バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

ローリークック!武蔵野のサタディナイトライヴ

2006-07-31 | ローリー/The Waltz
7/29土曜日のバイユーは、あのミスターコザ・ローリークック師匠のライヴでした。この日より小金井&武蔵野では蝉の声が…。
午後7時半、店内は開始前からプラチナチケット(ホントだよ)を手に入れた方々の熱気が渦巻いています。「こんな狭いところで観られるなんて…」という感じです。開演前から泡盛のボトルで乾杯を始める方々もいていい雰囲気です。ドキドキしていました。

とにかく素晴らしいライヴでした。バイユーゲイトが最も敬愛するミュージシャン、ローリークック。店内にパネルが飾られているのはゲイトマウスさん、プロフェッサーさん。そしてローリークック船長なのです!小さいモノをいれてもキンクスさん、スリム・ゲイラードさんギリェルミ&モナルコさん。言わばビッグスリー、新御三家なのであります(笑)
そのコンサートをバイユーゲイトで行うのですからスペシャルなことこのうえございません。ステージから客席最後列までの距離が短いため、そして天井が円型の為、歌声がマイクのヴォリューム以上にどっかんと突き刺さってきます。もうクラクラです。こんな小さな店でのライヴながら…8時15分?に始まったライヴは休憩を挟み、2度のアンコールを終えるころにはナント11時半を過ぎていました!熱演に感動。バイユーもお客さんも大満足です。あ!終電の問題で終盤帰らなければならなかったお客様、三鷹遠くてホントごめんなさい。でも、楽しんでいただけましたよね?
開演早々大合唱となった「シンディ」。しっかりとバイユーの壁に染込んだ「特別な夏」に「It's a Beautiful day」。久しぶりの「ありえない夜の中で」「ターミー」に胸を焦がし、八重山んちゅが思わずモラしそうになった「LOVE LAND」。リクエストに応えた「二日酔いのホリデー」、そして「週末はA&Wで」いい曲だなぁとしみじみと感じ入りました。熱く突き刺さった「情熱の橋」「無言の石」。新曲「少し愛して 長く愛して」に「特製:月とギターとベランダ」。なぜか熱狂的な歓声を受けた「當眞の美喜男」。「ウートートー」「に「マブヤー」での盛り上がり。まるでココが素敵なライヴハウスのように思えたよー。11時半も過ぎ、サタディナイト・ロッキンハウスと化したバイユーにはアンコールがこれ以上続かないのをしっかりと確認後(笑)コンサートの締めくくりに選ばれたナンバー、ロイ・オービソン「You Got It」が土曜日の終わりを告げるかのようにゆっくりと流れたのでした。

…しかしそのあとには休憩を挟んでマーリークック&サンディ・アーリー・モーニング・ショウが。。。

みなさん素晴らしい音楽と、楽しいお酒を飲んでいただけたなら幸いです。御来場ありがとうございました
。残念ながら満席の為お断りせざるを得なかった方、申し訳ございませんでした。もうひとつ、京都の空へもこの雑なライヴレポを送ります!そしてなによりローリーさんに感謝です。
皆様またの機会に、そして吉祥寺あたりにいらした際には是非、バイユーにお立ち寄り下さい。お待ちしております。

いや、でも小さなバイユーで聴くローリーさんは本当に贅沢で素晴らしかった。しかしこうやって書いていて気づくのは熱気に包まれているうちにアッという間に時は過ぎ、記憶がもう凄く曖昧であります。どなたかセットリストを是非よろしく~!


※週末に思う…メディアぁ?業界ぃ?ワタクシ、ローリークックをまともに取り扱うことさえもできない
それらのものにつきあうのが本当にバカバカしくなってまいりました。
雑誌なんかいらないのであります。ローリーズミュージックをそれなりに知っていながら興味を示さない人々には
もう用はないような気さえしました。
まだじっくり聴いたことのない方。そんな人々がこの凄さになんとか出会えるよう、バイユーゲイトは微力ながら頑張って行きたいと思う所存であります。情報1:バイユーではローリーさんのCDも販売しております!情報2:トップページからバイユー宛にメールをいただければ、関東近辺のローリークック関連情報はイチ早く速報いたします。情報3:ローリー/ワルツの音源は勿論コンプリート所蔵。リクエスト大歓迎です。
そしてそして!9/10原宿ルイードでローリークック&ローリーロールバンドを楽しみに待ちましょう。
盛況を目指します!!!

写真は盛りあがるバイユーの図です。本当はもっとシャッターチャンスはあったのですが、お仕事に追われてまして…。なんとか空気が伝わればと思います。
Sn260004_1


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

本日7/29、土曜日は

2006-07-29 | 営業時間等のご案内
本日7/29、土曜日は当店の絶対的イチ押し
ローリークックさんが
遠くオキナワよりこっそりとバイユーに上陸してのライヴを開催いたします。
残念ながらトップページ等でお伝えしております通り、チケットは前売りで完売となっております。

ローリークックさんは改めて9月に正式に入国してバイユーゲイト主催でライヴを行います。
会場は三鷹を飛び出して原宿はルイード!
こちらはバイユーより多くの方にお楽しみいただけます。

本日は申し訳ありませんが是非、9/10(日)原宿はよろしくお願いいたします。

尚、昨日はLittle fats & Swingin' hot shot party Presents
「Yeah Man! Vol.2」に多数のご来場いただき誠にありがとうございました。
素晴らしい盛り上がりで大成功だったと思います。

バイユーサイドとしてはいろいろと後手にまわってしまい
至らぬ点が多々あったのではと感じております。
お客様、そして出演者方々ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日はライヴ営業です

2006-07-28 | 営業時間等のご案内
本日28日は金曜日ではありますがライヴ営業日となっております。
ジャグバンドによるライヴです。
Little fats & Swingin' hot shot party presents◆
「Yeah Man! Vol.2」
出演は
Little fats & Swingin' hot shot party
Slow Ride Pickers(from Kyoto) …他
となっております。
詳細はこちらまで http://www.littlefats.com/
楽しいライヴになりそうです。

そして明日はローリークックさんがこっそり三鷹に…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日7/27は都合により7:30開店となります

2006-07-27 | 営業時間等のご案内
ようやく梅雨明けが見えて来た??という昨日でしたが…
気温のup&downの凄まじさには驚きます。身体は鍛えられています(涙)昨夜は「暑いね」が挨拶でした!
夏の匂いがしているので流石に近々梅雨明けでしょう。
『セプテート・ナシオナル』なんぞ流しながら仕込みをしてそのまま営業開始。
タコライスのタコミートを作ったりタイテイストのガーリックポークを焼いたりしてると
「あーどっか行きたいなぁ」と思ったりしてしまいます。

だからというわけでもないですが、本日7/27(木)は都合により
午後7時30分よりの営業開始となります。
御了承下さいませ。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カップ高知酒

2006-07-26 | メニュー
高知からヤバイやつらが到着。ローカルカップ酒軍団です。
「志ら菊」や「土佐路」、「四万十川」に「玉の井」等々
そしてアノ「桂月銀杯」もカップで登場。
しまった!「味付け海苔」や「イカくん」「竹輪」が必要か!?夕方から「立ち飲み処 ばいゆう」でもやるべきか?Photo_14


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

説得力

2006-07-25 | ボクシング
お時間有る方是非ご一読を。

http://www.tic-box.com/doc-ikeda2/ik-index.html

ページ下部の彼の経歴を見れば一目瞭然。
それゆえか。
人となりか。真摯で説得力もあります。
それなのに『Talk is cheap』。
なかなかです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高知の野菜

2006-07-25 | メニュー
今年は異常な長雨、多雨で心配ではありますが。最近高知の野菜を美味しく肴にして、飲んで飲まれて(飲んでいただいて)おります。オクラを鰹節と醤油であえたり、フロウ(豆)を生姜醤油でいただいたり。すみかんも楽しみだなぁ。太陽様には頑張ってもらいたいものです。Recipe_0623fin1_1


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蝉と野音とBLUES&SOUL

2006-07-24 | 音楽
昨日は休日。せっかく雨もなく曇り空なので久しぶりにひとりで電車に乗って日比谷野音まで遠足。ブルースカーニバル改めブルース&ソウルカーニバルを観て、聴いてきました。久しぶりの近藤房之助さんを聴いて、ヴァン・ハントを少し聴いてからビール等々を買いに外へ出て、帰ってくると野音の立見エリアにある木々からは激しく蝉の声が降りそそいでいました。んん?さっきは気にならなかっただけなのか?それともやっぱり今、鳴き始めたのか?少し考えを巡らせてはみたものの、全然答えはでません。ボーッとしてたからなぁ。と、ひとり納得して蝉に耳を傾けました。ヴァン・ハントの熱演に負けない蝉の歌声。あっぱれなり。
実はワタクシこれが今年の初蝉体験なのでした。なぜかこれまで蝉に出会ってなかったのだ。今現在、武蔵野市中町も小金井も静かなもんです。阿佐ヶ谷なんかでは鳴いてるらしいですがなぜか出会わず。だったのであります。
子どもの頃夏休みに入った初日に海水パンツ姿で川まで自転車を漕いでいったときの風景や匂いを今でもよく思い出しますが、むせかえるような緑の匂い、やっかましい蝉の声。イナカの子ゆえ普段から時間に追われていたりしたわけではないのに、今日から学校休みだ時間はまだたっぷりある!とワケもなく胸がたかぶりコーフンしたことを覚えています。自転車でたどり着いた河原や河口の砂浜で顔をあわせた友だちも一様に興奮ぎみだったように思います。おいおい、あと1ヶ月半もあるぞ!なにして遊ぶ!?どーするよ!ってなかんじです。そう、梅雨なんかあけてもうすっかり夏だったハズです。あれは7月中旬。あーいつになったら夏がくるのでしょう。
しかし、単純な自分は梅雨空の下でも蝉の声とベトつく蒸し暑さと缶ビールで「コレはナツだ!」とすっかり夏気分を手に入れたのでした。ステージではイナタイにも程があるエディ・クリアウォーターがドサクサに熱演中。10年少し前にクロコダイルで観たのですが、あれから年月を経て~個性であり武器でもあるイナタサに年輪という凄みが加味されパワーアップしています。思わず苦笑するようなコテコテ具合。でもなんか感動的です。夜毎シカゴのサウスサイドのクラブで繰り広げられているであろうブルースギグ。こういう「コンサート」に出てもその香りはプンプン漂ってきます。笑顔で最後まで楽しみました。以前聴いたときよりずっとずっと良かったです!
そしてメインアクトはオーティス・クレイ。満足させてくれました。胸が熱くなりました。本人も徐々に熱くなってきたようでしっかりと僕にも伝染しました。これまで機会がありながらライヴを逃していたので初クレイでありました。そして当然、初ナマ『Trying To Live Mylife Without You』。いやぁやっぱり聴けて本当に嬉しかったです。正に必殺の名曲。何度も来日していても初めて来た人はやっぱり待っているのです。いやぁオーティス・クレイ、イイなぁ。
アメリカで、決して大スターとはいえない存在であろうオーティス・クレイ。以前から人気の高い日本への思い入れを感じるステージングでした。勿論もっと凄いクレイを観たという人がいっぱいいるのかもしれませんが、いいのです。だって今日しか観てないのですから。若干短めのステージで、かつクレイ・ショウとして完結するのではなくそのままアンコールセッションに突入してしまったので、もっともっと!感がなかったワケではないですが、それはそれ。
そのアンコールセッションも楽しかったです。思わず最後だけはスルスルと前までいってこっそりと通路で観てました。オーティスに手ぇ振ってしもうた!気づくわけないけど(笑)ステージ上のスタッフ、関係者も楽しそうで良かった。こうでなきゃね。『Knock On Wood』という一見ベタな選曲もマッチしてて良かったと思いました。21回目のブルースカーニバル、大半に参加したというほどではないのですが、今までの記憶の中でもかなり良い方だったと思います。久しぶりにココロから楽しめました。ああ、また来年も野音に来ようかな、と思わされたものです。帰りのお客さんの列からも口々に「楽しかったぁ」「感激したよ」や「かなり、良かったんだけどぉー」などの声が聞かれました。
よーし9月10日のローリーロールバンドも絶対いいコンサートにするぞ!と意を強くしたものであります。Ecchief2
Otis
060723_175601

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・ワルツのローリークックのLIVEを開催

2006-07-21 | ローリー/The Waltz
既にトップページで告知しておりますが、来る9月10日
この島国最高のミュージシャン!バイユーゲイト絶対的イチ押し!ザ・ワルツのローリークックがオキナワからやってきます。
まず、来週。7/29にこっそりと?バイユーに出演が決まっていたのですが、すぐに完売してしまいました。お断りしたお客さま、本当にすいませんでした。
~そして!!来る9月10日(日)に原宿ルイードで
バイユーゲイト主催のローリークックLIVEを行うことが決定いたしました。今回はバンドスタイルの演奏も聴けます!まだローリーさんのライヴを未体験という方はこの機会に是非!!

ローリー/ワルツにつきましては~当ブログでの長期連載ライヴレヴュー等で、バイユーの熱烈な応援ぶりを御存知の方も多いかと思います。
でも、未体験の方!と・に・か・く、足をお運び下さい。動かなけりゃぁなんにも始まりません。何ごとも押しつけっていうのはいけませんが、時には押しつけも必要なのです。
私としましては、最低年に1回は東京でワンマンライヴを開催し続けたい、観たいなと強く思っております。なんといっても何より自分が一番楽しみにしているのです♪
9/10は原宿でお会いしましょう!よーし最前列で観るぞぉ!……まぁ(笑)それくらいの気持ちでってコトで。

2006年9月10日(日)  原宿ルイード
ローリー・クック / ローリーロールバンド
open 18:30 start 19:00 前売 ¥3500 当日 ¥4000
原宿ルイード 03-3403-0123 http://www.ruido.org/harajuku/
★チケット販売:ローソンチケット、原宿ルイード、
バイユーゲイト店頭(18:00~)&HP(メールでお申し込み下さい)にて前売券を発売いたします。
是非是非よろしくお願いいたします。Jpeg

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温度差攻撃

2006-07-20 | 日記・エッセイ・コラム
ようやく、暑さに対応した体調になってきたと思ったら、いきなりの10度近くもの気温急降下。
みなさんいかがおすごしでしょうか?身体はこうやって気温差に鍛えられて強くなってゆくのです…と言いたいところなのですが、やはりコレはあんまりだ。寒いなぁと感じるここ2、3日です。
なのに昨夜は裸足に島ゾーリの方々が御来店。流石!でもひとりは長袖だったな(笑)なかなかに楽しい夜でした。

明日また紹介しますがバイユートップページ
http://bayougate.voxx.jp/
や、スケジュール欄にはいろいろと情報がアップされています。是非御覧下さい。0751_b_1


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

先週の金曜日は

2006-07-18 | ライヴ報告
先週の金曜日は沖縄からやってきた知念良吉さんのライヴでした。
「うん、どうしようかな?」とすこし考えてマイク使用の知念さん。
ゆったりとそして熱く歌って下さいました。リラックスして楽しむお客さんも含めて、なかなかに素敵な夏の一日だったように思います。
これからも時々は歌いにきてくれるとのことなので、
今回いらっしゃれなかった方も是非また機会があれば!と思います。
本格的な夏まであと少し、で身構えているところです。
夏生まれなので暑いの大好きです!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/14、金曜日は知念良吉LIVEです!

2006-07-12 | イヴェント案内
トップページでお知らせしているように明後日、7/14金曜日は
沖縄の誇るブルージィなシンガーソングライター『知念良吉』さんがバイユーにやってきます。
素朴な手触りと力強さを併せ持つ歌の数々は聴きごたえ十分。久々のアルバム発売を間近に控え全国ツアー中です。
シンプルで、そして強くて、あたたかいLIVEを楽しみにしています。

おそらく今日より暑いであろう週末の夜を是非、知念さんの歌とともにお過ごし下さい!

※今回は土曜日ではなく金曜日のライヴです!Photo_12

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日から~

2006-07-12 | 日記・エッセイ・コラム
身体が重いような気がします。日曜日は高知県人な?宴会がバイユーで行われました。二胡の演奏もあり、あたたかな雰囲気の集いでした。来店された中に6歳の誕生日の男の子がいて「ハッピィバースディ♪」の一幕も。みなさん御来店ありがとうございました。
その後は、深夜の「アレ」です。

延長~PKというのは観るほうも体力がいります。それが原因か、「あ~あ、終わってしまった」という脱力感ゆえか。
なんか身体の芯が重いような気が。。。ま、イイ具合に暑くなってきたことだし気のせいと思う事にして働く事にします。
御来店お待ちしております。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リ、リアル 2

2006-07-08 | 日記・エッセイ・コラム
これまた諜報部員からの情報。
そう、タイトルでピン!ときた方もいらっしゃるハズ。お待たせしました。
例の案山子。続報です。
高知県西部、大正町から西土佐村までの調査報告です。まずは「前回紹介したモノが梅雨バージョンに衣替え」の図です。芸が細かい!
次は… リアル~♪凄いねやぁ。なんといっても2本足が決め手です。

そして!最後です。2枚組。とにかく堪能して下さい&感じて下さい。ああ、バイユーブログを覗いて良かった…と。
芸が細かいという次元を超えています。恐怖さえ感じます。…なんでこんな所に案山子さんが必要なのでしょう??
深夜、車のヘッドライトに浮かび上がったら。。。ひぇ~。
何故、マイク。何故、傘。…リアルを超えたリアル。
ちなみにこのマイクは、制作者一族のおじーさんがカラオケに使っていたものだそうです(新しいモノを購入したため案山子用に)。

この一連の報告で頭に浮かんだのは、西アフリカはガーナの派手な棺桶。ガーナでは故人の仕事や経歴、嗜好にちなんだカラフル?棺桶が作られます。車の型の棺桶。ビール瓶型の棺桶。素晴らしき職人技にクラクラします。
それはまさに香り立つ「文化」なのです。

そして我が、高知県西部にもこんな素晴らしい案山子文化が息づいているのです。素晴らしい♪VIVA KAKASHI!
諜報部員に感謝。

Kakasi_21

Kakasi_24
Kakasi_25
Kakasi_26
1_1
2_2


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

高知新聞HPを見逃すな!!

2006-07-07 | 芸能ネタ
諜報部員からこんな情報をゲット!(写真参照)
つ、ついに県外でも『きんこん』の新作が!
日曜日更新??
今見られる、WEB版第1回を覗くと…。なんと高知新聞HPの真ン中一番上に「よしきおじいちゃん」と「くにえおばーちゃん」が!いやぁ、手ぇ振りゆう!!クリック、クリック♪ふむふむ…「桃太郎は鬼をこじゃんとはりまわして…」お!右側には日本語訳が…。やるねやぁ(ニヤリ)
なんとあさってには新作が読めるようです。高新HPにブックマークですねー。http://www.kochinews.co.jp/
で、ついでに新聞記事もチェック。
「須崎市名物アマバンドコンサート存続危機」?こりゃいかん。そういう伝統的ながぁは続けな。「県内外のアマバンド13組が参加したコンサート「STEP ON SUSAKI」~」お、須崎だけじゃないがか?県外も?やるねやぁ。「今年で10回目の恒例イベントだが、聴衆が少ないのが悩み。来年以降の開催が危ぶまれる中…」そうかぁ10回かぁ大事な時期やねぇ。けんどちょっとばぁお客が少のうても、ここで踏ん張らんと…ほう、964人収容の大ホール?須崎、凄いねやぁ。
「聴衆は1日通して150?200人訪れるが、お目当てのバンドを聞けば帰ってしまうので、常時会場にいるのはわずかに20人程度。」ええ~!?964人の会場に20人!!こりゃいかんぞ。
さすがに主催者は萎えるかも。出演料を出し合って金銭的にはなんとかやりゆうみたいなけんど、アマバンドこそお金より人に聴いてもらいたいもんなぁ。。。今年は入場無料やったそうなに…。
「熱演に耳を傾ける聴衆はまばらだったが、出演者は「須崎最高!」と楽しそうに演奏。最後にはアンコールの声も出て盛り上がった。」ムムム。
10回続けるということは相当なことです。地元でお仕事ぬき、手作りでアマバンドが楽しむ場を作っていこうという試みの大変さが伝わってきます。なんとか頑張って欲しいものです。この報道をきっかけにして好転してくれることを願います。
 【写真説明】聴衆はまばらだったが、各バンドが熱い演奏を披露した(須崎市の市民文化会館)…高新、載せるなや。
060701_090901_2
060707_1


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加