バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

今夜は忘年会LIVE!

2011-12-29 | イヴェント案内

今夜はいつしか恒例となってしまったバイユー忘年会LIVE。
お客様を中心に、バンドマン組だけでなく普段ステージには立たない方々もロックする!(バンド経験無しの人も出る!)隠し芸大会的催し。
今年で4回目、なのかな?12月も半ばとなると、選曲や練習時間の調整でバイユーのカウンターがあれやこれやと賑やかになるのもすっかり見慣れた光景となりました。

今夜8時開演。ノーチャージです。
ワタクシ、今年も懲りずに…ロックンロ~ル演ります!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もあと僅か。

2011-12-28 | ある日の出来事

気がつけば明日は恒例?の忘年会LIVE。早いものです。

2011年、あまりにあんまりな年で振り返ろうにも…という感じですが
時間は躊躇も容赦もなく流れるもんですし
来年へ向かうのです。
では、良い年末にむけて!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賑やかにクリスマスLIVE!

2011-12-27 | ライヴ報告

今年のクリスマスイヴはライヴを開催。『ル・オードムーゲ』と『キノコズ』というバイユーで結成された2バンドの競演でした。お馴染みの2組ということもあって、賑やかに盛り上がったバイユーでした!

今年は本当~に忙しくライヴ活動に励んだオードムーゲは「らしさ」を発揮した充実の演奏。

111224_2042

オリジナル曲もすっかりお客さんに浸透し、愛されてる感も出て来ました。

そしてキノコズ。諸事情によりなかなか活発な活動とはいかない彼らですがこの日はその鬱憤?を晴らすかのような楽しい演奏を聴かせてくれました。111224_2222

一曲目の音からして以前聴いた時より明らかに開かれた印象。 ビート感も開放的でお客さんの反応が最初から良かったこともありバンドが気分良くドライヴしてゆくのがなんとも楽しかった。111224_2223_3

少々荒っぽくても、お酒も入ったクリスマスイヴのバイユーには彼らのニューオーリンズものやブルース等々のルーツミュージックサウンドはとても似合っていました。

最後はなんとも自然にアンコール。出演者もお客さんも満足の夜となりました。111224_2224_2 写真はベースの増吉さんが後姿なのが残念ですが終了直後の笑顔。見え辛いですが、いい顔してます。

お客様から「今日は楽しかった~」と言われて僕も満足したのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスイヴはバイユーでLIVE!

2011-12-21 | イヴェント案内

今年はクリスマスイヴにバイユーLIVEを開催!
カウンターで「やろうよ」、と話ははずみ…
出演はバイユーお馴染みの『キノコズ』と『ル・オードムーゲ』の2組。
両者初のクリスマスLIVEに燃えてます!
是非、賑やかな?クリスマスをバイユーで♪

2011年12月24日(土)
キノコズ/ル・オードムーゲ
19:00開場 20:00開演 料金1000円(+1drinkオーダー)
ではイヴの夜に!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6周年宴!感謝の夜。

2011-12-20 | ある日の出来事

土曜日はバイユー6周年宴。
開店日と同じ12月17日土曜日ということでなんとなく感慨深いものもありましたが、始まってみればいつものゆったりとした楽しい宴でした。
ご来店いただいた皆様ありがとうございました!
そしてご来店のかなわなかった皆様、年末のお忙しい時期です無理もありません。こんな年の瀬に開店記念日のあるバイユーが悪いのです。いつも気にして頂き感謝。7年目もどうかよろしくお願いいたします。
えーっと。ちょっと自慢になりますが…頂いたステキな贈り物をご紹介いたします。
コレだ!

1112186

貴重なバイユーお客様女性陣からいただいたグレイトな贈り物!実はバイユーにはこれまでちゃんとした時計がなかったのです。一応100円で買った小さな時計はあったのですが放置していると毎日針のスピードが増してゆくというシロモノ。時々調整するのですが土曜日には30分進んでいました。早めの時間を示していれば終電に乗り遅れる事もないか、みんな携帯で時間見てるし…と時計を重視してこなかったこれまでのバイユーでしたが…「時計あってもいいかもな」と思い始めた矢先のプレゼントでした。さすが!
カッチョイイです。Hガワさん、Kちゃん、Uキちゃんありがとう~。大感謝感激です。
そしてもうひとつ。
以前紹介した、人形師みねちゃんからの贈り物!

111218from

これは嬉しい。どこに飾ろうか迷ってしまいます。みなさんみねちゃんに注目です。注文などなど、仲介いたしますよ~。そしてお花やお酒もたくさんいただきました。111218from_3

中には来日中のこんな有名人からも!

 

7年目もおくつろぎ頂ける場所目指して精進します。どうかよろしくお願いいたします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6周年なのです!

2011-12-16 | イヴェント案内

おかげさまでバイユーゲイトはこの度、6周年を迎えることとなりました。
これも常日頃からお世話になっている皆様、そしてなかなか三鷹には来れなくてもご声援をいただいている皆様のおかげと感謝しております。

バイユーの周年宴、例年は開店記念日直近の土曜日に開催してきたのですが、
今年は丸6年経って同じ日付が戻ってきました!
今年は開店パーティーと同じ明日、12月17日土曜日に地味~に6周年を祝いたいと思います。
開宴19時。会費は3000円で飲み放題、ささやかなおつまみもご用意いたします。
それでは!年末のお忙しい時期かと思いますが…ご来店お待ちしております。
参加表明コメントやメールも歓迎です。

…ああ思い出す。年末の開店は大変だったなあ~(笑)
11月には開店しようと思っていたのにズルズルと後ずさり。遂に、「翌週はクリスマス週末」というところまで追い込まれての開店でした。
確か高知は大雪やった。

皆さんに感謝。7年目もよろしくお願いいたします。

おお!今夜もよろしくお願いします♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひがあゆみLIVE&皆既月食の夜

2011-12-12 | ライヴ報告

土曜日は読谷娘ひがあゆみLIVE。今回もギターの来島けんじのサポートを受けてガッツ溢れる演奏でした。お客さんの反応も上々。終演後も歌うあゆみ&けんじ。サム・クックから山下達郎(嘉門達夫?)まで元気いっぱいのふたりでした。年2、3回はバイユーで演りたい、とのことです。来年もお楽しみに!

111210_2152

そしてこの夜は皆既月食の夜でもありました。冬の澄み切った夜空にクッキリと浮かんだ月がゆっくりと欠けてゆく様は圧倒的な美しさと凄みに満ちていました。

実は…これまでは天気等に恵まれず、はっきりと月食を体験したのは初めてでした。
こりゃあ昔の人は驚いた、というか怖かったやろなーと思うと同時に「○時頃から欠け始めて○時頃には赤みをおびた月が…」などとあらかじめ時間まで知らせてくれる天文学?の発展に感心したものでありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜はひがあゆみLIVE!

2011-12-10 | イヴェント案内

今夜のバイユーは沖縄・読谷出身のガッツと繊細さ溢れる女性シンガーソングライター『ひがあゆみ』が出演。たっぷり演っていただきます!
                  
出演:ひがあゆみ/来嶋けんじ(サポートギター)
開場19:00 開演20:00 料金1500円(+1drinkオーダー)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

31年目の12月9日。

2011-12-09 | ある日の出来事

昨夜のバイユーでジョンが亡くなって31年なんだと聞いて驚く。去年30年って言っていたはずなんだけど改めて驚く。

31年って…。自分もオッサンにもなるわな。もうジョンより年上やし。

忘れもしない、12月9日の午後。何時頃やったかな?

部活を終えて自宅に帰って、玄関でなく庭のテラスにまわって
簀子を踏んで家に入ろうとしたら、いきなり母親に

「あんたジョンレノンが死んだぞね」と言われたことを今も鮮明に思いだす。ジョンを決して良く知っていたというわけではなかったけれど、事の重大さは良く理解した。

真夜中まで、なんとなくラジオをずーっと聴いてた1980年12月9日の夜。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

初雪

2011-12-09 | ある日の出来事

暖冬だなあ、と思っていたら突然寒くなって。
でも例年の今頃に比べたらまだ暖かいよ、と話していたら
朝から「初雪」ですね。
雪の舞う街を眺めていたら、やはり思いは被災地に…。

電気は足りているのかもしれないけど、暗い世相を照らす大切なものなのかもしれないけれど。駅前のきらびやかなイルミネーションには心が疲れたりもします。
だってコンビニさえも、S木屋さえもが看板を消して営業していたのはほんの半年前のことなのだ。

そこそこ、ほどほどでいいのにね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ああプロボクシング。

2011-12-08 | ボクシング

昨日のTBS興行。結果がどうこうよりもあの試合が世界タイトルマッチという銘打たれて行われたということこそが問題なので。結果に意味は感じない。次男が勝つよりは良かったにしても。そういう問題じゃないのです。

しかしこれまでこの問題を取り上げてこなかったことからも予想はついていたけど…マスコミ、特に新聞報道には本当にガッカリする。世の中には「あれ?WBAのSフライ級って日本人がチャンピオンじゃなかったっけ?」と思う人なんていやしない!と思っているのでしょうか?

しがらみに絡みとられて何も発言、発信できない現役&元著名選手たちの心境やいかに…ですが。元世界チャンピオンそれも名王者!徳山昌守さんが気持ちよく語ってくれてます。そう、こんなんでいいんですよ。彼はこの問題が起きたときもハッキリと発言していた。元から日本ボクシングの宝だと思ってましたけど、男を上げましたね。

Hシタ新市長が子分を連れて国家斉唱?むむむ。オートモコーヘーにトラブリューの人…連中にかかわるヤカラ(まさに)には感動させられるなぁ。自分との交わらなさ加減が。こうまではっきり色が出るのか…。面白いもんだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のカメダ次男の試合は世界戦ではありません!!!

2011-12-07 | ボクシング
今夜「TBSで行われる」カメダ一家のボクシングモドキ。
今まで余りの嫌悪感から無視してきましたが今回は言う!

皆さん!知って下さい!!
次男の試合は世界タイトルマッチでもなんでもありません!
嘘とまやかしにまみれた、あえて言うなら
TBS亀田Sフライ級タイトルマッチ。
ボクシング界の倫理は地に落ちた。

怪我で短期療養中のボクシングWBA世界Sフライ級チャンピオン<wbr></wbr>清水智信選手を「休養王者」として王者から外し
『カメダ祭り』?の次男の試合を正規王座戦にしろと
ボクシング界から追放されたはずのカメダ父がWBA総会に乗り込んでゴリ押し($)。
それを認める腐りきったWBA。
結果、清水選手を休養チャンピオンに追いやり
テーパリットというこれまた不思議な暫定チャンピオンという選手を正規チャンピオンに格上げ。それに次男が挑戦、と指令を出して今日に至ります。

清水選手は練習を再開していて3月に試合をすると言っているのに<wbr></wbr>…。ここ数年のWBAの行状は狂気の沙汰だ。実際本場アメリカではWBAの名を特に出さずに放送を行うTV局<wbr></wbr>もあると聞く。メジャーな選手にはもう腐敗した世界王座認定団体は必要ないとい<wbr></wbr>うことか?
そして何もできない日本ボクシングコミッションにボクシング協会<wbr></wbr>…。

これは日本プロボクシング存亡の危機です。国内の世界王者を他のジムが暗躍して陥れるなどあってはならない<wbr></wbr>。
嫌悪感からカメダを無視していた自分が間違っていた!

インチキ3買級制覇は無視できてもこれは見過ごせない!

カメダ次男が挑戦?するWBA世界Sフライ級チャンピオンは
今夜「出演」予定の偽王者テーパリット選手ではなく、何故か休養王者という地位に追いやられた日本の清水智信選手です<wbr></wbr>。

WBA世界バンタム級王者はカメダ長男ではなくて
何故かスーパー王者という謎の地位?に格上げ?された
アンセル・モレノ選手です。

これが世界のボクシングファンの常識であり事実。

ほんの数年前にボクシング界を追放された連中が『カメダ祭り』なんて興行を行うこと自体が異常です。とにかく!カメダ一家のやっているのはボクシングではなく別の惑星の、似て非なるものです。3兄弟で決定戦と暫定で10階級制覇でもなんでもすればいいのです。世界カメダボクシング協会で!

腐りきったWBA、そして日本ボクシング界。愛するプロボクシングの世界を悪く言わざるを得ない…。悲しい。
こんな複雑で紛らわしい話、好きな人以外にとっては「どーでもいいや面倒くさい」だよなぁ…<wbr></wbr>。
自分が子供の頃から好きだったものが汚されて行くことを想像して頂ければ幸いです。

ボクシングファンなりに抗議の声を上げて抵抗してきた1ヶ月でし<wbr></wbr>たが結局興行は行われます。あの眩しかった世界タイトルマッチはどこへいってしまったのでし<wbr></wbr>ょう。
この件については怒りが大きすぎてこれまでバイユーのブログには書けなかったのですが…結局当日には我慢できなくなってしまいました。情けない。
西岡利晃選手のアメリカ、メジャー進出!の日本プロボクシング歴史的快挙達成の年の<wbr></wbr>最後が真っ黒に塗りつぶされてしまいました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅地さん素敵なご縁をありがとうございました。

2011-12-06 | ライヴ報告

111205_23303_4 昨夜は高円寺のJIROKICHIにて、バイユー開店直後からのお客様(本当~にお世話になった)梅地洋二さんの三回忌イベントに参加して来ました。
バイユーは近田さんで通常営業。 

僕は拙い司会に加え、彼が最後に在籍したバンド『ル・オードムーゲ』にテレキャスター抱えて参加。22、3年ぶりに次郎吉のステージに立ち歌わせていただきました。

ジロキチにはバンドをやめてしまって以来、お客として裏方として何度も来たけど
まさかステージはもうないだろう、と思っていました。多くの方がご存知かと思いますが本来ジロキチは普段楽器もほとんど弾いてないような人間が演奏できるような場所ではないのです。が!梅地さんと主催の玉井さんの「贈り物」をありがたく受け取り(深夜にギターを弾きつつ当日を待ちました)、恐縮しつつ久しぶりのジロキチを楽しませて頂きました。
この日のオードムーゲはドラマー4人制(笑)。僕が歌った時にドラムを叩いていたのはロッキンシューズやVOUT、キノコズの遠田くんでした。先日の及川智明さんとの熱演の記憶も生々しく、ロックスターとジロキチで共演!の気分でしたね。

111205_22093_2

出演した『火の玉ボーイズ』『100万ドルBROTHERS』両バンドとも心のこもった演奏で、とても良かったです。でもそれ故に彼の不在を改めて感じました。そしてオードムーゲの曲を聴いているとどうしても梅地さんを思いだしたものでした。

そんな寂しさを感じつつも、お別れをきっかけに始まったご縁を大切にしていこうとの思いを強くした3時間超のLIVEでした。

111205_2057100_2

写真はこの日、個人的に最も印象に残ったプレイヤー!100万ドルBROTHERSのギタリスト、ケンタローさん。パンキーなギタープレイに痺れました。立ち姿と弾き姿、共にロックしていました!

自分は司会、演奏共に至らないところだらけでしたが…良い冬の夜でした。

梅地さん、素敵なご縁をありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日はジロキチで梅地さん追悼LIVE、バイユーで通常営業。

2011-12-05 | イヴェント案内

本日、12月5日月曜日はバイユーゲイトのお客さまであった梅地さんのご命日。
早いもので3回忌となります。音楽が好きでギターを弾きバンドをやることを大切にしていた梅地さんを偲んで今年もメモリアルLIVEを開催することになりました。
企画者として皆をまとめたのはル・オードムーゲの玉井さん。今年の会場は高円寺JIROKICHIです。
僕も昨年に引き続きほんの少し出演させていただきます。ジロキチのステージは20数年ぶり、非常に恐れ多いです。
バイユーゲイトは従業員・近田(はいからさん)が
通常営業いたします。
どちらもよろしくお願いいたします。

『Memorialize of Lowell Yoji』あれから もう2年か梅地さん 
出演:火の玉ボーイズ / 100MAN$Brothers / LE EAUDEMUGE (ル・オードムーゲ) 開場18:30 開演19:30 前売♪1500 当日♪2000

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気分はフレンチクォーター。

2011-12-05 | ライヴ報告

土曜日は『ニューオーリンズ・ジャズ・ナイト』。Drinkin' Hoppy'sのリーダー富山くんが窓口となって企画してくれました。学生、そしてイキのいい若手と2組が出演。楽しかったです。
この日は特筆すべき事がひとつ!生音に近いバンド(『New orleans happy pals』)の出演だったため、思い切って店内扉を開けてライヴを開催してみました。

111203_nohps02

すると開放的でなかなか良い感じ。すると「この音量なら…」と思いはじめ。思い切って店のドア(カランって鳴るアレですね)、そして外扉(ステンドグラスのアレですね)も開け放ってみました。すると音が道路に溢れて「おお、これはまるでフレンチクォーターみたいだ!」と他の出演者の方々とささやかに盛り上がったのでした。

111203_2040nonight

もちろんこれはバイユー開店以来初めてのことでした!

111203_2018nonight

なんとも楽しく、少し寒かったけれど気持ち良かったです。トランペットはなかなかのスウィング感。絡むクラリネットも心地よかった。こういうオールドニューオーリンズスタイルの出演は最近なかったので堪能しました。

そして後攻は『Mita Makoto Band』。ギター&カホン&ピアノにスーザフォンというニューオーリンズなようで「?」な編成で、彼の地に漂うゴッタ煮感たっぷりの選曲アレンジで楽しませてくれました。ジャクソン5にスティーヴィー・ワンダー~そしてゴスペル。ある意味正しいニューオーリンズ(笑)

111203_2116mitamakotoband

絵的にも、細身の若い女性がスーザフォンでなかなか個性的。選曲、演奏共にイナタくて良い!と思いました。ニューオーリンズジャズというタイトルでこのバンドが出演しているところがバイユー的だったのでは?いっそヘリティジ、付けたいところですがそれはあまりに大仰ですしね♪

ヒロナリが在籍していたカーク・ジョセフのバックヤード・グルーヴのアルバムを「持ってます!」という若者に何人も出会うという貴重な集い(笑)

このシリーズは今後定期的にやろう、ということになってます。お楽しみに!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加