niceshotpeteの山旅

新潟県内外の山々を旅した記録です。山座同定に力入れてます。掲載した写真の何枚かはピクスタで販売してます。



4月17日 新潟市の海岸松林で満開の桜とメジロ。

2018年04月18日 | 野鳥
今、新潟市の海岸防砂林の中は、桜が満開。

白いのと、薄いピンクのがあるが、これは何ザクラなんだろ?




葉と花が同時に出るが、花弁の先が切れ込まないので、ヤマザクラ、カスミザクラではないのは確か。オオヤマザクラでもない。チョウジザクラも消せる。サトザクラの中の一品種ってことか?


もう顔馴染み?になってしまったコゲラ。一心不乱に突いてます。ほんとに警戒心が薄いんだろな。そろそろアオゲラ、アカゲラに逢いたい。


背後の桜にはあまり興味がないようだ。


メジロは今年初。去年はメジロばかり見ていたような。


メジロも、撮りやすい高さに留まってくれる鳥撮りビギナ~の味方。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

4月13日 コゲラの赤斑

2018年04月14日 | 野鳥
きょうの探鳥もコゲラ。
撮影してる時は全く分からなかったが、PCで表示してみると、
コゲラ♂の赤斑ゲット。




ちっさ!これじゃあ肉眼じゃわからんわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月10日 朝の探鳥再開

2018年04月10日 | 野鳥
昨春始めた早朝探鳥ウォーク(あれ?朝ランニングだったっけか?)
きょうから再開。(毎日というわけにはいかないが・・・)

まずジョウビタキ♂


その近くにコゲラ
すでに常連メンバー。






ん?何かを見つけたのか?


飛んでってしまった。


ウグイスもしきりに囀っているが、黒ツグミの歌声は聞こえず。

そろそろ帰らないと、と松林の中を車に向かってあるいていると、








図鑑を何度見返してもなんという鳥かわからない。もしかして換羽中で特徴がわからないのかな?
困った時の神頼み。sakaturaganさん。記事に気づいてくれたら、コメントお待ちしてます。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン画 百舌鳥  この辺で。

2018年04月07日 | 野鳥
いつまでもいじくっていても完成とは思えないのでこの辺で一区切り。

もっと根気が続かないとなぁ。いや、いじくればいいってもんじゃないなぁ。
師匠のように、感じた時にサラッと描いてアップするのが粋だよなぁ。


土日は冬型でお花見はないなぁと思っていたが、これはもしかしたら雪を纏った桜が撮れるかも?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

4月1日 野鳥の森~桜公園~福島潟 野鳥の森編。

2018年04月02日 | 野鳥
4月2日、夕方のタクシーがなかなか摑まらない。入社式とか歓送迎会とか、きょうは街中は賑わってるのかな?
閑話休題(それはさておき)

1日。そろそろ行こうと思っていた紫雲寺恩賜記念公園の野鳥の森で探鳥。
最初に目にした鳥はスズメ。続いてカワラヒワ。どこも一緒か。野鳥の森っていったって、境界があるわけじゃないし。
暖かくなってきたし、今まで見ていない鳥に出逢えるのかなぁ、とやって来たのだが。

囀りが喧しい地点で立ち止まり、暫く気配を消しているつもりで立ち止まっていると、
濃い目の羽毛の鳥が。今まで見たことない色。あれは?
暫く待機してるが、戻ってこない。諦めて先に進み、でも気になってまたまた戻ると、







野鳥図鑑で調べるとイスカ。イスカでいいんすか?って親父ギャク。

イスカの嘴が交差してるのは、磔にされたキリストの手のひらの杭を引き抜こうとして曲がってしまったんだって。自己犠牲の精神の鑑としてヨーロッパでは尊重されてるとか。

少し進むと、せわしなく動き回る鳥が。
コゲラでした。赤い毛はまた見れなかった。♀かな?








グルっと一周し観察舎までくると、

ホオジロ



どこでも見られるホオジロだが、なんだかスタイリッシュ。


イスカに逢えただけで、満足の野鳥の森。
12時廻り、どこで昼食にしようか?そういや、大峰山の麓の桜公園までたいした距離じゃないな。現状を見るため、ちょっと寄ってみよか。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン画モズ 未完成その2

2018年03月25日 | 野鳥
色を重ねるのにスプレー使うのですが、点々はいかにもダサい。
そこで、JTrimのオイルペイントを最弱にしてポチっとすると色が滲みます。この方法使えそう。



きょうは一日いい天気。こんな事してないで早く出掛けたい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モズパソコン画、その後。未完成

2018年03月24日 | 野鳥
羽根に着手してから、より一層難しくなった。

ここからどう修正していけばいいのか手探り。
良く使うのは水彩画の筆とスプレー、図形の直線。あと、決め手はなんだろう?とにかく色を根気よく重ねてゆくのが大事だが、地の色が透けるように薄い色を重ねる良い手はないか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3月14日 カワラヒワ

2018年03月15日 | 野鳥
昼休み、スーパーに買い物に出たついでに、隣の公園による。タイムリミットまで10分くらいしかないので1羽だけ。
カワラヒワ




きょう15日は新潟も予想最高気温20℃5月並みとのこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月11日 早春の角田山・・・を眺めながら仁箇堤で探鳥

2018年03月13日 | 野鳥
デイサービスに送り出して、9時過ぎに出発。今は快晴だが、12時過ぎには崩れてくる予報で、山はなし。
きょうは上堰潟公園で探鳥としよう。
公園に着き、時計回りに5周くらいする(10km)つもりで歩き出すが、すぐ隣の田圃の上を猛禽が滑空するのを見て、そちらに導かれるように畦道に。少し先の畦道にノスリらしいのが止まっているをみて、カメラを構えるが、なぜか60mm以上にズームできない。なんで?チャンスなのに。
色々設定いじっていると、なぜかわからないが直った。目をあげるともうそこには居なかった。どうもこのカメラ使いにくい。
さらに先の方を飛んでいるのがさっきの猛禽か?また、ふらふら導かれるように畦道を南下。
 前方に、カラスの集団。何を啄んでいるの?傍まで来るとそれはシラサギの死骸。すでに頭はなく、背骨とあばらの間もポッカリ空洞になっている。
周囲には撒き散らされた白い羽。猛禽の追っかけしてれば、いつかは出会う光景だろうが、写真撮るのは気味が悪い。その場を離れ振り返ると、またカラスがやってきて盛んに啄んでいる。その毛並みが妙につややかで不気味。ここでようやくシャッターを切る。


 田圃の端まで来るとそこから先に車道が続いている。少し上がって見ると、そこが仁箇堤だった。こんなに近かったのか。
仁箇堤は以前から知ってはいたが、ただの溜池くらいにしか思っていなかったので、いつか行こうと思ってはいたが先延ばしになっていた。
いい所じゃないか。

堤に着く前に角田山の観音堂にズームイン。


仁箇堤。

画面右に舗装道路が下ってくる。堤を1周してあの道に戻ってこようと時計回りに歩き始める。散歩する人。釣をする人。
しばらく歩くと、道は藪の中へ。
時々堤に滑り落ちそうなところもあり、ずっとこんな道なのかと思いながら歩いていると遂に道がなくなる。右上に果樹園が見えるのでそこに抜ける。
しっかり舗装された舗装道があり、これを進むと、仁箇堤越しに角田山が良く見える高台に出た。


今まで見たことない角田山の眺め。で、問題にしちゃった訳でした。

 今年の大雪がすっかり消えて、農作業始動!なんでしょうね。木々のコンディションをチェックしてるんでしょうか?




この辺りまで来た時、対岸の木に猛禽が留まっているのに気づいた。最大ズームした動画から切り出し。トビ、だなぁ。


すると、左からもう一羽のトビが急接近。縄張り争いか?家族か?








トビがトビを狩るのか?






乗っかっちゃいました。そ~ゆ~事。






事が終わると、暫し見つめ合ってるようです。仲良きことは美しき哉。


雄が飛び立ちます。








雌は、雄が去った方をずっと見つめて、


ピ~と一声鳴きました、とさ。


さて、仁箇堤1周を続けます。
道なりに進みますが、完全に果樹園の中に入り込んでしまいました。果樹園の向こうに舗装道路が見えます。
そこに行くには、果樹園を突っ切らなければなりません。見つかったら怒られるかなと思いましたが、仕方ない。身を屈め、低い果樹の下をくぐり、なんとかその道路に出ましたが、また途絶えます。
もっと上に道路があるようです。さらに昇ると、
高台に出ました。


振り返ると、遠くに飯豊連峰が白い。なかなかの展望地点ですが、木々の葉っぱが伸びるとどうなんだろう?また来よう。
ここからなら磐梯山も見えるか?と思ったが、菅名山塊の陰になりそう。


暫く進むとこの表示。まだ咲いてないだろうが、場所を確認しよう。


気持ちのいい道が続きます。




ところが、また道が途絶える。果樹園の中の道は迷路です。
水芭蕉はどこ?戻る途中、パイプの手すりの階段が下っているのに気づく。ここか?下に看板が。


水芭蕉自生地。


3月末とのことだが、これから暖かい日が続くと、もっと早く開花するかも?






この後、もう一度道が途絶え、引き返し、漸く仁箇堤に戻ってきました。


畦道を戻ります。


アオサギ


上堰潟公園傍の夫婦桜の前に出ました。



水芭蕉同様、暖かい日が続くと桜の開花も早まるかも?春はもうそこまで。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン画 百舌鳥

2018年03月09日 | 野鳥
パソコン画名人たか師匠に弟子入りせむと挑戦してみました。
まだ作成途中ですが、挫折しそう。
写真のレタッチにpaintはよく使うけれど、ここまで気合入れて描いたのは初めて。
難しすぎ。
取りあえず、アップ。このあと完成までもっていけるのか?甚だ疑問ですが・・・。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

3月6日 トラフズク

2018年03月07日 | 野鳥
漸く、税理士さんに書類の山を引き渡し、今年の確定申告ほぼ終了。
日々、ちゃんと整理していれば、直前になって大慌てすることもないだろうに。ほんとにだらしない。
税理士さんとこ行く前に、母を認知症の検査に連れてゆく。
「今の季節は春、夏、秋、冬いつでしょう?」と質問され、「秋ではないような・・・」と答える。
思ったより早く終わったので、ちょいと春を探しに連れてこか、と鳥屋野潟公園に。
県立図書館脇のマンサク。

今年は1月初めに2回登山しただけで、今年初のマンサクを平地で見ることになった。
以前来た時は、何本も咲いていたが、今年はこの1本だけ。他の木は、これから咲くのか?もう終わったのか?

あの家族は今も同じ木にいるのかな?と棲み処にしてる木を見上げると、


耳羽ピンと。

EXIFの表示は、35mm換算で1320mm。ん?デジタルズーム使ってないのに、1200mm越えるの?

顔に燦燦と春の日差しが降りそそいでいるが、眩しくないんだろうか?



夕方、メールが来て、昨年は〇〇があったので今年は追加の申告書類が必要ですだって。早く言っといてよぉ。もうひと頑張り。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2月25日 コゲラ

2018年02月26日 | 野鳥
早朝から、ずっとエクセルの画面と睨めっこ。
きょうは仕事の講演会も予定されていたが、今月中に確定申告のめどをたてないと不安でパス。
根性無しは3時過ぎに限界を迎え、カメラを持って外出。朝は降ってた雪も止んでいる。
sakaturaganさんにヒントを貰っていたので、西海岸公園の駐車場に車を停め、防砂林の、新潟高校側の林縁を歩いていると、盛んに飛び回るシジュウカラ。
立ち止まり、耳を澄ませていると、コツコツと音が聞こえて来た。双眼鏡も使って探していると、背後からザクザクと足音が近づいてくる。雪の中でも多くの方が松林ランニングに勤しんでいる。腐った雪の中を走ってくる足音は大きい。逃げなきゃいいが、と思いながらやり過ごし、再び耳を澄ませるとコツコツ、コツコツ、足音など意に介さずに一心不乱に突いているようだ。
暫く見つめていると、いた。私にはとっては初のコゲラ。


周囲の穴は皆、あの娘(?、雄雌の区別はつかない。雄は頭の後ろにチョロッと赤い毛が覗くらしいが・・・)が開けた物か?









小さい鳥だが、私にとっては大きな成果。
20分弱のウオーキング。もっと歩いていたかったが、外出目的の時間が迫っているため、急いで駐車場に戻った。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2月18日 たまには鳥じゃなくて猫

2018年02月18日 | 野鳥
朝から確定申告のため領収書の整理などしていたが、怠け者はすぐ飽きる。そーだ灯油が無くなりそうだったなぁ、買いに行かなくっちゃ
外出する、自分に向けた口実を見つけ、いつもの公園による。
スズメ・カラス・ヒヨドリ・オナガ・ムクドリ。常連さん達はあちこちにいるが、他の小鳥たちは見つからない。
それまでいい天気だったが雪もちらついて来たので、帰り支度して駐車場に向かうと、変顔の木が見えた。
何も撮らないで帰るのも癪だし、あの木でも撮って帰ろうかと正面まで来ると、根元に佇む黒猫1匹。



ちらつく雪の中、じっと前を見据えている。目力半端ない。その猫を、気配を消して斜めに見下ろす木は何を企んでる?


こちらに気づいた猫は、ガンを飛ばすじゃないか。


独眼竜なのか?鋭い金色の左目で睨まれる。

通りかかったお爺さんが、あやすように声を掛けるが、打ち解けようとはしない。
ちょっと近づくと「あっしには関わりのないことでござんす」、と言わんばかりに風の中へ消えていった。




(まだ、このカメラの操作になれなくて、黒猫にピントを合わせると周りの雪景色が白飛びし過ぎる。一眼の時はこんな事なかったのに。機能が多すぎるのも考え物。カメラって、もっとシンプルな操作でいいんじゃないの?)
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマガラ、ヒヨドリ

2018年02月16日 | 野鳥
また、近所の公園に短時間探鳥。
アカゲラはきょうも空振り。
遠くの木ではシジュウカラが忙しない。
ならば、周囲にヤマガラ、コゲラなんぞもいるんじゃないかと探していると、
コツ、コツコツと何かを突く音が。コゲラか?
音のするほうを見ると、ヤマガラ。ヤマガラも木を突くのか?確かに丈夫そうな嘴してる。


お尻を向け、足元を突いてるようだ。


咥えた。木の実か?あれを割ろうとしてるのか。

野鳥図鑑によると、ヤマガラは樹木の実を両足で器用に挟んで、その外皮を突いて割って中身を食べるんだと。
図鑑の通りの行動に出逢うと、ますます嵌りそう。
しかし、この顔。クレヨンしんちゃんに見えるのは私だけ?

他の鳥はなかなか見つからない。こいつ以外は。
何を食べようとしてる?大食漢めが。


何だろう?この時期、公園にこんな花は咲いていない。どこかの庭先からくすねてきたか?必死の形相だな。





花じゃなくて、ビニールや紙屑の類?取りあえず目にしたものは咥えてみるのか?

こんな天候だし、確定申告が控えてるし。この1ヶ月は山登れないかも。
ブログのテーマはズルズルとシフトして行く・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つかの間の晴れ間は、やはり野鳥

2018年02月11日 | 野鳥
なんでこの晴天が明日でない?いつも同じ事考えながら、土曜日の昼休み。
近くの公園へ。




あのアカゲラを撮りたい。(後から考えると、あれはアオゲラ?木を突ついてる姿しか思い出せない)
前回見た繁みを探すが、いない。
すると、雪面から覗く松葉をかき回す鳥が。

シロハラ♀?アカハラ?図鑑と何度も見比べる。アカハラを見たことがないが、腹の横の色がもっと濃いのかな?

ヒヨドリ 羽毛の中にたっぷり空気を貯めこんで防寒。


シメ♀


ん?頭の形が。冠羽の様になってる。




首周りに襟巻巻いてるよう。頭の毛が跳ね上がっているだけか?抜け毛?


蛇の目の様で、ちょっと引くなぁ。


30分弱の探鳥。仕事に戻らなきゃ。

この連休どうするか決まらない。新潟脱出したら、大雪で新潟市に戻って来れなかったりして?







コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加