#シンプルモダン 新着一覧
空間づくりのコツと居心地が生まれる理由、住まいの設計デザイン色々と、インテリアコーディネート、カラーコーディネート、空間を考えるポイント、素材、模様、色、比率、向きを計算意識する事。
家具と暮らしと住まいの設計デザインの提案、色々間取りを考える前に暮らしと生活のスタイルをイメージして「家具」と「インテリア」のレイアウトを意識する事で暮らしが変化する。
間取りとプランと設計に大切な暮らしのイメージと質感をデザインするように・・・・部屋のレイアウトだけではなくて暮らし方のと空間の印象を連動させる扉(ドア)の選択。
設計やデザインを始める前の段階にモノゴトの周辺をイメージ出来る様に「体感・体験」の時間を提案・・・住まいの設計デザイン前に適切な範囲の周辺を考える時間。
暮らしの質感とイメージを具現化する様に・・・居心地の印象操作という設計デザインの感度を壁紙(クロス)選択提案の視点からモノトーンや白の視点だけでは無くて色を楽しむ・色と暮らす質感ある空間の居心地を。
玄関の機能性と居住性、日常的な暮らしの空間意識をイメージしながら間取りと融合させる玄関扉の計画は大切・・・設計デザインの感度で心地よく上質に使う日常空間として。
間取りと設計とデザインとコーディネートの融合が暮らしの心地・住み心地と空間(部屋)の広さの認識を変化させますよ・・・広さのある空間コーディネートとシンプルにモダンに。
家の中で段差を活用するスキップフロアがある暮らしの空間デザイン設計、インテリアの強弱と居住空間の拡張性を間取りの平面的思考ではなく立体的空間視野で過ごしやすく。
インテリアと空間の家具レイアウトとサイズ感のイメージに対して過ごし方の質感とコーディネートの意識、住む空間に対しての意識をきちんと考える様に、設計デザインと間取りの因果関係を丁寧に。
(仮称)吹抜とライブラリーが深みと上質を生み出すアッパーモダンの家・外観のイメージを昇華の途中・・・色トーンと質感と素材での違いを設計デザインの着目部分で。
暮らしの居心地をインテリアでデザインするように・・・・照明器具(灯り)で明るさと陰影のデザイン設計を空間へ落とし込むように。