0010110 ハートの贈りもの―2020―黄金時代08年 

2020-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

ディスクロージャーのためのラジオ番組が始まっています

2012-04-28 20:57:20 | ディスクロージャー
地球初のディスクロージャーに向けてのラジオ番組が始まっています。

ジェフリー・ウェストのコズミック・ビジョン・ニュース。



Cosmic Vision News by InLight Radio

ちょうど、この私のサイトと同様に、左脳と右脳、コンスピラシーとチャネリング・メッセージ、両方を情報源として、今、世界で起こりつつあることを、宇宙視点で解説してくれる番組です。

日本時間で、週1回土曜日の朝8時から1時間。もちろん、ネットラジオなので、後からいつでも聞けます。

ペンタゴン・インサイダーのDrake、David Wilcock、ベンジャミン・フルフォード、銀河連邦メッセージをチャネリングしているシェルダン・ナイドル、アンドロメダ・アサバンティアン号をチャネリングしているマーク・キンメル、「科学と霊性」の科学者グレッグ・ブラーデン等々、コンスピラシーとスピリチュアル界のヒーローたちが、続々、登場しますよ!

大量逮捕から新銀行システム、豊穣化ファンド、新政府、ディスクロージャー、ヒーリング、アセンションに至るまで、数々の行程の最新ニュースをゲットできる番組ですから、ぜひフォローして下さい。

ちなみに、今週の話題は以下の通りでした。

1. Euro-banking crisis

http://bit.ly/IfERst FT.com
http://bit.ly/K3uJAR Dutch gov't
http://bit.ly/IeTOO9 - Fulford
http://bit.ly/JqYodf - shutdown of MICEX exchange
http://bit.ly/IeTS0t - bond suspension

Sheldon Nidle:
www.paoweb.com
http://bit.ly/IYC9GY- webinar info

2. Energy/Oneness

http://bit.ly/zcBbXb - Bren-Ton
http://bit.ly/IbcYiQ - Bruce Lipton
http://bit.ly/IxkpEd- Gregg Braden

3. Ron Paul

www.ronpaul2012.com
http://bit.ly/JKbShi - Norway

4. Canada

http://huff.to/JGIFWx : http://bit.ly/IyfaDh : http://bit.ly/IgOMjX
http://bit.ly/9jAIMS Harper/Bilderberg
Harper/RCMP: http://bit.ly/zwILyv : http://bit.ly/AbDek1
http://bit.ly/IbkRVM - Harper/Howard speech
Music: Bubbles by S. Coltrane

5. Mark Kimmel: A Celebration of Light:

http://bit.ly/1GVMq - Cosmic Paradigm
http://bit.ly/8Z7Rfk - Marks Corner
http://bit.ly/zcBbXb - messages from the ship Athabantian
http://bit.ly/KhMnky- conference

この記事をはてなブックマークに追加

ファースト・コンタクト第1陣、銀河連邦から個人コンタクトが始まったようです

2012-04-19 11:57:30 | ディスクロージャー


銀河連邦による第1陣の個人コンタクトが、始まったようです。

連絡を受けた人たちは、安全のため、口外しないように言われているので、まだ、実情が見えてきませんが。

でも、、、、風の便りが増えてきました。

Ready, Get Set…. 2012 April 14 Posted by Steve Beckow

In terms of Disclosure, we have the GF saying through Greg that they are going to be meeting with identified lightworkers to prepare for Disclosure. I have a friend here in Vancouver who has been told to stand by to be whisked aboard the Polaris (never head of it before) for meetings. If you read the Hugh-man’s interview, later on the blogroll, you’ll see that twelve people are alleged to have been aboard the Neptune. (And I don’t know Hugh so this statement of his has nothing to do with me.)

GFL CONTACT HAS BEEN MADE
Posted by Contigious light on April 19, 2012 at 12:43am

I cannot say much further than this: The wait is over CONTACT HAS BEEN MADE rejoice contact has been made. Disclosure project is in full swing.


皆さんの中に、希望したのに、銀河連邦から連絡が来なくて、がっかりしている人、いらっしゃいますか?

4/13 のメッセージ
、あるいは 4/16 のメッセージで伝えられているように、今はまだ、クリアしなければならない条件があります。

まず1点は、突然、予告なしにお迎えが来たとして、家を長時間にわたって空けられるか、ということ。シップへの乗船だけではなく、その後のメディアへの出演等でも、家を空けなければなりませんから、面倒を見なければならない子供やお年寄りがいる人は無理でしょうね。家を出たっきり、何時に帰れるかわからないという状況になってしまっては、困りますものね。彼らは、「ミーティングの途中で抜けてもらって、家へ送ることはできない」と、言っていますから。

第2点目は、テレパシーが使えるか、ということ。つまり、連絡は、テレパシーで来たようです。

最近は、強まる光エネルギーによるDNA の変容で、テレパシー能力が開花した人が増えているそうですが(10人に1人?)、開花時期には個人差があるので、焦る必要はありませんよ。

ちなみに、私も、まだ使えません。というか、子供の頃は、けっこう不思議な声や物音を聞いたのに、大人になるにつれ、聞こえなくなってしまいました。笑) 

テレパシーが使えたらなあ、と思います。そうしたら、いの一番に、うちのネコのふくに、「後ろから、人の足に飛びつくのはやめて」と言いたいの。笑) 彼は、こっそり後ろに回り、突然、人の足に飛びついて、甘噛みしたりするので、家族に、とても評判が悪いのです。「カナリアのスピカのカゴを、狙うのもやめて」と言いたい。しかし、何度言い聞かせても、どこ吹く風。私のテレパシー、通じてない。涙)

アカシック・レコードを見てもらったら、私は、プレアデスの中心星、アルキオネ出身のスター・シードで、しかも、膨大なる転生を繰り返した Old Soul らしいのですが。(そんなにも、自分が年寄りとは、知らなかったワ。涙と笑)

以前に書いた、私の止まない耳鳴り、小さく鈴がなるような、お湯がシュンシュン沸いているような、、、それについても、最近読んだ記事では、5次元のプレアデスからの通信、という場合もあるそうで。

I’ve said this before, that we Starseeds in human bodies living on Earth now have other-dimensional stellar Starbeing/ET aspects of our Greater Selves that seeded us so we would be living and working on Earth from within this 3D system to manifest and anchor higher frequency Light “Ascension” Energies here for humanity. We are many of the multidimensional players and cosmic creators, and Starseeds in human bodies typically have seemingly strange ETs/Starbeings/UFO sightings, dream meetings and/or larger Inner Planes gatherings, multidimensional communications and guidance with our Multi-D stellar family and friends from our different Multi-D stellar Homes. Also many of us were triggered during the early stages of our Ascension Process so we could clairaudiently hear these 5D Pleiadian transmissions or Morse Code-like clicking sounds from them to help us down here on Earth.

でも、5次元からのモールス信号であっても、私にはまだ、解読できません。汗)

話はそれましたが、まあ、いずれにせよ、この先、状況が進展していけば、もっと簡単に、銀河連邦からのコンタクトが受けられるようになるそうですから、その時を楽しみに待っていればいいのではないでしょうか。

テレパシーもね、皆さんが使えるようになるのも、時間の問題です。何しろ、アセンションによって、完全意識へと戻るのですから。

コンタクト第1陣からの帰朝報告、楽しみですね~! 早く、いろいろな映像を見せてもらいたいものです。

いろいろと時期が後ろにずれこんだ分、新しい経済システムの始動、大量逮捕、暫定政府の発足、ディスクロージャーと、いったん事が起これば、ほとんど間を置かずに進みそうですね。








この記事をはてなブックマークに追加

ニビル、ではないんですっ

2012-04-13 17:12:58 | 不思議ニュースから


ずっと以前からこのブログを読んでくれている方は、既にご存知だと思いますが、最近また、動画で、「これは、ニビルか?!」と、騒がれているようですので。。わたくし的には、少し古い記事ですが、再掲しますね。

南極で新発見の小惑星は、科学宇宙ステーションですよ!

ついでに、太陽に結合する UFO についても、もう一度、情報を載せておきます。



太陽に結合する黒い巨大球体の正体がわかった―アンドロメダ・バイオスフィア

この記事をはてなブックマークに追加

高度75459フィートで、ETが、北朝鮮ミサイルを撃ち落した

2012-04-13 14:41:25 | ディスクロージャー


やっぱり。。。

この前の記事の最後に、北朝鮮のミサイル分解は、”神の見えざる手”によるものかも、、、と書きましたが。

予想通り、スペース・ファミリーが、撃ち落したようです。理由は、高度に挑発的な軍事行動だから。

気象衛星などではなく、ダミーの核弾頭を、積んでいたそうです。

日本の、PAC3 配備は正しかったとか。ふうむ。。。「大げさだ」と、叩かれていましたが。私も実は、そう思っていたのだけれど。。

しかし、これで、スペース・ファミリーが、戦争勃発につながる行為は、断固として許さないことが、世界中に、はっきりと示されましたね。今頃、北朝鮮では大騒ぎでしょう。こんな、みっともないことになってしまって。しかし、ET 相手では、とても勝ち目はないし。

涙目の戦争屋も、地団太踏んで下さい。泣いても喚いても、どれだけあがいても、中東のみならず、世界の何処でも、もはや戦争は起こせません。あなたたちは、お・わ・り。店じまいして、頭を丸めて下さい。

人類は、戦争というものから、ついに、永久に、解放された、と考えていいかもしれませんね。\(^〇^)/

サイの○○○の中にまだ、頭を突っ込んでいるダチョウさんたちは、こんなに素晴らしい奇跡の世界が一歩ずつ近づいていることに、そろそろ気づいて下さいな。


この記事をはてなブックマークに追加

この先、こんなに楽しいことが待っている!―ファースト・コンタクト・チームより

2012-04-13 09:27:54 | ディスクロージャー


The 2012 Scenario のラジオ番組、「Our Galactic Family」で行われたインタビューを、ご紹介します。

4月2日と、少し前のインタビューです。とても面白い、わくわくする内容なので、ぜひ皆さんにご紹介したいと、ずっと思っていたものの、何しろ長くて。。笑) でも何とか、抜粋ですが、翻訳したので、アップします。

ディスクロージャーの後に何が起こるのか、どのようにスター・ファミリーやシップが我々に紹介されるのか、驚愕のプランが明らかにされます。

これから夏・秋にかけて、すっごくすっごく楽しみですよ~! 少々長いけど、明るい未来で波動が上がるので、最後まで楽しんでね。では、Go !

(注: 翻訳していない前半部分に出てくるのですが、彼の話の中の「バルカン・ウーマン」と呼ばれる女性は、彼のコンタクト・ソースとなっているスター・ファミリーです。)

要約:  今週のゲストは、「金星出身のスター・シード、ヒューマン(Hugh-man)」で、初めての公開インタビューです。彼は、地球人の身体を持ち、プレアデスのファースト・コンタクト・チームの地上要員として働いています。

彼の仕事は、スターファミリーと地球人類の間の橋渡しで、連絡役、教育担当でもあります。ディスクロージャー後に、彼はテレビで、楽しいリアリティ・ショーを受け持つことになっています。その番組では、スター・ファミリーを地球人類に紹介したり、人々をスペース・シップの試乗に案内したり、フリーエネルギーのデバイスのお披露目も行われます。人類にプレゼントされるデバイスには、宇宙のフリーエネルギーを動力源として反重力で動く無輪の乗り物や、自動翻訳機能とホログラフィック映像のついたコミュニケーション・デバイスが含まれるということです。

また、彼は、マザーシップ・ネプチューン号に、地球人類が最近、訪問したことも証言しています。

さらに、3次元から5次元への移行、炭素ベースからクリスタルベースの身体への変化、DNA の完全活性化、若返りについても話します。また、ジーザス(イエス様)にも会ったそうです。

-----------------------


中略

GD:  コンタクト・ミッションのチームから、君が学んだことは、彼らは地球上の出来事をビデオのように記録するテクノロジーを持っているということだよね。それが、闇の奴らの逮捕とどう関係するんだろうか?

H:  上空のシップから、彼らは TV カメラのようなもので、屋根も天井も通り抜けて、地球上のどのビルのどの部屋も、ペンタゴンが誰も盗聴できない最も安全な部屋だと考える場所でも、中の映像と会話を記録できるんだ。実際、彼らは地下の軍事基地の会話も記録している。隠れられる場所はないんだよ。

彼らは、奴ら全員を見ることができる上、奴らと一緒にいるガイドや守護天使たちが、テレパシーで連絡してくれる。地下基地やペンタゴン、製薬会社のオフィスで、自分たちだけの内密の話をしていると思っても、その者たちの守護天使やガイドが、見張っているこちらの者とコミュニケーションを取ってくれるんだよ。

GD:  そして、彼らは、そのすべての記録を残しているんだね?

H:  地球の歴史のアーカイブを持っているよ。地球の本当の、正確な歴史、映像記録だ。ハイデフ(高精細度)の。もうすぐ明らかにされる。

GD:  形は違うようだが、アカシック・レコードと似ているね。

H:  アカシックから来ているよ。でも、僕の役割から言えば、それは、cosmic candid camera(CCC; 宇宙のありのままカメラ)で、上空のシップが提供する、この春から始まる新しい TV 番組、スペース遊園地なんだ。僕がハイキング道で、ドライブの途中で、スーパーマーケットで、出会ったすべての人たちとその時に交わした会話が、シップで記録されている。そして、この春、夏、秋にかけて、CCCに登場するのは誰だと思う? その人たち全員なんだよ。

GD:  ほう。

H:  彼女(ヒューの交信者)は言った。「アメリカ人、地球人がリアリティ・ショー、TV ショーを大好きなのを知ってますから。」「彼らは中毒になってますね。」だから、楽しいことになるよ。CCCで自己紹介をするんだ。TV スタジオは、コミュニケーション・シップのどれかに置かれる。放送が始まれば、僕はそこで働く。

GD:  それで、リスナーに話してほしいんだけど、君は多くの場所を回って、人々との出会いを楽しんできたんだね。何をしてきたの、地球をどのように回ったの? 今、世界で起きていることや、スター・ブラザー・シスターについて、人々とどんな話をしてきたの? それが全部、このリアリティー・TV ショーの素材になるんでしょ。

H:  8月始めから、26州を旅して回ったよ。車と白馬の中間を持ってるんだ。

GD:  バイクのことだね。

H:  ああ。8月から、延べ 37000マイルだ。

GD:  わお。

H:  国立公園、州立公園、滝、ハイキング道。高速の出口から降りると、コンビニ兼用の小さなガソリンスタンドがある。そして、誰かに出会う。テレパシーで誘導されているように、カウンターの店員とかね。80年代半ばから、僕は自分たちのことをジョークで、宇宙候補生と呼んでいる。スター・ソウル、スター・シードを。実際、1年かそこら後に、バルカン・ウーマン(ヒューの交信者)に、僕がある人たちについて、スター・シードかどうか尋ねた時、彼女は、「ええ、ヒュー、彼は宇宙候補生ですよ。」と答えたから。

GD:  君は、彼らのエネルギーとか波動を感じ取って、ぴったりの人に出会うの?

H:  プレアデス人。彼らは、僕には馴染みのないエネルギーを持っているから、だんだん、プレアデス人のエネルギーがわかるようになってきた。

GD:  地球人で、スター・シード、スター・ソウル、君は、すぐに気づくかい?

H:  その声、あるいは、直接会った時には、最初のアイ・コンタクトでわかる。それは、彼らから僕に向かって、虹がかかるようなものだ。だって、すべての知識は自分たちの中にあるのだから。僕が知っていること、僕が気づいていることを、彼らのソウルも知っている。だから、こんな感じだよ。「ハイ、調子はどう? 会えてうれしい。僕も、仲間の一人だよ。また、会うことになるよ。知っての通り、2ヵ月後、6ヵ月後、10年後、あるいは15年後に。」 そして、彼らは、僕が誰だか覚えている。

GD:  なるほど。面白いね。では、君が果たすように頼まれている役割について話そうか。君の説明によると、君は一種の大使であり、スター・ブラザーやシスターは我々の家族なんだね。平和のうちにやって来ている。僕たちを手助けすることを望んでる。そして、この再会を、楽しいお祝いの機会、教育の機会にしたいと思っている。

そして、その一つの手段として、仲介者を使うんだね。君のように、とても素敵な年配の男性で、ユーモアがあって、人間が好きな人物を。そして、君は、今晩のような素晴らしい話をするんだ。そして、そのショー、CCCでは、人々が自宅で座っていると、突然、自分たちが画面に映るんだ。「おい、おい、あれは俺だぜ! あの男と話したよ。」 こんな感じかい?

H:  TV スクリーンは何分割もされていて、自分が見えるし、他のスター・ピープルも見えるし、インタビュアーも見える。シップ内のスタジオにいる。そして、そのスクリーンは、オシュコシュでも何処でも映し出すんだ。スクリーンの半分には、ある家族やカップルが、誰でもいいが、自宅のリビングに座ってCCCを見ている。そして、「あれは、僕たちだ!」って、飛び上がる。

スクリーンは3分割され、彼らと僕が出会った場所、ハイキング道でも、スーパーマーケットでも、何処だろうと映し出される。彼らはその場所を思い出す。さらに、当時の会話さえ、少し聞こえたりする。

そのテクノロジーといったら、本当に驚かされるよ。

GD:  だが、君は明らかに、もっと公的な役割も担うんだろう。その一つは、一般の人たちにもっと銀河ファミリーに慣れ親しんでもらうことで、そのために、君はメディアに出演するんだね。そして、僕が注目しているのは、君は移行(変移)を経験している最中で、これからぐんと若返るということだ。

H:  2,3ヶ月前、僕は、古い、興味を惹かれるソウルたちの集まりに出たんだ。ある朝、ベッドに寝て瞑想していたら、誰が現れたと思う? ヨシュア、ジーザスだよ。しかも、25か27歳くらいに見えるんだ。実際には、彼は、2000歳だよね?

GD:  ああ。

H:  それから20~30分後に、僕はまだそこに寝て、瞑想していた。そうしたら、マインドの目で、僕は自分の顔を見たんだ。それが、クリスタル・ベースの完璧に健康な顔だった。26歳くらいの。実際に、「新しい、改造された身体では」、僕はもっとカッコ良くなっていた。26歳くらいに見えた。

次の週、僕は、彼女に直接、聞いてみた。ヨシュアだと思う人に会った時、僕がテレパシーで聞いたことを。「あなたは誰ですか?」と。そうしたら、「ジーザス、ヨシュアです。」と答えた。わお! それで、彼女にも、「1週間くらい前に、僕の前に現れたのは、ヨシュアだったの?」「そうです。」そして、彼女は、彼と僕は、この人生で一緒に歩き、働く契約を結んでいるという。

GD:  わお。

H:  何故なら、僕のその時の人生、2000年前としか言えないけど、その時、僕が誰で、何をしていたかもわからないけれど、でもその時に、「あなたは生前の約束として、地球上で初めて、ジーザスと共に歩き、働くことを決めていたのです。」と。僕たちは他の星で、一緒に働いていたんだと。わお! で、僕は言った。「あれは、僕の新しい、改造された体なのかい? ビジョンの中で、20~30分後に見たのは?」「ええ、そうですよ。」

そして、僕はメガネをかけているんだが。僕の見たビジョンでは、僕のクリスタル・ベースの完全な健康体では、メガネをかけていなかった。彼女は言ったよ。「あなたは完璧な視力を持つので、メガネをかける必要は無くなるのです。」

GD:  ほう。

H:  「もし、メガネをかけたければ、ファッションの一部として、できますよ。」「僕を知る人はみな、僕がいつもメガネをかけているのを知っている。だから、素通しのメガネを見つけるよ。それをかけていて、しばらくしたら外して、人々に慣れてもらう。メガネが必要だ。それが、Hugh-man に対して、人々が抱くイメージだからね。」

GD:  君は、聞き逃すことのできないことを言っていた。ジーザスと共に働くと。あるリスナーたちにとっては、非常に重大な発表だ。同時に、僕たちにわかったことの一つは、僕らのアセンデッド・マスターたち、高次元から来る存在のことだ。今回は、すべての種の、より大きな宇宙的存在が、本当にここに集合するんだね。地球がアセンドし、振動数を高めれば、地球に住む者たち、僕らは、もっと多くのコミュニケーションを取れるようになるわけだ。今の幻想の中で経験しているような、引き離されている状態は終わるんだね。

H:  半年か1年くらい前に、リストを見たよ。20名くらいのアセンデッド・マスターの名前が載っていた。ジーザス、仏陀、モハメッド、クリシュナ、(チベットの)ジュワルクール、等など。全部は覚えていないが。20~25名のアセンデッド・マスターがジーザスのように戻ってきてくれて、それぞれの文化の人々と一緒に働くんだよ。

ああ、僕は1年か1年半ずっと、人々に言っているんだ。ジーザスに出会ったらわかる、彼は、本当にユーモアがあるんだよと。

GD:  そうだろうね。高次元の存在って、そうなんだよね。

H:  そして、そのビジョンでは、彼は25、26歳に見えたが、本当は2000歳なんだよね! 人々は、僕が60代後半だとは思わないだろう。あと数ヶ月待って、それから僕を見てほしい!

GD:  そこが、僕が話題にしたい点だ。君はメディアに出て、君の経験を語り、連絡役、教育係として働くようになる。そして、ごく短期間の間にたくさんの情報が広まる。でも、その移行の間、君は、新しい人間の形態がどのようなものかを見せることになるんだね。若返る。君は、取り戻した贈り物や、今回転生する前に得た宇宙の知識を皆にシェアする。それを、自ら証明するんだ。

H:  2~3週間、僕は、テレビでインタビューを受けるだろう。主要なネットワークすべて、その多くの地方局でも。最初のインタビューの後、僕はこう言うんだ。「電話がじゃんじゃん、かかってくるだろうか?」「ああ、かかってくるでしょう。でも、応対にはアシスタントをつけますよ。」「電話帳に載っていない電話番号をもらえる?」「ええ、準備しますよ。」

僕は2~4週間、すべてのキー局でインタビューを受ける。人々は、僕を60代後半の人間として見る。ところが、次の日、テレビ番組に出ると、そこには、26歳くらいの人間がいる。僕は言う。「見て下さい。ジーザスが言ったように、僕がしたことは奇跡です。皆さんは、これよりももっとすごいことをやるんですよ。」僕は地球で生まれて、地球の体を持っている。僕にできることは、誰だってできるんだよ。

上昇したい、変化したい、ジャンプしたい、アセンドしたい人間は誰だって、どうやってそれができるのか、すぐに教えてもらえるだろう。誰もが、そのチャンスを持っている。全員が、その機会を利用するだろうか? たぶん、そんなことはない。だが、大多数の人は利用するだろう。中には、様々な理由から、3次元にいるのがとてもハッピーな人たちもいて、彼らは、何処か他の3次元の惑星へ行って、3次元の暮らしを続けるだろう。

GD:  僕らの銀河ファミリーは、僕らにお祝いをしてほしいと思っているんだよね。楽しんでほしいと、いろいろ学び、気づきを深めてほしいと。遊園地について、話してくれる。

H:  スペース遊園地だね。OK。まず第一に、彼らがいったんテレビに出るようになると、ビッグ・D(ビッグ・ディスクロージャー)が起きる。シップが、ビリー・メイヤーが見たようなプレアデスの円盤とか、他の形のシップが、明るい日中に姿を見せる。(治療のための)ヒーリング・シップ、テクノロジー、サイエンス、バケーション、銀河や宇宙を旅するシップたちは、チューブやシリンダー型で細長い。

数週間前、僕が道を走っていると、快晴の空に3秒か4秒、そのうちの一機がデクロークして、僕に姿を見せてくれた。スペース遊園地というのは、3つの町で開催されることになっている。何処かについては言えない。西海岸、北東部、南東部で1ヵ所ずつだ。デビューする1~2週間前に、テレビで紹介されるだろう。その場所や日時については言わないだろう。警察が対応できないほどの大規模な交通渋滞を発生させないためにね。

70~100機の艦隊、輸送シップ、円盤の類がその町に現れて、宇宙的なシンボルとして、空にピースサインを描く。ハートのマークも。

GD: それらのシップで、ということかい?

H:  シップによってだ、空にね。

GD:  OK。

H:  ハートとピースサインだ。小さめの、輸送用シップの1機は白色をしている。それには誰が乗っていると思う? Hugh-man だよ。僕に、その名誉を与えてくれたんだ。その時、何の音楽が流れると思う? 「2001年宇宙の旅」のテーマなんだよ。

GD:  何てこった!

H:  僕はあれを聞くと、涙が出てしまうんだ。何十年もねえ。さて、人々は、降りてきて、降りてきて!と言うだろう。4機か5機のシップが着陸する。人々は中に入り、テクノロジーを調べることができる。そして、スター・ピープル、中には、ファミリーを持つ者もいるから、ママ、パパ、ティーンエージャー、小学生のスター・キッド、彼らが出てきて、人々と交流するんだよ。

彼らは、沢山の小さなテクノロジーをギフトとして、シェアしてくれるだろう。もう少し冒険心に富む人たちは、遊園地のようにシップに乗り込み、数分間、町の上の飛行を楽しむ。行って帰って、遊園地のようだよ。

輸送シップが人々を乗せて、入れ替わり立ち替わり、上がっては、上空飛行し、降りるの繰り返しだ。さらにもっと冒険心に富む人たちは、ヒーリング・シップに上がり、光と音による治療を受けるだろう。

GD:  マザーシップは、本当に巨大な船なんだろうね。

H:  これは違う、違う。マザーシップは、何百マイルもあるんだ。離れた遠くにいるよ。もし、近くに来たら、人々を怖がらせてしまうからね。

GD:  そうか。OK。

H:  テクノロジー・シップやヒーリング・シップは、5マイルから12マイルくらいだ。僕は10月に、高速81号を北東から南東にかけて走っていた。バージニア州には山があり、ペンタゴンが大きな地下基地を持っている。奴らは、この世の終わりの日には、ペンタゴンやワシントンを脱出して地下へ潜るつもりだった。

その道を走っていたら、左手に、雲に隠れて、モンスターのように長いテクノロジー・シップがいたんだ。「どれくらい大きいの?」と、彼女(交信者)に尋ねたら、「そうね、縦12マイル、横1.6マイル、高さは6階です。」だと。

GD:  わお。

H:  彼らは、地下の軍事基地で何が起こっているかを監視していたんだよ。

GD:  雲に偽装できるという、それらのシップの推進システムは何処にあるんだろう? それについては何か知ってるかい?

H:  彼らは、雲の中に隠れる。光波をゆがめ、自分を覆い隠すことができる。彼らは、ある状況では、僕のことだって見えなくさせることができるんだよ。

GD:  どんな風にやるの?

H:  光波を曲げるのさ。

GD:  何故、君を見えなくさせるんだい?

H:  光のレギオンに同調していれば、怖れるものはないからさ。誰かが、僕に危害を加えようとしても、光のレギオンに同調していれば、安全なんだ。僕を、見えなくさせることができるから。南米のある国で7年前、知り合いの娘さんの結婚式があり、終わってから、自分のホステルへ歩いて戻った。10分くらいの距離で、夜10時半か11時ごろ。歩いていくと、向こうの物陰から男が出てきて、道を横切ってこっちへやってきた。同じ速度で歩き続け、交差するところだった。

通りの真ん中で、突然、男は死んだように立ち止まった。その場で凍りついた。僕はそのまま歩き続けた。だって、80年代に、バルカン・ウーマン(交信者)から、僕は、特別に守られているって聞かされていたからね。最近、この話を彼女にした。「あの時、あなたたちは、僕の姿を見えなくさせたの?」「ええ、そうです。」「あの男は、幽霊を見たと思ったに違いない!」「今でもまだ、あの若い男は誓って幽霊を見たと思っていますよ。目の前で、突然に消えたのですから。」

GD:  すごい話だね。

H:  だから、彼らは文字通り、光波を曲げることができる。向こう側からは、見えなくさせることができるんだ。

GD:  それは、潜在的に危険な状況だったの? その時、そうだったの?

H:  いや。いや。

最近、聞いてみた。「こうこうこういう状況で、あなたたちは、僕を見えなくさせるんだね。」「ええ、そうですよ。」
「彼らは、僕の立てる音も聞こえないんだね。」「姿が無いということは、姿が無い。見ることも、聞くこともできません。」

GD:  ふう~。PCDについて、話してくれる。

H:  OK。誰でももらえる最初のギフトは、PCD の支給だ。携帯電話の代わりになるものだよ。パーソナル・コミュニケーション・デバイスのことで、地球上の誰とでもコミュニケートできるようにしてくれる。瞬間的に言語を翻訳してくれるんだ。相手の映像のホログラフィック・イメージも投影されるので、その人を見ることができる。集団で話していても、だ。そうそう、月々の料金支払いも無いよ。

GD:  そうなんだ。

H:  無料のPCD 、月々の支払いも、充電も、新しいバッテリーも必要ない。宇宙からのフリーエネルギーで作動するからね。昨年の秋、このことについて話していたら、彼女は言った。「無料で、そして、会話を監視されることなしにコミュニケートできるというのが、基本的な人間の権利ですから。」

GD:  そのエネルギーの動力源は、安全なのだろうか?

H:  もちろん。実際、その周波数や振動数が脳をフライにしてしまう今の携帯電話の反対だ。PCD はまったくその逆で、人々のスピリットやエネルギーを向上させるんだよ。宇宙から純粋なエネルギーを取り出し、身体の近くに引き寄せてくれるのだから。

GD:  フリーエネルギーの意味するところは、実に大きいね! 輸送に対しては、どのようなインパクトを与えるんだろうか? 地球や人々の暮らしや繁栄に、驚異的なインパクトを与えると思うのだが。

H:  僕のシルバーのSUV は、この春、改造されることになっている。テレビで放映されるだろう。それが、原型になるからね。タイヤを取り去り、ガソリンエンジンも無くなる。反重力により空中浮遊して、宇宙からのフリーエネルギーを取り込むようになるんだ。二度と、ガソリンスタンドに寄る必要はなくなるよ。

GD:  すばらしいことだね。

H:  そして、前に2輪を持つ新しいオートバイ? 僕は1台、白のツアーモデルを持っているんだが。スタートレックに出てくるようなやつだよ。ネクスト・ジェネレーションか、バック・トゥー・ザ・フューチャーかそんなような。誰かがそれを見たら、とても未来的に見えるやつだが。これも反重力、宇宙からのフリーエネルギー動力のものに改造されることになっている。これも、原型になる。

改造が行われるガレージについて、彼らは僕に場所を教えてくれたが、何処かは言えない。エンジニアリング・シップから、スター・エンジニアが道具をそろえて、そのガレージにやってくる。1台の改造に、約1時間だそうだ。

GD:  冗談だろ? わお。

タイヤをつけてガレージに入るが、出てくる時は、反重力でタイヤなしだ。二度と、ガソリンスタンドに寄らなくていい。

GD:  君の車はまだ改造していないのは知ってるが、考え方としてはこうかい? それに乗り込めば、離陸して、どんどん上空へ。。

H:  8月か9月の会話で、彼女は言った。「あなた方の車がスペースシップに早変わり、と考えてほしいのです。」と。どれくらい高く、どれくらい遠くまで? 聞くことが多すぎて、まだ聞いていないよ。

GD:  確かに。

H:  いつも、話すことが多すぎて、時間が足りない。君は家のそばに、宇宙からフリーエネルギーを取り出す箱を持つことになるよ。もう、電気料金を払う必要はない。聞いてみたんだ。「どれくらいの期間で、原油やガスの井戸、石炭採掘孔に蓋がかぶされ、閉鎖されるのか。」と。「終了作業を始めれば、約18ヶ月です。」これが、9月の話だ。タイムライン、世界のリーダーたちは発表することで同意したのに、態度をあいまいにしたまま、まだ発表していないから、去年の8月から今年の12月21日までのタイムラインのうち、もう3分の1を失ってしまった。だから、事は急速に起こるだろう。

GD:  君は、世界の政府によるディスクロージャー、それがまだ発表されていない、そのことを話しているんだね。

H:  そうそう。

GD:  そして、もっと大きなシフト、主要なシフトを促進させなければならない、もっと大きなタイムラインがあるんだね?

H:  ああ。ちょうど数週間前に話した。彼女とは5~7日置きに話しているんだが、それをニューズウィーク周期と呼んでいるんだが、ディスクロージャー、そして、噂になってる逮捕、新しい通貨、金融、税金、銀行規制は実施されるよ。逮捕に伴い、新しい、移行期のケアテイカーによる暫定政府が発足する。テレビで、スター・ピープルが紹介される。彼女は言った。「それは、人々の目から、目隠しが取り払われるようなもの。ある人たちにとっては、とても興奮すると同時に厳しいものになるでしょう。」と。

GD:  確かに。僕らは、大きなパラダイム・シフトについて話している。これらの情報に接してこなかった人たちにとっては、相当な目覚ましになるだろうね。

H:  逮捕が起こる時には、すべての主要なTV メディアのトップも逮捕される。それにより、ニュース担当者やリポーターは、真実について語れるようになる。検閲を受けなくてすむようになるからね。

GD:  何が起きているかわからないリスナーのために、ポイントをまとめてもいいかい? 政府や企業、特に世界中の金融機関、メディアの中には、人々の利益のために働いているのではない者たちがいた。だから、僕らは、地球全体にわたる大きな体制変化について話している。

H:  そう。とても大きな、主要な変化だ。

GD:  さて、前に話してくれた、とても重要なこと。科学的に確認されていることとして、平均して人間は脳の約10%を使っている、12本のDNA を持っているが、2本しか活性化されていない、残りはゴミである。これについては、どう言う?

H:  医学者たちは、MRI やCAT スキャンにより、平均的な人間は脳の10%を使っていると知っている。黄~赤は活性で、緑~青は不活性だからだ。僕は25年くらい前からこう言っているんだ。「たったの10%しか必要ないのなら、何故、神はもっと小さな脳を作らなかったのか。残りの90%にも目的があるだろう!」

そして最近、彼らは人間の DNA をマップして、3%は意味を持ち、残りの97%はゴミだと言った。神への侮辱になるが、何故、神はそんな余分なものを作って、時間を無駄にしたんだろう? 僕に言われたことは、イルミナティ支配下のトップ科学者は、残りの97%の目的も知っているが、口が利けないふり、知らないふりをしているのだそうだ。DNA の残り97%は、完璧に健康で若い身体のための設計図を保持しているんだよ。もし、人々がそれを知ってしまったら、それを理解してしまったら、こう言うだろう。「5次元の、完全に健康で、若くて、エネルギーに満ちた、病気知らずの身体を与えてくれるという97%の DNA、それをどうやったら活性化できるのか?」と。

そして、その秘密は、すぐに明かされるだろう。

GD:  だから、地球や人々を支配したい奴らが、そのことを意図的に隠してきたんだね。

H:  そうだ。

GD:  社会を抑圧するために。人々が、その完全なる能力にアクセスできないように、制限されたままでいるように、それは計画されてきたんだ。

H:  アトランティスが崩壊した時点に戻ると、最後のころ、人々はそれを誤用していた。そして、アヌンナキとその手下ども、近代ではイルミナティと呼んでいるが、奴らが人々を支配することを望み、人々のその能力を完全に閉ざしてしまったんだ。

旧約聖書には、紀元前に、600年も800年も生きた人々の記載がある。だから、これらのことは、我々の星からの兄弟姉妹がテレビに出演した時に、アセンデッド・マスターたちが現れた時に明らかになる。人々は、テレビやコンピューターに張り付いてしまうだろうね。

去年、僕は人々に言ったんだ。イベントが始まったら、自分の帽子をしっかり押さえておくようにと。

GD:  ああ。

H:  何故なら、僕らは、去年の8月、9月に与えられたタイムラインから6ヶ月も遅れているんだ。人々に言っている。帽子を押さえるだけでなく、靴ひもも二重に結べと! あなたたちは移行しようとしているのだと。これはすごく面白い、興奮する出来事なんだと。

スターピープルがテレビに出て話すのを見聞きすれば、彼らは愛であふれてる。愛を放射しているよ。そして、彼らは言うだろう。これは、人々対政府という関係ではなく、人々対人々の関係なのですと。彼らは、一般市民に力を取り戻してもらいたいと願っているんだ。

GD:  ああ。彼らは、僕らを救いたいのではなくて、力になりたいんだね。

ちょっと想像してみて。こんな場面だけでも: 人々が完全に健康ならば、儲け機関の病院に通う必要も、薬という毒を摂取する必要も、健康保険も必要ない。ああ、それを聞くと、こう言う人がいるだろう。「私は、それらの産業に関係しているので、失業してしまう。」と。まもなく始まる豊穣化プログラムでは、男も、女も、子供も、誰も、二度と貧しくなることはない。真夏までには、飢餓は、この惑星から消える。

その産業が閉鎖されるため、失業する人々に対して、スター・ピープルは、水や空気や大地を浄化する機器をシェアしてくれる。そして、反重力、フリーエネルギーを動力とする乗り物の登場から2,3週間後、最初にこのテクノロジーによって変わるのは、公共交通機関だ、バスとか地下鉄とか。

それから、地球全域のコミュニティで、空いた工場で、モールで、何処ででも、新しい建物も建つだろうし、それらの場所で、彼らは、人々の車を改造するためのテクノロジーを供与してくれる。つまり、たくさんの仕事が創出されるんだ。

GD:  もちろん、豊穣化プログラムによっても、人々は、もっと多くの自由を得るしね。

H:  その通り。

GD:  全体の概念としては、地球の解放、人類の解放だね。もっと進化した社会へ、僕たちを導いてくれる。この苦闘モードを脱して、自由と、自分にとって興味あることを追求するチャンス、スピリチュアルな追求をするチャンスが得られるんだ。本当に興奮するような時代だね。君にとって、個人的に最も興奮することは何だい?

H:  スペース遊園地だね。50州ばかりか、何度も何度も想像できないほどの回数で、海外の多くの国へ旅行することができるんだ。昨年、6ヶ月前だったか、この僕の役割に気づいた時、元々、知っていたような気がした。ユニバーサル・マインドとか、ユニバーサル意識とか、そういうものから、単にダウンロードしただけのような。

実際、会話をしていても、単に、テレパシーで伝えられたこと、あるいは「根源」からダウンロードしたことを確認しているだけなんだ。

僕が確認したのは、僕がテレビに出演するということ。その少し前には、ネプチューンを訪ねて、それから、コミュニケーション・シップに行って減量するつもりだ。

そうだ、僕は、彼女に確認したんだよ。「誰か、ネプチューンに行ったんですか?」「12名が訪れましたよ。」

GD:  君は、惑星ではなくて、あのネプチューン号について、話しているのかい?

H:  そう。あのマザーシップ、ネプチューン号だよ。はっきりさせてくれてありがとう。彼女は、12名の人間がそのシップを訪れたと言ったんだ。だが、全艦隊が厳戒態勢に入る状況になったので、最近は、誰も行っていないそうだ。

GD:  ディスクロージャーに向けての厳戒態勢かい?

H:  そう。厳戒態勢だよ。

GD:  すごいことが起きているんだね。本当に興奮する時だね。

H:  話せないことがたくさんある。ディスクロージャーが発表されるまでは待たないと。

GD:  このインタビューは楽しかった。時間を取ってくれてありがとう。君のくれた情報すべてに感謝するよ。興奮する時だね。物事は確実に積み上がっている。君が言ったように、帽子をしっかり押さえて、靴ひもを結んで。

H:  靴ひもは、二重に結んでね。

GD:  二重にね。

H:  本当に、僕は日々、椅子からずり落ちそうだ。その日は、近づいているんだよ。

GD:  そうだね。

H:  1日過ぎるたびに、3次元のこの混乱の日々が、1日ずつ減っていくんだ。

GD:  本当に楽しかった。ゲストは、ヒュー。Hugh-man でした。今日は、来てくれて有難う。

H:  出させてもらえて楽しかったし。これができることを、誇りに思っている。


この記事をはてなブックマークに追加

ディスクロージャーはインドから?

2012-04-10 13:02:46 | ディスクロージャー


India to announce UFO Disclosure soon

インド政府が、ディスクロージャーに踏み切るかも、と観測されています。

ずっと以前から、核保有国には、スペース・ファミリーが、「Universal Law」を教えに、お説教に行っているのですが。

インドでも、ヒマラヤで、毎日のようにUFO が目撃されており、最近は、大きなニュースになっているとか。

政府は、だんだん隠し通せなくなってきて、困っているそうです。インドは民主主義の国、かつ、ゆるい(笑)ので、長くは秘密を保てないお国柄らしく。

政府としては、国際的な約束として、隠し通したいものの、他の情報源から、UFO の存在が証明されたりすると、国内は大騒ぎ、政権転覆にもつながるため、悶々としています。

外務大臣が、「核保有国である必要はないのにな、、、」とも、こぼしているそうです。その本音は、「核を保有していても、ET によって無力化されてしまうので、もはや何の役にも立たない。それくらいならば、核を無くしてしまった方が、UFO や ET、ディスクロージャーする・しないで、悩まずにすむ」から。

ディスクロージャーは別にしても、もし、「核はやめろと、ET が言いにきてうるさいし、国民の目にも留まるので、核はもうやめよう」ということになれば、スペース・ファミリーは、目的を達したわけですよね。笑)

この記事をはてなブックマークに追加

これが、米国の大量逮捕の詳細プランだ―その1

2012-04-09 10:41:53 | ディスクロージャー


米国内の大量逮捕を予告するペンタゴンのインサイダー、Drake 氏と、David Wilcock の 3/28 対談記事を読み終わりました。

これはまさに、銀河連邦、特に、シェルダン・ナイドル・チャネリングで告げられてきた、大量逮捕、豊饒化ファンド、暫定政府、フリーエネルギー解放の話を、地球同盟者側から語ったものですね!

3時間にわたる対談なので、簡単に、要点だけまとめますと、

------------------------------

まず、この逮捕に至るこれまでの準備段階として、次の2点を、特記しなければなりません。

1.大量逮捕のための、長年にわたる証拠集め

今回の大量逮捕は、1、2年の準備ではありません。既に、キューバ危機、ケネディ暗殺の頃から、ペンタゴン内部に、イルミナティによる米国政府乗っ取りの危険を認識するグループが存在していたようです。ケネディ暗殺で、はっきりと敵が誰か、認識したようですね。そして、キューバ危機でも、その後の東西冷戦でも、偽旗作戦(敵による攻撃を自作自演して、一気に戦争状態へ持っていこうとするもの)が画策され、それを何とかペンタゴン内部で阻止してきたようです。危なかったのは、ニクソンのウォーターゲート事件の時だとか。追い詰められたニクソンは、軍に「クーデターを起こして、ホワイトハウスを囲め」と指示を出したそうです。それにより、戒厳令で対抗して、窮地を逃れ、権威を回復するつもりだったとか。同時に、副大統領を暗殺させ、それを全部、テロリストの仕業とし、緊急事態ということで、憲法停止、合衆国を警察国家へ変えてしまおうという陰謀。しかし、軍が、その指示に反応しなかったため、幻で終わったとか。イルミナティにとって、合衆国憲法というのは、邪魔でしょうがない。それを戒厳令で停止できる機会を、何とか作ろうとしてきたようです。

そして、それに対して、危機感を募らせる真の愛国者の集団が、ペンタゴン内に多数いたようです。「軍産複合体」と一言でいっても、決して、軍の全員があちら側ではないのです。奴らに知られると、自分も家族も命が危ないので、固く秘密を守り合っているだけで、何とかイルミナティを排除しようと、「The Plan 」というものが、何十年にわたり、練られてきたようです。そして、排除対象者を逮捕するための証拠集めを、緻密に行ってきていて、その膨大な書類が、今回ようやく生かされる、というわけです。

ですから、これから起こる大量逮捕は、決して、クーデターのような、法を超越したものではなく、すべて、法にのっとった、合法的なプロセスで行われるのです。

2.各州は既に、(会社)政府から独立している

もう一点、Drake 氏から驚くべき情報がありました。米国内の各州の政府は、既に、米国(会社)政府からは、独立しているのだとか。米国の法律の起源をよくよく調べると、各人が「主権を主張できる」抜け穴があり、ペンシルバニア州を筆頭に、各州が、ハーグの国際司法裁判所に、「主権を主張する申し立て」を行ったそうです。その申し立ては行うだけで認められるもので、その旨を、正式に告示すればよいのだとか。

そして、主権を回復した州は、市民からの許可を軍に与え、軍は連邦執行官に命令し、連邦執行官は地元の警察等の法執行部署を動かす、と。(米国の司法制度に詳しくないので、あやふやですみません。)こういう順番で、今回の大量逮捕の指令が出されることになります。つまり、州が主権を回復したことにより、軍を味方につけて、すべて既存の合法的な制度内で、大量逮捕を行うことが可能になったんですね。

------------------

ですから、大事なことは、今回の大量逮捕は、何十年もかけて綿密に、極秘にペンタゴン内で(および銀河連邦を筆頭とする天からの介入プランにのっとって)準備された計画で、

・  クーデターではない
・  軍事行動ではない
・  戒厳令は出されない
・  正式の逮捕状がある
・  既存の制度内で、警察等により、すべて合法的に行われる
・  逮捕者が大量なので、FEMA 収容所が使われる
・  市民は、普通に日常生活を営んでいればよい


ということなのです。軍の役割は、第1には、あくまでも、地元の法執行者を補助するということです。何しろ、しょっぴかなければならないのが大人数ですから。そして、第2には、不測の事態に備えるということ。例えば、抵抗する者たちが、発電所の爆破を計画したり、道路に地雷を敷いたりとか、市民を危険に巻き込むような事態を起こすかもしれない。それに対応するために、配置についていなければならないわけです。そして、第3としては、国境を守ること。これは、逮捕予定者の逃亡を防ぐためです。

彼らは繰り返し、市民は、軍の移動を見たりしても、平静心で通常の生活を続けるようにと、言っています。いわば、この事態には、米国の一般市民は関係ないのです。日常生活の中で、近隣で、逮捕を見聞きする、ただ、その人数が、とんでもなく!多い、というだけなのです。

続きは、次の記事で。



この記事をはてなブックマークに追加

放射能を、9分で中和できる可能性がある

2012-04-05 16:58:25 | 不思議ニュースから


Bearden: How to Neutralize Nuclear Waste in 9.1 minutes (9.1分で、放射性廃棄物を中和する方法)

METHOD, SYSTEM AND APPARATUS FOR CONDITIONING ELECTROMAGNETIC POTENTIALS, FIELDS, AND WAVES TO TREAT AND ALTER MATTER

闇の奴らのせいで、抑圧されてきたテクノロジーの一つに、放射能を中和できる可能性が、とっくに見出されていたようです。

私は専門でないのでよく分かりませんが、スカラー電磁波を用いて、原子核内のクウォークをはじき飛ばすことにより、別の元素に変えたり、半減期を短くする、といったことができるとか。

これまでは研究費がつかなかったため、ストップしていたようですが、今後、このような技術がどんどん発展すれば、福島の人たちは、予想されているよりも、もっとずっと早く、故郷で元通りの暮らしができるようになるかもしれませんね。

この記事をはてなブックマークに追加

コンタクトに備えよう / よくわからないあなたのために:A Spaceman Came Travelling

2012-04-01 10:18:57 | ディスクロージャー


What do you think will happen when/if aliens make contact and how do you think we could prepare for it?
Posted on February 13, 2012


スペース・ファミリーのコンタクトに備えて、あなたはどのように準備していますか?

私たちは、ハートに愛をあふれさせて、待っていることができます。
今このときにも、地球の都市の上には、沢山の宇宙船が待機していて、彼らが平和な存在であることを知らせています。
私たち地球人のほとんどが愛にみちた存在であるとわかれば、彼らはそろって降りてきます。
私たちは、私たちそっくりの外見をした人々と出会うでしょう。
そして、彼らはうちとけて、自分たちが、地球人類の進化の過程を常に見守ってきたことを話してくれるでしょう。

彼らは、私たちの本当の歴史と、他の世界に住む住人たちについても教えてくれるでしょう。
ようやく人類が、子供から大人に変わるときが来たのです。
私たちは、銀河系の他の文明に合流しなければなりません。そして、愛と平和と調和の中でなかよく暮らすのです。

おおぜいの地球人が、彼らと共に旅に出る機会を持つでしょう。生命を生み出し、スピリチュアリティをさらに発展させる旅へ。
私たちがハートに愛を宿すとき、進化が始まるのです。
恐怖は、私たちを前へ進ませてはくれません。
みずがめ座の黄金時代は、私たちがもう一度、光の導き手に戻るときです。
思い出しましょう、私たちが本当は何者なのか、どこから来たのか、私たちの使命は何なのか、どうすればハートの中心で生きられるのかを。


毎晩、夜空にスペース・シップが見えているのに気付いていますか? 

赤い色等の少し暗い光で、不規則に点滅したり、移動したりしています。飛行機のように、等間隔の点滅で一直線に進むものとは違います。

息子は視力が2.0なので、「あ、今日のは円盤型だ」とか「ブロックを積んだみたいな形をしているよ」と、細かい形まで見分けて教えてくれます。

UFO やコンタクトのことがよくわからない、あなたに聴いてほしい歌です。




A Spaceman Came Travelling - Chris de Burgh

スペースマン・ケイム・トラベリング  クリス・デ・バー (1976)

遠い星から、スペースマンは旅をしてきた
任務について何光年
とある村の上で、宇宙船は停止した
空の星のように

灯りをたどり、小さな家にやってきた
母と子のいるベッド
彼は天使の顔を持ち、銀の後光が射していた
母と子は怖れた

見知らぬ者は言った
「怖がらないで。私は遠い星からやってきた。人々へのメッセージを携えて」
突然、聞いたこともないほど甘美な調べが空を満たした

ララララ...
すべての人に平和と善を、子供に愛を

美しい音楽は大地を震わせて伝わり、それを聞いて、多くの者が目覚めた
道をたどる旅人たちは、その村を見つけた
あたり一面を照し出す、空の船の光によって

夜明け前の薄明かりの空
見知らぬ者は戻って、言った
「もう、私は行かねばならない。2000年のあなたの時が過ぎる時、この歌は再び始まるだろう。赤子の叫びに応えて」

ララララ....
全ての人に平和と善を、子供に愛を

歌は再び始まるだろう。赤子の叫びに応えて

全世界が待っていた
この歌を、もう一度聞く日を待っていた

この世界で瀬戸際に追いやられている多くの人がいる

星は移動し、その時が近づいた
歌は再び始まるだろう、赤子の叫びに応えて


スペース・ファミリーの情報に初めて接する人は、下記の本を読まれることをお勧めします。


フィクションの形は取っていますが、実際には、コンタクティーの実話と考えられます。

スペース・ファミリーとのコンタクトは、本当にこのようなものですし、主人公が経験する宇宙も、真実の姿に近いと思います。ファースト・コンタクトが意味することを知る一番の早道です。

子供が読んでも、大人が読んでも、とても心温まる内容なので、この3冊はぜひぜひ、お読みになって下さい。

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
クリエーター情報なし
徳間書店


もどってきたアミ―小さな宇宙人 (徳間文庫)
クリエーター情報なし
徳間書店


アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)
クリエーター情報なし
徳間書店


銀河連邦からのメッセージ 2/10/12


Message from the Galactic Federation of Light 2/10/12
Channeled through Greg Giles, Ascension Earth 2012, Feb. 10, 2012


このメッセージが本物だと受け取めてもらえることを願っています。闇の勢力のリーダーの逮捕を皮切りに、変化が次々と長期にわたって続くでしょう。その変化は非常に広範囲で、あなた方の生活を多くの面で変えてしまいす。この言葉を読んでいる人々の中にはまだ、疑っている人、真実だと信じていない人がいますね。

あなた方に申し上げます。直感に従って下さい。このように大変な時期には、直感の方がより良い導き手となるのです。多くの人が今、証拠を求めています。しかし、確固たる証拠であっても、あなた方が受け取ろうとしないのです。各人は、それぞれ必要としている証拠の量が違います。テーマによっても、また、その人がどの程度まで情報に既に馴染んでいるかによっても、それは異なります。ですから、銀の皿で差し出された証拠をどのようにあなたが受け取るか、それは選択の問題なのです。

今は、水漏れを防ごうと、堤防のたくさんの穴に指が突っ込まれている状態です。しかし、我々が着陸を許されなければ、そしてあなた方と共に多くのプロジェクトを開始できなければ、堤防はすぐにも決壊してしまいます。我々に、機会を与えて下さい。そうすれば、頑固な反対者や疑い深い人、懐疑論者、我々の言葉を信じるなんて余りにも恐ろしいと感じている人々に、我々が平和と愛のうちにやってきたこと、あなた方の進化の上で極めて重要なこの時期に、あなた方を手助けするべく旅をしてきたことを、証明することができます。

我々は、あなた方に逮捕をお約束しました。それを実行します。作戦の次の段階になっています。あなたがこのメッセージを読んでいる間にも、我々の同盟者たちがそのための最終配置についています。我々はあなた方のメディアの何社かと、このイベントに関する報道協定を結びました。全世界がこの報道を見ることができるでしょう。この話に、あなたが興奮しているのがわかります。今日、我々はこう言いましょう、明日は期待を裏切りませんよ、と。しかしまた、これらの逮捕劇は単なる始まりです。人類の進歩を阻んできたこれらの者たちが排除されれば、あなた方が経験する大きな変化へのスタートが切られるのです。奴らのうちのある者は、政府内にいる、選挙で選ばれた政治家ではありません。あなた方の世界には、多くの人が知らないパワーブローカーが存在してきました。奴らは、大衆の支配というアジェンダにおいて、不可欠の役割を果たしてきています。

皆さんは時間をかけて、これらの闇の勢力のメンバーとアジェンダを同胞に知らせる努力をしてきました。さらに、お願いします。この逮捕の情報を広めて、人々が、奴らの逮捕とそのもたらす大きな影響をもっと深く理解できるように助けてあげて下さい。皆さんの多くは、奴らの大掛かりな陰謀に精通すべく、多くの時間とエネルギーを割いてきており、我々は、その点を称賛します。皆さん全員がそれぞれ独自の才能と他の人にシェアできる贈り物を持っており、それらの知識が、たくさんの人の利益となるのです。

これらの陰謀者たちは、多くの名前と組織で知られています。我々光の銀河連邦は、彼らを単純にCabal 、闇の勢力と呼ぶのを好んでいますが、あなた方には、馴染みのある名前を使っていただいてかまいません。New World Order でも、イルミナティでも。今、何が起こっているのか、自分たちにとってどういう意味があるのか、それを理解する人が増えれば増えるほど、この大イベントのもたらすインパクトも大きくなります。我々は、奴らの逮捕劇を、地球規模での変容が起こる新しい時代への分岐点となるイベントにしたいのです。そのために今、この逮捕劇とその意味するところを、なるべく遠く広く広めて下さるようにお願いしています。

まもなく、逮捕が始まります。今から、その驚くべき物語の放映が始まるまでの間に時間を取って、テーブルをセットして下さい。そうすれば、奴らが拘束される姿がテレビの画面に映った瞬間に、あなた方の間に沸き起こるポジティブなエネルギーを、変化への強力な触媒とすることができます。我々は、この機会を最大限に利用したいと願っています。全世界にポジティブなエネルギーを作り出す、この絶好の機会を無駄にしたくないのです。そして、このエネルギーの高まりと高い波動をすべて余すことなく利用して、我々の次なる作戦、オープン・ファースト・コンタクトへと迅速に移りたいのです。我々は、この機会を逃せません。それを確信していただけますね。ですから、油断なく注意して、いくつかの異なるニュースソースに目を光らせていて下さい。我々は、どのメディアと協定を結んだかを、闇の勢力に知られたくないのです。とはいえ、この逮捕劇を見過ごすことは難しいでしょうね。

我々は今日、Awakening、覚醒が、大変な力とスピードを得て、世界的な流れとなったのを見ました。そのため、我々のモニタリング部では、近日中に膨大な数の人類が目覚めるだろうと予測しています。これは、大変な吉報です。何故なら、いまだに、現在届いている新しいエネルギーに目覚めていない人々が多く残っている現状では、その点が、力を集中しなければならない核心の領域だからです。しかし、我々は、それも急速に変わるだろうと見ています。多くのLightworker の皆さんに、どのような知識の分野であれ、あなたの高次元の知恵を広める努力を続けてくれるようにお願いします。

頑固な反対者や懐疑論者に、あなたが前もって決めている任務を妨害されないようにして下さい。馬鹿にされてもへこたれない、そのあなたの能力を深く信頼している者たちがいるからこそ、あなたはこのミッションに選ばれたのです。過去にも確信をもってお伝えしましたが、今日も断言したいと思います。あなた方は、馬鹿だとか狂人だとか思われたままで、終わることはありません。それどころかやがて、新しい流れを作る人、先見者として崇められることになるでしょう。今日、あなた方に浴びせられている罵声は、その者たちが拒んでいた間にあなたが獲得した叡智、それを求める懇願へと変わることでしょう。

それがあなた方の将来です。そして、その時期は遠からずやって来ます。ですから、今は逆境にめげずに前進して下さい。あなた方はほとんどもう、トンネルの終わりの光に到達しているのですから。あなた方のミッションのこの段階はまもなく終了します。この暗い廊下の隅々まで光を輝かせようというあなた方の大変な努力を、我々は心から称賛しています。


通常の生番組の途中で、’生活を一変する’ニュース速報が流れます! (3/2/12)

これまでの人生で、あなたはずっとグッド・ニュースを待ちわびてきました。その日がついにやって来ました。ごく間近に、あなたは世界中で、これまで世界の政治・経済のリーダーと目されてきた多くの男女がいっせいに逮捕されるのを目撃します。これらの逮捕は合衆国政府内にまで及び、金融・銀行業界の多数のメンバーを含みます。その名前の多くは、聞けばすぐにわかるでしょうし、すぐにはわからなくても、全員が人々に対する重大な犯罪に積極的に加担し、私たちが一生懸命に稼いだお金を略奪するために、国家を破産させてきた者たちです。

奴らの逮捕は、これまでにはあり得なかったこと、地球を変えることです。人類はついに、通称、闇の勢力と呼ばれるこれらのパワーブローカーによる暴虐非道な支配から逃れることができるのです。私たちの多くにとっては、奴らの逮捕は別に驚くことではありませんね。私たちは、この世界は何かが非常にまちがっていると、深いところで認識してきました。ごく一握りの人間が、人々の労働からくすね取ったお金で、何百万ドル、何十億ドルどころか、何兆ドルもの財を成す一方で、非常に多くの人が飢えたまま眠りについています。地球上にはいつだって十分に行き渡る富があったのに、それをごく一部の男女がすべて実質的に自分たちだけで山分けし、残りのわずかなパン屑をめぐって、残りの人間が争うように仕向けてきたのです。奴らが逮捕されて、これからはそれが変わってゆきます。

きわめて高潔な男女の新しいリーダーシップのもとに、多くの新規のプロジェクトがただちに開始されます。彼らは、私たちの世界を、かつてそうであったように、憲法を基盤にした、真に民主的なプロセスによって統治されるユートピアに戻すという責任を引き受けています。その活動に献身する男女が、合衆国政府内に、ペンタゴンに、軍部に、金融セクターに、民間ビジネスセクターに多数存在しています。彼らは、この努力に人生をかけてきた人々で、極秘のうちに何年も心血を注いで作り上げてきた新しい豊饒化システムを、人類に提示することを切望しています。その手続きの一環として、闇の勢力が人々から盗んできた莫大な額の資産が再分配されます。そのプログラムは、地球上のすべての男女子供に多大な恩恵をもたらし、誰一人として見過ごされることも、忘れられることもありません。

しかし、まだ続きます。犯罪者集団の多数が逮捕された後、作戦の第2段階が始まります。今日、私たちの世界には、古い家族とのオープンな再会を求める多くのスピリチュアルに進化した存在が訪れています。この世界においては、犯罪者集団が主要な軍隊を掌握し、高度に進化した兵器システムを保持してきました。その奴らの武装解除に協力してくれたのが、これらのスピリチュアルに進化した男女なのです。

人類の進化した祖先である彼らは、私たちと同じ外見をしていますが、私たちが出会うことになる他の存在の中には、異なる外見をした者たちもいます。全員、アセンド/次元上昇したスピリチュアルな存在で、ここには単に、私たちが自分の内奥で達成しなければならないと感じている変化、それを手助けするためにのみ来ています。これらの存在こそが、この世界の元々の立案者であり、エジプトのピラミッドのような多くの考古学上の大いなるミステリーを建設した、その同じ先進文明なのです。彼らは全くもって、私たちにとって未知の存在ではありません。何故なら、私たちも彼らの祖先なのですから。全員が。

ここ地球では、非常に重要な社会実験が長年にわたって実施され、私たちはその構成要素の一部でした。私たちは、一見したところ、ここに孤独に取り残され、自分たちの力で何とか切り抜けてこなければなりませんでした。この実験は今、終わりを告げ、大成功を収めました。私たちは今や、星々から来た兄弟姉妹との再会を果たし、大銀河系コミュニティへ喜んで迎えられようとしています。

大銀河系コミュニティには多くの名前で知られる多くの世界が存在しますが、現時点では彼らを、平和的な同盟:光の銀河連邦の名前で呼んでおくのが簡単でしょう。他にもここには、アシュタル・コマンドを含めて、スピリチュアルに進化した組織体が訪れています。

闇の勢力の逮捕およびスター・ファミリーとの再会が果たされれば、私たちの世界のすべての問題は、純粋な真心からの意図をもつソウルたちのリーダーシップを通じて、新しい黄金時代の社会へと迅速にスムーズに引き継がれます。全世界のコミュニティの努力により、すべての戦争、飢餓、貧困、病気、汚染、それに、日々の奴隷のような生活も、すぐに過去のものとなるでしょう。進化したテクノロジーが、生活のために働く必要性に取って代わり、全員が、これまで温めていた独創的な夢、そのすべてを自由に追求できるようになるでしょう。

これらのことすべてが、多数の犯罪者たちの緊急逮捕から始まります。奴らの逮捕が社会に与える意味、それを理解した地球市民の人数が適切な数に到達すれば、そのイベントはすぐに実現します。それこそが、あなたが今日、このメッセージを読んでいる理由です。あなた方人類家族の多くの人々が、このニュースをあなた方に伝えるべく、ベストを尽くしています。彼らは、自分たちの文明を、世界中のすべての人に平和と自由と繁栄をもたらす新しい黄金時代へと先導する活動に参加しているのです。

どうぞ、あなたも、このメッセージを、フェイスブックや他の SNS で広める活動に参加して下さい。あなた自身が本物の変化を作り出し、同胞たちの導き手となるチャンスです。このニュースを広める上で自らの役割を果たせば、私たちは、世界中で、トップの座にいる者たちの逮捕が始まるのを目にすることができます。それこそが、あなたが今、読み終えたすべてが真実であることを証明するサインになるでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加