行雲流水

阿島征夫、一生活者として、自由に現代の世相を評す。時には旅の記録や郷土東京の郊外昭島を紹介する。

年金生活者のマネー 2000万円問題

2019-06-16 23:33:06 | 年金生活者
北欧旅行中、日本では金融庁のワークグループ報告書いわゆる年金不足を補う「2000万円問題」で大騒ぎ、序章での定年後には下表のごとく、5万円足りないので生きるためには2000万円必要と示したのがもめた。麻生副総理が参議院選挙に影響が出ると困るので、この報告書は受け取り拒否を表明する始末。
この騒ぎは政治不信そのものだ。安倍首相はスローガン大好きで、最初は3本の矢と言って、アベノミクスを出したが、未だ成長せず、そして最近言いだしたのが年金制度100年安心計画だ。野党はこれと2000万円不足問題が矛盾すると追及しだした。日本の年金制度は表のように厚生年金生活者が主流で、団塊の世代くらいは半分以上がこの制度に乗っている。しかも定年まで勤め上げれば退職金か企業年金を貰っている。しかし、今や40%非正規社員厚生年金などには入ってない国民年金だけだ。こうした制度の違いを棚に上げてワークグループが論じたところに問題があった。
 
100年安心計画を選挙公約として出し直して貰いたい。先ず、国民年金70万では最低限の生活は不可能、非正規社員でも厚生年金に必ず入れることが第一歩だ。年金生活者は千差万別、生活をどうエンジョイするか、そのためにはどのくらいの生活費が掛かるか、それによって定年後の費用の掛かり方が変わる。そこから老後の資金の必要性が出てきて、金融庁が狙った資金運用の税制利用だとか、投資のやり方のガイドラインを政府として出すことだ。
 
先日訪れたフィンランドでは全国民が所得税3割、消費税約2割を負担している。その代わり教育費、医療、は無料で日本の厚生年金のような国民皆年金制度がある。金融庁が心配する運用する貯金がなくても生活に困らない。それでも市内を歩くと物乞いの老人がいる。
日本は自助努力が必要なことは国民は承知している。変なスローガンは政治不信を招く。
コメント

タリンの凄い港インフラ

2019-06-14 22:31:32 | 海外
タリンからヘルシンキにはシャトル便が頻繁に出ている。シャトル便は北欧との大動脈で船内に大型スーパーがあり、岸を離れた瞬間ノータックスとなる。売り場の大半は酒類、北欧の2割を超える消費税回避で6本詰めワインの袋を抱えている人が多い。
乗船したシャトル便スター号


離れていくタリンの遠景を見て驚いた。港にはクルーズ船5隻、ヘルシンキシャトル便3隻が係留されている。今日も旧市内は観光客で大混雑だろう。


いちどにこれだけの大型客船を受け入れるインフラがあるということは、ハイシーズンとはいえ大したものだ。日本の横浜や神戸の港は一度に5隻のクルーズ船は受けられない。税関職員が全く足りないと言うことらしい。EU諸国の観光客はフリーに出入りができると言うメリットを最大限観光業に生かしている。
タリン遠景

コメント

エストニア、IT先進国

2019-06-13 02:09:41 | 海外
バルト3国のなかで、跳んでるのがエストニアだ。ホワイトハッカーが多いのはトップクラス、EUのサイバーセキュリティセンターが、タリンにあるのはうなづける。人口130万の国が観光以外に見つけたIT産業は人材教育のおかげだろう。ウィンドウズに付属するSkypeの発祥もエストニア人で、目を付けたMicrosoftが買収した。
この国の国民はIDカードで全てを済ます。こうなると住所はどこでもいい。住民票もいらない。eストニアと言われる所以である。
日本のIT産業から視察団が大挙して押しかけている。一時、これを揶揄する報道がなされたが、現地の人たちは大歓迎と言っている。
もう一つの主産業は観光業で、世界遺産の旧市内はエストニアの歴史がぎゅっと詰まっている。長い間の支配者ロシア、ソ連は教会を始めツアーの夏の宮殿を建設、これが観光資源となっている。これらの建築物は現在首相官邸、国会議事堂等で利用されている。エストニア人は専業農業だったので、建築には多くのロシア人が移住させられた。現在も人口の25%40万人のロシア系住人がいる。帰れと言われても帰る所が無かったからだ。北方4島の住人も同じことで、侵略の犠牲になるのは庶民たちだ。
アレクサンドル ネフスキー大聖堂


公共建築物には三頭のライオンが入った紋章が飾られている。この意味は長い歴史の中で侵略をされた対スエーデン、対ロシア、対ドイツに抵抗した勇敢なエストニア国民を象徴している。
国会議事堂


タリンの交通は路面電車、バスが中心である。住民は無料でいつでも利用できる。外国人でも住民登録ができるようになると利用できる。
市長の人気取り政策であったが、もしかするとMaaSの先進国にもなるかもしれない。


世界遺産、旧市内
コメント

ラトビア便り

2019-06-12 03:55:37 | 海外
高い山がないけど森は至る所にある。穀倉地帯では宏大な畑と森がどこまでも続く。人々はハイキングを兼ね、ブルーベリーやキノコ狩りで短い夏を楽しむ。公有、私有関係なく森に入ることが法で可能となっている。これはフィンランド、スエーデンも同じた。
エストニアへ向かう途中に「ラトビアのスイス」があると聞いた。EUの中では珍しい洞穴があり、たしかに山で渓谷美は素晴らしい。しかし高さ300mもないので、スイス人は驚くだろう。

ラトビアは、スエーデン、ポーランド、ロシアから侵略された苦難の歴史があり、国旗は血の色にし、苦難の独立を子孫に伝えている。
ミニベルサイユとも思えるルンダーレ宮殿はその歴史に翻弄された。


ロシア皇帝アンナに愛されたクールランド公ビロンが建設したが、アンナの死後はシベリア流刑となり、ロシア皇帝の夏宮殿となった。その後、ロシア革命でソ連は宮殿を接収、小学校や幼稚園に利用、荒れ果てた。1972年から修復が開始された、1991年独立後加速し、現在もりんご畑など周囲を整備している。

首都リーガはバルト3国のなかで最大の都市だ。ハンザ同盟に加わった豊かな時代を象徴するアール・ヌーヴォーの住居街はEUのなかでも出色だ。


ダウカバ川の港を臨むハンザ同盟の豪華な建物


バルト3国に共通の現象だがEUに加盟して、賃金の高い西欧へ労働力が流出、政府は懸命にIターンインセンティブを打ち出し、人口減少に歯止めをかけようとしており、戻ってくる人もいるようだ。
コメント

リトアニア便り

2019-06-11 03:08:24 | 海外
バルト3国は南へ行くほど物価が安いと聞いたが、スーパーで買い物してなるほどと思った。イタリアのパルミジャーノチーズと同じ味の地元産が3.9ユーロ、ワインはダブルッツオが4ユーロ、森で採れるせいか、マッシュルームは1キロ2ユーロ、21%の消費税こみでこれだ。地元民は「賃金が安いからさ」と素っ気ない。

ビリニュス郊外の湖に浮かぶ古城は、珍しく天気が続くので、家族連れや観光客で賑わっていた。リトアニアは雨の国という意味で、雨量は多いとガイドは言ったが、旅行中は幸い良い天気が続くようだ。
トゥラカイ城


ビリニュス市内には、各宗派、宗教の教会が多く、複雑な歴史を感じる。




ロシア、ソ連の侵略に執拗に抵抗したのがリトアニアだった。戦いで多くの死者が出た。葬いの十字架を捧げた丘があり、私も世界平和を祈願し小さな十字架を奉納してきた。
シャウレイ郊外、十字架の丘


コメント

リトアニア、杉原千畝の軌跡

2019-06-10 03:16:00 | 海外
ストックホルムからラトビアの首都リガへは一泊の船旅、そこからリトアニアの首都ビリニュスへの長いバス旅、森と遥かに続く畑と牧草地、豊かな穀倉地帯でロシア、ソ連が何回も侵略した理由が解る。
ビリニュスの 郊外、ホテルの近所に日本大使館がある。これから訪れるカナウスの杉原千畝元領事館の時代とは違い特に問題もなく、大使館の仕事ものどかなものだろう。

ビリニュスから100キロ、杉原千畝記念館は第二の都市、カナウスの郊外にある。建て替えられかつての領事館とは違うが、領事執務室は再現されている。映画の方がバルコニーのあるセットで再現されている。ヘルシンキ行きのJAL便ては、杉原千畝の映画をみることができる。杉原千畝を唐澤が奥様の幸子を小雪が演じている。


ソ連がリトアニアを占領したため、領事館からの退去を要求されても、退去の日までメトロポリスホテルでビザを発行し続けた。そのホテルは今も営業してる。そのことは肖像レリーフと共にホテルの壁に顕彰されている。


本国外務省からノーと言われながらも、人道を貫き合計1600人のビザを発行した。ユダヤ人の大部分はオランダ国籍でシベリア鉄道経由で中米キユーラソー[オランダ領]を目指して日本の通過ビザを必要としていた。
あらためて、杉原千畝は日本人の誇りと確信した。
コメント

続スエーデン便り

2019-06-09 02:38:35 | 海外
スエーデンの存在感はノーベル賞があるからでもある。スカンディナヴィア半島は堅い岩石で、トンネルや道路工事は困難を極めた。必要は発明の母、ノーベルのダイナマイトは大いなる技術革新だった。

ノーベルは平和賞はオスロでその他の賞はストックホルムで授与するよう遺言、旧市内ガムラスタンの広場にノーベル財団博物館がある。入ると、椅子が高くぶら下がっていて、目を凝らすと山中伸弥というサインが椅子の底に書かれている。ノーベル賞メダルチョコを買えば財団に貢献できるのではと、博物館で求めた。


大勢の観光客で賑わうガムラスタン広場、ノーベル賞はストックホルムの観光資源になっている。


コメント

スエーデン便り

2019-06-08 15:00:17 | 海外
北欧とバルトをかつて支配したスウェーデン、今や人口1千万人強の小さな国となっているが、この国の技術力は世界のトップを行っている。30年前この国を訪れた時はサーブ、ボルボ、といった自動車メーカーはその生産方法、品質の良さで世界のトップ水準であった。しかし今やスウェーデンの自動車メーカーはすべて外資に買われるか、潰れてしまった。

その後IT先進国となり、現金を持たなくても済む先進的な国となっている。一杯のコーヒーを飲むにもクレジットカードが必要だ。最初、暗唱番号を押すのが面倒だったが、慣れると財布を出さなくて済むし、お釣りの確認もしなくて済む便利なものだ。
30年前のクローネがあったので、持参したが、既に使えなくなっていた。

通勤手段での自転車使用は30年前と変わらないが、割って入ったのが電気スケーターで、自転車専用道路をスイスイと走っている。
スエーデンの全盛期、17世紀に建てられたドロットニングホルム宮殿


それにしても消費税の高さには驚く、ランチのグラスワインでも1300円にはびっくりする。所得税も3割ぐらいとられている。そのかわり老後の生活を含め、国民の安心感は抜群で、絶えず政治へ目を向ける。選挙投票率は7割、3%の消費税増税すら難しい日本の政治に対する不信感とは対をなす。
教育費は全て無料で、人口は日本の1割だが優秀な人材を育て、技術の進歩に貢献している。
コメント

フィンランド便り

2019-06-07 02:56:55 | 海外
ヘルシンキから50分、ポルボーは小さな港町だが、1809年長いスエーデンの支配下からロシア帝国支配下に引き継ぐ調印式がこの田舎風の小さな大聖堂で行われた。それから100年間ロシアの支配が続く。
ポルボー大聖堂


この白亜の大聖堂は、ロシア支配下だったが、カソリック、プロテスタントの聖堂としてドイツ人の設計で建設された。
前にはアレキサンドル二世ロシア皇帝の像が立ってる。
フィンランド独立時に撤去されず残されているのは不思議だ。


消費税24%だと、カヘェでも高いので外食しづらい。マーケットのホットドッグが3.5ユーロ、このくらいを買って公園でランチを済ませる人々が多い。マック、スタバ、サブウエイのような店では14%に消費税は軽減されており、人気がある。
フィンランドはキャシュレスで先端を行ってる、カードでなんでも支払える。ユーロに替える必要はなかったようだ。
スエーデンまでこの船で一夜を明かす。
コメント

北欧へ

2019-06-06 02:36:07 | 海外
今日は欧州へ最短で到達する玄関口、ヘルシンキへ、10時間弱の飛行で、確かに楽だ。この直行便は人気が出ているようで、満席の状態だった。
10時でも明るく、人々は仕事を済ませて日光浴やプールで楽しみ、カフェで一杯やっている。

珍しい礼拝堂を、発見した。楕円形をした木製の礼拝堂で、中に入ってさらに驚いたのは柱が1本もない。卵型に曲げた木材を積み上げて巨大な空間としている。こうした建築物に初めて遭遇した。さすがは森の国フィンランドである。
カンピ礼拝堂


こちらは伝統のあるウスペンスキー大聖堂


ヘルシンキ湾


高級カフェも、深夜まで賑わう。

コメント