九州大学山岳部 ブログ 「QUAC blog」

日々の活動、部員の声etc... QUACの日記です。

雷山歩荷訓練 7/7

2019年07月08日 | トレーニング
暑くなってきましたね、皆さんお元気ですか。
1年の植松です。

7/7日曜日に雷山で歩荷訓練を行いました。

福大の方々や九大ワンゲルの皆さんとトレーニングがかぶり、雷山行きのバスは大混雑でした。

今回の歩荷は中止になった背振合宿の代わりという意味があったのかなと個人的に考えていたので
負荷を上げてトレーニングに臨みました。

いつもより体が重く、バランスをとるのが難しかったです。
交感神経が高ぶっていたからかいつもより饒舌になり、独り言も多かった印象です。
うるさくてすみませんでした。

先輩方は大きな負荷をかけているのにも関わらず、涼しそうな顔で歩いていたので驚きました。
経験の差ですね。僕も少しずつ慣れていきたいと思います。

山は精神力と体力のどちらで登るかという議論があり、
精神力に全振りする人や対等に扱う人、体力の重要性を説く人など様々な意見が聞けて面白かったです。

雷山での休憩が終わり、再びスタートしようとしたとき、つまずきザックとともに一回転してしまいました。
焦らず、走らないことが重要だと痛感しました。

歩荷は時間の関係で井原山までは行けませんでしたが、それなりに長い工程を歩いたのでかなり疲れました。
オスプレイのザックなのに肩が痛くなりました(笑)

雷山に戻ってきたからは1年川野の雷山コレクションが始まり、とても楽しい時間を過ごしました。
川野はやり切る力が非常に高く、絶対にあきらめないのでいつも感心します。人から学ぶことは多いですね。

下山中は疲労と足元のわるさのせいでスリップすることが多かったように感じました。
山での歩き方に慣れて安定した歩行を目指したいです。

夏山合宿がだんだんと近づいてきているので一つ一つの練習に丁寧に取り組んでいきたいと思います。

夏山合宿まで頑張っていきましょう。それではまた。
コメント   この記事についてブログを書く
« 野北 クライミング練習 | トップ | 2019 後期初歩荷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トレーニング」カテゴリの最新記事