れみ嬢のチュッチュラGo!Go!!

毎日がグリーンツーリズム。そんな日々の生活をお届けします。

ようやく

2022年07月06日 22時01分03秒 | 嫁っこ
7月に入った途端、示し合わせていたようにアブラゼミが鳴き始めますた。
ただでさえ連日の30度越えの毎日なのに、
アブラゼミの鳴き声って、なぜか暑さに拍車をかけるよね~。
(逆に、ヒグラシ鳴き声は涼しさを感じさせるよね
3日(日)は、晴 の玄関前の温度計は既に35度越え

(日陰で、地上から約1メートル程の所にかけてある為、晴 近辺の気温観測地としては、最適だと思いまする

炎天下での作業は、1時間おきに水分補給をしながらぢゃないと
とても体がもたない
「6月中には1回目の 摘果作業、“はるか” の袋掛けが終了する」ようにご指導いただいており
周辺の 屋さんは、指導通りに順調に作業が終わっているのか
36度に達した日曜日は、休息してる って思うくらい、
周辺の畑は人影も無く、ひっそり。
おいら達だけが、畑へ出勤しているような感じですた。
そんな中、 ようやく本日、“はるか” の袋掛け終了




そして、今月から晴 の摘果作業をお手伝いしに来てくださっている方々のお力添えを頂き、
摘果作業1巡目もほぼ目途が立ったくらい、終了しますた


今年は特に暑い中、いつものように、ものすごいスピードで摘果作業を行ってくださり、
人(--*)謝謝(-人-)謝謝(*--)人 です。
ホント、ありがとうございます
“1日でも早く摘果を終わらせないと   袋掛けを終わらせないと ”って思っていたせいか、
田んぼの稲が、こんなに成長しているのにも、気づかなかったよ


これからは、 見直し摘果作業、桃っこの最終摘果と電柵設置作業が待っとります。
が、それにしても、暑い
世の中では、電力需給ひっ迫注意報 なんかが発令され、
クーラーをつけつつも、切電が呼びかけられているけれど
いつも切電を心掛けているおいらは、もう、切電をする所が無い
それを感じ取ったのか、晴 の冷蔵庫が、自主的に切電をし始めてくれますた

ドアを開けた時に点く照明の3分の2の電気が切れますた
そもそも、冷蔵庫内の照明が切れるって、聞いたことが無いんだけど、
そんな事って、あるの
それとも、故障の予兆
(おいらが嫁いできてから、既に4代目の冷蔵庫ざます
照明の交換だけで済むなら、有難いけれど
この暑さの中での交換は、冷蔵庫の温度管理の点からも、冬時期に行うのが最適。
もうしばらくは、冷蔵庫に自主的切電をお願いしつつ、
“頼むから、壊れないで~~~~ ” と思っている今日この頃ざます

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ここ2日間の ドタ ヽ( ̄△ ̄ゞ=ヾ ̄△ ̄)ノ バタ

2022年07月01日 23時43分14秒 | 日記
こんなに暑くても、まだ梅雨時期の岩手県では
週間天気予報はじめ、数日後の予報もコロコロ変わる為、
どんなに ていても、畑への出勤には合羽は必須。
昨日は、不安定な天気でほぼ1日合羽を着ながらの作業。
夕方に、ようやく合羽を脱げるような天気になり、ちょっこし涼しくなった風に当たりながら
未だに終わる気配の無い、摘果作業をしとります


そんな摘果作業の毎日だけれど、
その合間を縫って、その時期、その時期で別の作業も入ってくる。
昨日のお義母さんの朝飯前の仕事は、梅の収穫。
で、おいらは、本日、その収穫を引き継ぎ、朝飯後に残りの梅を収穫しますた

桃っこの収穫以外、なかなか “朝飯前” の仕事で、畑に出勤が出来ないおいらざます


今年は、大きいサイズの梅も多く、
梅干し作りにしたら、食べ応え抜群の大きさ

おばあちゃんが作る梅干し用と、おいらの梅酒作り用の梅を確保し、
残りは産直へ出荷

梅っこの収穫の時期となったなら、もうすぐブルーベリーも収穫の時期。
梅の収穫、袋詰めの後、ブルーベリーの畑に行ってみると、


この時期収穫の早生種が、ことごとく鳥に食べられてますた
ブルーベリーの木の下には、鳥たちが食い散らかしていった実っこが散乱


本当は、この時期、ブルーベリーの木にネットを張っているんだけれど、
令和3年度事業って聞いていた、晴 前の歩道工事の為に、
一番道路側のブルーベリーの木を切った為、ネットをかける支柱も撤去(ブロック塀も撤去)。
歩道が出来た後に、塀を作り、その塀の場所を見ながら、支柱を立てる予定にしている為
ネットを張る支柱を立てれずにいるんざます。

(赤点線の部分に支柱を立てていたんだよね)
工事の予定が遅れているなら、遅れているで、何時頃工事を行う予定だとか、全く音沙汰無し。
役所って、そんなもんなの???
工事が遅れている分、支柱設置が出来ず、収穫に支障をきたしているんだから、ホント迷惑。
しかも塀を壊せと言われた期限から、もうすぐ2年。
この丸裸のせいで、敷地内が丸見えで、盗難被害にも遭っているのに、何とかして欲しいよ、全く

ブルーベリーの収穫もちょっこし予定していた為
30分~1時間程度だけれど、予定外に時間が出来たおいらは
最近、おばあちゃんのえんどう豆のツルを侵食しそうな勢いで、
気になっていたスイカのツルの剪定をする事に。

剪定と言っても、何をどうするって大それた事ではなく、
”おいら流” で、何となく、このツルは切っても良いかな? って感じで剪定しとります。

テキトーな剪定で、えんどう豆の間に、このくらい隙間が出来ますた。


そして、1玉だけスクスク育っていたスイカが、
ここ数日の暑さで、思いのほかまた大きくなっており
おいらの手よりも大きなサイズになってますた


そして、そして、その横に、もう1玉ちびっ子スイカ発見

その他に、花のガクの下にピンポン玉位の実っこも2つ程見つけたので、
大事に大事に育てていきます

ミニトマトも順調に赤く色づいており、

おいらの気まぐれ菜園も、少しずつ賑やかになってきますた。

一方、予定通りに行かずに気をもんでいるのが、カブちゃん
昨年は、晴 から幼虫の時に嫁いだ 晴男君 が6月中に成虫になったように
7月上旬には、全て蛹から成虫になっていたのに
(蛹から孵る事が出来なかったカブちゃんも数匹いますたが
未だに蛹になれていない幼虫が半分ほど。

大丈夫なんだろうか??
もし、これから蛹になれたとしても、成虫になるのは今月末くらい ?
そうなると、日程的に産直で家族を探すのはギリギリライン
(8月に入ると、急激に家族が見つからなくなる感じが、個人的にはいたしまする)
そして、先週、ちょっこし落ち着いていたように感じた”キノコバエ”が
今週は再び大発生
ハエがいなくなっても、彼らはちゃんと土に卵を残していたようで、
それが孵化したみたい。
もう、きっと、今の成虫のキノコバエは、先月初めに発生した代から数えると、
第七世代位になっているんぢゃないかな??
毎日、朝夕2回、駆除に奔走しとります。
そして、そして、6月初めにペットボトルのおうちに引っ越ししたカブちゃんのお家の中には
雑草が芽生えている家もあり

ホント、心配事が多い今年のカブ部。
ここ数日で、数匹は蛹になっている事が確認でき、順調に成虫になってくれる事を願う日々

(こちらの蛹君は、ちょっこし小さいけれど、オス カブ君ざます)
この蛹たちがいつ頃成虫になってくれるのか、
まだまだ気が抜けない日々ざます
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

食料品在庫一掃のたまもの

2022年06月30日 23時21分56秒 | 料理
おいらが、 “作ってみたいけれど、なかなか作るテンションにならない” メニューは数あれど
大概のメニューは、外食なんかで食べようと思えば食べる機会もありそうなメニュー。
けれど、オムライスは外食で食べる機会もほぼ無いと思われるメニューでもあり、
これから食べる機会があるんだろうか とも思われるメニュー。
(晴ちゃんが入院中に、一度院内のイートインスペースでいただきますたが。)

そんな中、先日、食品を保存している棚の整理をしていたら、
賞味期限切れの「デミグラスソース」を発見。
節約家のおいらは、捨てるのも憚られ、
何かに使えないか考えていて、思い立ちますた 。
これは、アレを作るしかないと。
で、先日、早速、お昼ご飯でチャレンジ

始めに、玉ねぎと鶏モモ肉を炒め


ケチャップを入れてケチャップライスを作り


ご飯茶碗でまあるく形を作る。


今度はオムライスの “オム” 作り。
よく、テレビなんかで、プロの方が半熟オムレツを作り、
それをケチャップライスに乗せ、それをナイフで切る方法をやっているのを観る事があるけれど
今回は、1つ1つ、そんなに時間をかけていられないので
フライパンで、半熟の薄焼き卵を作り


まあるく形作ったケチャップライスの上に乗せて形作り


で、最後にシメジと赤ワインを入れて煮込んだデミグラスソースをかけて完成

我ながら、見た目も味も
自画自賛しながら、美味しくいただきますた
ただ、これは、ケチャップライスの形作りや半熟薄焼き卵を
いちいち人数分作る手間と時間がかかり、それが、かなり面倒。
万が一、もう一度作る事があるならば、せいぜい2人分と思っとります。

そして、冷蔵庫にも、そろそろ期限が近づいていたり、過ぎている食品が鎮座しており、
それらを一掃するために、まずは、冷凍あさりの消費に着手。
アクアパッツァを作った翌日には、
梅雨に入り、ちょっこし肌寒かった日だった事もあり、アサリをふんだんに使ってクラムチャウダー



こちらには、デミグラスソースと同様に、
期限切れなのに食品棚に鎮座していたコーンの缶詰も投入。
フツーに美味しくいただきますた

そして、ここ1週間はとにかく暑い日が続き、お昼ご飯にそうめんを食べる機会もあったけれど、
晴ちゃんから、“そうめん以外の冷たい物” とリクエストがあり、
昨日は冷静パスタ。
本来はバジルとトマトがあれば だったけれど
バジルの代わりに青じそを加え、
期限間近の生ハムの塩味でも足りない分は、クレイジーソルトで風味を出していただきますた。

美味しかったけれど、見た目がやっぱり淋しかったね。
今シーズン、あと数回作る機会があると思うけれど
その時には、晴 産のミニトマトとバジルがふんだんに入る予定ざます。

本日は、産直に出荷に行った際、生産者の方から特大のズッキーニを頂いたので

(500㎖のビール缶より大きい
ラタトゥイユを作成。
みじん切りしたニンニクを炒め、
そこに、さいの目切りした玉ねぎ、ズッキーニを投入。
本当はナスやパプリカ、出汁を出すためにベーコンが入れば だったけれど
急所の作成だった為、在庫ゼロ。
しかし、本日はまたしても、食品棚で賞味期限間近となっていたカットトマト缶を使用。

ベーコン等が入っていなかった分、やっぱり味に深みが出ていなかったのは残念だったけれど
こちらも、今シーズン、数回は食卓にあがるメニュー。

食品ロスを限りなくゼロにする為、
今月は、冷蔵庫や食品棚の在庫消費に力を入れた感じですた。
最近、ホント、食品を始め、あらゆる物が値上がりをしている事を実感する機会が多い為
余計な物を購入せず、そして、期限切れで廃棄する事をなくすよう、
ますます“自称節約家”に力が入りそうざます

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あ” ぢ~~~~!!

2022年06月27日 23時52分08秒 | 嫁っこ
まだ、6月なのに、群馬県伊勢崎市では25日(土)に最高気温が40.2度に達し、
6月としては日本歴代1位の猛烈な暑さを記録したと報道されたけれど
ここ岩手県でも、まだ6月なのに30度越えの日があり
昨日も、晴 の玄関脇の温度計は31度


おいらがまだ学生の頃は
(最近、年を取ったつもりはないけれど
 “昔は・・・”ってフレーズがちょっこし多くなってきた気が・・・
8月に30度を超える日が数日あるくらいで、
クーラーを設置している は少なかったし、
全国ニュースで最高気温が35度を超えたなんて報道があると
暑そう・・・と思っていたけれど、
ここ数年は、岩手県でも35度越えは普通にあるから
こんな所で地球温暖化を嫌でも意識しちゃうよね

そんな中、今年はまだ6月なのに30度越え
まだ、体が暑さに慣れておらず、
それなのに野外での作業はおいらにとっては、
作業着に着替えた時点で「ヤル気メーター」がエンプティに近い様態

けれど、6月は 屋さんにとって、収穫の次に忙しい季節。
(おいら的には、 屋さんには暇な季節は無いと思うけれど
なんたって、摘果作業の1回目は6月中に終えるように農協から指導を頂いており、
同時に、 の品種の「はるか」の袋掛けも、6月中に終えるよう、ご指導いただいているのだ。
は、当然ながら(?)6月中に1回目の摘果が終わる事は無く、
自慢ぢゃないが、「はるか」の袋掛けも、6月中に終わったなんて、記憶がない
それくらい、せっつかれて作業をしつつも、今月中に終わらない作業の為
暑くたって、畑への出勤は必須。
しかも、「はるか」袋掛けは、何時でも出来るわけではなく、
防除の後5日以内、 の時は、再び防除を行った後での袋掛けという指導を頂いている為
今月中の作業にも関わらず、作業日が限定される代物。

なもんで、あまりのんびりもしていられない為、
この週末は、おいらも、摘果作業から袋掛けの作業にシフトチェンジ。
この専用の袋を実っこ1つ1つにかけていく作業は、ホント時間がかかります


この「はるか」っていう品種は、
鮮やかな黄色、蜜の豊富さ、甘さ、濃厚な味わいが特徴のりんごで
糖度が高く、酸味が少ないため、甘さを強く感じる
そして、農協出荷し、様々な基準をクリア(糖度15度以上、蜜入り指数2.5以上の玉等)だけを選抜した はるか を
「いわて純情プレミアム冬恋」として販売。
つまり、「はるか」を農協に嫁に出し、そこで器量良し となれば
農民の娘が養女となり名を「冬恋」と変え、武家に嫁ぐことが出来るように格上げになる
そりゃ、こんなに手間暇かけて育ててるんだからね。
でも、農協を通さない、産直等での各農家からの販売では、「冬恋」の基準をクリアしていても
「冬恋」と名乗る事は出来ず、「はるか」のまま。
逆を言えば、産直で販売している「はるか」の中には、
「冬恋」と同等の「はるか」もあるって事ざます。

なもんで、少しでも「はるか」を出荷し、「冬恋」に格上げされる が多くなるよう、
晴ちゃんに、“大きい所、肌の綺麗な を見て袋をかけて”と言われ、
おいら的には、そうしているつもりだけれど、
予想はしていたけれど、はれちゃんに着果量が “多すぎ”と指摘が入る始末


暑い中で、作業効率も落ちるけれど、時間との勝負だからね


でも、昨日で防除から5日経ったし、本日は明け方から だった為
本日からは、再び摘果作業に移行し、次回の防除の後、再び袋掛け作業。
なもんで、人海戦術が出来れば「6月中」の作業完了も夢ではないけれど
家内作業の晴 は、6月中の作業終了は夢のまた夢。
昨日までで、ようやく予定の半分の作業を終了した感じざます


「はるか」の隣の列の未摘果のサンフジは
枝が折れそうな位たわわに実っこが成っており



こっちも、早く摘果してあげたい程。
毎日畑に出勤していないおいらは、非常に心苦しく
しかも、”居ないよりはマシ” という猫の手以下の働き。
即戦力には程遠いけれど、作業の遅れの焦りは ”いっちょ前”に持っている為
この時期は、これでも()非常に出稼ぎが心苦しいおいらざます

でもこの急速な地球温暖化をここ数年目の当たりにすると、
おいらが小学校の時に習った、日本は温帯湿潤気候のはずだけれど、
(ここでも、また昔の話が出ちゃいますた
最近は、熱帯雨林気候的な要素が多く感じ
そうなると、台風ではなく、ハリケーン並みの暴風雨に見舞われ
直撃すると が壊滅的な被害に見舞われる事もありそう
それを考えると、10年後、20年後、
ここ岩手での果実の主力をマンゴーやパパイヤにした方が良いのでは、
摘果作業がほぼ無くなるのでは、と
心苦しさを棚に上げる為に、あらぬ方向に考えが脱線しております。
まぁ、これも、季節外れの暑さのせいですかね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

購入商品がようやく届くも、心乱れる

2022年06月23日 23時39分36秒 | 日記
先日、インターネットで洋服を購入するも、なかなか届かず、
電話で問い合わせするも、片言の日本語でなかなか言いたいことが伝わらなかった事があったと
このこのブログに報告しましたが、
昨日、ようやく荷物が届きますた
宅配の方が届けてくれた時、おいらはちょうど不在。
知らない電話番号からの着信があり、恐る恐る出てみると、
宅配業者の方からの電話。
“◎◆✕ さんですか?”
何と言っているか、全く分からない・・・
また、片言の日本語か と思い聞き直してみても、
◎◆✕さん、の◎◆✕の部分が全く聞き取れない。
日本の苗字とも思えない。
で、こちらから「はれやま ですけど」と答えたら
ようやく、電話の向こうの方がホッとしたような、合点言ったような口調に。
それから、一応、住所も確認され、おいらがその荷物の受け取り人だと説明し、
倉庫に置いて行ってもらいますた。

で、ようやく到着した荷物を楽しみに、 に帰ると
倉庫には、ゴミ出しのゴミのような物が置いてありますた

なんと雑な届けられ方。
晴ちゃんが注文するような品は、
小さな物でも、無駄だと思う位、段ボールに梱包されてくるのに
なんなんだ、この取り扱い
でも、まぁ、詐欺に遭ったわけではなく、とりあえず品物が届きホッとしながら発送のラベルを見ると、
運送会社の方が と思いながら電話してきた理由が納得。
おいら、「晴山 玲美」と書くけれど

きっと、晴山さん の住所だけれど、苗字が違う。
しかも、この苗字、何て読むんだ って思ったんだろうね。
今思い返してみても、宅配業者の人、“サンレさん” だかって言ったような・・・・。
確かに、これは読めないわ
荷物を見てから2度目の怒り。

でも、無事に届いたからね。
で、家に入って早速開けてみると、

ネットに上がっていたのとは比べ物にならない程の粗悪品。
生地も悪ければ、柄も雑。
外に着ていけるような代物でもなく、
かと言って、ホームウエアにするのもどうか、って感じ。
一番の粗悪物は、
ネットには  って掲載されていたけれど
実際に届いたのは

生地も粗悪で、色もさめたよう
しかも、トップとスカートの間のギャザーになるはずの部分が全くない。

しかも、しかも、Mサイズを頼んだのに、
おいらが着ると引きずってしまう長さで、寸法が掲載されているのと合っていない
よく、ニュースなんかで、ネットで買ったら粗悪品が届いたって事件(? でも、これはおいらにとって事件です )をやっているのを見るけれど
まさか、おいらがこの被害の当事者になるとは
どの服も、全く別物。
しかも、返品等一切不可
おいら的には、可愛いドラえもんのぬいぐるみを買ったら
まがい物のドラえもんのぬいぐるみが届いた感じ。
もう3度目の怒りは、怒り疲れ、言葉になりませんですた・・・
何なんだ、これは。
無駄に、諭吉を手放してしまった・・・・
やっぱり、おいらはネットでのお買い物は無理
現物を見て、現金購入の、“昭和スタイル”を貫こうと誓いますた

そうそう、元をたどれば、このネット購入、
携帯電話料金で貯まったポイント(5,000円相当)で無効になるポイント(1,500円相当)があるとの事で、
先月電話料金に、今ある全ポイントを使って5,000円分充当する手続きをしたけれど、
月末に、その1,500円分が充当されず、あと数時間でポイントが無効になるとのお知らせメールをもらい
慌ててネットで を購入してみたのがきっかけ。
で、残りの3,500円分って、どうなったのかと思っていたら、
今月分でひかれていますた。

結局、翌月分にしか充当出来ない為に、
“今月(5月)で無効”分が発生していたよう。
このポイントの件は、スッキリ解決致しますた。

そして、そして、おいらは的には直接関係は無いけれど
一昨日、昨日と、とある同じ電話番号から何度か電話がかかってきますた。
内容はコールセンター的な場所からで
「エアコンの修理が終わった」と言う連絡。
でも、おいら、エアコンの修理も頼んでいないし、そもそも“〇〇さんの携帯ですか?”の〇〇さんではない。
きっと、時間で担当が変わり、その都度、ちゃんと申し送りされておらず
人が変わる度に、おいらの電話番号にかけてきていると思うけど、
自分の携帯電話番号を間違って記載する?
コールセンターの方も、連絡出来ないと困っておりますた。
あまりにも、修理が終わった連絡が無ければ、その方も問い合わせをすると思うけど、
今日はその電話番号からかかってこなかったので、
無事にその方と連絡が付いたのか、はたまた別の策をとったのか。
この3週間、片言の日本語の方から始まり、いろんな方と電話のやり取りをした3週間ですた

そうそう、あのワンピース、欲しい方で取に来れる方には差し上げます。
ただし、身長165センチ以上の方に限ります

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする