奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

暮らしの環境と住まいの設計デザインに外構と庭とガレージ(駐車場)連動の視野は排泄で巣よ、紐づけ(関連付け)のデザインを考えておかないと家の使い方にも影響が出ますから。

2021年01月19日 | 家 住まい 間取り プラン

設計とデザインのチカラで

注文住宅独特の

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※過去の設計デザイン提案外観CG制作事例

 

よく考えられた家を建てると

暮らしが楽しくなる・・・・・。

 

道路と家の関係で

玄関の位置を想定したりする様に

リビングと窓の関係もそこに連動したり。

 

そうすると「庭」や「ガレージ」と

窓の関係が変化していき

後で気づく・・・・・。

 

そんなことになると

折角のリビングやウッドデッキから

見える風景はどうなるか?

 

容易に想像できますよね。

 

家と車の関係は

家での暮らしの居心地と

毎日の通勤

日常的な人の移動を左右しますよ。

 

皆様のお宅では、

自動車を何台所有されていますか?

 

車は無くても

十分に生活出来ると思いますが、

車が必需品という暮らしの在り方の場合、

暮らしや地域差、

地方都市や郊外での違いによっても

一家に一台、一家に二台、

場合によっては一人一台所有

と言うの稀ではありません。

 

勿論一人2台・3台の家庭も・・・・・。

 

車を所有するには

何よりも車を停めておくための

スペースが必要になります。

 

地方では土地も広いので数台、

車を所有しても

停めるための場所は

十分確保できる場合も多いですが

ある程度「土地」のサイズやカタチに

それは左右されますよね

家の建てる範囲も有りますから。

 

車を停めるために必要なスペースは

おおよそですが、

普通乗用車一台につき

可動域を考えて2.5~2.7m×5.0mほど。

 

前面道路が狭ければ、

自動車の回転半径・内輪差

又は車高、

運転席からの視野に見合った

スペースや奥行が必要になり

旗竿地の竿部分が

駐車スペースになっていて

その幅が狭い上に、

敷地内に電柱などが立っていたり、

塀などの障害物などが

進入路に存在する場合は、

停車するために相当、

労を要するケースもあります。

 

又2台並列で停める場合、

前述の倍程度のスペースが

必要と考えても

良いのですが

このスペースだと、

例えばお子さんの

乗り降りする場合

勢いよくドアを開けると、

隣の車にドアが当たります。

 

スライドドアタイプの

車にするのも手ですが

スペースに余裕があるなら、

もう少し駐車スペースの幅に

余裕を持たせたいですよね。

 

又インナーガレージにする場合は

最低二方向か三方向は

壁に囲まれる訳ですので

圧迫感が生まれるため、

先述のスペースよりも

もっと余裕を持たせたいですね。

 

さて、切り口を変えれば

家と車の関係は

未だ幾つもありま・・・・・。

 

最近は車が家の機能の一部を

補うことが出来るように

なってきましたよね。

 

電気自動車です。

 

停電が起こった時には、

車にその機能の一部を

ゆだねる事が出来ます。

 

そんな風に「家と車」の関係性にも

外構と庭、電気配線計画、

家の考え方に連動してくる

計画性が大切ですよね・・・・・。

 

宅配ボックス等もそうですが。

玄関や出入り口から

離すべきか近づけるべきか?

 

それらの範囲に関連して

場合によっては

駐車場の位置も

変化しますからね・・・・・。

 

これは敷地(土地)の「どこまで」を

侵入可能にするのか?

という考え方・・・・・。

リビングで寛いでいるときに

和室で来客や宅配で

窓越しの「目線」がどうなるのか?

 

窓の位置とサイズ、

屋外への距離がどうなのか?

 

全て連動してくる計画性の部分。

 

家の単体では無く

ガレージ計画(駐車場)と外構は

紐づけることが大切ですよ。

 

全体計画の重要性が

暮らしの質を変化させますから。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

良い意味で暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

ご相談、面談のご希望は

ホームページ「お問い合わせ」から。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« (仮称)斜めの壁と移動する... | トップ | 暮らしの環境デザイン設計、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

家 住まい 間取り プラン」カテゴリの最新記事