YALIN note

MAS/AN 増岡設計室 @入間市
住宅設計やリフォーム・家具のことまで、
気楽にご相談下さい。

佐野の家02 基本設計01

2014-08-31 | ・ 2014 佐野の家

8/29(金)、1回目の基本設計の打合せを行いました。
色々と事情があり、随分お待たせしてしまいました。
待っていただいたHさん夫妻には大変感謝しております。

そして、下記のようなコメントを頂き、大変嬉しく思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『平面図を拝見して素直な気持ちの良い空間に嬉しく、
またグッと現実的な感覚を抱くようになってきました。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大筋のところ、気に入っていただけたようで安心しました。
これから少し調整をして、また打合せをしていきたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。


ここで、私たちのスタンスについて、少しお話ししたいと思います。
基本設計の段階では、私たちが提案したプランに対して、
クライアントさんからご意見をいただいて、
納得して頂くまでプランを修正していきます。
その後、模型を作り、
最終的な基本設計の承認をいただきます。

すんなり2~3回でプランが決まる人もいれば、
なかなか決まらない人も居ます。
重要なのは、クライアントさんが本音を打ち明けてくれて、
お互い正直に話し合えること。
打合せの時に”いいね”と言って下さったので
そのまま進めていたら、
あとで実はイメージと違うと言われた事もありましたが、
お互いに時間と労力が無駄になってしまいます。

よい家を作るには、私たちや工務店さんの力だけではなく、
クライアントさんの協力が必要となります。
家が完成してからも、その後のメンテも含めて一生のお付き合いになります。
一緒に、住みやすく快適な家を作っていきたいと考えています。

コメント

澎湖之旅-七美

2014-08-25 | 台湾情報


七美的双心石滬
美しい~!


双心石滬とは、昔の人が玄武岩と珊瑚礁を利用した伝統的な石垣で、
これに魚を陥れて捕獲するそうです。

行った人の話によると、みなさんはだいだい船酔いになり、
大変の思い出になったので、
出発の30分前に事前に船酔いの薬を飲みました。
今回は思ったより穏やかな海だったので、船酔いしませんでしたが
逆に、南海の旅で七美から望安、そして、澎湖までの船旅には、爆睡でした。

でも綺麗な双心石滬が見られてよかったです。

潮が引いたあとの双心石滬も見たかったです。
ホテルによると朝に出発する船しかないようです。
今度はもっと調べてから行こうと思います。

コメント

恆春の旅02

2014-08-22 | 台湾情報

今回の目的は台南家専的同級生に会いに行くこと。
友人の店『白羊道』は有機米を使って、手作りのお餅を売っています。


入口の看板と招き猫?


店の様子。とてもシンプルな内装。
店内の内装や家具はすべて彼女と彼女のパートナーが作ったそうです。




庭で栽培したハーブティはとても爽やかな味でした。


手作りの釜で薪を焚いて、お餅を作るそうです。
その方が餅の本来の味がして、モチモチになると友人が言っていました。


この床のタイルも彼女たちの施工!


住まいの台所。
かなり素朴な生活にビックリです!
2人は自然が大好きで、なるべく自然な環境で生活したいのだそうです。
家にある家具や棚・台所などは自分の手で作りたいそうです。
このような生活はなかなか真似できません!


台所から庭への眺めは、うっとりします。


普通の古い建物から風緒がある家に、自分たちで改修した
彼女たちのエネルギーに感心しました。


こちらも手作りのトイレです。


植物もよく育っていて、とてもいい雰囲気でした。




庭には沢山のハーブや果実の木が植えられています。


睡蓮。


なんとバナナもあります。
たくさん実っています。


釋迦(シーチャー)=バンレイシというフルーツの木を見るのは初めてです。
凄い~!


彼女の手作りのお餅。
有機の紫黒米や赤もち米・玄米など農薬を使わないものを使用。
とてもモチモチで美味しかったです。

彼女は店があるときには毎朝5時に起き、仕込みをして、午後1時~午後6時まで販売。
売り切れたら、閉店するというスタイル。
每週の火曜、水曜、木曜が定休日だそうです。



野生の愛玉で作った愛玉もご馳走されました。


ダーリンと娘は長すぎて退屈していたけれど、
私たちはとても忙しそうな彼女と3時間ほどお話が出来できて、
本当に来てよかったです。


十数匹の野良猫も世話するとても優しい店主です。


帰りには、綺麗な夕日が見られました。

しかし、台南から片道で3時間以上かかって、
友人の店で3時間、帰りにも3時間ほどかかり、
結構疲れました。
ダーリンは車で爆睡していました。
今度は1泊して、ゆっくりしたいと思います。

白羊道 柴燒麻糬 (原穀色榖香)
屏東縣恆春鎮中山路188號
:08-8899992
    0960-100260

コメント

恆春の旅01

2014-08-22 | 台湾情報

台南家政専科学校の同級生の一人が、
恆春で店を開いていると聞いたので、別の同級生たちと訪ねました。
友人の車(10人乗りワゴン)に乗り合わせて南下。
彼女の店は映画のロケ地『海角七號』の街にあるので、
ロケ地も観光してきました。

その前に友人たちがお薦めの恆春で魯肉飯がおいしい店『董娘の店』へ案内してもらいました。

この店は大変大人気で、店に着いた頃には、結構並んでいました。


店の住所:恆南路2巷22號。


店のオーナー『董娘』。
ちょっと変わった方で、
気に入らないお客さんが居れば帰ってもらうとか、
1回注文をしたら追加注文はできないとか、
注文した食べ物を残してはならないとか、
食後は必ず『冷熱氷(熱い具の上に冷たいカキ氷という珍しいもの)』を注文することとか、
品物が無くなったらお客さんに帰って貰うなどなど・・・
いろいろと注意ごとがあります。(^_^;)

私たちは、最後から2番目の客で、ギリギリセーフでなんとかいれてもらいました。


メニュー。
よくわからないので、友人に任せました。


海藻とタマネギのサラダ。(恆春の名産がタマネギそうです)


濃厚なゴマ豆腐。
これは食べたことのない食感。
モチモチした食感にゴマの風味がとても濃厚で、美味しかったです。
持ち帰り用にも2つ頼みました。(NT$100元/1個)


茹でキャベツ。


名物の魯肉飯。
これも美味しかったです。


こちらは『冷熱氷』。
下は熱い具で、上に冷たいカキ氷を乗せて、更に黒糖の蜜を掛けます。
とても珍しいカキ氷です。
密はサラサラのものではなく、キャラメルのような感じです。

『董娘の店』で満腹になってから、次に向かいました。


海角七號』の『阿嘉的家』のロケ地。


入口とポスト。
家に入るには、入場料が必要なのですが、
時間がないので、パスしました。


もう一つ、映画にも出てきた『西門』。
とても狭くて、低い門でした。

ほかにもロケ地が沢山がありますが、
今回の目的ではないので、また次回の機会に!

コメント

高雄市林園區の普願寺へ

2014-08-20 | 台湾情報



お盆の法要のため、『高雄市林園區の普願寺』へ。
ここは、実家の母が小さいな頃から親しみがある尼寺です。
私も小さな頃からよく連れてこられたお寺なので懐かしいです。
父と母方の祖母を納骨しているのでお線香を上げました。


母がこちらの尼寺で2泊3日の法要に参加したのですが、
娘は朝から晩までのお経を唱えるのは難しいので、
私たちは昼まで参加して、バス・電車で実家に戻りました。

メモ:尼寺から高雄への経路
帰りは港都客運の紅3で高雄のMRT小港駅まで行って、
MRTで電車に乗り換えれば、台南に戻れるのが分かりました。

MRT小港駅から3つ先の『夢時代駅』に降り、
夢時代OPEN PLAZAへちょっと寄り道をして
OPENちゃんの名前シールを作ってきました。

コメント

台南水仙宮市場の阿松割包

2014-08-17 | ・ 台南情報


朝ご飯は阿松割包で美味しい割包を買ってきました。
『割包』とは、半円形の蒸し饅頭を真ん中割り、豚肉と高菜を挟んだ
中華風のハンバーガーです。


豚バラ肉の「普通包/2個70元」を2つと
豚の舌の「猪舌包(豚のタン)/2個 90元」1つを買って帰りました。

豚肉は紅麹と漢方でじっくり煮込まれたそうですが、あまり味がしないと気がします。
高菜の酸味が効いていて、
ピーナッツのソースが絶妙で割包の味を美味しく感じます。


こちらの豚のタンがとても美味しかったです。



【阿松割包】
住所:台南市中西区國華街三段181號
電話:06-211-0453
営業時間:8:00-18:00(なくなり次第終了)
定休日:木曜

コメント

上海好味道小籠湯包へ

2014-08-16 | ・ 台南情報


娘が小籠包を食べたいので、同窓会のあと、
去年母と妹と一緒に行った『上海好味道小籠湯包』へ連れて行きました。
8個でNT$85元、台北の有名な鼎泰豊の値段の1/3ぐらい。
味もおいしいので、お腹いっぱい食べられます。


自分で店の冷蔵庫から小菜(=小皿のつまみ)を取り出して、
自分のテーブルまで持って行けば、店員さんが伝票に記録してくれます。

ダーリンが来たら、また行きたいと思います。

コメント

25年ぶりの同窓会@台南

2014-08-16 | 台湾情報


台湾に帰ってきてから、3回目の家専同窓会。
台北に2回ぐらい同窓会をやりました。

今回は台南の同級生と愉しい時間を満喫しました。
6時間以上喋っても、物足りないほどでした。
次回は台中の友人と会うと約束したり、
友人たちが恆春にいる友人を会いに行こうと誘ったりして、
北から南まで行くたびに会ってくれる
25年間の友情に感謝!

コメント

台湾の新幹線の切符売り場

2014-08-11 | 台湾情報


いつも窓口で台湾の新幹線の切符を購入していましたが、
今回はかなり並ばないといけないので、切符売り場で
初めてカードを使える切符売り場を買ってみることにしました。
意外と簡単でした。


最初、画面をタッチすると、画面の通りに従って情報を入力していけばよいです。


一番上は自由席の一般切符(今日限り使用)
二番目は、グリーン車・普通車両の一般切符。


発着駅を選ぶ。


乗車日を選ぶ。


乗車の時刻に乗りたい車両(普通車両、グリーン車)を選ぶ。
標準車廂=普通車両
商務車廂=グリーン車


必要枚数を選択して、すべての情報を確認すること。


支払う方法を選ぶ。
信用卡=クレジットカード
金融卡=台湾国内用のデビットカード


右下に光ってる緑色の場所にカードを入れて、指示に従って入力すれば、
切符が出てくる。

詳細の情報について、HPでご確認下さい。
今度、チャレンジしてみて下さい。

コメント

士林夜市

2014-08-09 | 住まい・建築・仕事


娘の幼稚園の友人家族が台湾へ遊びに来ました。
Iさんたちは台湾に行くのが初めてなので、1日半ほどツアーに参加したけれど、
初日の夜に私が士林夜市へ案内しました。

士林夜市は去年以来なので、去年友人が案内してもらったところに案内した。
有名な夜市の屋台へ行ったけれど、みなさんがかなり寝不足なようで、
あまり食欲がなくて、軽く食事をしたあと、
近くにあるカギ氷屋さんでカギ氷を満喫しました。
有名なところではないけれど、満足して頂いたので、よかったです。

コメント

台湾版のキッザニア-BabyBossへ

2014-08-08 | 台湾情報

台北の3日目に、妹家族と一緒に台北のBabyBossへ行きました。


台北の京華城にある『Baby Boss』の規模はそんなに大きくなくて、
それぞれの職業体験に人数制限があります。
うまく計画しないと、かなり待つことになります。
夏休みということもあり、ちょうど台北の安親班(塾のようなところ)のグループが多くて、
体験したい職業へ行くと、あっという間に人数がいっぱいになってしまいました。


まず、娘が体験したかったのは、考古學家の考古洞窟掘りです。


大人が中に入れないので、途切れ途切れのモニタを通して、
子供の様子を見ることができます。
中国語がまったくわからない娘は、
従妹(itoko)の動きをまねして、行動したそうです。


観光ホテルの体験もあったり、


赤ちゃんの世話をするナースの職業もあります。


次は、警察の仕事を体験したかった娘は、今度1人でのチャレンジ。
交通安全を整理するという体験をしたけれど、
まったく説明がわからなかったようです。


その後は、従妹たちと一緒にファッションデザインの体験をしてきた。
洋服の穴にうまくヒモを通して、リボンを付けてあげたり、
気に入りのマフラーと帽子を選んで、ファッションを完成させる。


昼を挟んで、アクセサリーの製作を体験した。
作ったものを持って帰らないので、子供たちが残念がっていた。
午後3時前に、BabyBossをあとにした。
初めての体験だらけので、とても楽しかったそうです。

日本でどこにも連れてあげられなかったので、
よい夏休みの思い出になって、よかったです。

コメント

里帰り

2014-08-06 | 台湾情報


1年ぶりの里帰り。
今回はちょっと長めの休みを頂きました。

コメント

所沢の家Ⅱ06 実施設計の打合せ

2014-08-02 | ・ 2014 所沢の家Ⅱ

今日は、『所沢の家Ⅱ』の実施設計の打合せがありました。
図面はまだ8割ほどしか出来ていないのですが、
クライアントさんも忙しい方なので、
事前に確認したい部分のみ打合せを行いました。
変更したことがあれば、検討していただいて、
最終調整していきます。
図面が70枚以上になるので、打合せも大変。
さらに見積もりの調整も出てくると思いますので、
図面の訂正も出てくると思います。
これもかなりエネルギーのかかる作業であります。
しかし、クライアントさんの夢を実現するためには、
この作業がとても重要です。
クライアントさんとのやりとりがなければ、
前に進むことができまません。
いつも私たちの設計スタンスを理解して下さる
クライアントさんたちに感謝しています。

コメント