0010110 ハートの贈りもの―2019―黄金時代07年 

2018-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

集団瞑想の効果を検証する。そして、”じっちゃん”が言った通りだった3日間!

2016-04-28 10:54:23 | 想像=創造プロジェクト



熊本・大分地震の余震に対して行った瞑想の効果を検証してみました。

いかがですか。減っていましたよね、しばらくの間。特に、22日の集団瞑想の直後はほぼゼロでした。

4/23の”祝祭”セッションに出てきてくださった”じっちゃん”に、集団瞑想の成果をお聞きしたのですが、「地球は今、ぐっすり眠っとる。3日間、眠るよ」と、おっしゃっていました。その通りでしたね。3日間、ガイアは身震いを止めました。

私が描いた”ガイアに捧げる誘導瞑想”のスクリプトの最後では、少女から美しい女性に変身した地球乙女がしかるべき場所に運ばれて、大切に守り育まれるように導いたのですが、まさに、しかるべき場所で休息を取られたのだと思います。3日間とはいえね。。

次元上昇のエネルギー波が到来し、地球が物理的な変容を始めているので、今後も、地震は止みません。古い殻を破って、新しい地球、美しい地球乙女が出てくるためにはどうしても通らなければならないステップです。

その人が信じようと信じまいと、自身の内外に揺れは迫っています。2012-12-21のアセンションを「詐欺だった」といって笑った人も、いまだに「お花畑」といって魂の真実や霊的学びを否定する人にも例外なく。。レムリアが沈んだときも、アトランティスが沈んだときも、ノアの時代にも、最後まで「気づけない」、「直視しない」、「真実に対して心を開かない」人々はいたわけです。

ここ何十年もかけて、私たちに備えさせようと、天界も宇宙のファミリーも警告を発したり、宇宙の法則を伝え続けてくれました。もはや信じる信じないの問題ではなく、いかに自分がそのエネルギーに備えるか、自分の中を整えるかだけの問題です。否定できないものとして、大周期の終わり、第4密度への移行/アセンションへ向けて、清算の時期が来ています。

かといって、恐怖は必要ない。ニューアースに行きたいならば、自分も地球に育まれている、地球の一部であることを、愛と感謝をもって受け入れるしかありません。そして、”死”は存在しない。「自分が生まれたところも還るところも、じっちゃんの愛の中なのだ(このことが、4/23の”祝祭”セッションでのじっちゃんの教えの1番目でした!)」、それを心から信じる、いえ思い出せば、恐怖は手放せます。

揺れに対して、またその結果に対しては、私たちにできること、やれることはありますよね。淡々とそれに取り組むだけです。

古い殻を脱がねばならない地球の身震いが大難になるか小事ですむかは、人類が溜め込んでしまったネガティブエネルギーの解放を、私たち人間がどれだけ手伝えるかにかかっています。

そもそも、ネガティブエネルギーを今さら新たに自分から生み出さない・環境へ拡散しないことが大事ですし((ノд-。)、今回のような集団瞑想で、地球の痛みを取り除いてあげる支援も大切です。

4/16の”祝祭”セッションのET会議に出てこられた”じっちゃん”の教え通り、「雁首突き合わせて、あれこれ先を心配するのではなく、自分が本来持っているパワーを思い出して、”今”できることをやっていく」しかないのです。

被災者・被災地の支援、それに、自分自身の備え、そこに集中していきたいですね。





「私は命を続けさせることをやめない!」―地球乙女からのメッセージ、ありがとう。

2016-04-24 08:52:43 | 想像=創造プロジェクト
余震、昨日はほとんどありませんでしたね。22日あたりから急に減っていましたが、22日18時28分を最後に、23日22時06分までは空白。

しかし、これで揺れがなくなるわけではありません。地震は、”地球の変容が本格的に始まった”、その証ですから。古い殻を割って、中から新しいいのちが出てくる。あるいは、生命の木が伸びてくる。その過程が穏やかに進むように、瞑想その他で、地道に愛を送り続けたいと思います。

以下は、今回の手続きに関するアドバイスを天界から受け取ってくださった霊導者さんからいただいたミッションのご報告です。地球乙女とすばらしいやりとりをなさっています。

私がぐっと来たのは、ここです。この気づきです。私も心から、その通りだと思います。

もし、この霊視を少しでも鑑みていただけるとしたら、これほどまでに尽くしてくださる地球様に重ねて人類の安全と安泰をお願いするのはもはや、筋違いではないか思う次第です。
地球様には感謝しかありません。
地震もこの先、進むこともあるでしょう。
被災地方々への真心尽しと誠意の支援は人類が引き受ける事と思います。


私自身がこのミッションで、地球乙女から受け取った言葉も、短いですが、次のようなものでした。

私は、愛することしかできません。
私の中に、あなたはいます。そして、あなたの中に、私もいます。


つまり、人間が地球を愛することは、自分自身を愛することであり、自分自身を愛することは、地球を愛することなんだ。一なるもの。ワンネス。そして、地球自身は憎んだり、恨んだりすることはできない存在なのです。(こんな人間たちでも)ただ、愛することしかできないんだ。それをあらためて教えていただきました。

私たちは(私自身は)、二元性を超えるといいながら、地震を悪とみなしていましたね。ごめんなさい。m(_ _)m もっと高い視点へ上がらなければなりません。そして、地球乙女への信頼を取り戻さなければなりません。彼女の中には愛しかないのです。

「大丈夫にしなさい」 じっちゃんの言葉です。昨日、4/23の”祝祭”セッションでも、じっちゃんと今回の地震に関して、深い対話をしました。

私たちが、大難を小難にできるかどうか。それは、私たちの意識の上昇、二元性を超えて、一なるものに帰れるかどうか。そこにかかっています。

地震のような大きな出来事は、人類の集合意識が生み出すリアリティですが、その中でも、自分の周囲、狭い生活範囲でのリアリティで、自分がどのような体験をするかは、個々人の意識の持ち方で変わってきます。

瞬間瞬間のコンシャス・チョイス、意識的な選択により、個人のリアリティ(波動によって決まる)の分岐はすでに始まっている。その扇形の道の広がりは、やがて踏み変えることは不可能なレベルへと拡大していく、そうです。

被害を受けたものへのケアが、私たち人間の役目。そして、揺れても大丈夫なように環境を整えておくのが、”受け入れること”。地震を嫌がることなく、当たり前のものとして備えておけばいいのだと思います。普段から、揺れても大丈夫な暮らしをしておく。

地震におびえることなく、地震を憎むことなく、何が起こったとしても、ただ淡々と”今”を生きて、今、自分がやれることに集中していきたいですね。

じっちゃんのまったき愛の中に、私たちは生きている。私たちは、それ以外の存在のしようがない。それは、私たちのハートが知っている”智”です。


2016.4.22 22時02分~16分

ヘミシンクで変性意識?に入り
集団瞑想を守護していただけるよう祈願。天界の御守護を仰ぎました。

目を開けました。霊視。

空に、ブロンドの緩やかなカールがかかる天女さま。
柔らかそうな生成りのワンピースで、裾をたなびかせます。
ふくよかな体つき。
絵画のような出で立ちですが、絵画よりは、人間味のあるお顔です。
目はそれほど大きくはありません。
大きさは、20mくらい。我が家から今日の満月は10円玉くらいに見えました。
右から左へと優雅に舞い、優しく頷かれました。
遠くにもうひと方、天女様がおられました。


2016.4.22 22時22分~58分

ガイアに捧げる集団瞑想

今回は、現実世界の位置で見届けたく、
創造の世界と、現実世界を行ったり来たりすることにしました。

目を開けたまま、意識だけ音声ガイドに乗せる。

この4月22日22時22分の集団瞑想までに、4回こちらのガイドを聞いて参加させていただきましたが、すべてハイアーセルフはイエス様のような風貌の方でした。静かで控えめで口元だけ、ふっと動かして微笑まれますが、目がいつもなんだか悲しそうでした。(ちなみに、この瞑想以外でのハイアーセルフ?は3体いづれもイエス様ではありません。このガイアの瞑想で初めてでした。)
こちらのイエス様風の方、砂漠色の目の色をしています。
22時のハイアーセルフは聖母マリア様風の女性の方でした。
白いベールをかぶり髪の毛も生え際も見えません。うっすら微笑んでおられますが、あまり表情を変えません。
たぶん、目が細い。
私はキリスト教には元来、全くご縁がなく、霊導者時代、過去1度も霊視霊眼で相見えたことはありません。
意外でした。

目を開けました。現実世界です。

外のベランダで椅子にもたれて、お月さまを目の前に参加していたのですが、
お月さまの下を小さな飛行機が赤、緑、白の点滅を繰り返しながら真横に飛んでいきます。
猛スピードの点滅にあっけに取られて眺めてしまいました。
少し、気がそれてしまいました。


目を閉じました。音声ガイド創造の世界です。

マリア様風のハイアーセルフの手は柔らかくて、子どものように嬉しくなってしまいました。

驚いたのは、宇宙です。
宇宙は映像と想像でしか見たことはありません。
今まで繋がろうとも思ったことはありませんし、繋がるという概念もありませんでした。
でも今回、手を引かれ飛び出した宇宙は、地球からどこまでもたくさんの世界が続いていました。
たくさんの次元の違う世界です。
また、どの次元の境界線にもシールドが張ってあります。(中には、シールドの曖昧なところもあるかもしれません)突き抜けるたび、「あっ、ここ境界線」「また…また違うとこ通ってる」と体感していきます。

それで…充満してるのです!
宇宙が生き物?生物?
宇宙が生命で、生きてるエネルギーで充満しているのです!蒸せ返るほどです。
宇宙人もUFOも見えたりはしませんでしたが、空間どこまでもぎっしりで、生きてるエネルギーで満たされています。
いろいろな音も聞こえます。
宇宙が生きてる!
星々もみんな生きてる!イキイキと躍動しています。


また、目を開けました。

先ほどと同じように、また3色ハイスピード点滅の飛行機が同じく月の下を飛んでいきます。今度は、飛行機雲を引いていますが、お月様のあるところだけでプッツリ途切れ、お月様の終わりからまた線を引いて飛んでいきました。
なんだか、かわいいなぁ。憎めない飛行機さんだなぁ。

なるでこさんの「九州上空」のガイドを聞いて、目を開けたまま、九州を上から霊視しました。
暗い。
(熊本のあたり、まだ停電しているところが多いのかな?)

空を見上げる。
…少しして、薄いモヤ?
集中すると天女様が2体舞っている。
あと1体天女様か、天使様かわかりませんが、3体で今回の手続きを統治しにお出ましくださいました。
ありがとうございます。


音声ガイドでグリッドを組み、光の柱を立てるところ。

私は真っ白の空間にいました。
真っ白で何もない空間。ではなく、
光る真っ白の何かが充満している空間です。その空間で、光る真っ白の何かは(小さい粒?)絶えず上へ上へと昇って行きます。(昔、1度山の木々や草花から似たような粒が無数に空に昇って行くのを見たことを今、思い出しました。)
なんだかはわかりませんが、その空間の居心地は良かったです。
そこで、前回視た幼子の地球少女は裸で膝を折り曲げ、足の裏を手でつかんで丸まって横たわって、空間に浮かんでいました。

少し立つと「ごめん….ごめん…」
と声が聞こえました。
「…防げれなかった…」

なんてことでしょう…
地球様はこんなに苦しまれているのに、まだ防ごうと地表に出すまいと、懸命に葛藤して居られたのです。

「もっと、抑えようとした…」
私は、焦って少し近づいて
「私のせいなんです。人間のせいでこんなに苦しくなったんですよ。
地球様は悪いことないのに。ごめんなさい。」

いつの間にか、どなたかのハイアーセルフが数体地球少女を取り囲んで、抱きしめる時のように優しく手を出して、エネルギーを送っていました。

地球少女が真っ直ぐになって、
膝を抱えるのをやめ、
立ち上がり、
そして、地球乙女と姿を変えました。
白い粒は一層スピードを速め、昇って行きます。


前、霊視した時と同じく美しい女性で、やっぱり目の玉が真っ白でした。

私は、言葉が出てこず、しばらく向かいあって立っていました。

白の空間の外には大勢の気配を感じます。


ビジョンが見えました。
地震が起きて地表にヒビが走ります。
なんで、ヒビが走るか?
それは、根っこです。
地震の震動と裂け目。これは地球の中から大きな木がはえるからです。
自然が作り出した土の中の有機物質、地球が抱える喜びも苦しみも、有害な物もどんな物もその養分として、その大木はどこまでも上へ伸び、太くてみなぎる強さの根を張ります。

「生命の木。」

と、地球乙女は教えてくださいました。
地震とは、地殻変動とは、生命の木を生やすために起こるのだそうです。


私はまだなんて声かけて良いか、悩んで立ち尽くしていました。
だって、被害者の前に現れた加害者(私)なのですから。
ただ、ごめんなさい、しか思えませんでした。

そうしていたら、地球乙女が少し元気な声で私を呼んでくださいました。
「〇○さん、もう少し強くおなりなさいよ。望みのやること、あるのでしょう。」


「みてみて。」

次の瞬間、
私は、宇宙から地球を眺めていました。

美しい地球。
綺麗な白色の薄い大気に覆われています。地球の見た目が、ずっと前より少し明るくなったみたい。

頭に直接、なるでこさんのガイアの意識の音声がリプレイされて、伝わります。

「たくさん、住んでいるでしょう。(私には)
水、土、花、動植物(人はここに入る)、火、風。
どれも「命を生かすため」にあるの。
そして、妖精や精霊たちが「楽しむために」にあるの。」


なんだか大発見!
人が命を生かすため と
妖精・精霊がたのしむため
は同義語なんだそうです。重要度が同じ!

妖精・精霊が楽しみを体験する事とは、
命を紡ぐことに匹敵するなんて!
楽しむために、妖精・精霊は存在しているのだそうです。
楽しむこと、そんなに重要だったんだ…!

地球乙女はすべてを包み育む大きさで、役割でありながら、その中のたったひとりの隣に立って、気にかけ、寄り添ってくださるのです。
1人の人間の感覚でしか捉えられませんが、どれほどきめ細やかなお働きかと、胸が打たれる想いです。


「赦してください」のガイドが流れると、地球の苦しみがたくさんの場面と共に伝わってきました。
一番は、核や爆弾の痛みと、それに含まれるたくさんの悲しみでした。
人間には聞こえていないけれど、小さな少女はその時、確かに悲鳴を上げていました。


私はただただ、一心に、本当にごめんなさい。と、これまでの行いを素直に認め、お謝りするしかありませんでした。


しばらくすると、また
「みてみて。」と声がします。
さっきより、また少し元気な明るい声。
私はまた宇宙から地球を離れたところから見ていました。

明るく美しい地球から、白い風が起こります。
地球の側面を吹き上げる白い帯状の風。
まるで、地球をバランスボールに見立て、地球乙女が優雅に背もたれて伸びをするようです。
優雅に若々しく!

もっとはっきりとした、意志のある声で
美しい地球から聞こえます。


「私は生きることをやめない!」


「私は命を続けさせることをやめない!」



驚きました!
涙が止まりませんでした。
嬉しくて仕方がありませんでした!!


私は、先日、天使様から
「地球はあなた方の責任を取っています。」と教わりました。
それは、人間が身勝手ばかりしているから地球は耐えかね、結果地震・天災という形で自らの体を犠牲にてまでも、地球の一部である人間の責任を取っているということでした。
私は、そのように受け取りお伝えしました。


そして、ここで更なる地球の深い深い愛情の果ての責任の取り方を乙女がはっきりと教えてくださったのです。
私は、そんな人間を抱え、すべての生命を抱え、傷つきながらも生きることをやめない、と。
地球が生きることをやめること。
すなわち、その中のあらゆる生命と、たくさんの折り重なる次元の生き物すべてを終わらせることになる。

自らの責任において終わらせはしない。
命のバトンリレーを続けさせる。
私は諦めない。
私の覚悟である。


そう、宇宙に宣言してくださったように思いました。

そして、
「地球全体を見て!
九州や世界の各地では、天災がある。
でも、その他を見て!
私は今も本当に輝いている!」

そう伝わってきました。

痛い場所もあるけれど、それでも、こんなにもすべてを愛おしんで育て、素晴らしさを表現している!と。
ぜひ、地球の全体を見て欲しい。そうすればひとつひとつの天候、天災に憂う気持ちはあっても、終わりではない!
どんな状況下に、あっても広い部分では今日も生きることを止めず、絶えず与え続けている。
そして、傷ついた部分は新たに再生する。それを、大きな視点から見て、どうか不安だけに縛られず、命の希望を持ってほしい。


私の、稚拙な文章でどれほどが伝わるかわかりませんが、今回なるでこさんのガイドにより次元を超え、たくさんの魂の方々と共に地球様の元を訪れ、更に深く教えていただくことができました。
私の読み取りが浅く、震災の地に生きる人間代表を受けてくださった方々の想いにまで添える霊通ができなかったこと、本当に申し訳なく思います。
私の霊視・霊通はまずは、地球様に100%向き合うということで終わりました。
今回、ガイアと天界の役割分担も少し垣間見ることができました。

お話にアレコレと出てきた事柄も、機会を見て深く調べることも必要かもしれません。
私ひとりのビジョンでの感想ですが、
もし、この霊視を少しでも鑑みていただけるとしたら、これほどまでに尽くしてくださる地球様に重ねて人類の安全と安泰をお願いするのはもはや、筋違いではないか思う次第です。
地球様には感謝しかありません。
地震もこの先、進むこともあるでしょう。
被災地方々への真心尽しと誠意の支援は人類が引き受ける事と思います。

そして、人事を尽くした暁には、私も並んで天界のご守護を一心に祈願させていただきたいと思います。
私に何ができるか。
地球様に感謝の念を送らせていただきながら考え、行動します。

今回、「集団瞑想として」だけではなく、創造主様はじめ、天使様と宇宙に向けて地球無血解放の手続」だったのですが、滞りなく納められたかは再度、お伺いしてみようと思います。次は天界に。
セッションを通して、創造主様からもお言葉がありますように。
霊界の手続きは何度もふんだことありますが、天界に願い出て、地球様がお相手とは初めてです。
他の霊導者さんは、あるかもしれませんので、また、なるでこさんのもとに情報が集まり今後のひな型が揃いますように。

お忙しい中、私の話に耳を傾けてくださり、こんなにたくさんの人事を尽くしてくださり本当にありがとうございました。大変お世話になりました。
みなさん、どんな真実に出逢われたでしょうか。コミュに寄せてくださるとじっちゃん、マイケル様見てくださいますね

ご報告まで



ありがとうございます。m(_ _)m





「ガイアに捧げる誘導瞑想/熊本・大分地震に寄せて」今日4/22、22:22が本番です。大集合!

2016-04-22 16:56:18 | 想像=創造プロジェクト
4/22追加: いよいよ今日は本番、大人数で力を合わせる時です。コミュ・メンバーの方から、以下の「ガイアに捧げる誘導瞑想」に関し、素晴らしい感想をいただきました。ミラクルが起きています! 起こせます! 余震の数も、昨日、今日と減ってきています。ガイアに、もっともっと愛を送りましょう!

narudekoさんコミュニティの皆さんこんにちは。
去年からハートの贈りもの、コンシャスチョイスを拝見させて頂いてますが、今回初めて投稿させて頂きます。
”ガイアに捧げる誘導瞑想”がアップされてから何度かやってましたが、昨日の夜の瞑想でいつもと違う体験をしたので、みなさんとシェアしたいと思いました。

昨日の夜10時の瞑想では、途中で電話が入り、仕切りなおして10時半頃から始まりました。いつもはnarudekoさんの誘導のもとイメージのビジュアル化をしながらの瞑想なのですが、昨日はなかなかイメージを上手く保てないでいたので、ただただリラックスを心がけて感覚に意識を向けていました。

そして、地球の命の営みを体験しながら次にガイアの声を聞かせて貰いたいと思った途端、ハートの辺りがとても息苦しく、辛い悲しい気持ちになりました。寂しいような感じです。そしてnarudekoさんのガイアを思いやる言葉のところで子供のように泣けて来ました。優しく寄り添ってくれる言葉に、溜まっていた苦しみ、悲しみや寂しさが一気にこみ上げて溢れ出てくる感じです。それと同時にわかってもらえて嬉しいという気持ちもありました。吐き出したら誘導されるように光の柱によってどんどんと流れて、そしてだんだんと落ち着きを取り戻し穏やかな気持になっていきました。
あとは、いつもの瞑想のときのようにイメージが広がり、瞑想が終わりました。


私にとっては初めての体験でしたので、瞑想が終った途端今度はびっくりしちゃってドキドキしましたが、だんだんと落ち着くと、ガイアの感情を体感させてもらったのだなぁと、あらためて私のハイアーセルフとガイアに感謝しました。それと同時に、もっともっと癒やしのエネルギーと愛のエネルギーをふくらませるお手伝いをしたい!と強く思いました。

そして、narudekoさんをはじめ、コミュニティのみなさんや祝祭セッションでのクライアントさんたちにも、いつも沢山のすてきなシェアをして頂き本当に感謝しています。ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。



4/20追加: 被災地の方から、「たび重なる余震で心身が休まらない。気が滅入ってしまう。助けて!」というSOSが届きました。下記の「静かにほほえむ光の勝利のための瞑想」は、これまで日曜10時に福島リカバリープロジェクトの一環として集団で行ってきたものですが、内容的に、個人の自己ヒーリングにきわめて有効です。また、支援者が、被災地の人々に愛と光を送るのにも適しています。神聖な瞑想なので、元記事では、注意点として、瞑想する前には肉食やアルコールを避けるように言っていますが、大丈夫です。もしかしたら少々効果が減じるかもしれないけれど、今回は、”じっちゃん”にパワーを入れていただいて、日常生活の中で行いましょう。(じっちゃん、読んでくれていますね。よろしくお願いします。緊急事態ですから。<(_ _*)> アリガトォゴザイマス....ジゴショウダク...(*'-')b)自分がストレスで疲れているという方、被災者にヒーリングのエネルギーを送りたい方、いつでもご利用ください。時間に余裕のある方は、毎晩10時の下の「ガイアに捧げる誘導瞑想」の後に続けても。モチロン! (*'-^)db('ー^*) オッケ!! 他者にも自己にも奉仕しましょう。みんな一なるもの、です。


mp3ファイルは、こちら。
(注:この瞑想もバックにヘミシンク音を流していますので、車の運転中や危険を伴う作業中には聞かないで下さい。)


4/19、18:49追加: 状況は切迫しています。真剣な努力が求められています。今日から、毎晩10時に、”真実の報道”瞑想に代わって、この瞑想を続けていきたいと思います。やはり集団で行う方が効果があります。22日には、22:22に行いましょう。皆さん、よろしくお願いします。


(mp3ファイルはこちら。
注1: 意識による共同創造力を最大に発揮するために、この音声ガイドは、変性意識に誘導するヘミシンク音をバックに流しています。車の運転中や、危険を伴う作業をしている最中には聞かないで下さい。眠くなったり、意識がぼうっとする可能性があります。ビジュアライズ効果を高めていますので、ゆったりと横になって、目をつぶって、時間のない次元に旅に出かけてもらうのが一番です。
注2: 今回は、二次効果として、自分のハイアーセルフや多次元体のアスペクトと繋がれるようにスクリプトを書いてあります。彼らとの顕在意識での対面を望む方は、どうぞトライしてみて下さい。


天界からのアドバイスに沿って、ガイアへ捧げる誘導瞑想の音声ガイドを作りました。こちらの一連の記事の流れで、生まれたものです。上からの導きがあり、昨夜、短い時間で完成させることができました。私たちに、早く取りかかってほしいのだと思います。

集団瞑想としては、4月22日(金)の22:22から行います。

しかし、日時の指定は音声ガイドには入れていません。どうぞ今から、一刻でも早く、いつでも、そして何度でも繰り返して、ガイアのヒーリングにご協力下さい。ガイアは耐えています。細かい余震が異常に続くのは、さらなる大きな地震を起こさないためだと思います。

内容は、コンシャス・チョイスとリンクしていますので、コンシャス・チョイスを読んでいない方には、馴染みのない概念が出てくるかもしれません。

コンシャス・チョイスは、私がシェアできるエネルギーの最も高い振動帯で書いています。また、多次元の”今”において、”じっちゃん”やガイアの導きのもとに「一なるものの法」を学ぶ媒体、私にとっても最先端の気づきをシェアする媒体となっています。

しかし、フリーで提供されるものではありません。そのレベルをまだ必要としていない人々の学びの道に介入しないためです。近道をたどらせることは、その魂の利益にはなりません。「無理に引っ張ってはいけない」と言われています。自由意思によって、私と一緒に「一なるものの法を学ぶ」、私の「エネルギーと同調する」ことを選んだ人のみに開かれています。そして、エネルギー交流、与え与えられる法則に則っています。

まさに私のブログに表れていると思いますが、意識の拡大が加速しています。

3月に起こったアセンションの第2波で”卒業”してのち、さらに上を目指す人々はどんどん地球の多次元意識へと回帰しています。(コンシャス・チョイスを読んでいる人の意識の成長は速いと、感動しています!) アセンションとは、個人が多次元意識を取り戻すこと、地球の意識と一体になることです。次元上昇していく地球についていくには、二元性を超えて、地球の多次元意識、与え与えられるすべての輪の中に戻っていかねばなりません。そして、”じっちゃん”とのワンネスを思い出していかねばなりません。

(コンシャス・チョイス・サークルに入ることを選択する方は4月中にご登録下さい。今月は、これまでの過去記事を一つにまとめたものをダウンロードできるようにします。3月以降、次元上昇は新しい段階に入っています。「コンシャス・チョイスに出遅れてしまった~」という方、まだ全部読めていない方への配慮として、上から指示されている感覚を受け取っています。あ、それから、じっちゃんとお会いできる!”祝祭”セッションですが、コンシャス・チョイスの理解が前提にあると非常に深い学び・癒しが得られるため、”祝祭”セッションを受けたい方には、コンシャス・チョイスの購読をお勧めします。購読者から優先して受付しています。)

さて、以上のような視点で、この誘導瞑想は作られていますが。。まあ、、、難しいことはさておいて、あなたの中にガイアへの深い愛があれば、私たちとシンクロしていただけると信じます。

謙虚に、謙虚に、、頭を垂れて、地球/ガイアの声を聞かせていただくことを、真摯に望んでいます。

そして、彼女のヒーリングをお手伝いさせてもらえれば、(痛みから逃れるために)体を震わせざるを得ない彼女と敵対するのはやめて、愛を以って、彼女の意識を体験させてもらえれば、とてもうれしい。

そのための誘導瞑想です。私にできるささやかなお手伝いです。共同ミッションに、ともに出かけていただけたら幸いです。





「新しい深い視点から地球や地球のすべてを見てほしい」ー天界からのアドバイスその2

2016-04-18 14:16:25 | 二元性を超える
次の次元へ上がるために大切な学びが、”今”この時に集中しています。天界からの支援が、矢継ぎ早にやってきています。

地震に関連して、地球の無血解放のアドバイスを天界から受け取って下さった霊導者さんと、昨日、私が書いた記事の内容について、さらに踏み込んだ、”一なるものの法”の真髄にふれるやりとりをしました。

地球が私たちの責任をも負ってくれているように、私たちも地球の責任を引き受ける。

そのためには、地震を、恐怖のみでとらえるのではなく。嫌悪のみでとらえるのではなく。
地震の恐怖から逃げない。地震を真正面から受け止める。地震をも、地球に生きている証として引き受ける。

地震をも引き受けることが、地球を引き受けることです。

きわめて重要なことを話し合っています。どうぞ、ついてきて下さい。

このやりとりから、多くの人が気づきを得てくれますように。
”じっちゃん”や天使さまたちの深い愛が伝わりますように。m(-_-)m


~~~~~~~~


2016-4-18

おはようございます。
2つの記事を掲載してくださり
ありがとうございます。
もっと詳しく書くべきだった。人に伝えるのって本当に難しいですね。

取り急ぎご連絡を

自分の下手な文章でどうしようと困っていますが、

集合意識へ繋がりました。
初めてのことで、吐きそうです。

たくさんの人の声が聞こえます。
みんな思い思いですが、恐怖、嫌悪として捉えている人がほとんど。

その中でも、気付いているひと(ライトワーカーや目覚めている人)もいますが、愛と光を以って自然と同調ではなく、愛と光を以って自然と対峙しているのです。

もう一歩、一なるものの法を自分のすべてにダウンロードしてほしいです。
私も含め、すんなりとわかりたいです。
すなわち、宇宙の法則(中身はまだわからないけど)を降ろしたいです。

日本中の人間の意識が下がる、自然(地震、天災)を嫌がる。困る、悲しむ、苛立つ、これは仕方ありません。

目覚めていない人のこの感覚は仕方ありません、でも!

天使様、天界が悲しんでいます。
天使様が涙を流して仰せになられます。

『強く強く何度でも強調し、言い渡します。
みんな1つなのです。

地球は、大気は、植物や動物、土や水、それらが生み出したものは、人間を仲間に初めから入れています。
人びとが分けて考えているだけ、すべての感覚を以ってしても解釈しきれないだけです。

全てで1つなのだから。

はっきりと言います。

地球はあなた方の責任を取っています。

あなた方の在り方、心と思考と行動、ひいては歴史と風潮と慣習と経済と政府と国家。
そして、それらが作り出したすべての目に見える、または、目には見えない人工物。それが、自然浄化であろうが、人為的な災害であろうが。

これらをひとまとめにして、すべて受け入れて、地球星は「私」と呼びます。
尚且つ、今もその責任を取っています。』


セッションで、じっちゃんは大丈夫と言いました。
「大丈夫にしなさい。」
と言ったんです。

信じなければ、そのゆるぎないビジョンが、なければ、大丈夫にならないからです。
これが宇宙の法則の一片です。

問題ないから大丈夫と言ったのではありません。

天界とは、じっちゃんとは、一なるものの法、宇宙の法則の上に則った存在だから、望む答えにたどり着ける条件を提示したのです。

地球は苦しみを解放し、生き物は身の危険を感じ、不安と悲しみを地球から与えられたと感じるでしょう。
みんなは言います。

「もうちょっと、静かに解放してくれないの?」ー(これまで、がんばってなんとか抱えてきたのよ…)

「天災以外の方法ないの?本当に、困るんだけど。」ー(病になれば症状がでて、治そうとする治癒の循環が自動的に始まる。そして、見せて促す。うたって伝えるだけでは、解らないのでしょう?)

今そこ!もう一歩深い理を知らなければなりません。

地球星は人間からどんな波動、どんな有害なもの、どんな体を痛めつけられるものを与えられても、「いいよ。」「わかったよ。」と受け入れてくれていました。

小さな生命の人や動物と地球星は全く同じ条件のものです。
人に起こりうることが大きな地球星にも等しく起こります。
私たちは、同じトーラス循環の仕組みでここに存在しています。
同調とは、全く同じものであると、頭と心と魂でわかることです。


ダウンロードしてください。流れる宇宙の法則の中で生きる一粒と一粒の命です。

天使様は仰せになられます。

「今こそ、(これからは)新しい深い視点から地球や地球に含まれるすべてのことを見てほしい。そのとき初めて、起こりうることの本当の意味を知るのです。」

私も書いていて、認識を改たにしたと同時に、よくある、見かける文章だなーと思います。
これが、今まで各国たくさんの人の手によって、ずっと伝えられてきたのに良く伝わらなかったメッセージで、私の番になっただけですが、
どれほどでも、何度強調してもしきれないくらい重要なことです。

何度も、何度もすごいエネルギーで言われます。

地球と人間と動物といろいろな波動の精霊とそれらが作り出す、織り成すすべてを含めて、地球=あなた、なのです。
しっかり伝わってほしい、と。


天使様も泣きます。
人に気づいてほしいから。
知ってほしいから。
一粒の命を諦めていないから。

書くのに2時間かかってしまいましたが、なるでこさんにどうしてもキチンと伝えないといけないのです。

そう、要請です。

本当は直接お伝えしたいところですが、この文章でつたわるでしょうか。
また、どなたかのカウンセリングで、文章で書ききれないニュアンスが届きますように。

なるでこさんがおっしゃるように、すべて繋がっています、ですね



~~~~~~~~


こんにちは。

ありがとうございます。

愛と光を以って、自然と同調するのではなく、自然と対峙している、、ですか。

そうですね。一なるものの法の存在に気づいている人は少ない。とてもとても少ないです。さらに、私も含め、知識としては知っている人でも、まだまだ二元性に生きています。愛と光を以って、人間は守りたい、でも、行く手を阻む悪い自然は排除したい、、今も、そんな意識レベルから抜け出せていない。

「大丈夫にしなさい」。

確かに、じっちゃんのメッセージは、そういう意味だったかもしれません。

じっちゃんは決して責めるということはなさらない。それではだめだという言い方はされません。とてもやさしいので、セッション当時、私が、人々の不安や恐怖を思って泣いている、また、自分のこれまでの活動が役に立たなかったと思って自己否定感に沈んでいるのを見て、いろいろと言葉を尽くして慰め、わからせようとして下さいました。

しきりに、「3次元で理解するのは難しいだろうけれど、5次元の視点に立ってほしい」と、おっしゃっていたのです。

二元性を超えた視点で地震や天災というものを見てほしい、地球の立場を思いやってほしい、みながそうすれば、「意識を下げずに」、「大丈夫になる」可能性は十分にあるから、、そういう意味だったんですね。

しかし、今の現状は、、恐怖をあおるマスコミ報道も始まり、人々の意識がどんどん負の側へとひっぱられているのを、私も感じています。

今回の天使さまのメッセージもブログに載せますが、、自分のブログその他の活動の無力さを感じています。

何度も言いますが、祝祭のセッション・リポートにすら興味を示さない人が多い。自分が、永遠の存在、不滅の魂が自分の本質であることすら、受け入れられない人が大半なのです。

ましてや、一本の草、一個の石ころと、自分が同じ意識でつながっていること、生きて呼吸して自分が暮らしているこの地球環境のすべてと、自分がエネルギー的には一体であることなどには、思いも及びません。地球が意識をもった生命体であることすら、信じていないのです。

「光の世界が見えている人は、光の門を入れる」。簡単な言葉で安心してしまっている人が多いですが、どうしてどうして、二元性を超えるという橋を渡った先に、光の門はあるのです。

二元性を超えるとは、まさに自然と対決するのをやめる、それが地震であろうと天災であろうと、悪とみなすことをやめる、ことも含まれますね。すべては、陰陽。呼吸です。吸う行為があれば、吐く行為もある。

そしてまた、すべてが一つのものである中では、天災すらも、人間の、自分たちのしたことの結果が還ってくるだけです。それは、天罰でも復讐でもなく、ただ単に、自分たちが集合意識として出したエネルギーが戻ってくるだけ。自分たちが犯した行為の結果を刈り取るだけです。それでも、地球はずいぶん長い間、自分の中に溜めて、抑えていてくれました。しかし、それももう限界。終わりですね。いよいよ、清算のときが来たんですね。

天使さまは、なぜそんなに泣いてくださるのでしょうか。気づけば命をまっとうできるのに、気づかないばかりに失われる命の多さを思ってでしょうか。

このやりとりも、ブログに載せましょう。一人でも多くの人が、本質に気づいてくれることを願って。

とりあえずは、私に何ができるのでしょうか。それくらいしか思いつきません。

天使さまは、私に具体的に何を要請されておられますか? もし、あれば、教えて下さい。ごめんなさいね。伝わりが悪くて。感度が鈍くて。

気づきの遅い人々を裁かないように、私が上から目線にならないように、また希望を失わせないように、いつも細心の注意を払いつつ記事を書いていますが、私自身もずっとずっともどかしさを感じてきたのは確かです。

なるでこ


~~~~~~~~


連投すみません。
私はニュースを見ません。
悲しくなるに決まってるから。
でも、事実悲しいのだけど、感情に浸っては真実が見えにくい。
でも、人はその感情に共鳴して物事を学んでいくのですね、
だから神様はごめんね。って言われるのですね。

天界が悲しんでおられるのは、

こんなに言ってるのにわかってくれない。
また過ちを繰り返し犠牲を増やす、のをまたか!

と言ってるのではなくて、

越えさせてその先に進ませるのに必要があってのことだけど、
こんな思いを続けさせるのが、忍びないのです。

早く成長してほしくて、この状況が切ないんです。
辛いのを重々承知で学ばせるためにその道を通らせなくてはならないのです。


だから万物を司るお力がありながらも、一粒のために心を寄せて泣いてくれる。

本当に神様は優しいのですね。
神様も等しく体験してくださるのですね。

本当に手出ししちゃいけない鉄の掟があるのですね、どんな忍耐で数えきれない時間、親神様方々は私たちを見てるのでしょうか。
私はこんなふうにこの世界が出来てるなんて考えたこともありませんでした。

ひとりひとりを全く諦めていないし、すごく支援してるし、点のような光を信じている。
ライトワーカーです。

グリッドを形成し、一点集中で瞑想して波動を集中させるのが、手続き方法だそうです。
ある程度、宇宙も型式的なところあるんですね。

なるでこさんの集団瞑想で1人の人体を超えて、
(自分と自分のハイアーセルフ、
多次元に住む自分の分身ソウル
時間も時空も次元も超えて)
グリッド形成に加勢してもらえたらいいですね。
セッション受けた方は過去世さん呼べますよね。

地球は私を引き受けてくれる。
怖いけど、どうなるかわからないけど、感情に流されず、自立して、
私も私のすべてで地球を引き受けます。
みんなで痛み分けをしてみんなで乗り越えます。


なるでこさんの新しい記事、今から読みます。本当にみんなと繋がっていると教えてもらえて、心強いです。
なるでこさん、ありがとうございます。


~~~~~~~~


いただいたメールが12時前から書き始めて先ほど送ったメールのアンサーで驚いています。
ニュース番組のことを書いている点も同じ
σ(^_^;)

私も理解して書いていないので、伝わるまま文字にしてるので、難しいけど、学びたいです。

なるでこさんがくださったメールの中の「泣いている」の質問も、たぶん同時刻に私は理由をメールにしてます、

悲しみの補足をしなければと思って2つ目を書き始めました。
神様の愛を伝えられたでしょうか。

私となるでこさんを同列にはとてもできませんが、確かに私たちは今、自分たちの居場所から同じ問題について思いを馳せ、同調し、越え方を模索しあい、お互いの受けた意図を感じ合おうとしているように思います。

きっとこれも、ギフトです。
私はもどかしさ、怖さ、不安を感じます。でも、同時に夜明け前の希望を感じます。

きっと、他の人とも地球の美しい乙女ともつながることができると思います。



~~~~~~~~


わお、、え? 1つ前のメール、その前の私のメールへのお返事ではなかったのですか?

すごいですね。内容がぴったり。何も疑いませんでした。天使さまが泣いていらっしゃる理由の質問と答えなんて、まるでテレパシーで繋がっているみたい。

いえ、5次元で、”今”を共有しているのでしょう。私たちは。

おそらく、5次元体のあなたと私が、多次元の”今”の中で、額を突き合わせて、相談しているのではないかしら。そばに、きっと、じっちゃんや天使さまたちもいらして、見守って下さっているのでしょう。「ここは、こういう意味だよ、、」なんて、補足しながらね。(*^-^)ニコ

うん、、ギフトですね。

そして、もどかしいけど、希望はちゃんと残っている。夜明けは近い。

みんなで、地球の美しい乙女と対面できるように、ベストを尽くしますね。

なるでこ





4月お誕生会瞑想・延期のお知らせと、”ガイアの痛み・無血解放”集団瞑想の予告

2016-04-18 10:01:45 | 想像=創造プロジェクト
毎月、多くの方にご参加いただいている「5次元を楽しく生き抜くための想像=創造のエクササイズ」、お誕生会瞑想ですが、現在、日本が直面している問題を鑑みて、今、このタイミングで必要とされているミッションの方を優先するために、今月22日に予定していた「5次元で楽しもう想像=創造ゲーム、4月お誕生会集団瞑想」を、延期することにしました。幹事さんと相談の上です。楽しみにしていた方、ごめんなさい。m(_ _)m

ちょうど1カ月ずらして、5月22日に、4月5月合同のお誕生会瞑想を実施したいと思います。幹事さんは引き続き、4月と同じハート・コミュ・メンバーのreicheru penchanさんです。penchan、よろしくお願いしますね~。o(*^▽^*)o

熊本地震、余波が続いていますが、天界からも緊急メッセージ(その1その2)が届くなど、事態は切迫しています。”4.14地震ヒーリング集団瞑想”のレベルでは足りない。私たちは、より本格的に、”地球の痛みの解放”を支援し、”地球の癒し”に協力しなければなりません。

ちなみに、私が4月14日の夜半に聞いた「お願い!」という声は、”じっちゃん”から、AAマイケルだったと教えてもらいました。「お願い」の内容は、スリープヘルパーとしての支援だけではなかったんですね。もっと大きな出来事が起きていたのです。(余談ですが、この声は人間じゃなかったです、ほんとに。(^_^) 日本語の抑揚でもなく。機械じゃないけど、合成したような。私のいる低い次元まで波動を落とすのに、かなり苦労されたのでしょうか。何とも不思議な響きでした。”状況”に気づくきっかけを与えてくれて、ありがとうございました。<(_ _*)>)

「地球の変容が始まった。日本人への影響も現れ始めた。それをうまく乗り切ってゆくために、ライトワーカーが力を合わせてほしい。」

そういう意味がこめられていたのだと、今はわかります。

”じっちゃん”たちからのメッセージを読めば、地震を止めるとか防ぐとか、私たちの生活を守るという自己奉仕・目線ではなくて、痛みを解放しなければならない地球・ガイアの立場に立ち、彼女のために行動することが必要とされているとわかります。

ここは、意識を転換しましょう。一般の人にはなかなか理解してもらえない考え方かもしれませんが、ライトワーカーならば、できるはず!

天界からのアドバイスに従って、”ガイアの痛み・無血解放”のための集団瞑想を、今週中に、音声ガイド付きで実施します。今、そのための準備をしています。

4月のお誕生会瞑想に代わって、そちらに、できるだけ多くの方に参加していただければうれしいです。

詳細は、準備ができ次第、お知らせします。それまでの間は、もちろん、"4.14地震ヒーリング集団瞑想”でご協力を!








地震は”地球の命の動き”だけれど、「無血解放を目指して」 天界からのアドバイス。

2016-04-17 23:12:52 | 次元上昇
昨日4月16日、”祝祭”セッションで、”じっちゃん”とコンタクトしたその晩、先日の霊導者さんから、メールをいただきました。シャンバラの女神のメッセージも受け取って下さった方です。

今回の熊本地震に関連して、以下のようなメッセージを、(おそらくは)”じっちゃん”から受け取られたそうです。

ライトワーカーを一同に集めよ。
各々の光のトーチを掲げ、今!心を合わせ同じ道を目指す時!
心にトーチの灯のある者!向かえ!


私が呼びかけていた”4.14地震ヒーリング集団瞑想”、どうやらそれを、もっとしっかりした形で行うように、天界からアドバイスが降りてきたようです。

以下、その方から教えていただいた内容をご紹介します。今回の地震をうまく収束できるように、天界も私たちに力を貸してくれようとしています。祝祭セッションで”じっちゃん”から受け取ったメッセージとも、ぴたりと符合します。ありがとうございます! 

被災地ヒーリングと地震収束のための集団瞑想を、音声ガイド付きであらためて企画する予定です。


~~~~~~~~


先に14日朝見せていただいたものから全部書いて行きます。

天界から虹色のオーロラが降り注いでいます。
祝福、守護、愛と光が地球上のあらゆるところに降り注いでいます。

時折、幸福のかたまりが流れ星のようにいろいろな人、家、動物、自動車、石、地面に降ってきて音を立ててキラキラとあたります。
みんなはそれに気づきません。

ひとつはトラックにあたり、半分はトラックの走行と、トラック本体を守護し、残りの半分はトラックを通り抜けて運転しているおじさんを守護し、キラキラと散っていきます。

ひとつは家にあたり、半分は家屋を守護し、残りの半分は屋根を通り抜けてその家のあたたかい母親とかわいい子どもを守護します。

その仕事を数えきれないほどの大小さまざまな天使と精霊が分担して行っています。それは戦地へも赴き、必要な場所にこそたくさんの天使と精霊が力を注いでいます。たくさんの命あるものを愛しに出かけます。

木と花は地球の味方です。
天使と精霊の力を必要としません。
充分に自ら満たされることを知っているからです。むしろ、私たちに分け与えてくれて、天使と精霊の仕事をサポートしています。

こうして、この世界は守られているのだ
どの命の上にも等しく降り注いでいる
これが変哲の無い日常と呼ばれるものだ、ここまで愛され、守られはじめて今を私たちは生きている

教えていただきました。

(幼稚ですが、私に分かりやすいように、物語のようにして教えてくださるのでこんな感じです。)

場面変わって、ものすごい眼力の仙人様?のような大きな方が現れ、
ど真面目な顔で仰せになられます。

「ライトワーカーを一同に集めよ。
各々の光のトーチを掲げ、今!心を合わせ同じ道を目指す時!
心にトーチの灯のある者!向かえ!」


地震も熊本も全く思いもつきませんでしたが、以上のことがありました。


~~~~~~~~


集団瞑想ありがとうございます。
ライトワーカーのみなさんを集めて下さってありがとうございます。
私もライトワーカーみなさんに続きます。

地球様が生まれ変わります。
天界のお力を額に受けて、ライトワーカーの方々が手を繋ぎ熊本のみならず、まずは九州の上空で、グリッドを形成し九州を包囲してください。
天界の守護と法則を地上に降ろします。

集団で心を合わせ同じビジョンの元手続きを取る必要があるそうです。


始まる前はドラがずっと鳴っていましたが、今はりんが鳴っています。
ドラは始まりを意味し、りんは行き渡ることを意味します。
自信が無くてこまねいていた、自分を恥じます。
今こそ、なるでこさんから学んだ「一なる法」の元、天界とガイアを信じます。


~~~~~~~~


最大の重要なことは、天罰でも、人びとに降りかかる災いでもない、自然の法則による運行だということです。
コンシャス・チョイスのガイアや自然への旅で体感したことと同じ、あるがままの運行だということです。
必要に応じてエネルギーが充満し、循環し、噴出し、充填します。

Q:「地球様が生まれ変わる」とは、どういうことですか?

☆地球は未だ夜明け前。

(地球って宇宙からみて、まだ若い星なのですか?)
地球は幼な子から乙女へと脱皮する。
(脱皮と言われました。)
それはそれは、美しい乙女です。
成長の過程にあるのです。

地球に仕える天女様?女神様?が静かに申されます。
「これ、(今回の地震や世界の天災)は、自然の運行。必要があってのことと深く深く知り置きなさい。」

Q:「グリッドを形成する」とは、どういう形を作ればいいですか?

☆ビジョンです、長々とすみません。

グリッドを作っていたのは、ハイアーセルフ達でした。

1.ライトワーカーがハイアーセルフを呼ぶ。繋がってもらう。
2.光のトーチを掲げてハイアーセルフと九州上空へ飛ぶ
3.ハイアーセルフに頼んで、ハイアーセルフ同士手を繋いで円になる。
(ビジョンでは、めいっぱいではなく両手を広げて1人が花弁一枚になるように広げ、手を繋いだら大きな蓮の花のようになりました)
ライトワーカーはハイアーセルフの後でトーチを手にに立つ。
4.ハイアーセルフと共に天界からの守護を額に受けて、繋いだ蓮の輪の中に地面深くから、宇宙に届く光の柱をたてます。
5.地球様にみんなで祈ります。

地球様の抱えているものを放出しないといけないんです。
ちょうど、なるでこさんのところにみんなが来て、思い思いの抱え物を聞いてもらって、セッションしてもらって、空に解き放つように。
私もそうでした。
子どもがお母さんに背中をさすってもらいながら、心の内を吐き出すように。
蓮の輪になってみんなで地球様の呼吸に合わせて呼吸します。
そして、地球様の話に耳を傾けます。どうか、私にも話して聞かせてください、と謙虚に。

何か受け取れたら、よく心を合わせて「ありがとうございます」と光の柱に乗せて宇宙へ解き放ちます。
私たちのせいでもあるのだけれど、地球様には、地震などでご自身の体を傷つけることなく、抱えているものを出して空へ解放していただきたいと思います。

そして、美しい乙女へと、成長されます。

Q:「りんは、行き渡ることを意味する」とは、地震が行き渡る・広がることを意味しているのですか?

☆14日の朝はゴーン、ゴーンってずっとお寺の鐘かドラみたいのが低く鳴っていて、今は透き通ったリーンやシャーンが鳴っているのですが、

説明不足ですみません。
地震が行き渡るではなくて、
支援や守護が広まりつつあるのでは?と思います。こんな大災害、ハートコミュ始め、あらゆる方面から祈りが現地に届いているのだと思います。
私にはわからないですが、宇宙からの支援も集まってきているのではないでしょうか。
そんな、神聖な波動が厳かに澄み渡る音です。

Q: 効果的な集団瞑想の音声ガイドを作り、日時を決めて、大勢で実行したいと思っています。
それができれば、「手続きを取ること」になり、「天界の守護と法則」を地上に降ろせますか?


☆手続きが踏めるか、法則が降りるか結果は、分かりません。ごめんなさい。

これでこの先々各地でも地震、天災が止まるか?と云えば、そうではないと思います。必要なことが起っているが大前提にあるためです。

そして、悲しみの出来事としておわらせないでほしい、これは、人間や動物と等しく、地球星の命の動き、生きるということなのだから、
と伝わってきます。コンシャス・チョイスでの土の喜びやバラの愛と同じっていうことなんですね。

実際、法則がどのようなものなのか私もまだ紐解けません。
ですが、宇宙には流れる法則が本当にあるみたいです。
この星で生きる私たちの「行わせていただきたいこと。」として、私もみなさんと向いたいと思います。


~~~~~~~~

上記補足:

「地震を起こして傷口を作ってそこから
抱えているものを放出する。」

ではなくて、

地震などで体を傷つけることなく、
光の透き通る柱を空から地中に立ててストローのように
聞いては心を寄せ合わせ、分かち合って「ごめんなさい」から、それでも今日までやって来てくれた真実を「ありがとう」に成長させて空へ解放する。

封じ込める、止める、ではなく、
地球星も生き物も傷めず、解放する。
この方向性を教わりましたがいかがでしょうか。
無血解放?意味合いが間違っているかもしれませんがその精神性が伝わってきます。

温かく、強力な祈りの力で恩返しですね。



~~~~~~~~


無血解放!
 これを目指します。ありがとうございます!






地震の時代に生きる: 「地球と同調して下さい」―”じっちゃん”からのメッセージ

2016-04-17 23:12:29 | 次元上昇
昨日、4月16日の”祝祭”セッションで、”じっちゃん”とコンタクトしました。

今回の熊本地震についてお聞きしました。

「ごめんね」と、苦渋の表情で、じっちゃんは何度も何度もすまなそうに謝って下さいました。「つらいよね」、「怖いよね」と、今はまだ3次元の身体を持つ私たちの心に寄り添って下さいました。クライアントさんにはこのとき、あふれんばかりに大きな”じっちゃん”の愛、癒しのエネルギーが入ってきて、それに浸されたそうです。

「ようやく日本人は311のトラウマから脱け出しつつあったのに、なぜまた、このようなことを体験しなければならないのですか」と、私は訴えました。被災地の方々の苦しみに、心がまたもや揺さぶられていました。

じっちゃんの答えは、「でも、地球も苦しいんだよ」、「耐えかねていたんだよ」というものでした。そして、これは「止めたり、防いだり」できるものではないのだと。地球が生きている限り、地球の呼吸として、避けられないものなのだと。

私は、最も心配している点を尋ねました。

「ようやく上がってきた波動なのに、ふたたび”地震の恐怖”が蔓延すれば、日本人の波動が下がってしまうのではないですか」と。

それに対して、じっちゃんは、

「大丈夫。下がらない。絶対に下がらないから、信じて。」と、おっしゃってくれました。そして、「なるでこさんが信じないで、どうするの」と。「311の後とは、全然違っているでしょう。あれから5年経って、人々の波動は上がっているでしょう。そのために、あなたもがんばってきたでしょう」と。

私は、さらに尋ねました。

「地震が今後も避けられないのだとしたら、私たちはどうしたらいいですか」と。

「地球と同調して」というのが、じっちゃんの答えでした。「何気ない青空の美しさ、踏みしめる土、雨のしずくに宿る意識、日頃から、それらを感じて、その感覚を大切にしてほしい」と。

コンシャス・チョイスで最近、私が書いていることと、ぴったりシンクロしますね。今回の地震、セッション、やはり、すべては多次元の”今”に起きています。

地球の多次元意識、地球や地球で一緒に生きているエレメンタルたちと心を合わせ、協力して地球を守っていく、それが、人間に求められているのです。人間だけが、与え与えられる輪から外れています。私たちは与えられるばかり・奪うばかりで過ごしてきました。そのことが、地震の被害の大小にも関係していくのです。

人間は、地球と一体になった調和の輪の中に帰らなければなりません。私たちがそれに気づいて、実際に行動様式を変えてゆく、今後の地球の大変動期を生き残れるかどうかは、そこにかかっているのかもしれません。

さらに、じっちゃんはこういうことをおっしゃいました。「地球は確かにすべてを育むかあさんだが、同時に、純粋な少女でもあるんだよ」と。このとき、ちょっとその表現にびっくりしました。純粋で、可憐な少女としての地球、私は、そういう目で地球を見たことがなかった。

かあさんと呼べば、何か甘えたり、何でも受け入れてもらえる感覚がありますよね。でも、じっちゃんは、「それだけではない」と。「地球がとても包容力があって我慢強いのは確かだけれど、ピュアネス、繊細な少女の本質も持つんだよ」と。

地球が「少女」であるという話は、今回、別記事の「天界からもらったアドバイス」の中にも出てきました。そちらとこちらのメッセージの受信者のお2人はお互いに何が起こっているかまったく知りません。にもかかわらず、同じ表現が出てきたということは、地球が繊細・純粋な乙女であるというのは、かなりコアな、重要な情報なのでしょう。

地球は、万物を育む力、深い包容力・忍耐力のせいで、母・マザーと呼ばれることが多いですね。しかし、これまではまだ幼い少女だったのです。今これから脱皮して、美しい乙女に成長してゆくところなのです。

私たちはもっと、清らかな少女に接するように、地球に対して心づかいと、「守ってあげよう」という大きな愛を持たなければいけないんですね。私たちが彼女のガーディアンでもあるわけです。地球はもともとは大天使の一人で、深い愛と奉仕の精神ゆえに、惑星地球になったという話を聞いたことがあります。惑星も、壮大なる意識体です。

そして今こそ、地球は、待ちに待った大きな変容を遂げるために、脱皮、地表の浄化やリセットがどうしても必要なのでしょう。それが、地震という形で現れてこざるを得ない。

じっちゃんは、「でも、大被害にはならない」、「311のような壊滅的なことにはならない」と、おっしゃってくれています。「なるでこさんが書いてきた通り、311の後はずっと、大地震が起きても、その規模の割には死傷者の数は少ないレベルでとどまっている。地球自身も、何とか被害を少なくすませようとがんばっているし、天界や宇宙からもたくさんの支援が来ている」と。

今ここで、昨日のこのじっちゃんのメッセージを振り返ってあらためて思うのは、やはり、「内の世界が外に反映するのだ」ということです。

「地球と同調して下さい」。

私たち人間が、自分の本質、すなわち自分たちもワンネスの一部であること、地球ともエレメンタルとも、同じじっちゃんのエネルギー、じっちゃんの意識を共有して生きる家族なんだ、お互いに奉仕し合うことでこの世界は一つのものとして調和して機能しているんだ、それを思い出してゆけば、私たちは自分の内部で地球と同調してゆけるようになります。

そして、自分の内部で地球と同調してゆけるようになれば、おそらく外部でも、地球と同調できるようになります。

そして、人間が地球と同調できるようになれば、おそらく地球は、破壊を伴わないスムーズな変容が可能になるのではないでしょうか。

そんなことを考えました。やはり、すべては自分の内から。自分の意識から。外の世界は自分の中の世界が反映したものである、と知ることが出発点です。







"4.14地震”ヒーリング集団瞑想のお願い(4/16更新)

2016-04-16 10:35:56 | 想像=創造プロジェクト
4/16更新: 本震含め、余震が続いています。雨雲も近づいています。瞑想して、被災地に愛と光を送りましょう。下記の時間帯に限らず、いつでも自分の都合の良い時に、ご協力下さい。”じっちゃん”に、”スペース・ファミリー”に、これ以上被害が大きくならないように、プロテクトをお願いしましょう。






以下は、4/15の記述です。

4.14地震で亡くなられた方々のご冥福、被害に遭われた方々の一日も早いご回復を、心よりお祈り申し上げます。


早速ですが、私たちにできることをやりましょう。集団瞑想の呼びかけです。

今日から日に3度、熊本周辺に、私たちのハートから愛と光を送りませんか。都合がつく時間に、5分でも10分でもけっこうです。たった一人の意識の力でもインパクトを与えますが、集団で行うともっとすごい。\(^▽^)/

やり方は、以下のようにイメージしてみたらどうでしょう。(ご自分の好きな方法があれば、それでかまいません。)

1.自分に向かって、上からは”じっちゃん”の愛が降りてくる。下からはガイアの愛が上がってくる。
2.両方のエネルギを自分のハートに吸い込み、全身を巡らせたのち、ふたたびハートから、無条件の愛の流れとして吐き出す。
3.自分のハートから出た愛と光の流れを、熊本周辺に注ぎこんでゆくイメージを持つ。全域を、光のまゆで広く覆ってしまう。
4.さらにどんどん注ぎこんでいく。愛と光のエネルギーはその地からあふれ出し、広がって、日本列島を包み込んでゆく。


余震が続いていますし、熊本では、明日の夕方(4/16)から雨の予報が出ています。救援活動に差し障りますし、土砂災害も心配です。大雨にならないように、被害地域を、私たちの意識でプロテクトしましょう。よろしくお願いします。(雨雲が消えるイメージを持って下さい!)

(余談ですが、昨夜、不思議な体験をしました。

昨日(4/14)の夜は疲れていたので、情報チェックをしないまま、地震のことをまったく知らずに(・・;)、10時過ぎに就寝しました。

真夜中、「お願い!」という声を聞いて、目が覚めました。時計を見たら、2時11分でした。部屋には、ワンコ以外誰もいません。しかし、声を聞いた感覚はとてもリアルで、ちょうど以前、ガイドに「鼻をつままれて起こされた」時と同じでした。「何だろう」とは思いましたが、すぐにまた、寝入ってしまいました。

しかし、その直前まで見ていた夢は、はっきりと記憶に残っていました。地震の夢を見ていました! 私がいる高層ビルが、地震によって崩壊してしまった夢です。恐怖は感じませんでしたが、「ああ、自分は死んだのかな」と思いました。その不思議な、静かな感覚が残っていました。

今から思うと、実はこれは、私のヘミシンク・ライフラインの体験と重なるんですね。私は、魂の救出活動に出かけるとき、その現場の被害者として到着することが多いんです。どこかに到着した際、私は、そこの被害者の目線で気がつくんです。そして、徐々に、周囲の状況がわかってくる。自分がどこに送られたのか、予想がついてくる。

昨晩、「お願い」という声を聞いたのは、もしかしたら、今回の地震に関連して、上のヘルパーのエンジェルさんたちから、「スリープヘルパーとして、魂の救出活動に出かけてほしい」という要請だったのかもしれません。

さらに不思議なことに、その後、ふたたび寝入ってから見た夢は、今度は、私は、知り合い数人と一緒に、恐山を訪れている場面だったのです。イタコさんを通じて、亡くなった人とコンタクトを取ろうとしていました!(;´▽`A``

結局、地震があったことは、朝、部屋に入ってきた息子に教えられて、初めて知りました。)

ということで、昨日の私の夜間の体験、地震の夢、「お願い」という声、続いて見た恐山のイタコの夢は、今回の地震に関連して、上からライフラインの要請が来ているように思います。

スリープヘルパーさんたち、一緒にがんばりましょう!

また、地震のあった地域は、人も動物も自然も、ヒーリングを必要としています。

集団瞑想にも、ご協力お願いします。

せっかく備わっている私たちの意識の力、共同創造の力を、ぜひともここで活用しましょう!

(4/16追記: 私が見た高層ビル倒壊の夢、私が聞いた「おねがい!」という声は、地震活動の始まりを告げていたようです。恐怖を手放して、波動を下げないようにしましょう。ここは、踏ん張りどころです。)







光のバトンを受け取ってくれてありがとう。

2016-04-07 23:26:04 | 光のバトンリレー
光のバトンが次の方に渡りました。また、涙無くしては読めないメールをいただきました。(この記事も、こちらと繋がっています。)

アセンションはやはり、「みんなで手をつないで行こうね」などという安易なものではないことを、私は最近、実感しています。

もっともっと個人的なもの。一人ひとりが自分の内面を深く見つめ、浄化・手放しに真摯に取り組み、自分を大人に育て上げてのものです。

アセンションは子供から大人になること。成長のスピードは、人それぞれ異なるのでしょう。

やわらかいのに、とてもしなやか。決して折れない。鉄が、焼かれて鍛えられて鋼になるように、二元性の幻想の中で徹底的に迷い苦しみぬいたあげくに、叡智を得て、人は”大いなる一なるもの”の存在に気づき、そのふところに抱かれ、すべてを委ねて生きる喜びを見出します。

幾多の前世で、そしてこの現世で、たくさん泣いたからこそ、今ここまでたどり着いた至福が大きいんですね。

そうした過程を経て達したワクワクの境地こそが、本物だと思います。形を真似るだけでは、ワクワクは続かない。

アセンションの波動はとても精妙です。繊細です。多くを経験したからこそ、どのような心の襞にも入っていけるのです。

すべての体験が、私たちを本物へと鍛えてくれる教師です。大いなる愛が姿を変えたもの。

自分にも、そして世界のすべてにも、感謝を感じられるようになったときが、3次元からの出口、アセンションへの入り口だと思います。感謝の目で見れば、そこには光しかない。

トンネルの途中で進むべき方向がわからなくなっている人に、光のバトンが渡っていきますように。


2016-4-5

なるでこさま

こんばんは

ブログ、そしてコンシャス・チョイスを購読させて頂いている、〇○といいます。

少し私のお話をさせて頂きますが、お付き合い下さると幸いです。

私は、子供の頃から鬼を感じたり、見えない人が話して来たりすることがありましたが、
皆も普通にあることだと思っていました。

ある日TVの事故のニュースを見てから事故にあった人の感情まで拾うようになり、普通の生活ができなくなりました。
心療内科に行ったり、カウンセリングを受けたりしていましたが、全く変わらず
知人の紹介で「魂を救済している」という方にお会いし、お話を伺っていくうちに
自分のところに助けを求めに来ている魂の存在を初めて知りました。

それから20年、その方:N子さん(ご自分は私と同じく魂を救済するお役目の仲間と仰っていました。)と
日本の彼方此方にいるお仲間と共に日々光で魂を導かせて頂くということをする毎日でした。

させていただくことに全く自信はありませんでしたが、
「どうしても魂のお役に立ちたい!」という強い気持と共に私は心身ともに変わっていくことができました。

なるでこさんのブログに亡くなられた男の子のお話がありましたが
私はまさにその亡くなられた(或いは生霊)の感情を受け光で浄化するということをしています。

私を仲間だとおっしゃってた、N子さんが9年前に亡くなり
(肉体は無くなられても働かれているのはひしひしと感じますが)一緒に頑張っていた方々が辛さからひとり減り、
ふたり減りと現在は3人になってしまいました。

しっかりと光を感じ、光の道を多くの魂が導かれるのを感じることもできる日もあれば、
「本当にこれでいいんだろうか?」という思いで終わる日もありましたが、
ひとりでやっているうちに不安と自信のなさが露呈して、自分のしていることすべてが無意味に思え
どんどんやってくる魂に心に余裕がなくなり、逃げられないのに逃げ出したい気持ちになり、
去年は、今までにない、何とも言い難い不安や恐れの感情に引きずられる辛い日々でした。

自分を取り戻すためにしていたヘミシンクや瞑想も集中出来ず、
遂には、なるでこさんのブログを見ていると皆さんがキラキラしているのに、自分は見捨てられた気持ちになりました。

どうにかして早く、なるでこさん達がいらっしゃる場所に上がりたい!という気持ちが焦りとなり、空回りして負のスパイラルに落ち込みましたが
「どうしても魂のお役に立ちたい!」という強い気持ちの5%でどうにか保っていられた気がします。

昨年末、寝ていると、N子さんがやって来られて
「今しばらくの辛抱。大丈夫!これから良くなります。」と言っていかれました。
すると本当に霧が晴れるように少しづつ心が軽くなり、やっと落ち着けるようになってきました。

実は今日まで、「気持ちが戻ったら読もう。」と思い、コンシャス・チョイスもしっかり溜め込み、ブログも拝見できませんでした。
昨日、私自身大きな気付きがひとつあり、更に心が軽くなったところで
急になるでこさんのブログを拝見したくなり、先程読み始めた項が霊導者の方のお話でした。

なるでこさんもその方もご自分のお役目を精一杯果たされていること、心に響いて涙が止まりませんでした。
みんな頑張っているんですね!!!!!
そうか、私のしていたことは無意味じゃなかったんですね!

20年もこうしてきていながら、今まで自分がしてきたことに自信がありませんでしたが
なるでこさんのブログを拝見し、
やっと自信を頂き、明日から昨日より力強く一歩ずつ歩めそうです。
ここまでこれました・・・・有難いです。なるでこさん。

今、確認のため再度、ハートの贈り物を開くと
「霊導者のみなさまへ」というページでした!
この後、じっくりと読ませて頂きます。

今まで溜めてしまった分を全部拝見してからご連絡すれば良かったのですが
どうしても先にこの感謝の気持ちを先にお伝えしたく、メールさせて頂きました。

長々と拙い文にお付き合い下さいまして有難うございます。
またこの機会を下さいました、なるでこさん、なるでこさんの周りの多くの皆様、ありがとうございました!

まだ朝晩冷える毎日、どうぞご自愛ください。

・・・いつか、なるでこさんにお会いできる日を夢見て。
なるでこさん、愛してます。



2016-4-6

こんにちは。メールありがとうございます。

よかった~! 光のバトンリレー、つながったんですね! あなたが何気なく、また見てみたいと思った私のブログのページが、霊導者さんの記事だったとは。

これも、じっちゃんのお導きですね! きっと心配されていたんですよ。「早く気がついて戻ってきてほしい」と。

その直感を素直に受け取られて、そして、輪の中に戻ってこられて本当によかったです。めでたい! ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

先日の方に限らず、身体を張って霊導をなさっている方、地上で肉体をもって働く天使さんは、私たちが想像する以上にたくさんおられるのですね。それを実感しました。

尊いお仕事です。地球の波動が低い時代には、さぞやつらい体験もなされたことでしょう。本当にありがとうございます。私が代表して言うのもおこがましいですが((・・*)ゞ)、天界もガイアも、皆さん方に感謝の気持ちでいっぱいだと思いますよ。

これからは、先日の方と同様に、ニューアースに心置きなく進んで、まぶしい愛の陽光をたくさん浴びて、これまでムチ打ってきたきた身体も心も楽しませてあげてくだいね。別の記事でも書きましたが、じっちゃんがもっとも気にかけておられるのは、あなた方のようなハンブル(謙虚)な人々だと思います。尊い仕事をするべく降りてきたのに、ベールをくぐったことでその意義を忘れてしまい、本当の自分を見失って、幻想の檻の中で恐怖と戦わねばならなかった人々。

N子さんが言われた、「今しばらくの辛抱。大丈夫!これから良くなります。」 これは本当です。どんどん良くなっていますよ。これからは、重い荷物もみんなで分担していくことができます。そして、じっちゃんの愛の光がその荷物自体をうんと軽くしてくださいました。

私も、もっともっとブログとレターで呼びかけたいです。このことが持つ意味、こういうことが起きる段階にまで私たちは到達した、その素晴らしさに気づいている人は少ない。外界の騒々しさに気を取られている人が多い。でもね、私のブログやレター、そしてコミュはこの精妙な波動を伝えるために存在するんです。

みんなで協力し合って、楽しく進んでいきましょうね!

なるでこ


2016-4-6

なるでこさん

ありがとうございます!!!!!

家に帰ってからゆっくり頂いたメールを見れば良かったのに、職場で見てしまい、またまた涙腺崩壊です。
花粉症と言うことにしました。

読み返すと本当に拙いメールでお恥ずかしい限りで、こうして返信頂けるなんて!本当にうれしいです。

私のそんなメールですが、少しでもお役に立てるのでしたらお使いください。
どんどんバトンリレーが続き、皆さんがこの愛の波動で満たされるなら、私の心も更に軽く、暖かくなります。
よろしくお願いいたします。

今、急に思い出したのですが、
ずいぶん前に、N子さんが現在いらっしゃるシップに私を連れていって下さったことがあります。
光輝いた円卓のあるドーム型の部屋に4,5人座られていて、N子さん(サンリームという名前?波動をお持ちです。)が
手を引いて中に入れて下さったのですが、どうも気が引けて部屋の中まで入ったものの直ぐに出てきてしまいました。
すると、N子さんが「どうして???堂々としてればいいのよ。」と言って下さったのですが、「今の私を嫌がる人がいるから・・・」と帰ってきてしまいました。

どうして今思い出したのかな。
その時のことを思い出すと、じっちゃんとN子さんがシンクロしてきました。
・・・また涙が・・・昼休みなので、ま、いいかしら。

今月23日に、N子さんから繋がったお仲間3名(私も入れて)で、
お一方がお住まいの○○に集まり、力を合わせて多くの迷われている霊のお導きをさせて頂きますが、なるでこさんのブログ・レター・そしてこの素敵なメールで更にパワーアップして頑張れると思います。

多くの方々にこの思いを光に変えてお伝えします!



ありがとう!\(^▽^)/ どうぞ、じっちゃんの光珠をおおいに活用して下さい!




光珠を配るスリープヘルパーになろう! (異)世界はあなたを待っている。

2016-04-04 15:46:13 | 光のバトンリレー
ハハハ。稚拙なリクルート、気の利かない求人広告のようなヘッドラインですが。ヾ(´ε`*)ゝ

先日の、迷ってしまった魂の救出活動、霊導、ヘミシンクでいうライフライン、リトリーバルの話の続きです。

その記事のあと、身体を張った元霊導者の方およびスリープヘルパーさんから、それぞれメールをいただきました。

元霊道者さんの気づきがすばらしいですね。やはりあれだけ重い体験をされたあげくの今ですから、今回、この方に差しこんだ光が強烈なのがわかります。じっちゃんが、レーザービームのようにこの方に光を送っているのが目に見えるようです。

また、スリープヘルパーさんも、お母さまがじっちゃんのヒーリングを受けて光の故郷ですっかり本来の自分を取り戻された様子、良かったですね。また最近は、この方を訪れる霊の方々も光珠をもらって上へ帰るのを切望されているとか。霊界も、状況がどんどん改善されているのでしょう。風通しが良くなった?

どちらの方の体験も決して無駄にはなりません。すべては必要があって起こったことです。この時期、このアセンションのタイミングで、お2人からの情報が私のブログの上で並んだということ、それ自体がすばらしいシンクロです。私たちが多次元のワンネスに入った、その象徴のような出来事ですよ。

とりわけ、地上に降りた天使/身体を張った元霊導者の方は、その師、先輩方が歩かれた道も含めて、ご自分の半生を無益なものだったとは決して思わないでくださいね。波動が今よりもずっと低い時代には、最も重い領域に踏み込むためにはそれより他に方法はなかったのですから。

私たちが光珠を扱えるようになったのも、お誕生会瞑想の歴代の幹事さんたちの創意工夫によるものですし、光の繭に入って、顕在意識をもって”じっちゃん”のエネルギーと繋がれるようになったのも、去年の秋以降です。

ですから、ライフラインのミッションが波動的に軽くなってきたのは、ここ1,2年の話なんです。

さて、このブログの読者なら多くの方がすでにスリープヘルパーだと思いますが、意識的に、それを申し出てみませんか? F27のライフライン/リトリーバル・センターのヘルパーの天使さんたちに向かって。

彼ら、そしてあなたのハイアーセルフとチームを組んで、じっちゃんの光の繭に入って、中間領域に行くのです。光珠をたくさん抱えて。すでに準備ができている霊たちは、「それを下さい」と言って集まってくるのではないでしょうか。彼らに、1つずつプレゼントしてあげませんか。

「迷子の方々に急告! 創造主とつながる愛の光珠をお配りしますので、どうぞお集り下さい。それを持てば、光の故郷、なつかしい家族のもとへと帰れます!」

こんな風なビラを大量に撒くのは? ≧(´▽`)≦アハハハ F23~F26の領域に、上から飛行機で。場所を決めて、拡声器で呼びこみますか。

寝る前の私たちのアファメーションは、こういうのはいかがでしょう。

私は、じっちゃんの光の繭に守られつつ、ヘルパーのエンジェルさんおよび私のハイアーセルフとチームを組んで、ライフラインの活動に参加します。
迷ってしまった魂たちに、彼らの自由意思に基づいて、じっちゃんの愛でできた光珠をプレゼントします。
そして、彼らがヘルパーのエンジェルの光に包まれて光の故郷へと戻っていくのをお手伝いします。


フフフ、ライフラインのミッション、おどろおどろしくやる必要はもうありませんよね。一人ではなくてチームで、重くはない軽い波動で、冷え冷えとしない温かいノリで、やれればいいですね。今はそれくらい、次元上昇が進んでいるのです。

自分自身がじっちゃんの全き愛に包まれ、守られ、何も不足がないと感じられるならば、あなたはその通りにじっちゃんの愛と光の繭にすっぽりと包まれています。ライフラインのミッションは、そのあなたにとってはまったく安全です。というか、もともとヘルパーのエンジェルさんや自分のHSと必ず一緒に行くものなので、常に守られているわけですけれど。

あ、誤解があるといけないので、はっきりさせておきましょう。

ヘミシンクの音響技術を用いなくても、普通に瞑想状態や睡眠状態で変性意識に入れば、ライフラインは行えます。メールを下さったスリープヘルパーさんも、ヘミシンクのCDを聞いているわけではありませんね。単に、眠りに落ちる前の変性意識状態や、眠りの途中の夢見で活動しているのだと思います。変性意識状態に入れればそれでいいのであって、活動に参加する上で、音響テクニックは必須ではありません。ヘミシンクに頼らずに変性意識に入ることは十分に可能です。最初はヘミシンクで訓練してその脳波の状態まで持っていっても、一度、その状態を体感すれば、後々は何もなくても自分で自分を誘導できるようになります。それを、ノン・ヘミでの体験と称しています。

スリープヘルパーとしてその晩はどんな活動をしたか、おそらくは、朝目覚めても何も覚えていないでしょう。たまには、「車を運転していたら、道端に乗せてほしいという人がいたので、乗せて目的地まで連れて行ってあげた。」 そんな風な夢を見た、と思うかもしれません。何があったか、翌朝、推測するのも楽しいですね。

ということで、スリープヘルパーさんがもっと増えて、しかも光珠を配るという簡単な方法で、準備のできた多くの魂をF27へ戻してあげられるのなら、モンローさんの依頼にかなり応えられるかなという気がします。夜、眠っている間を活用して地球と人類のアセンションに貢献できるなんて、効率的ではありませんか。

低層4次元が浄化されてくれば、ガイアもどんなに喜ぶことでしょう。




ガラスが切れる超常現象?!

2016-04-04 01:29:26 | 不思議ニュースから





ハハハ、大げさなタイトルを付けましたが。。不思議なことが起きました。びっくりポンや! (終わっちゃったね。(ノ_・。))

まず、一番上の写真ですが。

我が家の天窓です。数か月前にふと気づいたら、このような模様が入っていたのです。

まるで、ステンドグラスみたいでしょ! 窓ガラスにひびが入ったのですが、その原因がまったくわからない。

とても高いところにあり、石を投げても届きません。もちろん石を投げられた形跡もないし、最近、大きな地震もありません。熱膨張に弱いという網ガラスでもありません。

危なくはないんですよ。しっかりと留まっている。そもそも二重ガラスの外側なので、部屋の中に落ちてくる危険はないし、たとえ外側へ落ちたとしても、窓の下には出っ張りがあり、その下も我が家の庭、敷地内で、家族も含め誰もそこを通ることはありません。ですから、とりあえずそのままにしています。美しいので、私としては残しておきたい気分。

初めて見たとき、「あ、天使の羽だ!」と思いました。天使の羽に見えませんか? 息子には鳥に見えるようです。そうですね、大きく羽を広げた、左を向いた鳥の姿です。

見た瞬間、天がこの家にしるしを付けてくれたんだ!って思いました。「ここは、天使が出入りする場所ですよ」ってね。\(^▽^)/ (オキラク・・・)

実は、この天窓があるのは、私のセッションルームなんです。吹き抜けのリビングの天窓です。セッションを体験された多くのクライアントさんが、「オーブが見えた」、「天使が大勢見えた」、「シップの仲間が上から覗きこんでいるのが見えた」などと、不思議な体験を報告してくれる場所です。この場所に、セッション中、”じっちゃん”やAAマイケルがお見えになります。

だから、この現象が、天使さんにちなんだ何かのしるしであってもおかしくない、と思ったんですね。あるいは、ステンドグラスだとすると、ここは教会になったのかな? フフフ、(^_^) 単なる偶然の重なりかもしれませんが、ステキでしょ。

そして、2枚目の写真。これも、超常現象ですよ!

今朝、東京の母の家から届いた写真です。昨夜、寝る前に流しの横に伏せておいたガラスのコップが、今朝見たら、1センチほど丸いリング状に割れて、丈が短くなっていたと言うのですよ!

伏せていたものを手に取ったら、下に幅1センチほどのリングが外れて残り、びっくりしたらしいです。

しかも、写真でもわかると思いますが、切り口がとてもスムースなんです。触っても、手を切ってしまうようなギザギザはない。写真では、IHヒーターの上に置いていますが、黒い背景で写真を撮るためにそこに移しただけで、もともと伏せていた場所は、流しのそばの普通のスペースです。

一体、何事でしょうか?! 普通の安物のガラスのコップです。よく6個入りで売っているやつですね。もともと細い刻みが入っていたとか、横一直線に傷があったなどということはありません。まさか、こういうコップ、つぎはぎや接着して作ったりするんですか? リング状にきれいにすぽっと割れるって、よくあることなんですか?

この原因、、、まさかね、とは思いますが、実は、私の方でちょっと思い浮かんだことがありました。

一昨日と昨日、私は、想念のエネルギーを具現化するという練習を、家でとても真面目にやっていたんです。なぜかというと、遠隔でのヒーリングに興味があるんですね。体調が悪い方の相談を時々受けるのですが、セッションにいらっしゃらないことには何もしてあげられない。でも、仙台まで来られない方も多い。そういう人には遠隔でヒーリングしてあげられないか、ずっと考えていました。

そうしたところ、最近、ヘミシンクで脳波の使い方を学び、スプーン曲げができるようになりました。それに勇気を得て、瞑想でハートのエネルギーをたくさん集めて、もっとはっきりした形で具現化する訓練を始めました。

そして、母が「ひざが痛い」と言っていたのを思い出し、母のひざにヒーリングのエネルギーを送ったりしていました。そのとき同時に、高級なステンレスのスプーン(これを曲げるのはなかなか難しい)を手に持ってエネルギーを送っていたんです。曲がれ曲がれと。けっこうエネルギーを集めましたよ。

その際、先ほど思い出したのですが、瞑想を始めるにあたって、じっちゃんに意図を明確に伝えたんですね。「ヒーリングを求めてくる人に遠隔でヒーリングしてあげたい。そのためのエネルギーの扱い方を学びたい。身に着けたい」と。

まさか、その成果が、母の家のガラスのコップに現れたのではないでしょうね? 

上から思いきりパワーをいただいてスプーンをいじり、前後して、ヒーリングを意図して母にエネルギーを送っていました。もちろん、スプーン曲げのエネルギーを母に送るつもりはまったくなかったのですが。

まさか、それが混線して具現化した? 私が集めたエネルギーが実際に遠隔で伝わった? じっちゃんが、「遠隔でできるよ」ということを、このような証拠として見せてくれたのでしょうか?

いやいや、まさかね~~。。でも、強くエネルギーをいじった翌日のことですからね~。ちょっとびっくりしました。上の次元を通って、1日かかって具現化したのでしょうか? いやいや、まさかね~~。ぜ~~~んぜん、関係ないかもしれません。

とはいえ、これがそうかどうかは別として、テレキネシス(物体を思念エネルギーで動かす能力)は、アセンションに伴って私たちが取り戻していくという(本来備わる)サイキック能力の一つです。そろそろ、そういうことが始まる時期だと言われています。本当にそうなれば面白いですね。でも、前提として、強い善なる意思で自分をコントロールする力が必要ですよね。

いずれ、私もその力が持てればうれしいのですが。

そういえば、今朝の電話では、肝心の母のひざの調子はどうなのか、聞いてみるのを忘れました。((^┰^))ゞ






宇宙は、調和/和解へと自然に流れる。

2016-04-03 23:28:39 | 光のバトンリレー
うれしいメールをいただきました。

調和/和解をめざすとき、上はそれを後押ししてくれます。というか、それが、この宇宙の自然の流れなのです。私たちがエゴで逆らわない限り。

次元上昇が進んでいます。5次元の波動は、愛と調和を引き寄せる。それが自然の在りようです。

岐路に立ったら、迷ったら、常に愛と調和を選択する。


それを繰り返していけば、いつか私たちのいる場所はニューアースになっています。


2016-4-1

なるでこ様。こんばんは。
突然のメールで、すみません。
つい嬉しくなってメールしてしまいました。実は仕事のことなのですが
17名の従業員と自営しております。
新たに雇用することにたいして
くいちがいがあり、相手が裁判に訴える
と言いだしました。こちらにも落ち度が
ありましたが、会社を潰してやると
まで言われてしまったので、どうしたら裁判しないで和解することができるのか
考えていたら、そうだ!なるでこさんの
ブログに、じっちゃんもマイケル呼ば
れれば駆け付けて下さると書いてあった
?と思いました。?早速お願いしました
じっちゃん、マイケル、天使様方どうぞ
和解できますよう、お力、お知恵を下さいとお願い致しました。
相手方が会社にみえたのが午後4時頃から6時ごろ迄で平行せんのまま裁判を
すると言いはって帰りました。そのご
8時頃電話があり、裁判は取消すから
一年分の生活の保証をして欲しいと言ってきました。それを受けて和解?と
言う事になりました。従業員の生活も
守らなくてはなりませんので、これで良かったのかなあと思っています。
なるでこさん、じっちゃん、マイケル、天使さん方々、有難う御座いました。



2016-4-2

こんにちは。

うれしいメールありがとうございました。
良かったですね!
和解を願ったのがよかったのですね。勝ち負けではなくて。

あなたの中にも、あなたバージョンのじっちゃんがちゃんといらっしゃるんですよ。信じてつながって!
調和を願えば、宇宙は必ずその方に流れます。それが宇宙の自然ですから。宇宙は愛でできている。

なるでこ

5次元を生きる自閉症の子供たち

2016-04-03 23:12:08 | 次元上昇
カウンセリングで、自閉症の息子さんを持つお母さんとお話ししました。

私の役目は、励ますことだと思っています。その人の本当の姿を教えてあげたい。

どの人もちゃんと光を持っている。それを見失っている。その光を見つけて、光に気づかせて、もっと輝かせてあげたい。

光の世界に向かって頑張っているのに、「自分はダメだダメだ」「まだ足りない」「アセンションできない」と、罪悪感や不安を手放せず、堅苦しく考え過ぎて、光を小さくしてしまっている人がいます。ハンブル(謙虚)な人たち。そういう人たちを、とても愛おしく感じます。

自分はつながってるから大丈夫、チャネリングできるから大丈夫、不思議な体験をするから大丈夫、と、自信がある人はそのまま進んでください。自分自身に関して心配のない人は、どうぞ、後ろを歩いている人を手伝ってあげてください。

光の世界は見えているのに、そこを目指して一生懸命がんばっているのに、ままならない生活の中で、もがいてもがいて、これではダメだと自分を責めて自信を無くしている人たちが大勢います。そういう人たちを、きっとじっちゃんは一番気にかけていると思う。

「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」

心の貧しいというのは、誤訳に近いですよね。実際の意味は、「自分の心を絶えず反省して向上を目指す謙虚な人」という意味だそうです。

このイエス様の言葉が、なぜかしょっちゅう心に浮かぶ今日この頃です。

自閉症、、陰謀論の世界では、ワクチンが原因だと騒いでいますが。私にはその辺、よくわかりません。

原因は何であろうと、確実に言えるのは、彼らは右脳で生きている!ということ。それは確かです。先に5次元に行って生きている人たちです。

良いお母さんです。魂で、ちゃんと全部わかっていらっしゃいます。

そういうお母さんと一緒に学び、そして楽しむために、息子さんの魂はこの方を選んで降りてきたんですね。まあ、全部の子供がそうですけどね。フフフ (*^-^)


2016-4-2

こんにちは。
昨日は、カウンセリングありがとうございました。
気負いがなくなりました。気持ちいい状態を自分なりにイメージ出来ました。

初スカイプで自分の映像は明るく映っているのかにも気がまわらず、無我夢中で会話をしていました。
コンシャスチョイス、読みました。目で確認出来なくても、すごい事が起きているんですね。
素晴らしいです。世界中の人に知ってもらいたいですね。♡ これからが楽しみです。私たちが選択すれば、辿り着けるんですね。
以前のコンシャスチョイスも徐々に読んで学びます。瞑想も取り組みたいです。

なのに、近所の騒音や犬の鳴き声に気をとられている私は…なんて器が小さいのでしょう。
セントラルサン?のじっちゃんの光の元に向かって進んで帰っていこうという時に。反省。
気にしいでした。ただうるさいはうるさいで、対策をとればすむことですね。
うつか精神的に変なのかとちょっと心配でした。

他者奉仕、自己奉仕の両輪で進むこと。今を楽しむこと。自分も他者もジャッジしない、必要以上に自分を責めない。
「~ねばならない」の意識は持たない。恐れを持たない。新しい事、変化を喜んで受け入れ楽しむ。いいイメージ、ビジョンを持つ。

そういえば、私の母親は、ねばならないも責任も思わず、たんたんと夫(父親)の世話をしています。

息子が、障害のある人達が、この先重要になるという考えは、福祉の世界でも最先端の考え方だと思います。まだないかもしれません。
最先端なのか、5次元なのかわからないですが、今に生きづらい息子がありのままで生きれる過ごせるように、3次元の生活との
繋がりを作るのが私という存在なのかなと思います。もちろん、共に楽しんで。愛と光の想いを送りながら。健常でもハンディがあろうとも、息子は息子。大事な子供です。
深い闇を知っているからこそ、強い光も出せる。心に沁みました。
お兄ちゃんにも、夫にも、父母、皆に、そして私にも愛と光を送って、今を大事に楽しみます。

本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

彩雲は昔から出ていたのでしょうか?この頃いつも見れるのは、自分が気づいて空を見上げるようになったからでしょうか?


2016-4-2

こんにちは。

ステキな感想ありがとうございました。

大丈夫です。〇○さんは、よい気づきの道を歩いていますよ。

何事につけ、良い悪いの判断や、「こんなことを考える自分はだめだ~」という思いを持たずに、たんたんと、具体的に解決できることは解決し、出来事にネガティブな感情をからめないようにがんばってみて下さいね。

彩雲はね、このごろとても増えています。でも、気づく人は案外少ないんですね。虹は天使からのメッセージです。虹に気づくときは、とってもハッピーなの! 虹を探して下さいね。

なるでこ


2016-4-3

こんにちは。
お忙しいのに、返信ありがとうございます。
スピリチュアルの点では、私が幼稚園生なら、なるでこさんは大学院生ですね。
なるでこさんはまさに私達のアカシックレコードです。コンシャスチョイスで学べるのは、本当ラッキーです!
こんなに簡単に!よくよく味わって自分に取り入れたいと思います。あー、みーんなにこの世界を知って欲しいです。

カウンセリングだけでしたが、私の中ではヒーリングに近い気づきをいただきました。

息子は大きな蟻が気になり、散歩の時石垣に蟻の姿を探します。雪の積もる冬も一年中。ある橋を渡ると一度白鳥がいたのをずっと覚えていて、一年中白鳥を探す為に視線を向けます。「いないね~。」と声を掛けたいけど自分だけの世界で想いを馳せたいようで、嫌がるのでそっとしておきます。そして、春になると蟻に、冬には白鳥はまたやってくるよと心の中で語りかけます。そんな息子が好きです。いとおしいです。今目の前に見えなくても、また会えるから。想っていれば繋がっているような気がします。
息子は5次元的?思考を、私は3次元的生活をお互いに教え合っています。
グレンとひっくり返る神仕組みは、ビッグな素敵な事が起こるようにイメージしたいです。

コンシャスチョイス、なるでこセミナーを楽しみに、とばさないで読みます!!!両輪で進むために。お花畑スピにならないように。
他者奉仕、自己奉仕、光と闇、全てちょうどいいバランスが大切ですね。☆

彩雲と虹のメッセージを感謝して受け取りたいと思います。☆