YALIN note

MAS/AN 増岡設計室 @入間市
住宅設計やリフォーム・家具のことまで、
気楽にご相談下さい。

いよいよ新学期

2007-03-31 | 子育て
来週は、娘の新学期が始まります。
今度は「ひまわり組」になります。

2週間前には、娘が3日間連続で高熱を出して、
大量に吐いたりしていて、かなり大変でした。
ようやく治ったと思ったら、
今週の水曜日に、また軽い風邪を引いてしまいました。
先月から仕事が忙しいのに、彼女が風邪を引くと、
仕事ができなくなるのが悩みです。
看病して、夜寝かせてからまた仕事をするというパターンが続いていて、
かなり体力が限界に近いです。

今日は、娘の新学期に新しく用意しなければならないものを思い出しました。
慌てて、急遽ミシンを出して、色々と作り始めました。
給食袋・ナプキン(3~4セット)
と買ってきたタオルに名前入りの刺繍を付けました。

娘が大好きなミフィ-ちゃんの柄で作った給食袋とナプキン。
裏に麻布の生地、両面とも使えるようにしました。

こちらのオリジナルな刺繍はネットで見つけた「ネオ・ジャパン」に頼んだものです。
沢山可愛い模様から選べて、自分のオリジナルネームを作られます。
とてもキュートなてんとう虫を選びました。♪
コメント (4)

国立故宮博物院の南部分院

2007-03-22 | 住まい・建築・仕事
今月末から国立故宮博物院の南部分院の建設工事が嘉義県太保市で始まるそうです。
今年中は、敷地の整理や基礎工事。
2008年から建物の建設をし、2011年6月のオープンを目指す予定だそうです。
南部分院はアジアをテーマにした内容で、現在の収蔵品に加えて新たにアジアの美術品を購入する予定。
この分院の設計者は、国際公開コンペで優勝したアメリカの建築家Antoine Predock氏です。

写真は国立故宮博物館からのものです。
Antoine Predock氏が提案したのは、
故宮南部分院の空間経験と沢山の物語りの軸線とを共存させ、来館者がその空間と時間を体験すること。
アジアの芸術・文化・歴史と空間が来館者の目の前に、巻軸のようにゆっくりと展開していくという計画だそうです。

訪ねたい所がまだ増えました。♪
南部分院は実家から車で1時間半ほどかかりますが、
4年後のオープンがとても楽しみです。
コメント

手作りパンと焼き菓子のお店 みかんの木

2007-03-20 | グルメ・料理
ある日の新聞チラシに気になる店「みかんの木」を発見!
なぜかこんな時、いつもワクワクな気持ちになるのが私だけでしょうか?
いったん気になると、いつか行ってみたくなります。
先週の日曜日に、ちょうど同じ方向のオートバックスに行ったので、
足を延ばして寄ってみることにしました。

とても素敵でアットホーム感たっぷりな外観です。
この店は去年4月にオーナーの自宅を一部改装して、オープンしたこだわりがある店です。
外観も素敵ですが、
こじんまりとした店内もとても可愛らしく、色々な飾りがあります。
美味しそうなパンと焼き菓子以外に、ピアノも置かれています。
美味しそうなパンは厳選された素材を使って、溶岩窯で焼き上げたもので、手作りに対してかなりこだわっているように見えます。
この日は色々と買いました。♪
・山型食パン    230円
・メロンパン     110円
・あずきバー     100円
・チーズデニッシュ  60円

3日間経っても、山型食パンはまだもちもちで、美味しいです。
このような美味しい手作りパン屋さんが家の近くにあるといいな~。
コメント (2)

台湾新幹線

2007-03-19 | 台湾情報
最近、台湾新幹線の話題があちこちで目に入ってきます。
まだトラブルが続出している台湾新幹線ですが、
私は個人的に、ひそかに応援しています。頑張って欲しい~です。

今まで台南に帰る時は、いつも高雄直行の飛行機に乗るか、
桃園国際空港内で2時間以上待ち、
高雄への飛行機に乗換えをしてきましたが、
とても時間が長く感じます。
台北、台南間は近いのに、なぜかとても遠く感じてしまいます。

来月、台湾へ里帰りしますが、
台南への近道はもはや新幹線ではないかと思います。
台湾新幹線のHPを調べたら、桃園高鐵駅で新幹線に乗れば、
台南までの時間は飛行機より短くなります。
これは、とても便利だなと思いました。

有力情報:
・今月20日から台湾新幹線は電話予約ができるようになるそうです。
 ・Tel no. : 886-2-4066-5678/ 886-2-6626-8000(中国語のみ?)
・来月からネット予約できるそうです。期待できそう!♪
・HPでは、日本語(HPの右上側)もありますが、
 中文版(繁体中国語)の方が情報が多いです。
 例えば:各駅の平面図・交通情報・周辺地図・バス情報などの情報が見られます。
各駅の虛擬導覽 Virtual Tour も見られます。(繁体中国語のみ)

高鐵桃園站(繁体中国語)
から台湾各地へのアクセスが便利になると思います。
ぜひ、利用してみて下さい。


追伸事項:
統聯客運HP:
桃園空港での統聯客運バスの乗り場
統聯客運の時刻表(桃園空港-高鐵桃園駅)
 約20分かかります。
・運賃は大人:NT$20元 / 子供:NT$10元
コメント (2)

Grand Canyon Skywalk-空中散歩

2007-03-11 | 住まい・建築・仕事
先日、アメリカ留学中の後輩aiyさんが書いていた記事にとても興味があり、
ちょうど2~3日前にニュース番組でも紹介されたので、調べてみました。

アメリカの国立公園で世界遺産にもなっているグランドキャニオンパックに新しく設置された上空1200mの空中散歩を体験できるグランドキャニオンスカイウォークです。

写真はGizmodoサイトに掲載されているものです。
こちらのサイトで、製作途中の様子の写真も見られます。

グランドキャニオンの絶壁に片持ち梁の展望橋

凄いキャンティです。凄すぎる~。なかなかスゴイ発想ですね。
全長21mで、グランドキャニオンが見えるように、手すりと回廊をガラスにしているようです。
しかし、高所恐怖症でない私ても怖く感じます。
浸食を受けやすい石灰岩の岩盤の風化で、このSkywalkは何年持つだろう?と言う心配もあるようですが…。
暫くアメリカに行く予定がないのですが、
機会があれば、1度は訪ねてみたいです。


グランドキャニオンパック
のMAP:



ほかの景色も広大で美しい~です。
コメント (2)

生活発表会・お別れ遠足

2007-03-09 | 子育て
最近は猫の手も借りたいくらい仕事が忙しくて、
毎日図面に追われています。
1日で48時間がほしい~!
ゆっくりブログをアップするヒマがないので、どうもすみません。
とりあえず、娘の写真をどうぞ~。

保育園での生活発表会での様子。
泣かずに「ワニのお手遊び」を楽しんでいたようです。

あと1ヶ月で新しいクラスに変わるので、
保育園で色々なイベントが行われています。
8日に初めてのお別れ遠足が行われ、
朝からお弁当を作ってみました。
見せるのがちょっと恥ずかしいですが、
記録として写真を入れてみました。
先生の話によると、最初に嬉しそうに食べたのですが、
ほかの子のお弁当にも気になっていて、なかなか進まなく、
結局おにぎり1個、大好きなソーセージ・玉子焼きと
みかんだけ食べて、おかずを残してしまいました。
これからは新学期に向かってナプキンと給食袋を作らなくちゃ~。
コメント (5)

桃の節句 03

2007-03-03 | 子育て
ダーリンの実家で飾った雛人形とお菓子です。
六角形のお菓子入れの箱は去年の初節句に作ったものです。

今日の午前中は、娘の保育園で生活発表会が行われていたため、
パタパタしていて、夕方からしか料理の準備ができませんでした。
ですから、今回は簡単スピ-ディ-なものばかりです。

生協のレシピで作った桜もちです。とても簡単でした!
この方法なら、素人な私でも美味しく作れます!
・生協のレシピ(15個)はこちら:
1) 耐熱ボウルに道明寺粉(150g)を入れ、かき混ぜながら
  水225ccを合わせる。                     
2) 全体がしっとりしたらラップをして、電子レンジで4分半 
  ~5分加熱する。ラップを外し、濡らしたペーパータオル
   をかけ、10分蒸らす。                     
3) 砂糖(大さじ2.5)を加えて混ぜ、二等分してラップ包み、
  転がしながら棒状にまとめる。1本で7~8等分に切る。
4) 手水をつけながら広げて15gずつ丸めたつぶあん玉 
  を包み、小判型にする。                  
  軽く洗って水けをきった桜の葉に包むと、出来上がり!

こちらも生協のレシピで牛乳パックを利用した
型で作った雛祭りずしです。
残念なことは、娘がいくらに目を奪われ、
いくら以外のものは全然口に入れてくれなかったことです。
コメント (3)

桃の節句 02

2007-03-01 | 子育て
嬉しいお届けがありました。
桃の節句が近づくと、Yさんから娘への贈り物が送られてきます。

ほら~、美味しそうな桃のカステラです。
去年いただいた時、今までこのようなカステラを見たことがなかったので、
とても感動したのを覚えています
長崎の松翁軒で作られた「桃の節句」のためのカステラです。
節句には早いけれど、朝食に娘と一緒にいただきました。♪

Yさんはうちの娘だけではなく、
知合いの女の子たちにも送っているそうです。
それを聞き、大変だなぁと恐縮に思いました。
Yさんへ:
毎年、送って下さって、本当にありがとうございます。
コメント (4)