0010110 ハートの贈りもの―2020―黄金時代08年 

2020-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

九州豪雨の被災地に、愛と光を送りましょう!

2017-07-06 18:50:19 | 想像=創造プロジェクト


九州豪雨の被災地に、愛と光を送りましょう!


夏至の日の宇宙版・愛のミッションで、アシュタル司令官に手のひらを向けて光を送ったように、九州被災地に向けて、手のひらから愛と光を送るイメージをもったら良いと想います。

私たちの意識には、パワフルな創造力があります。

明るい晴れをイメージしましょう。

人々が元気に、後片付けに立ち上がっている姿をイメージしましょう。

あ、そうだ。。もう今回は、九州に雨は十分です。

アシュタルコマンドに協力を依頼して、雨雲を蒸発、散らしてくれるようにお願いしましょう。




この記事をはてなブックマークに追加

3月10日午後10時、”311:過去を書き換える「光の船の瞑想」”にぜひご参加下さい。(3/9追加)

2017-03-09 19:15:25 | 想像=創造プロジェクト
3/9追加; すでにこの瞑想を行った方から、感想をいただいています。ありがとうございます。

2015.3.11 アークエンジェル・マイケル(大天使ミカエル)による「ゆるしの瞑想」・311:過去を書き換える「光の船の瞑想」
(元記事はこちら)(ロナ・ハーマンさんによるチャネリングを脚色したものです。有難うございます。)




311がやってきます。

今年ふたたび、過去を書き換える「光の船の瞑想」を集団で行いたいと思います。どうぞご協力下さい。m(_ _)m

3月10日午後10時、集合です。

先日、コンシャス・チョイス(No.67 2017-3-6)で、私は、次のように発信しました。

まもなく311です。この日に向けて、私はふたたび、”「ゆるしの瞑想」・
311:過去を書き換える「光の船の瞑想」“を行いたいと思っています。

先日、久しぶりに一人でこの瞑想をやりましたが、これを行った2年前に比べ
て地球の波動と私たちの意識が大きく変わっており、また、この2年の間に
私たちも多次元体験を数多く積んだせいでしょう、、この瞑想体験の深さが
まったく違っていました。今年もう一度行ったら、今度は、前回とは比較にな
らないほどリアルな体験ができることを確信しました。現在はシップとの協力
体制もリアルになっていますし、この「光の船の瞑想」の中にはすでに、”愛
のミッション”の原型があったんですね、聞き返してあらためて驚きました。
ですから、”愛のミッション”で訓練を積んだ今ならば、光の船によるレスキ
ューももっと効率よく行えるはずです。

という背景があり、最初の録音は、311に直接関係したものをシェアいたし
ます。皆さんにも、私たちと一緒に体験しながら、気持ちを共有しながら、進
んでほしいので、私からはここで内容については語りません。

このセッションを通じて、じっちゃんがクライアントさんにもたらした癒やし
は想像を超えたものでした。セッション前には私たちはここが出てくるとは予
想もせず、、しかし、じっちゃんは、クライアントさんが最も癒やしを必要とし
ている根っこの部分をちゃんとわかっていらしたんですね、そこにフォーカス
してこられました。鳥肌ものでした。しかも、これまでとは違ったパターンで。。
創造主の凄さを思い知らされた圧倒的なセッションでした。(コレコレ、、今さら何
を言っとるのじゃヨ ξ\_(-_-))

皆さんどうぞ、心をオープンにして聞いて下さい。そして、決してジャッジは
しないで下さい。語っている内容の良し悪しを判断しないで下さい。私たちは
みな、ワンネスを求めて学んでいる途中の生徒なのです。ワンネスの学びのテ
キストとして、じっちゃん大学の講義録として、この録音をシェアするのです。


コンシャス・チョイスを発行したのと同じ日に、その録音、「2016-11-29 祝祭セッション録音:”2つの震災ーワンネスへの道”じっちゃんスーパー講義」のクライアントさんから、セッションレポートが届きました。

学びを求めない人の自由意志に介入しないため、今ここではこの録音を載せませんが、クライアントさんのセッションレポートは公開することにしました。

このレポートを、「光の船の瞑想」に参加する前に読んでいただきたいと思います。瞑想体験が、格段に深くなるはずです。

この方は、先日シェアした「パートナーとの関係で悩む人必読!「二つ合わせたら『円』になる、『愛』になる」祝祭セッションレポート。」のクライアントさんでもあります。そちらの退行が1回目で、今回のレポートは、同日2回目の退行体験です。

「赦す」ということ、特に「自分を赦す」ということについて、じっちゃんの導きのもと、圧倒的な体験をなさっています。「自分はダメダメ病」の方、自分を赦せなくて苦しんでいる方には、参考になるのではないでしょうか。(いやあ、そういう方には、創造主講義の学びを選んで、ぜひとも録音自体を聞いていただきたいところですが。(*´ェ`*))

また、このセッションでは、じっちゃん創造主が見守られる中、クライアントさんと私との間に、きわめて深い魂の交流がありました。このクライアントさんに限らず、毎回、セッションではお互いの魂に触れる感動的な交流があります。「きっと、このように再会することを約束してきたんだろうな、、」、そのように感じさせられることがしばしばです。セッションから私が得る学び自体も、とても大きい。

セッションでは、みんながwin-win、最高最善。。3次元世界において、私にとっては、もっともワンネスを体感できる場です。まあ、じっちゃんが総合プロデューサーなので、当然といえば当然なのですが。ヽ(=´▽`=)ノ

セッション当時の録音を聞けば、また、クライアントさんのレポートを読めば、その場の感動が蘇る。。私は毎回、本当にすばらしいギフトをいただいていると思います。クライアントの皆さん、じっちゃん、ありがとうございます。m(_ _)m


~~~~~~~~~~

なるでこさんへ

こんにちは。『こんばんは』ですかね(汗)。11月29日のセッションでお世話になりました。2回目セッションのレポートが、やっと出来ましたので、提出させていただきます。

というか、夕べ…夜中に出来上がっていまして、今日送ろうと思っていたところ…なるでこさんの方が一歩早かったですね(汗)。今日のレジマグ…私ですね!

今、家に帰って来て、この件を追記して送ります(苦笑)。

なんと申しますか…なるでこさんの祝祭セッションの素晴らしさに、4か月経った今も驚かされております。色々な考えが、色々な角度から繋がっていくと言ったら良いのか…。大なり小なり、『気付き』があります。毎日が『勉強』になります。

“小なり”とは言え、5か月前の私からすると、だいぶ大きな『気付き』なんですよね。このセッションで、なるでこさんが言っておられた、「楽しくある」という言葉通り、この状態…とても楽しいですよ。

じっちゃん創造主の、終わらないスーパー講義。これも、計画の内なんですかね。ホント完璧です!“お値段以上”です!

本当に、本当にありがとうございました!

ではでは。レポートです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

― セッション ② ―

なるでこさんの誘導に従い、先のセッションでお世話になった雲のガイドに、「人の形になって!」とお願いをする。すると、まるでアニメの変身シーンの様に、光りだした雲が人の形にゆっくりと変化していきます。変身を遂げた姿は…パチパチと瞬きする様が、なんとも可愛らしい女の子の妖精。身体の中心から全体を包む様に、やんわりと白く光っていました。

当時、不思議と彼女をHSだと疑わなかったのですが、今はそれが疑問として残ります。なぜだったのか…。HSがセッションを導く事ってあるんでしょうか…。だから、名前が『アイリーン』だったのも納得だったんですが。

ただ、質問した時の…全体の雰囲気として、私に名前を知ってもらう事は…あまり重要ではないという感じに伝わってきました。自分がHSの立場なら…確かに「名前なんて何だって良いよ!」と言う気がします(笑)。

そのアイリーンちゃんに、最初に導かれた場所は、青い世界でした。青と言っても、純粋な青ではなく…何とも表現し難い色。「深い青」とは言ったものの、少し明るめの…。

後日、ネットで偶然(?)…。私が見た青の世界。それは『インディゴ』。インディゴブルー。思わず「おぉー⁉」と言ってしまった程のドンピシャな色でした。

要するに、私は『インディゴ・チルドレン』なのだと思います。自覚はあります。世間で定義されている『インディゴ・チルドレン』の条件。それに当てはまるものが非常に多く、「自分は、そうなんだろうなぁ。」と思ってきましたので、これは納得。自覚してからの変化として、自分の気質とでも言うのでしょうか…、体裁への反抗心。それに対する罪悪感が「スゥー。」と消えていくのがわかりました。

ある意味、私はこの世の破壊者。どんどん壊して行きますよー!って…それは混乱させてしまいますかね(笑)。

支配者層からすれば、厄介者である事に…変わりはありません。これからも、そんな態度を私が選べば…非難もされるでしょうが、それを“風と受け流す”強さを、このセッションで頂きました。厄介さに拍車がかかる…て、すごく面倒くさい奴でしょうね、私は(苦笑)。

次に訪れた世界は、銀河。明らかに惑星とは違うスケール。でも形が…。まるで土星の様な…。銀河の中心、セントラルサンに集まる様に、星々が球体を形取っています。そして、土星の輪の如く、同じ様に星々が輪を形成していました。

その銀河を、アイリーンちゃんがずっと見つめていた姿…しみじみ見つめていた様子は、とても印象的でした。「あぁ…ホント好きなんだなぁ…。」と、彼女の姿から窺える程、“何か”伝わって来る、そんな印象でした。

子供の頃から、星空を眺めるのはとても好きでしたが、なぜか土星が好きだった事を思い出しました。確か…形が気に入っていたと記憶していますが、この事と何か関係あるのかな?いつか繋がる時が来るまでのお楽しみですね!

ここまでの話、アイリーンちゃんからのプレゼントの様に思います。本当は、自分で探さなければならないところ。少しだけ…自分のルーツについて、教えてくれたんだと思っています。そして、次に用意された世界への布石。次の世界が、最高のカタチで私に効くように用意されたプログラム。私を…じっと見つめていたアイリーンちゃん。あれは…「あなた、覚悟しなさいよ!」という無言のサインだったのかな…。

このメールを…レポートとして成り立たせる為には、ここから…ですかね。大きかった。一気に空気感が変わります。なるでこさんの3カウントで導かれた世界。

陸前高田。

二度と見る事のできない街並み…涙が溢れました。嬉しくも哀しい涙。懐かしくも寂しい涙。“何もない田舎町”とは物理的な話で、“全てが在った(有った)”、そんな場所でした。

「なんでぇ…」と呟いていましたが、この景色を見せられて、これから何が起きようとしているのか…予想がつかない訳がない。せめてもの救いは、展望台からの遠影だった事でしょうか。

「居た(見た)かったじゃろ?」

「そう。確かに居たかった。その場に一緒に居て、惨劇に立ち合い、一緒に乗り越えたかったんです。」

こうして私の解放は始まりました。じっちゃんの『言葉足らずな愛』は、強力な熱をもって心の“塊”を溶かします。涙と共に流れ出した“それ”は…抑え込む術を持ち得ませんでした。なるでこさんとの会話が、なるでこさんの言葉が、抵抗しようとする気持ちにピンポイントで効いてくる。その勢いを後押しします。

「もう…いいじゃん?諦めようよ。」

もう…たくさん話しました。いっぱい泣きました。充分でした。あれほど…心の内を明かした事は、今までありません。なるでこさん、私の話を聞いて頂いてありがとうございました。初めて明かした人が、なるでこさんで本当に良かった。

一緒に泣いてくれたなるでこさん。私を「愛しい」と言ってくれたなるでこさん。私は、あなたが愛しいと思います。なるでこさんも、随分とご自分を責めて来られたのですね。もう…心は癒えたのでしょうか…。

私は、なるでこさんに言われるまで…あの時まで、自分を責めていた事に気づいていませんでした。あの時、初めて知ったのですよ(苦笑)。

知らず知らず私は…私の中に別の『私』を作り、感情を押し付けていたのでしょうか。“彼”自体、意思を持っているかの様に、私の中で苦しみもがいていた…。この後の思いもよらない展開で…私はそれを知るのです。

「関西の方々へ、謝りたかったのは…自分に言っていた?」

心の中に、ポッと生まれた気持ちでした。あれは…自分の『声』だったのかな…。自分が自分に許しを請うなど…考えた事もなかった。

関西の方々に謝罪したいという気持ちに嘘はなく、それは今も変わりません。「言っても許されない。だから言う事すら許されない。墓場まで持って行こう。」そう思って来ましたから。それがこんな…。

「そうかぁ…。お前はずっと…オレに気付いて欲しかったのかぁ…。」

肩の力…全身から力が抜ける様でした。

そして後日、このセッションで、私が語った方々の言動のカラクリを知りました。私は今まで、相手の姿に自分の何を見ているのか理解できずに、ただ傷ついてきました。「なぜ…そんな事を言うのか…」と。しかし、そうではないんです。あの方々は、しっかりと教えてくれていたんです。その言動で、そういう態度をとる事で、「あなたは、こうやって自分を責めてるんですよ?」と。そうやって見せてくれていたんです。

浅はか…。実に浅はかなり、自分。感謝以外の言葉が見つかりません。

解釈の違いが、こんなにも世界を変えるのですね…。妻も皆、私に教えてくれていたなんて…。人を良くも悪くもするのは…私の波動次第。『人』を生きる事の責任と、言葉選びの大切さを痛感させられました。トホホ…。

やがて、曇りが晴れた様に次々と見えてきた、『全てを受け入れる』『その本当の意味』。”

言葉“として、溜め込んで来たモノを吐き出したからなのでしょうか。少しずつ…視界が広がっていく様な…明るくなっていく様な。

どれだけの道程を…私は曇りガラスで運転していたんですかね…。ワイパーを動かしもせず、「見えない見えない」と被害者ぶって…。もっと大変な思いをしている人を、いっぱい知ってる筈なんだけどなぁ…。

運転手が…聞いて呆れますね。

…と…これも…また自分を責めてる事になるのかな?でも、もう大丈夫です!じっちゃんとなるでこさん、私をサポートしてくれている存在、皆さんのおかげで、自分へのSOSに気づけましたから。それに、あれから…何度も録音を聴いて、何度も自分の為に泣きましたから。

自惚れではなく…今はただ、客観的に自分に愛しさを感じている私がいます。何とも不思議な感覚。

ここから…また始めますよ。妻とのRe:startは、前回書きましたが、これは、本来の自分へのRe:start。

ガラスの曇りを取ったら…道は真っすぐでした!…っていうオチだったら良いですね(笑)。

終盤、なるでこさんは、「後から大っきなモノが、抜けてくるかもね!」と言っておられましたが…あれは、何か予感めいたものでもあったのでしょうか。私は正直、もう感じきったつもりでいました。本当に、心の底から「充分だ」と思っていたんですよ。

でも、やっぱり続きはありました。これもまた…今まで言われ続けて来た事なのです。

このセッションを受けた事による一番の『気付き』。

この時私が語った事。これまでの悩み。私は今まで、それぞれが別々の…独立した問題だと思っていました。でも、1回目のセッションを経て今、私に言える事…それは…。

「これって表裏一体じゃね?」。

『表裏一体』すなわち『円(愛)』。当てはまりますよね?津波で大切な人を亡くされた方々。無事だった方々。住む家を流された方々。無事だった方々。その場に居合わせた方々。そうでない方々。ミクロ単位の私ですら…自分を許せずにいた私と、許してほしいともがき続けて来た私。

二元性。

皆、2極に分かれている。色んな事をきっかけに、1つだったものがそれぞれの立場に分かれている。震災や自分の事だけじゃない、今の社会や他の人だってそうなんじゃないか⁉…そう思いました。

この世の問題は、みんな二元性が元?

全然気づきませんでした。他に…例外が思い当たらない…。

それに…ビックリしたんです。1つの事柄を2つに分けてしまう思考、その流れのあまりの自然さに。自然過ぎて…無自覚過ぎてビックリしたんです。

そこで、自分なりに1つ仮説を立ててみました。この世界に『男』と『女』が存在した時から、2極に分かれる事は、人間に与えられた自然の理の内なんじゃないかと。

その自然さで、2極に分かれる事は…人類は出来ている。それは、身近な所で、これまでの歴史も証明してくれています。でも…そこで終わってしまう。

そこに、『円(愛)』を当てはめると…。それは、すでに最善。対極同士の選択次第で、そこに最高の愛が生まれる可能性があるという風に言えます。

そうだとすると、この構図…昔から変わってないんじゃないかなぁ。昔から、愛が生み出る可能性でいっぱいだったんじゃないかなぁ。

昔から、愛しかなかったという事ですかね(汗)。

この考えに至った時、何とも言えない…遠い昔に思いを馳せるというか、「さんざん闘って来たなぁ…。」みたいな気持ちになりました。「やっとここまで来たかぁ…。」という気持ちにも。今生も含め、過去生から来る気持ちなのかなぁ。その後は…しばし無言(汗)。

1つを2つに。そこに『愛』を生み、添えて、また1つに戻す。『分離』と『統合』。私なりの『二元性』の解釈。この世の問題も、私の悩みも、みんな二元性。そして、それはまだ『過程』でしかなかったという事。

さんざん悩んで来たわりには…表現が軽すぎてどうも…。自分的にはしっくり来るんですけどね…。

すごく気持ちが軽くなりました。不思議と、対極を作り出してしまう事へのジャッジも無くなりました。不思議でもないですね。今まで『結果』にして来た事が、『過程』だったと知ったのですから!不平不満、愚痴や文句で終わらせていた所が、「このケースで…オレはどんな愛を生み出せるんだろうか。」にシフトしたんですから。ポジティブでいられます。

私の今居る場所、今ある立場は、自ら選んだ『極』です。せっかく人間でいるのですから、最高の愛を生み出して行き(生き)たいですね。いや、その様な…状況や立場を見定め、愛を生み出していく人に、私はなります。

過去のセッションで、『言葉が人を創る』と語られていました。だから、私はその様に生きていきます。そう…宣言します。

祝祭セッションは、1つの愛のカタチ。私は、それで満たされました。なるでこさんが提供してくれた愛を、私で止める訳にはいきません。周りにちゃんと流していかないと!

『循環』…ですね。この言葉を想う時、やはりイメージするのは『円』。

…すごい。ホント『円』でいっぱいだ。私も妻も、彼と彼女も。あれもこれも。

あ…ここまで来て思いました。このセッションの本当の『気付き』は…

「この世界は円で、愛でいっぱいでした!」

でした!

♪チャンチャン♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

…という感じになってしまいました(汗)。セッションの内容から、「きっと凄く暗くなっちゃうんだろうなぁ。」と予想していたのですが、書いてみたらこんな感じに…。

しかし、1回目があったからこそ、このセッションが成り立ったんだと思っています。1回目の『気付き』がなければ、このレポートも書けなかった。この日のじっちゃんが“言葉足らず”だったのは、私に考えさせる事で…私の内からの言葉とさせた…。

じっちゃんの愛を…感じずにはいられません。

私は…この2つのセッションを、1つに戻せたかな…。円に出来たかな…。

まだまだ、私のセッションは終わりません(笑)。

また、今年も『3.11』がやって来ます。この日は、ご遺族の方々や大切な人を亡くされた方々が、人目を気にする事なく『泣ける日』だと思っています。普段は…とても気丈に、そして笑顔も見せてくれる。本当に強い人達です。だからこそ泣いて欲しいと、いつも思います。

人の数だけ『3.11』はあります。人の数だけ…様々な『あの日』はあります。『あの日』、当事者となった方々へ。『あの日』、押し潰されそうな不安、恐怖と闘った全ての方々へ、私は、愛と光を送ります。その愛を「望まない」と言う方もいらっしゃるでしょう。せめて、その土地、その地域、日本へ、光の柱を立てたいと思います。

なるでこさんは、地域の復興を気に掛けておられましたね。ありがとうございます。でも、なるでこさん、安心して下さい。街は復興します。全国から、世界からの善意が集まって、それが形になり始めています。私の地元でも、私の周りでも、それを感じています。

ただ、人の『心の復興』はどうでしょう。それは…また別だと思います。そこを何とかしてあげたくて…でも、何も出来なくて。ただただ…自分の無力さを痛感させられるだけの6年でした。

“欠乏感”を埋める事は、私の立場では100%出来ないかもしれません。しかし、この立場を選んだ者として…やれる事を、しっかりやって行きたいと思います。もう…何を言われても、このセッションを思い出せば、ブレる事はありません。ただ、その場その場で、愛を選択するだけ。そうやって、地元に、人に寄り添って行きたいと思います。

それと…もう1つ。今年の慰霊祭、献花に行きます。今まで…行く事を拒み続けて来ましたから。「自分みたいな人間が行っては失礼だ。行く資格などない。」と。それも、もう終わりにします。

このセッションから愛を受け取った、愛に生きると宣言した私の…第一歩。

…遅すぎの一歩ですけどね(苦笑)。しかし、この一歩が、この変化こそが、『自分への赦し』の証なのだと思いたい。

“何もしなかった6年”を埋めるつもりで、しっかりと手を合わせて来ます。

多くの魂が、じっちゃんからの愛と光に照らされます様に。そして、多くの人に、じっちゃんからの愛と光が届きます様に。

それでは…なるでこさん、この辺で。

じっちゃんからの愛と光。『愛』と同義の名を持つあなたへ、送らせて下さい。送る事…許して下さいね。


~~~~~~~~~~


ありがとう。。涙と共に受け取りました。m(_ _)m 私から付け足すことは何もありません。ただ、こういう人たちと一緒に、この3次元の世界、二元性の学びを終えて、、ニューアースへ、統合の世界へ、入っていけることに感謝します。




この記事をはてなブックマークに追加

「愛は最善を為す」 大いなるものと繋がること・執着を手放すこと

2016-11-18 14:53:58 | 想像=創造プロジェクト
画像をクリックして下さい。





「「愛は最善を為す」 ヒーリングのエネルギーを送って下さい!(11/14更新)」、この記事を発端に、美しい愛と光のやりとりが続いています。以下のリンクを、ぜひご覧下さい。読むだけで、波動が上がります。人々の愛の、この宝石のようなきらめきがわかる人は大丈夫、、あなたも愛の網の中にいます。(愛の網って何? 別記事で書きます。)

https://plus.google.com/106384820019919900744/posts/iChhKhqwUhx

https://plus.google.com/102962594866369239980/posts/KAxLEBoh9aU

https://plus.google.com/116838326476520292727/posts/UbtEUBhtL5q
https://plus.google.com/113039383597482507015/posts/edyrtZXsVYk


私の小さな呼びかけに、こんなにも真剣に、温かく、愛をもって応えてくれる人たちがいる。。本当に嬉しく思います。希望を感じます。m(_ _)m

ところで、こんなメールもいただきました。

なるでこ様

前略
突然失礼いたします。
ブログ拝見しております。
ナギサさんのもとへ、なるでこさんに行って欲しかった、、。
たとえ手遅れでも、、。
お忙しいとは存じますが、、。
わたし自身、このような重症の方から急に助けを求められた時、全てを投げ打って駆けつけることが出来るかどうか、、、とても考えさせられています。
不躾で申し訳ありません。
お母様、なるでこさんに、切に助けてほしかったのだろうと思って、、。
わたしも、愛と光を送ります。
失礼いたします。
かしこ


う~ん、、このような考え方も理解できますが、、もう、、違うんですね。かつての私なら同じように考えたかもしれませんが、、もう、これではないんです。

どう説明したら深いところを理解していただけるかな~と思案していましたが。。。夢を通して、上からメッセージが来ました。以下の言葉でした。私のハイアーセルフが話していたのでしょう。

「今は、私(なるでこ)ではなく、もっと大きなものと繋がることが大事なのです。そして、それは、私(なるでこ)のいる場所には関係なくできることなのです。」

何を言っているかというと。

ナギサさん、ミキさんが、この段階で必要としているのは、もはや、私(なるでこ)個人ではなくもっと大きなもの、つまり創造主とつながることなんですね。私は、治療者でもなければ、じっちゃんへの仲介者でもない。本人たちがじっちゃんの愛を思い出す、じっちゃんの愛に再びリコネクト(再接続)することが、彼らの心身の癒やしと魂の進化につながるのです。

従来のように、誰か有名なヒーラー、奇跡の心霊治療者がいて、その人のもとへ行くなり来てもらうなり、とにかくその人の治療を受けることで救われる。。そういう認識はもう古い。創造主と切り離されているという、分離の幻想世界ならではのやり方でした。

私たちはその古いパラダイムから抜け出て、新しい世界へ行こうとしています。新しい世界では、自分が自分の治療者になるんですね。自分は創造主の一部であると思い出すことで、自分にも創造の力が戻ってきます。健康でも、豊かさでも、自分が求めるものは、(自分の中の)創造主と共同創造できます。

私たち、ニューアースへのタイムラインを選んだ者はもう、それができる波動にいます。

私の今回の役目は、ミキさんとナギサさんにそれを思い出してもらうこと。そして、その役目は、彼女たちと私がどれだけ離れていようとも関係ないのです。

そもそも、愛でつながる次元には時間も距離もありません。その”場”に、さらに私は大勢の人を招待しました。”愛のエネルギー”の量子場を、私は大勢の人と共有したかった。大勢の人と共同で、大きな愛の波を創造したかった。それが、今回私がこのような形で活動を行った理由です。

それは、ナギサさんだけでなく、今、病床にあるすべての人に届く愛の波になるのです。苦闘しているのは彼女一人ではありません。あるいは、病気の人だけではありません。分離の幻想の中で苦しみを作り出してしまった人が、世界中に無数に存在します。

そのあらゆる人を癒やすためにひたひたと広がってどんな隙間へも入り込んでいく、そんな愛の波になるのです。一度作り出された愛の波は、ナギサさん、ミキさんに届いた後、そこだけに留まるわけではありません。その後もストップすることなく、消えることなく、必要とされているあらゆる場所へ、どこまでもどこまでも導かれていきます。私はそう信じています。天からもたくさんの支援を受けて、さらに生き生きとした豊かな波になって。

そして、もう一点、重要なことを書きますね。

それは、「欲することはいいけれど、執着はしないで下さい」というもの。

こうなって欲しい、ああなって欲しい、、日々、多くの望みや期待がありますね。しかし、それに、執着はしないで下さい。ポジティブにビジュアライズして望みを宣言するのは良いのですが、それが執着になってしまってはダメなのです。

何故なら、執着は恐怖と関係するからです。

執着は根っこに恐怖があります。「~~がイヤ、耐えられない。どうしてもこうなってほしい。」 あるいは、執着は恐怖を生み出します。「~~のようになってくれなかったらどうしよう、怖い。困る。耐えられない。」 

執着は、5次元の波動ではないんですね。

厳しいことを書きますが、生への執着、これも執着です。生への執着は、死の恐怖と裏表になっています。

じっちゃんの愛の世界、私たちの本当の世界は、生死を超えた向こう側にあります。3次元で認識する生死は、肉体の衣を脱ぐか脱がないかだけの違いですね。魂の存在である私たちには、死というものはもともと存在しません。

まずは(これが最後まで頑強に残る執着の一つですから)、生への執着、死への恐怖を手放しましょう。生死を、行き止まり・断崖絶壁と見るのはやめましょう。死の向こう側もどこまでも続く平坦な道であり、死という出来事は魂が通り過ぎる道の一つの道標と考えましょう。意識を、その先の実在へと進めましょう。

そして、そのように意識を向こう側の”恐怖のない世界”へ進ませた上で、あらためてこちら側を振り返りましょう。

向こう側に立ってみて、なお、「自分はまだ生きていたい。いろいろ体験したい。世界に貢献したい」と願うならば、、一つの条件付きで、つまり「それが自分の魂の望みならば」という条件付きで、「今回はまだ死なない、生き続ける」と、そのように欲するのが大事だろうと思います。

なぜ、そのような条件を付けるかというと、自分の魂の望みは表面的には、なかなかわからないから。

ですが、じっちゃんの愛を信じていれば、「どのような結果になろうとも、それが愛であると、愛が最善を為した結果である」と、受け止められるはずです。

まずはその境地に達してから、すなわち「結果的に何が起ころうとも、それが最善である」ということが自分の真理になり、生への執着すら手放して腹をくくった上で、その上であらためて、たくさんの願い、望みを天に告げたいと思います。「支援が欲しい」と、大声で叫びたいと思います。

執着を手放していることがわかれば、天も私たちの魂の成長を喜び、安心して((^○^)、ハハハ)、できる限り私たちの希望に添うように手伝ってくれるのではないでしょうか。

そういえば、私の祝祭セッションの基になっているQHHT、ドロレス・キャノンさんのヒプノセラピーですが、彼女は、奇跡のヒーリングを起こすことで有名でしたね。彼女のセッションにおいては、癌末期の患者がハイアーセルフのヒーリングを受けて劇的に回復する、、そのような事がたびたび起こったようです。

しかし、、私のセッションでは、(じっちゃん)創造主はもちろん劇的なヒーリングを施して下さいますが、あまり肉体のヒーリングには重きを置いていないように感じます。コンシャス・チョイスでじっちゃんの講義を聴き続けている方には、理解していただけるかもしれません。

じっちゃんの講義の主眼は、私たちの魂の進化・成長です。第3密度を卒業して第4密度へ進ませることです。

創造主ですから、奇跡のヒーリングができないわけがない。現に、セッションに来られたクライアントさんたちはヒーリングを受けて、劇的に癒やされて帰られます。しかし、じっちゃんご自身は、そのような肉体における奇跡の顕現を私のセッションに求めておられるのではない、、そういう風に、私には感じられるのです。

じっちゃんは、「魂が癒やされて、本来の輝きやパワーを取り戻すならば、身体の癒やしも後からついてくるよ」、それを、私たちに見せたいのではないかな。

「先に魂ありき、意識ありき」なんですね。身体の不調は、意識が作るものだからです。ですから、「自分の身体は自分の意識で治せるよ。共同創造主としての力を使ってごらん」、じっちゃんは私たちに、そこへ目を向けてほしい、集中してほしいと願っておられる気がします。

また、今は、ドロレスさんのセッションが行われていたころとは決定的に時代が違いますしね。1970年、80年代にはまだ今ほど地球や人類の波動は上がっていませんでした。今ほど、アセンションに近づいていませんでした。

しかし今は、アセンションを目前にして、生死を隔てるベールが非常に薄くなっています。上でも書きましたが、死ぬということの重みも解釈も違ってきています。上の次元の人、亡くなって上の次元へ戻った人との交流が普通に可能になる時代が近づいています。

「生きる死ぬに、もうそれほどこだわらなくてもいいよ」、そういう思いがあって、私のセッションでは、じっちゃんの癒やしの重点は肉体にはあまり置かれないのかもしれません。

とはいえ、これは私の推測なので、もし違っていたら、じっちゃんから訂正が入るかもしれません。肩をツンツンってね。((^┰^))ゞ

ということで、2回目の「愛は最善を為す」の記事。ヒーリングという行為自体、今までの認識とは違ってきていますよ、それは、魂のヒーリングが先に必要であり、そのためには創造主の愛とリコネクトしましょう、、そういうお話をしました。

もう一度強調しますね。創造主の愛とリコネクトすることにより、個人は個人が創造するリアリティにおいて、そして集団は集合意識が選ぶリアリティにおいて、あらゆることが可能になります。

自分のリアリティを、創造主の愛にリコネクトしていきましょう。瞬間ごとのコンシャス・チョイス(意識的な選択)によって、望むものへ再創造していきましょう。





この記事をはてなブックマークに追加

「愛は最善を為す」 ヒーリングのエネルギーを送って下さい!(11/14更新)

2016-11-14 07:32:40 | 想像=創造プロジェクト
11/14更新1; ハート・コミュの方で、質問をいただきました。この記事の下に、私の答えを書いておきます。ぜひご覧になって下さい。

更新2; ヒーリングエネルギーを送るって、どうやるの? イメージを持ちにくい方もいらっしゃるかもしれませんね。ヘミシンクでは、自分の愛のエネルギーをイルカの形にして、その方の体内へと送りこみます。イルカは上の叡智とつながっていて賢いので、どこをどう癒やしたら良いかを知っています。ですから、詳細はイルカに任せます。ヒーリングが終わったら、また、彼らを自分のもとへ帰らせます。私は、自分がエネルギー体としてその人のそばへ行き、自分が愛の毛布のようになってその人を包み込む、そんなイメージを持つのも好きです。今、多くの方が”愛のミッション”に参加して下さっていると思います。次元の海の底から上がってくるとき、その途中のどこかで、恐怖をかかえたナギサさんとミキさん(お母さん)がいらっしゃるかもしれません。もし見かけたら、彼らをあなたの光の腕でしっかりと抱きしめて、一緒に上に連れ帰ってあげて下さいね。よろしくお願いします。






皆さんにお願いがあります。

!!!ヒーリングのエネルギーを送って下さい!!!

カウンセリングを依頼してこられた方の娘さんですが、左足にできた悪性腫瘍のために、この18日に切断手術が予定されています。手術しないと、余命3ヶ月だそうです。

ご相談がもっと早くて、彼女がまだセッションに来られる状態であったならば、、祝祭セッションで、じっちゃん(創造主)にヒーリングをお願いしたかったのですが、、もうその時間がありません。

でも、私はあきらめたくない。

私たちの集合意識の力で、どういう形であれ、彼女にとっての最高最善の流れを導きたいと思います。

じっちゃんも、きっと手伝って下さる! 「あなたたちにも創造の力はあるのだから、意識を合わせて共同創造してごらん」、そう、おっしゃっておられる気がします。

ちょうど今、私はヘミシンクのセミナーで、次元を上がるセッションを繰り返しているのですが、この件についても、先日のるみさんのケースと同様に、「どうしたらいい? 私に何ができる?」と、必死で、じっちゃんたちにたくさんの問いかけをしました。

そうしたら、メッセージが降りてきました。じっちゃんからです。

愛は、最善を為す。
私は、最善を為す。
愛の中にいて下さい。


私は愛するというのがわからなくなったので、さらに、愛するって、どういうことですか?と、問いかけました。すると、答えは、

ありのままを受け容れること。
自分が光であることに気づかせてあげること。
そして、励まして、励まして、励ますこと。


というものでした。

共同創造主として、私たちの力で、最善を為しましょう! この経験は、今後の私たちの次なるステップ、大きな飛躍にもつながってくる気がします。

皆さん、下記の方へどうぞ、愛と光を、送ってあげて下さい。よろしくお願いします。

~~~~~~

ヤマシタ ナギサ さん
17歳
福岡県


~~~~~~~~~~~~~

2016-11-14 追加

上の私の記事に対し、皆様、ご協力ありがとうございます。深く真剣に受け止めて下さって、感謝です。

質問をいただいていますので、ここでお答えしますね。

身体のヒーリングのみをお願いしているわけではありません。”どういう形であれ、最善を為す”と、私は書いてますね。魂も含め、彼女の全体性において、最善を為すという意味ですから。

やせ細り、足だけ3倍に膨れあがり、痛み止めのモルヒネで意識がもうろうとしている、それでも「お母さん、大好き」とささやく娘さん、それを見て、最後の一本の藁として私に連絡をしてきたお母さんに、病気がカルマの仕事だからとか、愛のミッションをやりなさい、ハートの小部屋に入りなさいとか、言える余裕はないんですね。今もうこの段階では、身体も魂も外側から愛で包んであげなければだめなんです。溺れている沼から、とりあえず上がってくる命綱が必要なんです。

誰が、どういう状況にあろうとも、愛と光を送ること、傷つき迷っている魂にヒーリングのエネルギーを送ること、、そのこと自体には何の問題もない、と私は思います。

リクツじゃないんだな。(ふと、イエス様を思いました。彼は自分の周囲に群がってくる病人たちに対して、「おまえは良い。おまえはだめ」、「それは、おまえの今世の仕事だから」等と言って、誰かを追い返したりしただろうか。。)

目の前に苦しんでいる人を見ると、無条件の愛があふれ出し、私たちは、何かをしてあげたいといてもたってもいられなくなります。無条件の愛は、頭のリクツを乗り越えて、どんな場所にもどんどん入り込み、包み込んでいきます。そして、無条件の愛は、それこそ相手にとって最善の形を取っていくんですね。

じっちゃんたちも、私たちから発する無条件の愛を最善の形で用いてくれるはず。それが、私の創造主への信頼です。

お母さんもコンシャス・チョイスの読者で、魂の道の学びを進めてこられました。その上で、私からお母さんには、今ここが、「最終的な浄化として、残っていた恐怖が形を取って上がってきていること」、「お二人にとって、愛か恐怖か(つまり古い3次元の死生観か、じっちゃんの愛を体現して生きるニューアースか)を選ぶ重要なタイミングだということ」等、深い話をしました。お母さんは、「娘にも伝える」とおっしゃって下さいました。

いろいろなことを頭では理解したつもりでも、やはりこの3次元の世界に生きている限り、根源的な生の恐怖は取り去りにくい。しかも自分自身ではなく、愛する者がそれに直面するのを見ると、私も含め、どんな人でも大きく揺れます。うずくまってしまいます。

だから、周囲から愛で包み、背中をさすり、手を取ってあげるんですね。

そう、じっちゃんが送ってくれている大勢の”慰めの天使”と一緒にね。




この記事をはてなブックマークに追加

7月27日22時27分、2016年7月お誕生会集団瞑想(音声ガイドアップ)

2016-07-27 10:15:56 | 想像=創造プロジェクト


7/28 更新: このお誕生会集団瞑想のスクリプトをこちらに載せておきました。

7/27 09:51 更新: 幹事のkiyokoさん、ありがとうございます。ヽ(^◇^*)/

kiyokoさんのスクリプト、私のもとへ来ているメッセージといろいろシンクロしており、楽しみながら録音しました。曲は、kiyokoさんの指定された候補の中から、私が選曲も順番も決め、少し言葉も直しましたが、全体でよくまとまったと思っています。自画自賛。(^^)ハハハ。。昨夜、何とかアップしました。諸般の事情でyoutubeでの公開ができないので、mp3ファイルのみです。

最後の宇宙からの声、、あれはきっと、○○司令官ですね。私の祝祭セッションとの関わりが深まりつつあります。(理由は知っている方は知っている。フフ('-'*)) じっちゃんが、「地球は孤軍奮闘ではない。宇宙には応援している者たちがこれだけ大勢いる。今、地球を囲んでいる。それをみんなに知ってほしい」と、おっしゃっています。

皆さん、今回のお誕生会集団瞑想は、最後の大ミッションを手がけると共に、じっちゃん創造主やAAマイケルを始め、やおよろずの神々からのメッセージが満載です。今、私たちは大きな転機を迎えています。自分がどの波動帯へ行きたいのか、ビジョンを明確にし、そのためにできることをどんどん実践していくときです。

リラックスして、壮大なkiyokoワールドを楽しみながら、私たちに愛と光を送ってくれている人々からのメッセージに、真摯に耳を傾けてくれると嬉しいです。

7/27 01:09 更新; 音声ガイドアップしました。今回は、youtubeはありません。mp3ファイルのみです。ダウンロードは以下から。取り急ぎ。 (・・*)ゞ

5次元で楽しむ2016年7月お誕生会誘導瞑想.mp3


7月お誕生会集団瞑想のお知らせです。

今月も前月に引き続き、ハートコミュ・メンバーのkiyoko yamadaさんが幹事を担当して下さいます。前回の「地球といっしょにかぁ~るくはばたこう!」/ 地球の核(コア)にからみついている人間が生み出したネガティブ・エネルギーを断ち切るミッションは、全体の半分、前半部であり、今月、残りの後半部を行いたい、というご希望をいただいておりました。ありがとうございます!

kiyokoさんからのメッセージは、その3その2その1。

日時:  7月27日22時27分
テーマ: 紐解いて、あっと驚く玉手箱☆目覚めよ真我の光
~~~~~~~♡
スクリプトの内容
~~~~~~~♡
☆竜宮城へ
☆天空の城へ
☆世界樹
☆あっと驚く玉手箱
☆目覚めよ!真我の光
☆7月のお誕生会
☆フィナーレ歌
~~~~~~~~ 
プレゼント
☆天女の羽衣か、キューピットの羽☆
☆あと、二つは当日のお楽しみです♡
~~~~~





なお、急な決定ですが、このところの状況の変化を鑑みて、お誕生会集団瞑想「想像=創造のエクササイズ」は、今月で終了することにしました。

理由は以下の通りです。

まず、地球の波動上昇に伴って3次元の旧パラダイムの崩壊が進み、状況が大きく変わってきたこと。エクササイズの段階は過ぎました。混乱が広がってゆく世界において、いよいよ本番を迎えます。これからは、先の「ガイアへ捧げる誘導瞑想」のように、その時々にタイムリーに目的を明確にして、実務的に、これまで訓練してきた私たちのビジュアライズの力を使っていきたいと考えます。

地球乙女の変容にも著しいものがあります。彼女と私たちの関係も従来とは異なっていきます。二元性を統合していくのは当然のこと、私たちはさらに、地球の多次元意識と共に生きること、与え与えられる輪の中に復帰していくことを目指します。

そして、個々人においても、自分のリアリティ構築のために想像=創造の力を使いこなすときです。自身のハイアーセルフとの融合や、肉体の変化/ライトボディ化の促進に、集中して取り組んでいく必要があります。

”じっちゃん”にも相談しました。「あなたがそう感じるようになったのならば、次の段階へ進む時が来たということです」と、背中を押していただきました。今後は、じっちゃんの方から、「集団瞑想が必要な状況、特別に光を送ってほしい対象が出てきた場合に、メッセージを降ろします」ということでした。そして、「今後もエクササイズを続けたい人は、これまでの録音が残っているので、その財産を活用して下さい」とも、おっしゃっておられました。

欧米では、99%側の人々の(怒りによる)覚醒が進み、NWOの弱体化も相まって、急速に混乱が広がり始めています。平行して、様々な形で、ディスクロージャーも進んでいます。

ライトワ―カーにとっては、、、車で言えば、アイドリングは終わり、いよいよ出発といった感じですね。

忘れてはならないのは、「自分の車を運転しているのは自分だ」ということ。ハンドリングもスピードも、自由意志=自由選択=自己責任です。じっちゃんが、「ライトワ―カーでさえも、大きく揺さぶられるよ」と、おっしゃっています。この先にどんなアップダウンがあるか、予想していたはずのライトワ―カーでさえ、大きくハンドルを取られる状況になるかもしれません。何が真実で、何がそうでないのか、自分が信じてきたものは正しかったのか、見えなくなる日が来るかもしれません。

覚悟して、、、でも、アドベンチャーを楽しむ余裕で、、、アップダウンをやりこなしていくしかありませんね。一緒に行きましょう。(^_^)





この記事をはてなブックマークに追加

最重要ミッション! 6/21, 23:11, 2016年6月お誕生会集団瞑想「地球といっしょにかぁ~るくはばたこう!」のお知らせ

2016-06-20 20:28:52 | 想像=創造プロジェクト
エネルギー的には、私たちの次元上昇もいよいよ山場にさしかかってきました。今夏の夏至は、2012/12/21と同等の意味を持ちます。

お誕生会集団瞑想は、祝祭セッション、コンシャス・チョイス、また霊導者さんを通じてやってくる”じっちゃん”のメッセージと完全に連動しています。お誕生会瞑想を通じても、私たちライトワ―カーへのミッションが降ろされています。

今月は、地球の核(コア)にからみついている人間が生み出したネガティブ・エネルギーを断ち切る、というテーマです。

「闇にとらわれた人そのものを憎むのではなく、生き物のごとくからみついたネガティブ・エネルギーを愛と光で包み込んで溶かし去ってほしい。中身はみな同じ光の子供なのだから」。それが、先日のじっちゃん創造主からの緊急メッセージでしたね。”一なるものの法”の真髄に迫る内容でした。(記事はこちら。録音はこちら。)

そのメッセージが、今回の集団瞑想での共同ミッションとシンクロしています。すべては”多次元”の今において、差し迫って重要なこととして起きています。

今月の幹事は、ハート・コミュ・メンバーのkiyoko yamadaさん。これまで彼女に多々降りていた上からのメッセージが、このミッションに結集しました。毎回の幹事さんもそうですが、タイムリーなお役目、ありがとうございます!

私たちの波動、それに伴うタイムライン、リアリティが分岐を始めています。ライトワ―カー、地球の次元上昇支援のボランティアを自認する方は、ぜひご参加下さい。多次元的に、非常に重要なミッションです。


日時:  2016年6月21日午後11時11分
場所:  ハートアイランド地下の地球の大きなクリスタルの歯車のある場所
テーマ: 「地球といっしょにかぁ~るくはばたこう!」





(今回は都合により、youtubeはアップできませんので、MP3ファイルをダウンロードしてお聞き下さい。)


kiyokoさんの説明はこちらです。

今回のミッションには、三種の神器が必要です






































この記事をはてなブックマークに追加

2016年4月5月合同お誕生会集団瞑想「ニューアースで夢をかなえよう」のお知らせ(5/26追加)

2016-05-27 00:36:53 | 想像=創造プロジェクト
(5/26追加: 誘導瞑想のスクリプトはこちら、用いられる楽曲の歌詞がこちらに載っています。penchan、素晴らしいスクリプトをありがとう! 皆さん、歌詞を見ながら、ぜひぜひ一緒に歌いましょう。歌いながらでも、瞑想できるよ。覚醒瞑想ね。(*^-゜)vィェィ♪)

先月、地震のために延期した「5次元で楽しもう想像=創造ゲーム、2016年4月お誕生会・集団瞑想」を、5月のお誕生会と合わせて、5月27日22時22分に行います。先にお知らせしている通りです。

幹事は、ハート・コミュ・メンバーのreicheru penchanさん。大きな節目の2ヶ月、この時期に必要なヒーリングやエクササイズやミッションをいっぱい盛り込んだ素晴らしいスクリプトを作って下さいました。1時間半の大作です。ありがとうございます! ヾ(@^▽^@)ノ

先のガイアに捧げる誘導瞑想に続いて、ガイアへの感謝とヒーリングを大きな目的にしています。同時に、先の3月、3次元を卒業すると決めた私たちです。今月からは、5次元、ニューアースで生きるとはどういうことか、自分は何をしたいのかを真剣に考え、意図し、自分のリアリティの”創造”を始めたいと思います。ニューアース学校の新入生ですから。

そのため、今回は、地震の犠牲者へのトリビュートも兼ねていますが、フォーカスは明るい未来、ニューアースに置いています。大切なのは、すべての体験を生かすこと。すべての体験から学ぶこと。ネガティブな出来事であっても、それは、私たちの中からポジティブを求める強さを引き出すため、ポジティブに変えられる力があることに気づかせるために起こったと受け止めましょう。

先日の祝祭セッションのクライアントさんの(おそらくは”じっちゃん”から受け取った)メッセージ

被災者/犠牲者の体験を知ることにより大変強くなったと思います。責任感が伴いました。その私たちを見越して被災者/犠牲者は引き受けてくれた。私たちが強くなることは、被災者/犠牲者自身も強くなることだと知っていたから引き受けてくれたのだと思います。すべてはそれに気づかせるため。これには、じっちゃんの苦渋の選択もあるかもしれない・・・、愛であるから、もう何も無駄にはできないんです。

を、思い出しましょう。

この「5次元で生きるためのエクササイズ、想像=創造ゲームお誕生会集団瞑想」は、祝祭セッション、コンシャス・チョイス、読者を通じて降ろされるメッセージと連動しています。”じっちゃん”創造主も、AAマイケルも、その他多くの光の存在たちも、これらを通して、私たちにコンタクトし、私たちを導いてくれています。また、彼ら自身も、毎回のお誕生会パーティを楽しんでくれています。今回のじっちゃんは、カッコいいですよ!ヾ(=^▽^=)ノ (penchanさん、そう、当たりです! じっちゃんのパフォーマンス、私がイメージしていた通りでした。)

あ、一点、お詫びしなければ。はい、、、また、泣いております、ワタシ、音声ガイドの中で。(ノ◇≦。)  非常にお聞き苦しい部分があります。ごめんなさい。先に謝っておきますね。ご容赦を。m(_ _)m m(_ _)m

今回は、penchanから、連休前にスクリプトを預かっていたので、うんと早く音声ガイドを作ることができました。(私自身もう、集団瞑想の当日まで、録音作業をする時間が取れないという事情もありますが、)5月27日の全員集合の前にも、日々、皆さんに、ガイアのヒーリングや自分自身の5次元エクササイズ、ニューアースの創造に役立ててほしいと願って、今日から載せることにしました。今回は、ヘミシンクを用いた音楽はバックに使っていませんので、普通以上に眠くなることはないと思います。1時間半の長さですので、昼間、何かの作業をしながら、楽しまれてもよいかと思います。

なお、youtubeとmp3ファイルで、ヴァージョンが異なっています。バックの2曲の著作権の問題で、そのままでは動画が公開できないことが判明し、昨夜、家族が寝静まった後で、私が急きょ選んだピアノ曲に入れ替え、録音し直して差し替えました。(その部分、声が疲れているな~~。(;^ω^A ) mp3のファイルは、オリジナルのpenchan選曲バージョンです。ダウンロードできる方はそちらをお使い下さい。できない方は、youtubeで聞いてね。

それでは、Have Fun ! ミッション、そして自己成長、楽しみながらがんばりましょう。



mp3ファイルはこちら


~☆ ハートコミュ 想像=創造
        4月・5月合同お誕生祭瞑想のご案内 ☆~

大変お待たせしました。
あらためまして4月・5月お誕生祭瞑想のご案内です
4月のお誕生祭が延期となり、5月と合同実施とのことで、
引き続き、幹事をさせて頂きます、penchanです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

日  時: 2016年5月27日(金)22:22スタート♪
会  場: ハートコミュ ワンダーランド in ニューアース

テ ー マ: ☆ニューアースで夢をかなえよう☆


夢をかなえよう、のコーナーは、ハートコミュワンダーランド内に新しくオープンした「才能開花の御堂」から出発します☆  
☆4月生まれ・5月生まれの皆様のお誕生祭♡
☆ ガイアに愛と感謝をこめて皆で歌おう、♪ハートコミュわくわくコンサート♪  

持ち物 : 光珠と光珠の分身もできるだけお持ち下さい。
(あなたがイメージする、あなたの光珠でOKです♡更に、あなたの光珠を「こねこねポン!」して、できた光珠の分身も可能な限りで結構ですので一緒にお持ち下さい♡
最後に皆でガイアに捧げ、祈ります。1個のみでもOKですよ~!)


☆ お誕生祭より・・・ちょっとご紹介 ☆

ワンダーランド内には今月、緑の木立の中に「才能開花の御堂」という木造の心地良い御堂がニューオープンしました(^^)/♡

御堂の中には先月のお誕生祭でじっちゃんから皆にプレゼントされた+kiyoko yamadaさんの「根源なる泉の光」のクラウンと、波動調整機能付きの絵が、飾られていて、御堂の中は常に最良の波動が保たれ、訪れた人々は、それぞれの潜在意識の中に眠る才能の開花を促され、夢の実現へと導びく、ミラクルな御堂です☆

絵は「光の窓」と、波動調整の絵。
出展はコニュメンバーの+Nomura Keisukeさんです☆ 
Nomuraさん、貴重なお写真掲載させて頂き有難うございます(^^)/♡

~☆ 絵の解説 ☆~

「光の窓」=絵は次元間に設けられた窓であり、その窓を通して、私たちは多次元の世界を垣間見るのです。光の窓は、高次元の光を物理世界へ透過し、この世界を光で満たします。

「螺旋の木」=一定方向に並んだたくさんのフィンが、大地のエネルギーと、人びとの想念エネルギーを螺旋状に上昇させて、ボルテックスエネルギーを増幅させるための装置です。人びとは、この装置に向けて祈りの想念を送り、エネルギーを増幅させて、天に解き放ちます。

との事です。貴重な解説も有難うございます☆(^^)☆

そして、今回じっちゃんから皆様にプレゼントされるのは、、
あの、ドラえもんの?「どこでもドア☆」です(^O^)/♡

あなたのかなえたかった夢、かなえたい夢、はなんだったでしょうか? お誕生祭に向け、ぜひ思い返して?思い出して?みて下さいね♡ 皆様の、それぞれの夢がかないますように!!♡(^_-)-☆


♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪*♪

今回お届けする曲は♪

阪神淡路大震災の年に生まれ、神戸で、その後、東日本大震災では東北で、日本各地で、世界でも、歌い継がれている曲です。
(幹事も2011年、タイのバンコクにおり、神戸や福島出身の方も一緒に歌わせて頂き、思い出深かった曲です♪)歌詞の「神戸」の所を「熊本」や「大分」に変えて歌ってみたいですね♪

1.「しあわせ運べるように」 (歌い繋ぎバージョン)
https://www.youtube.com/watch?v=nQufiNohlLM
 
2.「しあわせ運べるように」 (シンプルバージョン)
https://www.youtube.com/watch?v=oIfMOPz8s98

3.「Believe」 
https://www.youtube.com/watch?v=TmG9uDoGztw


















この記事をはてなブックマークに追加

「人類が人類の意識によって宇宙へと想いを通すのに意味がある」-じっちゃんからのメッセージ

2016-05-03 21:13:04 | 想像=創造プロジェクト
先の記事でお伝えしましたが、集団瞑想後、地球はぐっすりと眠って休息を取り、3日間、余震はぴたりと収まりました。4/23の”祝祭”セッションで、じっちゃんが予言された通りでした。

被災地の方々は、この期間だけでも余震が途切れて、心が休まったでしょうか。少しでもお役に立てたのならうれしいのですが。最初の揺れ以来、静穏がまったく得られなかったでしょうから。

23日の朝は、世界が生まれ変わったかのような不動の平和、不動の愛を感じた方がいらしたようです。(Shinoさん、教えて下さってありがとうございます!v(*'-^*)-☆) これを読むと、本当に何か決定的なことが起きた、ある境界を超えた、ミッションは達成されたかのような印象を受けますね。

じっちゃんのメッセージは目下のところ、2つのルートで、私のもとに届いています。

一つのルートは、”祝祭”セッションの最中、クライアントさんから。もう一つのルートは、先日来、多くのメッセージを寄せて下さっている霊導者Cさんのチャネリングを通してです。

「ガイアに捧げる誘導瞑想」は、Cさんが天界から具体的にアドバイスいただいた結果、実現したものです。今回、私たちの集団瞑想により、どのような成果が得られたのか、Cさんが上に尋ねて下さいました。ありがとうございます。

4/25発行のコンシャス・チョイスで触れましたが、仲介する方の個性が混じるので、降りてくる人ごとに、じっちゃんは少しキャラが違って見えます。しかし、本質的なメッセージは常に同じです。

最新のコンシャス・チョイスでお伝えした4/23セッションを通したじっちゃんのメッセージも、今回、Cさんが受け取って下さった創造主のメッセージと重なります。眠る地球乙女を優しく見守るところ、「人間を傷つけてしまった」と嘆く彼女をなぐさめているところなど、まったく同じですね。

この中で創造主様がおっしゃっている「その時明るく輝いていた金星」、、何を意味するのでしょうか。

金星はすでに次元上昇を遂げた星です。その時の様子は、やはりコンシャス・チョイスで以前で取り上げていますので、購読者の方はご存じですね。

いわば、金星は次元上昇の先輩、創造主さまに言わせると地球の姉にあたるんですね。その金星も、地球の変容、次元上昇を応援してくれているということでしょうか。

さらに、以下に出てくる”ゆりかご”の話。4/23のセッションでの「生まれたところ・還るところ」の話に被りますね~。

それにつけても、これほどまで、じっちゃん創造主も、ガイアも、他の天界の方々も、地震の被害を被った日本人のことを気にかけて、こうして多くのメッセージを送って下さるとは。本当にありがたいことです。感謝でいっぱいです。


第1段 2016.4.28. 12:44

まずは、創造主さまに伺いました。

ビジョン

地球乙女が白い花の上に座っている。
向かい合っておじいさんが立っている。

白に黄金色(オレンジ色強め)の何かが充満した空間。

眼力のすごいおじいさんが、こちらに目をやって、優しく合図してくる。


創造主さま?はガイア 乙女の元を訪れていました。
本当に地球に降り立ったのではなく、お互い意識だけを飛ばしてきたかもしれないし、高い波動同士集合できる次元があるのかもしれません。
詳しいことわかりませんが、
現実の地球星に創造主様が降臨されたのではないです。

創造主様は、地球様の苦しみを思い、地球様にも同じく優しいお顔で頷かれます。
創:「いいんじゃ、いいんじゃ。」

「わしは親じゃから、どんな大きさの子どもも想いやっておるぞ。」

「わしは、ゆりかごじゃから」

地球は生命のゆりかごと云われます。
その地球のゆりかごは、創造主様。

そのほかに、外の宇宙も地球星に「いつくしみと再生の波動」を送り、地球星(乙女)はそのエネルギーを一身に受けて
「受容」安らぎを得られています。
みんな助け合っている
これが、宇宙の姿です。


私:地球様、被災の地の方々へは?

乙女:「…ごめんね、ー…ごめんね…。」
「亡くなられた魂は私をつき抜けて、そのまま宇宙へと旅立って行かれた。
苦しむ人々の波動は、私の中に舞って一度は染み渡り、私の中を一回転して、やっぱりまた宇宙に吸い込まれて行った。
どうしてー?」

地球様は、いつもなら染み込んで溜めてしまうところなのに、今回は一度染み込んで地球中を巡り、その後宇宙へと吸い込まれて行ったのを不思議がっているようでした。どうして?と創造主様を仰がれます。

創:「ん?(微笑まれて、うんうんと頷いている)」

「たとえ一握りでも、光を以って求め望むならば、わしはどこまでも答えようぞ。」

ハッキリとは申されませんでした。
でも、一握りの集ったライトワーカーとハイアーセルフの集団瞑想を観ていて、地球様の苦しみを溜め込まず宇宙へと解放する手助けをしてくださったということではないでしょうか。

私:あのビジョンもですか?

昨日の朝見たビジョンです。
22日当日、天界では何が行われていたか?それは、
天使様方々も天界で手を繋ぎ共に祈ってくださっていた、というものでした。

創造主様は、ただ少し照れたように
ふふふっ。と笑いました。

私:みんなのガイアへの無血解放集団瞑想受けてくださいましたか?

創:「人類が人類の意識によって、宇宙へと想いを通すのに意味があるのじゃぞ。
自分の母なる、愛おしい地球じゃろ。」

結局、ドタンバになったら上がなんとかしてくれると思ってはいけないよ。
と。

私:「はい。」

創:「でもなー、あの時、金星は明るく光輝いておったぞ。」
(そう言って、また優しく頷いおられました。全く意味がわかりません。)

私:「金星?金星と今回は何の関係があるのですか?」

ネットで調べてみました。

"地球星と金星は姉妹であった。"

"かつて、金星も、星の進化の途中で地球と同じようにネガティブな時代があったのです。"
(オムネク・オネクさん?の本の紹介が目にとまりました。
金星人と書いてあります。)

私:「(上の)ーーとかですか?
その時、金星は地球にエールを送ってくださっていた ということですか?
そして、地球もいつかは金星のようになれるよう励めよ。ということでしょうか。」

創:「よろしい。That's Lightじゃ。
"犠牲の上に進化が起こる。"
犠牲…。これは違う。
本当の意味は、その果てに起こりうる希望への尽しじゃ。
"希望への尽しの果てに進化が起こる"
尽しの中には、それは痛く悲しい道もあるんだがの。


子は母に頬っぺたをひっぱたかれて泣くのお。
痛いから泣くのか?
愛する母から受けた苦しみに泣くのか?
本当の気づきとは、そこに含まれる意味を知ること。

子どもはひっぱたかれて、自分への母の愛と、起こしてしまったことの重大さを瞬時に理解するのじゃ。早いよ。

母は、憎くてひっぱたいたんじゃない。じゃろ?
母は呼びかけている。全身全霊をかけて子の気づきへと呼びかけている。


みなに言ってやりなさい。
気づけた者がぞ。

みなはひっぱたかれた意味を知らず、「最愛の母だったのに」と、悲しんでいる。

どんな言葉がよいじゃろか。

目覚める時が来たからの。


そして、ゆりかごじゃ。
包まれるーーみなは知っておるか?
(なるでこさんのセッションでみなさんが体感した、じっちゃんの愛の存在や、受けたヒーリングのことを、ゆりかごと言っておられます。)

みな、ゆりかごの暖かさを知らん。
(生きてる人が至上の愛を体感したことなんてないし、尽しの果てには希望が待っていることも知らない。という意味です。創造主様は人々を想って切なく心を痛めておられました。)

だから、この先何が起こるかわからずにもっと苦しく、暗く思うんじゃろ。

今、目覚めへの疼き。
夜が明けたらどうなるか。
どうか、説いて教えてやっておくれ。

みんな知らないんじゃ。
知れば分かるよ。怖くなくなる。
この意味に気づくよ。

心細くて「母さん!母さん…!」と
誰もが呼ぶ。

わしが、おるよ。安心せい!!!




以上です。
英語使われる方、初めてです。

読み取る私が稚拙なのもありますが、万人にわかりやすい例えで教えてくださったのではないかと思います。
私やだれか、特定の人間に説いてくれと言われたのではなくて、目覚めたひとから順に優しく話して聞かせてやってほしい。そのように受け取りました。

天界や3次元、5次元、アセンションを知らない人へ、知りたくないと思っている人へ、それでも平等に扉は開かれていて、知る、知ることを望むチャンスはいつもあるのだそうです。
そんな、人々へ、そしてたった今、被災地などで苦しんでいる人々へ、どんな言葉がよいか…とそれはそれは、心を砕いておいでです。
私は、まず身近なところから物語りのようにして話してみようと思います。

たくさんの光の方の心を通って創造主様のお気持ちが言葉となりますように。






この記事をはてなブックマークに追加

集団瞑想の効果を検証する。そして、”じっちゃん”が言った通りだった3日間!

2016-04-28 10:54:23 | 想像=創造プロジェクト



熊本・大分地震の余震に対して行った瞑想の効果を検証してみました。

いかがですか。減っていましたよね、しばらくの間。特に、22日の集団瞑想の直後はほぼゼロでした。

4/23の”祝祭”セッションに出てきてくださった”じっちゃん”に、集団瞑想の成果をお聞きしたのですが、「地球は今、ぐっすり眠っとる。3日間、眠るよ」と、おっしゃっていました。その通りでしたね。3日間、ガイアは身震いを止めました。

私が描いた”ガイアに捧げる誘導瞑想”のスクリプトの最後では、少女から美しい女性に変身した地球乙女がしかるべき場所に運ばれて、大切に守り育まれるように導いたのですが、まさに、しかるべき場所で休息を取られたのだと思います。3日間とはいえね。。

次元上昇のエネルギー波が到来し、地球が物理的な変容を始めているので、今後も、地震は止みません。古い殻を破って、新しい地球、美しい地球乙女が出てくるためにはどうしても通らなければならないステップです。

その人が信じようと信じまいと、自身の内外に揺れは迫っています。2012-12-21のアセンションを「詐欺だった」といって笑った人も、いまだに「お花畑」といって魂の真実や霊的学びを否定する人にも例外なく。。レムリアが沈んだときも、アトランティスが沈んだときも、ノアの時代にも、最後まで「気づけない」、「直視しない」、「真実に対して心を開かない」人々はいたわけです。

ここ何十年もかけて、私たちに備えさせようと、天界も宇宙のファミリーも警告を発したり、宇宙の法則を伝え続けてくれました。もはや信じる信じないの問題ではなく、いかに自分がそのエネルギーに備えるか、自分の中を整えるかだけの問題です。否定できないものとして、大周期の終わり、第4密度への移行/アセンションへ向けて、清算の時期が来ています。

かといって、恐怖は必要ない。ニューアースに行きたいならば、自分も地球に育まれている、地球の一部であることを、愛と感謝をもって受け入れるしかありません。そして、”死”は存在しない。「自分が生まれたところも還るところも、じっちゃんの愛の中なのだ(このことが、4/23の”祝祭”セッションでのじっちゃんの教えの1番目でした!)」、それを心から信じる、いえ思い出せば、恐怖は手放せます。

揺れに対して、またその結果に対しては、私たちにできること、やれることはありますよね。淡々とそれに取り組むだけです。

古い殻を脱がねばならない地球の身震いが大難になるか小事ですむかは、人類が溜め込んでしまったネガティブエネルギーの解放を、私たち人間がどれだけ手伝えるかにかかっています。

そもそも、ネガティブエネルギーを今さら新たに自分から生み出さない・環境へ拡散しないことが大事ですし((ノд-。)、今回のような集団瞑想で、地球の痛みを取り除いてあげる支援も大切です。

4/16の”祝祭”セッションのET会議に出てこられた”じっちゃん”の教え通り、「雁首突き合わせて、あれこれ先を心配するのではなく、自分が本来持っているパワーを思い出して、”今”できることをやっていく」しかないのです。

被災者・被災地の支援、それに、自分自身の備え、そこに集中していきたいですね。





この記事をはてなブックマークに追加

「私は命を続けさせることをやめない!」―地球乙女からのメッセージ、ありがとう。

2016-04-24 08:52:43 | 想像=創造プロジェクト
余震、昨日はほとんどありませんでしたね。22日あたりから急に減っていましたが、22日18時28分を最後に、23日22時06分までは空白。

しかし、これで揺れがなくなるわけではありません。地震は、”地球の変容が本格的に始まった”、その証ですから。古い殻を割って、中から新しいいのちが出てくる。あるいは、生命の木が伸びてくる。その過程が穏やかに進むように、瞑想その他で、地道に愛を送り続けたいと思います。

以下は、今回の手続きに関するアドバイスを天界から受け取ってくださった霊導者さんからいただいたミッションのご報告です。地球乙女とすばらしいやりとりをなさっています。

私がぐっと来たのは、ここです。この気づきです。私も心から、その通りだと思います。

もし、この霊視を少しでも鑑みていただけるとしたら、これほどまでに尽くしてくださる地球様に重ねて人類の安全と安泰をお願いするのはもはや、筋違いではないか思う次第です。
地球様には感謝しかありません。
地震もこの先、進むこともあるでしょう。
被災地方々への真心尽しと誠意の支援は人類が引き受ける事と思います。


私自身がこのミッションで、地球乙女から受け取った言葉も、短いですが、次のようなものでした。

私は、愛することしかできません。
私の中に、あなたはいます。そして、あなたの中に、私もいます。


つまり、人間が地球を愛することは、自分自身を愛することであり、自分自身を愛することは、地球を愛することなんだ。一なるもの。ワンネス。そして、地球自身は憎んだり、恨んだりすることはできない存在なのです。(こんな人間たちでも)ただ、愛することしかできないんだ。それをあらためて教えていただきました。

私たちは(私自身は)、二元性を超えるといいながら、地震を悪とみなしていましたね。ごめんなさい。m(_ _)m もっと高い視点へ上がらなければなりません。そして、地球乙女への信頼を取り戻さなければなりません。彼女の中には愛しかないのです。

「大丈夫にしなさい」 じっちゃんの言葉です。昨日、4/23の”祝祭”セッションでも、じっちゃんと今回の地震に関して、深い対話をしました。

私たちが、大難を小難にできるかどうか。それは、私たちの意識の上昇、二元性を超えて、一なるものに帰れるかどうか。そこにかかっています。

地震のような大きな出来事は、人類の集合意識が生み出すリアリティですが、その中でも、自分の周囲、狭い生活範囲でのリアリティで、自分がどのような体験をするかは、個々人の意識の持ち方で変わってきます。

瞬間瞬間のコンシャス・チョイス、意識的な選択により、個人のリアリティ(波動によって決まる)の分岐はすでに始まっている。その扇形の道の広がりは、やがて踏み変えることは不可能なレベルへと拡大していく、そうです。

被害を受けたものへのケアが、私たち人間の役目。そして、揺れても大丈夫なように環境を整えておくのが、”受け入れること”。地震を嫌がることなく、当たり前のものとして備えておけばいいのだと思います。普段から、揺れても大丈夫な暮らしをしておく。

地震におびえることなく、地震を憎むことなく、何が起こったとしても、ただ淡々と”今”を生きて、今、自分がやれることに集中していきたいですね。

じっちゃんのまったき愛の中に、私たちは生きている。私たちは、それ以外の存在のしようがない。それは、私たちのハートが知っている”智”です。


2016.4.22 22時02分~16分

ヘミシンクで変性意識?に入り
集団瞑想を守護していただけるよう祈願。天界の御守護を仰ぎました。

目を開けました。霊視。

空に、ブロンドの緩やかなカールがかかる天女さま。
柔らかそうな生成りのワンピースで、裾をたなびかせます。
ふくよかな体つき。
絵画のような出で立ちですが、絵画よりは、人間味のあるお顔です。
目はそれほど大きくはありません。
大きさは、20mくらい。我が家から今日の満月は10円玉くらいに見えました。
右から左へと優雅に舞い、優しく頷かれました。
遠くにもうひと方、天女様がおられました。


2016.4.22 22時22分~58分

ガイアに捧げる集団瞑想

今回は、現実世界の位置で見届けたく、
創造の世界と、現実世界を行ったり来たりすることにしました。

目を開けたまま、意識だけ音声ガイドに乗せる。

この4月22日22時22分の集団瞑想までに、4回こちらのガイドを聞いて参加させていただきましたが、すべてハイアーセルフはイエス様のような風貌の方でした。静かで控えめで口元だけ、ふっと動かして微笑まれますが、目がいつもなんだか悲しそうでした。(ちなみに、この瞑想以外でのハイアーセルフ?は3体いづれもイエス様ではありません。このガイアの瞑想で初めてでした。)
こちらのイエス様風の方、砂漠色の目の色をしています。
22時のハイアーセルフは聖母マリア様風の女性の方でした。
白いベールをかぶり髪の毛も生え際も見えません。うっすら微笑んでおられますが、あまり表情を変えません。
たぶん、目が細い。
私はキリスト教には元来、全くご縁がなく、霊導者時代、過去1度も霊視霊眼で相見えたことはありません。
意外でした。

目を開けました。現実世界です。

外のベランダで椅子にもたれて、お月さまを目の前に参加していたのですが、
お月さまの下を小さな飛行機が赤、緑、白の点滅を繰り返しながら真横に飛んでいきます。
猛スピードの点滅にあっけに取られて眺めてしまいました。
少し、気がそれてしまいました。


目を閉じました。音声ガイド創造の世界です。

マリア様風のハイアーセルフの手は柔らかくて、子どものように嬉しくなってしまいました。

驚いたのは、宇宙です。
宇宙は映像と想像でしか見たことはありません。
今まで繋がろうとも思ったことはありませんし、繋がるという概念もありませんでした。
でも今回、手を引かれ飛び出した宇宙は、地球からどこまでもたくさんの世界が続いていました。
たくさんの次元の違う世界です。
また、どの次元の境界線にもシールドが張ってあります。(中には、シールドの曖昧なところもあるかもしれません)突き抜けるたび、「あっ、ここ境界線」「また…また違うとこ通ってる」と体感していきます。

それで…充満してるのです!
宇宙が生き物?生物?
宇宙が生命で、生きてるエネルギーで充満しているのです!蒸せ返るほどです。
宇宙人もUFOも見えたりはしませんでしたが、空間どこまでもぎっしりで、生きてるエネルギーで満たされています。
いろいろな音も聞こえます。
宇宙が生きてる!
星々もみんな生きてる!イキイキと躍動しています。


また、目を開けました。

先ほどと同じように、また3色ハイスピード点滅の飛行機が同じく月の下を飛んでいきます。今度は、飛行機雲を引いていますが、お月様のあるところだけでプッツリ途切れ、お月様の終わりからまた線を引いて飛んでいきました。
なんだか、かわいいなぁ。憎めない飛行機さんだなぁ。

なるでこさんの「九州上空」のガイドを聞いて、目を開けたまま、九州を上から霊視しました。
暗い。
(熊本のあたり、まだ停電しているところが多いのかな?)

空を見上げる。
…少しして、薄いモヤ?
集中すると天女様が2体舞っている。
あと1体天女様か、天使様かわかりませんが、3体で今回の手続きを統治しにお出ましくださいました。
ありがとうございます。


音声ガイドでグリッドを組み、光の柱を立てるところ。

私は真っ白の空間にいました。
真っ白で何もない空間。ではなく、
光る真っ白の何かが充満している空間です。その空間で、光る真っ白の何かは(小さい粒?)絶えず上へ上へと昇って行きます。(昔、1度山の木々や草花から似たような粒が無数に空に昇って行くのを見たことを今、思い出しました。)
なんだかはわかりませんが、その空間の居心地は良かったです。
そこで、前回視た幼子の地球少女は裸で膝を折り曲げ、足の裏を手でつかんで丸まって横たわって、空間に浮かんでいました。

少し立つと「ごめん….ごめん…」
と声が聞こえました。
「…防げれなかった…」

なんてことでしょう…
地球様はこんなに苦しまれているのに、まだ防ごうと地表に出すまいと、懸命に葛藤して居られたのです。

「もっと、抑えようとした…」
私は、焦って少し近づいて
「私のせいなんです。人間のせいでこんなに苦しくなったんですよ。
地球様は悪いことないのに。ごめんなさい。」

いつの間にか、どなたかのハイアーセルフが数体地球少女を取り囲んで、抱きしめる時のように優しく手を出して、エネルギーを送っていました。

地球少女が真っ直ぐになって、
膝を抱えるのをやめ、
立ち上がり、
そして、地球乙女と姿を変えました。
白い粒は一層スピードを速め、昇って行きます。


前、霊視した時と同じく美しい女性で、やっぱり目の玉が真っ白でした。

私は、言葉が出てこず、しばらく向かいあって立っていました。

白の空間の外には大勢の気配を感じます。


ビジョンが見えました。
地震が起きて地表にヒビが走ります。
なんで、ヒビが走るか?
それは、根っこです。
地震の震動と裂け目。これは地球の中から大きな木がはえるからです。
自然が作り出した土の中の有機物質、地球が抱える喜びも苦しみも、有害な物もどんな物もその養分として、その大木はどこまでも上へ伸び、太くてみなぎる強さの根を張ります。

「生命の木。」

と、地球乙女は教えてくださいました。
地震とは、地殻変動とは、生命の木を生やすために起こるのだそうです。


私はまだなんて声かけて良いか、悩んで立ち尽くしていました。
だって、被害者の前に現れた加害者(私)なのですから。
ただ、ごめんなさい、しか思えませんでした。

そうしていたら、地球乙女が少し元気な声で私を呼んでくださいました。
「〇○さん、もう少し強くおなりなさいよ。望みのやること、あるのでしょう。」


「みてみて。」

次の瞬間、
私は、宇宙から地球を眺めていました。

美しい地球。
綺麗な白色の薄い大気に覆われています。地球の見た目が、ずっと前より少し明るくなったみたい。

頭に直接、なるでこさんのガイアの意識の音声がリプレイされて、伝わります。

「たくさん、住んでいるでしょう。(私には)
水、土、花、動植物(人はここに入る)、火、風。
どれも「命を生かすため」にあるの。
そして、妖精や精霊たちが「楽しむために」にあるの。」


なんだか大発見!
人が命を生かすため と
妖精・精霊がたのしむため
は同義語なんだそうです。重要度が同じ!

妖精・精霊が楽しみを体験する事とは、
命を紡ぐことに匹敵するなんて!
楽しむために、妖精・精霊は存在しているのだそうです。
楽しむこと、そんなに重要だったんだ…!

地球乙女はすべてを包み育む大きさで、役割でありながら、その中のたったひとりの隣に立って、気にかけ、寄り添ってくださるのです。
1人の人間の感覚でしか捉えられませんが、どれほどきめ細やかなお働きかと、胸が打たれる想いです。


「赦してください」のガイドが流れると、地球の苦しみがたくさんの場面と共に伝わってきました。
一番は、核や爆弾の痛みと、それに含まれるたくさんの悲しみでした。
人間には聞こえていないけれど、小さな少女はその時、確かに悲鳴を上げていました。


私はただただ、一心に、本当にごめんなさい。と、これまでの行いを素直に認め、お謝りするしかありませんでした。


しばらくすると、また
「みてみて。」と声がします。
さっきより、また少し元気な明るい声。
私はまた宇宙から地球を離れたところから見ていました。

明るく美しい地球から、白い風が起こります。
地球の側面を吹き上げる白い帯状の風。
まるで、地球をバランスボールに見立て、地球乙女が優雅に背もたれて伸びをするようです。
優雅に若々しく!

もっとはっきりとした、意志のある声で
美しい地球から聞こえます。


「私は生きることをやめない!」


「私は命を続けさせることをやめない!」



驚きました!
涙が止まりませんでした。
嬉しくて仕方がありませんでした!!


私は、先日、天使様から
「地球はあなた方の責任を取っています。」と教わりました。
それは、人間が身勝手ばかりしているから地球は耐えかね、結果地震・天災という形で自らの体を犠牲にてまでも、地球の一部である人間の責任を取っているということでした。
私は、そのように受け取りお伝えしました。


そして、ここで更なる地球の深い深い愛情の果ての責任の取り方を乙女がはっきりと教えてくださったのです。
私は、そんな人間を抱え、すべての生命を抱え、傷つきながらも生きることをやめない、と。
地球が生きることをやめること。
すなわち、その中のあらゆる生命と、たくさんの折り重なる次元の生き物すべてを終わらせることになる。

自らの責任において終わらせはしない。
命のバトンリレーを続けさせる。
私は諦めない。
私の覚悟である。


そう、宇宙に宣言してくださったように思いました。

そして、
「地球全体を見て!
九州や世界の各地では、天災がある。
でも、その他を見て!
私は今も本当に輝いている!」

そう伝わってきました。

痛い場所もあるけれど、それでも、こんなにもすべてを愛おしんで育て、素晴らしさを表現している!と。
ぜひ、地球の全体を見て欲しい。そうすればひとつひとつの天候、天災に憂う気持ちはあっても、終わりではない!
どんな状況下に、あっても広い部分では今日も生きることを止めず、絶えず与え続けている。
そして、傷ついた部分は新たに再生する。それを、大きな視点から見て、どうか不安だけに縛られず、命の希望を持ってほしい。


私の、稚拙な文章でどれほどが伝わるかわかりませんが、今回なるでこさんのガイドにより次元を超え、たくさんの魂の方々と共に地球様の元を訪れ、更に深く教えていただくことができました。
私の読み取りが浅く、震災の地に生きる人間代表を受けてくださった方々の想いにまで添える霊通ができなかったこと、本当に申し訳なく思います。
私の霊視・霊通はまずは、地球様に100%向き合うということで終わりました。
今回、ガイアと天界の役割分担も少し垣間見ることができました。

お話にアレコレと出てきた事柄も、機会を見て深く調べることも必要かもしれません。
私ひとりのビジョンでの感想ですが、
もし、この霊視を少しでも鑑みていただけるとしたら、これほどまでに尽くしてくださる地球様に重ねて人類の安全と安泰をお願いするのはもはや、筋違いではないか思う次第です。
地球様には感謝しかありません。
地震もこの先、進むこともあるでしょう。
被災地方々への真心尽しと誠意の支援は人類が引き受ける事と思います。

そして、人事を尽くした暁には、私も並んで天界のご守護を一心に祈願させていただきたいと思います。
私に何ができるか。
地球様に感謝の念を送らせていただきながら考え、行動します。

今回、「集団瞑想として」だけではなく、創造主様はじめ、天使様と宇宙に向けて地球無血解放の手続」だったのですが、滞りなく納められたかは再度、お伺いしてみようと思います。次は天界に。
セッションを通して、創造主様からもお言葉がありますように。
霊界の手続きは何度もふんだことありますが、天界に願い出て、地球様がお相手とは初めてです。
他の霊導者さんは、あるかもしれませんので、また、なるでこさんのもとに情報が集まり今後のひな型が揃いますように。

お忙しい中、私の話に耳を傾けてくださり、こんなにたくさんの人事を尽くしてくださり本当にありがとうございました。大変お世話になりました。
みなさん、どんな真実に出逢われたでしょうか。コミュに寄せてくださるとじっちゃん、マイケル様見てくださいますね

ご報告まで



ありがとうございます。m(_ _)m





この記事をはてなブックマークに追加

「ガイアに捧げる誘導瞑想/熊本・大分地震に寄せて」今日4/22、22:22が本番です。大集合!

2016-04-22 16:56:18 | 想像=創造プロジェクト
4/22追加: いよいよ今日は本番、大人数で力を合わせる時です。コミュ・メンバーの方から、以下の「ガイアに捧げる誘導瞑想」に関し、素晴らしい感想をいただきました。ミラクルが起きています! 起こせます! 余震の数も、昨日、今日と減ってきています。ガイアに、もっともっと愛を送りましょう!

narudekoさんコミュニティの皆さんこんにちは。
去年からハートの贈りもの、コンシャスチョイスを拝見させて頂いてますが、今回初めて投稿させて頂きます。
”ガイアに捧げる誘導瞑想”がアップされてから何度かやってましたが、昨日の夜の瞑想でいつもと違う体験をしたので、みなさんとシェアしたいと思いました。

昨日の夜10時の瞑想では、途中で電話が入り、仕切りなおして10時半頃から始まりました。いつもはnarudekoさんの誘導のもとイメージのビジュアル化をしながらの瞑想なのですが、昨日はなかなかイメージを上手く保てないでいたので、ただただリラックスを心がけて感覚に意識を向けていました。

そして、地球の命の営みを体験しながら次にガイアの声を聞かせて貰いたいと思った途端、ハートの辺りがとても息苦しく、辛い悲しい気持ちになりました。寂しいような感じです。そしてnarudekoさんのガイアを思いやる言葉のところで子供のように泣けて来ました。優しく寄り添ってくれる言葉に、溜まっていた苦しみ、悲しみや寂しさが一気にこみ上げて溢れ出てくる感じです。それと同時にわかってもらえて嬉しいという気持ちもありました。吐き出したら誘導されるように光の柱によってどんどんと流れて、そしてだんだんと落ち着きを取り戻し穏やかな気持になっていきました。
あとは、いつもの瞑想のときのようにイメージが広がり、瞑想が終わりました。


私にとっては初めての体験でしたので、瞑想が終った途端今度はびっくりしちゃってドキドキしましたが、だんだんと落ち着くと、ガイアの感情を体感させてもらったのだなぁと、あらためて私のハイアーセルフとガイアに感謝しました。それと同時に、もっともっと癒やしのエネルギーと愛のエネルギーをふくらませるお手伝いをしたい!と強く思いました。

そして、narudekoさんをはじめ、コミュニティのみなさんや祝祭セッションでのクライアントさんたちにも、いつも沢山のすてきなシェアをして頂き本当に感謝しています。ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。



4/20追加: 被災地の方から、「たび重なる余震で心身が休まらない。気が滅入ってしまう。助けて!」というSOSが届きました。下記の「静かにほほえむ光の勝利のための瞑想」は、これまで日曜10時に福島リカバリープロジェクトの一環として集団で行ってきたものですが、内容的に、個人の自己ヒーリングにきわめて有効です。また、支援者が、被災地の人々に愛と光を送るのにも適しています。神聖な瞑想なので、元記事では、注意点として、瞑想する前には肉食やアルコールを避けるように言っていますが、大丈夫です。もしかしたら少々効果が減じるかもしれないけれど、今回は、”じっちゃん”にパワーを入れていただいて、日常生活の中で行いましょう。(じっちゃん、読んでくれていますね。よろしくお願いします。緊急事態ですから。<(_ _*)> アリガトォゴザイマス....ジゴショウダク...(*'-')b)自分がストレスで疲れているという方、被災者にヒーリングのエネルギーを送りたい方、いつでもご利用ください。時間に余裕のある方は、毎晩10時の下の「ガイアに捧げる誘導瞑想」の後に続けても。モチロン! (*'-^)db('ー^*) オッケ!! 他者にも自己にも奉仕しましょう。みんな一なるもの、です。


mp3ファイルは、こちら。
(注:この瞑想もバックにヘミシンク音を流していますので、車の運転中や危険を伴う作業中には聞かないで下さい。)


4/19、18:49追加: 状況は切迫しています。真剣な努力が求められています。今日から、毎晩10時に、”真実の報道”瞑想に代わって、この瞑想を続けていきたいと思います。やはり集団で行う方が効果があります。22日には、22:22に行いましょう。皆さん、よろしくお願いします。


(mp3ファイルはこちら。
注1: 意識による共同創造力を最大に発揮するために、この音声ガイドは、変性意識に誘導するヘミシンク音をバックに流しています。車の運転中や、危険を伴う作業をしている最中には聞かないで下さい。眠くなったり、意識がぼうっとする可能性があります。ビジュアライズ効果を高めていますので、ゆったりと横になって、目をつぶって、時間のない次元に旅に出かけてもらうのが一番です。
注2: 今回は、二次効果として、自分のハイアーセルフや多次元体のアスペクトと繋がれるようにスクリプトを書いてあります。彼らとの顕在意識での対面を望む方は、どうぞトライしてみて下さい。


天界からのアドバイスに沿って、ガイアへ捧げる誘導瞑想の音声ガイドを作りました。こちらの一連の記事の流れで、生まれたものです。上からの導きがあり、昨夜、短い時間で完成させることができました。私たちに、早く取りかかってほしいのだと思います。

集団瞑想としては、4月22日(金)の22:22から行います。

しかし、日時の指定は音声ガイドには入れていません。どうぞ今から、一刻でも早く、いつでも、そして何度でも繰り返して、ガイアのヒーリングにご協力下さい。ガイアは耐えています。細かい余震が異常に続くのは、さらなる大きな地震を起こさないためだと思います。

内容は、コンシャス・チョイスとリンクしていますので、コンシャス・チョイスを読んでいない方には、馴染みのない概念が出てくるかもしれません。

コンシャス・チョイスは、私がシェアできるエネルギーの最も高い振動帯で書いています。また、多次元の”今”において、”じっちゃん”やガイアの導きのもとに「一なるものの法」を学ぶ媒体、私にとっても最先端の気づきをシェアする媒体となっています。

しかし、フリーで提供されるものではありません。そのレベルをまだ必要としていない人々の学びの道に介入しないためです。近道をたどらせることは、その魂の利益にはなりません。「無理に引っ張ってはいけない」と言われています。自由意思によって、私と一緒に「一なるものの法を学ぶ」、私の「エネルギーと同調する」ことを選んだ人のみに開かれています。そして、エネルギー交流、与え与えられる法則に則っています。

まさに私のブログに表れていると思いますが、意識の拡大が加速しています。

3月に起こったアセンションの第2波で”卒業”してのち、さらに上を目指す人々はどんどん地球の多次元意識へと回帰しています。(コンシャス・チョイスを読んでいる人の意識の成長は速いと、感動しています!) アセンションとは、個人が多次元意識を取り戻すこと、地球の意識と一体になることです。次元上昇していく地球についていくには、二元性を超えて、地球の多次元意識、与え与えられるすべての輪の中に戻っていかねばなりません。そして、”じっちゃん”とのワンネスを思い出していかねばなりません。

(コンシャス・チョイス・サークルに入ることを選択する方は4月中にご登録下さい。今月は、これまでの過去記事を一つにまとめたものをダウンロードできるようにします。3月以降、次元上昇は新しい段階に入っています。「コンシャス・チョイスに出遅れてしまった~」という方、まだ全部読めていない方への配慮として、上から指示されている感覚を受け取っています。あ、それから、じっちゃんとお会いできる!”祝祭”セッションですが、コンシャス・チョイスの理解が前提にあると非常に深い学び・癒しが得られるため、”祝祭”セッションを受けたい方には、コンシャス・チョイスの購読をお勧めします。購読者から優先して受付しています。)

さて、以上のような視点で、この誘導瞑想は作られていますが。。まあ、、、難しいことはさておいて、あなたの中にガイアへの深い愛があれば、私たちとシンクロしていただけると信じます。

謙虚に、謙虚に、、頭を垂れて、地球/ガイアの声を聞かせていただくことを、真摯に望んでいます。

そして、彼女のヒーリングをお手伝いさせてもらえれば、(痛みから逃れるために)体を震わせざるを得ない彼女と敵対するのはやめて、愛を以って、彼女の意識を体験させてもらえれば、とてもうれしい。

そのための誘導瞑想です。私にできるささやかなお手伝いです。共同ミッションに、ともに出かけていただけたら幸いです。





この記事をはてなブックマークに追加

4月お誕生会瞑想・延期のお知らせと、”ガイアの痛み・無血解放”集団瞑想の予告

2016-04-18 10:01:45 | 想像=創造プロジェクト
毎月、多くの方にご参加いただいている「5次元を楽しく生き抜くための想像=創造のエクササイズ」、お誕生会瞑想ですが、現在、日本が直面している問題を鑑みて、今、このタイミングで必要とされているミッションの方を優先するために、今月22日に予定していた「5次元で楽しもう想像=創造ゲーム、4月お誕生会集団瞑想」を、延期することにしました。幹事さんと相談の上です。楽しみにしていた方、ごめんなさい。m(_ _)m

ちょうど1カ月ずらして、5月22日に、4月5月合同のお誕生会瞑想を実施したいと思います。幹事さんは引き続き、4月と同じハート・コミュ・メンバーのreicheru penchanさんです。penchan、よろしくお願いしますね~。o(*^▽^*)o

熊本地震、余波が続いていますが、天界からも緊急メッセージ(その1その2)が届くなど、事態は切迫しています。”4.14地震ヒーリング集団瞑想”のレベルでは足りない。私たちは、より本格的に、”地球の痛みの解放”を支援し、”地球の癒し”に協力しなければなりません。

ちなみに、私が4月14日の夜半に聞いた「お願い!」という声は、”じっちゃん”から、AAマイケルだったと教えてもらいました。「お願い」の内容は、スリープヘルパーとしての支援だけではなかったんですね。もっと大きな出来事が起きていたのです。(余談ですが、この声は人間じゃなかったです、ほんとに。(^_^) 日本語の抑揚でもなく。機械じゃないけど、合成したような。私のいる低い次元まで波動を落とすのに、かなり苦労されたのでしょうか。何とも不思議な響きでした。”状況”に気づくきっかけを与えてくれて、ありがとうございました。<(_ _*)>)

「地球の変容が始まった。日本人への影響も現れ始めた。それをうまく乗り切ってゆくために、ライトワーカーが力を合わせてほしい。」

そういう意味がこめられていたのだと、今はわかります。

”じっちゃん”たちからのメッセージを読めば、地震を止めるとか防ぐとか、私たちの生活を守るという自己奉仕・目線ではなくて、痛みを解放しなければならない地球・ガイアの立場に立ち、彼女のために行動することが必要とされているとわかります。

ここは、意識を転換しましょう。一般の人にはなかなか理解してもらえない考え方かもしれませんが、ライトワーカーならば、できるはず!

天界からのアドバイスに従って、”ガイアの痛み・無血解放”のための集団瞑想を、今週中に、音声ガイド付きで実施します。今、そのための準備をしています。

4月のお誕生会瞑想に代わって、そちらに、できるだけ多くの方に参加していただければうれしいです。

詳細は、準備ができ次第、お知らせします。それまでの間は、もちろん、"4.14地震ヒーリング集団瞑想”でご協力を!








この記事をはてなブックマークに追加

"4.14地震”ヒーリング集団瞑想のお願い(4/16更新)

2016-04-16 10:35:56 | 想像=創造プロジェクト
4/16更新: 本震含め、余震が続いています。雨雲も近づいています。瞑想して、被災地に愛と光を送りましょう。下記の時間帯に限らず、いつでも自分の都合の良い時に、ご協力下さい。”じっちゃん”に、”スペース・ファミリー”に、これ以上被害が大きくならないように、プロテクトをお願いしましょう。






以下は、4/15の記述です。

4.14地震で亡くなられた方々のご冥福、被害に遭われた方々の一日も早いご回復を、心よりお祈り申し上げます。


早速ですが、私たちにできることをやりましょう。集団瞑想の呼びかけです。

今日から日に3度、熊本周辺に、私たちのハートから愛と光を送りませんか。都合がつく時間に、5分でも10分でもけっこうです。たった一人の意識の力でもインパクトを与えますが、集団で行うともっとすごい。\(^▽^)/

やり方は、以下のようにイメージしてみたらどうでしょう。(ご自分の好きな方法があれば、それでかまいません。)

1.自分に向かって、上からは”じっちゃん”の愛が降りてくる。下からはガイアの愛が上がってくる。
2.両方のエネルギを自分のハートに吸い込み、全身を巡らせたのち、ふたたびハートから、無条件の愛の流れとして吐き出す。
3.自分のハートから出た愛と光の流れを、熊本周辺に注ぎこんでゆくイメージを持つ。全域を、光のまゆで広く覆ってしまう。
4.さらにどんどん注ぎこんでいく。愛と光のエネルギーはその地からあふれ出し、広がって、日本列島を包み込んでゆく。


余震が続いていますし、熊本では、明日の夕方(4/16)から雨の予報が出ています。救援活動に差し障りますし、土砂災害も心配です。大雨にならないように、被害地域を、私たちの意識でプロテクトしましょう。よろしくお願いします。(雨雲が消えるイメージを持って下さい!)

(余談ですが、昨夜、不思議な体験をしました。

昨日(4/14)の夜は疲れていたので、情報チェックをしないまま、地震のことをまったく知らずに(・・;)、10時過ぎに就寝しました。

真夜中、「お願い!」という声を聞いて、目が覚めました。時計を見たら、2時11分でした。部屋には、ワンコ以外誰もいません。しかし、声を聞いた感覚はとてもリアルで、ちょうど以前、ガイドに「鼻をつままれて起こされた」時と同じでした。「何だろう」とは思いましたが、すぐにまた、寝入ってしまいました。

しかし、その直前まで見ていた夢は、はっきりと記憶に残っていました。地震の夢を見ていました! 私がいる高層ビルが、地震によって崩壊してしまった夢です。恐怖は感じませんでしたが、「ああ、自分は死んだのかな」と思いました。その不思議な、静かな感覚が残っていました。

今から思うと、実はこれは、私のヘミシンク・ライフラインの体験と重なるんですね。私は、魂の救出活動に出かけるとき、その現場の被害者として到着することが多いんです。どこかに到着した際、私は、そこの被害者の目線で気がつくんです。そして、徐々に、周囲の状況がわかってくる。自分がどこに送られたのか、予想がついてくる。

昨晩、「お願い」という声を聞いたのは、もしかしたら、今回の地震に関連して、上のヘルパーのエンジェルさんたちから、「スリープヘルパーとして、魂の救出活動に出かけてほしい」という要請だったのかもしれません。

さらに不思議なことに、その後、ふたたび寝入ってから見た夢は、今度は、私は、知り合い数人と一緒に、恐山を訪れている場面だったのです。イタコさんを通じて、亡くなった人とコンタクトを取ろうとしていました!(;´▽`A``

結局、地震があったことは、朝、部屋に入ってきた息子に教えられて、初めて知りました。)

ということで、昨日の私の夜間の体験、地震の夢、「お願い」という声、続いて見た恐山のイタコの夢は、今回の地震に関連して、上からライフラインの要請が来ているように思います。

スリープヘルパーさんたち、一緒にがんばりましょう!

また、地震のあった地域は、人も動物も自然も、ヒーリングを必要としています。

集団瞑想にも、ご協力お願いします。

せっかく備わっている私たちの意識の力、共同創造の力を、ぜひともここで活用しましょう!

(4/16追記: 私が見た高層ビル倒壊の夢、私が聞いた「おねがい!」という声は、地震活動の始まりを告げていたようです。恐怖を手放して、波動を下げないようにしましょう。ここは、踏ん張りどころです。)







この記事をはてなブックマークに追加

3月20日22時、2016年3月お誕生会集団瞑想「卒業」(音声ガイドあり)

2016-03-18 16:16:28 | 想像=創造プロジェクト
注: 下記 youtubeでは、BGMの一部の曲が聞こえない状態になっています。完全版の音声ガイドは、ダウンロードしたmp3ファイルでお聞き下さい。


mp3ファイルはこちら。

2016年3月お誕生会・集団瞑想のお知らせです。今月の幹事さん、スクリプトと選曲担当は、ハート・コミュメンバーのayano mさんです。ご協力ありがとうございます!

「卒業」、3次元の卒業、実に今の時期にぴったりですね。

ポジティブの極を目指し、他者奉仕の道で第4密度に進むことを選んだ私たちは、もう迷いません。愛と調和に基づかないシステムには、もう参加しません。古いマトリックスからは抜けていきます。

重いものは手放してゆくときです。人を操り、人と競争し、負かすことを喜び、支配し、搾取する二元性の思考、サバイバルの恐怖からは抜けていくときです。自分で自分を牢に閉じこめていることに気づくべきときです。

今、自分はどんな環境で暮らしているのか、新しい目で見直してみましょう。力による革命ではなくて、波動による変容、軽い、人を思いやる、愛の目で人を見つめる、光の波動で、自分の周囲の世界を変えていきましょう。

お互いを思いやり、分かち合って、笑い合って、調和の中で生きていく。ただそれだけ。私たちが選ぶニューアースのリアリティは、こんなにもシンプルで、美しい。

仲間になれる方は、一緒に”卒業”しましょうね!

瞑想は、高次の存在とコンタクトするリアルな手段です。私たちのお誕生会には、”じっちゃん”創造主やAAマイケル、その他多くの光の存在たちが参加して下さっています。個々人が、彼らとビジョンをもってつながることのできる、またとない機会です。

今回は、ひじ神様のひじ祭りを、じっちゃんとマイケルと一緒に踊ります。上の人はユーモア、お笑い、大好きですからね~!o(〃^▽^〃)o♪


日時:2016/03/20(日) 22:00 春分の日
場所:ニューアースクリスタル城大ホール
持ち物:光珠
備考:突然踊ることがあるかもしれませんので、動きやすい服もご用意いただいた方が良いかもしれません。
こちらの時間軸でご都合がつかない場合は開催日時に意識を合わせてご参加下さい。いつでもご参加可能です(*゜∀゜)=3ムハー
テーマ「卒業」


あなたが手放したものお世話になったものはなんですか?
今一度、そのものたちへ感謝を示し、さらなる光へとしましょう。

お知らせその1その2、その3(スクリプトはこちら

今回は +reicheru penchan さんの素敵な御提案ににより、 +kiyoko yamada さんの素敵なクラウンを「わかち愛」でマイケルがあなたの好きな花束と共に届けていただけることとなりました。どうぞお受け取りください。尚、不在通知はございません。いつでも意識を合わせれば受け取れますので♪



  クリックすると大きくなります。kiyokoさん、penchan、ありがとう!


なるでこからの3月メッセージ (誘導瞑想の最後に載せています):

新しい春がめぐってきて、清冽な光の中に祝福を感じます。そこかしこに芽生える命に、愛のよみがえりを感じます。

小さな種から緑の葉が顔を出すように、そして、蝶がさなぎから姿を現すように、私たちも、重たい波動を脱いで、軽い波動の身体になって、ニューアースへ羽ばたくときがやってきました。26000年の間、待っていた春です。

さあ、外へ出て、きらめく光の中に身を置きましょう。下を見ないで、上を見ましょう。後ろを振り返らないで、前を見つめていきましょう。

光の門は、青空の中に広く開かれています。赦すことだけが、その門の通行証。

赦しましょう。自分を傷つけた人を、冷たかったこの世界のすべてを赦しましょう。

人を傷つけた自分を赦しましょう。心を閉ざしてきた自分を、地球母さんを踏みつけてきた自分を赦しましょう。

それらの体験があったからこそ、今、慈しみ合う喜びが、愛の中ですべてと一体になる喜びが、こんなにも大きい。

この世界にあるのは、ただ、一人ひとりがそのままの自分でいることを赦してくれる、ありのままを愛してくれる、じっちゃんの大きな愛だけ。

人であろうと、動物であろうと、木であろうと、草であろうと、小さな虫であろうと、分け隔てなく降り注ぐ太陽の光。じっちゃんの愛も、光そのものです。

すべてをじっちゃんに委ね、信頼して、心安らかに、軽やかに、ワクワクしながら、ニューアースをこの場所に一緒に創造していきましょう。

明日の朝も、すばらしい目覚めが待っています。

(私のメッセージのBGMに、チェロキーの「アメイジング・グレース」を流しています。多くのライトワーカー、ヒーラーがそうであるように、私も、自分の数多くの多次元体の一つとして、ネイティブ・アメリカン、私の場合にはチェロキー族だった過去世を持つようです。地球母さんのもとへ帰っていく今、この歌に、とても切なく、なつかしいものを感じます。)







この記事をはてなブックマークに追加

「311」の光の船の記事をもう一度

2016-03-12 09:20:15 | 想像=創造プロジェクト
イラストです。



昨日は、何かに急かされるように、ライフライン/霊導について書き、私が受け取ったメッセージを載せましたが。まさに、311だったからですね。どうしても昨日、載せなければならない記事だったことが、今日、わかりました。

読者の方は覚えていらっしゃいますか?

昨年、311のために書いた私の記事「「311」の瞑想・AAマイケルによるゆるしの瞑想、私は、過去を書き換えると決めた。(3/10 更新)」を?

ぜひもう一度、読み返してみていただけませんか。

この「光の船の誘導瞑想」で私が行ったのは、まさにライフラインでした。自分でも、それを意識していたと思います。そして、不思議なことに、これと極めて似たビジョンを、先日のライフラインのセミナーのセッションで視ました。視たビジョンは東北沿岸ではなく、もっと南国の浜辺でしたが。時空を超えて行うライフラインでは、驚くようなシンクロが起こります。上では、すべてが「今」同時に起こっているからですね。

この311の記事は、私の中では、とても大事な節目となった「アファメーション/天に向かっての宣言」でした。

ぜひもう一度、思い出していただければ幸いです。

この記事をはてなブックマークに追加