奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

住まいの設計とデザインの事色々と・・・・・暮らしの環境を大切にLDK空間へ吹き抜けとの融合で外の良い環境部分を室内空間へ取り込む設計の工夫。

2019年09月20日 | 設計の事デザインの事

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

住まいの設計とデザインの事色々と。

近々新しい家を建てようと

考えていらっしゃる方。

リフォーム、リノベーションを

検討されている方・・・・・。

そろそろ今ある家を

建てかえようかと悩んでらっしゃる方。

 

皆さんは、

吹き抜けを取り入れようという考えは

ありませんか?

 

え、「吹き抜け」と思われた方も

いらっしゃるかもしれません。

 

そんな方へ、今回は吹き抜けの

メリット、デメリットについて

少し書かせていただこうかと思います。

 

 

まずは吹き抜けを導入すると

どんなメリットを

感じる事ができるんでしょうか。

 

単純に計画すればよいという訳ではなくて

建築場所や土地(敷地)の形状

近隣の状態や建物の間取りとプラン

状況に応じた適所に適切に

計画する事が大事という前提条件で・・・・・。

 

一つ目は開放感を

感じることが出来るという事です。

吹き抜けは、縦の広がりを

感じることができるんです。

 

したがって、

狭い部屋だと感じてしまっている方も

縦の開放感を感じることで

狭さを感じることが少なくなってきます。

 

また、広々と感じることで

心も開放感を持つように

拡張する感覚で過ごす事が

出来る様になります。

 

そのほかのメリットとして、

明るさを確保できる点などが挙げられます。

 

特に吹き抜けを取り入れることで

高い窓や屋根の窓から

明るい日差しを確保することが

可能になってきます。

 

それにより室内が明るくなる事で

日中は電気の使用を抑えることもできますし、

直接の日光は、

ある程度までは

健康にも良いとされています。

 

電力も抑えられるので

エコな暮らしとして

環境に優しいですよね・・・・・。

 

しかし、デメリットもいくつかあります。

 

それは熱や冷気などの

空気の流れを作ることが

大変であるということです。

 

したがって、冷房やクーラーなどに

電気代がかかってしまう事もあります。

 

断熱や遮熱等の効果を加味したバランスで

この点はしっかり

注意しなくてはいけない点でもあります。

 

また、冷暖房効率が下がってしまうので、

断熱や冷却といった機能は

普段の家よりは検討の要素が増えます。

 

そして、遮音性が少し低いことがあります。

 

リビングや吹き抜けの部屋の場合、

音が響きやすい構造になってしまいます。

 

したがって、あまり大きな音を出してしまうと

家全体に声が届いたりします。

ただし、この部分は、

逆にそのことを

コミュニケーションの仕組み

として取り入れれば、

逆にメリットになる部分で

家族の程よい距離感を造りだす事にも

つながりますよ・・・・・。

 

なので、使い方に関しては

しっかりとした配慮が必要になってきます。

 

最後に、掃除が大変であることも・・・・・。

 

当然、天井が高い分

メンテナンスなどが、

少し手間として考えられます。

 

なので・・・・メンテナンスするための準備や

器具を用意しておく必要があります。

 

吹き抜けに限ったことではありませんが、

何か良さを計画する際には

その逆の側面もあるという事・・・・・。

 

物事にはメリットやデメリットがあります。

したがって、導入する際は、

しっかりした情報を

把握しておく事が大切です。

 

自分の理想だけではなくて

現実の部分とのバランスを視野に

心地よい場所を考えるという意味で

暮らしのシーンを思い浮かべながら

家づくりの過程を楽しむように・・・・・。

 

空間での過ごし方をイメージしながら。

 

暮らしの効能で時間の過ごし方や

心地は変化しますからね。

 

建築と暮らしの周辺を意識する事の

大切さをイメージの中に

家づくりの検討を楽しんでみませんか?。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office


コメント   この記事についてブログを書く
« 風景と彩を考えつつ「雰囲気... | トップ | 時間の過ごし方と使い方にも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

設計の事デザインの事」カテゴリの最新記事