バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

カツオ人間に気をつけろ!

2011-07-29 | 芸能ネタ

噂のカツオ人間。

Photo_2

とでんに乗りゆうところやろうか?
それとも降りゆうところながやろうか?

Photo_3

後ろはコワい。

この夏高知へ行く人は要注意。
twitterもやりゆうらしいで。

いや!いつの間にかフォローされちゅう~!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ベツノホシ

2010-12-27 | 芸能ネタ

パソコンを立ち上げてインターネットに接続され社会に繋がるとカメダ兄弟のニュースが見える。時々彼らについて意見?や感想を求められることがあるけど、アレは
僕が子どもの頃からとても好きで、好きが高じて恐れさえ抱いてきたボクシングというものとはまったく別のモノ。別の惑星で行われているあまりにも遠いものという認識です。よって昨夜の諸々も観てもいないし録画もしていません。僕らには時間がありあまっているわけじゃぁないのだ。
そうだなぁ…AKB48の選挙か?ジャンケン?の生中継(スポーツ新聞で知りました♪)をやってても特に観たくない、というのと同じようなものかもしれません。

でも、もうすぐ発表される今年のプロボクシング年間MVPは絶対に西岡利晃選手でしょう!?10歩譲って、長谷川選手。頼むぜプロボクシング~。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鼠先輩

2008-06-14 | 芸能ネタ

昨日歌ってるのを観ました。

鼠先輩って…。

いろんな人が、芸名があるもんだ。
ぽーっぽっぽっぽ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あしたのひろし

2008-01-03 | 芸能ネタ

今日はお正月最終日の1月3日。コタツに入り新宿末広亭からの中継でケーシー高峰を味わい、浅草演芸場からの中継で『あした順子・ひろし』の漫才を観た。
『あした順子・ひろし』。結成60年。順子さんが75歳。ひろしが85歳。ふたりあわあせて160歳という驚異的な漫才コンビだ。この歳で舞台に立つだけでも凄いが、身体の衰えをネタにしたりしながら本当にお客を笑わせてしまうのが凄い!若い?順子さんがバァ~っと喋り、ひろしさんがのんびり返すという年齢を考慮した?パターンながら、そのテンポはいたって軽快で漫才としてしっかり成立している。あの「間」と身のこなしは、ストーンズどころではない。いやぁまいりました。
昨日見た横山ホットブラザーズにも感銘をうけたけど、芸の道は険しく広くて深いなぁぁ。Photo

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨサコイ♪

2006-08-13 | 芸能ネタ
季節モノですから。お伝えしておきます。
本日更新の高新の
『きんこんWEB版』必見です。
よしきが、くにえが…そしてたくみが、、、踊りゆう。
http://www.kochinews.co.jp/kinkon/kinkon.htm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高知新聞HPを見逃すな!!

2006-07-07 | 芸能ネタ
諜報部員からこんな情報をゲット!(写真参照)
つ、ついに県外でも『きんこん』の新作が!
日曜日更新??
今見られる、WEB版第1回を覗くと…。なんと高知新聞HPの真ン中一番上に「よしきおじいちゃん」と「くにえおばーちゃん」が!いやぁ、手ぇ振りゆう!!クリック、クリック♪ふむふむ…「桃太郎は鬼をこじゃんとはりまわして…」お!右側には日本語訳が…。やるねやぁ(ニヤリ)
なんとあさってには新作が読めるようです。高新HPにブックマークですねー。http://www.kochinews.co.jp/
で、ついでに新聞記事もチェック。
「須崎市名物アマバンドコンサート存続危機」?こりゃいかん。そういう伝統的ながぁは続けな。「県内外のアマバンド13組が参加したコンサート「STEP ON SUSAKI」~」お、須崎だけじゃないがか?県外も?やるねやぁ。「今年で10回目の恒例イベントだが、聴衆が少ないのが悩み。来年以降の開催が危ぶまれる中…」そうかぁ10回かぁ大事な時期やねぇ。けんどちょっとばぁお客が少のうても、ここで踏ん張らんと…ほう、964人収容の大ホール?須崎、凄いねやぁ。
「聴衆は1日通して150?200人訪れるが、お目当てのバンドを聞けば帰ってしまうので、常時会場にいるのはわずかに20人程度。」ええ~!?964人の会場に20人!!こりゃいかんぞ。
さすがに主催者は萎えるかも。出演料を出し合って金銭的にはなんとかやりゆうみたいなけんど、アマバンドこそお金より人に聴いてもらいたいもんなぁ。。。今年は入場無料やったそうなに…。
「熱演に耳を傾ける聴衆はまばらだったが、出演者は「須崎最高!」と楽しそうに演奏。最後にはアンコールの声も出て盛り上がった。」ムムム。
10回続けるということは相当なことです。地元でお仕事ぬき、手作りでアマバンドが楽しむ場を作っていこうという試みの大変さが伝わってきます。なんとか頑張って欲しいものです。この報道をきっかけにして好転してくれることを願います。
 【写真説明】聴衆はまばらだったが、各バンドが熱い演奏を披露した(須崎市の市民文化会館)…高新、載せるなや。
060701_090901_2
060707_1


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加