JAZZ & BAR em's(ジャズバーエムズ)

 銀座6丁目に2003年末オープンしたジャズバーです。
「大人のくつろぎ空間」をお探しの皆様にご案内申し上げます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウソじゃないよ

2012年03月21日 | Information
次の企画です
来る4月1日(日)17:00開演『Twilight Special』
影山ミキ(Vo)&土井一郎トリオ
土井一郎(P)中村新太郎(B)力武誠(Ds)

  何を今さらと思われるかもしれませんが・・・
現に毎日のように影山は歌っているわけですから。
でもね、通常営業の中では、カウンターでお酒を作り、サービスをして、
それぞれのステージの最後の2曲を、電話線を抜いておいて歌いに出ているのです。
 たまには存分に“歌手”だけに専念してみたいなということで、
強力なトリオとともに、イベントとして初めて企画してみました。

 当日は、このブログでお馴染み、8丁目のマスター:日下部さんがカウンターに立ってくださいます。
そこで、いつもの休日ライブのようにメニューを限定した割安料金ではなく、
\4,000(1drink)追加:\1,000/drink
エムズのお出しできるものすべてのメニューの中から、ということで。
マティーニでもなんでも、ガンガンお飲みください
ただし、女将の作るカクテルとはまた違った「キラー度」にはご注意のほど・・・。

先着ご予約20名様以内限定とさせていただきます

 初めてジャズバーエムズにみえる方でも、思い切り音楽に集中できると思いますよ。
エイプリル・フールだからといってガセネタではありません。
アクセスお待ちしております。
コメント

愛が足りない・・・??ワケじゃない・・・

2012年03月19日 | エピソード


 17日(土)『トワイライト・ライブ』(副題:“河辺さん冬籠り復帰大作戦”)
張り切って看板を作りました。『Twilight Special!』と書いたつもりが、
後で良く見たら二番目の「i」が抜けてたんですねえ
誰も気づかなかったんじゃないかと思うけど

 銀座のバーテンダーはよく、お客様から
「同じ水割りでもマスターが作ると違うねえ、どうして美味しいの?」
などと聞かれると
「“愛”を一さじ(または、たっぷり)入れております。」
などと歯の浮くようなことを言います。
(平然と言うか、ニヤニヤしながら言うかは人それぞれ
 エムズの看板の場合は一味ではなく一文字足りなかった・・・
それはともかく・・・土曜日の現場は多くのファンで賑わい、
和気あいあいの愛にあふれた楽しい時間になりました。

 復帰初登場の河辺さんは、相変わらず冴えた間合いのトークも満載、
「まだまだできないところがたくさんあるけどね」
「でも、お客さんが飲んだり食べたりしながら寛いで聴いていてくれるというのは
こっちも気が楽でもあり、楽しいね、やっぱり」とのことで、
長いステージを二回、存分に務めてくださいました。


 ツィッター経由で、河辺さんを追いかけてくださった若いファンの方々もいて、
「なかなかイケてる銀座の土曜日」と相成りました。
心から感謝申し上げます。
次回のこのコラボは、連休初日:4月28日(土)に決定

本日3月19日(月)ジャズバーエムズはお休みをいただいております。
(つまり3連休)
悪しからず、ご了承くださいませ。
コメント

おとぼけトーク?

2012年03月17日 | ステージから

 昨夜のメンバーは、東西ギャグ横綱こと、小林洋(P)酒井一郎(B)ペア
洋「何かリクエストがあったら言ってください」
客席のご夫妻の奥様
「あの、“いつか王子様が”お願いします。」
洋「えっ??そうすると女性の気持ちで演奏するんですかね?
奥様「えへへ、隣は“いつのまにかおじい様が”ですけど
(心外そうなダンナサマ。でもにこにこ
洋「そうするとこういう感じですかね?(小指を立ててシナを作る)」
ステージの上も客席も勝手に話してるし。

私「小指を使わず演奏します
洋「で、できない・・・・
(気を取り直して演奏

洋「まあ、できないリクエストが来たら『明日のピアニストならやってくれます』って
ゲタ預ければいいんだよな(得意げ)」
私「もしもし、明日もアナタです
洋「ありゃ~~~シマッタ

 そんな洋さんも今日の「トワイライト・ライブ」では、しっかりサポート役に
徹しなければなりませんなぜなら、輪をかけたツワモノたちが、ステージにも
客席にもいらっしゃるからで・・・楽しみじゃ。
コメント

ご近所情報

2012年03月16日 | お出かけ

 ジャズバーエムズからほど近い地下鉄銀座駅直結の「TSビル」(もとの東芝ビル、
モザイク銀座阪急のあるビル)の一階は、片側がブティックで、反対側(6丁目側)は
東北と茨城の物産館&カフェになっています。
東北パートの二階には、『銀座ひろがれ舞台』というスペースがあって、
震災と復興関連の写真展、地元作品の展示会など、さまざまな企画が行われています。

3月18日(日)14:00開演
「気仙沼復興支援コンサート」(前売り\4,000当日\4,500)が行われます。
出演は地元気仙沼市出身で、観光大使も務めるドラマーのバイソン片山氏のビッグバンド。
ピアノの大橋高志さん、ベースの田野重松さんは、ジャズひな祭りの仲間でもあり、
エムズとも関連の深いミュージシャンです。
日曜日の銀座散歩のおついでに、ぜひお立ち寄りください。
コメント

情報

2012年03月12日 | Information
本日(12・月)ジャズバーエムズはお休みさせていただきます。

Coming very soon
今週土曜日3月17日 17:00-20:00 [Twilight Live]
『河辺さん冬籠り復帰大作戦
河辺浩市(Tb)小林洋(P)大津昌弘(B)
・・・私たちの敬愛する大先輩、久々の登場です
佳き時代の音色と炸裂する博識トークを存分にお楽しみくださいませ
\3,000(1drink) 追加\500/drink
おつまみ等持込み自由・お弁当タイムあり


そろそろ暖かくなってくれることを願いつつ
初めての方でもきっと寛いで楽しめますよ。
アクセスお待ちしております

コメント

今年のカラー

2012年03月11日 | 季節
勿忘草(わすれなぐさ)という別の植物がありますが
このつづりは「忘る勿れ」=やまとことばでは「なわすれそ=決して忘れないで)という古語から来ています。

 去年のこの日、熊本県から届いたカラーの花瓶が、テーブルから落ちて粉々になっていた光景は、
その日とそれからの世界の状況とリンクして、忘れることのないイメージになりました。

 今年の春は遅いけれど、確実に時間は過ぎ、花は同じように今年も咲きます。
同じように繰り返す日常に得も言われぬ平安や喜びをかみしめたり、辛くて耐えがたい気分になったり、
自分の心のありかたによって、世界が違って見えるのはとても不思議なことですね。

 歌の歌詞には、もっとのんきなほのぼのとした意味で、いろいろに歌われているけれど、
(君に出会って、あるいは恋をして、ブルーだった月が金色に見えるとかetc...)
マイナスの意味でも、同じようにつくづくと感じられる今日この頃です。

 ここから発信できることは何なのか、音楽や音楽空間は、普遍的な癒しとして
確かな存在意義を持てるのか、毎日考えつつ、同じようにパフォーマンスを続けていくだけ、
そんな風に思っています。

コメント

今夜は“キラー”でなく・・・

2012年03月09日 | バーカウンター


 ちょっと亜流な、体に優しい??カクテルをひとつ
「シャンディ・ガフ」(語源不詳)
ビールを半分、ジンジャー・エールを半分・・・これだけです
イギリスのパブでは、昔から、エール&ジンジャー・ビアで作って、一般的に飲まれていたものとか。
注釈に「・・・発泡酒や第3のビールで作らないこと・・・」などと書いてありますが、
いろいろな理由で飲めない方のためには、これをノン・アルコールビールで
作ってしまおうというわけで。
昨今では、各社が力を入れていて、ずいぶん飲みやすい味になりましたし。
こうすると、みんなで乾杯ができますね

 今夜は土井一郎(P)中村新太郎(B)マイク・レズニコフ(Ds)
二度目の登場、ドラムス入りのトリオでパワフルに 

 ひと雨ごとに春めいてくる今日この頃、キラーな刺激はステージにお任せして、
今夜は穏便に「シャンディーな週末の一夜」をいかがでしょうか?
コメント

続・これはどーだ!

2012年03月07日 | エピソード
つられて?登場:
本編では、コリドー街HUBと、レサシエルのステージを務めた、
同じくテナーサックス:高橋康廣氏。
 (画像がブレててごめんなさい
オレンジ色のオカリナでお茶目に演奏
「なんでニンジン吹いてんの」の突っ込みもあり。
コメント

続・打ち上げにて

2012年03月07日 | エピソード
 桃の花の下にいた、テナーサックスのおじさん
・・・ではなくて、エムズの3rdステージに飛び入りしてくださった右近茂さん
「決してアヤシイ者ではありません。」というのが、お決まりのごあいさつ
 本編もバリバリに楽しんだのですが、打ち上げも佳境に入って、森田さんが
再びピアノの前に座ると、待ってましたとばかりに再登場
コメント

2012年03月07日 | バーカウンター
 桃の花です。
コメント