0010110 ハートの贈りもの―2019―黄金時代07年 

2018-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

カセット星人現る?!

2012-11-30 11:20:19 | ディスクロージャー


ダンス・ミュージック大好きなカセット星人、現る?

My Galactic Family 同様、これも、ソフトなディスクロージャーですね。

スペース・ファミリーは恐怖の対象ではない、兄弟姉妹なんだ、楽しい友人なんだ! 

その認識が、人々に広まりつつあります! 

これも、、、、黒い役割を果たすソウルたち

2012-11-30 10:04:41 | ディスクロージャー
低波動の事象に注目することから抜けなければと思いつつも、、、これまで、どれだけ奴らに騙されてきたか、知れば知るほど、やっぱり嫌~~~な気分。。。

こういう情報を広めて、有権者たちには目を覚ましてほしいと思う。

◆2012/11/30(金)② ○○一家は、カルトの総合商社

この人と組んだ○○も、その極めて攻撃的な言動、利用できるものは何でも利用する自分中心、すぐに言を変える節操の無さは、とてもじゃないけど、ライトワーカーとは思えない。(裁いてはいけないんだけど、、、あ~、やっちゃった。。。黒い役割を担うソウルは、それはそれで、人類の学びに貢献してきたんだものネ。)

またまた大きく動いたO氏については、私的には、3・11後の不審な行動が引っかかるし。脱原発女性首相っていうのは、この3次元に住み続ける人にとっては良い選択になるだろうけれど。

ただ、選挙が現行のまま行われるかどうかはわからない。。

一票の格差問題が最高裁へ上げられていて、「現行の選挙そのものが無効」と主張している弁護士たちがいるし、そもそも、シェルダン・ナイドル情報によれば、日本の政府だって、その成立の根拠自体が違法である可能性がある。いつからそうだったのだろうか。。日本にイルミナティが深く入りこんできた明治維新からか。。

5次元へ上昇する地球や社会の変化は、いろいろ先を見ている(つもりの)ライトワーカーの想像すら超える激変になるという。ただ、大混乱を引き起こすような過激な方法ではなく、しっかりと合法的な手順を踏んで。

その辺り、いかに巧みに変化がもたらされるか、実際に顕現した暁には、私たちは、天界のプラン、天の介入の素晴らしさ、鮮やかさ、驚異的な規模に驚愕することになる。。。

それも、、、遠い先の話ではありません。もう、すぐそこの角まで。。
トラックバック (1)

ディスクロージャーを目前にして

2012-11-27 13:01:11 | ディスクロージャー


たくさんのことが起きています。

今週のフルフォード情報、日本語は全文は載せられませんが、英文はいろいろなサイトで全文読めます。内容は、英文の方が若干詳しいようです。

◆ ネオコン・ナチ勢の逮捕劇が世界へと広がっている

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪2012/11/27号 VOl.200≫


現在アメリカでは、軍部や他当局に巣窟し、政権中枢に強い影響力を及ぼしてきたネオコンと呼ばれるサバタイ派ナチス勢への取締りが急ピッチで進められている。その結果、現在までにペンタゴンの幹部24人以上が逮捕、もしくは更迭されるに至っている。FBIやNSAなどの米当局は、次にワシントンD.C.の政治家たちへとメスを入れていく予定だ。

またヨーロッパでは、先日ビルダーバーグ会議がローマにて緊急開催され、その直後にイタリアのファシストフリーメーソンP2ロッジの幹部6名が逮捕されている(逮捕者の名前や素性はまだ伏せられているが、イタリアのマスコミではベルルスコーニ関連の事件と絡んでこの逮捕劇が報じられている)。この逮捕劇は、これまでP2ロッジと共に抵抗を続けてきたヴァチカンが、裏で世界の反旧体制勢力との協力を模索したことで実現した模様だ。他、ロシアではポロニウムによるプーチン暗殺計画が事前に発覚したことによりサバタイ派と思われる軍幹部が解任されており、イギリスのロスチャイルド一族もアジアを拠点とするホワイトドラゴン関係者へと連絡を取って新体制側との連携を模索しているという。

こうして、ペンタゴンやCIA、FBIを始めとする当局筋が世界の反旧体制勢力と共に欧米の浄化へと動き出した今、その矛先は次にサバタイ派権力者たちに追従して働いてきた日本や朝鮮半島の勢力へも向けられている。

続き

11/27/2012
Weekly Geopolitical News and Analysis20121126:
The purge of the Nazis has begun on three continents


There are signs everywhere now that a political logjam has been broken now that the new Chinese government has been installed and that swift changes will unfolding worldwide in the coming weeks. The signs include a massive purge of the Nazi (Sabbatean) faction in the US, Europe and, coming soon, Japan. In addition, US troops have been placed in Egypt, on Israel’s border, in order to force the Zionist terrorist regime to stop its superstitious, apocalyptic attempts to start WW3. We also have the pope announcing publicly that Jesus was not born on December 25, and that Christmas was based on a pagan solar festival.

In Europe six members of the P2 Freemason lodge were arrested by Berlusconi allies in what is expected to be a futile attempt by Berlusconi to place himself back into power, Vatican sources say. In Russia, meanwhile, a purge has begun, starting with a top general, after a recent attempt to assassinate President Putin with Polonium, according to European intelligence sources.

The efforts to kick-start the new financial system have also moved into high gear.

to be continued


オバマ大統領が光の勢力だということが、フルフォード情報からもはっきりしてきましたね。

彼が、再選後すぐにアジアを回ったのは、ベンジャミンさんが言うように、世界豊穣化ファンドの放出に関係しているのでしょう。いわゆるシェルダン・ナイドルの銀河連邦メッセージに出てくる地球同盟者たち、アセンデッド・マスターたちと打ち合わせに行ったのではないでしょうか。

もし、本当に、オバマ大統領がドラゴンファミリーの要人に土下座?のような深い礼をしたのであれば、その相手の方は、アセンデッド・マスターだったのかもしれません。

オバマ大統領が、合衆国政府内に入り込んだスパイや脅威となる分子に対して、対抗措置を取ったことが、ネットで話題になっています。

相変わらず、大手メディアはコントロールから逃れておらず、日本のマスコミも意図的かどうか、国内のドタバタ劇を面白く可笑しく煽っているだけですが、日本でも、変化は始まっています。

この時期に突然、衆院が解散して、我々を驚かせましたが、日本の政治体制も、強くなってくる光には従わなければなりません。「古いパラダイムのものは存続できない」のです。いったんは、壊れなければならないのです。私も一体いつ、日本は動き出すのか、疑問に思っていましたが、まさに、絵に描いたように、アセンションを目前にして、それが起きて、天界の計画に感心しました。

ベンジャミン情報では、ネオコン・ナチの一味の排除がいよいよ日本にも及んでくる、と言っていますから、思いがけない要人の逮捕のニュースが流れるかもしれませんね。

野田首相は、スペース・ファミリーから、この先に何が起こるかを聞き、ディスクロージャーの要求も何度も受けているはずですが、彼は、果たして、光を推進するために行動しているのか、それとも、強くなる光を阻止するために行動しているのか。。表面からは、うかがい知れません。

この後、何が起こるでしょうか? 12月始めに大サプライズがある、という噂も流れていますが。

新しい地球、新しい日本をリードするべく選ばれる人々は、光の勢力でなければなりません。

その意味では、脱原発を掲げるのは当たり前ですよね。ケシェ財団から(あるメッセージによると、ケシェ財団を通して、新技術を地球に供給しようとしているのは、アシュタル・コマンドだそうです)、日本政府がフリーエネルギーの技術を受け取ったのは確かなことですから、どの党が、そのことを、最初に公にできるのか? 

その党、その人々が、私たちが待っているリーダーたちではないか、そんな風に思えます。また、他の国々と仲良くし、国民に優しい政策を推進する、そのような理念を掲げるグループであるはずです。

ちなみに、オバマ大統領再選後、ケシェ財団から、米国政府もテクノロジーを受け取ったという発表がありました。

3次元情報の収集、掲載を中止するライトワーカーも出てきています。あまりに多くのことが平行して起きており、また、わざと混乱させるような情報も流されていて、フォローするのが難しくなってきています。出来事の意味するところが、読めなくなりつつあります。また、これ以上、3次元の世界の出来事、ネガティブな報道に心を乱されたくない、アセンションへ向けて、自分のスピリチュアル面で準備をしたいという願いが強くなってきています。

いずれにしても、地球の黄金時代の訪れを信じ、願い、見る目をもって見る人は、この先何事にも動じず、思い描く通りの世界を地球上に実現させてゆきますが、まだ魂の準備ができておらず、自分のアセンションを先延ばしすることを選んだ人々は、このままアセンションを否定し、黄金時代も否定し、それもまた彼らの思い描く通りに、別の3次元の二元性の世界で学びを続けるべく、異なる現実へ転生してゆくことになるようです。

12月21日をもって、それぞれ、自分の波動と合った世界で生きるべく、異なる現実へと分かれてゆくようです。どの道へ行っても、悪いことではありません。その人には福音なのです。




トラックバック (1)

激変迫る世界!歴史に残るこの日々を憶えておこう。

2012-11-13 20:05:38 | ディスクロージャー
いよいよ、世界の激変が迫っています。

舞台裏で進行してきた多くの出来事が、まもなく激流となって現れます。

整理して上手く書ききれないくらい、同時進行していますが、大急ぎで見ておきたいと思います。

まず、以下は、信頼されているインサイダー情報リークのサイト、Removing The Shackle から。

「非常に大きな、とてつもなく大きな出来事が舞台裏で進行しているが、今はまだ漏らせない。ただ、今この時は、歴史に残る素晴らしい瞬間となる。この日々のすべてを憶えておこう!」と、呼びかけています。

Sunday, 11 November 2012 Update Nov 11: Remember Everything  (すべてを憶えておこう)
I'm still on silent mode for the moment. The last moment. There are still huge things happening all over the place and it's only getting faster and faster. The changes will blow your mind.

AS I've said many times before, I understand the frustration and the anger - I spend a lot of time in those places and I know what's going on, so I can only imagine how much more frustrated and angry everyone else is! This is not an easy thing that is happening. This is not an instant thing that is happening. This is not an American thing that is happening. Did you catch that? This is a GLOBAL thing that is happening. This isn't just about the US elections, and the US government, and the US Federal Reserve and other American Banks, nor is it about the US Constitution, or the US Criminal Cabal. This is about the WHOLE WORLD.

今、起きていることは、容易に起こせることではない。
瞬時に起こせることではない。
アメリカだけのことではない。
世界中に関係している。
アメリカの大統領選、合衆国政府、米・連銀その他米国銀行、合衆国憲法、合衆国にいる闇の勢力、、それだけに関係しているのではない。
全世界に関係していることだ。


....that was a hint by the way.

Once the new financial system kicks in, everything changes. Radically. Once the new financial system kicks in, everything will roll out like precision clockwork. EVERYTHING.

いったん新しい金融システムが始動すれば、あらゆるものが変わる、徹底的に。いったん新しい金融システムが始動すれば、あらゆる事柄が精巧な時計仕掛けのように自動的に展開してゆく。あらゆることが。


....that was another hint by the way.


金融市場は、今、忍び寄る激変を察知して、誰もが不安に陥っているようです。

NEVADA ブログ 2012年11月12日
不気味な金融市場

今、金融市場は不気味な動きをしており、大暴落が近いのかも知れません。

あるスイスのヘッジファンドは保有株式・債券を全て売却し、金現物も売却して、暴落に備え始めたと言われており、意見交換しておりますジュネーブのプライベートバンカーから緊急の面会依頼(意見交換)がきております。

何かがおかしいと感じるのは私だけではなく、世界中の敏感な運用担当者が感じはじめていることで、彼ら皆、苛立ち、恐れ、不機嫌になって来ています。
これはリーマンショック前にも見られたことですが、破壊の規模は今回が遥かに大きく感じられます。

取り越し苦労かも知れませんが、世界中の金融市場の奥底で巨大な地割れが起こっており、その地割れが地上に迫ってきているのかも知れません。

2012年11月13日
2000ポイント割れが迫る上海株と円高とデリバティブ破産

上海総合株指数が1.51%下落し、2047ポイントで終わっており、再度2000ポイント割れを視野に入れてきています。

また、為替相場も再度円高に持ち込まれてきており、ユーロで99円台、ドルで78円台を視野に入れており、これを突破すれば、ユーロで95円台、ドルで75円台を狙ってきます。

個人がFX取引に入れている保証金を全て「食いに」行く動きをしており、今後株式市場・FX相場の急落・円高で個人の破産が急増することになります。

総額で1,000億円以上の保証金が消滅することになるかも知れませんが、これもリスクを忘れた個人の責任であり、仕方ありません。

今はまだ急落・暴落が襲ってきていませんが、今後急落・暴落が一夜にして起こり、証拠金を全て吹き飛ばすどころか、元本を大きく食いこまし、破産する個人も多くなるでしょうし、更には開業医等医療関係者に販売されていました『デリバティブ』がありますが、これらは今後、恐ろしい程の損を表面化させる筈であり、破産する開業医も多く出る筈です。

恐ろしい相場が出るかも知れません。

不気味な金融市場・・預金保機構・特融創設へ!



この取引システム不具合は、偶然なのでしょうか?


NY証取、216銘柄が売買不能 取引システム不具合で 2012/11/13 7:48

【NQNニューヨーク=横内理恵】NYSEユーロネクストは12日、傘下のニューヨーク証券取引所(NYSE)の取引システムの不具合で216銘柄の取引ができなくなったと発表した。価格付け合わせの機能に問題があったという。

 NYSEは午前9時半の取引開始直後に問題発生を開示。午後3時半過ぎには各銘柄の取引をこの日は再開しないと発表した。216銘柄の12日終値は、NYSE以外の市場で付けた最終取引値を採用する。

 一方、株価指数を算出するS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社は同日、ダウ工業株30種平均やS&P500種株価指数などの算出にあたり「NYSEが提供する終値を採用する」と発表した。



世界中から支持を受けて再選され、銀河連邦のサポートの下で、もはや怖れるもののなくなったオバマ大統領は、たちまち「光の闘士」としての本質を表し、闇の一掃に取りかかっています。

はっきりと銀河連邦のサルーサが、「銀河連邦は、オバマ大統領と以前からコンタクトを取っており、彼の役割についても説明済みである。」と、述べています。

続々報道される大物たちの辞任、一見、なんで?というような理由が多いことが目立っていますが、「光を保持していない者、その地位にふさわしくない者は、去ってゆくのみ」です。

光が強くなり、闇は隠れ場所を失いつつあります。もちろん、権力の地位にある者たちに対して、天界が実施している「ネガティブ・エネルギー封じ込め、光のシャワー」の直接的な効果でもあるでしょう。東京都の石原知事が辞任した一件も、自分で自覚してはいないかもしれませんが、そのためだと、私は感じています。光の勢力でなければ、政界からも、経済界からも、消えてゆきます。代わって、今後、人々の正当な支持を受けて、表舞台に現れる人々は、光を保持しているはずです。日本では、誰なのでしょうか? 楽しみですね。


Obama Cleaning Corruption In House?
Obama’s Cabinet: Goodbye Clinton, Geithner, Carney as new names top lists (オバマが政権内から腐敗分子を一掃?さよなら、クリントン、ガイトナー、カーニー、ホールダ―etc


報道正副部長が辞任=混乱深まるBBC-英
【ロンドン時事】英BBC放送のヘレン・ボーデン報道部長とスティーブ・ミッチェル副部長が12日、辞任した。看板報道番組による誤報で引責辞任したエントウィスル前会長に続く動きで、公共放送であるBBCをめぐる混乱は深まる一方だ。
 BBCでは報道番組「ニューズナイト」が児童虐待疑惑を報じ、保守党の元議員がネットで「犯人」と名指しされたが、後に間違いと判明。ボーデン部長らは「ニューズナイト」を含む報道全般の統括者として責任が問われていた。
 BBCをめぐっては、名物司会者(故人)による性的暴行の隠蔽(いんぺい)疑惑に関する調査などが行われている最中。ティム・デービー会長代行は12日中にも、BBCの信頼回復に向けた新計画を発表するとみられる。(2012/11/12-20:24)

米マイクロソフト、「ウィンドウズ」部門トップが退職
2012年 11月 13日 12:43 JST


アフガン米軍司令官を調査、CIA長官の不倫騒動に絡み
2012年 11月 13日 17:32 JST


Sunday, November 11, 2012
Elite Resignations - They are dropping like flies! (エリートたちの辞任―蝿が落ちるがごとく!)

Lots of top executives and Ceo's / chairmans resignations past 48 hours:

CIA director David Petraeus resigns in wake of extramarital affair:
[link to www.thestar.com]
Lockheed Martin's incoming CEO resigns; replacement named:
[link to www.latimes.com]
Laval’s scandal-plagued mayor resigns:
[link to montreal.ctvnews.ca]
Applebaum resigns from Montreals's executive committee
[link to www.montrealgazette.com]
Rona's top executive resigns:
[link to www.canadianbusiness.com]
Frank Stronach steps down from Magna board chairmanship:
[link to www.theglobeandmail.com]
Roger Ortiz' resignation official, Cameron Co. searches for replace...
[link to www.valleycentral.com]
KU VC Sharma resigns:
[link to www.myrepublica.com]
PetroShale Announces Resignation of Director:
[link to www.stockhouse.com]
Hoskins, Sousa resign from cabinet, opening door for Ontario Libera... :
[link to www.theglobeandmail.com]
Hillary Clinton stepping down:
[link to theweek.com]
Eric Holder (Attorney General):
[link to washington.cbslocal.com]

So whats the real story behind this?
Whats going on?
are they scared and running/hiding?
do they know something we dont know.... yet ?
http://nesaranews.blogspot.com/2012/11/elite-resignations-wow-they-are.html


オバマ大統領の再選により、闇の勢力トップの排除が始まると、AA マイケルが述べています。まさに、その通り。

HSBC 'held offshore accounts for criminals': Bank accused of helping customers launder money by opening thousands of accounts in Jersey(HSBC が何千ものオフショア口座で、ドラッグ、武器取引のマネーロンダリングを支援

Friday, November 9, 2012
Expect Bankster Arrests Within a Month (1ヶ月以内に起こる金融ギャングの逮捕)


RBS, UBS Traders Said to Face Arrest in Libor Probe (LIBOR 捜査で、RBS・UBS のトレーダーを逮捕か)


中国でも、徐々に光の勢力が台頭し、そうでない者は去ってゆくでしょう


政治闘争に疲れ? 胡氏、軍トップの中央軍事委主席退任か 「完全引退」と香港紙 2012.11.12 12:43

中国共産党大会、人民銀副総裁らが金融システム改革に言及
2012年 11月 13日 11:08 JST



そして、今週のベンジャミン情報から。

残念ながら、日本語版の全文掲載は許されなくなりましたので(でも、英語版はそのまま多くのサイトで転載されているんですよね、どうして日本でだけ?(メ-_-))、ここでは、鍵となる情報のみ採用。ご興味があれば、有料購読を。英語版はリンク先で、全文読めます。

相変わらず、彼は、オバマ大統領の再選を闇の勢力の2派閥間の闘争であるかのように捉え、3次元だけで解釈しており、とてもとても全部を真に受けることはできません。。が、3次元の世界での現象として、一般人には見えないところで何が起こっているのか、その裏を知って、高次からの情報と統合すれば、地球と人類の次元上昇がどのような形で現れているか、それを理解するヒントの一部にはなると思います。


ベンジャミン・フルフォード週報―英語版・日本語版(11/12)

Benjmain Fulford: World intervention saves Obama, prevents World War 3 (世界が一致して介入;オバマを支援し、WWW3を防ぐ
What is clear though is that the mass firings announced by Obama mark a major change in the US power structure.

A lot of Japanese power-brokers have been deeply upset by the Romney defeat, notably Junichiro Koizumi’s and Yasuhiro Nakasone’s people. That means that well-financed attempts to set up a new Nazi puppet regime in Japan are now doomed.

This is already becoming visible. Tokyo Governor and well-known China baiter Shintaro Ishihara resigned to start a new national political party after his son was defeated in his effort to take over the resurgent Liberal Democratic Party. However, Ishihara is not finding any followers and has committed political suicide. The moves to place charismatic Osaka major Toru Hashimoto, an Ishihara friend, as a new leader of Japan are also now being put to an end.

Instead it is now looking likely that the Liberal Democratic Party and ruling Democratic parties will merge and choose a new leader through an open and fair election.

The Chinese leadership transition is also still underway but the emerging consensus is that democratic and other reforms that the new generation carry out will resemble the Singapore model more than they resemble the US or European models.

The Europeans, for their part, still do not have access to printing presses for new money and the result is a slow implosion of government function and society in many of their countries. Money will flow again when the wars and terror are stopped.


◆ 大統領選敗北で疲弊するブッシュ派のパージが始まった
【 日本、自主独立への道 】


オバマの大統領再選を受け、アメリカの裏権力事情が大きく変化している。
まず第2次オバマ政権の閣僚人事では、ナチス・ブッシュ派閥の一員として
名を連ねるデヴィッド・ペトレイアス(元CIA長官)、ヒラリー・クリントン
(元国務長官)、ティモシー・ガイトナー(元財務長官)、エリック・ホルダー
(元司法長官)などの名前が消え、彼らの下で働くペンタゴン上層部の多くも
既にパージされつつある。彼らブッシュ派閥が擁立したロムニーの敗北を機に、
これからアメリカ権力層に巣窟するナチスシンパの追放が一気に本格化して
いくと見られる。

こうしたナチス劣勢の状況は、既に日本にも影響を及ぼしている。
10月末、あまり報道されることはなかったが日本銀行が歴史的とも言うべき
画期的な論文を発表していた。これは、日本銀行の白川方明総裁、前原誠司
内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)、城島光力財務大臣などが行った
会議の報告書のようなものなのだが、「金融緩和の強化について」という表題が
付けられたその論文の中には、実はかなり衝撃的な内容が含まれている。
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2012/k121030a.pdf

まずは、その一部をここで引用しておきたい。
----------------------------------------------------------------------
1)資産買入等の基金の増額(全員一致)
長めの金利やリスク・プレミアムへのさらなる働きかけを通じて、企業や家計
等の金融環境をより緩和的にするため、資産買入等の基金を80 兆円程度から
91兆円程度に11 兆円程度増額する。増額分の買入対象資産ごとの内訳は、
以下の通りとし、2013 年12 月末までに増額を完了する。

長期国債:5兆円程度
国庫短期証券:5兆円程度
CP等 :0.1 兆円程度
社債等 :0.3 兆円程度
指数連動型上場投資信託:0.5 兆円程度
不動産投資信託:0.01 兆円程度

(中略)
             
5)日本銀行は、日本経済がデフレから早期に脱却し、物価安定のもとでの
持続的成長経路に復帰することがきわめて重要な課題であると認識している。
この課題は、民間企業、金融機関等の幅広い経済主体による成長力強化の努力
と金融面からの後押しがあいまって実現されていくものである。

6)政府と日本銀行は、この課題を達成するために、それぞれの役割を果たし
ていく必要がある。日本銀行は、上述の認識に立って、強力な金融緩和を推進
していく。日本銀行としては、政府が「デフレからの脱却のためには、適切な
マクロ経済政策運営に加え、デフレを生みやすい経済構造を変革することが
不可欠である」との認識のもとで、日本経済の成長力強化の取組を強力に推進
することを強く期待する。

こうした両者の取組について、共有している認識を改めて明確に示すため、
本日、政府とともに「デフレ脱却に向けた取組について」を公表することと
した。このことは、それぞれが行う政策をより効果的なものとしていくと考え
ている。
----------------------------------------------------------------------

以上の文面は、日本の経済運営の独立と復活を意味している。日本銀行が国債
などの金融商品を買うのは、第二次世界大戦以来の出来事だ。ようするに、
日本政府は200%ともいわれる国家借金地獄から抜け出すために、日本銀行を
再び国策機関として位置付け、円を刷って借金を帳簿から消すことに踏み出し
たのだ。


勿論しばらくの間は情勢を見守る必要があるが、こうした大きな流れから総合
的に判断すると、世界の中央銀行制度を占拠し、第三次世界大戦を狙っていた
権力マフィアたちが、今回の権力紛争の末に大きな痛手を負ったことは間違い
ない。ただし、まだ金融戦争が完全に終わったわけではないし、各方面から
『ナチ勢力が相変わらず天候兵器や地震兵器、核兵器などを使って悪事を企ん
でいる』、『オバマの暗殺計画が進行している』などの情報も多く寄せられて
きている。

新時代の誕生に伴うそうした産みの苦しみは年末にかけてますますエスカレート
していく見込みだが、最後には必ず豊かで素晴らしい世界が人類を待っている

確かに、日銀が、米・連銀の支配から脱し始めたかのようにも思える記事が目立ってきました。まだ、分かりませんけどね。

日銀が新貸出支援制度の早期立ち上げ目指す、12月中にも運用開始か
[東京 12日 ロイター] 日銀は、金融機関の貸し出し増加支援を目的に新たに導入する低利の資金供給制度について、12月中にも運用を開始する可能性がある。同制度の早期立ち上げで、政府の成長力強化への取り組みとあわせ、デフレ脱却に向けた動きをサポートする。

新たな貸出支援制度は、10月30日の金融政策決定会合で導入を決めた。あらかじめ設定する基準時点から貸出残高を増やした金融機関には、その増加額相当分について、年0.1%という低利で最長4年(借り換え含む)の資金供給を行う。供給額に限度を設けない「無制限」とし、金融機関に一段の融資先や案件の開拓を促すことで、現在の緩和的な金融環境の実体経済への波及を狙う。

白川方明総裁は12日の講演で、新制度の導入決定について「金融機関の積極的な行動と企業や家計の前向きな資金需要の増加を促すことが必要と判断した」と説明。政府からも、前原誠司経済財政担当相が同日の会見で、同制度を「政府の外為特会を活用した円高対応緊急ファシリティに協調し、民間貸出を支援する効果も期待できるなど大きな緩和効果をもたらす」と評価し、「早期の具体化をお願いしたい」と期待感を表明している。

基準時点など制度の詳細は年内に開催される金融政策決定会合で決めるが、金融機関との調整を含めて詰めるべき点も多く、現段階では12月19、20日の会合での決定が有力。白川総裁は講演で「できるだけ早く実行に移したい」と意欲を示しており、早ければ12月中の運用開始をめざしているとみられる。その場合、基準時点は12月末になる可能性があるが、金融機関の平準的な取り組みを促すためにも貸出増加額として平残を採用することも検討する。資金供給は、現行の成長基盤を支援する低利の融資制度と同様に定期的に行う見通し。成長基盤支援では四半期に1回の頻度で実施されている。資金供給を実施する期間は1年程度を予定しているが、民間の資金需要は決算期末に最も高まることから、2014年3月まで対象とする可能性もある。



これも、日本独自の歩みが始まったのでしょうか。


新銀行規制バーゼルIII導入、日本は国際合意しっかり守る=金融相
[東京 13日 ロイター] 中塚一宏金融担当相は13日、閣議後の会見で、新たな銀行規制「バーゼルIII」について、「日本は国際合意をしっかり守らないといけない」とし、予定通り導入する考えを示した。

米国は準備が間に合わないとする業界の意見を受け、期日通りに開始されない見通しを明らかにしていた。

同規制は国際的に事業展開する銀行を対象に来年1月1日から6年かけて段階的に導入されることになっているが、日本は決算期が違うため、2013年3月末から適用の予定。

金融相は「(米国は)合意の速やかな履行に向けて引き続き取り組むと表明している。各国・各地域でしっかり実施してもらえるよう期待している」と述べた。



以前も記事にしましたが、IMF (ラガルデ理事は光エネルギーを浴びて、改心したようです)の主導で、ワンタ資金・コラテラルアカウントの償還・賠償金が世界中に送られており、日本にも届いたという情報がありました。(このワンタ資金については、AA マイケルが真実であると認めています。)

まだ発表されていないこの多額のファンドが、政府と日銀を動かし始めたのでしょうか?

私は経済には詳しくないので、とり急ぎ、情報としてあげておきますね。


Protocol Implementation in Europe Nears Completion(ワンタ資金・コラテラルアカウントの始動―FRB 支配の終焉)by Tom Heneghan International Intelligence Expert

ALL patriot Americans MUST know, with sources inside American/European intelligence agencies and INTERPOL, reporting what is really going on behind the scenes of the corporate-controlled, fascist, extortion-friendly propaganda U.S. media's massive deceptions
Thursday October 18, 2012

UNITED States of America - It can now be reported that French President Francois Hollande's latest statement that the European financial crisis is almost over confirms that IMF full implementation of the Wanta-Reagan-Mitterrand Protocols is almost complete.
Eyes over Asia

We can also report that IMF Protocol implementation in Japan is now occurring at full speed as the IMF and Japan are ordering massive redemption and repatriation of collateralized assets reference precious and industrial metals, along with oil and natural gas holdings.

Note: The emphasis is now on the Philippines.

Item: At this hour, the Central Bank of Japan is now earnestly buying U.S. dollars to circumvent the Federal Reserve's QE3 ponzi scheme.



以上、ネット内を流れている情報から、兆候だと思われるものをピックアップしました。

とてもとても大きな出来事が、私たちの生活のあらゆる側面を変える、地球の歴史・宇宙の歴史に残る画期的な出来事が、まもなく顕現しようとしています。

3次元をきれいに終わらせるために、私自身の日常生活をもう少し整理しておきたかったのですが、間に合わなくなってしまいましたね! Σ(´□`#)

でも、大切なことは、ハートの準備ですから、自分の思い・感情をよくモニターして、波動を下げないようにしっかりと準備して、その”時”を待ちたいと思います。





トラックバック (1)

オバマ大統領の再選を予言

2012-11-06 19:22:32 | ディスクロージャー
前の記事でご紹介したヤスの備忘録の有料メルマガの中で、アメリカ大統領選に関する興味深い情報がありましたので、その部分のみ抜粋。

ヤスの備忘録でも何度か紹介した予言者に、ジョン・ホーグがいる。ジョン・ホーグは、アメリカでもっとも著名なノストラダムス研究者として知られ、100万部を越えるベストセラーを持つ著者でもある。

ホーグの予言のスタイルはユニークだ。ノストラダムスの難解な四行詩の解釈だけではなく、占星術と自分のサイキックな能力を総合的に組み合わせて予言する独自なスタイルだ。

●ジョン・ホーグの予言

ホーグは世界のトレンドを的確に予測することで定評がある。だがもっとも注目されているのは、大統領選挙の予測である。ホーグは1968年以来44年間大統領選挙を予言し、すべて的中させているという。

2000年の大統領選挙では、民主党のゴアと共和党のブッシュが接戦で勝敗がつかず、判断は最高裁にゆだねられたが、選挙が行われる以前に「勝敗が決まらずかなり混乱する」と予言し、的中させている。

●今回の大統領選挙の予言

では今回の選挙はどうだろうか?ホーグは8月以来何度も今年の選挙を予言している。それは以下のような内容だ。

「オバマは明らかに偉大な大統領になる素質に恵まれた人物だ。

だが私は2007年に、2008年の大統領選挙ではオバマが勝利する可能性は大きいが、もし大統領になると他の政治勢力から完全にブロックされてしまうので、思ったような政策を実現する見込みはないと予言した。2009年の中間選挙で超保守派のティーパーティー運動が勝利して下院を独占したので、予言した通りの結果となった。

本来オバマは、2012年の選挙で初めて大統領になるべき人物だった。彼は早く大統領になりすぎたのだ。そのため、彼が本来持つ偉大な能力を発揮できず、いまは窮地に立たされている。

しかし、今回の選挙ではオバマがなんとか勝利する。いま接戦が伝えられているが、蓋を開けて見ると、ロムニーとは8.5ポイントくらいの大差をつけて勝利するはずだ。

そして、オバマは第2期目に本来の偉大さを発揮することになる。1980年の選挙では大統領になったレーガンも、2期目で大きな仕事をしたが、オバマもそれと同じパターンだ。彼は、2期目で歴史に残る大統領になるはずだ」

以上である。

このようにホーグは、オバマの勝利を予言している。もしこの予言が的中するなら、アメリカのアジア重視の外交政策には変更はないことになる。尖閣問題でも、上記したような日本に厳しい展開にはなりにくいかもしれない。


なお、予言といえば、このようなマスコミの記事もありました。

ペルーのシャーマン、オバマ氏再選を予言 2012年11月06日 13:47 発信地:リマ/ペルー

【11月6日 AFP】ペルーの首都リマ(Lima)にあるサンクリストバル(San Cristobal)で5日、シャーマン(霊媒者)が集まって先コロンブス期の伝統的な儀式を執り行ない、6日に行われる米大統領選で、現職のバラク・オバマ(Barack Obama)大統領と共和党のミット・ロムニー(Mitt Romney)候補のどちらが当選するかを占った。

 シャーマン達はマラカスを奏で、両候補の写真の上に花びらを散りばめ、そこに煙草の煙を吹きかけた。さらに古代から儀式に使われてきたコカの葉を噛み、アヤワスカと呼ばれるアマゾン地域の原住民が使う覚醒成分の入った調合薬を飲み、「神々曰くオバマ氏が再選されるだろう」という神の啓示を伝えた。(c)AFP







元米軍サイキックが透視した銀河連邦、そして、レジスタンス・ムーブメントの存在

2012-11-06 18:25:50 | ディスクロージャー
私が有料購読しているメルマガのサイト、「ヤスの備忘録―歴史と予言のあいだ」の一般向け情報に、非常に面白い話が載っていましたので、転載させていただきます。

私は、以下の話は、銀河連邦と、例の Resistance Movement、Cobra のいう地球解放勢力、闇の Archon と戦ってきたプレアデス人、アガルタ人、地下に潜った地球表面人類の闘士たちのネットワークの存在を示しているのではないか、と思います。一番最後の一行で触れているのは、地球外・異次元から人類を支配していた、身体を持たない闇の勢力、Archon のことですね。

デイムス少佐は元米軍のサイキックで、透視能力者だそうです。

なお、タイムラインの透視については、将来、地球に大災害が起こるような予言がたびたび為されていますが、そのようなネガティブなタイムラインは、既に消滅しています。高次からのメッセージで、繰り返し伝えられていることですので、心配する必要はありません。

いまだに、銀河連邦の存在を疑っている方もいるでしょうが、、、ソフトなディスクロージャーが始まっています。

デイムス少佐のリモートビューイング最新情報

次のテーマに行く。10月16日に公開されたデイムス少佐のリモートビューイング最新情報だ。今回の内容はぶっ飛んだトンデモ系情報だ。ただ、内容は非常におもしろい。それぞれテーマに分けて掲載した。

異次元の生物

・これまでリモートビューイングでは、地球と人類の過去の歴史についてはあまり遠隔透視の対象にはしてこなかった。なので、いま私の最大の関心事はこの分野にある。

・地球と人類の大昔の歴史をリモートビューイングすると、そこには明らかに「宇宙連邦」という存在があることに気づく。いま私はUFOが目撃されたような場所に出向き、そこでリモートビューイングを行ってい、過去に何があったのか明らかにしている。

・1980年代のリーガン政権のとき、私は空軍が実施したUFO調査のためのプロジェクトのメンバーだった。そのときには、空軍のパイロットが経験した実に奇妙な出来事の記録が多数あった。しかし、こうした情報はすべて極秘だったので、話すことが許されていなかった。私はもっと自由に話したいと思い、このプロジェクトを辞めた。

・「宇宙連邦」の地球外生物は、かなり以前から人間にまみれて存在している。彼らは地球上にいる人間の協力者と一緒に活動している。こうした人間たちの素性を明らかにすることにいま私は関心を持っている。

・地球にはUFOが着陸する巨大な地下施設が存在する。同じような施設は月や火星にもある。しかし、このような施設の他に、地球の表面には、地球外生物の司令部のような施設が存在する。こうした施設は、人類ではあるが他の惑星からやって来た人々が運営している。

・最近、ミニットマンミサイルにビームが発射され、軌道が逸れるという事件が起きたが、このビームはこうした施設から発射された。

・彼らの外見は人類とまったく同じで、我々と同じものを食べている。彼らの作戦を遂行するためには、エネルギーも電気も必要だ。

・だが彼らは、高度な知性を持つ別の存在と関係している。この別の存在は、我々の概念とはまったく異なり、非常に進んだテクノロジーを持っている。25年前、私はこの存在をリモートビューイングしたことがあるが、彼らはある機関に所属していた。彼らは地球外生物でもなければ、また地球上の生物でもなかった。

・この存在は異次元からやってきた存在である。彼らはこちらとあちらの2つの異なる次元に同時に存在することができる。彼らを一度カメラで撮影することに成功したこともある。

・リモートビューイングで彼らをとらえることは可能だが、表現のしようのない存在だ。リモートビューイングでは、人間が認識できる範囲の存在しか理解することができない。例えば、完全に盲目の人がリモートビューイングし「赤」という色を見たとすると、この人は「赤」を経験したことがないのでそれを表現することができない。それと同じように、この異次元の存在は我々の経験しているどの存在とも根本的に異なっているため、表現することができない。

・彼らは我々人類にとっては善の存在である。彼らは人類を観察するだけではない。地球上に存在するすべての核兵器と格納場所を熟知しており、それらの機能を完全に停止することができる。彼らは、人類が自らを破壊しないように、すでに直接的に介入しているのだ。1954年以来、数回全面的な核戦争が起こってもおかしくない危機的な状況があった。その都度核戦争を未然に防止したのは彼らである。

・彼らの防止の方法は極めてユニークだ。発射されたミサイルを打ち落とすというような物理的なものではない。たとえば海上からの核ミサイルの発射であれば、ミサイルが発射される前に、乗船しているすべての人間の意識を一瞬で遮断し、ミサイルの発射を不可能にさせてしまうというものだ。そして、彼らは絶対に人間を殺すことはない。

・私は彼らの行っていることを支持している。そして、私が彼らの存在に気づいていることを彼らも知っている。

・またこの存在は、どんな姿や形にも変えて現れることができる。グレータイプにもなることができるし、そうではない形のなることも可能だ。

・一方、こうした善なる存在とはまったく対極の存在もいる。彼らもいわゆる地球外生物ではない。異なった次元からやってきた存在だ。






オバマ大統領こそ、黄金時代の導き手

2012-11-06 12:09:59 | ディスクロージャー


本日の米・大統領選はどうなるでしょうか。

光の戦士、新しい地球の黄金時代のリーダーとして、天界が選んで派遣したのが、現職のオバマ大統領です。

彼の再選は確実で、まさに、これからこそ、その本当の手腕を発揮することが期待されている訳ですが、、、、。投票結果の不正操作が懸念されています。

が、銀河連邦では、対抗措置を考えているようです。

SaLuSa Gives Us the Message We’ve Been Waiting For

“In the U.S. the Presidential elections are coming to a close, and President Obama will return to power to take you all into the Golden Age.

“So far you have seen little of his real abilities or desire to bring about World Peace. The dark Ones may have used their methods to appoint their choice, but we of the Light are not without our way of making sure our choice succeeds this time around. It is a victory that is assured.”


AA マイケルは、大統領選に天界が介入するとは言いませんが、「どんな結果になるにせよ、黄金時代への道を開くのは、オバマだ」と、繰り返し明言しています。

Archangel Michael: This Election Will Clear the Way for Obama

“This will be an election that clears the way for Obama to step into his role to co-create the New Earth. So, yes, he will and he does have the support that he will need in order to play his role.

But if everything went awry, we need to emphasize that this does not change the roles and missions of each of you but more importantly of Barack Obama and his team. This will go forward.


共和党候補者ロムニー氏の素性は、皆さん、ご存知の通り、、、、イルミナティの一味です。ロムニー家の怪しい歴史、汚い金の流れ、キューバのスパイに絡むスキャンダルが浮上。

Gordan Duff: VT Hacked Over Romney’s Lifting of Cuba Embargo

万一、当選したところで、ロムニー氏にとって、大スキャンダルになるでしょう。イルミナティには痛い報道なのでしょう、これを載せたサイトが、既に、攻撃を受けています。

Gordon Duff - Closing the Ring

大統領選の投票結果の不正操作、それがいかに簡単であるかを前もって指摘する報道も増えているので、ブッシュ VS ゴアの時のように、納得の行かない結果であれば、人々が許さないでしょう。

Election Fraud - Videos and Articles Relating to the Voting Scam In The United States

余談ですが、、。

昨日のウォール街55の浸水、証券水浸し報道に関して。この場所こそ、闇の勢力の「マザーシップ」であったことが述べられています。浸水により壊滅しましたが、奴らは、逆に証拠隠滅を図るのでしょうか。

Bix Weir DTCC Fraud Cover Up in Progress

出生証明書に連動した債券というのは、実在するようです。

Did we just become un-monetized? 55 Water Street IS where the birth certificate bonds are stored.





これが、銀河連邦サルーサの執務室だそうです。

2012-11-05 12:50:08 | ディスクロージャー




マイク・クインシーさん始め、何人かのチャネラーを通じて、いつもメッセージを送ってくれている銀河連邦のコミュニケーション部門責任者?、シリウスのサルーサ氏のデッキ、シップ内の執務室の様子だそうです。(実際の写真ではなく、似ているイメージを持ってきたもの。)

サルーサをチャネリングする Gabriel Raio Lunar さんのサイトに載っていたそうですが、同じくサルーサをチャネリングするローラさんが、「私が見たものとそっくりだ~!!」と、興奮しています。彼女は、瞑想中に、その場所を訪れたことがあるようです。

シップのブリッジに行くこともあるそうですが、サルーサはこのプライベートなデッキを有していて、そこには、必要に応じ、見る対象を何処までも拡大できるスクリーンと、アカシック・レコードを見られる装置があるのだとか。

すごいですね、、私も早くスペースシップに乗せてもらいたいデス。旅をしたい。というか、また、冒険旅行に出かけたい。

このタフな学び舎・地球で、3次元で過ごした長い年月は苦しかったですが、それでも、また機会があれば、困っている惑星文明を応援に出かけたいと、強く感じるのです。。高次からのメッセージで、私はスター・シードだと言われていますが、それもどうやら、いわゆるワンダラーなのかな、と思うこの頃です。

それにしても、、、ディスクロージャー、ファースト・コンタクトが近づいているせいでしょう。

銀河連邦の存在を、具体的に、身近に感じられる情報が、増えてきていますね。





光の家族のイラスト、彼らはこんな外見だそうです。

2012-11-05 12:10:36 | ディスクロージャー




ギリシャ人のチャネラーで、美術学生のコンスタンティノスさんのサイトから。(サイトに行ってクリックすれば、もう少し大きい画像で見えます。)

彼が知る(瞑想中に見た)スペース、スピリチュアル・ファミリーのイラストだそうです。スペース・ファミリー、内部地球のテロス人含め、多くの良き友人たち、Light Being たち(光の家族)が描かれています。

これは、有名なアシュタル艦長。





次は、AA マイケル(大天使ミカエル)。私は、下の方が好き(笑)。





地球を支援に来ているコンスタンティノスさんの知り合いの中には、レプティリアン型のヒューマノイドも交じっています。

レプティリアン種だからといって、全部が全部、闇の勢力なのではありません。光の側のレプティリアンも、宇宙にはたくさん存在します。地球人類の祖先の一部でもあるのです。

この先、ファースト・コンタクトで出会ったとしても、驚かないようにしたいものですね。偏見は捨てなければなりません。オープン・ハートで!







神風ハリケーン・サンディが抹消した!ウォール街が隠匿していた「出生証明書・連動債券」

2012-11-05 09:57:02 | ディスクロージャー


AA マイケルAA メタトロン、今月のマシュー君のメッセージ始め、多くのスピリチュアル/スペース・ファミリーから、今回のハリケーン・サンディは闇の勢力のテロによるものではなく、どうしてもその地に必要な地球の浄化活動であったというメッセージが届いています。どんな装置を使おうと、これほどの気象を動かす力は、もはや奴らには残っていないとのこと。

そして今回、興味深いのは、とりわけウォール街の被害が大きかったことです。

Stock certificates feared damaged by Sandy (CNN)

NYウォール街、全面復旧見えず 水害・停電
2012/11/3 1:23
【ニューヨーク=米州総局】先月末に米国東部をおそった巨大ハリケーン「サンディ」による被害が米国の金融街にも影響を及ぼしている。1日にはニューヨーク市の地下鉄が一部運行を再開するなど復旧の動きもみられたが、ウォール街のあるマンハッタン地区南部では水害が深刻。全面復旧のメドは全くたっていない状態だ。ニューヨーク証券取引所はサンディが接近・上陸した10月29~30日に休場したが、31日に非常用電源を使って復旧した。電力会社は2日深夜までにウォール街があるマンハッタン島南部の電力が回復すると発表した。ただ、交通インフラの復旧はまだ進んでいない。850万人以上が利用する市営地下鉄が同島南部を中心に運休しており、1日もニューヨークの中心街に通勤する自動車やタクシーで主要道路や橋が大渋滞した。多くのガソリンスタンド前にはガソリンや軽油を購入しようとする自家用車の長蛇の列がみられ、いらだった客同士でトラブルになるケースもあった。ニューヨーク州、ニュージャージー州を中心に500万戸超で起きている停電の全面復旧には1週間はかかる見通し。同市でも65万人程度が停電の影響を受けているとされる。現地の金融関係者からは、ウォール街が正常な環境に戻るには数週間かかるとの見方が出ており、通勤など移動のために自転車を購入する人も増えている。ロイター通信によるとサンディによる死者は1日までに98人に上り、100人を超える勢い。ニューヨーク市だけで40人の犠牲者を出した。


大型ハリケーン GS本社、取り囲む土嚢 ウォール街金融機関、業務拠点移す

データセンターや物流も直撃 ハリケーン「Sandy」の教訓

実際に、この停電・浸水の間に、いわば闇の勢力の「中枢を麻痺させ、崩壊に追い込む」作業が、スペース・ファミリーの協力で為されたという、極めて興味深いチャネリング・メッセージ、The Great Dissolution of 2012 A Message from Sananda, November 2, 2012 があります。送り主は、Lord Sananda、つまり、アセンデッド・マスターとして復活されているイエス様です。

内容は、上の CNN ニュース、「ウォール街55の保管所における証券水浸しの被害」と関連しています。出生証明書債券(この下に注)って、本当に、ここに存在したんですね。

その取引記録の抹消(人類の奴隷状態からの解放)含め、腐敗したニューヨーク警察、国連、FRB への措置、そして、シップによるマスコミ報道切り替えの準備が本当に完了したのだったら、素晴らしいことです。

追加1: このサイトでも、まだ詳細は明かせないけれど、この1週間で、大きな変化が起こったことを告げています。ここも。

追加2: FRB も、業務の一部を停止しているそうです! 

追加3: 水に浸かった証券の被害総額は、額面で36.5兆ドル、修復費用は6840億ドル?!


The Great Dissolution of 2012 A Message from Sananda, November 2, 2012  一部抜粋

The storm which caused power to be out to millions in New York City and surrounding Metro in New Jersey and Conneticut and others in the North East U.S. was for a purpose. It allowed Galactic Technology to undo to all of the clandestined illegal activities.

Wall Street was the number one casuality of the Sand Man or Sandy the Huricane. By holding the high winds over Manhattan so long a two day shut down of the Markets allowed the Galactics with computers from their Ships to dismantle the trading of Birth Certificate Bonds. Wall Street and specifically 55 Water Street were dismantled from the inside. Maritime Law which holds your Birth Certificate Bonds as the Gross National Product and you as a slave from your moment of Birth into the Maritime system was wiped off their screens. All of their records are gone. All of their bank accounts balance to Zero.

Where before they held your secured registered Birth Certificate and Libor number, it has disappeared. You are dissengaged from the system. Fifty-five Water Street held all the records for the Birth Certificate Gross National Product listings for over 190 Countries on Earth and those too have been wiped out. You are no longer a number which is cashed in upon your Death.


When the Executives arrived back at their desks and turned on their computers an Error Screen explained to them that their trading days were over. In the meantime a dummy system has been installed running on the other computers throughout the offices. The workers do not know it, but they are no longer trading on any system that is real. They may as well be playing Ms. Pacman. The Stock Market has been dissolved.

The Police Force NYPD Blue. The vast majority of Police in NYC are corrupt. On the morning of 911 those who were to Announce NESARA Law were shot dead by Police in the Twin Towers Lobby. Shortly after explosions dropped the lobby covering the dead bodies. Throughout the City Police have been bought out by the Cabal to run false flags and look the other way. Had the Terrorists inside the White House not had the cooperation of NYC Police then they could have never hidden 911 was an inside job from millions of people. The Police control mass transit, emergency response, video surveillance, helicopter security, vice, drugs, gambling, evictions and on and on having their hand in every segment of society with deleterious effects. A dismantling of illegal surveillance and other activities by the Police had their books wiped - all their record keeping has disappeared and they will not be able to recover the records of those nonviolent falsely accused. Those Police valiantly upholding the law are known and will continue their good works.

The United Nations. The United Nations Soul Control is the Pope and the Vatican Bank. They decide which Nations will receive financial aid and every nation is considered a not-for-profit entity. All of the American Nations in North and South America and the Caribbean are overseen by the Organization of American States a policy setting entity for the United Nations. All those working illegally as representatives of Countries have been removed from their posts. Their computer access has been removed. Later Indigenous Peoples will be represented by their peers, not Attorneys or Members of the Vatican or State Department in these posts. As we knew it, the United Nations has been dissolved.

The Federal Reserve Bank of New York. The computer system for valuations and a switch over in currency has been in place a long time. The computer records of all loans tied to Governments, Corporations, Individuals, other Banks and Private Firms has been uploaded and Indictments are pending. The Fed has been dissolved.

The Media have been controlling mass consciousness through constant exposure to news of a sexual nature, political scandals, and pop culture. What movies are produced, video games, youtubes, twitter, facebook, songs and television shows are all controlled by the few controlling the many. We have gone in put into place an infrastructure for Media that is directly linked to the Communications from our Ships. Only the Truth will be broadcast and this is available at the flip of a switch now.


没収アメリカの金(ゴールド) 若干蛇足さんのサイトから

1933年4月5日の債権者(連邦準備制度とその個人所有者)の命令の下で、フランクリンD・ルーズベルト大統領は大統領の命令6102を出しました。そして、それは1933年4月28日に、または、前にすべての金貨、金の地金と金証券を彼らの地元の連邦準備銀行に届けることをすべてのアメリカ人に要求しました。

どんな違反者でも最高10,000ドルの罰金を科されます。そして、この命令に故意に違反した者は最高10年または両者とも刑務所に入れられます。1オンスにつき35.00ドルで、この金は、それから連邦政府のオーナーによってどんな外国の、米国以外の市民にでも提供されました。全ての前の100年にわたって、金は安定した価値で残りました。そして、1オンスにつき18.93ドルだけから1オンスにつき20.69ドルだけまで増加しました。

それ以来、あらゆる米国民(彼らの出生証明書によって)は政府の遺産になりました。そして、将来の課税を通してこの負債を払うために特定のドル量で誓われました。このように、あらゆるアメリカの市民は出生(将来の課税を通して)から借金していて、実際上は、債権者(私有連邦準備制度)の財産です。





トラックバック (1)

Fix the World(世界を立て直そう!)プロジェクト

2012-11-05 09:00:15 | ディスクロージャー
THE TIME IS NOW! WAKE UP WORLD,
it is safe to do so.
WE CAN DO THIS!
Let us begin…….
今こそその時! 世界よ、目を覚まして。
もう危険は去ったのだから。
できるよ!
始めましょう......


覚醒した人々の間では、既に、闇の勢力が排除された後の「黄金時代の地球」へどのように移行するか、に関心が集まっています。

スペース・スピリチュアル界からのメッセージ、また、徐々にマスコミに現れてきている情報を見ても、「闇の勢力の排除が加速度的に進行している」のは事実です。いまだに3次元のパラダイムに捉われ、陰謀論の枠組みですべてを説明しようとしている人々もいますが、真実を見抜く力を取り戻した人々は、どんどん意識を先へ進めています。

全世界負債免除と豊饒化ファンドの放出、それは偽情報でも何でもなく、今や開始のタイミングを待っている段階で、地球上の一人ひとりに使い切れないほどの大金が分配されるわけですが。

そこで、問題。さて、突然、全員が宝くじに当たったように大金持ちになって仕事を辞めたら、今現在、社会を動かしている、社会を支えている様々な仕事の担い手が居なくなってしまいますよね。

今の3次元のパラダイムに従えば、人はお金のために働いているのであれば、お金が十分にあれば、働く人は居なくなってしまいます。

完全に5次元へ進めば、生活には全く困らない、それが当たり前の状態ですから、人々は、全体への純粋な奉仕として、社会を支えるのに必要な仕事をそれぞれ無償で平等に分担することになります。

しかし、この間の移行をどのようにすればいいのでしょうか?

興味深いプロジェクトが実施されました。

HOW TO FIX THE WORLD
A Summary of Solutions for the Problems in Our World Of, By and For the Inhabitants of the Earth Published 11:11pm ET, November 3, 2012
Written By 285 Anonymous Inhabitants of the Earth


闇の勢力の置き土産である大量の問題を抱えた地球、そして表面人類の社会、それを fix(修理)する方法について、ネット上で、提言が募集されたのです。この活動のベースには、映画スライブの思想があります。

日本も含め、37ヶ国、300人を超える人々から提言が寄せられ、そして、このたび、それがまとめられたようです。

あなたは、黄金時代をどのようなものにしたいですか、どうしたら、そうできると思いますか? 意識を拡大するための格好の材料となります。「自然災害や、政局、経済の混乱を必要以上に騒ぎ立てる」マスコミ、その最後の悪あがきから離れましょう。そうしても良い時が来たのです。

英語ですが、読める方も大勢いらっしゃるでしょうから、お勧めします。

私の感覚では、ディスクロージャー、ファースト・コンタクトが実現すれば、スペース・ファミリーから数々の先進テクノロジーが供与されるので、3次元から5次元への移行は、びっくりするほどのスピードで進むだろうと思います。

しかし、このプロジェクトの意義は、地球人が自らの力でできる限りのことをしようという決意表明、そこにあるのだと思います。

TABLE OF CONTENTS
Introduction Information and Disclaimer

Letter to All “Fix the World” Volunteers and Submission Authors
A Letter to Non-Illuminati Royal Families, Prosperity Program Trustees, et al
Methodology:
How We Did it How to Disclose the Truth
How to Handle the Cabal
How to Restore Peace in a New Paradigm
How to Release the Wealth
How to Fix the Banking System
How to Restore the Economy
How to Reform Sources of Energy
How to Release New Technology
How to Cleanse the Environment
How to Restore Infrastructure
How to Reform the Government and Reassign the Military
How to Fix the Legal System
How to Create Employment
How to Fix the Food Supply
How to Restore Health
How to Restore the Medical System
How to Re-create the Media for the New Paradigm
How to Improve Education for Everyone
How to Restore Community Values
How to Create Security
How to Create Self-Reliance
How to Develop Our Spirituality
How to Restore Heart Coherence
How to Create an Altruistic (Pay It Forward) Community
Thrive Solutions Hub: An Answer for Community Organization
Collective Choice Poll
Action Plan by Invictus
Poverty Assessment Reports from the World Bank
Proposal for Investors
How Can I Help?








トラックバック (1)