九州大学山岳部 ブログ 「QUAC blog」

日々の活動、部員の声etc... QUACの日記です。

野北 クライミング練習

2019年06月26日 | トレーニング
どうも皆さん、おはこんばんにちは!
2年の安河内です。

今回は、6/23(土)に行った、野北のクライミング練習について書いていきたいと思います。

野北と言うと、アプローチがなかなか大変な印象があるのですが、初野北1人を含む、3人の1年生はしっかりついて来てくれました。
中でも、特に驚いたのはT。するすると玄人さながらに懸垂下降している姿は、すでにクライマーそのものでした。僕なんかが1年生のころは、恐る恐るの懸垂下降だったのに・・・。

1年のK。野北の懸垂下降は初めてでしたが、しっかり降りてきてくれました。

そんなこんなで、取り付きに到着して、各自で登攀開始。ウォーミングアップに5.6の「ルンゼ」や5.8の「二段ハング右横クラック」などを登りました。1年生も「ルンゼ」なんかは簡単だったようで、さっくりと登り終えました。
ウォームを終えて、各自ショートルートを登ったり、マルチの練習をしたりしました。

5.10a「二段ハング」を登る3年のSと「ルンゼ」を登る1年のT。


私事ですが、初めて「2段ハング」の登頂に成功したので、記念写真ではないですが。


3年生は↑5.11a「大ハング」や5.10b「帯状ハングダイレクト」にも取り付いていました。


4年生のAが、「二段ハング右横クラック」上部から1眼レフで下を撮ったもの。きれいなしゃしん(小並感)。



マルチを頑張る1年生と上級生。

また、写真はないのですが、クライミングを始めて2ヶ月ほどの1年生のUが、「2段ハング」を登りきったことは驚きでした。今年の1年生は皆クライミングが上手で、そう遅くなく彼らに抜かれるんじゃないかと思わされました。僕も頑張らんばですね。

帰りは、バスの時間の関係で、1年のKだけ先に帰ったのですが、聞いた話によると、彼は知らない人の車に載せてもらって帰ったんだとか。詳しい話はまだ聞けていないので、要調査ですが、これが本当だとしたら早くも伝説を作ったことになります。「野北からヒッチハイクで帰った男」、いい響きですね。
やはり、今年の1年生には色々と期待大です。

では、今回はこれくらいで。
今週末には1泊2日の背振合宿がありますが、天気予報では雨の模様。そちらも頑張ってまいります(´`)=3
ではでは!
コメント   この記事についてブログを書く
« 野北6/9 | トップ | 雷山歩荷訓練 7/7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トレーニング」カテゴリの最新記事