0010110 ハートの贈りもの―2020―黄金時代08年 

2020-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

戻ってこられたアセンデッド・マスター! 新法王様は本物のアッシジの聖フランシスコ!

2013-03-18 17:05:35 | ディスクロージャー
少年院で初の「洗足式」=異例の女性出席-ローマ法王

Pope Francis to wash offenders' feet on Maundy Thursday(慣例を破る新法王;今春の洗足式では犯罪者の足を洗いキスをするという)

Pope Francis considers closing scandal-riven bank (新法王、バチカン銀行の閉鎖を検討)

新ローマ法王:清貧の原点はスラム…通いつめ十数年

新旧法王、昼食を共に…歴史に残る珍しい場面に

庶民感覚の新ローマ法王、新聞の購読停止も自ら電話

新ローマ法王、豪華公邸には入居せず 当面はホテル暮らし

ユーモアあふれる新ローマ法王、就任直後の発言の数々




新法王の着任を祝福して現れたUFO



新法王、過去に黒い噂もあるようですが、複数のチャネリング・メッセージから、「彼はウォーク・インで、既に、元のソウルは了解のもとに去り、新しい光のソウルが代わって入っている」と、伝えられています。

具体的には、今の法王様の中身は、アセンデッド・マスターのクートフーミ(クツミ)だそうです。

クートフーミと言えば、アッシジの聖フランシスコとして転生したこともあるそうですから、まさに、選んだ名前そのもの、ご自身!なんですね。

「ブラザーサン・シスタームーン」、私の大・大・大好きな映画でした。



この主題歌がまた、涙が出るほど美しい!



ドノヴァンの Brother Sun,Sister Moon (2)

今回の選考には、天界が介入しています。

コンクラーベが始まる前に、「選考の場には、AAマイケル(大天使ミカエル)およびアセンデッド・マスターのサン・ジェルマンが参加する」という情報があったので、期待していたのですが、まさに期待通りになりました。

天界は、何十億ものカトリック教徒を、恐怖や混乱に陥れることなく、結果的に(本物の)神への信仰を保ったまま、黄金時代へと率いていくことを意図しています。人々の篤い信仰心は大切ですから、不必要な、誤った教義から離れさせ、この宇宙を統べる唯一の創造主への正しい信仰へと導いていくことを望んでいます。

そのために、ついに、本物のアセンデッド・マスターが来臨したということです。シェルダン・ナイドルの銀河連邦メッセージで伝えられてきた通りです。

伝えられる新法王のエピソードは、素晴らしいお人柄を感じさせますね。今のお顔は優しく、白いオーラが見えるようです。

ちなみに、今週のベンジャミン情報によると、このアッシジの聖フランシスコの名前(洗礼前)には、ピエトロ(ペテロ)が入っており、現実の新法王はアルゼンチン出身であっても、元はイタリア系移民でローマの家系だそうですから、「マラキの預言に合致する」のだそうです。ベンジャミンさんはチャネリング・メッセージを知らないでしょうが、中身は、本当にアッシジの聖フランシスコですから、まさに「預言」通りになったわけですね。恐るべし、マラキの預言! というか、すべては、この時、この通りになるように、天が計画されていた、ということです。

ただし、確かに、このフランシスコ1世がカトリック教会最後の法王になるでしょうが、ローマの丘が物理的に崩壊云々ということはあり得ないと思います。何度も繰り返しますが、世紀末的な破壊のタイムラインは消滅していますので。

本当に、黄金時代への変化が確実に始まっていますね。わくわくします。

私は、クリスチャンでも、ましてやカソリックでも何でもないのですが、神の存在はずっと信じてきたので、この新しい、本物の法王様の来臨には、泣けるほど嬉しいんです。心が奮えるんです。

光のソウルであるオバマ大統領同様、新法王様も、敵の巣窟にうまく入り込み、選出されるためには、彼らから信頼される行動を取る必要があったようです。しかし、頂点に立った以上、これからは、オバマ大統領とも協力して、カトリック教徒のみならず、世界全体を、光へと導いてゆかれるものと思われます。

最近、非常に具体的なチャネリング・メッセージが増えています。スペース・シップの目撃情報も、非常に大胆になってきています。

静かに流れる河のごとく、世間的にはまだ水の大きな渦巻きは見えてきませんが、底流では巨大な組織が次々に押し流されています。

春の春分から、秋の秋分にかけて、この進展は加速していくそうです。

直近のイベントは、ディスクロージャーです。

私も含め、3次元のパラダイムからの脱却に苦労している方も多いでしょうが(私の場合は息子のこと。息子との関わり、息子を今この時にどう育てるかということ。。)、高次からの導きを求め、信じて、「今」を大切に楽しみながら、その「時」を待ち望みましょう。




この記事をはてなブックマークに追加