バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

花粉症参入。

2013-03-27 | 健康・病気

2週間ほど前、デヴューいたしました。
自分の覚え書き?記録としてここに記しておこうと思います。

5、6年前からなんとなく鼻がムズムズする、ちょっと目がシバシバするとは思ってたのですが大したことないので、認めませんでした。勿論マスクもしません。認めなければ、違うのです。
しかしお医者さんが言うには、この状態でも血液検査したら反応は出るとのこと。そして爆発はおこりました。

凄かった。
「なんか目が痒い」。翌日「凄く痒い」。更に翌日、大変なことに!!
両目が(夜掻いたためでしょう)真っ赤になって腫れ上がった!その後、鼻から上が(誰が見てもわかるくらいに)むくんで、腫れた。鼻の奥も喉も腫れた。フラフラ。

花粉症のひどいお客さん何人かに聞いたら「え?喉が腫れたり目が腫れたりって、知らなかったの??」と驚かれた。
異様な顔の腫れ、ヤバイなぁ~と思って仕事をしていましたが、花粉症のひどい人は「お!!これはかなりキビシイみたいやね~(笑)」とすぐに花粉症と気づいてくれたたので気まずい雰囲気にはなりませんでした。

その後、ほとんどの人が「薬、何使ってるの?」「俺はね…」と銘柄を言って来る。
そして他のお客さんが「●●」と先に応えると「ああ、あれは2年前に使ったことあるよ、でも■■のほうが…」その横から更に…と凄い勢い。
ライヴにいらっしゃった初対面のお客さんからも話しかけられて「大変そうですね、もしかして目中心?だったら市販薬で目ピンポイントのいいのがありますよ」と鞄からパッケージを出して、覚えておくように促される…。
そうだったのか。。。こんな世界が。。。とはいえ、笑い事にならんくらい酷い。
「ま、対処法も含め慣れだね」とのことですが、最盛期?は夜中に自転車で帰る時に風が目の周りに当たるのが(炎症をおこした部分を刺激して)痛かったくらいでした。
その後少しは楽になりましたがまだ時々ボーッと朦朧として対処に困る時があります。でも僕の症状は鼻水の具合からいってもまだ、軽めらしい。目が一時的に過敏に反応したということらしいです。
花粉症、これまで「大丈夫?」とか言いながらも「鼻水いっぱい出て大変なんだよなー」と軽く考えていたような気がします。スイマセンでした!!

口の良いお客様Aさんからは
「タバコもやめてるし、花粉症。これでスマホに変えたら立派な現代人だな」と言われました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加