日本水工コンサルタント 社員ブログ

自然との調和に配慮し、農村と都市の新たな風景を創造する

「水土里ネットの森」主催の下草刈りに参加しました

2018年06月07日 | 地域貢献

 6月2日(土)に、水源かん養林「水土里ネットの森」が主催する下草刈り活動に、当社西部支店(熊本市)は5名が参加しました。

 平年より8日程早い梅雨入りでしたが、晴天に恵まれ絶好の草刈り日和でした。総勢300名の方々と汗だくになりながらの作業でした。今回の私達の作業場所は頂上、もう登るだけで力尽きる程・・・(^^;)

 

 残る力を振り絞って鎌を片手に1m程に伸びた草をかき分けながら、以前植樹した楓や紅葉の周りを鎌で刈り、急斜面を下ったり登ったり、刈払機の人たちは斜面に1列に並び一斉に刈り始め、6ヘクタールの原野を約2時間の作業で見事にすっきりとした一面になりました。

 

 終えた後、のどかな阿蘇の風景・・阿蘇外輪山、高岳を眺め、ふと空を見上げるとなかなか見られない交差している飛行機雲をみることができました。何にかいい事があるかな・・・・

※※※

 水源かん養林「水土里ネットの森」は、熊本県の一級河川黒川・白川河川流域に点在する水土里ネット(土地改良区)の方々が上下流域の連携により、世界に誇る阿蘇山麓の清らかな水の生まれる里(地域資源)の重要性に鑑みて、下流域へ安定的に水を供給すると共に、きれいな水を確保するため、長期的計画に基づき環境保全活動を推進しています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018年グラウンドワーク日本... | トップ | 東京農業大学で講義を行いました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地域貢献」カテゴリの最新記事