バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

震災後の市民運動、行動…。

2013-06-27 | 社会・経済

先週土曜日のバイユーLIVE『東日本大震災・被災動物救済AID』。20数年ぶりに自分がLIVEをやる、ということが大きすぎて気がついたら終わっていた…感じなのですが。それらについて思っている事をこの際、記してみたいと思います。

今回の「原発事故による警戒区域、避難地域に取り残された犬や猫、現地で救済活動を続ける方々を東京三鷹から後方支援」という渡辺さんの活動と行動を共にした経緯についてはこちらをご覧下さい。
そこにも書いていますが、個人的にこの動物たちの問題が最も優先されるべき、多くの人が賛同するべき事案であると思っているというわけではありません。事実バイユーゲイトとしては「震災で親を失った子どもたちの進学、奨学援助」に絞って細々と活動を続けていますし、バイユー企画に何度も参加してくれている三鷹の人気バンド『古道具』は被災地に楽器を贈ろうという「こどもの音楽再生基金」の為のチャリティLIVEを続けています。
今回の『被災動物救済AID』開催は「どれが一番」「誰が正しい」「何が正しい」とかではなく、自らの判断でキャパシティに応じた出来る事をやる、まず信念を持って動くという、渡辺さんたちの姿勢に共感したからに他ありません。縁あって、親密な関係を築いている人の真摯な行動に協力した、ということです。もちろん納得して。

あの震災以降、いろんなことが変わってしまいました。価値観の根本が変わってしまったという人も多いはずです。政治的であるなんてことからとても遠いスタンスだった自分ですら、この国の政治の動きが非常に気になります。選挙結果に、投票率の低さに絶望的な気持ちになったりもします。
若者だった頃…大学の入学式も卒業式もサークルにも参加しないくらいに式典や集会、人が集う事が嫌いだった僕が、少々意にそぐわない部分があったり、居心地が悪くっても、時にはデモや集会に出向かざるを得ないかなぁと思ったりしていることに驚いてもいます。
こんな意見の人たちと一緒にされるのは、一緒と思われるのは嫌だなぁという特別な?個人でありたいという気持ちに蓋をしてでも「現状は良くないという声がしぼんだりはしていない」ということを示す為。群衆の一員となることも厭わないと思うようになりました。震災~原発事故~そしてこの国の右傾化。まさかこんな自己中心的な自分が政治的であったり、市民運動を注視したり、ましてや数合わせの一人でもかまわないと思わざるを得ない時代がやってくるとは思いませんでした。

そんな昨今、反原発などの運動について「こんな方法論では間違ってる」「もっと効果的な方法が」という意見を様々なところで目にします。そして本当にその通りと思う意見も多いです。僕の気性に極めて近い意見も多い。
でも今必要なのは「ならどうする、どうしよう」であり。
意を唱える、問題意識や分析力の高く鋭い方々にはなんとか効果的な方法を指し示して欲しい、もしくはより良い道を探る事に全力を注いで欲しいと思うのです。
多くの方の意見を目にするにつけ、鋭く感心するもの多数。その方たちがいずれ素晴らしい行動を示してくれそうな予感もします。
でもそこまでに至らない自分は「このままじゃ駄目だ」という意思表示をするくらいしかないのです。
やみくもにNO!や理想論だけじゃなんにも始まらないのかもしれません。でもNOの声がゼロとなるわけにはいかないと思うのです。
「NO!」の人波の中には感情的なだけの方もいるでしょう、具体的なヴィジョンのない人に限ってNO!なのかもしれません。市民運動の高揚感が過ぎて的外れな行動や、攻撃をする人々がいることも確かです。

僕にだって、もっとオリジナルで切れ味鋭い自分自身でいたいという気持ちがないでもありません。でもデリケートな側面もある諸々の問題故、皆に指し示すような考えや妙案を見つけられない自分は「愚かな群衆」と呼ばれることもある人波の一部になってでも、居心地の悪い思いをしてでも「NO!の声がなくなってはいない!」ということを示すべきだと思っています。

その他大勢でいることを望んだ事なんて今まで一度もないし、個であることを脅かす物事こそが敵、でした。でも今、時にその他大勢となるも致し方ないのかもしれないと思っています。

語るべき、鋭い洞察力を持っている皆様。是非「こうしよう」という意見を発信していただきたいと強く思うのです。
いろんなところに可能性を秘めた意見や鋭い視点を多く見つけるのですが、結局行きつくのは「今行動している人の愚かさ」「気持ち悪さ」を突く形になることが多いようで、少し残念に思っています。
もちろん、間違いを鋭く指摘するというのはジャーナリズム的意見交換のあるべき姿かもしれませんが、今は平時ではありません。「悪い奴ら」はを喜ばせるだけの争いでなく。少々の愚かさには目を瞑って、議論するならいかに効果的な成果を出すかをこそ、意見し合って貰いたいと思うのです。自分の意見の正当性やオリジナリティや個を主張する批判ではなく、「どうしよう」「こうした方が」という建設的批判をこそ期待したいのです。
そのようなところに至る言葉を持たない僕は、日々の生活に専念しつつ目の前に出てきたこと(出来る事を)をひとつひとつやっていこうと思います。そのひとつのカタチが先日の『被災動物救済AID』でした。これだけでなくバイユーはこれからも震災遺児への奨学基金への募金企画を続けていきます。

そしてもちろんですが、意見の違う方を攻撃する気はありません。行動しない人が間違っているとも思いません。別にエセ平和主義でもないのですが…無意味な争いより目の前のことへの対処を!まだまだ何も終わっていません。

何より目の前といえば、自分の日常。バイユーをより居心地の良い場所にしたいと心より思っております。
でも選挙には皆に行って欲しいなぁ~。

以上、駄文でしたー。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトバンク開通!

2011-02-11 | 社会・経済

iPhone等々、ソフトバンクの携帯電話にご加入の皆様にお知らせです!

これまで1階であるにもかかわらずソフトバンクの携帯電話が通じ辛かったバイユーゲイトですが…この度我が中町一丁目に新たなアンテナが出来たとのことで(2月9日付け10日に確認)、ようやくバイユーのカウンターでも受信マークが3本立つようになりました。長らくご迷惑をおかけいたしました~。

と同時に「バイユーに居たから連絡がとれなかった~」という携帯からの脱出が不可能になるわけでもあります。ちょっと不便くらいが丁度いい、と言う方もいらっしゃいましたしねー。さてどんなもんでしょうか。
ともあれMさんありがとうございました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アリサ!!ちょっとグっときますね。

2009-01-13 | 社会・経済

いよいよ20日に迫ったアメリカのオバマ大統領就任式。報道によると式典でAretha Franklinが歌うとのこと。
月並みな感想ではありますが、やはりなんとなく胸がときめきますね。
警備の厳重さは相当なものでしょうし、翌日からはそんな甘っちょろい状況じゃあないんでしょうけど。

生中継でしっかり目撃したいですね。
Aretha_franklin_to_obama

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水木翁のお言葉

2007-05-29 | 社会・経済
東京都調布市、天神通りにある「ゲゲゲの鬼太郎」の石こう像が盗まれたというニュースを見た。水木しげる翁のお膝元であるこの街に並ぶ妖怪像は受難つづきである。子なき爺は頭を割られている…。憤慨しつつTVを見ていると水木翁登場!コメント、お言葉が聞かれました。

「犯人に悪いことが起こらなければ良いのですが、と心配しています。…奇妙な復讐を受けることがありますから。」

85歳の夏を前に元気なお姿でありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナタネ

2007-04-18 | 社会・経済
菜種梅雨、というのでしょうか…。流石にちょっとウンザリしてます。
気持ちいいハズの季節が去っていく~と思ってしまうのです。
なによりこうした天候不順が季節の野菜に影響を与えては困りものなのです。
これからバイユーではイタドリ、初鰹などなど季節モノが待っているというのに…。
とはいえ、春らしくいろいろと計画中です。今週土曜は激レア(?)なグループ、桜印の『チェリーボーイズ』のライヴがあるし、月末の吉祥寺音楽祭(武蔵野市組として、応援させていただいております)には4/29&5/6両日曜日に参加予定です。詳しくは後日、もしくはバイユーで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心の叫び

2007-04-08 | 社会・経済
うーっ。ナガレコ食べたーい!!
東京ではトコブシ。室戸産のは大きい。旨(んま)い。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

この風景もあとわずか(北口再開発)

2007-03-22 | 社会・経済
三鷹駅北口はのどかな風景がひろがっています。駅前の広大な土地が空き地となり暫定的な駐車場となっても
荒涼としたように見えながらも、空が大きく広がり気持ちのいいものでした。空き地に隣り合わせのバイユーゲイトは店を出ると眼前に空が大きく広がるという爽快な?ロケーションが自慢??でもありました。
この武蔵野市側に広がる空き地にこれから高層ビルがたちます。空地の間には1本道が通っているのでそれを挟んで2本ツインタワーが建つそうです。当初の話では40数階建が2本という途方もない話でしたが、結局は33、4?階建が2本ということに落ち着いたようです。若干低くなったように思えますが1~3階は総合ショッピングセンターやらなんやらが入るみたいなので天井も高く、やっぱりかなりの高層ビルであることに変わりはないようです。こんな高さの建物は中央線にはないので天気のいい日には新宿駅のホームあたりからは見えるのではないでしょうか?どうでしょう?都庁に登れば絶対見えますね。
9月頃から工事開始、ということなので「この風景もあと少しか」と思っていたのですが、数日前お知らせレターがポストに入っていて今週末に土台部分の準備や検査の為、土地にパネルで囲いをしてしまうとのことでした。駅から遠い方の予定地(バイユーの隣ではない方、2号タワー予定地と勝手に呼ぶ)には既にパネルで囲いが施されているのですが、その背丈は高く視線は遮られてしまっています。ということはバイユーの隣、1号タワー予定地のこの景観も「あと少し」どころか「あと数日」、ということになってしまいます。広大な空き地を横切って東急ストアまで買い物に行くのはなかなか気持ちのいいものだったのですが、あと2、3日で終わりとなります。今後は酔っぱらって、バイユーを出ても眼前には白いアルミのパネルが広がります。御了承下さい。写真はバイユー隣、1号タワー予定地(これも勝手に命名)です。
では!本日、元気に営業いたします。070317_200501_1


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きんこん続報

2007-03-21 | 社会・経済
更に詳報が…。なんと12コマの連載とのこと。
http://www.kochinews.co.jp/0703/070321headline02.htm#shimen2



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『きんこん』全国制覇!(誤)

2007-03-21 | 社会・経済
高知在住の諜報部員より最新情報が届きました!
アノ、『きんこん土佐日記』が4月より『SWITCH』誌上でも連載開始とのこと!!!?
いきなり全国制覇、いや進出。果たしてきんこんワールドが、土佐弁が全国の読者に受け入れられるのか???

いやー僕らは世代的になのか、『SWITCH』誌に対して華やかというか都会的というかかっこいいイメージを持っているので驚きは大きいのです。今の人はそんなイナカもん意識ってないのでしょうが当時(自分の上京)は「スウイッチを東京で読むのは高知で読むがとはなんとなく違う」ような気がした覚えがあります。なんといっても表紙がモノクロですからねー。ひまわり牛乳(高知の牛乳メーカー・紙パックにきんこん土佐日記が掲載されている)のパッケージ制覇とはだいぶ違うで~。
そこに『きんこん』!!期待に胸が高まります。web版http://www.kochinews.co.jp/kinkon/kinkon.htmもこの頃なんだかキレてるし。要注目です。070321_094201

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

150から300

2006-10-21 | 社会・経済
昨日夕方、吉祥寺駅に向かって井の頭公園西側の道を南から北へ原付バイクで直進しておりました。
『いせや』(跡)を左に見ながらJRの線路の手前の交差点を右折するべく前進。目の前にはバス。交差点のまん中には交通整理の警察官。道の左側にも警官。横断歩道脇にも。そして右折先に3~4人。
「なんなや、嫌やな」とは思ったものの「ツッコミどころのないよう丁寧にいけばええか」と考え、金曜日の夕方、人で溢れる交差点の前でバイクを止める。すぐ左には警官。少し前にも警官。目はバッチリあっている。無表情。警官氏のカオを見ながら、信号に青い矢印が出てからゆっくりと交差点に進入…。と同時に「ピピッ!」。目の前に別の警官が飛び出して来た。
時間帯限定右折禁止なんだそうな。「あそこに表示が」と言われたが、まったく見えない。言わば死角。「見えませんよ」と言うと「確かに見え辛いかもしれないが路面にも書いている」とのこと。これほど混雑した交差点への道で車がビッシリなのに路面の時間帯表示を見ることのできる人なんているのだろうか?そしてバスの後ろにいた自分には死角どころかまったく見えない…。案の定次々と車やバイク、原付が引っかかる。交差点の前でウインカーを出している時に「右は駄目だよ」とは合図できないものだろうか?時間はあったよなぁ。その為に交差点のまん中に立っているのではないのか?
進入して違反が発生するまで待っているようだけど、進入させた結果、万一事故が起こったらどうするのだろう??止められた右折先から交差点を見ていると曲がりそうな車がくると7、8人はいるであろう警察官がじぃーっと前のめりなかんじで注視していて、スッと動いた瞬間にすかさず「ピピッツ!」と笛を吹く。罠を仕掛けているというか竿を素早くあげるというか…。まぁなんとも見事なものである。その鋭い視線は正に「漢(おとこ)の仕事」。次々と討ち取り、週末の薄暮の交差点は停車した10台以上の車やバイクにパトカーで大混乱だ。成果は上々。途中、ミニバンタイプの警察車両が通る。車内から制服姿のご仁が窓にへばりついて、吉祥寺北口井の頭通りの戦果を確認してご満悦?なのかニヤニヤ笑っている。
勿論、思いもかけず止められてキップを切られるということは何度か経験はあるが「ちっくしょーヤラれた」と悔しい思いをしてガックリすることがほとんどだ。しかしあの標識設置状況でしかも大勢の警官が違反をするのを待っているという状況はいかにも承服し難い。せめて隠れてろよ(笑)
「認めないというのは可能なのですよね?」と尋ねると、「はい、でもそこの交番でキップを切ることを拒否するという申し立てをして書類を作成するのに最低でも2時間はいただきますよ、あなたにそんなお時間はあるんですか?」とのナイスなお答え。かくして点数とともに五千円という金額が財布から去ることとなった。
さらに、若い警官クンは別れ際に得意げに「本当はこの時間にあの内側の(!)バスレーンに入った時点で1違反なのですよ。交差点に進入してもう1違反。本当は計2違反で反則金一万円のところ、今回は交差点進入の1つだけにしておいてあげたんですよ」とのたまった。ナント!…キミにそんな裁量権があるのなら見逃したまえ。
オレの血圧…

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加