niceshotpeteの山旅

新潟県内外の山々を旅した記録です。山座同定に力入れてます。掲載した写真の何枚かはピクスタで販売してます。



4月3日 2016越後白山山開き・下山後、にわか鉄ちゃん

2016年04月03日 | 越後白山
2016越後白山山開き  今年は(今年も)ピンバッチ。でも裏にちゃんと平成28年山開記念と刻印されてる。
 
慈光寺住職の読経、五泉市長挨拶、警察署長から昨年の遭難状況、矢筈山岳会会長から今年の白山の状態
と、盛り沢山の山開き式典。やはり新潟の登山シーズン開幕は白山山開きから。
安全祈願の般若湯が振る舞われる。糖質制限中の身だが、縁起物だからまあいいか、このくらい。(この甘さの積み重ねが今を作ってきたのだが・・・)

0800 登山開始

慈光寺の杉並木


山桜


3合目を過ぎ、快適な尾根登り


6合目付近


8合目目前


雪を頂く米山が立派。 米山は、他の山から離れた位置に見事な三角形を描いているので、雪の時期は特に人目を惹く。


山頂避難小屋


1015 山頂着。まずはオールフリーで乾いた喉を潤す。俺もこれでいいや。

粟ヶ岳

やはり粟殿は貫禄充分。太刀持ち浅草岳、露払い守門岳。

雪の殿堂 守門岳。守門岳の右下に低いけどこれまた立派な山が。下権現堂山。雪が着いてると化けるねぇ。


左・青里岳。右・矢筈岳。 人里から最遠の越後百山。  




見えるとはわかっていたが、現地では判別できなかった。写真にはなんとか写ってた磐梯山


1135 下山は田村線。軽アイゼン装着


最初は急坂を下る。


6合目過ぎ 


鉄塔 ここでようやく軽アイゼンを外す。


慈光寺が近づけば、周囲は芽吹きの森




1305 下山



磐越西線 当麻橋梁

おとっつあんさんのブログで知ったSL撮影ポイント。
いつか行ってみたいとチェックしていたが、下山後の時間が中途半端に余ったので、では、きょう行ってみようと日出谷駅にカーナビセットして出発。
あまりに着くのが早すぎたせいか、一番乗り。鉄橋から真っすぐの位置に三脚セットし、まわりの山々や咲き始めた桜などを愛でながら、のんびり待機。

田んぼの脇には薹の立ったフキノトウ。トンビがピロロロロ(かな?)と鳴き、かすかにトラクターのエンジン音が響くなか、春の日差しはポカポカ暖かい。

やがて、日出谷駅を出発する汽笛が聞こえ、鉄橋にSLが姿を現す。周りの本物の鉄ちゃんのカメラがパシャパシャ乾いた音をたてる。

私は準備万端のつもりだったが、動体を撮影するのに、シャッタースピードを考えてなかった。ピンボケ。まあ、にわか鉄ちゃんだからねぇ。
撮影を終えた本物の鉄ちゃん達は、すぐさま車に乗り込み、次の撮影ポイントへ向け出発していった。


コメント (6)

4月19日 越後白山 尾根線~田村線周回

2015年04月19日 | 越後白山
ようやく晴天の越後白山に登ることができた。
スリーシーズンはヒルが怖くて敬遠してきた越後白山。
ヒルが活動する前で、半日は晴れ予報のきょう。白山に行く絶好のタイミングだった。
0803 慈光寺
0811 1合目

0818


0824 2合目


0845 3合目

0848


0857 4合目
0903 5合目
0912 6合目


一か所踏み跡が崩れかけた雪の上に。超えてから振り返ると結構危なそう。


0924 7合目


0930


0932 ここからは山頂まで雪上を行く。


0950 ここを超えると


0952 小屋が見えた。


0957 山頂着


少し戻り、山頂手前の白山避難小屋で早めの昼食

さて白山の展望。遠くは霞んでいて遠望とまでは行かないし、私のカメラではこの程度にしか写らない。









飯豊のスカイラインが良く見えるようにと色々細工してみたが、ダメダメ。
終始、お邪魔虫に囲まれての登山。虫よけスプレーも用意してなかった。


1138 山頂発
多くの方は尾根線を下るようだ。田村線の下りはまだ雪がねぇ、などの会話を小耳にはさみ、ここで軽アイゼン装着。
すると「軽アイゼンがあれば安心」と、ほっとする言葉も頂いた。


なるほど、なかなかの急降下である。

1209 天狗の腰掛


1224 6合目




夏道がでている所はしっかりと踏み固められ迷いようもない。雪の上にははっきりした踏み跡。
疑いもなく、踏み跡辿ると、1か所雪が切れた先が藪になっている。
はて?これまでの夏道の様子とはまるで違う。あたりを見回すが赤テープも見えない。
この辺が5合目でここから道は北西に向かうのか?
なんどか行ったり来たりで、余計な踏み跡増やしてるなぁ、後の人も迷わすなぁ、と思いながらあちこち探す。
ようやく左の斜面を下る踏み跡を見つけてそれを辿る。
左上には一本杉。どうみてもあの尾根に夏道がありそうな雰囲気、と思いながら進む。


1236


すると、右斜め前方に表示板や赤テープが見えた。やはり尾根通しに夏道があるのかな?
 
1241 5合目


1248 ここで雪は終わるが、そのまま軽アイゼンつけたまま下る。


1249 左に折れ、トラロープのある急降下


1251


1310 送電線鉄塔


1312 2合目
 
1334 黄金の里会館着


帰る前に早出川ダムに寄ってみた。


日本平山登山道案内図

金ヶ谷の渡渉とか、クマ・ハチ・ヘビとか、やはり私には遠い日本平山。













コメント (2)

4月6日 2014越後白山山開き 

2014年04月07日 | 越後白山
4月6日(日) 新潟県で一番早い山開き 越後白山へ行ってきた。
朝目覚めると快晴。昼前から雨または雪という、今年の日曜らしい天気。
阿賀野川沿いの道路を走っていると、正面に白山、粟ヶ岳。そして雪の殿堂守門岳が朝日に照らされ輝いている。
1日中、晴天が約束されている日なら、守門岳か、銀山平からの未丈が岳などに挑戦しようと思っていたが。
それにしても、素晴らしい眺め。
山頂まで天気はもってくれるだろうか?
7時過ぎに黄金の里会館前に着く。受付を済ませる。記念品はピンバッジだと思っていたが、今年はピンバッジはなく、
手拭いだった。私としては実用的な手拭いのほうが嬉しいが、多くの参加者に越後白山のピンバッジは人気が高いようだ。

07:30 安全祈願の神事


08:14 1合目


2合目


08:39 3合目


08:53 4合目


09:08 6合目




09:19 7合目


8合目を過ぎた辺り?から風雪が強くなる。
ようやく4本爪アイゼン装着。
しかしちょっとした急斜面が滑り登れない。
後続の方の指示で、少しトラバース気味に乗り越えるが、視界も不良。
今年の日曜日登山らしくなってきた。
この調子じゃ山岳展望どころじゃないし、山小屋も混雑だろう。以前、一度登ってるし山頂に未練はない。
今年はもう、風雪の山はよっぱらだ。
ここであっさり撤退決意。




今年の越後白山の雪庇は恐らく見納め


3合目を過ぎると、雪はほとんど消え、春山らしくなる。天気も回復してきたようだ。
イワウチワが現れ、さらに下ると主役はショウジョウバカマへと変わってくる。
かなり薹のたったフキノトウがひとつ。白い綿毛はワラビだろうか?
コゴミかなと思うのもあったが、イマイチ確信が持てない。
すると、黄金会館前に、一袋300円で売られていたのでお土産に。

越後白山を後にする。バックミラーに映る山頂に、撤退したことをちょっと後悔。

水芭蕉公園
時間も早いので、五泉市の水芭蕉公園に立ち寄る
見ごろはやや過ぎたものの、初めて訪れる者には充分の水芭蕉






気づくと越後白山は暗雲に隠れていた。撤退して正解、と自分を納得させ帰路に就く。

コメント

2月16日 越後白山

2014年02月16日 | 越後白山
相変わらず、休日の天気はイマイチの新潟。
が、きょうも昼過ぎの五泉市には晴れマークがついている。
きょうは越後白山へ。
6時半過ぎに、そろそろ起きなければと思うが、外は雨模様でヌクヌクした布団から起き出すモチベーションは低い。
起きて見ると、今度は葛西選手の雄姿にクギ付けで、出発はどんどん遅くなった。
駐車場に着くとやはり雨。だが天気予報を信じて出発。

1118 駐車場発
時間が遅いのでどこまで行けるか?5~7合目辺りの雪庇はどんな風になってるんだろう?


1127 慈光寺


1155 1合目


1208 2合目


2合目から10数分登ると3合目手前の立派な天然杉

振り返ると青空が。やはり雪と青空の取り合せは素晴らしい。



1226 3合目

3合目で左折すると、前方に薄いグリーンのものが見える。近づくとテントだった。
テントの外にいた方に聞くと、4合目まではラッセルしたが、そこまでで、先に進むのは無理でしょう、とのこと。
まあ行けるとこまで行ってみよう。
しばらく平坦だが、やがてはっきりした尾根に乗ると、急に西風が強くなる。

1243 4合目

ここでぱったりとトレースが途絶える。
4合目から見上げる尾根。左に張り出す雪庇。これが見れただけでもきょう来た甲斐がある




せっかくここまで来たのだし、少しラッセルして進んでみようと、1歩踏み出すと、ワカンごと膝上まで潜る。
あっさり退却を決める。

下って杉が現れるころ、テントが見えてきた。


そばまでくると、テントを撤収しているところだった。思ったより大人数だったが、このくらいいないとラッセルは無理なんだろう。
ラッセルのお礼をいい、先に下る。

1258 3合目
2合目あたりから雨になる。
雨を含んだ雪はたっぷりのシャーベットのようで何度も滑る。

1320 1合目

しばらく進むと滝谷川にかかる橋


雨があがり、また青空が顔を覗かせた。


1332 慈光寺

帰りは冬鳥越辺りを回って帰ろうと車を進めると、白山の右に登高意欲をそそる見事なピラミッドが。
その右のピークから尾根伝いに白山に登れるんだろうか?あれだけ目立つピークだからそれなりの名前があるのだろう。
帰宅してから「越後の山旅」で調べると烏帽子山と荒沢峰(戸倉山?)だった。
宝蔵山側から撮った写真は「シロート雅のトレッキング日記」で見せていただいたことがあるが、麓からみた姿はまさに烏帽子だった。


コメント

3月3日越後白山へ

2013年03月03日 | 越後白山
DVC00096.jpg
3月3日日曜日。
昨日からの冬型気圧配置もしだいに緩んでくるとの、天気予報。目覚めると日がさしている。これなら白山に挑戦できるか?
高知山偵察も、また行ってみたいが、新発田の予報は午前中湿雪。
角田や五頭山は、食傷気味。雪の袴腰山も、候補だったが、白山はいいよ、という皆さんの声に気持ちは越後白山に真っ直ぐ向かっていた。慈光寺手前の駐車場に停める。すでに数台の車。
支度をして出発。ところが忘れ物を思い出し、車にもどると、他の車の方が、「アイゼンを取りに来たんですか?」と尋ねてきた。
すでに下山した人が、アイゼンがあったほうがいいと話していた、と教えてくれた。ワカンしか携帯していなかったので、有難く教えを頂戴し、ワカンの上に軽アイゼンを括り付ける。
慈光寺を左に見て、沢沿いの道を行く。

雪で幅が狭くなった橋を恐る恐る渡る。
09:32 1合目でウェアを調整。

ここから急になる登山道を見て軽アイゼンをつけた。
駐車場でのアドバイスに助けられた。スパイク無しの私の長靴では無理だったのではないかと思える急登。
ついつい視線は足元に。突然、頭に張り出した枝が当たる。下を向いていた上、キャップのひさしで気づかなかった。
登山には「キャップ」じゃないほうが安全のようだ。
09:49 2合目


10:10 いい加減ウンザリする頃、右からの尾根を合わせると緩やかになり、山上のプロムナード、という言葉が浮かぶ。この右からの尾根が駐車場への最短コースという尾根だろう。(下の写真の右下から登ってきた。写真の奥へ向かう尾根が最短コース。)

新にいがた花の山旅では廃道とされているが、積雪期は辿る人がいるようだ。「越後の山旅」によると、この辺りに白山祠があるそうだ。


10:36 5合目






10:57 7合目手前、雪庇張り出す尾根。この辺りでヘリコプターの音が周囲に響きわたる。「粟が岳辺りで誰か・・・?」と、
追いついて来た白山のベテランさんが言う。


11:04 7合目


追い越して霧氷の森を進む登山者。


海老の尻尾、ができている。


すれ違った下山者。速いもんだなぁ。


突然、ガスの中に避難小屋が浮かび上がる


11:40 山頂小屋着、2階から出入り。

小屋の中は、写真の男性と、女性、私の3人だけ。もっと混んでいるのかと思ったが、この天気ではこんなもの。
もくもくと昼食を済ませ、次々出発し、例によって最後になってしまった。
悪天候の中、道に迷わないか急に心配になるが、登りの時よりも見通しが利くようになった。

12:45 山頂付近からの菅名山塊。


登りの時、この付近の雪庇の割れ目を跨いだ。先行者のトレースを辿ってきたつもりだったが、気づくとパックリ開いた深い穴が足元に。
これが崩れると遭難??ルートの選択は自身の目で、もっと慎重にしないといけないと肝に銘ずる。
今度は跨がないように慎重に下る。




1合目と慈光寺の間にある橋。今日一番小刻みなステップで渡る。

展望は得られなかったが、大満足の山行。
コメント