バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

本日2度目のレディースデイ!

2016-10-26 | 営業時間等のご案内
本日10月26日(水)は、久しぶりのレディースデイを開催します!!
ハイネケン生ビールを300円で!諸事情によりビールNGの方の為に、人気の馬路村ゆずハイを300円で!炭酸は嫌!の方の為にオレンジ酎、グレープフルーツ酎、ウーロン酎、さんぴん酎緑茶酎を300円で!さらにノンアル女子の為には馬路村ゆずソーダ、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、シークワサージュースを300円で!
それぞれ終日ご提供いたします。
あ、モチロン女性だけですよ!

「それでもやっぱり男が多いんだろ〜な」な男性陣の方々
ゴメンナサイ!通常料金でお願いいたします。
久しぶりの自家製ローストビーフ550円。
リニューアルしたポテトミートグラタン600円や厚揚げとタマゴの味噌煮込み500円などなど雑多にとりまぜてお待ちしております。

レディースデイ、「月イチで!」との声も聞こえてきてます。
嬉しいことです。6時半開店です。

男子禁制ではありません。
女性が入り辛いと言われるバイユーの女子尊重の日♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギターパンダがやって来る!!

2016-10-21 | イヴェント案内
明日、10/22土曜日はギターパンダ先生が久しぶりにバイユーにやってきます!火事延焼被害の少し前以来だから2年振りのバイユーLIVE!
楽しみでたまりません!!
ホントーに最高のソウルマンです。クダラナくってグッとくる。
残席あります。もしまだ未体験、なんて方がいらっしゃるなら明日、一緒に盛り上がりましょう!!

10月22日(土)
ギターパンダ

開場 19:00 開演 20:00 料金 前売2000円 / 当日2500円(+要1drinkオーダー)
★ご存知ロックンロールするジャイアントパンダ!キヨシローの遺伝子を最も強く感じさせるソウルマンでもあります。元Deep&Bites、忌野清志郎&ニーサンズ。下品でクダラナく、そしてグッとくるロックンロールショウを御堪能下さい。熱烈推薦。ロックミュージックが好きなら観るべき!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファビュラスサンダーバーズの新作!激しく地味だけとイナタくって良いです!

2016-10-20 | 音楽
久しぶりに音盤紹介を。
少し前に到着しているのがこれ。

『STRONG LIKE THAT / Fabulous Thunderbirds 』
そうあのファビュラスのニューアルバムです。3年振りの新作。
予約してリリースと同時に購入したバイユーであります。

今、ファビュラスの新作をリリースと同時に購入している人って日本にどのくらいいるんだろう?そんな地味〜な存在のイカシたバンド、ファビュラス・サンダーバーズ。
ジミー・ヴォーン在籍時のいわゆるヴィンテージ期から25年以上が経ちメンバーは何度も入れ替わり、すっかり過去のバンドと化している彼ら。
今やキム・ウィルソンがファビュラスを名乗ってるだけのようにも思えるのだけど、実はやっぱりバンドはバンド。
長い時間を経てかすかな変転を繰り返してきてはいるものの、やっぱり「これ?ファビュラスサンダーバーズ?そうかぁ〜笑」とスキモノの頬が緩むようなカッチョイイ南部音楽を演ってます。

そんな新作の内容紹介は
今日のブログのタイトル、これだけでもう十分な感じです!

1曲目の『I'm Losing you』の出だしからして華やかさは一切なし!
FACES等でもお馴染みの曲ですが、あまりの渋さに初めて聴いた時はしばらくわかりませんでした。
ちょっとダウナーな感じで始まるのがなんとも味わい深い。
全編を通し、抑えて表現力豊かなキムのハーモニカがいい感じです。
バンドも適度にタイトでカッチョイイ。
そう適度に
微妙〜にイナタイ感じもまた良し、なのです。

全編を通してアッパーなロックンロールは1曲も無し、ソウルテイストの強いブルース系の演奏が10曲。
ものすごく乱暴に言ってしまえばロバート・クレイバンドとかぶりそうな世界です。

でもどんなに渋い楽曲を演ろうとも、華やかな表舞台の香りを隠せないクレイと比べるとあまりにも地味。華がない!
ビートのきらびやかさが違う。

では、だから悪いのか?と聞かれれば決してそうではないのが音楽の面白いところ。
華はないけれど、ファビュラスの音楽からは彼らの南部音楽への愛情、そして日々のライブバーの匂いや喧噪が直接伝わって来る。気のせいと言われるかもしれないけどなんとも心地よいのです。
ブルースやソウル、を狭いハコで聴く楽しさや、イナタく演奏する喜びを知る者にとっては非常〜に共感できる演奏なのだ。

とっても抽象的かもしれないけれどこれは、●プトンさんなんかでは絶対に提供出来ないもので
テキサスやルイジアナのユルい音楽の持つロックンロール性にヤラれた者たちにとっては堪らないものなのです。

たとえ地味で表面的な盛り上がりに欠けても、結局は楽しめる。そんな裏切らない音盤です。

ほんと地味です。
最近のバイユーでは結構ヘビロテ、なんですがまったく耳に残っていない方もいるかもしれません。
でも良いです。
しばらくファビュラス聴いてないな〜と言う方、たまには最新作を購入して楽しんでみては如何でしょう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良い年になりますように!

2016-10-18 | ある日の出来事
昨夜、月曜日はバイユー従業員で、ロックバンドMANDESのベースプレイヤー・京子ちゃんのバースデイでした。
特別な節目とかではないので特にイベントを開催したというわけではなく、
お客様方とケーキを囲みおめでとう!の乾杯をしました。

賑やかで良い夜でした。
彼女の新しい1年がより良い、素敵なものとなりますように!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ディランノーベル賞!?の夜

2016-10-17 | ある日の出来事

10月13日木曜日、営業中のこと。
珍しく父親からメールが。Cメールだったので画面に文字が光ってる。
ふと目をやると。

「Bディラン、ノーベル文学賞。」

?????

まったくのノーマークだったので混乱。
これまた珍しく目の前に居たA山さん混乱&興奮。
それぞれ各自スマホで情報収集が始まりました。

そうこうしているうちに
人が集まって来た…。

「ロックがノーベル賞…」と不思議な違和感と感慨にふける我々。

その後
発表の数時間前から「春樹よりディランが先だよね〜」と話していたという極めて少数派の存在、W辺さんが
貴重なオリジナル盤の数々を持参して下さったので一同のんびりと聴き入ったのでした。

まぁバイユーらしいか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムーニーさん&民雄くんとBAR LIVEの楽しさを堪能!

2016-10-17 | ライヴ報告
15日土曜日は一度流れて、3年近く越しの企画だったムーニー&井上民雄でした!

楽しかったです!!!
こうやってひとつひとつ企画にケリがつくのは嬉しいもんです。
そしてそれがとても楽しかったとくれば言うことはありません。
さすがヨコハマジャグバンド界の王、ムニーさん。楽しませてくれました。


先攻はスタンブルバムの井上民雄。地元三鷹の星でもあります!
3年越しのLIVE、気持ちが入ってました。良い演奏、歌でした。

丁寧に披露される楽曲の数々。こちらにすっと入ってくる気持ちよくソウルフルな歌声。
最近の井上民雄は立ち姿も良い。お客さん、聴き入っていました。

俺はとても満足しました!


後攻はムーニーさん。この日はスピーディーさんのベースと一緒でミニラッキーリズムといった趣き。
これまでの2回はハーモニカのKOTEZとのデュオだったのでこのいつものスタイルでバイユーで演るのは初めてでした。
そのうえ当日になってゲストにキーボード、ニヒルキムラくんも加わり更にファンキーに!

飲んで聴いてるお客さんは身体もココロも揺れる展開となりました。しっかりとムーニーワールドに浸らせていただきました。

当然盛り上がる!

ベースにも登る!!

楽しいバーライブショー。

ムーニーさんから
来年3月にまたやろう!と言って頂きました。

これから定期的に来て頂きたいと思っております。
皆さんお楽しみに♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男の中の男達…なのかはわかりませんが、3人とも素晴らしかった!!

2016-10-17 | ライヴ報告
14日金曜日は『男の中の男達』と題された3人歌会。
バイユーが自信をもってお薦めする3人だったので、なにより自分がとても楽しみにしていました!
そして当然のように期待通り!
素晴らしかったです!!
まだ未体験の方々。この3人、バッチリ素晴らしいです。熱くお薦めいたします!

年功序列で出演順が決まったとのことで、まずは近田崇仁(はいからさん)。
ソウルフルにグッとくる歌を歌う近田。すっかり弾き語りがバンドとはまた違った芸になっています。
もっと多くの方の目に触れるとますます活動の幅を広がってゆくだろうと思いながら聴いていました。気持ちの入ったいいライブでした。受けてました!
子供を連れた3人家族に熱烈に支持される近田!世代を超えた普遍性が武器だ〜


個人的に前回感銘を受けたあうんさん・すうじぃ。今回も弾き語り&DJスタイル、というか生演奏ラジオデイスクジョキースタイル。
とにかくいっぺん観てみ!なすうじぃ。キンキーでロックしててサイコーです。『U.S.A』ってオリジナル曲良かったな〜!!


最後は夜のストレンジャーズ三浦雅也。
最近の充実ぶりは、ほんと素晴らしくここ1年は頻繁に聴いているのにやっぱりグッとくる瞬間がある。
歌ってることに、その行為に本人の中ではっきりと意味がありケリがついているのは大きい。ハラが座っているというか幹が太いのだ。
ロックしてます!夜ストもいいけどソロも絶対に観た方がいいです。

最後は3人で三浦雅也が世の中の楽曲の中で一番好き、という
この曲にはすべてがある
という曲を3人でカバー!ロックな夜でした。
少なくとも、俺の思う「ロック的なもの」がたくさんあった夜でした。

3人にサンキュー!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アコギなやつらと銀次郎!サイコーでした!!

2016-10-17 | ライヴ報告
10月10日体育の日はコージー大内 presennts 『アコギなやつらとドブロの銀次郎』でした。
コージーが自らホストとなって、豊橋で活動するドブロの銀次郎を東京に紹介したいとの希望で決まったこのLIVE。
コージーの思いがかなった、良いLIVEになりました。お客さんも出演者も満足気な笑顔!
ブルースミュージックを愛する者たちにとって幸せな一夜となりました。

まずは金田DELTA正人。
観る度に、うわべではないミュージシャンとしての個性がどんどん確立されてきているように感じます。
もちろん個性はとっくにあるんだけど、もっと内面的というか立ち姿というかそんなちよっと抽象的なようで実はとても大切な部分での話。

この日も唸らせられる場面、ありました。


続いてベアホークウルフ。自身のプライベートも匂わせつつ、安定したブルースプレイとタップダンス。
アクションも華やかで何人ものお客さんが喜んでました。大したもんです。
次の銀次郎さんを気遣い、盛り上げてくれた久しぶりのベアホークウルフ造田でした!



そしてこの夜の主役、豊橋からやってきた銀次郎!!!
ドブロを抱き端正なプレイで、彼がこよなく愛するロバートジョンソンを聴かせる。
凛とした佇まい。ドロドロではないのがなんだか新鮮。そのテイストを凝縮したかのようなオリジナル曲はありそうでない、濃い口ながらスッキリした手触り。
湯上がり的とでも言いましょうか、汗まみれとはひと味違った男っぽさが新鮮でした。



そしてトリはコージー大内。
当初はホストとして1番目に出演するとのことでしたが、諸事情により最後に歌うこととなったコージー。
銀次郎さんのステージで盛り上がっていた余韻の膜を打ち破るかのようなオーイエイで始まったステージは流石!のひと言。
こういう展開だとパフォーマーとしての実力が際立ちます。始まってすぐに皆を笑顔にさせる音色とビート。成長なんて失礼な言い方だけどパフォーマーとしてどんどんレベルアップしているような気がします。
近田(はいからさん)と一緒に「凄いな〜」と感心して聴いていました。
最後に新曲、「コージー大内のデルタブルースを…」を聴けたのは新鮮で楽しかったです。
やっぱりコージーはデルタスタイルではないのね〜
と思ったりした俺はつまんないヤツなのかもしれません。
まだまだ楽しませてくれコージー!

そしてこの日特筆すべきはMCが居たこと。
重度の音楽好き、コージーファンでもある講談師、宝井一凛さんがLIVEの間を知り尽くした素晴らしいMCを聴かせてくれました。

これはお客さんのテンションもあがるし、出演者の気持ちもあがります。
そしてなにより!ステージでも、終わって話していても彼女が音楽のLIVEの現場を真っ当に愛しているのがビンビンに伝わってきます。
この方、ほんと素晴らしいです!

それらすべて、そしてお客さんも交えて作り出したこの日のLIVE。
「バイユーのブログに今年最高のLIVEやったって書いてくれるはず」とライブ中のコージーから言われたくらいに素敵な時間でした。
楽しかった〜。

初めの東京ライブだったという銀次郎さんにも喜んでいただけたようで良かったです。

あ、豊橋名物ブラックサンダーを沢山!ありがとうございました!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金曜ですがLIVE営業。すうじぃ、三浦、近田の豪華3組!!

2016-10-14 | イヴェント案内
本日金曜日ですがLIVE営業です!
これは絶対にお楽しみいただけると思います。
熱烈推薦!!

10月14日(金)
『男の中の男達』
出演:あうんさん・すうじぃ / 三浦雅也(夜のストレンジャーズ)/ 近田崇仁(はいからさん)

開場 19:00 開演 19:30 料金 2000円(+要1drinkオーダー)
★一筋縄ではいかないクセ者ロックンロールハートを持った3人の組み合わせ!これは絶対に満足できることでしょう!!
推薦します。

そして翌日土曜日はこれまた大推薦!BAR LIVEの楽しさを満喫させてくれるアドー企画!!BAR LIVEの王様、ムーニーさん登場です。

10月15日(土)
ムーニー&スピーディー(lucky rhythm 横浜) / 井上民雄(Stumble Bum)

開場 19:00 開演 20:00 料金 2000円(+要1drinkオーダー)
★横浜ジャグバンド界の王、BAR LIVEの宝ムーニーさんが1年半振りのバイユー登場です。今回はスピーディーさんを迎えて「ミニラッキーリズムの趣きで!」とのことです。
共演は骨太なフォークロックを聴かせてくれるスタンブルバムの井上民雄。店主個人的に、この組み合わせは2年半越しの待望のもの。なんとも楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンマイクショウ継続中です!

2016-10-11 | チャリティ報告
土曜日は九州地方大地震支援義援金企画 6『バイユーオープンマイクショウ!』でした。

いつもより少し参加者が少なかったかなという感じでしたがその分、参加者はたっぷり楽しんでくれたようで良かったです。
皆さんありがとうございました。




売上げの一部を加えた計21153円を今回も被災地で直接的な支援活動を続けている熊本ワンドロップさんへと託させていただきます。

『東北震災遺児の奨学金募金』『児童養護施設支援こころの青空基金』への支援と併せ、これからも定期的に続けてゆきます。
どうかよろしくお願いいたします。バイユーのステージで楽しく音楽して、そしてご協力頂ければ幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日祝日の夜はLIVE営業。コージー大内presents『アコギなやつらとドブロの銀次郎』

2016-10-09 | イヴェント案内
本日10月9日(日)は休業、明日10日(月&祝)はLIVE営業。コージー大内presents『アコギなやつらとドブロの銀次郎』を開催いたします。
10月10日(月&祝)
コージー大内 presents
『アコギなやつらとドブロの銀次郎』
出演:銀次郎(from 豊橋)/ コージー大内 / 金田正人 / ベアホークウルフ

開場 19:00 開演 19:30 料金 2000円(+要1drinkオーダー)
★コージー大内によるブルース企画!マニアックな音楽シーンが存在することで知られる豊橋から「銀次郎」を招き、デルタスタイルの金田正人、タップ&ブルースのベアホークウルフとアコースティックブルース仲間3人で迎えます。
濃厚なこと間違い無し。これは面白そうです!!

銀次郎〜ナショナルギターを抱えてブルースとともに生きる男。豊橋のロバートジョンソンと呼ばれ、専ら戦前ブルースを唄ってきたが、最近ではオリジナルブルースに新境地を開拓している。〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜土曜日はチャリティオープンマイクショウ!

2016-10-08 | イヴェント案内
今夜は
10月8日(土)
~九州地方大地震支援義援金企画 6~
『バイユーオープンマイクショウ!』

開場19:00 開演19:30入場無料(要1drinkオーダー)
★バイユーチャリティ企画、今回も九州への震災支援イベントとして開催いたします。これまでの5回と同様に、被災地で直接的な支援活動を行っている熊本のワンドロップさんへ募金いたします。
いつもの方も初めての方も〜この機会にバイユーのステージに是非!

前回8月末の送金時ワンドロップの代表・花香さんから「地震の風化が早く、チャリティーグッズ等も売れなくなってきた段階なのでありがたいです」という内容のメールをいただきました。現在は「 仮設住宅も進み、避難所への炊き出しから仮設住宅コミュニティへの炊き出しにシフトしつつある状況です。」 とのこと。
被災した方々は自宅の罹災証明手続きを手にするのも大変で(4カ月待ちだったそうです)現地の実情はまだまだこれからのようです。
つきましては細々ではありますが縁あって始めた支援をこれからも続けてゆこうと考えている次第です。

※募金箱を設置いたします。ご協力いただければ幸いです。
※演奏者の方には500円の参加費をご負担いただきます
(募金とさせていただきます)
※1人1曲〜3曲でお願いいたします。
※当日はお飲物は500円均一。売上の20%を募金いたします。
※ギターは用意いたしますので手ぶら参加、歓迎いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3連休中はチャリティオープンマイクとコージー大内企画!!

2016-10-05 | イヴェント案内
週末のお報せです。

10月8日(土)
~九州地方大地震支援義援金企画 6~
『バイユーオープンマイクショウ!』

開場19:00 開演19:30入場無料(要1drinkオーダー)
★バイユーチャリティ企画、今回も九州への震災支援イベントとして開催いたします。これまでの5回と同様に、被災地で直接的な支援活動を行っている熊本のワンドロップさんへ募金いたします。
いつもの方も初めての方も〜この機会にバイユーのステージに是非!

前回8月末の送金時ワンドロップの代表・花香さんから「地震の風化が早く、チャリティーグッズ等も売れなくなってきた段階なのでありがたいです」という内容のメールをいただきました。現在は「 仮設住宅も進み、避難所への炊き出しから仮設住宅コミュニティへの炊き出しにシフトしつつある状況です。」 とのこと。
被災した方々は自宅の罹災証明手続きを手にするのも大変で(4カ月待ちだったそうです)現地の実情はまだまだこれからのようです。
つきましては細々ではありますが縁あって始めた支援をこれからも続けてゆこうと考えている次第です。

※募金箱を設置いたします。ご協力いただければ幸いです。
※演奏者の方には500円の参加費をご負担いただきます
(募金とさせていただきます)
※1人1曲〜3曲でお願いいたします。
※当日はお飲物は500円均一。売上の20%を募金いたします。
※ギターは用意いたしますので手ぶら参加、歓迎いたします。

10月10日(月&祝)
コージー大内 presents
『アコギなやつらとドブロの銀次郎』
出演:銀次郎(from 豊橋)/ コージー大内 / 金田正人 / ベアホークウルフ

開場 19:00 開演 19:30 料金 2000円(+要1drinkオーダー)
★コージー大内によるブルース企画!マニアックな音楽シーンが存在することで知られる豊橋から「銀次郎」を招き、デルタスタイルの金田正人、タップ&ブルースのベアホークウルフとアコースティックブルース仲間3人で迎えます。
濃厚なこと間違い無し。これは面白そうです!!

銀次郎〜ナショナルギターを抱えてブルースとともに生きる男。豊橋のロバートジョンソンと呼ばれ、専ら戦前ブルースを唄ってきたが、最近ではオリジナルブルースに新境地を開拓している。〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイユー駅伝部東日本国際駅伝2016

2016-10-04 | スポーツ
日曜日は「よくやるよ」と言われつつも活動継続中のバイユーゲイト駅伝部の活動日。
4年連続4回目の参加となる東日本国際駅伝へ2チームで参加してきました!


しかし暑かった!!!身の危険を感じるほどに暑かったです。
目標はとにかく倒れたりしないこと。

それぞれが皆お互いの身を案じるという今までにない展開ながら、
なんとか全員無事完走を果たしました。


その後は駅伝部、約束の地『さがみの亭』へ。
相変わらずの美味くて奇怪で、素敵なおもてなしの
最高の場所。
今年は大久保の間(当然大久保利通直筆!?掛け軸有り!)
1杯目のビールの美味いこと!

楽しい宴でした!!

前回から1年、太陽は厳しかったけど
また皆で楽しい時間を過ごせたことに感謝した1日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の夜のロイキのブルース。

2016-10-03 | ライヴ報告
土曜日は久しぶりのROIKI先輩。


決してサラッとはしていない、クセのあるデルタスタイルブルース弾き語り。
ノベルティタッチの日本語ブルースで笑わせてくれるわけでもないし、グッとくるオリジナル曲を聴かせるというわけでもない。

数曲演奏される日本語の曲を含め、極めてまっとうに弾き語りによるブルース表現に向かい向き合っている彼の音楽はそのまっとうであるがゆえストレインジで個性的。
いわゆる日本人によるデルタブルース弾き語りという、わかり易い分類からはみ出してしまっているように感じる。

でも、そうしたあらかじめ用意されたわかり易さをもとめなければ、これほどストレートに「ブルース的なもの」を聴くものに届けてくれる人というのはそうそう居ないと思うのです。

はっきり言ってレベルが高い。

以前からそれはわかっていたけれど。大阪に居を移してからは更に高みに登った感が有る。
親しさのあまり口では悪く言うこともある俺ですがここ数回のLIVEには毎回唸らされています。

ブルース表現、抽象的に聞こえるかもしれませんが
俺にはロイキさんの歌唱演奏からはっきりとその実態が感じ取れます。
英語か日本語かという問題とは違う、ブルースを演るしかない演者の息吹が伝わってきます。

最近特に思うのですが。
彼の演奏には、ブルースについての楽曲や諸々の知識はなくてもバーの片隅で飲みつつ聴いている聴き手に沁み入る普遍性のようなものがあるように思うのです。
それはたとえBGM的に聴かれたとしてもです。

客席と感激を共有したり一緒に歌ったりするたぐいの場所には今後も連れて行ってはくれないかもしれませんが
個々をそれぞれ別の気分、場所に連れて行ってくれるように思えます。

「なんだかわからない英語の曲、歌ってる」と聴くともなく聴いていても成り立つバーライブであるように思います。

まだ未体験の方、また来年も来て頂きますので
ブルースを感じにロイキのライブを是非聴きに来てみて下さい。

終演後、
今日はちょっと(自分の)テンション低めだった(ように思われた)かな?
と言うロイキ先輩でしたが…
その感じが、上手い具合に「油が抜けてて」味わい深かったような気がします。

僕はとても満足し堪能しました。

この日は他にもいろいろと魅力的なイベントやライブがあった中、ご来店頂いた皆様ありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加