日本水工コンサルタント 社員ブログ

自然との調和に配慮し、農村と都市の新たな風景を創造する

インフルエンザ2019

2019年11月18日 | 日記・エッセイ・コラム

日中25度以上になる夏日が10月に入っても続いていましたが、いよいよ季節の変わり目。
気温が下がってくると気を付けなければならないのがインフルエンザ。
今年はラグビーワールドカップが日本での開催でしたので、南半球からの旅行者も多く訪れていることが影響したのか例年より早い時期に流行の兆しがあったようです。
本格的な流行シーズンを前に予防対策をしておきたいところです。
 
10月からインフルエンザ予防接種の受付を開始している医療機関が多いようで、私も早速予約を入れました。
インフルエンザのワクチン接種はとても有効な手段ではありますが、あくまでも重症化を防ぐことが目的で、ワクチンを接種したとしても、感染することはあります。
 
やはり基本は「手洗いうがい」でしょう。
手指に付着したウイルスが、口や鼻に触れることで体内に入るということがよくあるそうです。
石鹸を泡立て、手のひらのほか、指先、指の間、親指の周り、手首、手のしわにも気を付けて手洗いをすることでより効果が上がるそうです。
手洗いうがいは日ごろから心掛けこれからの季節を乗り切って行きましょう。


コメント