雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか、、」と見つけてもらえたら。そんな思いで書き記してます。

Encounter

2019-11-28 00:20:23 | 面白い...パワスポ寺社
ウイウイウイウイー。。

みんな席に着いてねー。

授業始めるよぉぉーーー(。・o・。)ノ

おしゃべりはやめてねー。

はいぃ!

そこ!

ガスト君!

ジョナさんも!

おしゃべりやめてねー。

いくよー。

始めるよー。

じゅぎょーだよー。よろしくぅー。

この「朝ラー」と「Mayoika」以来の授業ですからー。
ちゃんと聞いてねー。
えーーーーーっと、今日の授業はですねぇ......
こちらですね。

「UFOなんているわけないの心理学」

ですねー。
Unidentified Flying Object。
アンアイデンティファイド・フライング・オブジェクト。
未確認飛行物体。
エイリアンクラフト、の心理学。
では早速、テキストの78ページを開いてくださーい......
ページのタイトルは、

「宇宙人はスコッチとコーラが好き!」

ですねー。。。
ハイ!ソコ!ロイヤル君!
これに関してどー思う!?んん?
留学生のデニーズ君は?どう?
カリフォルニアでもナカナカ進んでいない問題ですよね?
そーですよね?
えーーーーっと、答えはですねぇ......

「イエス!in お台場 & みなとみらい」

ですね。ええ。ええ。
関東の都心部に関しては、どーも、
UFOさんはこの二ヶ所に集まることが多いのですね。
全国でダントツは、もちろん!の富士山ですけど。はい。
それでですね、UFOさんにもお好みのモノというのがありまして。
基本は何よりも貴重なる「水」なのです。ええ。
宇宙では水というのは大変貴重なもののようで。
地球で言うところの金?とか、ダイヤモンド?
的なイメージでしょうか、ね。はい。はい。
それで、その「水」に次いで喜ばれるのが「スコッチ」と「コーラ」なのです。
スコッチに関しては、
北極圏の水が含まれているのがとてもお好みらしいのです。
ブレンデッド系よりシングルモルト系がとても喜ばれます。
先生もですね、最近UFOさんズにお呼ばれしまして。
「お台場」や横浜の「みなとみらい」の隅の公園に
スコッチなどを持って行ったのですけど。
例えば、個人的に大好きな「グレンフィディック(Glenfiddich)」さんとか、



「グレンモーレンジィ(Glenmorangie)」さんとかでしょうか。
モーレンジィさんはオレンジと合わせるとひじょーに美味しいのです。
ええ。ええ。



どちらも香り高き「シングルモルト」というものですね。
ま、テキストには持込み現場の写真なども載っていますが......





こんなふうに夜とか、昼とか......
特に家族やカップルも多いオシャレスポットのお台場に、
まっ昼間からスコッチの瓶とコップを持って現れる、
サワヤカなおにーさんを装っているおじさんとかがいたら?
どう思います?ん?
ヤバイ?
キチ◯イ?
変態!?ってか?
そーですね。そーです。
ココスちゃん。正解です。
マジ変態です。ええ。ええ。
ホント、先生もいつも変態に思われない工夫を一生懸命しちゃうのですね。
ちなみに「みなとみらい」に関しては、
インターコンチネンタルというホテルの向こう側にある、
芝生公園あたりが最高のスポットとなっておりますので。ええ。
テキストにある写真の通り、
海に向かって降りている階段のところとか凄く良いです。

ハイ、ココッ!

テストに出ますよーーーーーー( ̄∇ ̄)

いいですかーーーー。

出ないかもしれませんよーーーー。

心理学ですよーーーーーー。。( ̄∀ ̄)

ええ。ええ。
どうです?
こんな馬鹿げたお話。
デニーズ君。
どう思います?この話。
わかります?日本語。
分からないところあったら言ってくださいね。
遠慮無く。

さて、それで、ですね。
何光年もの彼方からいらっしゃるUFOさんたちは、どーも、
少し疲れたりすることもある様なのですね。
そうすると、そんな時にコーラなどを差し上げると、
コレがけっこー喜ばれるというか。
疲労回復液と言いますか。
コーラの持つスッキリ感とタップリの糖分とが
長旅の疲労にはとても合う様なのです。
即効性がある様なのですね。はい。

ココまではイイですかぁーーー!?

皆さぁーん?

ついてきてますぅ?

大丈夫です?

今日はハーバード大学の入試問題レベルの難しいお話しですから。
ええ。ええ。
わからなくなったらいつでも手を上げて質問してくださいねー(^^)
都合のいいことだけ答えますのでー。

それで、と。
そーですね。
心理学ですし、学問ですから、
データの方もしっかりと皆で把握しておきましょう。
早速、そのデータページにいきますねー。
ページはちょっと飛んで......巻末の136ページです。
いいですかーーー、先ずは、と......
「星系別」データですねー。

えーっと、

一番多いのはタイゲタ星。
「プレアデス星団」の星です。

次にシリウス。「おおいぬ座」。
元々、太陽系にあった惑星にいた方々が多く移住しています。
この惑星の名前は「ラップ星」とだけ聞いているのですが、
この星が粉々になった時に移住したようなのですね。
タイゲタに向かったという方々や、
近場の地球に来ちゃいまちた♪という方々も多いようです。
鞍馬徒然 2」という参照記事に詳しいでしょうか。ええ。
ここでまた、全体像がパズルの様にハマって見えてくるかとも思います。

続いて北極星、ポラリス。
ですが、コレは一つの星系グループとなっていて、
近くにある「こと座」のベガも含まれます。
「琴座」は英語で「Lyra」と書き、
「リラ」「ライアー」とも読まれます。
なので、全体では
「リラ系」「リラ星」などと語られたりもしているようですね。

そして、リゲル、ペテルギウス、ベラトリックス、ミンタカ、
アルニラム、アルニタクなどの「オリオン座」の星々がここに続きます。
こちらも北極星系同様、
「オリオン」の名のもとにひとまとまりとなっていて。
コチラには「馬頭星雲」や「オリオン大星雲」なども含まれます。
オリオンの中心は馬頭星雲......
別名、暗黒星雲だとも聞いておりますが。ええ。ええ。
参照記事はこちら
ニコニコ(^^)BAR 2」「ニコニコ(^^)BAR 7
あたりでしょうか。

さらに、アークトゥルス。「うしかい座」。
先生はこの星が大好きです。ええ。
ハワイ諸島では真上に輝く星です。

それと、レナ星。
どーも、射手座にあるらしいです。

最後に、ラナ星。
コチラは「アンドロメダ銀河」にあるらしく。
まだ正式に名前が認められていない
「エリダヌス座」のラナ星とは違うみたいですね。
アンドロメダの方にあるので学会から名前が認められないのか?
どうなのか、わかりませんけど。

あとは......
そうですね、星系の数自体も大事でしょうか。
グラフには、この星に飛来するUFOさんの「主な」星系数は......
「7」とありますね。ええ。
これ、虹の色と同じですねー。
青き炎 大和編」という参照記事のコメント欄にも書いてありますけど、
虹は7つの星系の皆さんの調和の印かもしれませんねー。

ココ!

テストに出ます!

なぁーーーんちゃって!

出ないかもよぉぉーー( ̄▽ ̄)

ナニ?華屋与兵衛(はなやよへい)君。
なんで「七」なのか!?って?

うーーーーーーんんんん。。。。。

先生もわかりませーーん(^^)b

それは、将来、
与兵衛さんが発見してノーベル賞をとるかもしれませんねー。
関東に集中しているチェーン店をもっと広げられるかもしれません。
すごい楽しみですねー。
頑張ってくださいねー。
ちなみに8個目を考えるとした場合は、やはり「太陽」星系でしょうか。
まだ未発見の「ニビル」という星もあるとか、無いとか。
当然、地球もこの中に入ってます。
「8」というのは出口のない数字ですから、
牢獄的な地球にはピッタリ!?の数字かも!?みたいな。ええ。
そのあたり、
詳しくは「8を巡る旅」という参照記事の方で確認をしてもらえればと。

あとは、っと......えーっと、ここ、ですね。ここ。
データ的に飛来機体は大きく二つに分かれる、と。
一つは母船系。もう一つは偵察機系。
目撃者さんの多くはこの偵察機系が多いようです。
138ページにあるいい加減な統計データによると、
偵察機系が目撃者全体の80%を占めているよーですね。
偵察機は小さな白い光の点に見えることが多く、
それらが沢山固まってギャンギャンに飛行している形が多いそうです。
母船系は大抵「雲」としか見えないので、まぁ、
見えているのに見えていない、
見えているのに意識されていない、
ということになるのでしょうか。ね。ええ。
このあたりが心理学の難しいところですねぇ......















さて、そんなUFOさん達ですが、

えーーー、、

実際のところ、、、、、、

いません。

そんなモノ。

いるわけありません。

当たり前ですよね?
そりゃそーです。
そんなバカな話あるわけありません。
コレは最初に話した通り「心理学」ですから。ええ。
みんさんはもう一度、その部分を心に留めておいてください。
いいですか?
いいですね?ええ。
宇宙には太陽の様な恒星も星系も途方も無い数があるのです。
当然、地球の様な惑星も沢山あるかもしれませんし。
そんな中で地球にだけ生命があるなんて、
とてもじゃないですが、それは言い切れません。
そうですよね?
いいですか?
なので、UFOなんて、
そんなもの、、、、、、

いません( ̄∇ ̄)

はい。

いるわけありません。

この言い回しこそが心理学です。ええ。
心理学は深いですねー。泣いちゃいそーです。先生も。
このクラスの皆さんはちゃんと、冷静にいて欲しいですね。いつも。
先生はそう思いますよ。
そうするとヘタレな占い師やレーノー者さん系にもダマされませんから。
強い子に育ってほしいのです。いいですね。
間違ってもウカツに銀行からお金を振り込んではいけませんよぉぉー。
レディYUさんのように、
ハワイ、オアフ島にあるBARのカウンターとかで、マスターに

「UFO見ちゃったんだけど......」

なんて話し出した日には、もう、目も当てられませんから。
そんなおポンチキな体験談はコメント欄までどーぞ。どーぞ。
遠慮なく。

さ。皆さん。

ここまででなんとなくわかりましたか?
お台場とみなとみらいとスコッチとコーラとUFOの関係。
母船と偵察機と雲と水と白い光と虹の関係。
コレが心理学です。
ソレゾレちゃんと復習してマスターしてくださいね。

ここ!

テストに出ますよぉぉー(*`・ω・*)ゞ

ハーバードですよー。

それでは、今日はココで終わりますが、次回は......
えええ~~~っと、コレですね。これ。98ページ。

「ユニクロのヒートテックを買い替える目安はなにか?の社会学」

イイですかー。
予習は忘れないようにしてくださいね。

では!

今日はココまで。

この後は......お昼ですね。そだね。そだ。そだ。
じゃぁ、みんな、食べすぎないでねぇー。
午後の授業寝ちゃうからねー(^^)


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント (11)

熱海徒然 2

2019-11-24 14:18:56 | 素敵
熱海の徒然話はまだまだシリーズ化できそうっす。
来宮神社とか、伊豆山神社とか、MOAとか、走り湯とか、
色々なスポットもありますし。またの機会にでも。ええ。ええ。
ごちそーさまぁぁーーー(*´3`)。。




————————なんてことを、
今年の6月19日の「熱海徒然」という記事に記していたのですが。
今回は、その「またの機会」ということで。ええ。
「熱海徒然 2」なのでございます。ええ。ええ。



今回のメインディッシュはこちら。
今、熱海で一番心地良いスポットと思われるスパ。
「fuua(ふうあ?ふーあ?)」さん。
後楽園ホテルさんが最近オープンさせた、
熱海でもまだ新しいスポットなのですが、
僕さんスッカリはまってしまっておりまちて。ええ。



「もしかして?日帰りスパなら今日本で一番居心地のいいトコじゃね!?」



みたいな。ええ。
結構、確信しておりまちゅる。
先日も、働き過ぎで体調不良気味だったマーケッター「Jさん」
連れて行ってあげたのでちゅ。
エントランスもなかなか頑張ってる感じなんす。



極楽♪天国♬でぇぇぇ......なんて感じの露天風呂は、
オフィシャルHPの写真を拝借ぅぅぅ......(^^)





夜になると熱海市街の夜景も綺麗なのです。
まだココが出来立ての頃に、
誰もいなかったので潜り込んで撮った写真なのですけど。ええ。



サウナとか、一通り、色々とあるのですが、
僕さん的にはコヤツさんがなかなかのお気に入りでして。
「水素泉」
水素が濃密に溶け込んだお湯なのだそうです。
お湯がきめ細かく染み込んで来て温まる様な?感じなんす。



露天風呂の隅の方には「源泉かけ流し」の湯船もあって。
海水感が強い湯なのですけど、キチンと温泉してます。
湯上りにココでひと浸かりするのが良いかと。ええ。



湯上りのリラクゼーションスペースは広々としていて。
それが2フロアもあるのですけど、ココこそが「fuua」の真骨頂。
これまでにない感じでして。
「アタミリビング」という名前もついています。
全体的にはモダンなのですが、それでいて優しく、落ち着くデザイン。
ちょっと星野リゾートさんを意識しているような部分もありつつ?でも秀逸。
どこにいても海や熱海の町が見える感じ(^^)









定番的な岩盤浴とか居眠り室とか、
エステとか、あかすりとか、マッサージとか、カフェとか、
海を見渡すテラスとか、色々とあるのですけど。
レセプションが出来そうな広々ラウンジとか、滝!まであるッスの。
流れ落ちる水の音がなんとも心地良いのです(^^)
僕さんは大体ここで本を読んでますの。ええ。
寝ちゃってますけど。気が付くと。



ボードゲームやノスタルジックなゲームを置いているコーナーも。





牛乳飲んじゃうのが好きなんす。(●´ω`●)ゞオハズカチイ...



この鍋猫?的穴ぼこソファー?が意外にも、飛び切り心地よく。
驚くのです。
自宅にも作りたくなる衝動が......マジっす。



女子会?とか、家族団らん用の個室なんてものもあって。
スゲーっす。



人工芝に寝転がれて、砂も敷いてある星野リゾート風エリアも。
とても良く創られてます。なかなか落ち着くのです。



で、そんな「fuua」さんを出ると、
すぐ横に、ホテルのカフェレストランも広々とあって。
HARBOR’S W(ハーバーズ ダブル)という名前らしいのですけど。
時間によってはバッフェやバーにもなっていて。
ビールはオリジナルのクラフトビールを飲み比べ!できるんす。ええ。
「クジラ」さんと「カモメ」さん。
僕さんはプリン体が気になって飲めないんすけど。一口しか。ええ。



でもって。
仕上げは。fuuaから駅に向かう途中にある熱海最強の餃子美味しい店。
熱海餃子「濱よし」さんへ立ち寄っちゃうんす。ええ。





餃子。ヤベーっす。
ラーメンさんも何一つ裏切らなくて、何一つ想像を超えないっす。
これぞ!中華そば!って。泣きたくなる感じッス。
おばあちゃぁぁーーーーんん!!(ι´Д`)ノ
一緒に食べてくんろぉぉーーーっ!
ナルトが温泉マークなんすよぉぉーーーーっ!(ι´Д`)ノ



熱海徒然。2。
お後がよろしいようで。
一件落着(*´ω`*)アハーン♡


☆温泉関連の過去記事はコチラ☆
・豊富温泉(北海道、豊富)———【豊富温泉
・上の湯(山形県、肘折))———【ランプの静の湯 5
・宝川温泉(群馬県、水上)———【宝の川の日
・コタン温泉(北海道、弟子屈)———【鍔とアイヌ
・砂湯(北海道、弟子屈)———【鍔とアイヌ
・和琴温泉(北海道、弟子屈)———【鍔とアイヌ
・丸駒温泉(北海道、千歳)———【丸駒温泉
・恐山温泉(青森県、恐山)———【恐山徒然
・十和田湖西湖畔温泉(青森県、十和田)———【十和田湖徒然
・矢櫃温泉 瑞泉閣(岩手県、一関)———【邪馬台国徒然
・山王山温泉 瑞泉郷(岩手県、一関)———【邪馬台国徒然
・ほったらかし温泉(山梨県、笛吹川)———【イチロー備忘録
・伊香保温泉(群馬県、伊香保)———【榛名徒然
・富士眺望の湯 ゆらり(山梨県、鳴沢)———【此花咲耶姫
・もえぎの湯(東京都、奥多摩)———【鳩ノ巣徒然
・龍宮殿本館(神奈川県、箱根)———【ランプの精の湯
・七沢荘(神奈川県、七沢)———【ランプの精の湯 2
・壁湯温泉(熊本県、宝泉寺)———【ランプの精の湯 3
・天山湯治郷(神奈川県、箱根)———【箱根徒然】【ランプの精の湯
・縄文真脇温泉(石川県、真脇)———【巫女姫の太鼓
・杉の子温泉(石川県、白山)———【ここ掘れワンワン
・みくりが池温泉(富山県、立山)———【立山徒然
・黒根岩風呂(静岡県、北川)———【ランプの精の湯
・ホテルミクラス(静岡県、熱海)———【ランプの精の湯
・須佐温泉(島根県、須佐)———【青き炎
・玉造温泉(島根県、松江)———【猿田彦ミステリー
・たまて箱温泉(鹿児島県、指宿)———【かんぱかぱーん
・道後温泉(愛媛県、松山)———【ここ掘れワンワン
・白良湯(和歌山県、白浜)———【ランプの精の湯 4
・牟婁の湯———(和歌山県、白浜)【ランプの精の湯 4
・崎の湯———(和歌山県、白浜)【ランプの精の湯 4
・浜千鳥の湯———(和歌山県、白浜)【ランプの精の湯 4
・下ん湯———(大分県、由布院)【ランプの精の湯 6
・亀の井 別荘———(大分県、由布院)【ランプの精の湯 6
・夢想園———(大分県、由布院)【ランプの精の湯 6
・カムイワッカ湯の滝———(北海道、知床)【ランプの精の湯 7
・積善館———(群馬県、四万)【Shima Blue


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント (4)

月と夜と黄泉と読見

2019-11-20 01:05:41 | 面白い
時期的には「即位の礼」以降でしょうか。
僕のスマホに「月」の写真が沢山送られてくるようになりました。
特に、このブログを覗いてくれるような方々は、
色々と気づいていることもあるようで......
ポンチキーズのみゆきちゃんからも。



お友達のkobaさんからも。



ハワイ、オアフ島からはレディYUさん......



どーも、

最近、

月が劇的に変わったようなのです。

特に光。

透明感も。

奥ゆき感も。

月独特の影も無さすぎる......という感覚。

太陽!?

なんていうイメージも......

ま、ヨタ話ですけど。

ね。(^^)

ここまで大きい月の変化?というのは、
僕の中では今までに無かったようなことなのですが、
とにかく、10月末頃からの月というのは、
これまでとは全く違う、別物に見えていたりします。

日本神話において、多くの神々の中で特に重要な神とされる「三貴神」。
中心となる神は、言わずと知れた天照大神(アマテラスオオミカミ)さん。
太陽神であり皇祖神でもあります。
そして、記紀はもちろん、書物によって色々と混濁して書かれている二神が
月読尊(ツキヨミノミコト)」さんと「素戔嗚尊(スサノオオノミコト)」さん。
どちらも、海原(うなばら)と夜の食国(よるのおすくに)を治める......と、
書かれています。
表現の被りや重なりがとても多く見られるのです。
二神にまつわるエピソードに関してもとても似ていることが多く。
少々区分けが難しい感じ。
そんなことにもきっと意味があるのでは?ないかと......

興味深いのは、全国の神社の本宗(ほんそう)である伊勢の神宮においても、
内宮所管の別宮として「月読宮(つきよみのみや、つくよみのみや)」
がおかれているのですが、
同じ伊勢には、もう一つ全く同じ名前の宮があるのです。
それが「月夜見宮」「つきよみのみや」。
こちらは外宮所管の別宮。
「月夜見宮」という字が充てられています。

「月の夜を見る」

はたまた、

「月が夜を見る」

でしょうか。

そして、

夜とは黄泉。

黄泉とは闇......

でしょうか。

では、

夜や闇を治める神とは?

どなた?

でしょうか。

「三貴神」とまで呼ばれる三大神様。

神々の集まる伊勢には天照大神さんも月読尊さんも祀られています。

では、

残りの一柱、

素戔嗚尊(スサノオノミコト)さんは?

いったい?

どこに?

三貴神といえど、
時にアマテラスさんとも反目し、
国を荒らしもしていたと伝わるスサノオさんに関しては、
現皇祖神を中心とする伊勢の地には一緒に祀るわけにはいかないのだ!

と?



いえ。

伊勢にもちゃんといらっしゃると思います。

そりゃ、3貴神ですから(^^)

海原を収め、夜や黄泉(よみ)を治め、冥府を治める神。
それは、マサに月のことでもあって、スサノオさんのことでもあります。
よって、月とはスサノオさんの姿の一つでもあるわけです。
ということは「ツクヨミさん=スサノオさん」ということも成り立ち。
ツクヨミさんとスサノオさんは表裏一体。
同源異表のものとも言えます。
ツクヨミさんの宮を内宮管轄の「月読宮」とすれば、
外宮管轄の「月夜宮」とは、スサノオさんの宮となるのではないでしょうか。
そうなると、伊勢の地にもチャント、スサノオさんはいらっしゃるわけです。
ちゃんと、それなりに表現もされているわけです。
当たり前ですけど。はい。
三貴神ですから。

広大なる海の満ち引き......干満というものは月の引力によってもたらされます。
海と月とはとても関係の深いものです。
そして、地上で穢れたものものは雨に流され、風に運ばれ。
川に集まり、地下を流れる伏流水や下水ともなり。
やがて海に出て、清めの塩によって洗われ、磨かれ、清廉な水へと戻ります。
いや、生まれ変わります。
深い深い海底に漂う水となってもいるでしょう。
そこは、太陽の光も届かない世界。深海の世界。
冥界?とも言えるかもしれません。



もう一度。
海原を収め、夜や黄泉(よみ)治め、冥府を治める神。
どなた?でしょうか。



冒頭に記したように、もし、本当に、月の何かが?変わったとしたら。
そうなると、それはどういうことなのでしょうか。



本来一緒だった力が一時期別々に分かれていて。
それが最近、もう一度。
一つのものとなり、戻った。
しかし、それは本来の形でもあるのか?



それは、とても強力で強大な力とも言えそうです。



これまでにない力、神、とも言えそうです。



とても大事なことは、月は太陽の光によって輝いているわけで。
その光が違うということは、太陽の光が変わったとも言えて。
月が変わったということは太陽も変わった、と。
そういうことです。





神無月の出雲会議の後。
それは11月の初旬以降。
神々から漏れ、伝わり来る?ことによると。
これまでと同様、スサノオさんはスサノオさんとして、
ツクヨミさんはツクヨミさんとして、
ちゃんといらっしゃりもするようです。
ただ、これからは、どうも、二柱の神が合わさり、
一つの強大な神として在る時や、力を働かせる時、
及ぼすような時も沢山起こってくるようなのです。
その合一神であるときの名前もちゃんと......あるようです。

アマテラスさんにしても月と共に変わっているようで。
もう一柱の初代アマテラスさん?と合わさって、一つとなったようなのです。
こちらもツクヨミさんとスサノオさんと同様、合一神としての名前があるようで。
これまで通り、二柱別々に在ることも変わらないようではありますが。

こんがらがらる話?
でしょうけど。ええ。
おとぎ話程度で流し見ておいていただけたらと。ええ。
お許しを。

とにかく。
そんなことごとは、これまで僕らが経験しなかったことであり。
宇宙的な力の強さをもった、
これまでの人々の想像を超えた神の姿でもあるようなのです。
そんなふうに月は変わりました。
太陽も変わりました。きっと、地球も。もちろん。

なんのため?か。

それは、これから、
この星に存在する僕等全員が、
それぞれの歩みの中で、
それぞれ実感し、体感し、経験ていくことになるのだと思います。
最近、僕は心身の軽さを感じます。
頭のアチコチがズキズキ、ハリハリとしてもいます。
体はどこかいじられているようで、心はドキドキとしていて。
それはきっと、未来に対しての心身の対応進化なのではないか、と。
そんなふうにも思っています。
これからの月は、令和の月は、
これまでになく綺麗なハズ......なのです。(^^)


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント (7)

大嘗祭

2019-11-16 00:32:23 | 不思議
即位の礼」という記事の終わりに、
こんなことを記していましたので......



====================================
令和天皇の即位の日である5月1日から、この「即位の礼」の日までは、
僕の中では「令和」という時代のアイドリング期間であり、
本格的なスタートを切る前の点検、補正期間でもある、と。そんな感覚でした。
そんなスタート準備的な期間も今回の「即位の礼」で終わり、
ゆっくりとローギアで動き出し。
大嘗祭からは完全に通常のドライブギアにシフトアップしていくのではないかと。
そんな新時代にもしっかりと乗っていけるよう、
がんばりたく思う次第なのです。(^^)
====================================



先日行われた、その「大嘗祭(だいじょうさい)」に関しても、
少しだけ触れておこうかと。はい。



当日の朝から夕方にかけての東京、都心部の空模様というのは、
まぁ、かなり大変な状況でした。
多くの神々......天神地祇(てんじんちぎ)の皆々様や精霊さん。
龍神さん達も......ずらずらと皇居に向かってるようでした。
見る人が見ると?不思議で見事な?空模様だったのではないでしょうか。





大嘗祭に関しては、天皇陛下、一代一度の重大な儀であり。
wikiなどにある言葉を整理すると、
だいたい以下の様な説明がなされています。



==================================
新天皇が即位の後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する。
その意義は、国家、国民のために、
安寧と五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、
また祈念することである。

古くは「おほにへまつり」「おほなめまつり」とも訓じた。

新天皇が即位の礼の後に初めて行う新嘗祭(にいなめさい)のことでもある。
==================================



いよいよ令和が動き出しました。
霊が和する時代です。
見えない世界がもう一度「零=ゼロ」に戻り、
それが現実世界にも強く、瞬時に、反映されてもくる時代です。
この方がイキイキと出来る人。
出来ない人。
色々とあるかとも思いますが。
そんなコトをここだけの言葉で?わかりやすく表現すると、



「やっと、カースト制がなくなりまちた!」



ということです。
ゴミ拾いの家に生まれた人は、
どれだけ違う仕事がしたくても、生涯ゴミ拾いなのだ!
たとえお前がアイツより数学能力が優れていても、
語学能力が優れていても、
コミュニケーション能力が優れていても、
お前はドブ川掃除を生涯の仕事とするのだ!
それは絶対に!変えられないことなのだ!
嫌だったら違う家に生まれてみるがいい!
違う場所に生まれてみるがいい!
それができるようならな!
例えお前が成功したところで、
アイツの底辺にいるのと同じなのだ!
アイツの成功は、お前の成功とはレベルが違うのだ!
お前とアイツとの間には、超えるに越えれない厳格な線があるのだ!
......なんていう、この星独特の「霊界ルール」が撤廃されたのです。
そんなふうに働いていく霊の干渉が出来なくなったのです。
そんな枠を課そうとする霊の影響を受けなくなったのです。
今や、霊的には皆が平等な位置に立つことになりました。
弱肉強食的「恐竜遺伝子」を引きずり、
これまでの動物的人間と共に作られて来たかもしれないほど古いルール。
地球という星にだけにあった?特例的、条例的ルール。
それが無くなったのです。

「強い」や「弱い」、「富」や「豊」の意味と定義が変わったのです。

念のためですが、
上記文章は職業を貴賤する意味で書いたのではありませんので。
カースト制度のニュアンス表現以上以下の意味はありません。
そこは何卒のお許しを。

この新たなルールに移行するために、これまで多くの人が、多くの場所で、
知らず知らず?動かされていたとも思います。
そんな使命をもって他の星から来ていた魂さん達も
これまで沢山いたかと思います。
色々な見本や生き方を見せて、希望を与え。
なんとかカーストしばりの霊界をなくそう!と。
早く皆で宇宙に打って出ようぜ!と。
そんな御魂(みたま)さん達も過去には沢山いたのだと思います。
そんな方々は地球のローカル・ルールと相対してしまうので、
いつも理不尽極まりない状況や気持ちに直面していたかもしれません。
亡くなった後に報われたり、認められたリ......

しかし、やっと、令和が来ました。
これからの時代は、
そんなふうに長年頑張ってきた人類の一つの結実でもあるようなのです。
これからは、
地球環境すら皆で適切にコントロールすることが可能となっていくのです。
自決さえすれば、皆が「天気の子」であり、
この星も宇宙全体の社会やルールにエントリーしたということです。
UFOまでもうちょっと!(*゚▽゚)ノ
義務教育を終えて、晴れて、
それぞれが好きな学校や道に進めることになったということなのでちゅ。

「勉強なんかもういいや!俺は働くぞ!」

って人も。

「大学院まで勉強したいなぁ、、」

って人も。

「働きながら、勉強したいなぁ、、夜間学校もいいかな!?」

ってな人も。

「俺の暮らすところは、この国や場所じゃねーな、、」

ってな人も。

みんな、自由です。

生まれつき定められていた、

人それぞれの「霊的限界域」みたいなものが取払われたのです。

霊的に、平等です。

世界もそのように、劇的に移っていきます。

平成の途中から既に移り出してもいますが、

ソレも劇的に進んでいきます。

国も、人種も、文化もへったくれもありゃーしません。

晴れて、一億総地球人です。

70億!?総宇宙人です。

おいらも、

今晩はご飯を炊いて!

食べて!

がんばろーーーっと♪(^^)

ま、ファンタジーっすけど。ええ。

この話は寝て、忘れて下され。ぴこぴこ。

もうじき「スターウォーズ」の最終話も公開されまちゅしね。ええ。ええ。



大嘗祭を小さく小さくしていくと、
まさに「やらかすよね。」というシリーズ記事で記したこんな感じ......
なのかもしれません。

この時は、アワビの代わりはあさりの佃煮でお許しいただいたのですが、
大嘗祭でも使われていた白帯まで!ちゃんとありましたし。
ガイドしてくれたMさんはスゲーなーと。改めて。



大嘗祭の日には、僕も神棚にご飯とお味噌汁と海のものと山のものと。
お酒とお水とフルーツなども。はい。(^^)



つかへいさんにも。富士山サイダー。



大嘗祭でも直会(なおらい)という所作や儀はとても大事なことのようで。
それも過去記事にシリーズで記していたと思いますが、全て、
下げていただきました。

大嘗祭は、今後、陛下の伊勢神宮参拝をもって完結するのだと思いますが、
大嘗祭を行う為に建てられた大嘗宮の中に「寝座」と呼ばれる寝床があるのは......
うーーーん......
僕ごときがこんなところで書けないっすけど......
アマテサスさんをギューっと、とか!?なんつって。
ま、口外厳禁の秘儀なる部分でしょうから。ええ。わからんです。セクシーっす。

そーいえば、大嘗祭の前日は、
神々ではなく、とんでもなく巨大な宇宙船や沢山のUFOが!
アチコチ飛びまくっていたとか、いないとか......
僕さんは調和の印でもある虹なども見ていたのですけど。ね。ええ。
写真を撮ろうとしたら消えてしまって......電車に乗っていて、
明治神宮に差し掛かったところで飛び降りてみたのでちゅけど、
間に合わなかったッス。残念ッス。





なので、同じ時間に千葉にいた友人から送られてきた写真の方をば......



美しいっす。
この流れで?次回は。
最近、劇的に変わってしまった「月」のヨタ話し?でもしましょうかちら。
未定っすけど。ええ。
秘儀っすかね。これも。ええ。ええ。(^^)


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント (12)

Shima Blue

2019-11-12 00:01:28 | 素敵
圧倒的に苦手なハロウィン・モノモノが幅をきかせる時期があって。
それが終わると、翌日から、ここ数年。
今度はすぐにクリスマス・モードのお店やモールや、
街の装飾なんてものが表れてきたりするのですけど。



2ヶ月前からの演出開始☆



色々な事情があるのでしょうけど。ね。ええ。
大きな演出ものになると、
シーズン近くになると発注先業者さんが足りなくなっちゃう、とか。
色々な建て込みやグッズやモノもなくなっちゃう、とか。
この時期に言われても、そんなの忙しくて出来へんでー、とか。

でも、

ちょっと......

僕さんには違和感強すぎちゃって。

今わ11月の初めだよね!?(・・;)

まだ年末の空気にひたりたくないんすけど!?

心が落ち着かなくなっちゃうから......なんて。

年越気分はせめて12月迄、もう少しの猶予をいただきたく。

そんなお気持ちは仕事だけで十分にゃの!(@_@)/

ゆるちて、ゆるちて。。(T . T)

みたいな。

超個人的なお話ですけど。ね。ええ。

クリスマスは一年の最後に、

短い時間で燃え尽きるロウソクの炎のような儚さと、柔らかさと......

そんな感じが好きだったりもしていて。

あたたかさとか、貴重さとか、ありがたみとか。

そんなモノが薄れてしまうのでわわわ!?なんて。

少し悲しくなったりもして。

年々、商売っ気が強化されていくイベントものも、

どうか本質を見失ったり、間違っちゃったり、大切な部分が薄れたり、

見えなくなっちゃったりしませんよーにぃぃーー、とか。

経済大国でい続けることも大変だなぁ、なんて。

そんな余計すぎる心配をしてしまったり。

ま、超個人的ココロ模様のお話ではありますけど。ええ。

何卒の、悪しからずさんで。

UZMET心と秋の空、つって、ね。(*´ω`*)ええ。むかちから。



そんなちょっとヤルセナイ模様になっていた僕さんの心をちと鎮めようかと、
群馬県の四万温泉(しまおんせん)ってとこにプラリと行っていたのです。
四万と書いてシマと読む、的な。
映像作品のロケなんかにももってこいの場所でして。





名旅館。積善館(せきぜんかん)さん。
現存する日本最古の湯宿建築で、創業年数は320年以上!
元禄四年(1961年!)に建てられたのだそうです。
群馬県の重要文化財でもあるそうで。
名物は温泉マニア垂涎の「元禄の湯(げんろくのゆ)」
他では味わえない大正ロマンな湯。デザイン。









奥に見える小さな引き戸はスチームサウナだったりして。
入ると狭くて真っ暗っすけど。ええ。
他にもドキドキの混浴風呂などもあるのでちゅ♡
こんな温泉に外すことが出来ないケロリンの湯桶も。ええ。



お気づきの方は、お気づきだと思いますが。
積善館さんは道後温泉とか渋温泉とか、そのあたりと並び、
ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の湯屋(油屋)のモデル旅館の一つ......
と言われております。
下の写真の、左の建物の上の階の角辺りの部屋に千尋が住んでいたのですな。
働きながら。住み込みで。ええ。えらいこっちゃ。



しかし、なんと言っても、
この辺り一帯は貴重なパワースポットだったりするのでやんす。
超個人的な感覚では、ですけど。ええ。(*´ー`*)
そりゃぁ、宮崎駿さんも気になってしまう、なんてわけでして。







映画に出てくる印象的なトンネルも、
この地に入る時に通る唯一の道にあるものと、下の写真にある、
積善館さんの中にあるものとを合わせて描かれているとも思われ。



四万温泉の名前の由来は、
「四万(よんまん)の湯が四万の病を癒す霊泉」
という意味なのだそうです。
そんなスゴイ温泉発見!の起源に関しては2つの伝承があるとのことで。

一つは桓武天皇(737~806)の御代に、
征夷大将軍として蝦夷征伐(えみしせいばつ)に来た
坂上田村麻呂(さかのうえたむらまろ)がこの地で入浴したのが最初......
というもの。

もう一つは、延暦(えんりゃく)年間(782~806)に、
源頼光(みなもとのらいこう)さんの四天王!
として名を馳せた碓氷貞光(うすいさだみつ)さんが、
越後から上野国に越える際にこの四万の地を訪れ。
山のたたずまいや谷川の響きに心を澄まし、
夜には読経をしていたそうなのですが、
その時にどこからともなく童子があらわれ、

「汝が読経の誠心に感じて、四万(よんまん)の病悩を治する霊泉を授ける。
我はこの山の神霊なり」

と告げられたのだそうです。
すると、その直後に貞光さんはこの温泉を見つけたとのことで。
それで「四万温泉(しまんおんせん=しまおんせん)」と名付けた、と。



温泉街を流れる四万川(しまがわ)のほとりには公共の温泉なども。
「河原の湯」と呼ばれてます。
左側にある丸い石造りの建物がそうでする。味があるっす。



四万川には甌穴(おうけつ)と呼ばれる清流スポットもあって。
ここの水に触れれば、
この地の水が他と違うことが誰にでもわかるとは思います。
どこまでも清く澄んでいて、柔らかく、不思議なまろやかさ。
こんな優しい水で?温泉?みたいな。



甌穴の所には最近、小洒落たカフェ(KISEKIさん)も出来ちゃったり。



街にしても古き良き味があるっす。
タイミングを間違うと肘折温泉(ひじおりおんせん)並みの
寂しい感じも出ちゃいますけど。ええ。



正真正銘のスマートボール屋さんが完全営業ちうですし。
おばちゃんも高台に座って完全チェック体制を取ってまちゅし。



温泉地の最奥にある奥四万湖(おくしまこ)にしても、
タイミングを外せば、もう、誰も来ないようなとこでして。



ダムによって出来た湖ではありますが、
何かの犠牲を払って作られた大仰なダムというわけでもなく。
「四万ブルー(シマブルー)」と呼ばれる独特の青さを持った湖は、
美麗さと癒し力を持った場所だったりもするのです。ええ。



Shima Blue......透明度に関しては日本で第3位。
北海道をのぞいた本州以南ではトップの記録を出した時もあったそーでして。
日本有数の透明度だということは間違いないと思いまする。



クリスマスの頃には、この辺は一面、深い雪に覆われて。
辿り着くにもそれなりの準備が必要なところでもあって。
僕さんは元バリバリのおバカスキーヤーっすから。
この辺り一帯は庭!?ってなもんでして。ええ。
昔、結構イロイロとやらかしまくっちゃってたりもしまちゅの。
そーいえば、四万の山の裏にある峠で猛烈な吹雪にさらされて、
道路封鎖されちゃったこともあって。
その時は車のフロントガラスもワイパーも完全に凍ってしまい、
まったく機能しなくなって。
しょうがないので僕さんはスキーゴーグルを取り出し。顔にかけ。
それで運転席の窓を開けて上半身を乗り出し、
片手でハンドルを操りながら、
もう片方の手にはスキーグローブをはめてゴーグルのケアをしながら峠を下った......
なんていうこともありましたでしょうか。ええ。
思い出したっす。
おバカっす。
普通は走らないっす。そんな時に。峠なんて。
この辺り一帯で繰り広げたそんなアレヤコレヤの話をしだすと、
新橋の居酒屋で隣り合わせたウザイおっちゃんみたいになっちゃいそーなので、
ここでやめときまちゅけど。ええ。
とにかくこの地は、素晴らしき隠れ里なのでございます。はい。
お気に入りっす。(*´ー`*)



☆温泉関連の過去記事はコチラ☆
・豊富温泉(北海道、豊富)———【豊富温泉
・上の湯(山形県、肘折))———【ランプの静の湯 5
・宝川温泉(群馬県、水上)———【宝の川の日
・コタン温泉(北海道、弟子屈)———【鍔とアイヌ
・砂湯(北海道、弟子屈)———【鍔とアイヌ
・和琴温泉(北海道、弟子屈)———【鍔とアイヌ
・丸駒温泉(北海道、千歳)———【丸駒温泉
・恐山温泉(青森県、恐山)———【恐山徒然
・十和田湖西湖畔温泉(青森県、十和田)———【十和田湖徒然
・矢櫃温泉 瑞泉閣(岩手県、一関)———【邪馬台国徒然
・山王山温泉 瑞泉郷(岩手県、一関)———【邪馬台国徒然
・ほったらかし温泉(山梨県、笛吹川)———【イチロー備忘録
・伊香保温泉(群馬県、伊香保)———【榛名徒然
・富士眺望の湯 ゆらり(山梨県、鳴沢)———【此花咲耶姫
・もえぎの湯(東京都、奥多摩)———【鳩ノ巣徒然
・龍宮殿本館(神奈川県、箱根)———【ランプの精の湯
・七沢荘(神奈川県、七沢)———【ランプの精の湯 2
・壁湯温泉(熊本県、宝泉寺)———【ランプの精の湯 3
・天山湯治郷(神奈川県、箱根)———【箱根徒然】【ランプの精の湯
・縄文真脇温泉(石川県、真脇)———【巫女姫の太鼓
・杉の子温泉(石川県、白山)———【ここ掘れワンワン
・みくりが池温泉(富山県、立山)———【立山徒然
・黒根岩風呂(静岡県、北川)———【ランプの精の湯
・ホテルミクラス(静岡県、熱海)———【ランプの精の湯
・須佐温泉(島根県、須佐)———【青き炎
・玉造温泉(島根県、松江)———【猿田彦ミステリー
・たまて箱温泉(鹿児島県、指宿)———【かんぱかぱーん
・道後温泉(愛媛県、松山)———【ここ掘れワンワン
・白良湯(和歌山県、白浜)———【ランプの精の湯 4
・牟婁の湯———(和歌山県、白浜)【ランプの精の湯 4
・崎の湯———(和歌山県、白浜)【ランプの精の湯 4
・浜千鳥の湯———(和歌山県、白浜)【ランプの精の湯 4
・下ん湯———(大分県、由布院)【ランプの精の湯 6
・亀の井 別荘———(大分県、由布院)【ランプの精の湯 6
・夢想園———(大分県、由布院)【ランプの精の湯 6
・カムイワッカ湯の滝———(北海道、知床)【ランプの精の湯 7


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント (4)

かつ丼ベイベ

2019-11-08 00:09:55 | 美味い
ドーーーーーーン!(=゚ω゚)ノ

と、

カツ丼のお話しなんすけど。

ええ。

ついつい、戦艦「三笠(みかさ)」の主砲写真を使ってしまいまちた。

すいませぬ。

神奈川県の横須賀って街の方にありますので。ええ。

興味の湧いた方は乗り込みに行ってもらえたらと。

で、その、

肝心のカツ丼の方はコチラ。



どーん!と。
東京、渋谷、「瑞兆(ずいちょう)」さんのカツ丼。
逸品中の逸品でして。
大盛にすると蓋すらも閉まってくれないんす。(〃∇〃) ポッ♡



先日、

「おいしいカツ丼が食べたい!」

と言っていた御仁(♀)がいて、

「そーかー、、、でわわ!
100円玉はあるのか!?ちみ。
あったらソレをしっかりと、ギューギューに握りしめたまえ!
握りしめたら!
カツ丼が美味しくなるおまじないを教えるぞよ!」

と、僕さんは話してみたのです。すると、

「握りしめました!」

と、すかさずその御仁が返してキタので、

「よちっ!
でわ!
おまじないだ!
いいか!?準備わいいあるか!?
その百円玉を固く握りしめながら、ダブル、ダブル、ダブル、、と!
三回以上唱えるのじゃぁぁーーーっ!
がんばりー!(`・ω・´)/」

「だ、だぶる?ですか?」

「そーじゃ!なにか?
お文句でもあるのきゃぁーっ!?
あるならそこにナオレェェ!
きおつけぇぇ!
右舷3時の方向!
砲弾充填よぉいぃーーっ!」

「は、はい!
だぶる、だぶる、だぶる、、、(@_@)、、」



こちら。
ダブル玉子さん。プラス100円。
でもって、どんぶりの蓋を開けちゃうと......
もう、断然美味しいんす。(*´ω`*)
オプションで卵がだぶるなんす。
やってらんないっす。



瑞兆さんのカツ丼さんというのは、
最初食べた時に、なんと言いますか、

「カツ丼って、こういうものだよねー、、
永遠のスタンダードさんでさぁ、、」

ってなことになっていた僕さんの頭と味覚とを

「ガーーーーン!」

と揺さぶってくれたものでありまして。
定石通りシッカリと卵でとじてあるのに、とじてないわけです。
カツはご飯の上に敷かれたトロトロ卵さんの上に乗っけられている状態でして。
なので、食べると、揚げたてカツさんのサクサク!
っという軽妙な食感までもがキッチリとシッカリと味わえて。
そこにフワ・トロ卵さんのお味が絶妙に絡まり迫って来るという、

「王道のカツ丼なのに王道でない」

「裏切られていないのに裏切られるカツ丼」

とでも申しましょうか。
そんな大波が心と体に押し寄せてくるのです。
新潟や福井のソース系カツ丼や、
しょうゆ味でさらりと仕上げられた、
OLオリエンテッドなさわやかカツ丼さんなどとも違うものでして。
変種というものでもない、なんとも感激なかつ丼さんなのです。
最近はこのカツ乗せタイプのフォロワー店さんもあちこちに出来てきて、
にぎわってきてもいますけど。
それでも流石!元祖!?なのか?瑞兆さん独特の、
甘辛で濃いいぃ☆ダシタレの味と、パリッ!と立った、
旨みのあるご飯の味というのは決して代わりがきくものではなく。
いつ行っても丁寧に作ってくれて。
お吸い物にしても本当に美味しく。ええ。ええ。

「幸せのカツ丼」

さんなのです。

......あーーー......

なんか、かつ丼が食べたくなってきたぁ......

もう遅い時間だしなぁ......

「かつや」さんにでも行って、

禁断の「深夜カツ丼」をほおばってきよーかなぁー。。

どしよっかなぁーー。。

フトっちゃうしなー。。

でも、、

いっちゃおーー。。

おでかけおでかけ......いそいそ...... (*´з`)


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント (8)

ランプの精の湯 7

2019-11-04 00:06:35 | 凄い...パワスポ寺社
ということで。
次回は待望の!?第1位!
のお話となるのでございまつ。
秘湯中の秘湯っす。。(*´ー`*)




第一位!

世界自然遺産、

北海道、知床半島!

の、

原生林の中の砂利道を、

土ぼこりを巻き上げながら車で奥へ奥へと走って行った突き当り......





半島において一般車が入っていける限界地点。

そんなトコロにある温泉。

その名も......

カムイワッカ湯の滝!





ええ!?(O_O)

滝?

温泉じゃないの?

って?

そーでちゅ。

滝が温泉なんす。

というより、

世界遺産「知床」の大地を流れる清廉なる渓流そのものが!

全て!

まるごと!

温泉!

なんす......







すげーっす......絶句ッス......
アイヌ語で「カムイ=神」「ワッカ=水」の湯。まさに神の水の湯。



川底は硫黄成分がこびり着いていて、緑色となっています。
そんな「温泉川」を好きなように辿り、登り。
自由に座り。浸かる。とてーも野生の熊さんな気持ちっす。



「ココが、ランプの精さんの1位の温泉かぁ、、、」
と、心から満足し、感動もしている僕さん。
とにかく、熊さんさえいなければドコに入っても、寝転んでもイイのです。
どこに入っても......



でも、出ちゃうんす。熊さんが。しょっちゅう。
周囲の雰囲気は完全に熊さんのフトコロ感が満タンですし。
なので最近は川の奥に入らせないようなロープが張られていたりします。
そのロープを超えてガンガンと上流に登っていけなくもないのですが、
やぱーり「M4カービン」ぐらいは必要な感じでして。(*`・ω・´)ゞ デシ!



素手で熊と戦うのはトム・クルーズぐらいの勇気がいるんす。(*´ω`*)ええ。
ちなみに、上流に行けば行くほど川の温度は上がっていって、
大きな滝や滝ツボとかもあるようなのですが、時折、大きな岩も落ちてくるらしく。
かなり危険とのことで。
急増している観光客さん達にしても、
川で転んで怪我をする人が後を絶たず。
なので、現在は中流辺りのヌルメの湯でポヤポヤする感じでしょーか。
しかし、それでも十分心地が良いのです。良すぎるのでつ。ええ。

上にも記したように、硫黄系の温泉だとは思うのですが、
不思議と、その匂いは微かで。
そして、何よりも衝撃だったのはココの湯の持つ異様な治癒力。
洗剤で荒れまくっていた僕さんの手を一瞬で治してくれまちた。
川を出たら手荒れが無くなってたんす。マジっす。ほんとに。ええ。
おなか周りの脂肪分はマッタク変わらなかったんすけど。。( ´△`)/ ドシテナノー
ここまでハッキリわかる治癒力を持つ温泉に出会ったことはこれまでに無く......
本当に驚いたッス。
マサニ「神の水の湯」
大自然へ畏敬の念が湧き上がってしまうのです。
以下の写真は「知床クルーズ」の会社さんのHP写真なのですが。
この真ん中に写っている滝の少し上の辺りの場所でポヨポヨと、
のん気に川湯に浸かっちゃっう☆というわけなのです。



「カムイワッカの滝」と呼ばれる川が海に落ち込んでいる辺りの海水は、
川の強烈な温泉成分や硫黄成分でもってエメラルドグリーンとなっていることがわかります。
知床連山を背に、深い原生の森を通り、海へと流れ至る渓流まるごと温泉。
大自然極まるこの写真を見れば一目瞭然。

これ以上の温泉などあるのか?と。

この地は、冬の間は長く雪や流氷に覆われてしまうので、
観光的には6月から10月末ぐらいの期間しか入れないらしく。
しかし、そんな厳冬の知床においても、唯一、
この川だけは凍らないのだそうです。
この川は、この地に生きる全てのモノモノにとっての「安らぎ」であり、
治癒所であり、宝であり、灯火(ともしび)のような存在でもあり。
もしかしたら「優しさ」そのものなのではないかと。
お湯に浸かっているとそんな感じもして来ます。

この温泉川は知床五湖のすぐ近くにあるので、
最初は五湖の方に寄ってから向かうつもりだったのですが、
僕さんが五湖に行った時は、ちょうど熊さんが何頭が出てきてしまっていて。
五湖の遊覧は二時間ほど閉鎖されていました。
なので、最初に湯の滝の方に向かい、湯上りにまた五湖へと戻ることにして。
戻ってみると、ちょうど熊さんもお帰りになったようでして。
でわわわっ!ってんで、五湖のレストハウスに入っていって、
ゆたーりと「こけももソフト」とかイッチャッたり。ね。ええ。



知床五湖の味なのでしょうか......麗しい味っす。(*´ー`*)
知床連山も美しいっす。





人の手が入らない自然とはかくも神々しく、美しいものなのか、と。
改めて強く教わるような、そんな地であり。温泉でもあり。
ランプの精さんが1位に選ぶ意味というのも、なんだかよく分かるなぁ、と。
しみじみと感じいってしまうのです。
また行きたいなぁ、と。
今でも、いつでも、そう思っておりまする。

ランプの精さん!ありがとー!(*´∇`*)/

教えてくれて感謝っすぅぅーーっ!

今度は11位から20位まで教えてくんろーーーっ!?!?( ̄∇ ̄)



☆ランプの精がオススメする日本の温泉ベストテン☆
1位———この記事っす。
2位———由布院温泉(過去記事......ランプの精の湯 6
3位———箱根温泉(過去記事......ランプの精の湯箱根徒然
4位———肘折温泉(過去記事......ランプの精の湯 5
5位———丸駒温泉(過去記事......ランプの精の湯 2、丸駒温泉
6位———七沢温泉(過去記事......ランプの精の湯 2
7位———宝泉寺温泉(過去記事......ランプの精の湯 3
8位———南紀白浜温泉(過去記事......ランプの精の湯 4
9位———北川温泉(過去記事......ランプの精の湯
10位———熱海温泉(過去記事......ランプの精の湯



☆温泉関連の過去記事はコチラ☆
・豊富温泉(北海道、豊富)———【豊富温泉
・上の湯(山形県、肘折))———【ランプの静の湯 5
・宝川温泉(群馬県、水上)———【宝の川の日
・コタン温泉(北海道、弟子屈)———【鍔とアイヌ
・砂湯(北海道、弟子屈)———【鍔とアイヌ
・和琴温泉(北海道、弟子屈)———【鍔とアイヌ
・丸駒温泉(北海道、千歳)———【丸駒温泉
・恐山温泉(青森県、恐山)———【恐山徒然
・十和田湖西湖畔温泉(青森県、十和田)———【十和田湖徒然
・矢櫃温泉 瑞泉閣(岩手県、一関)———【邪馬台国徒然
・山王山温泉 瑞泉郷(岩手県、一関)———【邪馬台国徒然
・ほったらかし温泉(山梨県、笛吹川)———【イチロー備忘録
・伊香保温泉(群馬県、伊香保)———【榛名徒然
・富士眺望の湯 ゆらり(山梨県、鳴沢)———【此花咲耶姫
・もえぎの湯(東京都、奥多摩)———【鳩ノ巣徒然
・龍宮殿本館(神奈川県、箱根)———【ランプの精の湯
・七沢荘(神奈川県、七沢)———【ランプの精の湯 2
・壁湯温泉(熊本県、宝泉寺)———【ランプの精の湯 3
・天山湯治郷(神奈川県、箱根)———【箱根徒然】【ランプの精の湯
・縄文真脇温泉(石川県、真脇)———【巫女姫の太鼓
・杉の子温泉(石川県、白山)———【ここ掘れワンワン
・みくりが池温泉(富山県、立山)———【立山徒然
・黒根岩風呂(静岡県、北川)———【ランプの精の湯
・ホテルミクラス(静岡県、熱海)———【ランプの精の湯
・須佐温泉(島根県、須佐)———【青き炎
・玉造温泉(島根県、松江)———【猿田彦ミステリー
・たまて箱温泉(鹿児島県、指宿)———【かんぱかぱーん
・道後温泉(愛媛県、松山)———【ここ掘れワンワン
・白良湯(和歌山県、白浜)———【ランプの精の湯 4
・牟婁の湯———(和歌山県、白浜)【ランプの精の湯 4
・崎の湯———(和歌山県、白浜)【ランプの精の湯 4
・浜千鳥の湯———(和歌山県、白浜)【ランプの精の湯 4
・下ん湯———(大分県、由布院)【ランプの精の湯 6
・亀の井 別荘———(大分県、由布院)【ランプの精の湯 6
・夢想園———(大分県、由布院)【ランプの精の湯 6


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント (13)

リンクバナー