柚子の里で

囲炉裏民宿“柚子の里和三郎”のブログ

暑さ寒さも・・

2018年09月20日 04時48分36秒 | 日記

徳島県海部郡海陽町吉野にて

猛暑だとか言われていても

この時期になると彼岸花が咲く

たんぼの畦などに、いっぱい咲いている

昨日の夕方から降り出した小雨は

今朝も、しとしと降っています

ピンポイント天気予報をチェックすると、夕方まで降り続くようです

最高気温は、26.6℃

山間部の我村だと、24℃くらいかもしれません

昨日、風鈴を仕舞いました

コメント

半田素麺

2018年09月19日 19時27分08秒 | グルメ

半田素麺と占地茸と滑子と恵稟木のちゃんぷる

半田素麺は、旧半田町(つるぎ町になった)で作られている徳島県人のソウルフードです

ふつうの素麺よりも太く、さぬきうどんのようなこしがあります

半田素麺を茹でている間に

フライパンに多めにオリーブオイルを敷いて

鷹の爪と葱を弱火で炒めておきます

素麺の茹であがる前に、きのこ類も笊で茹でて

フライパンに移しておく

茹であがった半田素麺を水洗いしてから湯通しし

茸類と炒める

味醂を少し加えて、塩と淡口醤油で味を加減する

器に盛って、さらに葱を盛る

味醂は、旨味調味料のようなもの

甘みを感じないくらいの少量の甘みを

舌は、旨味と勘違いします

コメント (2)

続・土佐日記

2018年09月19日 04時29分52秒 | 日記

高知県室戸市佐喜浜町にて 9月14日

ハイビスカスにナガサキアゲハがとまっています

モンキアゲハもいたのですが、逃げられてしまった

ナガサキアゲハは、シーボルトが、長崎で採集したからナガサキアゲハなのだそうです

南方系の蝶で、そのころは、本州や四国にいなかったらしい

私の子供のころには、すでにいました

温暖化で勢力を拡大して

今では、北関東にもいるそうです

今朝は、寒くて目が覚めました

網戸にして寝ていたのですが、硝子戸を閉めた

昨夜は、曇っていましたが

今朝は、たくさんの星が見えています

コメント (2)

戻り鰹

2018年09月18日 17時21分36秒 | グルメ

生利節と秋茄子と占地茸の伽哩

生利節がたくさん売られていたので買ってきた

どうやら、戻り鰹の季節になったようだ

生利節は、鰹が大漁で、安い時にたくさん作られる

鰹をおろして、蒸して干したものだが

蒸気の蒸発するくらいしか干してない柔らかいものから

保存性の高い、よく干されて硬いものまである

写真のは、柔らかいタイプのもの

生利節250g 玉葱1ヶ 茄子2本 シメジ1パック 大蒜、生姜 スダチ1ヶ

ターメリック、コリアンダーパウダー、クミンシード各小匙1 カイエンペッパー小匙1/2 カルダモンパウダー小匙1/3

酒、出汁、野菜ジュース各90cc マーマレード大匙2 塩、ブラックペッパー、醤油適量

玉葱は、半分は薄切り、半分はみじん切りにします

生利節は、毛抜きで骨を取り除いて、大まかに切っておく

中華鍋にやや多めの油を入れて、クミンシードを炒める

シュワシュワ泡の出るくらいの火力で、焦がさないようにする

香りがたってきたら、生姜とニンニクの微塵切りを加えて炒め

火力を強めて、玉葱を炒める

玉葱が透通ってきたら、生利節を加えて、かるく塩胡椒をし

潰しながら炒める

いったん火を止めて、ターメリック、コリアンダー、カイエン、カルダモンを加え

弱めの火力で、香りのたつまで炒める

酒、出汁、野菜ジュースを加えて火を強め、マーマレードを加える

シメジを加えて、好みの濃度まで煮汁を詰め

塩と醤油で味を加減する

茄子を切って素揚げして加える

火を止める前に、スダチを搾る

味加減は、塩っぽいよりも醤油っぽい味の方が美味しい

また、スダチは、時間がたつと香りが無くなってしまうので

食べる直前に搾る

クミンシードを炒めはじめてから20~25分くらいで完成します

カレーは、煮込みすぎると、香辛料の香りがなくなって、不味くなる

写真は8寸皿

このくらいの分量で3皿分になる

コメント (2)

芙蓉咲くころ

2018年09月18日 11時34分08秒 | 日記

早朝までは曇っていましたが、少し晴れ間が出てきました

庭の芙蓉に、ホシホウジャクのやってくる季節になりました

漢字だと

星蜂雀

蛾の仲間ですが

昔の人には、蜂か鳥に見えたのでしょう

ホバリングしてくれるので、わりと写真に撮りやすい

コメント