日本水工コンサルタント 社員ブログ

自然との調和に配慮し、農村と都市の新たな風景を創造する

通潤橋

2010年04月27日 | 農業土木遺産を訪ねて

今年の1月、蕨技術センターより西部支店へ出張に行ってきました。
3ヶ月半の滞在期間中に見学することが出来、感銘を受けた農業土木遺産があったのでここに紹介させてもらおうと思います。

 

Tsujunkyo_2
             Attribution :I,Masamic

 

 通潤橋は熊本県上益城(かみましき)郡矢部町、現在の上益城郡山都(やまと)町に位置し西部支店から車で1時間程の所にあります。
陸の孤島と呼ばれ水不足に悩まされていた白糸台地に水を送り届けるために惣庄屋、布田保之助によって約150年前に作られました。

 

橋の中央に土砂吐がついており、ダイナミックな放水が見られる事で観光地としても有名な場所となっています。
が、私も若輩ではありながら土木技術者のはしくれ。通潤橋の構造・機能について学んで来ました。
着目すべき点は以下の3点です。(西部支店のMさんの受け売り)

 
・「逆サイホン(連通管)の原理」の活用
・長さ約30mの石橋(アーチ橋)
・石橋を支持する側面石垣の構造(武者返し)

 

保之助を助け共に通潤橋を築いた「肥後の石工」は他にも多数のアーチ橋を造っており、蕨の同じフロアのM.Yさんも最近、自身のブログに取り上げようと作っていた資料を見せてくれました。

江戸時代末期、年号が大正を迎えるよりも前にこれらの技術を用い建造され今なお送水も可能だと知り先達の技術力にただただ感心するばかり。
水不足に苦しむ台地に希望を運ぶ。改めてこの仕事の必要性、価値について考えさせられ身が引き締まる思いでした。
皆さんも機会があればぜひ足を運んで頂きたいと思います。

 

本社技術部 T.H

 

放水に関しては次のURLをご覧ください。

http://www.town.yamato.kumamoto.jp/ka/syokokankoka/kanko/tujyunkyo/tsujunkyo.jsp

 

コメント (2)

南側用水路

2010年02月18日 | 農業土木遺産を訪ねて

 葛西用水路は、埼玉県鷲宮町から幸手市・杉戸町にわたりジョギングコースになっている。
用水路の下流は大落古利根川に至るが、その杉戸町で、「南側用水路水路記念板」と「ポンプ」が青空の下に鎮座している。

その記念板には次のように書かれていた。

Ca370322  南側用水路は、江戸時代初期の万治3年(1660年)、利根川筋・本川俣村に葛西用水の取水口が作られた際に、その支流として当時の幸手領南側一帯(幸手市から杉戸町を経て春日部市まで)に農業用水を供給するためにもうけられました。
杉戸町を9.5kmに渡り流れる南側用水路は、大切な農業用水路としての役割を果たすとともに、清らかな水に魚が泳ぎ、沿線の人々の生活に深く係りながら、身近な水辺として親しまれてきました。
しかしながら、農業用水のパイプライン化により、昭和63年3月に300年あまりに渡る用水路としての役割を終えました。
Ca370320 南側用水路の跡地は杉戸町の貴重な都市空間であり、町民共通の財産でもあります。
この貴重な南側用水路の跡地を町民の皆さんにより親しんで頂けるように、散策道として整備したものですが、この場所には、大落し古利根川からの水を用水として取水し、南側の用水を管理するための水門がありましたが、散策道工事によりやむ得ず取り壊すことになったことから、ここに記念として残すものです。

Ca370321 ポンプ形式は、立軸軸流ポンプで、ポンプ口径D1000、全揚程3m、揚水量140m3/min)、回転数485rpm、原動機容量110kw、製作年月日は昭和25年3月となっていました。

コメント

三分一湧水

2010年02月08日 | 農業土木遺産を訪ねて

 昨年12月に平山郁夫画伯が亡くなり衝撃を受けた人も多かった。
わたしもその中の一人で、急にシルクロードが観たくなり、亡くなって三日後だったが、山梨県北杜市にある「平山郁夫シルクロード美術館」を訪ねた。

その際に見学したのが、「三分一湧水(さんぶいちゆうすい)」だった。

美術館からも歩いて行ける距離で、以前よりその名前と共に気になっていたのだが、ついに見学することができた。

Pc050096 三分一湧水については、色々と書かれているのでここでは詳しく書かないが、伝説としては「戦国時代に武田信玄が整備し、下流の三村に農業用水を三等分するために三角石を置いた」と伝えられているそうだ。

しかしながら、今の形の原形は、土石流で湧水池が埋まった寛政12年(1800)以降であり、現在と同じ構造になったのは、大正13年で、正確な分水に欠かせない三角形の石が、分水池に置かれたのは、昭和22年になってからであると、全国水土里ネットのホームページに書かれていた。

それでも歴史を感じさせずにはいられない。
今でもしっかり使われている農業用水施設なのだ。

コメント