奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

午前中は現場で。

2010年04月28日 | 建築家 設計の仕事 監理の仕事

こんにちは、やまぐち建築設計室の山口です。

 

午前中は大和高田市内の母屋解体中の現場での立会。

離れ住宅を残しての母屋建て替えなので、

奈良県高田土木事務所の建築課の職員と一緒に現場立会で、

残す建物の現地確認・・・・。

 

 

事前に申請済みの「既存の離れを残したい」という書類・・・・「12条報告」。

その書類に基づいての現地確認です。

 

建築課の職員2名と共に、

寸法の確認や位置関係、書類に添付している図面や調査内容について、

イロイロと質疑応答も・・・・・。

 

このような「流れ」を終えての皆さんも耐震偽装ニュースなどで聞いたことのある「建築確認」という作業になります。

 

住まい手さんにとってみれば、この時間は「悩ましい」時間です・・・・。

 

書類だけではないですが、

イロイロな「流れ」を経て、現場での「工事」が始まりますからね。

 

「離れ」や「建物の一部を残して新築」の場合は「ひと手間」が必要ですから・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良で住まいの設計と暮らしのデザインを手掛ける建築設計事務所の設計士

和モダンでシンプル 住みやすい間取りの設計と提案

新築 二世帯住宅 中古住宅も大胆リフォーム リノベーション 全面改修で住みやすく暮らしやくす

押入 納戸 パントリー 収納計画も設計の勘どころ

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 今朝の吉野 | トップ | 見積もり作業。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建築家 設計の仕事 監理の仕事」カテゴリの最新記事