niceshotpeteの山旅

新潟県内外の山々を旅した記録です。山座同定に力入れてます。掲載した写真の何枚かはピクスタで販売してます。



5月28日 海のウエストン祭と新潟100名山57座目白鳥山山開き 登山編

2017年05月30日 | 栂海新道
距離       :7.41 km
上昇       :749 m
下降       :763 m
上昇継続時間  :1:50'14
下降継続時間  :1:34'39
水平移動時間  :2:34'10.8(山頂に2時間半も居たので)
最大高度     :1301 m (山頂小屋の上に登ったので、1300m超)
最低高度     :603 m



0836 駐車場はかなり広い。私は右側の路肩に止めさせてもらった。ここから右に上がって行く。


0837 綺麗な舗装路を登っていくと。 




0839 坂田峠登山口 


0840 すぐに階段・ロープが連続する急登がず~と続く。


0845


0849 整備の行き届いた道


0917 雪が出て来た。


0921


0924


0925


0926 シキワリの水場


0927


0928 皆さんが眺めているのはシラネアオイ


0932


0944 下の方は見えてるが、雲は厚い。がっかりだぁ。


0951


0955


1011


1013 よく見ると山姥平と書いてある。


1014 ほんとに平らな道がしばらく続く。


1023 山姥道との分岐


1025 雪が増えて来た。周囲はガスガス。


1026


1027


1033 もうすぐ山頂のようだ


山頂小屋


1036 山頂着


1036 小屋の上にはこんなん。の、登りたい!でも誰も登らない。まあ、登っても展望ないし・・・。


1121 御神酒


有り難く頂戴し、味わっていると、地元の方が屋上に登った!
何も望めないだろうが記念に登らせてもらおう。

1144


1145 他の皆さんは、支度し次々と寒い山頂から下り始めている。


1154 ほとんどの方が降りた後、「よろっと下るか」と、後ろ髪引かれる思いで下山開始 


1157 せめて周りの風景を、とパシャパシャ撮影しながら下る・・・・


反対側に視線を移した時、青空が!
晴れる!
山頂へ引き返す。
当然、展望台に上がる。

1210 青海黒姫山


1211 左の丸っこいのは明星山か?


1215 少しずつ栂海新道の山々が現れる。


1219 左 黒負山   右 犬ヶ岳


1224 五輪山


1244 こっちの雲も取れて来た。奥の山は?まだわからん。


1251 最奥が朝日岳


1252 五輪山の左 小蓮華山の山頂は見えているのか? 


栂海新道の山々の右は初雪山


さらに右に富山平野・朝日町方面


名前入れました。


1257 レンズを70-300mmに変えるため、一度展望台から降りる。三角点の上に蝶々


1258 高妻山 見え始めた時は、雨飾山かなぁ?と、富山の方と二人、展望台の上で飽かず眺める。


1259 戸隠連山まで見える。本院岳が特徴的。


1301 栂海山荘も見える


1302 そして初雪山の左肩奥に剱岳。きょうのハイライト。






1時を過ぎてる。そろそろタイムリミット。でも離れがたい。

中央左の三角は地蔵山


1306 金山  右斜め下に雨飾が見えてる、と、思う。金山に続く稜線と重なって見えにくいんだと下から地元の方が教えてくれる。

左の雲の中に焼山・火打山が隠れているはず。

左 乙妻山   右 高妻山


1310 剱はまた雲の中に隠れた。ここまで。下山開始

1322 山姥道分岐

1331 山姥平

1402 シキ割リの水場

1435 登山口着

海のウエストン祭会場に戻り、栂海新道の起点に降りる。


え!獣の尻が見える。熊じゃないので声を掛けると振り向いた。こんな海辺にカモシカとは。北アルプスなんだなぁ。


旧国鉄の煉瓦トンネル




反対側を振り返ると、鉄橋跡


波打ち際へ。


寄せる波が引いていく時、丸っこい石が転がってガラガラ音を立てる。何だか不思議


名立の道の駅で風呂に入り、新潟市に戻った。

越後百山    43座目
新潟100名山  57座目




コメント (2)

5月28日 海のウエストン祭と新潟100名山57座目白鳥山山開き 海のウエストン祭編

2017年05月29日 | 栂海新道
「海のウエストン祭」とは、

 英国出身のウエストンは宣教師として明治から大正にかけて3度来日。日本アルプスなどを登山し、海外に紹介した。
明治27年に糸魚川を訪れ、「親不知は日本アルプスの起点である」という言葉を残したという。
 上高地のウエストン祭に対する「海のウエストン祭」としてカタクリクラブ(故 小野建会長)が主催して今年で29回目。毎年、5月の最終日曜日に北アルプス北端の白鳥山山開きと同時に行われている。

さて、数日前の天気予報では日曜日の新潟県は快晴の予報。またまた「越の里さん」をお誘いして下越の風倉山に登ろうと思ったが、夕方の天気予報を見ると雨模様の天気に変わっていた。急遽、連絡し中止させて頂き、さてどこ行こう?早い時間から晴れマークがついているのは上越だ。
上越の新潟100名山を調べていると、日曜は白鳥山山開き。即決。

未明の北陸道を疾走し、親不知インターで降りる。どこかコンビニで朝食を、と思い探すがない?インターや道の駅周辺に1個くらいあるだろうと、よく調べもせずにやってきたが、8号線を新潟方面に戻りながら青海まで戻ってやっと711を見つけた。

また8号線を引き返し、

0542 会場着。スタッフを除くと、ほぼ1番乗りか?


0543 ウエストン像


0545 準備のお邪魔なので道を先にすすんでみよう


0547 何やら文字が刻んである。天下之険 けんの字がもっと難しい漢字?


0548

「天険」 下山後に撮影


0549


0550 引き返す方向に広がる眺め


0559 親不知IC付近の海に突き出た高速道路が見える。


また振り返り、


覗き込み、


会場を通り越し8号線に戻ると、


栂海新道登山口


登山の準備などしながら開会を待つ。

0655 そろそろ始めますと集合がかかる。


お揃いのシャツの地元山岳会メンバー


御菓子もお揃い。献花用の花も一輪貰った。



神主さんが祝詞を上げ始めると、ありゃ??風が強くなってきた。供えられた玉串が飛ばされる。天気崩れるの?神主さん、頼みますよぉ。

それでも恙なく終了し、オカリナの演奏。曲はなんと山本リンダの「狙い撃ち」オカリナ編曲。これが意外とおかしくない。ピポポ・ピポポ・ピポピポポ♪


献花された花。用意された数より少ないなぁと思ったら・・・。


今年は小野さんに多くの花が献花されていた。


会場を出て、こんな8号線を富山方向へ。境川を越えたところで左折。坂田峠に向かう。かなり雲が広がってきてるぞ??


(続く)
コメント

5月28日 海のウエストン祭と新潟100名山57座目白鳥山山開き 速報版

2017年05月28日 | 栂海新道
栂海新道を制しない限り、新潟100名山はあり得ない。まずは小手調べの。

第29回 海のウエストン祭


絶景の栂海新道 この日、この絶景を堪能したのは、山開きの多くの登山者の中の、わずか10名ほど。


あれに見えるは剱じゃないか。


栂海新道起点・親不知の海岸。 北アルプスが日本海に没する所。あんな所に階段が!昔の人はこんな危険な旅をしていたのか。


親不知は遠かった。運転に疲れました。写真の整理は明日以降。
コメント