れみ嬢のチュッチュラGo!Go!!

毎日がグリーンツーリズム。そんな日々の生活をお届けします。

とうとう、おいらも “嫁っこ” 本格始動!!

2021年04月15日 23時57分02秒 | 嫁っこ
昨日、晴 では、種もみの種まきが行われますた

種まき前の2日前から、芽を出揃わせる催芽の作業の為 
では、2日間、一番最後のお風呂(30度くらい)に浸かっていただき

ようやく種まき。

おいらは、嫁ぐ前まで、全てにおいて“食べる専門” だった為
嫁いで初めて種まきをした時は、こんな風にして種を撒くんだ~~~ってくらいにしか思わなかったけれど
産直などでお会いする、米作りをしている先輩方と話をしていると
なんだか、晴 の米作りはちょっこし違う感じ。
で、最後に「大変だね~~」って言葉をかけられる。
おいらにしてみれば、何がどう大変なんだか だったけれど、
最近は、そんな種まきをしている農家は無いような米作りをしているらしい
(あくまでも、おいらは 晴 の米作りしか知らないので、“らしい” なんざます

言われてみれば、種まきの機械や、田植え機が故障すると
部品の在庫などが無い場合があるから大変だ、と晴ちゃんが言っていた気がするよ。
そんな令和のこの時代、今だ昭和の種まきを行っている晴
その種をパレットに撒く機械も
文化財に指定されてもいいくらいの代物。



パレットに床土を敷き


そこに、もみを敷き




その上に覆土をかける


たったこれだけの作業で、1年のうち使うのはたったの半日しかないけれど
この機械が故障すると、パレットへの種まきができないから、大変

今年も、順調にいきますように と願いながら、
自称、無形文化遺産の種まき開始
晴ちゃんが培土を丁度いい硬さ(湿り気)に混ぜ


おいらは苗床を作るパレットを箱から出し、


パレットが壊れていないかチェックし


セッティング


毎年、田植えの後にパレットを洗う際もチェックし、
仕舞う時もチェックしているのに、1年後、箱から出すと、いつの間にかまた壊れているんだよね

あとは、機械で順調にパレットが出来上がる予定だけれど、この機械はそう簡単にはいかず
あらゆる所で人の手が必要。
昨年までおばあちゃんが行っていた、
もみの入り具合をチェックし、少ない部分に瞬時にもみを入れていた作業を
今年からお義母さんが引き継ぎ。

こうやって、徐々に世代交代していくんだよね・・・・。

で、お義父さんは、出てきたパレットを受け取り


一時的に積み上げる作業


毎年のことだけれど、すんなり作業が進んだ試しがない
今回も、土がつまり、うまい具合に苗床が敷かれておらず、

(写真上側の同じ部分と比べてみると、一目瞭然)

ドライバーで土をとったり、コンプレッサーで土を飛ばしてみても上手くいかず


最後は分解して、水洗いして土を取りますた


午前中でパレットの種まきが終了予定だったけれど、今年も、午後まで持ち越し。
午後は午後で、種まきが終わったパレットを


今度はフォークリフトで使うパレットの上に並べ、十分に水をかけ


その上に新聞紙をかけ、水をかけ


再びパレットを並べる作業


これを1段1段繰り返し、パレット100枚分の山を作っていく。


この山を3.5個作るのに、2時間以上
腰も痛くなる作業ざます。
この上にブルーシートをかけて、約1週間後、畑にパレットを敷く作業を行います。
田植えの作業も大変だけれど、この1週間後の作業もほんと大変
(おいらは、現場監督に近いくらい、周りをウロチョロしているだけで終わりますが・・・)

昨日の種まき作業が始まると、おいらの“嫁っこ” シーズンが本格始動。
の収穫、発送作業が終わる年末まで、ノンストップざます





コメント

ハプニング続きの1日

2021年04月12日 23時06分12秒 | 日記
おいらが今朝がたみた夢は、
おいらが 運転していたら
後ろの車が無理な追い越しをかけてきて、その車が対向車と正面衝突し、
その事故に巻き込まれる夢
目覚めた直後から、疲れますた・・・・
なもんで、今日の産直出荷など、運転は特に気を付けて
で、今日は、出荷以外にも2か所用足しの場所があり、出荷後にまずは1件目に立ち寄り。
ちょうど空いていたようで、おいらが受付で用件を告げると
4番の番号札をもらい、すぐに指定されたカウンターへ。
「こちらの書類を記載してお待ちください」と言われ、記載していると
おいらの次に来た方が、隣のカウンターへ。
そのカウンターには、すぐに係の方が来て、
何やら面倒くさそうな、時間がかかりそうな用件を話し始めた声が聞こえてきますた。
で、おいらは言われた書類を書き終え、待っている間に
次のお客さんが来て、おいらの反対隣りのカウンターに座り、そちらも、係の方がすぐに来て対応開始。
おいらは・・・・・・
一体いつ、だれが来ることやら・・・と思い待っていると
また次のお客さんが来て、対応開始。
ん? ・・・・イライラ指数も上がってきながら待つこと10分。
で、次のお客さんは、カウンターが満杯なので、待っていただく対応に切り替わり・・・・
もう、我慢の限界。
「すみません、私、ここ(カウンター)で10分以上待っているですが、まだ、どなたにも対応していただいてませんけれど。」と一言。
受付をしてくれた方はじめ、周りのみんなが
おいら、カウンターに座ったまま、順番、飛ばされとりますた
待っていただいている方が出始めたため、もしやと思ったけれど
係りの方がすべて対応に回っていたため、さらに待つこと5分。
20分近く待ち、ようやく対応してもらいますた。
おいらの用事の中身は約5分で終了。
こんな事ってある???
しかも、然るべき納める 関係で出向いているのに、
もう、納めねーぞ って気分になりながら、1件目の用足し終了。

いささか、イライラしながらも2件目へ
いつも待つ事が多いATMに誰もおらず、ラッキー と思いながら
振込するための金額をATMで払い戻しをして
あとはお金が出てくるのを待っていると
・・・・・いつもよりも、お金を機械が数えているドラムロールのような音が長い・・・・
そんな大金を払い戻ししていないのに、まだドラムロールがなり続け
ようやくその音が停止した次の瞬間、画面に出た表示が
現在使用できません
は???

そして、次に画面に表示されたのは「故障中

は????
で、通帳は機械から吐き出されてきたけれど
下ろしたい金額は出てこず。
なのに、通帳には、ちゃんと下ろしたと記載はされている

え~~~~~
何これ???
この金額、無くなっちゃったってこと
混乱しながら、おいら、生まれて初めて「職員呼び出し」のボタンを押しますたよ。
職員の方が来て、事情を説明していると、
後ろで待っているお客さんが“そんな事ってあるの???”って絶句していたけれど
絶句したいのは、おいらの方
だって、もらっていない金額を、下ろした事になっちゃっているし・・・・

まさか、ここでもATMのトラブル???
でも、幸い平日の窓口が開いている時間だったため、職員の方がすぐに対応してくれて




原因は、お札が機械の隙間に挟まってしまった事のようだけれど
ここでも、待つこと30分。
無事に、下ろしたかった金額の取り消し処理をしてもらい、再度払い戻しをして、支払い業務完了。
通帳には、あまりお目にかからないような項目が記載してありますた


今日は、この2件の用足しそれぞれで、トラブルに遭い
1時間近く、帰宅時間が遅くなりますた・・・・

特に旅行中、晴ちゃんが言うのは
「(おいらは)トラブルに巻き込まれる頻度が高いよね」ってこと。
(実際、ここ最近4回の海外旅行中、2回ロストバゲージに遭っとります)
旅行中でなくても、おいらの周りでは何かかにかアクシデントが多いのは事実。
トラブルメーカーではないけれど、トラブル&ハプニングを呼び寄せる何かあるんだろうね、きっと。

まぁ、とにもかくにも、1時間近くの時間のロスはあたけれど
無事に用足しは済んだし、交通事故に巻き込まれる夢が正夢にならず
別のトラブルに巻き込まれるニアミスで終わったから良しとしますか。

それにしても、このトラブルとは言え“アタリ”の確立の高さ。
そうなると、次に狙う“アタリ”は宝くじかもしれないな
コメント (2)

もう春なのか まだ冬なのか

2021年04月10日 22時20分42秒 | 日記
大正12(1923)年に国の天然記念物に指定された盛岡の石割桜が
一昨日8日(木)の のニュースで “開花した”って報道され、
じっとしていられないおいらは、翌9日(金)の朝、30分以上早く出稼ぎ出勤し
桜を愛でてきますた
ほぼ満開





今年は1週間以上早い満開ぢゃないかな???
そして、今年も満開に立ち会う事が出来ますた

“石割桜”という名の通り、石を割って育っているように見えるけれど

庭石の割れ目に桜の種が飛んできて芽を出して、
成長とともに石の割れ目を押し広げていったと言われとります

この時期は、いつもはまた蕾だけれど、
例年はもう観光バスが多数立ち寄る時期のため、警備の方が忙しく交通誘導をしているけれど、
今年は、もう満開
なのに、コロナ禍のため、今年はあまり仕事なさそう


石割桜だけではなく、
桃かな、満開ですた。


昨日は、昼過ぎまでの出稼ぎ予定で、その後用足しをした後 晴 に帰宅すると
晴ちゃんがハウスの中で接ぎ木をしとりますた。

昨日まで水につかっていた台木


途中から切り、その部分に切れ目を入れ


増やしたい枝には斜めに切れ込みを入れ


反対側も


この赤線の部分(形成層)が大事らしい


台木の割れ目に、先ほどの接ぎ木をしたい種類の枝を挿し

台木の切断面と穂木の切断面を合わせ、さっきの形成層の片方(一部)がピッタリ合っていれば らしい。

で、テープで止めて完成


おいら的には、これで、別々の木がくっついて
一本の木として実がなるのは、何度説明されても理解不能
昨日も、頭がフリーズ状態になりますた。

気が付けば、ハウスの外は、冬に逆戻り

おいらの頭がフリーズしたのは、きっと寒かったからと思いたい

そして、そして、午前中は桜満開で春のような雰囲気を体感するも、午後は雪
あまりにも毎日の気温の乱高下が激しすぎ、
いったい今は春になったのか、まだ冬なのか。
だんだん暖かくなって春を迎えるのが人にとっても、 達にとっても理想だけれど
人間も頭が混乱するような昨今この気候。
昨日1日で、初春と晩冬を体験しますた。
おいらとしては、 生育しやすい気候が続く事を願うばかりざます
コメント

カブちゃん 春の点呼終了 (閲覧注意:カブちゃん幼虫の写真が多数あります)

2021年04月08日 23時01分52秒 | 日記
地球温暖化が叫ばれているせいか
今年は特に、ここ岩手でも春の訪れが早い感じ。
の庭木でも、着々と春の農作業の準備が進行しており
台木の準備や


種籾を水につけて発芽のための準備

これを見ると、おいらも “嫁っこ業”の本格始動のゴングが鳴るのも時間の問題。
覚悟を決める光景が、あちらこちらに散らばっとります

一方、早々に箪笥の衣替えをして一安心しているおいらも
(箪笥の中身は、半分以上が“半袖”となり、少々着るものに困ることもありますが・・・
一つだけ、気になっている“春作業”がまだ出来とりませんですた。

それは、“カブちゃんハウス”のマット(土)交換。
今年の冬は、とにかく寒かったので、
冬の間はカブちゃんハウス を部屋に移動し、
不要になった生地をかけて冷気を遮断したりしていたけれど
それでも、寒くないか、死んぢゃわないか、心配の日々を過ごしていたおいら
先月末に、もう大丈夫と確信し、カブちゃんハウスを廊下に移動。
姿を見せてくれるカブちゃん幼虫も数匹いたので安心はしたものの


寒さのせいなのか、越冬出来なかった幼虫の姿もあったので

暖かくなったら、1日も早くマット(土)交換をしながら
幼虫たちの点呼をしたいと思っていたのだ。

で、ようやく昨日、廊下のカブちゃんハウスを外に出し
マット交換開始

(ピンク色の付箋には、幼虫の数を書いとります)

昨年10月初めにマット交換してからもう半年
(その時の様子は こちら から)
マット(土)はカブちゃん幼虫が餌にもしているので、
こんなにマットの嵩が減っとりますた。

(手前の嵩が少ないハウスが、これから交換するカブちゃんハウス
 奥のハウスが、マット交換した後のマットの嵩)

そして、このマットを食べた分、ちゃんと出すものも出しているので
今までハウスの中にあったマット(土)をふるいにかけて
マットと糞とに分けてマットを再利用しているけれど
カブちゃんハウス2棟(標準的用語を用いると 虫かご2個分)のマット交換で
洗面器よりも大きい容器に山盛りの糞

大きいカブちゃんハウスに至っては、1棟でこの状態になりますた。
この分、またマットの補充を・・・・と思うと、かなりの量のマットが必要になるんだよね。

昨年末くらいにホームセンターに行った際
ちょっこしペットコーナーをのぞいてみたら、カブちゃんマット(土)がほぼ在庫なし。
いつ頃入ってくるか聞いたら、担当の店員さん曰く
「今、シーズンぢゃないんで、入ってくる予定はないんですよね~~~」と。
おいら的心の声は「はぁ~~~ カブちゃんの成虫の時期は夏で、今はそのシーズンぢゃかもしれないが
 カブちゃんの幼虫は秋から育ってるんだよ
 だから、今の時期もマットは必要なんだよ
 夏に、いきなり成虫が飛び回るんじゃねぇんだよ
 カブちゃん(だけぢゃ無いけれど)の世界には、シーズンオフも、オンもねぇんだよ
」ってこと。
まさか、数年前、“今時の子は、泳いでいる魚を見たことがないから
 魚の絵を描いてというと、スーパーで売っている魚の切り身の絵を描く子がいる”と
都市伝説的な噂を耳にしたことがあったけれど
まさか、今の若い人たちは、昆虫は、いきなりそのシーズンになると
どこからともなく表れてこのシーズンを飛び回っているって思っている訳ぢゃなかろうね

そんな疑念をの拭い去ることができないまま、四の五の言っている場合ではないので
カブちゃん幼虫必須アイテムのマットは、買い占めますた


そのカブちゃんマット(土)と、
昨年晴ちゃんから“使っていいよ”と言ってもらったブルーベリー用の土を準備し
(この2種の土と、今使用しているマットをふるった土の再利用を混合マットを使用しとります

カブちゃんハウスをひっくり返すと


思った以上に大きく育ってる


メモリがついたスコップで見てみるとこの状態で5センチ

ってことは、ピンと伸びたら10センチ近くあるんぢゃない

このカブちゃんハウスには5匹


大きなカブちゃんハウスには10匹

どのカブちゃんハウスも“密” な感じは否めないけれど・・・・

10月の時点で、ちびっこだった幼虫は、ほとんどが天に召されておりますた。
やっぱり、自然の摂理ってやつでしょうか・・・。
唯一育っていたちびっこ幼虫。
やっぱり、比べてみると倍くらい違うね

このカブちゃん託児所のマット(土)交換
昼過ぎから始めて、夕方までかかりますた。

そして、そして、昨年、カブちゃんハウス増設のために、
急遽ペットボトルハウスに移動していただいていたコクワガタ君
越冬してくれてますた

半分寝ぼけていたけれど、元気  元気


合わせて51匹、コクワガタ君1匹

数匹は死んでしまったけれど大所帯には変わりなし。
これからは、このマットを食べてすくすく育ってもらい
7月ごろ、成虫になってくれる予定

おいらの「カブ 事業部」 本格的な立ち上げになりそうざます

コメント

日本各地のグルメ満喫 (≧◇≦)

2021年04月06日 23時25分25秒 | グルメ
先日から、とある百貨店で開催されている「日本列島グルメ旅」
日本各地の50店舗近くのグルメが大集合

ここ数年、こういうイベントに足を運ぶことがなかったおいらだけれど
“どこにも行けない(正確には、行くことを躊躇ってしまう)”このご時世、
なんだか、食べ物だけでも買って、お出かけした気分になりたい と思い
会場に着いたら一通りは出店の物を見るけれど、
長居はしないように事前に広告をチェックし
食べたい物を決め
そして、密にならないように、平日の午後を狙って晴ちゃんと

これだけは絶対に買うと決めていた、柿の葉ずし

今回はサバ、サーモン、鯛の三種類が入ったものを購入。

おいら、このお店のポイントカードも持っているくらい、
京都付近に行った際は必ず購入。
なんたって、旅行や出張なんか合わせると、10回近く京都には足を運んでいるおいらざます
これと並んで好きなのは富山県の鱒寿しだけれど、今回は出店がなかったので、ちょっこし残念。

そして、京都と言えば八つ橋
これも、京都近辺に行った際は絶対に購入するお菓子。

最近は、様々な味の八つ橋が販売されていて
今の時期は「さくら」「いちご」の八つ橋が売られとりますた。

そして、これは日本のお菓子ではないけれど、
数年前に旅行した際に現地で食べた思い出のお菓子、ザッハトルテ




箱を開けるとさらに包まれており


ようやくお顔拝見


ナイフ入刀の儀式を終え、
普段なら均等に家族分を分けるけれど、
今回ばかりは晴ちゃんとおいらの分を若干多めに切り分けて いただきますた


オーストリア ウイーン伝統的なお菓子で、
チョコレートの甘さに、アプリコットジャムが間に入っていて
この甘酸っぱさがアクセントになっているおいしいお菓子。
ウイーンを思い出しながら、合わせる飲み物は
 でしょ
合う~~~~
でも、外国のお菓子って思った以上に甘く、このザッハトルテも例外ではなく
晴ちゃんもおいらも、2日間かけていただきますた

そして、気になるけれど、買うかどうか迷っていたのが鮭とば。
そこの売り場に行ってみると、鮭とばはもちろん、50種類以上の乾物が販売しており
気になる乾物が続出。
しかも、5袋買うと1袋サービスなんて言われると、
鮭とばのほかに気になった乾物にも手が伸びて
結局6袋のお買い上げとなりますた
本来の目的の鮭とばと、おいらが心惹かれた鰊の燻製



手前が鮭とばざます
鮭とばは、想像通りのおいしさ、
そして、鰊の燻製は想像以上のおいしさですた 

そして、そのほかにつぶ燻製、ほっき燻製、いか墨さきいか、丸干し焼きいか

この4袋はまだ開封しておらず、今は鮭とばと鰊の燻製を日本酒 でいただいとります。

なもんで、たいてい夕食後の二次会は ワイン だけれど
数日前からの二次会は 日本酒 になっとります
・・・結局、買いたかった商品は、ほとんどがお酒のお供だったような気がするけれど
美味しいグルメを満喫し、幸せ気分全開の今日この頃ざます

コメント