れみ嬢のチュッチュラGo!Go!!

毎日がグリーンツーリズム。そんな日々の生活をお届けします。

リンゴ作業の最中の桃っこ作業

2019年06月14日 22時53分25秒 | 嫁っこ
先日、桃っこの摘果に入ったけれど、その1日作業を行った後は
運動会や、おいらは出稼ぎ、晴ちゃんは別の  の仕事等で数日間桃っこの畑に通えず
昨日から、久々の桃っこの摘果作業再開


朝方は涼しげだったのに 時間と共にぐんぐん気温上昇
桃っこの摘果って この産毛のような毛が飛び
完全防備していても、次第にこの産毛が作業着にまとわりつくと
なんだが体がむずがゆくなってくる 作業するにはちょっこし気合がいる作業


そんな摘果作業をしていると、ハチの巣発見

運よく空き家だった為、すぐさま撤去作業。
次の住人が決まる前で、良かったぁ~~~。

そして、再び産毛と葛藤しながら摘果作業をしていると
近くで、とっても力強いキジの鳴き声がする。
近い・・・・
そうなると、摘果作業そっちのけで、晴 の畑にいらっしゃったお客様を探す作業。


おいらが近づいていくと、その草を踏みつける音が聞こえたようで
草に隠れるように、姿勢を低くして移動している

おいらも、負けじと気持ちは匍匐前進で近づき、様子をうかがっていると
危険が去ったと思ったのか 堂々と晴 の畑を闊歩


こんなに大きく立派な雄キジを見るのは久しぶり
しばし、摘果作業そっちのけで、キジの観察

これからの摘果作業では、草むらの卵探しも加わりそう

コメント

摘果 摘果の日々

2019年06月11日 23時15分06秒 | 嫁っこ
の花が終わった途端、摘果作業Start

受粉がうまくいかないと、実っこすら出来ないので
摘果作業が出来るって事は、まずは無事に受粉できった事だけど
日に日に大きくなっていく実っこは待ってくれないので
今は実っこの成長と摘果との競争。
農協の指導では今月中に大まかな摘果作業の第一段階を終了する指導をしているようだけれど
は人員的にも不可能なので、‟なるべく早く”出来るように頑張るのみ。

当然、おいらも、出来る時は畑に出動

ホント、ちょっこし目を離しただけだけど、大きくなってきている。
(注;おいらは目を離しているけれど、晴 の方々は、毎日摘果作業しとります

昨日は、果実がまあるっこい紅いわての摘果


午後からは桃っこの摘果へシフトチェンジ

桃っこも嬉しい事に、たくさん実っこが成っている

これを、ほぼほぼ落としていく。

嫁っ子10年以上にして、ようやく思い切って摘果出来るようになりますた
でも、晴ちゃんに言わせると、まだ実っこが多くついているって言われとります。


そして、今月初めにアクシデントがありながらも受粉作業をしたスイカ
スイカの下のに敷く藁が無いため、バナナの葉っぱを代用


そして、受粉が成功したようで、本当に小っちゃいけれど実っこがなりますた

いっちょ前に縞模様がありまする
来月下旬には、収穫できそう

リンゴに桃っこ、そして、今年は新たにスイカにも目が離せない1か月になりそうざます

コメント

今月も早々に宴が開かれますた

2019年06月09日 23時45分04秒 | グルメ
先月に引き続き、宴の場に出没したおいら
始まりは、今月1日に石鳥谷町で開催された「南部杜氏の里祭り」


昨年に引き続き、おいらが働いていた時にお世話になった大学部長の先生のお誘いを受け
いそいそと、かばん持ちとして同行させていただきますた
その先生は、毎年石鳥谷町で作っている田んぼアートの田植えに
先生のゼミ(って言っていたような・・・?)の学生が参加する縁で、このお祭りに参加しているとの事で
昨年から、‟かばん持ち”に任命いただき、おいらも晴れて参加している次第
(かばん持ちをしていると、当然 田んぼアートの田植えも関係者の方から お声がかかるけれど
 太陽が出ているうちは‟嫁っ子業”があるのでと低調にお断りをして、このお祭りだけに参加)

会場に到着すると、既に熱気ムンムン
会場には日本全国を15以上の地域に分けたテーブルの島があり
それぞれ10銘柄以上のお酒が用意されているって事は、150種近くの銘柄が勢ぞろい

おいらは、先生と関東地域のテーブルに陣取ってスタンバイしていたけれど
開会が近くなると、スタッフの方々が各テーブルに 四合瓶を置いてくれるので
その便のラベルを に納めたくて、先生を引っ張りまわりて、日本中のラベルを撮影

全てのラベルを撮影は出来なかったけれど、その一部をご紹介











乾杯の後は、テーブルのオードブルを頂きながら
2人分の隙間が空いたテーブルに移動し、違う地域の日本酒をテイスティング

着物大好きなおいらが引かれたラベルの一酒

しかも、近くにいた知らない方に、このお酒を持っていただきの撮影
アルコールを交えると、皆さん普段よりもコミュニケーション力が3倍 4倍アップする気がする

会場では、テーブルのオードブルの他に 蕎麦や焼きそば、お赤飯なども配ってくれ
一番人気は、その場で揚げてもらう天ぷら




美味しそうで、 をする前に、思わず椎茸を食べてしまった・・・・


けっこう、ずっしりくるお酒も


そろそろお開きとなる時間に、会場脇でスタッフの方を捕まえて 1枚


初めから終わりまで、日本酒オンリー
これは、酔っぱらう~~~~。
あっさり軽い感じのお酒が多いけれど、中にはどっしりとした おいら好みのお酒もあり
そうなると、なかなかそのテーブルを移動するのが名残惜しく
立ち飲みだけど、そのテーブル(もとい、その四号瓶の前)から動けなくなってしまう

お誘い下さった先生を駅でお見送りをして、お迎えの晴ちゃんを待つ間
(晴ちゃんは別件で出かけており、予定の時間よりも長引きそうという事で )
おいらは、近くの別のお店で して待つことに。
それがいけなかった
ここ最近 頻発している‟千鳥足同好会”会長の活動始動しちまいますた


そして、先日は、おいら幹事の飲み会の一つの宴を開催。
こちらも、‟新年会”と言いつつ、‟新年号会”となっちまいますた。
当然ながら「3時間1本勝負」ざます
料理も、なかなかのボリューム
まずは クラッカーとスモークチーズ、生ハム、アボカドディップの野菜ステック


当然、ビールはおいらの愛するASD


炙りベーコンとロメインレタスのシーザーサラダ


メインのイタリアントマト鍋


サングリアを注文してみるも

うう~~ん  ビールでよかったかなと言うお味。
(この1杯を除き、おいらはひたすらASD ですた)

そして、肉盛り1 大山地鶏のダッチオーブングリル


そして そして肉盛り2 ブラックアンガス牛の鉄板焼き

どうよ、このお肉

〆のチーズリゾット

美味しいぃ~~~
なかなか家ではトマト鍋&チーズリゾットは作らない1品

美味しすぎる料理と、楽しい話で、3時間1本勝負では足りないくらいの時間ですた


そして、本日は地域の運動会




おいらは長縄跳びと玉入れに参戦


その後は当然の反省会
地域の飲み会では、久々にお会いするご近所のお嫁さん方や
なかなか普段話す機会のないおじ様方との会話に花が咲き
‟千鳥足同好会”の活動が活発化するけれど
おいらは珍しく、本日は「中締め」で帰宅
(決して飲み過ぎたとか、具合が悪くなったわけぢゃありませぬ

晴ちゃんには、「そろそろ会長職を辞して、後継者にその道を譲っては・・・ 」と言われているけれど、
おいらも、後継者探しに奔走している毎日。
でも、なかなかおいらの周りには、 を飲み続けていても
しっかり者が多くて、会長職を託すに値する人物がいないのが現状。
しかも、‟千鳥足同好会会長”の退任の意思は固まりつつあるけど
退任したと思ったら‟再任”してしまう可能性も否定できず
こればっりは、おいら自身も予想が付きませぬ
‟千鳥足同好会”会長に「我こそは 」という方、ぜひ、ご一報くださりませ

コメント

嫁っ子業も、新たな挑戦(もとい、試練)

2019年06月04日 23時38分30秒 | 嫁っこ
ゴールデンウィーク後、 の花の開花の後は
屋さんは、収穫&出荷までノンストップ
も例外でではなく、摘果の毎日。

おいらも、当然、晴  にいる時は ‟嫁っ子参戦 ”しとります
(週の半分以下しか‟嫁っ子” 出来とりませんが・・・・

で、いざ参戦してみると、昨年覚えたはずの作業、すっかり忘れている・・・・・
特に一年枝(この1年で伸びた枝)の実っこはすべて落とすんだけど
この一年枝を見分けるのに時間がかかっているおいら。
そして、摘果作業で、本当は欲しい中心果が無い・・・・


もしくはもう中心果が死んでしまっている状態


毎年の事だけど、この中心の花が最初に咲いて、その次に周りの花が咲く。
その最初の花が咲く時期って、ここ近年の気候として
気温の乱高下が激しく、急激に気温があがり、中心果が慌てて咲こうと蕾を膨らませている時期に
今度は急激な低温で、この中心果が霜でやられてしまう事が多い。
今年も、4月下旬に霜被害があり、開花が比較的早い品種はこんな状況が多いんざます

本当はこんな実っこの付き方が理想なんだけど

なかなか理想の の生育にならない、最近の 栽培ざます。


今年、順調に生育していると言えば、去年は苗を買い忘れ、6月下旬にタネから育てたバジル。
今年は、ゴールデンウィーク明けに、忘れずに購入


今週は、収穫できる量になりますた


 
そして そして、初挑戦の苗

それは、おいらが大好物のスイカ

でも、農業をしている大先輩から言わせると、どうやら「難しい」らしい。
おいらも、遠い昔、人工授粉をして、その日から〇日後が収穫に適している・・・と聞いたことがあり
‟スイカは買って食べるに限る”と思っていたけれど
‟嫁っ子業”をしながら、御年94歳のおばあちゃんが様々な苗や種を植えて
今だ現役で野菜作りをしているのを見ていると、おいらも出来るような気になってしまったのだ

何でも、買った時期を考えると、苗を植えたあと、ホットキャップをしないといけないとアドバイスを受け

【出典:コメリHP How To 情報より】
そういえば、見た事がある
でも、このホットキャップって1つ単位で売ってるの
どうしよう
そうだ、ホットキャップが必要な時期は、ハウスの中に置いとけばいいんだ
ハウスの中でおいらが得意の放置プレイ。

で、2週間・・・・
晴ちゃんから「花が咲いているけれど、どうするの 」と昨日急かされ

また急に慌ただしくなったおいら

そんなおいらに、「ちゃんと収穫まで頑張れよ」と、晴ちゃんが教科書をくれ

ポットからようやく地植えし
本を見ながら


花の下にぷっくり膨らんでいる部分がある方が雌花・・・・

この写真では右の方ざます

受粉するために雄蕊を取って・・・・と思っていたら
あ”~~~ 雄花が取れた

どうしよう
でも、受粉はしないといけないので、むしり取ってしまった形の雄花を雌花にこすりつけ
ついでに、蕾になっていた雌花らしき花びらを無理やりこじ開け(写真上の蕾)、無理やり受粉
だって、唯一の雄花をちょん切ってしまったもんだから、今後の受粉は期待できないんですもの・・・・

これから( 本当は受粉の前 )藁を敷かなきゃいけないらしいけど

それは、これからの作業・・・って藁、どうやって調達するんだ

今年は新たに「スイカ」に振り回されそうな予感がする今日この頃ざます

コメント

最初で最後のチャンス!!

2019年05月29日 23時31分21秒 | 日記
まだまだだと思っていた東京オリンピック

オリンピックを、会場に足を運んで体感する機会は
きっと東京オリンピックを逃したら、もう無いだろうと思い
一昨年からは、おいらの愛するASD の開会式ご紹介キャンペーンに積極的に応募したけれど
残念ながら‟開会式に来てくださいね” という御呼ばれの連絡もなく、
その後の、‟何らかの競技観戦ご招待”のキャンペーンでも、応募したけれど音沙汰がなかった・・・

なもんで、今月の9日から受け付けが始まった2020年東京五輪チケットの抽選販売の受け付けには
何としても応募しなくては と思っていたけれど
受け付け始めは混雑する事は必至なので、
おいらは、受付が落ち着いたら申し込もうと思っていた
・・・・ですっかり忘れてしまっていたおいら

週末のMy Brother の電話で、締め切り間近な事を思い出し
(My Brotherも申し込み手続きをしていたようで、
 ついでに、おいらが見たい 競技を調査してくれたのだ)
おいらも慌てて、電話の翌日(締め切りの前日)申し込み開始

・・・・でも、申し込みIDの取得までが、面倒臭がりのおいらにとっては大変な作業。
ようやくID取得をし、いざ観戦チケットを申し込もうとしたら

マジですか

こんな事になるなら、風呂に入る前に手続きをすればよかったよ・・・・
この時の時間は既に23時過ぎ。
どうしようか迷ったあげく、結局待ち、全てのチケット申し込みを終えたのが夜中の1時過ぎ。
疲れますた・・・・

しかも、確実にチケットが手に入るわけではなく、これか抽選という事を考えると
疲労も倍増

本当はこの日、晴ちゃんにもチケット申し込みをしてもらいたかったのだけれど
晴ちゃんは、内勤の仕事で忙しく、チケット申し込みは出来ず。
昨夜、申し込み最終日の、おいらのイライラ を感じ取った晴ちゃん
すかさず、晴ちゃんもチケット申し込みをしようとしたら、
申し込みIDを取得するまでにかかった時間は3時間
(ちなみに、その前日のおいらは、面倒くさかったけれど、すぐID取得できますた
今日の報道では、
「ウエイティングルーム(待合室)が最も混み合ったのは
28日午後11時30ごろで、最大101万人が待機し、待ち時間は約3時間30分」
との発表があったようだが、その中に、晴ちゃんもおりますた。

その後、前日手続きをしたおいらは、チケット申し込みまで1時間強だったけれど
晴ちゃんは、晴ちゃんの前には70万人が待っており
待ち時間4時間との表示
その時の時間、既に日付変更線を過ぎており、これはもう待っていても埒が明かないと
今朝、晴ちゃんは申し込みを完了しますた。

それにしても、何としてもオリンピックを観戦したい人は
とにかく様々申し込んでいると思うので、おいら的予想だけど、
オリンピックチケット申し込み延べ人数は、きっと地球の人口を超えているんぢゃないかと思っている。
おいらだって、もし、申し込んだ全てのチケットが当選すれば約50万円
日程も飛び飛びなので、 と会場を行ったり来たり
深夜帯に及ぶ観戦の場合は、 の確保。
そうなると、100万円はかかる

6月20日の当選発表までは、 も控えてチケット代に回しておかないと 
‟ダイエット商品を買った途端に 痩せた気になる”おいらの都合の良い思考回路
もう既に、観戦する妄想が膨らんどります

・・・でも、‟オリンピックを是が非でもこの目で 観たい ”と思い
倍率が高そうな開会式や陸上決勝は難しいかもしれないけれど
ちょっと興味があって申し込んだ馬術、ここだけの話、当たるんじゃないかと秘かに期待しとります
コメント