雲は完璧な姿だと思う。。

いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか、、」と見つけてもらえたら。そんな思いで書き記してます。

グラタンと枝豆

2012-08-06 00:15:02 | 感謝
サッカー五輪代表の永井のケガがトテーも心配な本日。
何気なくfacebookを眺めていたら先輩が美味しそ~うに茹で上がった
大量の枝豆写真をアップしているのを見つけました。
ヤバい。。大好物(〃▽〃)
本当に美味しそう......じゅる......コメント入れよう......



「分けて下さい、、」



枝豆を見るといつも思い出すのはおばあちゃんのこと。
もうかなり前にこの世界を旅立っていますが、
生前は埼玉の実家の裏にある、
趣味の野菜作りをする為だけに持っていた小さな畑で、
毎年毎年沢山の美味しい枝豆を作って、
小さな子供だった僕に食べさせてくれました。
枝豆が実るのはだいたい夏で、
昔の人だからでしょうか、おばあちゃんの茹でる枝豆は塩味がとても強く、濃い味。
いつも麦茶などの飲み物と一緒に気がすむまで、トメドモ無く食べていました。

その経験があるからなのか、今でも居酒屋などで枝豆が出されると、
お通しだろうが、オーダー品だろうが、目にした瞬間「無意識」に手が延びて、
そこからは鬼神のごとく!?(@_@)
ソレがまるで無料サービス品であるかのような怒涛の勢いで......
バクバクと平らげていってしまいます。

あー恥ずかしい。。
あー申し訳ない。。

フッと我に帰り、人知れず照れている......てな事もしょっちゅうで。
他にも枝豆好きの人がテーブルにいた日には、
かなーーり恐縮でキマズイ雰囲気を生むこともあるくらい、
ほっとくとバクバクと食べてしまいます。
やめられない、止まらない......あかん(ToT)



おばあちゃんの趣味の畑では、僕はよくその枝豆の収穫を手伝わされたり、
他にもキュウリやトマト、
ホウレン草やトウモロコシなどまで育てるのを手伝わされたりもしていました。
草むしりや土を耕すといった作業もよくやらされました。
そんな畑仕事はいつもお遊び程度で、
お小遣い稼ぎ!という以上、以下ではなかったのですが、
今思うと、畑で作物を作るという貴重な体験や知識を僕は得ていた様に思います。
まぁ、のんびりとした田舎ならではのことでしょうが......



おばあちゃんはおじいちゃんを戦争でなくし、
戦後の動乱期を文字通り「女手一つ」で、僕の父を含めた5人の子供達を育てあげました。
「昔ながらの肝っ玉かあさん」
と、近所の皆さんはウチのおばあちゃんをそんな風に表現していましたが、
孫の僕から見てもまさにその通り。
多くの苦労が完璧に身に染みついていたからなのか、
老後になってのんびりと出来るような環境になってからも
贅沢といえるようなことをしているのを僕は一切見たことはありませんでした。
口癖は



「白いご飯があれば、それが何よりの贅沢。幸せだよ。。」



そんなおばあちゃんが唯一の贅沢、御馳走として、
たまに家族で出掛けた時でもいつも決まって食べていたのが「グラタン」でした。
それは今でもハッキリ覚えています。
グラタンを食べてるときのおばあちゃんは何時もとても嬉しそうで、
子供の頃から何度か聞かされた初めてグラタンを食べた時の話も覚えています。



———————なんでも、デパートの屋上にあったレストランで、
一緒に入った友人から「美味しいよ」という勧めを受けて
疑心暗鬼で注文したらしいのですが、初めて口に入れた時に

「世の中にこんな美味しいものがあったのか......」

と、涙が出るほど心底感動したそうです——————————



僕は今もグラタンを食べる時......
それはよくよく考えると滅多にありませんが......
そんなおばあちゃんのことを必ず思い出します。
そして、枝豆を食べる時は、
おばあちゃんの畑の枝豆と比べて旨いか不味いか......
などと無意識に考えていたりします。

今日、先輩の枝豆写真を見ていたら無性に食べたくなって思わず買ってきてしまった枝豆。
おいなりさんも安かったので衝動買い。
その枝豆を頬張りながらお気に入りのビールを開けて、
オリンピックをちょこっとチェック......

......そんなおばあちゃんと過ごした暑い夏の日を今日は少しだけ思い出しました。



来週はどこかでグラタンを食べようかな。
おばあちゃんに届くように。。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
コメント   この記事についてブログを書く
« 遷宮のこころ 2 | トップ | 川底は上下する »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

感謝」カテゴリの最新記事