niceshotpeteの山旅

新潟県内外の山々を旅した記録です。山座同定に力入れてます。掲載した写真の何枚かはピクスタで販売してます。



樽口峠のオオヤマザクラが

2018年04月21日 | 
樽口峠のオオヤマザクラがなくなってしまった、というのを何かで見たのですが、本当ですか?
何方かご存知でしたら教えてください。
また、下調べせず出掛けてしまう所でした。
コメント

4月19日 黒岩の夫婦桜

2018年04月19日 | 
前回、まだ早すぎた黒岩の夫婦桜。今が満開かと、母を載せ、好天の中、磐越道を東進。
道中、残雪の山々が美しい。
五泉PAに車を停め五頭連峰を。
眼下には五泉のチューリップ畑。
この五頭連峰。なんとなく八ヶ岳っぽくない?




主峰・菱ヶ岳。麓からジワジワ登っていくヤマザクラ。高度にするとまだ300mくらいだろうか?


主峰が赤岳なら、左に進みキレット越えて権現。赤岳の右に横岳、硫黄岳。ちょっと無理があるか。


安田ICで降りて、49号をさらに東進。
黒岩に着くと、あれ?遅かったか?ちょっとまばらな咲き方。登山姿のご婦人が一人撮影中。









陽射しが当たってないと、紫がかった桜。










長年足元の集落を見下ろしてきた夫婦桜。


夫婦桜の根元の祠。これもいつからここに鎮座しているのだろう?


















背後は残雪のマンダロク山

暫く見ていてもしかして、これは満開前なんじゃないかと思った。また来てみようかな?



帰りは新津ICで降りて、一路白根へ。
新潟の桃源郷もまもなく満開




ちょっと連れまわし過ぎたか?疲れたようであまり桃の花を楽しむ風ではなかった。





コメント (2)

4月13日 寺尾中央公園の夜桜

2018年04月14日 | 
たまに夜桜撮影もいいかな、と夜の寺尾中央公園に。

ソメイヨシノ


街灯が少ないので、多くの桜を一度に入れるのは無理だが、


1本だけ浮かび上がる感じは悪くない。








ユキヤナギ


開花が早かったが、思いの外長持ちしている新潟市の桜。開花後気温が下がったのが幸いしてるのかな?
コメント

4月8日 会津若松・鶴ヶ城の桜

2018年04月09日 | 
阿賀町の桜はまだまだ。
ここまで来たら、会津まですぐ。
一応、会津若松の鶴ヶ城が花見で有名なのをチェックしていたので、行ってみよう。
ほんとは花見山まで行きたいのだけれど、そこまで行くと定刻に戻れなくなるので無理。来年は行きたいなぁ。

磐越道の安田~会津坂下間は、さすがにまだヤマザクラはまばら。
新潟市内でソメイヨシノが開花した頃からの寒波で山桜前線は例年並みになったのか?読めません。

会津若松ICで降り、鶴ヶ城へ。公園の一番東側の、体育館隣の無料駐車場に停め歩き出す。
外濠沿いに歩いていく。


三の丸口から。


二の丸の中に入ると、まずテニスコートがある。昔の白山公園内の市営テニスコートを彷彿とさせる、クラッシックなコート。あそこも春は桜が綺麗だったなぁ。


内濠沿いも桜が綺麗。


廊下橋を渡って、


石垣(帯郭)沿いに回り込んでいくと


白い鶴ヶ城がド~ンと(大太鼓の音が聞こえて来そうな風格)。


本丸内は広い空間になっていて、入ってしまうと桜が少なく感じる。
桜は石垣沿いに植えられているので、時計回りに進んで天守閣の反対側まで行くと、荒城の月碑

この上が絶景スポット。

「春高楼の花の宴~」なるほど、こんな眺めを見ながら、詞の構想を練ったのか。


反対側の濠を見下ろし、


下に降りる。
小学校の修学旅行以来の鶴ヶ城。
この芝生の上で記念の集合写真を撮ったのだと思う。


では、チケット(510円)買って、天守閣に登る。
入口で見上げる。


1、2階の展示品も沢山あり(撮影禁止)、しっかり見ると相当の時間が掛かりそう。

天守閣にて
磐梯山は雲の中。


あそこはゲリラ豪雨か?




入口とは反対側に多くの桜が。
あそこに降りてみよう。






石垣の上から


桜は、満開の一歩手前、というところ。まだ数日は楽しめそう。


黄色のアクセント


また、お濠の周りを辿って駐車場に戻る。




「道の駅あいづ」から磐梯山の裾野を眺め、帰宅へ。



コメント (6)

4月8日 花冷え

2018年04月08日 | 
未明から雷鳴ったり、朝には雹?霰?が降ったりと、思った以上に悪天候。でも、家を出るころには上がってくれた。
五泉市に向かうと、対向車のフロントガラスやナンバープレートに雪が。
想定通りのローケーションが期待出来そう。

安田ICで降りて、小山田彼岸桜樹林へ。
着。誰もいません。こんな天気だし。まだ満開には早いし。
いつもの「熊怖い」虫が頭をもたげる。
エンジン掛けたまま車降りる。存在を熊に知らせるため。でも沢音が大きく、ちょっと離れると自分の車の音が聞こえない。
ビビりながら・・・。

江戸彼岸桜。









樹林の中へ登っていく勇気はない。

駐車場から少し車を進める。



これ以上進むのは土砂崩れなど心配。

下ります。途中の桜を。




林道降りてから、近くの公園で。日が差して水蒸気が上がってる。




まだだろうとは思ったが、黒岩の夫婦桜へ。
やはりまだだった。






こんなロケーション。右端が夫婦桜。

田圃からはもう蛙の鳴き声が。
先ほどから田圃の上を回っていた猛禽が舞い降りる。蛙、危うし!



トビ、かな?

雨が強くなってきたので退散。

陽射しと満開の桜を求め、県境超えて会津若松の鶴ヶ城へ。


(続く)




コメント

4月7日 おいおいヒヨドリ君。そこは君の出番じゃない。

2018年04月07日 | 

おいおいヒヨドリ君。そこは君の出番じゃなくてメジロ君でしょ?

雨の一日だったが、夕刻、奇跡的に晴れた
寺尾中央公園にて。
コメント

4月5日 新潟市も満開というが・・・。

2018年04月06日 | 
つかの間の晴れ間。週末は寒波が襲来するという。
きょう行かないとお花見できそうもないので、北区の福島潟まで。
ビュー福島潟とは対岸になるオニバス池の前の道路脇に桜並木がある。




まだ3分咲きといったところか。花見客もまばら。
風が冷たく、母がブルブル震えているので、早々に切り上げる。

ビュー福島潟に戻り、菜の花畑。こちらは5分咲きくらい?

左に二王子、右に五頭連峰。

これも早々に切り上げ、ビュー福島潟のガラス越しに俯瞰。

潟の中の葦原が所々黒いのは、葦焼きをしたから。これも福島潟の春の風物詩。

もっと満開の桜を求め、中央区の鳥屋野潟へ。




満開と言うが、まだまだ蕾があり、8、9分咲きくらいかな?
眺めのいい所に移動して撮りたかったが寒い寒いというので、車窓からの眺めで良しとしよう。

きょう6日に満開になるのだろう。
ゴミ出しの帰り道、勢いよく滑空する鳥が。ツバメもご帰還である。

コメント

4月2日 新潟市も開花

2018年04月02日 | 

勇み足で1日の開花予想をたててしまいましたが、公式の開花宣言はまだのよう。
でも、今朝、寺尾中央公園の桜並木の一番南側の木に、何輪か開花していました。
非公式開花宣言します。
昨日、福島潟でツバクロが飛んでいるのも見ました。きょう辺り、家の前にも帰って来てくれるかな?
コメント (7)

3月31日 新潟市西区の桜 開花寸前

2018年03月31日 | 
家から少し離れた場所にある桜の蕾が色づいて見えるので、1200mmで覗いてみました。



明日にも開花するんじゃないでしょうか?
富山市は開花から満開まで3日しかかからなかったとか。新潟市も木曜日辺りで見頃か?

コメント (3)

4月13日 上堰潟公園の桜と菜の花

2017年04月13日 | 
朝のうちは雨が降っていて心配したが、昼には急速に天気が回復し、お花見に連れ出す。

新潟市・上堰潟公園




左 多宝山(弥彦山)・右 角田山








水害防止のために人工的に作られた池だが、そうと知らなければ大自然満喫だろう。




桜は7分咲きというところだが、菜の花は満開。




風はまだ冷たい。もう少し厚着させればよかったなぁ。


遠く粟が岳の残雪が目に染みる。
コメント

4月11日 今朝の寺尾中央公園

2017年04月11日 | 
(作成中・・・レタッチの続きをする時間がない。という訳で暫く作成中継続)


右の車がなんとも邪魔くさいのでレタッチで消そうと思いますが、チョー難しい!
コメント

4月8日 新潟市内も桜咲く

2017年04月08日 | 
朝の寺尾中央公園 桜が開花してました。








椿は落ちて。奥のチューリップはまだ咲かず。


コメント (2)

4月17日 新潟市の桃源郷と、阿賀町黒岩の夫婦桜

2016年04月17日 | 
雨予報で山はお休み。
朝起きるとまだ雨は降っていない。
新潟市南区(旧白根市)はフルーツ王国。例年、ゴールデンウィークの頃満開となる桃の花を撮影に。
九州に思いを馳せると遊んでるようで不謹慎な気もするが、
でも、だからこそ日本の美しい風景の写真を残すことは意味があると思う。

以前から目を付けていたポイントへ、8号線を南下。
咲いてる、咲いてる。今年はやはり早めのよう。
橋を渡ると、ここはもう加茂市との境になるのだが。













背景は弥彦山


背景は角田山


温暖前線接近し、雨が降り出す。撮影終了。
往路を戻り、中央区のモンベル、WEST,ICI石井スポーツを巡り、今年の目標・八海山で使うヘルメットを試着しに。
目星をつけ店を出るとドピーカン。
一時的なフェーン現象か?山々はくっきりと。
家に戻り、昼食を済ませるが、この晴天を逃してはいかん、と阿賀町の黒岩夫婦桜の撮影に。
が、安田辺りまで来た時に寒冷前線に追い付かれる。猛烈な雷雨。
コンビニでしばし待機していると、急速に天気は回復してきた。リ・スタート。
満開を少し過ぎたようで、強い風に花びらが舞う黒岩の夫婦桜。

背景はマンダロク山。長いこと粘ったが、最後まで青空は出てくれなかった。
前回は雪が降った夫婦桜。
来年は青空の下で、と思うが、そもそも、朝からいい天気だったら登山に行くから、やはり無理なんだろう。









コメント (6)

花冷えの黒岩夫婦桜

2013年04月22日 | 
きょうこそは、菅名岳と思っていた日曜日。前日から雨となり、山沿いは雪の予報も。
雨に濡れながらの登山はご遠慮。
ただ、小山田の彼岸桜は見頃を迎えているので、これだけ見にゆこう。
登らないので時間もあるから、先に阿賀町の黒岩の夫婦桜も見に行こうと49号線を走る。
安田を過ぎた頃から、雨にみぞれが混じるようになり、阿賀の里辺りからは雪になった。
楊川改良の新設なったトンネルの手前で右折。またすぐに右折すると、左手見上げる位置に目指す夫婦桜。
ただ、そこから上る農道の坂が急で、シャーベット状になりそうな勢いで降る雪にビビり、慌ただしくシャッターを押す。






















49号線を引き返し、馬下橋から小山田へ。
小山田彼岸桜樹林帯。ここの駐車場から菅名岳に登り、鳴沢峰、花見山を辿り、最後に桜を愛でる予定だったが、
桜だけになってしまった。
駐車場に着くと、すでに5、6台の車。樹林帯でこの方々に出会わなかった。皆さんは菅名岳に登ったんだろうか?
すでに熊に出会う季節だろうと、傘に鈴をつけて、樹林帯へ。












昼に帰宅。
午後になると雨があがる。
3時ごろ、家の前の道路も乾いてきた。このまま家にいてもしょうがない。
角田山の妙光寺ルートをやってしまおう。
402号線を飛ばし、宮前口から。
妙光寺から登らないのは、単に登り口がわからないから。
347m三角点手前で右折し、281mピーク(城山)を目指す。踏み痕はあるが、やはり藪がちである。
281mピークはもうちょっと海の眺めがいいかと思っていたが、期待したほどではなかった。
ただ足元にフキと思われる葉が沢山。てことは雪解けの頃ここに来ると、蕗の薹が沢山採れるのかな?
しばらく下ると竹藪出現。猛烈な竹藪に前進を阻まれた1月の嫌な思い出が蘇る。
が、心配したほどではなく、それで油断したのか、踏み痕を見失なう。
まあ尾根を外さず、下ればほどなく妙光寺のはず。
右下のほうから沢音が聞こえてくる。しばらく下るとロープが張られているのをみてルートにもどったことがわかった。
沢を見下ろすところまでくると、前方に妙光寺のお墓が見えた。また踏み痕を見失う。どうやら沢の右岸に踏み痕があるようだ。
ここで沢に降りた。あまり登りには使いたくない場所だ。御坊沢というらしい。
面白味のあるルートじゃないが、雪解けの頃、また来てみようと思う。
以前拝借した地図を見ると、この周辺には、まだコノイリ沢をつめてゆくルートや347mピークから湯之腰に通じるルート、大沢コースなどが記されている。妙光寺もそうだが、これらマイナーなコースはこれからの季節は大変なんだろうな。
コメント