0010110 ハートの贈りもの―2019―黄金時代07年 

2018-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

これが実際の写真; 新しい星座、マザーシップ3機かな

2012-08-19 21:13:37 | ディスクロージャー




THE TRUTH BEHIND THE SCENES で騒がれている、ニュージーランドで撮影されたという、三角形の星座を形作る UFO。

これが、もしかしたら、前の記事のアンドロメダのマザーシップでしょうか。

私は、大きなシップ一機で、後ろの星を隠しているのかと思っていましたが、どうやら、3機で、三角形を作っているようですね。

夜空で始まったディスクロージャー;新しい星座・南西の三角(アンドロメダのマザーシップ)

2012-08-19 20:31:34 | ディスクロージャー


8月8日に開いたポータル、ライオンズ・ゲートを通って、たくさんの5次元のマザーシップが、地球の軌道内に入ってきたそうです。このポータルを通じて、5次元の波動が入ってくることが可能になったためだとか。

そして、まずは夜空から、ディスクロージャーが始まっています。たくさんのシップが、夜空で、デクロークを始めているそうです。

その第一弾として、アンドロメダのマザーシップが、南西の夜空に、三角形の新しい星座となって、姿を現したようです。

この写真は、実物ではありません。オーストラリアで、実際にそれを見た人が、皆に教えるために、フォトショップで、見えた通りに作ったもの。

三角形を成す三つの点、その間の空間は真っ黒で、星は見えません。

このアンドロメダの星座(シップ)は、太平洋地域で見えるそうですから、日本でも見えると思うのですが。

「何処で何が見えるか」は、アシュタル艦長が、チャネリング・インタビューで、説明してくれています。

見かけたら、ネットにアップして下さいね。(^人^)

先週、私は、夫の実家に帰省していたのですが、夜、庭で、皆で、バーベキューを楽しみました。

その際、ふと夜空を見上げて、皆が言うには、「何だか、不思議な空だね、あれは、何の星だろう?」

親戚の者たちは、誰一人として、ディスクロージャーのことも、アセンションのことも、知りません。私は、まだ何も、話していません。

義父母は、山沿いの豊かな自然の中で、星降る夜空を長年、見慣れてきたわけですが、その彼らが、「夜空の雰囲気が、何だか違う」と、感じるのですから、何かが、本当に起こっているのでしょう。

極めつけは、義父が、「あの星は、細長い形をしているよ。」と、ポロリと、言ったこと。

すぐに、「あれは、シリンダー状のスペースシップですよ。」と、何気に、教えてあげたのですが。(笑)

皆、「ふ~ん。」

そこでさらに、「最近は、宇宙船がたくさん、夜空に見えるんですよ。」と、私は、畳み掛けたのですが。

皆、「へえ~。」

誰も、格別、驚かなかったので、私の方が、拍子抜けしました。(笑)

「UFO が夜空に存在する」って、もう、あまり、不思議に思わないことなのでしょうか?

地球に届いている光のお陰で、本当に、人類の覚醒が進んでいるのでしょうか?

もちろん、それ以上は、プッシュしませんでしたけれど。でも、双眼鏡を借りて、しばらく、私は一人で、ライトシップを追いかけていましたよ。




何処にでもいるスペース・シップ

2012-08-06 20:00:02 | ディスクロージャー


スペース・ファミリーが、「スペース・シップの目撃頻度や、デクロークの度合いを高める」と、言っています。

特に今後、マザーシップを、見せてくれるようです。「クラウド・シップ」、スペース・シップに雲をかぶせたものですが、この形での目撃を増やす、とのこと。

ペンシル型、細長~い、いかにも戦艦のような雲が、そうですね。球状のものもあるそうですが。以前、記事にしましたね。

さて、たまたま、In Deep さんのサイトに寄ったら、不思議な雲の特集がありましたが、見ると、まるで、きれいな光のマザーシップの写真のように見えます。昔から、頭巾雲などと、呼ばれていたようですが、次元の境目にいるマザーシップも、混じっていたのではないのかな。

お楽しみ下さい。

雲と光が作り出す「驚異の7色」の空のかたち


それから、この映像もすごいです。光のマザーシップの周りを、無数のスカウト・シップが飛び交っているのが、映っています。

いつも言われていることですが、クロークして姿を隠しているだけで、私たちの上空は、スペースシップで溢れているそうです。これを見ると、確かにネ。。すごい数が存在しているのでしょうね。







エネルギー・ブースト

2012-08-06 19:09:50 | ディスクロージャー


8月4日以降、オリンピック会場では、私たちの目に見える形では、まだ何も、特別なことは起こっていないようですが。

サルーサのメッセージも、大きな盛り上がりが消えて、いつもの落ち着いた平常版に戻ってしまい、私自身で急いで翻訳しようという、モチベーションが下がりました。

とはいえ、Galactic 地球要員 の Poofness の 8/5 メッセージによると、

”Something huge happened last night.”

って、何があったのだろう? 何か重要なことが起こったようですが、地球のメディアが無視すれば、私たちには、なかなか伝わりません。

それに、Terra Nova Conceived at Olympic Stadium August 3, 2012 によると、

On August 3 a group called Earth Crew cleared Olympic Stadium of all negativity, laid out the proverbial red carpet for our space family, and activated an etheric ceremony wherein, with the assistance of Galactics, Intergalactics, and Interstellar beings, Terra Nova was conceived.

このメッセージでは、8月3日、オリンピック・スタジアムを浄化して、スペース・ファミリーを迎え、とある神聖な儀式を行ったと、言っています。地球人クルーと、Galactics、Intergalactics、セレスチアルら、光の勢力が集合し、オカルトの正反対の、新生地球誕生のためのセレモニーを行ったそうです。

3次元の儀式でなければ、私たちには見えませんし、理解できませんから。この儀式が本当に行われたとして、その意味が知らされるのは、まだまだ先になるのでしょう。

8月8日にはまた、天体の配列により、一段と高いエネルギーの流入があるようです。

既に、体調不良を感じている方も、たくさんおられることでしょう。

私も、今回はとりわけ、ハートに症状が出ています。心臓が肥大した感じで、窮屈で、痛むのです。不整脈のように、突然、鼓動がバクバクするし。思うように、息が吸えません。

ハートのチャクラの開きに、関係があるようなのですが。アセンション症状を知らなければ、病院へ直行していたでしょうね。汗) 止まない耳鳴りには、いい加減慣れましたが、頭全体が、蒸し器の中にでも入れられているようです。もの忘れがひどく、論理的思考ができない。。

セントラル・サンから太陽を経て、段階を追って、だんだんと強度を増して、エネルギー・ブーストがやって来ています。

内外の変化が始まっているわけですから、じっと我慢です。個人差があるので、何も症状がなくても、心配する必要はないそうですよ。





宇宙の家族へ; 地球人類からのメッセージ

2012-08-04 09:30:52 | ディスクロージャー


Earth Human: A Letter to the Galactics 2012 August 3 Posted by Steve Beckow

Dear Galactics,

Namaste!

Many of us have been so looking forward to your visit since a while now. It would be great to meet you all finally and I sincerely look forward to the joyous reunion with my star brothers and sisters, as would a large number of the earth’s population.

I know that you need to follow a divine decree and can well understand that you are waiting for the deadline given by the Creator. But when you cross August 4, 2012, please do not hesitate to make your presence known to all the human beings around the world.

The scene on earth today is pretty horrendous. There are floods that have made millions of people homeless; there are power-cuts in a third of the sub-continent of India; there are umpteen suicides and murders happening every day in every part of the world while huge numbers of people are losing jobs and doing terribly financially. The list goes on and on. Each day, opening a newspaper in the morning, amounts to a terror attack.

If human beings are able to survive through all these, why will they not live to tell the tale of the arrival of the Galactics? I do understand that you all believe that such an incident may create fear. Maybe so! But again, what is one more fear to those who have been seeing nothing but terrible incidents over the past few decades?

At least, once we earthlings recover from the ‘fear’ of your arrival, we can take our lives forward. We can all help you with the cleansing of the Earth and along with your arrival we can welcome the ‘hope’ of a future that many humans cannot even imagine at this point in time.


Please show yourselves, O Galactics! I welcome you with open arms. I am sure a huge number of human beings join me in welcoming you amidst us.

Awaiting you in love, light and joy,

Yours truly,

Earth Human


そうです、テロの恐怖、洪水の恐怖、停電の恐怖、街角の犯罪の恐怖、貧困の恐怖、それらに比べたら、スペース・ファミリー到着の恐怖が、何ほどのものでしょうか。

幾多の恐怖を生き延びてきた私たち、もう一つ、宇宙人の”恐怖”が加わったところで、それに耐えられないわけがない。

もともと、私たちは家族なのですから。真実を知れば、この”恐怖”は、希望に変わるのです。

どうぞ、8月4日を過ぎたら、姿を現して下さい。降りてきて下さい。大歓迎します。





メキシコ政府が80年間隠してきたマヤの石版; スペース・シップ、ET がいっぱい!

2012-08-03 20:59:03 | ディスクロージャー




Nassim Haramein & Klaus Dona  New Mayan Artifacts Revealed


Mayan Tablets Released by Mexican Government  July 31, 2012

メキシコ政府が、80年にわたり隠蔽してきたマヤ文明の石版を、公開したようです。

まさに、、、こ、これ、、、、スペース・ファミリーとの交流の証拠、そのものではないですか!

リンク先には、ビデオがあります。
トラックバック (1)

起こらぬなら起こしてみせよう、ファースト・コンタクト、ビジュアライズ!

2012-08-03 15:05:24 | ディスクロージャー
さて、8月4日デッドライン説、というよりも、オリンピックを利用してのディスクロージャー、あるいは、ファースト・コンタクトは、他のメッセージ、チャネリング・メッセージ全体からは、どう伝えられているでしょうか?

実は、、、、、極めて、盛り上がっています。これほど一致して、「いよいよだ~!」という感じで、(特に、ジーザス、サンジェルマン等のアセンデッド・マスターたちが)高揚感を醸し出しているのは、私も見たことがありません。

もちろん、オリンピックを利用してのイベントにまったく触れないメッセージ、「それはない」と言い切る CobraArcturianこれとか、こんなメッセージもありますが。

でも、それよりも多く、マイク・クインシーのサルーサのみならず、マシュー君ジーザス(John Sallman)サンジェルマンとArcturianメルキセデク大天使メタトロンHatton も、光の灯台の Steve & The Group も、そして、ペンタゴン・インサイダーのDrake までも。

何だか、盛り上がっています。

マシュー君が今月(8/2)、どう言ったか、見てみましょう。全訳は近日中に、リモ農園の森田さんがアップしてくれると思いますので、関係する部分だけを。

先月のメッセージで、我々はこう言いました。「クルーが大人数で着陸すること、および、皆さんに交じって暮らしている宇宙のファミリーたちが正体を現すことは、今年の末まで待つようにと、評議会は勧めています」。しかし、「何も確定してはおらず、出会いがもっと早まることもあり得ます」。その可能性が高くなってきたのです。

8月4日の競技中に、ということではありません。それでは、パニックが起きてしまいます! その日に突然現れて皆さんを驚かせる、そのための条件がすべてそろったと評議会が決定したとして、起こり得ることは、宇宙からの侵略に見せかけたイルミナティのでっち上げではなく、間違いなくET によるものだとわかる低空飛行、それに近いものになる可能性が極めて高いです。とはいえ、その日に世界中があっと驚くようなイベントが起こらなくても、がっかりしないで下さい。


昨日、私は、新幹線の車中で、今の状況を考えていましたが、ふと思ったのは、Micha の情報が正しい・正しくないは脇へ置いて、「8月4日にファースト・コンタクトが起こったっていいではないか、何故、いけないの?」ということです。

私たちは、「集団瞑想で、ある一つの結果に集中すれば、それを実現する力を持っている」と、最近、言われ続けているではありませんか。何故、「8月4日、愛と調和のうちに、ファースト・コンタクトが起こる」、それを、ビジュアライズして、実現させてはいけないのでしょうか?

そして、夜、帰ってきて、ネットで様々な情報を読んでいたら、著名なチャネラーの Wes Annac さんも、同じようなことを考えたようです。

彼も当初、やはり、「Micha に振り回されるな、8月4日に、ファースト・コンタクトが起こらなくても、波動を下げてはいけない」という内容のことを、記事にしたのですが。

August 4th is a Dealine~ Wes Annac

その後、「8月4日に、ファースト・コンタクトが起こるわけではない」と、自分が言い回ること自体が、もしかしたら、実現するかもしれないのに、その実現を、逆に阻んでいるのではないか、と、気が付いたようなのです。ですから、「先の記事を撤回する」、という記事を、改めて出しています。

I Would Like to Retract my Previous Message About August 4th

そう、私も、そう思います。

誰が決めるんですか、ファースト・コンタクト? 地球人類がそれを望んで、ビジュアライズして、顕現しては、いけないのですか。

つまり、私たち、家康から、秀吉になっても、いいのではないですか?

「起こらぬなら、起こるまで待とう、ファースト・コンタクト」ではなくて、起こらぬなら、起こしてみせよう、ファースト・コンタクト!

スペース・ファミリー、スピリチュアル・ファミリーも今、「ディスクロージャー、ファースト・コンタクトを望む気持ちが、人類の間に、どれほど盛り上がるか」を、注意深くモニターしているようです。

サルーサが、言っている通りです。

オリンピックに関する最近の明確なメッセージ、それに対する皆さんの反応は素晴らしいものです。大きな期待の波が地球全体に広がり、人々を高揚させています。そのエネルギーは、皆さんが描くビジョンに実現する力を与えています。同じ一つの結果に集中することで、皆さんは、起きることに影響を及ぼすことができるのです。当然、きわめて近い将来、何らかの形でディスクロージャーが起こるに違いありません。

「まだ、大方の人類の中には、恐怖が残っているから、ファースト・コンタクトなんて無理、無理」。そういうチャネリング・メッセージも散見しますが、先に記事にした、「1984年、ロサンジェルス・オリンピック閉会式での、UFO ランディングと、ET コンタクトの映像」、ご覧になりました? 人々は、ペンライトなんか、かざしちゃって、楽しそうじゃありませんか?

この映像を、グッド・タイミングの教材として、ファースト・コンタクトの練習、心構えをしておけば、みんな、喜んで迎えられるのではないですか? いや、本物と知ったら、腰ぬかす? 笑)

やってみなくちゃ、わからないでしょ。

私が、何故、ファースト・コンタクトが早く実現することを望むか、というと、貧困や災害に苦しんでいる地域の人々を、先進テクノロジーで、早く助けたいからなんですね。

「救世主として、訪れるわけではないから、そんな期待はしないで下さい」、その言も、何度も聞いていますが、私は別に、救世主として、彼らを迎えるわけではありません。

「ちょっと便利な道具を持っている親戚のおじさん(あるいは従兄弟かな)、とにかく、しばらく会っていないけれど親戚は親戚、彼らが、うちの家業が大変な様子を見かねて、手伝いに来てくれた」、そんな感じなんですけどね。

それじゃ、駄目ですか? 笑)

とにかく、8月4日でなくてもいいです、「オリンピックでのファースト・コンタクト実現」を、私は、ビジュアライズします。ディスクロージャーは、当然起こると、考えています。

賛同いただける方は、どうぞご一緒に。ヾ(@⌒▽⌒@)ノ






トラックバック (1)

数日を注視、2週間以内に極めて重大なイベントが―Drake 情報(8/1)

2012-08-03 12:21:04 | ディスクロージャー
近々起こりそうなディスクロージャー?に関して、ペンタゴン・インサイダー、Drake からも言及がありましたので、最新のラジオ・インタビューのまとめを、載せておきます。

人類を人質に取る形で、闇の勢力から激しい抵抗が予想され、「7月4日までの大量逮捕」に踏み出せなかったペンタゴン。その後、Drake も、手持ち無沙汰?という感じで、本筋から逸れて、銃規制・反対運動に走っていました。あくまでも、大量逮捕に向けて、市民も銃を取って戦う必要がある、と、彼は考えているのです。

でも、それに対しては批判も多く、私も、最近は、距離を置いていました。

また、彼は何故か、オバマ大統領を悪く言うようになったため、「我々の同盟者」ではない、と、銀河連邦から言われることもあります。

でも、まあ、とりあえず、この最新情報を。彼のところにも、「近々、とても大きなイベントが起きそうだ」という情報は行っているようです。

金融崩壊 → 大量逮捕 → 暫定政府の成立 → ディスクロージャー → ファースト・コンタクト、このような順番で進むと、これまでは、銀河連邦から示されてきたわけですが、どうやら、

1.地球人類のビジュアライゼーションと波動の高まりによって、平和的な移行が実現しつつある
2.アセンションをサポートするための環境づくり、という意味で、時間が足りなくなってきている

という理由からでしょうか、前の3つを飛ばして、ディスクロージャー、あるいは、それと同時に、ファースト・コンタクトまで、実現しそうな勢いになってきています。飛ばした分は、ほぼ同時か、直後?

また、コロラド乱射事件について、犯人は3人だ、と言っていますね。

平和的な移行、というのは、暫定政府への切り替えでしょうか、2日前に知らされる、とのこと。

Drake Radio Show - Wednesday, August 1, 2012 @ Blog Talk Radio

* All the blogs need to unite to get the word out.
* The people who are not into guns should be non-violent but still stand up to them.
The people who are into guns should be prepared to use them.
* We should be aware of "the next few days".
* Within the "next two weeks" you will experience the most extraordinary thing
you could imagine.

* Read the White Report #46 of July 20, 2012.
* Expect a totally peaceful transition. We should get a 2 day notice before it occurs.
* We need a form of command structure; community groups, phone trees.
Communications will not go down.
* Lack of store inventories and utilities should only be for a few days, not weeks.
* He has been told that Aurora shooting was done by three shooters, not one.
* He has been in briefings for the last four days. Extraordinary things to happen.
* The efforts of the people to be heard have been heard. We will be assisted.
* The BIS, which has been shut down for 90 days, can be shut down much longer.
* Some of the things Cobra says are correct.
* Tim Turner is not president of anything.
* Every Government agency has two elements in them. Those that support the PTB and
those that don't.
* Ben Fulford is alive and well.
* Be ready for things to start to change, and expect things to continue to change and change.
* The number of county sheriffs that are backing the Constitution has increased
tremendously the past year.
* The Federal Government is not able to send troops into states.




「8月4日説」何故、混乱が起きたか

2012-08-03 09:24:39 | ディスクロージャー
この切迫した時期に、外出せねばならない用事が多くて、困ってしまいます。昨日も、東京まで、新幹線日帰り~。今週末は、息子の野球の試合、その後に、親子合同温泉旅行だし。。汗)

シェルダン・ナイドルの翻訳を待っている方も多いでしょうが、残念ながら、今週は、Galactics によるオリンピック・イベントに関する記述もなく、どちらかというと抽象的な内容に終始したメッセージでしたので、それよりも、切迫してきたサルーサの翻訳を優先しています。

それでも、空き時間を見つけて何とか訳そうと思いますが、今日は金曜日、また、サルーサから新しいメッセージ(マイク・クインシーのサルーサは月・水・金です)が入りますので、それがアップされたら、そちらを先にします。

さて、8月4日デッドライン情報、錯綜していますが、ちょっとここで経緯を、整理しておきたいと思います。

「かく乱のための偽情報?を流している」と、ほとんどの著名ライトワーカーがコメントする、プレアデスを名乗る Micha、前回「【転載】プレアデス7/2:天にあるが如く地もある:7月9日に銀河連邦は低空飛行を実施する 」も、極めて奇妙な内容で、もちろん、7月9日には、何も実現しませんでした。この時のメッセージに関しては、The 2012 Scenario の Steve Beckow が当時、チャネリングで、AA マイケルに「Credible (信頼できる)かどうか」を尋ねたところ、「Not Credible」という答えを得ています。

そのため、今回の「プレアデス評議会7/27:8月4日オリンピック会場でコンタクトを実施します」のメッセージも、「また、現れたか」と、私も含め、多くのライトワーカーは無視、あるいは「注意警報」を流す程度にしか、扱っていませんでした。

それなのに、何故、急に注目が集まったかというと、それが出た後で、The 2012 Scenario チームに入ったプレアデスのウォーク・イン、シエラ・ネブリナが、7月27日に、「スペース・シップで会議が行われ、地球の現指導者たちがディスクロージャーの約束を守らないため、Galactics は、自分たちでディスクロージャーすることを検討し始めた。オリンピックをそれに利用する可能性もある。」ということを発表したから、なんですね。さらに、8月4日を示しているクロップ・サークルも、その時点で改めて、クローズアップされました。

私が、記事にした通りです。

さらに、7月30日のサルーサのメッセージでも同様に、「8月4日デッドライン」として、それが確認されました。

シエラのいう会議、あるいはワンダラーのいう会議が、Micha のいう7月25日の会議と同じかどうかは不明ですが、8月4日という日付が、奇しくも、銀河連邦のいうディスクロージャーのデッドラインと、Micha のいうファースト・コンタクトの日付と重なったため、混乱が起きたのです。8月4日という日付に、急に信憑性が出てきた、ということです。一気に、「8月4日にファースト・コンタクトが起きる」という話の流れに変わってしまったわけです。

そのため、Steve Beckow を始めとするライトワーカーたちが急遽、「8月4日はあくまでも線引きの日であって、ファースト・コンタクトではない、間違えないように」というメッセージを発表しました。私も、「危険!偽情報が拡散中?8月4日の本当の意味」という記事を書きました。

Micha のメッセージは、大筋では、シエラやサルーサのメッセージと一致するところはあるものの、他と整合性の取れない情報も多く混じっており、また、前回のこともありますので、今は、考慮に入れなくてよいと思います。

しかし今、それとは無関係に、「オリンピックでのディスクロージャー(あるいはファースト・コンタクト)期待」が、盛り上がってきています。それはまた、別記事にします。