奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

(仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋の家新築工事から外構(庭)庭園・エクステリア工事・・・家の間取りと敷地の間取り、室内空間の設計デザインから庭の心地よさを。

2019年05月15日 | (仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

「家の間取り」と「敷地の間取り」の関係性を丁寧に。

(仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋の家新築工事の現場。

引き渡しを終えた建築を眺めながら

イメージを整理しつつ、

外観と佇まいと暮らしの時間をデザインする

外構(庭)工事の打ち合わせ。

作業を進めながら、色々な角度からの整理整頓。

暮らしの時間を屋外でも丁寧に。

内と外が繋がる場所ですからね。

別棟ガレージ棟を作業場にしていた

大工さん手刻み加工による門屋の

仮組確認も終盤・・・・・。

手仕事だから完成すると仕上がりの違いが見える部分。

家のレイアウトと同様に

空間のパーツとしての適切さを

設計デザインで整えていますよ。

家の中だけでは無くて、

外とのつながりで生活環境は成立しますからね。

 

先にも書いた、家の間取りと庭の間取り

という設計の感度と勘所。

 

「家づくり=家の間取り」くらいに

考えている方も多いと思いますが、

広くても狭くても、

洗濯物を干す場所や

自転車置き場などの「敷地の間取り」も、

住み始めてから日常に必要な課題ですよね。

 

快適な生活は家の中だけでは成り立ちません。

必ず外部との関わりの中で営まれます。

そこでひとつの目安として、

敷地の間取りを5つに分けて考えてみるように。

 

(1)「家」/敷地の間取りでは「家」も間取りの一部と考える

(2)「庭」/バーベキューや家庭菜園など楽しみ方

(3)「駐車スペース」/来客の駐車スペースや、

将来的にお子さんが自動車免許を取得することについても考慮する事

(4)「前庭」/門から玄関までのアプローチや玄関ポーチを活用する。

家の顔にもなるので雰囲気を大切に考えたい空間

(5)「サービスヤード」/洗濯物を干したり物置を設置したりと生活感が

出る空間なので「前庭」との位置関係も考える必要

 

こうしてみると「敷地の間取り」が

家づくりに大きな影響を及ぼすことがよく分かりますよね。

 

家のデザインや面積は敷地の形によりますし、

道路との関係にも左右されます。

 

良い条件ばかりではないかもしれませんが、

敷地と敷地の周囲環境をじっくり分析して、

敷地を有効活用できる間取りを検討していますよ。

いつでも丁寧に。

 

適度と適切のバランスを検討しながら 

違いを知る事で「その後」が

良い意味で変化する様に。

 

Produce Your Dream>>>>>-------------------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「明日の暮らしを設計する/建築と住まいとその暮らしを豊かに」

URL(ホームページ) http://www.y-kenchiku.jp/

-------------------------------------------<<<<<Yamaguchi Architect Office

 

ジャンル:
アクセスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
« 設計とデザインと間取りの感... | トップ | 家遊び空間存在とツールとし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

(仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋」カテゴリの最新記事