながらドアのところへ急ぐ
開けたらあなたが立っているかも、と思いながら・・・
コメント

信じないで・・・Do Nothin' Till You Hear From Me

2006年08月29日 | 生ジャズ

誰かが誰かに話して、その誰かがあなたに告げ口したってわけね
みんな悪気はないのよ だって人ってそれぞれの言い方で
びみょーに尾ひれ背びれをつけたがるものでしょ?

何を聞いても、私から直接聞くまでは信じないでね
人の言うことに耳を傾けないで!
どうしてみんな夢を壊すようなことを言いたがるのかしら?
私たちふたりのこれまでの恋のことだけ思い出してよ
あなたが他の人の言うことを信じるって言うのなら
私にはチャンスがないわ

誰か他の人と一緒だったって、それは確かにほんとうだけど・・・
でもそれだけで、浮気してたってことになるの?
離れているとき 私の心はやっぱりあなたが一番好きだって
言ってるわ

そりゃね、一度や二度キスくらいしたことあるし、抱擁とかも
あったかもしれないけどさ・・でも、ほんとうのところを
私の口から聞くまでは信じないで 別れるなんて言わないでよ
そんなことしないわよね?ね?



 以前「浮気シリーズ」でブログに登場させた、エリントンのこの曲。
丁寧に訳すとなんだか恐ろしいですね。 いや~ビックリしました。

よく演奏もされるし、メロディーもイカシてるし、私も大好きなのですが。
でもねえ、これは行き過ぎ!こんなふてぶてしいっていうか
したたかっていうか、よく言うよっていうか・・・不届き者!!
でも、これを可愛い小悪魔みたいな女性と理解するっていう手も
あるのかなあ?う~~ん悩む

コメント

夏の終わりに・・・ラム・ベースカクテル

2006年08月28日 | バーカウンター
 涼しい週末でしたね
夏の終わり・・・歌で言えば、「ひと夏の恋の終わり」
「早すぎる秋の訪れ」なんていうテーマが取り上げられやすい
のですが・・
そういうメロウな気分は、週の始まりには
ふさわしくないのでおいといて!


 暑い国のお酒:ラム(原料はサトウキビです)を使った
だれでも比較的すんなり飲めるタイプのカクテルをご紹介します。
 ソル・クバーノ(Sol Cubano;キューバの太陽)
これは1980年に某サントリーのカクテル・コンペティションで
木村さんというバーテンダーが賞を取ったオリジナル作品。
ですから、世界的に有名なスタンダードというわけでは
ありませんが、銀座のたいていのバーテンダーは作ってくれます。
 キューバ産のラム酒にグレープフルーツ・ジュースと
トニック・ウォーター(甘みのある炭酸水)を適宜注いで混ぜる、
というもの。 ラムはやはり、風味にクセがありますので、
香りや余韻はお好みですけれど・・・。混ぜ方にも、それぞれの
バーテンダーの個性が出ます。炭酸のキリリを効かせる混ぜ方とか、
柔らかめな口当たりにするとか、ラム酒にもいろいろな種類がありますし。
 でも、この場合は透明な、軽目のラムが合うでしょうね。
しっかりしたダークなタイプはやはり、ストレートかオンザロックスで
楽しむほうがいいと私は思います。 そういえば、子供の頃読んだ「宝島」で、
片目の海賊の船長が事あるごとに「ラムを持って来い!」と叫ぶので、
ラムって物凄くワイルドお酒なんだろうな~、という印象があって、
大人になって初めて飲んだときにはドキドキしましたね

 今週は岡山から、晩生の白桃が届きます。熟し方しだいで
すぐにサーブできるかどうかわかりませんが・・・
味わっていただけるのは、限定10名さまくらいかな?
コメント

My Old Flame・・・昔の男は良かった!?

2006年08月26日 | 生ジャズ

この曲は昔どこかで聴いたことがある・・・
何か、心の痛むできごとを思い出させるものがある
聴いているうち、突然ハッキリと思い出した・・・

ずっと昔の恋の記憶
その人の名前ももう思い出すことはないのに
ときどきふいにそのころのシーンや感覚が
まざまざとよみがえってくるのは不思議

新しいボーイフレンドはたくさんいるけど
でもみんなパッとしないな
結局、昔の恋人ほどイカした男性はいないのね


魅力的な人もいるし、いい気分にさせてくれることも
あったんだけど・・・でもみんな、昔のステキな恋人の
まねごとみたいな気がしてしまう

ずっと昔の思い出なのに
その人がどうなってしまったのかもわからないのに
あの恋より前の自分には、もう戻れないような気がする・・


 はあ~、微妙な感じですね。
例によって歌う前のアナウンス:「では、"My Old Flame"
=昔の恋人は良かった、をお聴きください
ピアニスト「はいはい、だいたいみなさんそうおっしゃいます
ええっ

コメント

五十嵐系!?

2006年08月25日 | ステージから
昨夜のシグナス1st ステージにて。
例によって、遊びに行ってオールスターズと歌っておりました
一曲目:"I Fall In Love Too Easily"

恋愛ごっこで忙しい人たちもいる
くっついたり、離れたり、彼らにとっては愛はただそれだけのものらしい
ボクもそうだったらいいな、と思うけど
でも、恋愛ってボクにとってはもっと夢中になっちゃうものなんだ・・・

惚れっぽくて困ってしまう しかもいきなり熱烈に!
「これこそ永遠の愛だ!」なんてノリでね
過去にたくさん痛い目を見てるんだから
いいかげん学習したらいいと思うんだけど

だのに ちっとも懲りていない
カンタンに熱烈に恋をしちゃうんだ



根市「いや~いきなり高級クラブの雰囲気だね~
影山「このごろよく“癒し系”と言われますが、では次は“イヤラシ系”で
"Honeysukkle Rose"を」一同「ワッハッハ」
根市「五十嵐系ってのもあるかもよ」五十嵐(居眠りしかけている)
「へ?」どんなんだろう?
たぶん、うっとりしているうちに眠ってしまうような・・・・?

 そんなお茶目な五十嵐さん、今夜は森田潔(P)横山涼一(B)DUOの
ステージに、遊びに来てくださるそうですよ(たぶん後半から?)

どうぞみなさま、週末の夜、しばし残暑を忘れてうっとり過ごしに
お出かけくださいませ。お待ちしております。
コメント

They Can't Take That Away From Me・・(誰も奪えぬこの想い)

2006年08月24日 | 生ジャズ

帽子を横っちょにかしげてかぶる
お茶を飲むときにズズッて音をたてる
ニコッと光が差すように笑うその笑い方とか
歌うと実は音痴だったりとか
夢にしょっちゅう出てきたこととか・・・
そんな想い出のすべてをだれも私から奪えない

人生のデコボコ道で 貴方に会うことはもうないだろう
でも、想い出は一生持っていられる

ナイフの持ち方や 午前3時まで踊ったことや
人生を変えてくれたことも
そんな想い出の何もかも だれも私から奪うことはできないの


 なんだか切ない歌詞ですね。ところがこの歌、しんみりとは
歌えないメロディーで、しかもノリなんですよ。不思議だな。
だけど、悲しそうなメロディーで悲しい歌を歌うから説得されるとは
かぎりませんよね。
ほんとうに悲しいときには、涙も出ずに、意外とサバサバ
話していることってありませんか
コメント

My Foolish Heart・・・愚かなり我が心

2006年08月23日 | 生ジャズ

こんなステキな夜には 気をつけなくちゃ
月がとってもキレイ 気をつけて 私のハート

うっとりさせられることと 本物の愛情の間には一線があって
面倒なことに、同じときめきを感じさせられるものだから
キッスの魔法に惑わされてはダメ


彼の唇が私の唇に近づいてくる
気をつけて 私のハート
でも、二人の唇が重なってしまったら
もうしかたがない 恋の炎が燃え上がってしまう

今度は幻惑や夢なんかじゃない
すぐに消えていくものとは違う
これはほんとうの愛 今度こそは
と、私のハートは思うの

 
 リクエストのお客様「イヤ~~シビレるな。これこそオレの
歌だ。青春の歌だ~~(うっとり)

 これを超意訳すると「私バカよね。いつもすぐその気に
なっちゃう」となります・・・・。
コメント