雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか。。」と見つけてもらえたら、、そんな思いで書き記してます。

今更の話で、、

2018-08-25 01:34:58 | 面白い...映画&音楽
室戸徒然」の記事が、書き出したら1ヶ月近くの長編になってしまったので、
今回はかなりの時期遅れ記事!?となってしまうのですが、
そこは何卒のお許しを頂きつつ。ええ。映画のお話しっすの。ええ。ええ。(*´ω`*)

時折あることなのですが、
マイナー系の映画作品で、周りの人からの評判がやたらと良く。
ただ、そんな評判に比べると、
目にする色々な宣材物とか予告編とかポスターとかネット画像とかが、
なんだかちょっと期待を抱きにくい仕上がりだったりして。

「ホント?に?そんなに面白いのかな......」

みたいな。ただ、大抵の場合、
イザ見てみると周囲の評判通りに素晴らしい作品だったりして。
そして時折、その素晴らしさが自分の良いと思えるハードル高の
遥か上を行ってしまう様なモノに出会う様なこともあって。
でも、そんな驚きこそが単館上映モノの醍醐味だったりもして。

そして、そんな作品達の宣材物やアートワークなどの質感が
とかく低めの空気を発してしまうのは、恐らくは予算が低いという部分が関係していて。
俳優さんなどにしてもどうしても地味めで無名的な人となってしまったり、
アートディレクターさんやデザイナーさんにしても、
制作メンバー自身や身近な仲間達で色々なものを仕上げていたりする形なども多く。
そういった制約の中で
仕上がりに自然と手作り感が浮き出てきたりもするのだと思います。
それで、そんなコトゴトの反作用的なチカラもあって、
作品が良かった時にはドドーン!とクチコミやソーシャルが大展開されたりもして。



「カメラを止めるな!」
もはや様々なメディアで取り上げられているとも聞いていますし、挙句にとうとう
「盗作か!?」
なんて訴えも出てきちゃったりもしている様で。有名税的な。
でも、どちらにしても個人的にはとても拍手!な作品だったりします。
インパクトという意味では、日本映画の中ではここ数年で1番だったかもしれませぬ。
もしかしたらソレは、同じエンターテイメント世界の片隅にポツリ......
と佇んでいる人間特有の感慨なのかもしれませんが、
少なくともアチキに関しては、見終わった後ちょっと席を立つことができず。

「こんな映画とか、作品とか、本当は俺達でも作れるんだよな......なぜ?
自分は、自分達は?出来なかったのか?出来ないのか?」

そんな自責の念と自分の無能さに打ちひしがれた......
というのが本当のところだったでしょうか。
帰ってからは沢山の人達と色んな話をしましたし、
それはチームの映像ディレクターさんやマネージャーさんたちとも。勿論。
作品の制作予算は300万程度だとも聞いていますし、それは見ていてもわかります。
バジェットは見れば大体掴めるものですし。
しかし、通常の全国公開モノの一本◯億円から数千万円の映画を簡単に超えていくアイデア。
動員数。売上。
決して「質」は高くないのですが、作っている人達の情熱や思いも合わせて、

「俺、こういうもの、、いったい何年?、、忘れてるのだろうか、、」

と。自分が恥ずかしくなる感じで。
勿論、つまらないプライドもありますので、その心的なせめぎ合いもあったり。
でも、まぁ、パクリ疑惑があろうがなかろうが、
「モノ作りにおける初期衝動的エナジー」
が生み出した傑作であることは間違いないわけで。
こんな作品を作り続けられるかどうか?こそがまたタフなことであるとも思いますが、
恐らくは、この作品の情報や上映館は今後も世に増えていく一方だとも思います。



で、と......チト悔しいんす(ㆀ˘・з・˘)



ちなみに、同じ様な道を辿って、同じ様な感慨を持たされた海外の映画作品となると、
ここ数年の中ではコレ、でしょうか。
「ベイビー・ドライバー(BABY DRIVER)」エドガー・ライト(Edgar Wright)監督



これも劇場で観たのは、もう、一年ぐらい前となるでしょうか。
今更ですけど、今やレンタルDVDなどもしっかりと出ているようで。
とにかくこの映画はスタートからウルサイ!んす。音楽が。ギャンギャンと。
音楽好きでも、きっと、うるさい!んす。
とめろよ!もう!いいから!的な。でも、15分も見ていくと、
それが確信的かつ意味深なものであることを感じさせられていき、しまいには、
その音楽のうるささや大きさが無いと成り立たないフィルム世界にドップリコ......
と入り込まされて。まるでPVの如く、音楽に色んな感情を揺さぶられて。
いや、もう、そんなフィルムワークや脚本が見事で。
役者さん達も派手さは無いけどいぶし銀的で。皆役にハマってもいて。
アクション映画的なシンプルな物語もナカナカに磨き上げられていて、素晴らしく。
この作品も

「宣伝とかアートワークとか、もう少しなんとかなるのになぁ、、でも傑作だなぁ、、」

「本当は日本でも作れるんだよなー、、、くやしーなー、、」

などと強く思わせられた、個人的には忘れ得ぬ一本。
なんでしょーか。ほんと。仕事は慣れちゃいけません、っす。
不平不満は数々あれど!?自分の今いる環境がいかに恵まれているか。
ここに至るまでソレ相応の努力もしてきたと自己満足的には思うけど、でも、
慣れちゃいけないのでちゅ。
今更の話で、ハズカチイのですけど。改めて。

とても叶わない大きな壁があったり、敵的なものが表れたり、
理不尽極まりない出来事に巻き込まれても、やっぱり、どこかに突破口はあって。
僕らの様な世の正道からは外れた道を!?歩いてきた人達は、皆、
たとえ八方塞がりでも9個目の出口をいつも探して生きてきたわけで。
その情熱や衝動、狂気みたいなものが、なんだか、
色んな理由にまみれる中で自己弁護的に消えていたりして。


いかんです。


それは、いかんです。


僕らはちゃんと、子供でないといけません。


やっぱり、


僕らはバカで無いといけません。


そして、ただのバカであってはいけないのです。


いつか言われた、敬愛する先輩のそんな言葉が、また最近、


アタマをグルグルと回っているのです。









「オーシャンズ 8」「ミッションインポッシブル フォールアウト」
「ジュラシック・ワールド 炎の王国」「ハン・ソロ」とか。
この辺の大作達も期待通りの感じで面白かったです(^^)
大好きな女優、安藤サクラさんの出ている「万引き家族」もナカナカ。



特に「ジュラシック」は最新の音響システム
「ドルビー・アトモス(Dolby Atmos)」の仕様がかなり斬新。
天井からも!!恐竜とかヘリの音が降って来ちゃうのです。
対応出来るシステムを持つ映画館がまだほんの少ししかなく、
僕も我が町の映画館では見れなくて、
日比谷の東宝シネマまで出かけていって見たのですが......
いやはや、少し前のIMAX同様、
このドルビーアトモスもこれから広がって行く様な気配が無きにしもあらず......
アメリカやカナダなどでは既に家庭用のアトモス・システムも大々的に売られていて。
家電店でもとても大きなスペースが割かれていました。
写っている帽子ヤローわ、そんなシステムに興味津々のウチの映像ディレクターさんで。





マニア系!?では、この「いぬむこいり」という少々危険な作品が、
なんと、上映時間245分!なんていう大作で......見に行ってみたら、二部構成で。
途中10分のトイレ休憩を入れるという映画としては壮絶な!?上映形態。





主演の有森也実さんと片島一貴監督、
元WyolicaのAzumiさんのサインも頂けたのでやんすけどね。ええ。ええ。
KORIWA BANNINMUKE DEWA NASASOSSU......(*´-ω-`)umum......


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 室戸徒然 5 | トップ | 暑さ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (匿名希望)
2018-08-26 21:11:47
はじめまして。『ベイビー・ドライバー』が気になります。DVD屋さんで探してみます<m(__)m>では失礼
匿名希望さんへ。 (amenouzmet)
2018-08-26 23:08:01
お口に合わなかったら申し訳ありません...m(_ _)mでわ失礼

コメントを投稿

面白い...映画&音楽」カテゴリの最新記事