九州大学山岳部 ブログ 「QUAC blog」

日々の活動、部員の声etc... QUACの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

非常事態だったので…

2010年06月24日 | 週末の活動・個人山行記録etc...
こんばんは再びT下です。

ただいま部会から帰宅したのですが、非常にお腹が空きましてなにか食べるものを探しておりました。

しかし、食べるものが何もない…冷蔵庫の中にもジャムとケチャップと…といったような調味料しかなく、非常事態でした。
わざわざ外に買いに行くのも億劫だったので寝て我慢しようと思っていた時に非常缶の存在を思い出しました。

アレがあるじゃないか…

そう、非常缶内にある非常食です。去年の5月ごろ買ったきり一度も利用しなかった(いいことですが…)非常缶を今日使いました。
私の非常食はエビピラフでしたが、正直食べる前は薄味でイマイチだろうと甘く見ていました…

うまい…

かなりおいしかったです。普通に食事として食べられるほどです。しかも、作り方も簡単でお湯を入れて15分待つだけ。
皆さんも実際に非常食を食べてみて、そのありがたさと手軽さと美味しさを味わってみてはいかがでしょうか?

もちろんすぐに買いなおしておかなければなりませんけどね…


これはあくまで個人的な提案ですが、夏合宿までに実際の非常事態を想定したビバーク訓練を行ってみてはいかがでしょうか?
コッヘルでお湯を沸かしたり、ツェルトで夜を明かしてみたり…
次の部会で少し話し合えたらいいなと思います。
コメント (2)

ボルダリング&懸垂下降with船越先輩@伊都

2010年06月24日 | 週末の活動・個人山行記録etc...
こんばんはT下です。

遅くなりましたが、先週末の活動報告をしたいと思います。

先週の土曜日は伊都キャンパスに新設されたボルダリング壁でのボルダリングと懸垂下降訓練、ランニングを行いました。
雨が心配されていましたが、なんとか夕方まで持ちこたえてくれました。

さて、この活動では珍しいお客様が2名いらっしゃいました。4年T先輩とOBの船越先輩です。
船越先輩は前々からボルダリング壁に興味をもっていらっしゃったということで、T先輩は超多忙な生活の一瞬の暇を見つけてということで
来てくださいました。

写真は懸垂下降点から下を見つめるQUACの面々です。この場所では空中にぶら下がるような下降だったため、1年生は苦戦していました。

ボルダリングのほうは、船越先輩もT先輩も堪能されたようで、船越先輩にいたっては新ルートまで開拓してくれました。
今後もどんどん新ルート開拓したいですね~

最後のランニングですが、T川先輩以外は陸上競技場にて行い、T川先輩は野北を目指して走り去って行きました…
結局T川先輩が帰還されたのはほかの部員がJOYFULLで食事を終えた頃でした…T川先輩お疲れ様です。

今回のようにみんなでひとつの壁を囲んで活動できるというのはとても楽しいなといつも一人で壁に取り付いてるT下は思うのでした。
コメント (1)

野北打ち直し!!

2010年06月06日 | 週末の活動・個人山行記録etc...
こんにちはT下です。

春合宿(久住)と新歓合宿の写真をHPにupしてきました~
疲れた…見て下さいね!

さて、昨日(5日)野北の打ち直しにK先輩、T川先輩、私T下、米澤先輩とで行ってきました。
というのも、先日米澤先輩に四阿に連れて行っていただいた時に、お手伝いをしてくださると言っていただいたからです。

天気はド快晴。これは焼けるな…と出発しました。
今回は野北まで車!快適すぎます…さすが人類の偉大なる発明品…

肝心の野北は木々が生い茂り、入口がどこかもわからないような状態でした。
なんとか下降点までたどり着き、下からルートの確認を行いました。
これまで登ったこともないルートを米澤先輩から教えていただき、非常に勉強になりました。

支点をどこに設置するのか考え、いざ設置作業へ。
米澤先輩の愛機「BOSCH」ハンマードリルでがんがん穴を開けていきました。ボルトなどの付け方も教えていただきました。

支点をある程度打ち終わった後は実際にトップロープでルートを登ってみました。
野北はオーバーハングが多く、昨日は3本もハングに取り付きました。
久しぶりの野北の岩、経験の少ないハングということで現役3人は苦労していましたが、登攀力は付いたかとおもいます。

今回はトップロープ用の支点設置のみでしたが、今後も同支点+リード用の中間支点も打ち込んでいきたいとおもいます。

野北は難しいルートもたくさんありますが、快適、簡単ルートもたくさんあるので、1年生諸君も楽しみにしていてください。


最後になりましたが、打ち直しにご協力して下さいました米澤先輩、ありがとうございました!!今後もよろしくお願いします!
コメント (1)

四阿クライミングwith雷雨

2010年06月03日 | 週末の活動・個人山行記録etc...
こんにちは。T下です。
昨日(2日)S松と2人で米澤先輩に四阿へ連れて行っていただきました。

T下は密かにリードをするぞという気持ちで、S松は最近のボルダリングの成果を試すぞという気持ち(多分)で、行きました。

天気は良好、むしろクライミング日和ともいうべき日でした。

無名ルート(5.7)やエレメンタリィ(5.8)をトップで数本登った後、両ルートをリードしました。
特に問題はなかったですが、やはり落ちるかもしれないという恐怖は常にありました。
また、ヌンチャクをかける際の体制などはもう少し鍛えていかなければなりません。
カンテ(5.9)もリードをしようかと思いましたが、トップロープでも少し苦労したので今回はやめておきました。
あとリトルドラゴン(5.10c)にもトップロープで挑戦しましたが、見事に返り討ちにされました…。

一方S松のほうは、今回はリードはなしでしたが、トップロープでエレメンタリィなどをしっかりと登っていました。
以前は、ルートの途中でどうにも動けなくなっていましたが、今回は米澤先輩に
「彼女はエレガントな登りをするねぇ」と言わせるほどの登りを見せてくれました。

本人いわく、「長いルートは怖いからいやだ」とのことですが、T下は密かに2年3人でPTを組みたいと考えております…

さて、題名の雷雨ですが…2時ごろ、急に空が暗くなり、遠くのほうで雷が鳴り始めました。
大丈夫だろうとしばらく登っていましたが、ポツポツと雨が降り始め、終いには雷がはっきり見えるほどの位置にまで迫ってきたので慌てて撤退しました。
まさにゲリラ豪雨…九千部の山に隠れていやがったか…


今週末は野北打ち直しです。頑張りましょう!
コメント (1)