雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか、、」と見つけてもらえたら。そんな思いで書き記してます。

恐山徒然 3

2017-11-14 00:20:02 | 凄い...パワスポ寺社
のんのん婆!?!?!???

......じゃないみたいです。ええ。奪衣婆。






到着!ヾ( ̄∇ ̄=ノ



門をくぐり中へ。
ここで、僕さん。一目散に境内の隅にある温泉に向かうことにします。



「KIKOちゃん。申し訳ないんだけど、このお寺の建物の裏にある温泉に行っていい?
タオルも持って来たし。
本来ここに入るには温泉で禊いでから入る習わしなんだよね。
だから参道沿いにも温泉なんかがあるんだけど......今日は神様の頼まれゴトだし、
その礼節は守らないと怒られちゃいそうだから、ザブン!と、一回、浸かるだけ。
ホンノ15分ばかり。ヨイ?
どこかプラプラしながら待っていてくれたら嬉しんだけど......」

「全然いいよ。行ってらっしゃい。ゆっくりで大丈夫だから」

「マジ!?ありがとー!じゃ行ってくる!15分後に、この辺りデェェー(^^)/」



と、1人向かった温泉がココ。真ん中の味のある掘っ立て小屋がそうなのです。



「花染の湯」



恐山(おそれざん)の境内には、参道の脇に古小屋的な温泉が二つ、
男湯と女湯に別れてあるのですが、此方は、境内から離れた場所にひっそりと、
宿坊の建物の陰に隠れるようにしてある温泉で、多くの人はココまではマズ来ません。
しかしココこそが、恐山の原初の温泉と言われている場所でもあり、
おそらく、恐山のお坊さん達も禊に使っているであろう場所。
なので「離れ」のようにポツンと、置いているのだと思います。
そしてここは、ちょっとドキドキすることに......



混浴!(●´ω`●)

正式に!

イザ!

高鳴るコカ、、んじゃなく!タオルを押さえながら!

失礼ちまぁぁーーーーーーーーちゅぅぅ......

ガラガラ!

キャァァァァァーーーーーーッ!♡♡♡



......まね。

ええ。

こんなもんです。人生なんて。ええ。

気にせずにね。ドップンコ、と。

秘湯感かもし出しまくりの湯船に入るのでやんす。

おっちゃん!写真とってもいい?あ?いい?そう?
この写真インターネットとかで載せちゃってちゃってもいい?
いい!?そう!ありがとー。じゃ、背中向くって!?照れ屋さんなのね。ええ。ええ。
じゃ、いきますよー。撮りますよー。
え?なに?よくこんな風呂まで来たね?って?
いえいえ。神様に怒られちゃうので。ええ。ええ。おっちゃんこそ観光ですの?
え!?にゃんと!運転手さん!そう!タクシーね。ホーホー。。客待ち?
そりわそりわ......お疲れ様さまでございまする......

......ってね。

温泉の方は素晴らしい泉質。湯加減も最高。
少しでも気を許すと、ユッタリと一時間ぐらい入っていたくなる感じ。
しかし!今日は!とにかく岩に参らねばならぬのだ!と。
「ユックリ入っていけばイイのに......」
とおっしゃってくれるオッチャンさんにもお別れの挨拶をして、
僕さんはソソクサと温泉を出て、髪も濡れ濡れのまま再び参道の方へと向かいました。
車にタオルを戻し置いて、そこで再びKIKOさんと合流。いよいよ参拝へ!と。

先ずは、門を潜る前から気になりまくっていた、
境内を見下ろす丘の上に立つ龍神さんの社(やしろ)へ。
最初にココに行かないと、なんだか中に入れない様な感じがするのです。
龍神さんの好きなお酒も持って。ポンチキで。ええ。ええ。



こちら。境内を広く見渡す龍神社。お隣には稲荷さんの社(やしろ)も。



ドチラもチカラ有りまくりの社さんで。早速、ご挨拶をせねばと......

「今日、一日、参拝のお導きとお力添えを、何卒宜しくお願いします......」

と。すると、目前の霊場の真上に大きな龍神さんが......手が特徴的で。玉を持ってる感じで。
恐山を護っている龍神さんですな(^^)



そして、よーやく。ここで霊場へ本格入場。
本殿前の参道には大き横断看板があって......



看板の裏に回ると、こんな大きな龍神さんの絵があって......ああああっ!
この顔!形!さっきの龍神さんじゃん!?そっくり!(;゜0゜)スゲ!
わかってる人いるんだなぁ......



「KIKOちゃん、コレ、まんま、さっきの龍神社で見た龍さんだね!(^^)ホラ!」

「本当だ。。すごいわね。玉を持ってる手の場所とか、そのままね」

「チャントわかる形で出て来てくれたんだなぁ......
なんか、無事受け入れてもらえたみたいだ.....よかったよ。温泉入って。感激する。なんだか」

「そうね」



僕ら二人の感覚では、
この時から恐山の空がカナリ普通じゃない雰囲気になってきている様に感じていました。
例によって!?ですが、恐山の上に沢山の龍神さん達や神々の気配が集まり出していて......
そしてこの後、僕らは、そんな霊場の空気が決して気のせいではなかったのだ、ということを、
イヤというホド!?体感させられる出来事に遭遇することとなるのです......が、
境内に満ち出したそんな異様なチカラを全身で感じながら、僕らは参道を歩き出しました。
すると、その参道の左側に、フト、目が止まった社(やしろ)が一つ。

「塔婆堂」

その社の立て札にはそう書かれていました。

それを見た瞬間、僕ら二人は「ピン!」と来ました......

......塔婆......ばあ......婆......



のんのん婆は、ここにいるんだな。きっと......」



僕らはそんな気持ちで、本殿に向かう前に、この社(やしろ)に丁寧に参ることにしました。

「4」へと、つづくのです(^^)


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント   この記事についてブログを書く
« 恐山徒然 2 | トップ | 恐山徒然 4 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

凄い...パワスポ寺社」カテゴリの最新記事