niceshotpeteの山旅

新潟県内外の山々を旅した記録です。山座同定に力入れてます。掲載した写真の何枚かはピクスタで販売してます。



2018年07月26日 | 野鳥
朝、ゴミ出しに出たら、家の前の電線の上で多くのツバメが遊んでいた。
戻ってくるまでにいなくなるなよ、駆け足でごみステーションから戻り、カメラを持って家の外へ。
まだまだその場で遊んでいた。
飛んでるツバメは撮れないから、離着陸を狙う。
シャッタースピードは1/1250。それでもボケるので、ピント強調。





















仲良く集まってるこの群れは親子なのかな?
コメント (2)

6月29日 新潟「県庁の森」

2018年06月29日 | 野鳥
病院と、道一本挟んだ隣が新潟県庁。敷地内に結構広い森がある。そのものズバリ「県庁の森」という。
県内に自生する樹木を集めた森だそうな。春先には雪割草も咲く。
病院帰りに10分ほど探鳥。






いたいた。コゲラ。久々の登場




コゲラがいれば、シジュウカラも


仕事だよ。遊んでないで、早よ帰り!

コメント

6月24日 キセキレイ・セグロセキレイ

2018年06月25日 | 野鳥
たきがしら湿原の写真の整理がつかないので、先に24日の探鳥。

阿賀町からの帰路。きょうはまだヒヨドリ以外の鳥を撮れてない。どこか阿賀野川の河原などで水辺の鳥を撮れないか。何か所か寄ってみて小花地大橋まで来た。ここから見えるダム。いつも気になっていたが、近くに行ったことがなかった。
ダムまで来る。
東北電力揚川ダム。

このダムは車で渡ることができ、渡るとそこは夫婦桜の黒岩。



ダムの上から阿賀野川の流れ。


上空には猛禽が舞っている。最初はこれを狙おうと思ったがすぐに飛び去ってしまった。
ここでもヒヨドリの鳴き声しか聞こえない。ほんとに、どこにでもいるねぇ。
ダムの上からのぞき込むとダムの基部に数羽の鳥。
セキレイのようだが何セキレイ?






帰宅して図鑑で調べると胎内に続いてキセキレイのようだ。前回は下から見上げたが、今回は上から見下ろせたので背中をよく見ることができた。
三列風切に白い縁取り。(されてると思う)
腰の脇が白い。
そして、喉が黒いのでこれはオスのキセキレイのようだ。


続いて道の駅の船着き場で。
堤防の上に鳥。
これはすぐにわかるセグロセキレイ。


川面をバックに。




遊覧船の留め具?の上に止まり、頻りに囀る。




ちょっと近づきすぎたか?顔は左右を向くが、体はこちらに向けたまま。警戒してる?

目の下にだけある白いアイリング?のせいで、目線が上に向いてるように見える。


きょうは初物の鳥は撮れんかった。ちょっと残念。
コメント

6月22日 お昼休みに探鳥 コサメビタキ

2018年06月22日 | 野鳥
とてもいい天気で、お昼休みに海岸松林で探鳥。
鳥を脅かしちゃいけないよ。
なるべく存在を消してるつもりで探していると。いた、いた!

撮影時はちょっと遠くて、どの鳥かよくわからなかった。コサメビタキかな?

ズームイン

日差しが強くてちょっと白飛びしてるせいか、アイリングは目立たないし、胸が白過ぎてもしかしたら縦斑も白飛びしちゃってるのかも?
でも、図鑑を見返して思い出した。コサメビタキは、そう嘴の黄色い子だった。
コサメビタキで間違いないと思うのだけど・・・・。もっと近づいて撮りたいが。脅かしちゃダメダメ。




コメント (4)

6月19日 コチドリ擬傷行動

2018年06月19日 | 野鳥
雉とコチドリを撮影した場所へ。
やはりコチドリしかいなかった。ちょこまか動き回るので、では動画で、と撮影開始。
しばらく撮ってると、妙な動きを始めた。
すぐには気づかず、砂浴び?羽繕い?などと思っていたが、
そうかこれは怪我したふりをしてるんだ。これが擬傷行動なのかぁ。






















近づいて来ない天敵をゆっくり振り向き睨みつけた。俺が天敵だったのか。
鳥を脅かしちゃいけないよ、な~んて言いながら、俺が脅かしてる。ズームで結構離れて撮ってたんだが悪いことをした。
許してね。
コメント (2)

6月17日 胎内川ダムのキセキレイ 

2018年06月18日 | 野鳥
父とともに母を見舞った後、まあ父の日だし一緒にドライブ。
奥胎内への林道が開通している。アカショウビンの鳴き声を聞かせてあげよう。
始めて辿る、法面が迫り落石注意の看板多数の道にビビリ気味。
奥胎内に着くが、アカショウビンの鳴き声は聴こえない。
暫く林道を辿る。他の鳥も声はすれども撮影できる距離には来ない。

私は大いに不満足だが、初めて奥胎内に来た父は、こんな所があったのかと、溢れる緑と残雪を頂く山々に感動したようである。
そして、こんな山奥に県外ナンバーを含む実に多くの車が入り込んでいることにも驚いたようだ。


最初の橋まで。他のバードウオッチャーも手持ち無沙汰。



ヒュッテ隣の林。


ヒュッテのロビーで缶ビール&ノンアルで喉を潤し、山を下りる。きょうは鳥の収穫なしか。
胎内川ダムで車を停め、ダム見物。
すると、黄色い鳥がダム湖上を行ったり来たり。チチッ、チチッと囀りながら、虫をフライキャッチしているようだ。






体下面の黄色が綺麗。喉が白い。キセキレイの♀。







また、新しい鳥を撮影できた。みゆき庵で大海老天婦羅蕎麦食べて帰宅。


コメント (2)

6月15日 雉・コチドリ

2018年06月15日 | 野鳥
病院帰りに昨日の出発地点に車を停めた。
ちょっと離れた場所に大きな鳥。カラスとちょっと違うみたい。
ズームしてみると、オスの雉。関屋分水の河川敷にもいるんだなぁ。

後頭部がパンダの額のように見える。





まん丸。鳥じゃないみたい。ウルトラ怪獣のタッコングか?


雉を追いかけてると背後でプロペラ音が大きくなる。
ヘリコ、離陸か?


飛び上がった。あれはドクターヘリ!こんな所で待機してるのか。


TVのあのミスチルの曲が・・・。





頑張ってください。


ヘリコが飛び去って静かになった河川敷にピーピー可愛い鳴き声が。
コチドリ

日本最小の千鳥だからコチドリ。金色のアイリングがオシャレ。



この辺りに巣があるんだろうな。敵が近づくと親鳥は怪我したふりをして敵をおびき寄せて巣から離し、そこで飛び立って逃げるとか。
やってみようなんて思っちゃいけないよ。野鳥を脅かしちゃいけない。って、撮影してる俺は脅かしてるんじゃないか?




コメント

4月30日 きょうからGW。まず探鳥

2018年05月01日 | 野鳥
日曜は休日出勤。きょうからがGW。
まずは早朝探鳥ウォーク。いつもの場所に車停めて海岸松林へ。
朝の弱い光だと、途端に画質が荒れ荒れ。色もパッとしない。
黒ツグミかな?と思わせられる鳴き声に惹かれて進むと、ちょっと距離のある枝の上で盛んに囀る小鳥。先ほどの声の主ではなさそうだが。
胸からはらにかけて黄色で、脇に黒い斑。目の周りも黒い。
アオジか?






結局、朝写真に撮れたのは1羽だけ。後は、カワラヒワ、コゲラ、ヒヨドリのレギュラーメンバー。

帰宅し、午前中はタイヤ交換(今頃!)、床屋。
帰省してきた姉を交えて、そろそろ母を預ける施設から、その先のお墓の相談までして、午後からはコスポを起点に2回目の探鳥。
葉が開き始めたニセアカシアの林を狙って。
アオゲラ、アカゲラ、おらんかのぉ。




休日でも防砂林の整備をしている方がいる。話を聞くと、あっちの林で木を突く音がよく聞こえるなぁ、と言うのでその方向へ。

林の中は、フジも多く咲いていて、クマンバチがブンブン煩い。


ウグイスが頻りに囀り、すぐ近くで雉のけたたましい鳴き声が聞こえたり。
でも、なかなか写真に納められる鳥がいない。

ようやく1羽捉えた小鳥。
眉と耳が白い。胸からお腹に黒い斑。
ビンズイかな?






他の鳥が撮れないので、アシナガバチでも撮るかね。


後方からプロペラ音が近づいてくるので振り返ると、背中にプロペラ背負って滑空するパラシュート。枝越しではピントが合わない。

砂浜とこの林の間には、交通量の多い道路がある。こんな所まで飛んできて大丈夫?

4時半に、ショートステイに行ってる母を迎えに行く。夕食までまだ時間があるので、買い物したり咲き始めた躑躅を見せたりして時間潰して帰宅。






慌ただしいがのんびりしたGW初日。

コメント

4月17日 新潟市の海岸松林で満開の桜とメジロ。

2018年04月18日 | 野鳥
今、新潟市の海岸防砂林の中は、桜が満開。

白いのと、薄いピンクのがあるが、これは何ザクラなんだろ?




葉と花が同時に出るが、花弁の先が切れ込まないので、ヤマザクラ、カスミザクラではないのは確か。オオヤマザクラでもない。チョウジザクラも消せる。サトザクラの中の一品種ってことか?


もう顔馴染み?になってしまったコゲラ。一心不乱に突いてます。ほんとに警戒心が薄いんだろな。そろそろアオゲラ、アカゲラに逢いたい。


背後の桜にはあまり興味がないようだ。


メジロは今年初。去年はメジロばかり見ていたような。


メジロも、撮りやすい高さに留まってくれる鳥撮りビギナ~の味方。




コメント (4)

4月13日 コゲラの赤斑

2018年04月14日 | 野鳥
きょうの探鳥もコゲラ。
撮影してる時は全く分からなかったが、PCで表示してみると、
コゲラ♂の赤斑ゲット。




ちっさ!これじゃあ肉眼じゃわからんわ。
コメント

4月10日 朝の探鳥再開

2018年04月10日 | 野鳥
昨春始めた早朝探鳥ウォーク(あれ?朝ランニングだったっけか?)
きょうから再開。(毎日というわけにはいかないが・・・)

まずジョウビタキ♂


その近くにコゲラ
すでに常連メンバー。






ん?何かを見つけたのか?


飛んでってしまった。


ウグイスもしきりに囀っているが、黒ツグミの歌声は聞こえず。

そろそろ帰らないと、と松林の中を車に向かってあるいていると、








図鑑を何度見返してもなんという鳥かわからない。もしかして換羽中で特徴がわからないのかな?
困った時の神頼み。sakaturaganさん。記事に気づいてくれたら、コメントお待ちしてます。

コメント (4)

パソコン画 百舌鳥  この辺で。

2018年04月07日 | 野鳥
いつまでもいじくっていても完成とは思えないのでこの辺で一区切り。

もっと根気が続かないとなぁ。いや、いじくればいいってもんじゃないなぁ。
師匠のように、感じた時にサラッと描いてアップするのが粋だよなぁ。


土日は冬型でお花見はないなぁと思っていたが、これはもしかしたら雪を纏った桜が撮れるかも?
コメント (4)

4月1日 野鳥の森~桜公園~福島潟 野鳥の森編。

2018年04月02日 | 野鳥
4月2日、夕方のタクシーがなかなか摑まらない。入社式とか歓送迎会とか、きょうは街中は賑わってるのかな?
閑話休題(それはさておき)

1日。そろそろ行こうと思っていた紫雲寺恩賜記念公園の野鳥の森で探鳥。
最初に目にした鳥はスズメ。続いてカワラヒワ。どこも一緒か。野鳥の森っていったって、境界があるわけじゃないし。
暖かくなってきたし、今まで見ていない鳥に出逢えるのかなぁ、とやって来たのだが。

囀りが喧しい地点で立ち止まり、暫く気配を消しているつもりで立ち止まっていると、
濃い目の羽毛の鳥が。今まで見たことない色。あれは?
暫く待機してるが、戻ってこない。諦めて先に進み、でも気になってまたまた戻ると、







野鳥図鑑で調べるとイスカ。イスカでいいんすか?って親父ギャク。

イスカの嘴が交差してるのは、磔にされたキリストの手のひらの杭を引き抜こうとして曲がってしまったんだって。自己犠牲の精神の鑑としてヨーロッパでは尊重されてるとか。

少し進むと、せわしなく動き回る鳥が。
コゲラでした。赤い毛はまた見れなかった。♀かな?








グルっと一周し観察舎までくると、

ホオジロ



どこでも見られるホオジロだが、なんだかスタイリッシュ。


イスカに逢えただけで、満足の野鳥の森。
12時廻り、どこで昼食にしようか?そういや、大峰山の麓の桜公園までたいした距離じゃないな。現状を見るため、ちょっと寄ってみよか。









コメント

パソコン画モズ 未完成その2

2018年03月25日 | 野鳥
色を重ねるのにスプレー使うのですが、点々はいかにもダサい。
そこで、JTrimのオイルペイントを最弱にしてポチっとすると色が滲みます。この方法使えそう。



きょうは一日いい天気。こんな事してないで早く出掛けたい。
コメント (2)

モズパソコン画、その後。未完成

2018年03月24日 | 野鳥
羽根に着手してから、より一層難しくなった。

ここからどう修正していけばいいのか手探り。
良く使うのは水彩画の筆とスプレー、図形の直線。あと、決め手はなんだろう?とにかく色を根気よく重ねてゆくのが大事だが、地の色が透けるように薄い色を重ねる良い手はないか?
コメント (2)