バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

ドリモグダァズに柴田幸雄!

2009-08-31 | ある日の出来事

昨日はバイユーはお休み。古くからの友人でバンド仲間『ドリモグダァズ』のコージ・ザ・ギター !の結婚パーティに新中野まで行ってきました。結婚パーティーといってもライヴハウスでのライヴパーティ。飲んでライヴを楽しんで帰ってきました。
元『ブルガキース・チャンペスキー』のタカとチェリーのカッチョイー演奏から始まった3時間のイヴェントの大トリは当然『ドリモグダァズ』。090830 僅か4曲だったのですがコレがもう最高で!「やっぱりドリモグはイイ!」と再認識したのでありました。
ファンキーでグルーヴィーでフリーキーで祝祭的で土着的でロックンロールなドリモグ。でっかい音のバンドの為バイユーに出演してもらってはいないけれど(しばてんソウルには出演有り)機会があったら是非、と思うサイコーのロックンロールバンドです。090830_5
音面は似ていないけれど60年代末のローリング・ストーンズのようなムードを本質的に感じさせてくれるような気もします。

特にストーンズには似ていないんだけどあの喧噪はなんとなく、そう思わせるところがあるんだよなー。


090830_8『ファンク・ビンボー』『ポケット・モンキー』『中野ブロードウェイ』『ロックンロール残酷』と怒濤の4曲、急に酒がまわったのでありました。彼らは最近渋谷の老舗『青い部屋』に定期的に出演しています。スケジュールをチェックして是非一度体験することをお薦めします!

そして、昨夜もうひとつ感激したのが高知から軽自動車で駆けつけた『柴田幸雄』。彼はかつて高知で『バルンガ』というソウル&ロックンロールバンドをやっていて、地元で500人規模の小ホールでワンマンをやるなど一時代を(バンドやってるガキにとって)築いたボーカリストで、高校生だった僕らの兄貴分のような存在でもありました。その後も地元や大阪を中心に歌い続けているのですが(『荒法師』というバンドもやってます)生で聴くのは20数年振り!でした。『VOLT』の白いTシャツ姿でギターを抱えてステージに現れただけで「おおー」と思ったのですが、歌い始めて一気に興奮してしまいました。彼が歌い出したのは『All That Lively』当時彼が地元でリリースしたシングル盤(日本語オリジナルでもちろんドーナツ盤)の曲だったのでした!高知でブルースやソウル、ロックンロールを聴いてたり演ってたガキたちはみんなこの曲を今でも覚えているでしょう!?新郎コージのリクエストだったようですがこの曲を聴けただけでも個人的にかなりのお値打ちでした。090830_7 そのほかトゥーツ&メイタルズ、ボブ・マーリィを野太いかすれ声で歌った幸雄くん(センパイをくんづけで呼ぶ習慣があったもので…これってヤンキー的??まずアクセントが大事です。ユキオの「オ」がアクセントです。)久しぶりに聴いたけれどやっぱり良かった。今度東京に来る時にはバイユーでも歌って貰いたいと強く思いました。そして今度は!と実際に約束もしました。『柴田幸雄』、皆さんどうかご記憶を!その後は中野新橋のいつもお世話になっている寿司割烹(ブルースが流れてます)に久しぶりに寄って充実の夜を過ごしました。コージ、おめでとう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マチケンLIVE、素晴しい土曜の夜でした。

2009-08-30 | ライヴ報告

昨夜の町田謙介CD発売記念ライヴ。来られなかった方は残念、残念、残念でした。としかいいようのない素敵な夜となりました。久しぶりのバイユーソロライヴ、堪能いたしました。アルバムにもコーラスで参加しているθ(シータ)に加え千尋、女性ボーカリスト二人をバックに歌う場面もあり華やかでもありました。本当にお薦めの町田謙介、これからもバイユーには御出演いただきます。もっともっと多くの人に観て聴いてもらいたいと思っています。
いや、楽しかった!そしてやっぱりあの声は凄い!!『FUTURE BLUES』買いましょう。090829

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝からお出かけです!

2009-08-30 | インポート
♪起きろよbaby今日はいい天気だ~♪(いつもコレだ…) とまでは言い難いですが、今のところ雨は降っていません。

今日は衆議院選挙の日。世の中に文句言ったり、大きな組織に守られた生活をしているわけではない人は(今や大きな組織が安泰でもありませんが…)必ず行くべきです。僕はいろいろと怒ったりしたりもする小自営業者なので天気が悪かろうが、体調が悪かろうが行きます。自分の入れた人が当選するかどうか(1票で変わるかどうか)じゃないのです。まぁ選挙行って初めて文句言える(言う資格)というか、そんな感じです。バンドマンは行くべきですね。 というわけで早々とお出かけです♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日土曜日は町田謙介LIVEです!大推薦!!

2009-08-29 | イヴェント案内

いよいよ本日です。町田謙介CD発売記念ライヴ。午後7時開場/8時開演、料金1500円です。とにかく大推薦。蒸し暑~い一日ですが是非バイユーへ!残暑を愉しむ(こちらが適切ですね)夕べです。
マチケンさん必見です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日はマチケンLIVEで残暑を楽しむ。。。

2009-08-28 | イヴェント案内

残暑を楽しむ、催しとして明日20時よりバイユーで開催される町田謙介CD発売記念LIVEを熱くお薦めいたします!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Subdudesの新譜は素晴しい出来映え!

2009-08-28 | 音楽

Subdudesflowerpetals 素敵なルーツ・ロックバンド、サブデューズの2009年度新譜が届きました。
ニューオーリンズのベテラン、ゴッタ煮ロックバンド。果たして今作は何作目なのでしょう。一時の解散期を経てしぶとく活動中、ここのところ毎年なんらかのリリースがあります。で、今年の新作は『Flower Petals』。タイトル通り花びらを摘むジャケットが印象的で購入いたしました。夏の終わりに相応しいジャケットで引きつけられるものがあったのですね。そしてその中身も…素晴らしい!ギター、ベース、ドラムにアコーディオン、マンドリン、そしてオルガン(アル・クーパーも参加!)等々が大きなうねりをともなった繊細な音を奏で、歌心も豊かに迫ってきます。ゆったりと始まる1曲目のすこしダークなトーンのギターにバイユーの香りが漂うようなコーラが重なるイントロからもう「これは良いレコードだ!」と確信させられます。スワンプですね(笑)2、3曲と聴き進み~すぐにヘヴイローテーション決定です。ミディアムテンポ中心の中、一見控えめな各楽器が素晴しく歌っていますね。
なかなか引き出しが多く多彩で、時にはワイルドにロックしている時もある彼らですが今作はルイジアナ風味のロックサウンドで聴き所満載です。いや、これはまだまだ楽しめそうです。
日本に来ないかなぁ~。

夏の終わり…今年は遅く始まって早く終ったなぁ。ここ数年は毎年、錦糸町の河内音頭が終ったら夏は一区切りな私です。今年も最高でしたね♪

いつの間にか夏を勝手に終えていて申し訳ないのですが、そうなのです。というわけでこのアルバムで残暑を楽しんでいます。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今度の土曜日、8/29は町田謙介CD発売記念久々のバイユーソロLIVE!

2009-08-27 | イヴェント案内

数日前の当欄で熱烈に推薦したマチケんこと町田謙介さんのCD発売記念バイユーソロlIVEは8月29日、今度の土曜日です!!Fb02
ここのところ牧裕さん(吾妻光良&the swinging boppers)とのデュオでの出演が続いていた町田さん、久しぶりにソロでたっぷりと演っていただきます。とにかくオススメです!
午後7時開場、8時開演。料金は1500円。
今度の土曜日です、お待ちしております!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熟女ケイジャン・バンドの2009年音盤をご紹介!

2009-08-26 | 音楽

Vive_lamour 熟女ケイジャン・バンド!!なんという下世話な紹介の仕方なんでしょう…でも最初にバイユーでそう紹介してしまった為、それ以外の言葉が浮かばないのですから仕方がない。
ご紹介いたしましょう!先日ルイジアナから到着したばかりの2009年新音盤、熟女ケイジャン・バンド、BONSOIR,CATIN(ボンソワール・カテン)の2枚目のアルバム『VIVE L'AMOUR』です。
そう、熟女です。いわゆる熟女モノなのですコレが。熟女たちがアコーディオンにフィドル、ウッドベースにアコースティックギターで土臭い香りを巻き散らしトラディショナルを演ったり、ザディコマナーを感じさせるジャンプナンバーを演ったりと飽きさせません。音に彼女たち独特の色あいがありなんとも魅力的な1枚です。ザディコ好きとしてはバイユーではロングラン・ヘヴイ・ローテーションのGeno Delafoseがアコーディオンではなくドラムスで参加しているのが目をひきます(同じ人ですよね?)

決して派手なケイジャンではないし、ボーカルのトーンもどちらかといえば暗めで落ち着いているのですが…そこは女性バンド。そこはかとなく漂う華やかさ。それも小娘の浅はかなソレとは大きく異なる、ゆる~りとした「華」なのです。フェロモン?ととでもいうのでしょうか?そうですね、まだまだ私にはわかりません。

Live_2そんな彼女たちのライヴ映像を観てみたのですが、 その熟女パワーは相当なものでムンムンです。そうなんです「これは…夜な夜なクラブ(ライヴハウス)に通っている親父たちはイチコロだろう」と容易に想像できるものでした(どちらかといえば地味目でまっとうなバンドなんですけどねー)。

そのヴィジュアル・パワーはケイジャン/ザディコ界では相当なモノのようでネット上には画像が沢山有り、いろいろと見せて頂いたのでした。
それでは最後に「で、どんな人たちなの??」という声が聞こえてきそうなので、Bonsoir_10 彼女たちのオフィシャル・サイトからの写真を中心に何枚か掲載してみます。

Bonsoir_13

 

Bonsoir_14 やっぱりヴィジュアル系ですからね。

Bonsoir_15


どうですか?これからは熟女でしょう!?ボンソワール・カテン、おすすめです。

以上、新たな地平に乗り出しつつあるバイユーゲイトからお送りいたしました。

いったい何回「熟女」って使っただろう。。。いいのか??

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大傑作!町田謙介の新作。

2009-08-25 | 音楽

__2 ずーっと紹介せねば!推薦せねば。と思っていたのですがすっかり時間が経ってしまいました。町田謙介、10年振りの新作『FUTURE BLUES』。大傑作です。

完成直前に少し聴かせてもらった時点で大興奮!発売日前に購入して、大騒ぎ!だったのですが「リリースされてから、されてから…」と思っているうちにすっかり時間が経ってしまいました。反省。ただバイユーでは毎日のように「コレは凄い!!」と言いまくっていたので閉口したりしつつ御記憶の方も多いかと思います。
とにかく素晴しい作品です。常日頃ライヴを体験しつつ「今、作ったら凄いものが出来そうだなぁ」と思っていたのですが、予想以上でした。ワイルドな1曲目でもうノックアウトでしょう!ブルースをテーマにしながら定型のブルースではまったくない。しかしブルースへの想いが溢れている…。

普段のマチケンさんの音楽は「ブルースの人」と言われるのが不似合いな程にオリジナルな佇まいのシンガー&ギタリストだ。ギターも凄腕で素敵な曲を書くのだけれど、やはり特筆すべきはその「声」だ。ひとりで歌っていてもふたりに聴こえるような、繊細なようで太く爆音な一度聴いたら忘れられない「声」だ。そのライヴを体験していると「BLUES」という文字は何処かへ飛び去りあまり意識することはないのです。在るのは「町田謙介」その人のみ。

そんな普段の佇まいからすると意外な程にブルースと正面から?対峙した作品。そしてブルースに向かえば向かう程に増していくオリジナリティ…。やさしく歌いかける『マグノリア』の非日常性はブルースの持つ危うさに別の方向から近づいているし、『流木ボクシング』はブルースルーツのロックチューンとは思えない程逸脱した雰囲気を醸し出す。散りばめられた音たちから立ちのぼる世界各国、日本津々浦々から吸収し咀嚼した豊潤な音楽の断片。『オル・ダラ』を引き合いに出した評を目にしたが、なるほど~と思わせるような作品となっています。

~と偉そうに大袈裟?に綴ってきたがそんな力作、傑作を聴いていてもふと気づくと…いつものひとりでギターを抱えて歌うマチケンワールが浮かんでくる。そう、とても素晴しい傑作を作り上げたのは事実だけれど、前作から10年!普段ライヴで体験することのできる脅威のマチケンワールドがようやく真っ当に正しく音盤に刻み付けられたということなのだ。
聴くべき買うべきです。そしてライヴ、観るべきです。

とそんなマチケンさんのCD発売記念LIVEを、今度の土曜日にバイユーで開催します!!!!

宣伝になってしまった。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい報せ、元気な便り。

2009-08-24 | ある日の出来事

申し訳ないことに、すっかり時間がたってしまったのですが…夏休み中にバイユーにとって嬉しい出来事がありました。
夏休みで高知に帰省していた時にバイユーに久しぶり!のお客様が!!

彼、Eモトくんは~昨年美大受験の仕上げの為にF県から上京して三鷹に住みながら質素に真摯な日々を過ごしていた若者。でも若者、といってもそれなりに紆余曲折有り人生経験も重ねつつある青年といった感じでした。彼は束の間の住処を三鷹に定めたその日にバイユーふらりと立ち寄り、その後受験対策のみの生活の息抜き場として時折カウンターに顔を見せてくれるようになりました。私も含めバイユーに集うオヤジ連にとっては、彼の腹の据わった佇まいや目の前の目標に向かって努力を重ねる地道な日々が遠い日の自分たちの(多分に美化した)姿を思い起こさせるのか…意外なほど好意的に接し、Eモトくんは寛いでくれるようになったのでした。
そして季節は深まり突入してゆく最後の美大挑戦~多くのお客様が気にかける中、彼は結果を求め奮闘し~最高の、ではなかったものの遂に結果を出し、大学のあるY県に旅立っていったのでした。
合格!の日、その足でバイユーに寄ってくれたことは本当に大きな思い出です。

三鷹を去る晩に寄ってくれたのもなんとも嬉しかった。バイユーゲイトのような仕事をやっている冥利に尽きる、と思ったものです。考えてみれば最初も最後も宿は漫画喫茶だったなぁ~(笑)見かけによらずタフでしたね。

そしてこの夏、元気な報せを届けてくれたのでした。

Eモトくん、Y県の御土産ありがとう。きみが食べて欲しいであろう方々にきちんと振る舞いました♪会えなくて残念でしたが、またいつか機会はあるでしょう。どうか身体に気をつけて実り多い日々を送って下さい。
バイユーではそろそろ芋煮会の話が出ています。たぶんその度にEノモトくんの話が出ることでしょう。名を残したね(笑)寄ってくれて本当にありがとう。嬉しかったです!

と、たまにはイイ話もあるバイユーでした~。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

臨時ライヴは三鷹色も濃く…

2009-08-23 | ライヴ報告

昨日は残念ながら延期になってしまった『コンタンズLIVE』の代わりに『ル・オード・ムーゲpresents 三鷹スペシャルLIVE』が開催されました。出演していただいた須藤もんさん曰く「三鷹の暇なミュージシャンが大集合」とのことでしたが…
実はいつもなかなか忙しい方々が無理して&偶然空いてて大集合という貴重な夜でありました。コンタンズのドラマーアカサカさんが構成を担当して、オードムーゲをホストに三鷹豪華なゲストが次々登場するという楽しいライヴでした。ゲストの『しもーれ』さんに『須藤もん』さん『対馬照』さんありがとうございました。MCでのコンタンズ、タクちゃんへの温かい言葉の数々、本当~にモッタイナイ!限りでございました。彼はやってくれるはずです、次回のライヴを期待しましょう!
終始温かいムードの一夜、オードムーゲの新曲『穴があったら入りたい』に店内で涙の雫がきらめく場面などもありつつ…深夜まで宴は続きました。ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。
そして何より~急遽、快く御出演いただきました出演者の方々に心より感謝をおくります。
ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンタンズは欠場、今夜は緊急LIVEです。

2009-08-22 | イヴェント案内

既にお知らせしている通り、本日8月22日に予定されていた『コンタンズ』ライヴはボーカルのタクゾー急病の為に残念ながら延期となりました。どうかよろしく御了承下さい。タクゾーは既に退院して順調に回復に向かっているとのことです。仕切り直しライヴをお楽しみに!

で本日は急遽なライヴ。出演は コンタンズのドラマー、赤坂さんが所属する『ル・オード・ムーゲ』。そしてゲストとして、近田崇仁(はいからさん)/しもーれ/対馬照/須藤もん。

19:00開場20:00開演、ライヴチャージは無料です。

タクゾー応援というか、そんな感じ。早期復活祈願のライヴなわけです。
どうかよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内藤vsカメダ戦の予感。。。

2009-08-20 | ボクシング

久しぶりにボクシング、興味のない方は失礼します。。。

 WBAやWBCという統括団体の節操のなさ故に混迷の度を深める世界フライ級。日本の世界チャンピオン坂田健史選手をKOしたWBAチャンピオン、タイのデンカオセーン選手に挑むのは当然1位指名挑戦者のカメダコウキ。のはずが資格があるとは到底思えないカメダダイキが挑戦決定。危険な選手から?ビジネスとして旨味のない選手から逃げた、コウキ?

WBCチャンピオン内藤大助選手は着実に防衛をこなすものの日本人やアジアのランキング下位の選手と連続して戦い、1位選手との対戦がなく、少しづつ批判の声も高まってきた。もちろんそれも問題だけれど、もっと問題なのは内藤選手は元気に試合を重ねているというのにWBCは世界フライ級に暫定(臨時の)チャンピオンを置く決定戦を開催し、内藤選手と既に4度戦っているタイの名選手ポンサックレック選手が暫定(臨時?)チャンピオンとなったこと。よってWBCフライ級には正王者内藤と暫定王者ポンサックレックの2人のチャンピオンが存在するというのが現在の状況なのだ。

臨時チャンピオンとはチャンピオンが怪我等で試合が出来ない時に仕方なく置くもののはずなのに何故???
まぁそれはWBCはそれぞれの試合から団体によるタイトル承認料が入るし、興行側はタイトルマッチを名乗れるしいうことなし!なのだろうけど…。なんとも腹立たしく納得し難い。

100歩譲ってこの状況を、1位と防衛戦をしない内藤選手側にも非が有るとして認めたとしても次戦は内藤vsポンサックレックの正vs臨時王者戦であるべきなはず。
しかし既に5度目の対戦…新鮮味がない???
そう全ては興行の都合、テレビの都合なのだ。真っ当にやっていきたかったであろう内藤陣営のこれまでのマッチメイクの(あえて言うと)迷走は、圧倒的な商品価値を持つ「カメダコウキとの対戦」という可能性を常に意識せざるを得なかったためであることは間違いない。たとえ陣営が「もういい!」と思ってもテレビ局やスポンサーはそうは思わない。結果、終始幻のカメコウキ戦を意識しながらマッチメイクしなければならないというジレンマに陥っていたことは想像に難くない。そのあげくの臨時チャンピオン・ポンサックレック選手誕生であり、彼との5度目の対戦が不可避という現実…。


そこに入ってきた一報。ポンサックレック選手の次戦は暫定王座防衛戦(正式王者がいるというのにまずコレが変だ??)。そして相手は日本の升田選手。彼は苦労人で30歳にして世界ランクを射止め、一度はWBA王者デンカオセーン選手への挑戦が決まっていたもののカメダ陣営の契約関連に絡んだ横槍で挑戦が中止になったという選手。なのだが、彼はつい先日ランキング下位の山中選手と戦って敗れている。升田選手のことは心情的にとても応援したいのですが…果たして前戦で格下の選手に敗れたボクサーに臨時とはいえ世界タイトル挑戦が許されて良いのでしょうか??

そしてこれにより内藤vsポンサックレック戦は消滅。。。そしてダイキ挑戦によりデンカオセーンvsカメダコウキ戦も消滅。

自分はなんとなく
…一度はないものと思われていた
『内藤vsカメダコウキ』があるのではないかという予感がしている。。

確かに(日本の)だれもが満足するカードだろうし、正直自分も興味が有る。
でも世界フライ級は日本とタイだけのものじゃぁない。やるならノンタイトル戦のほうが潔いのでは?…個人的には内藤選手に南米やアメリカの強豪と戦って欲しい。そうたとえ敗れても彼を称える声が沸き上がるような、ボクシンングの正しき世界タイトルマッチを見せて欲しい。そしてもちろん勝利が見たい。それでこそ内藤大助というボクサーが日本ボクシング界に残す功績がより素晴しいものになるのではないだろうか?

でもカメダコウキ戦の予感がする。思えばカメダダイキ戦の時だって本当ならコウキと戦うはずだったのだ。。。でももう内藤選手にはカメダ関係と関わってほしくないとも思う。しかし観たいという気持ちも少しはある。

うーんこれってボクシング的じゃぁないよなぁ。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高知しばてん魂(ソウル)レヴュー2009開催のお知らせ

2009-08-20 | イヴェント案内

2009065_2 なんとなく時期を逃してしまうということって多々ありますが、当ブログにおけるコレがソレ。
バイユーゲイト、年に一度の大仕事 ~土佐の高知 ゆかりの表現者による魂の宴!~ 『高知しばてん魂(ソウル)レヴュー2009』開催のお知らせであります。
この夏バイユーに頻繁に足をお運び頂いていらっしゃる方々には店内告知でとっくに知られている情報ではありますがHP上ではなぜか紹介時期を逸しておりました。
9月5日(土)開催!もうかなり近づいてきております。

今回も会場は新宿歌舞伎町、ですがいつもの新宿ロフトplusONEではなくて『新宿HOLIDAY』。プラスワンよりさらに歌舞伎町の奥地ディープにディープな場所に位置するライヴハウスで開催いたします。近くにはアノ風林会館が鎮座するというワイルドな立地に胸が高鳴ります。

今回も多ジャンル入り乱れてのLIVEなのですがバイユーのお客樣方に馴染みの深い出演者というと…『不汁無知ル』の渦ヨーコさんが出演するというのが目玉でしょう!そしてドラマーとして『Rockin'Shoes』のエンタさんもご出演!そしてそして今回も私、店主が司会を担当いたします。終演後は素敵な歌舞伎町の夜が待っています!!

『高知 しばてん魂(ソウル)レヴュー 2009』
2009年9月5日(土)新宿HOLIDAY
開場17:00/開演18:00
料金 前売2000円/当日2500円(要1drinkオーダー)

出演
★竹内藍(女性シンガーソングライター)
★Shoji(男性シンガーソングライター)
★渦ヨーコ&舞擦打(謎のJAZZ&ベリーダンス)
★田村鉄火(ポエトリーリーデング)
★ROIKI(BLUES)
★henssimo(ロックバンド)
★ツーライス(漫才)

★まんが甲子園優秀作展示/江口淳一写真展

★高知のお酒、あります。

チケット前売&予約受付
バイユーゲイト0422-55-5782(18:00~)
しばてん魂レヴューHP
http://<wbr></wbr>www.geo<wbr></wbr>cities.<wbr></wbr>jp/shib<wbr></wbr>aten_so<wbr></wbr>ul/inde<wbr></wbr>x.html
チケットぴあ(Pコード:331-602 7/18~)

2009066_2 「高知県出身者、及びゆかりの方々、そして南国土佐に興味有り!な皆様に贈る魂の遊び場」ということなのでバイユーにお馴染みの方々はまさに対象!なのです。どうかよろしく。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Birthday感謝

2009-08-19 | インポート
私事ながら昨日は何度目かの誕生日でありました。お祝いのお言葉や諸々諸々、心より感謝いたします。ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加