日本水工コンサルタント 社員ブログ

自然との調和に配慮し、農村と都市の新たな風景を創造する

GW日本水工の見沼ウォーク  in 2014

2014年11月25日 | 地域貢献

 グラウンドワーク日本水工の「見沼代用水・原風景ウォークin2014」は、この11月22日(土)、肌寒い朝、風もなく秋晴れの好天の中、川口市とさいたま市に連なる見沼代用水東縁で、JR東浦和駅を起終点に折り返しコースを20名余りのメンバーで10時にスタートしました。

 参加者の意気も盛んに和気合いあいの中でゴミ拾いを進行し、途中の通船堀の休憩所ではU講師の二回目のセミナー「通船堀と江戸の流通経済」を行いました。

  用水路沿いの紅葉とのどかな田んぼの風景に癒されながらの清掃活動は、午前中だけでも大量のごみが回収出来ました。

            

 今回は、折り返し地点の公園広場においてイベント幹事のO、Kさんが特別に企画したバーベキューランチタイムで盛り上がり、また、K顧問からは参加者の皆さんに美味しいクッキーのプレゼントも全員に用意されるなどもあり、終始時間を忘れて公園では予定時間をオーバーしてしまいました。

    

    

 午後の行程は、皆少し疲れが見えましたが無事に東浦和駅には午後3時に到着、解散しました。日頃のデスクワークを離れ、今年も見沼ウォークが皆さんの参加で楽しく出来たことを感謝します。

                                             ■見沼2014ウォークマップ

                                             ■参加者集合写真

          「記 グラウンドワーク日本水工関東ブロック幹事会」

 

 

 

 

 

 

コメント

水と緑のふれあいロード清掃・点検活動参加

2014年11月21日 | 地域貢献

平成26年11月19日(水)騎西領用水路沿いのサイクリングロードの清掃・点検活動に参加しました。

全長約10kmの区間を4つに分け、1班あたり2~3Kmの担当になります。

当初は風が強く寒さで凍えるほどでしたが、幸いなことにスタートする頃には風も弱まり穏やか陽気になりました。



ここの活動は今年で11回目になるそうで、以前に比べてゴミの量が減っているように感じました。

コメント

神奈川県県央地域県政総合センターから感謝状をいただきました。

2014年11月14日 | ニュース

2014年11月13日(木)、神奈川県県央地域県政総合センター発注の「平成25年度 県営かんがい排水事業 相模川右岸2期地区愛甲隧道設計業務その2」において、関東支店 神奈川事業所が感謝状をいただきました。

関東支店長、神奈川事業所長、関東支店技術三部担当部長の三名が出席しました。

 

 

コメント

水土里の路 見沼代用水路ウォーク

2014年11月01日 | 地域貢献

平成26年10月26日(日)爽やかな風と空気の中、美しい田園21共催見沼ウォーク実行委員会主催による「見沼代用水路ウォーク」に参加した。

ウォークコースは、JRさいたま新都心駅を出発し大原競技場、浦和博物館、緑のトラスト1号地・原形保全区間を経てゴール地点見沼自然公園へと、約10km(徒歩2時間半)の距離を地域貢献活動として水路沿いの清掃活動をした。

 

都市に広がる田園風景を見ながら、見沼代用水路西縁から東縁へ向かう途中にはホタル蛹化場などの施設が、見られ自然豊かな身近な地域を再発見した。

また、緑のトラスト保全1号地は、見沼代用水路東縁に面する斜面林でこのあたりの用水路は、両岸及び底は用水路が作られた江戸時代のまま保存されていることなど、知ることができた。ゴミや飛散物など、あまり落ちていなかったのを考えると、多くの人々によってこの原風景を守る活動が盛んにおこなわれているのだと感じた。

コメント