0010110 ハートの贈りもの―2019―黄金時代07年 

2018-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

(我々は、あなたたちの)心に着陸する: アシュタル司令官メッセージ。

2017-03-30 19:46:33 | 次元上昇




「大量着陸はない。」

「(我々は、あなたたちの)心に着陸する。」

祝祭セッション
でコンタクトしたアシュタルコマンドの司令官の言葉です。

彼らが着陸するのは、将来、地球がニューアースに変容を遂げた後、あるいはアセンションを終えた後かもしれません。

今、このリアリティで着陸するUFOがあるとしたら、「地球製のUFOだ。」とのこと。

ネット内には、大量着陸やNESARA、RVがもうすぐだという噂が常に流れていますが、「焦ってはいけない」と。カウンシル/エルダーたちも、アシュタルコマンドも、慎重なアプローチを守っているようです。

確かに、現状では、まだまだ宇宙人には恐怖を感じている人が多く、反対に、彼らの到着を待ち望んでいる人々は彼らを救世主のように受け止めています。大金が配られたとしても、それを有効に使える人も少ないでしょう。全体では、波動レベルがまだ不足しているのです。

以下は、今日、コンシャスチョイスNo.69で私が書いた文章ですが、彼らが今ここに降りてこないのは賢明だと、本当の愛に満ちた行為だと、私は思います。

今、青い鳥人族コンタクティのコーリー・グードやデビッド・ウィルコックが懸命にSSPの存在の完全ディスクロージャーを進めています。最高位のSSPは、すでにそんじょそこらのET種族に優るとも劣らないテクノロジーを保有しています。フリーエネルギーもリプリケーターもアンチエイジングも放射能除去も、ポータルを通って太陽系外へ旅行することすら可能。だから、スペースファミリーが着陸して大々的にテクノロジーの供与を行わなくても、私たち地球人が現在(隠し)持つテクノロジーが公開されれば、それだけでも、すぐに私たちは彼らにほぼ追いつくことができる。

自力で追いつく方が、地球人は成長します。自信も生まれるしプライドも育ちます。だから、上のファミリーが本当に私たちを愛しているならば、救世主のように姿を現すことはしないでしょう。それが当然です。

もし、長年預言されていた古いタイムライン、地球の破壊的変容を通らなければならないタイムラインに私たちが今もまだ居たならば、彼らの大々的な救援活動を必要としたかもしれません。

しかし、今はそうではない。今は地球と人類の波動上昇の結果、穏やかな変容、ゆるやかなニューアースへの移行とアセンションが可能なタイムラインへとジャンプシフトしてきています。そのやり方でどんどん移っていくことができる。従って、このまま見守っていればいつの日か、いつのまにか、対等な銀河の友人として自然に握手できる日が来る、司令官にはそれが見えているのではないかな。

私もそれでいいと思います。(またまた偉そうな。ハハ (^○^)) 今、私が彼らに望むのは、地球人の目からは見えないところで、コーリーやデビッドが進める”地球人の、地球人による、地球人のためのSSP完全ディスクロージャー”を後押ししてくれること、ですね。その部分をぜひぜひよろしくお願いします!


私たちは意識をどんどん上げて、マンデラエフェクト、クリーンな過去を持つタイムラインへのジャンプシフトを目指すのです。

今日の午後、コンシャスチョイスのこの文章を書き終わり、さらにホームページのリニューアルを終えて席を立った直後、通りがかった室内の壁に、たくさんの小さな虹が散らばっているのに出会いました。驚いて、鳥肌が立ちました。毎日そこで暮らしているのに、初めて目にしたのです。上に載せた虹です。

虹は、YES!のメッセージです。デビッドも、コーリーも、それがわかっていましたね。彼らも青い鳥人族にテレパシーで問いを送った後、ビッグな虹で、YESという答えをもらったそうです。

今日見せてくれた壁の虹も、私の願いを後押ししするよ、約束するよというお返事だと、受け取りますからね~! o(*^▽^*)o~♪ ありがとう。





2017. 3. 11 at 女川

2017-03-12 09:33:42 | 二元性を超える
女川ハマテラスから見た空。沖合に待機していたクラウドシップ/光の船。

到着時には、曇り空の下で雪がちらついていたのに、14:46の少し前から陽が差し込み、やがて青空が広がりました。





祈りのあと、夕日を遮るように長く連なる光の船が空を飛んでいました。くらげ飛行機/シップもたくさん出動。



そして、ハマテラスで。。今は、こんなところにも虹が。。何気ないガラス窓の反射なのに。

   

そして、、、私たちを見守っているレインボーシップ。(きらと光るものを見たら。











3月10日午後10時、”311:過去を書き換える「光の船の瞑想」”にぜひご参加下さい。(3/9追加)

2017-03-09 19:15:25 | 想像=創造プロジェクト
3/9追加; すでにこの瞑想を行った方から、感想をいただいています。ありがとうございます。

2015.3.11 アークエンジェル・マイケル(大天使ミカエル)による「ゆるしの瞑想」・311:過去を書き換える「光の船の瞑想」
(元記事はこちら)(ロナ・ハーマンさんによるチャネリングを脚色したものです。有難うございます。)




311がやってきます。

今年ふたたび、過去を書き換える「光の船の瞑想」を集団で行いたいと思います。どうぞご協力下さい。m(_ _)m

3月10日午後10時、集合です。

先日、コンシャス・チョイス(No.67 2017-3-6)で、私は、次のように発信しました。

まもなく311です。この日に向けて、私はふたたび、”「ゆるしの瞑想」・
311:過去を書き換える「光の船の瞑想」“を行いたいと思っています。

先日、久しぶりに一人でこの瞑想をやりましたが、これを行った2年前に比べ
て地球の波動と私たちの意識が大きく変わっており、また、この2年の間に
私たちも多次元体験を数多く積んだせいでしょう、、この瞑想体験の深さが
まったく違っていました。今年もう一度行ったら、今度は、前回とは比較にな
らないほどリアルな体験ができることを確信しました。現在はシップとの協力
体制もリアルになっていますし、この「光の船の瞑想」の中にはすでに、”愛
のミッション”の原型があったんですね、聞き返してあらためて驚きました。
ですから、”愛のミッション”で訓練を積んだ今ならば、光の船によるレスキ
ューももっと効率よく行えるはずです。

という背景があり、最初の録音は、311に直接関係したものをシェアいたし
ます。皆さんにも、私たちと一緒に体験しながら、気持ちを共有しながら、進
んでほしいので、私からはここで内容については語りません。

このセッションを通じて、じっちゃんがクライアントさんにもたらした癒やし
は想像を超えたものでした。セッション前には私たちはここが出てくるとは予
想もせず、、しかし、じっちゃんは、クライアントさんが最も癒やしを必要とし
ている根っこの部分をちゃんとわかっていらしたんですね、そこにフォーカス
してこられました。鳥肌ものでした。しかも、これまでとは違ったパターンで。。
創造主の凄さを思い知らされた圧倒的なセッションでした。(コレコレ、、今さら何
を言っとるのじゃヨ ξ\_(-_-))

皆さんどうぞ、心をオープンにして聞いて下さい。そして、決してジャッジは
しないで下さい。語っている内容の良し悪しを判断しないで下さい。私たちは
みな、ワンネスを求めて学んでいる途中の生徒なのです。ワンネスの学びのテ
キストとして、じっちゃん大学の講義録として、この録音をシェアするのです。


コンシャス・チョイスを発行したのと同じ日に、その録音、「2016-11-29 祝祭セッション録音:”2つの震災ーワンネスへの道”じっちゃんスーパー講義」のクライアントさんから、セッションレポートが届きました。

学びを求めない人の自由意志に介入しないため、今ここではこの録音を載せませんが、クライアントさんのセッションレポートは公開することにしました。

このレポートを、「光の船の瞑想」に参加する前に読んでいただきたいと思います。瞑想体験が、格段に深くなるはずです。

この方は、先日シェアした「パートナーとの関係で悩む人必読!「二つ合わせたら『円』になる、『愛』になる」祝祭セッションレポート。」のクライアントさんでもあります。そちらの退行が1回目で、今回のレポートは、同日2回目の退行体験です。

「赦す」ということ、特に「自分を赦す」ということについて、じっちゃんの導きのもと、圧倒的な体験をなさっています。「自分はダメダメ病」の方、自分を赦せなくて苦しんでいる方には、参考になるのではないでしょうか。(いやあ、そういう方には、創造主講義の学びを選んで、ぜひとも録音自体を聞いていただきたいところですが。(*´ェ`*))

また、このセッションでは、じっちゃん創造主が見守られる中、クライアントさんと私との間に、きわめて深い魂の交流がありました。このクライアントさんに限らず、毎回、セッションではお互いの魂に触れる感動的な交流があります。「きっと、このように再会することを約束してきたんだろうな、、」、そのように感じさせられることがしばしばです。セッションから私が得る学び自体も、とても大きい。

セッションでは、みんながwin-win、最高最善。。3次元世界において、私にとっては、もっともワンネスを体感できる場です。まあ、じっちゃんが総合プロデューサーなので、当然といえば当然なのですが。ヽ(=´▽`=)ノ

セッション当時の録音を聞けば、また、クライアントさんのレポートを読めば、その場の感動が蘇る。。私は毎回、本当にすばらしいギフトをいただいていると思います。クライアントの皆さん、じっちゃん、ありがとうございます。m(_ _)m


~~~~~~~~~~

なるでこさんへ

こんにちは。『こんばんは』ですかね(汗)。11月29日のセッションでお世話になりました。2回目セッションのレポートが、やっと出来ましたので、提出させていただきます。

というか、夕べ…夜中に出来上がっていまして、今日送ろうと思っていたところ…なるでこさんの方が一歩早かったですね(汗)。今日のレジマグ…私ですね!

今、家に帰って来て、この件を追記して送ります(苦笑)。

なんと申しますか…なるでこさんの祝祭セッションの素晴らしさに、4か月経った今も驚かされております。色々な考えが、色々な角度から繋がっていくと言ったら良いのか…。大なり小なり、『気付き』があります。毎日が『勉強』になります。

“小なり”とは言え、5か月前の私からすると、だいぶ大きな『気付き』なんですよね。このセッションで、なるでこさんが言っておられた、「楽しくある」という言葉通り、この状態…とても楽しいですよ。

じっちゃん創造主の、終わらないスーパー講義。これも、計画の内なんですかね。ホント完璧です!“お値段以上”です!

本当に、本当にありがとうございました!

ではでは。レポートです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

― セッション ② ―

なるでこさんの誘導に従い、先のセッションでお世話になった雲のガイドに、「人の形になって!」とお願いをする。すると、まるでアニメの変身シーンの様に、光りだした雲が人の形にゆっくりと変化していきます。変身を遂げた姿は…パチパチと瞬きする様が、なんとも可愛らしい女の子の妖精。身体の中心から全体を包む様に、やんわりと白く光っていました。

当時、不思議と彼女をHSだと疑わなかったのですが、今はそれが疑問として残ります。なぜだったのか…。HSがセッションを導く事ってあるんでしょうか…。だから、名前が『アイリーン』だったのも納得だったんですが。

ただ、質問した時の…全体の雰囲気として、私に名前を知ってもらう事は…あまり重要ではないという感じに伝わってきました。自分がHSの立場なら…確かに「名前なんて何だって良いよ!」と言う気がします(笑)。

そのアイリーンちゃんに、最初に導かれた場所は、青い世界でした。青と言っても、純粋な青ではなく…何とも表現し難い色。「深い青」とは言ったものの、少し明るめの…。

後日、ネットで偶然(?)…。私が見た青の世界。それは『インディゴ』。インディゴブルー。思わず「おぉー⁉」と言ってしまった程のドンピシャな色でした。

要するに、私は『インディゴ・チルドレン』なのだと思います。自覚はあります。世間で定義されている『インディゴ・チルドレン』の条件。それに当てはまるものが非常に多く、「自分は、そうなんだろうなぁ。」と思ってきましたので、これは納得。自覚してからの変化として、自分の気質とでも言うのでしょうか…、体裁への反抗心。それに対する罪悪感が「スゥー。」と消えていくのがわかりました。

ある意味、私はこの世の破壊者。どんどん壊して行きますよー!って…それは混乱させてしまいますかね(笑)。

支配者層からすれば、厄介者である事に…変わりはありません。これからも、そんな態度を私が選べば…非難もされるでしょうが、それを“風と受け流す”強さを、このセッションで頂きました。厄介さに拍車がかかる…て、すごく面倒くさい奴でしょうね、私は(苦笑)。

次に訪れた世界は、銀河。明らかに惑星とは違うスケール。でも形が…。まるで土星の様な…。銀河の中心、セントラルサンに集まる様に、星々が球体を形取っています。そして、土星の輪の如く、同じ様に星々が輪を形成していました。

その銀河を、アイリーンちゃんがずっと見つめていた姿…しみじみ見つめていた様子は、とても印象的でした。「あぁ…ホント好きなんだなぁ…。」と、彼女の姿から窺える程、“何か”伝わって来る、そんな印象でした。

子供の頃から、星空を眺めるのはとても好きでしたが、なぜか土星が好きだった事を思い出しました。確か…形が気に入っていたと記憶していますが、この事と何か関係あるのかな?いつか繋がる時が来るまでのお楽しみですね!

ここまでの話、アイリーンちゃんからのプレゼントの様に思います。本当は、自分で探さなければならないところ。少しだけ…自分のルーツについて、教えてくれたんだと思っています。そして、次に用意された世界への布石。次の世界が、最高のカタチで私に効くように用意されたプログラム。私を…じっと見つめていたアイリーンちゃん。あれは…「あなた、覚悟しなさいよ!」という無言のサインだったのかな…。

このメールを…レポートとして成り立たせる為には、ここから…ですかね。大きかった。一気に空気感が変わります。なるでこさんの3カウントで導かれた世界。

陸前高田。

二度と見る事のできない街並み…涙が溢れました。嬉しくも哀しい涙。懐かしくも寂しい涙。“何もない田舎町”とは物理的な話で、“全てが在った(有った)”、そんな場所でした。

「なんでぇ…」と呟いていましたが、この景色を見せられて、これから何が起きようとしているのか…予想がつかない訳がない。せめてもの救いは、展望台からの遠影だった事でしょうか。

「居た(見た)かったじゃろ?」

「そう。確かに居たかった。その場に一緒に居て、惨劇に立ち合い、一緒に乗り越えたかったんです。」

こうして私の解放は始まりました。じっちゃんの『言葉足らずな愛』は、強力な熱をもって心の“塊”を溶かします。涙と共に流れ出した“それ”は…抑え込む術を持ち得ませんでした。なるでこさんとの会話が、なるでこさんの言葉が、抵抗しようとする気持ちにピンポイントで効いてくる。その勢いを後押しします。

「もう…いいじゃん?諦めようよ。」

もう…たくさん話しました。いっぱい泣きました。充分でした。あれほど…心の内を明かした事は、今までありません。なるでこさん、私の話を聞いて頂いてありがとうございました。初めて明かした人が、なるでこさんで本当に良かった。

一緒に泣いてくれたなるでこさん。私を「愛しい」と言ってくれたなるでこさん。私は、あなたが愛しいと思います。なるでこさんも、随分とご自分を責めて来られたのですね。もう…心は癒えたのでしょうか…。

私は、なるでこさんに言われるまで…あの時まで、自分を責めていた事に気づいていませんでした。あの時、初めて知ったのですよ(苦笑)。

知らず知らず私は…私の中に別の『私』を作り、感情を押し付けていたのでしょうか。“彼”自体、意思を持っているかの様に、私の中で苦しみもがいていた…。この後の思いもよらない展開で…私はそれを知るのです。

「関西の方々へ、謝りたかったのは…自分に言っていた?」

心の中に、ポッと生まれた気持ちでした。あれは…自分の『声』だったのかな…。自分が自分に許しを請うなど…考えた事もなかった。

関西の方々に謝罪したいという気持ちに嘘はなく、それは今も変わりません。「言っても許されない。だから言う事すら許されない。墓場まで持って行こう。」そう思って来ましたから。それがこんな…。

「そうかぁ…。お前はずっと…オレに気付いて欲しかったのかぁ…。」

肩の力…全身から力が抜ける様でした。

そして後日、このセッションで、私が語った方々の言動のカラクリを知りました。私は今まで、相手の姿に自分の何を見ているのか理解できずに、ただ傷ついてきました。「なぜ…そんな事を言うのか…」と。しかし、そうではないんです。あの方々は、しっかりと教えてくれていたんです。その言動で、そういう態度をとる事で、「あなたは、こうやって自分を責めてるんですよ?」と。そうやって見せてくれていたんです。

浅はか…。実に浅はかなり、自分。感謝以外の言葉が見つかりません。

解釈の違いが、こんなにも世界を変えるのですね…。妻も皆、私に教えてくれていたなんて…。人を良くも悪くもするのは…私の波動次第。『人』を生きる事の責任と、言葉選びの大切さを痛感させられました。トホホ…。

やがて、曇りが晴れた様に次々と見えてきた、『全てを受け入れる』『その本当の意味』。”

言葉“として、溜め込んで来たモノを吐き出したからなのでしょうか。少しずつ…視界が広がっていく様な…明るくなっていく様な。

どれだけの道程を…私は曇りガラスで運転していたんですかね…。ワイパーを動かしもせず、「見えない見えない」と被害者ぶって…。もっと大変な思いをしている人を、いっぱい知ってる筈なんだけどなぁ…。

運転手が…聞いて呆れますね。

…と…これも…また自分を責めてる事になるのかな?でも、もう大丈夫です!じっちゃんとなるでこさん、私をサポートしてくれている存在、皆さんのおかげで、自分へのSOSに気づけましたから。それに、あれから…何度も録音を聴いて、何度も自分の為に泣きましたから。

自惚れではなく…今はただ、客観的に自分に愛しさを感じている私がいます。何とも不思議な感覚。

ここから…また始めますよ。妻とのRe:startは、前回書きましたが、これは、本来の自分へのRe:start。

ガラスの曇りを取ったら…道は真っすぐでした!…っていうオチだったら良いですね(笑)。

終盤、なるでこさんは、「後から大っきなモノが、抜けてくるかもね!」と言っておられましたが…あれは、何か予感めいたものでもあったのでしょうか。私は正直、もう感じきったつもりでいました。本当に、心の底から「充分だ」と思っていたんですよ。

でも、やっぱり続きはありました。これもまた…今まで言われ続けて来た事なのです。

このセッションを受けた事による一番の『気付き』。

この時私が語った事。これまでの悩み。私は今まで、それぞれが別々の…独立した問題だと思っていました。でも、1回目のセッションを経て今、私に言える事…それは…。

「これって表裏一体じゃね?」。

『表裏一体』すなわち『円(愛)』。当てはまりますよね?津波で大切な人を亡くされた方々。無事だった方々。住む家を流された方々。無事だった方々。その場に居合わせた方々。そうでない方々。ミクロ単位の私ですら…自分を許せずにいた私と、許してほしいともがき続けて来た私。

二元性。

皆、2極に分かれている。色んな事をきっかけに、1つだったものがそれぞれの立場に分かれている。震災や自分の事だけじゃない、今の社会や他の人だってそうなんじゃないか⁉…そう思いました。

この世の問題は、みんな二元性が元?

全然気づきませんでした。他に…例外が思い当たらない…。

それに…ビックリしたんです。1つの事柄を2つに分けてしまう思考、その流れのあまりの自然さに。自然過ぎて…無自覚過ぎてビックリしたんです。

そこで、自分なりに1つ仮説を立ててみました。この世界に『男』と『女』が存在した時から、2極に分かれる事は、人間に与えられた自然の理の内なんじゃないかと。

その自然さで、2極に分かれる事は…人類は出来ている。それは、身近な所で、これまでの歴史も証明してくれています。でも…そこで終わってしまう。

そこに、『円(愛)』を当てはめると…。それは、すでに最善。対極同士の選択次第で、そこに最高の愛が生まれる可能性があるという風に言えます。

そうだとすると、この構図…昔から変わってないんじゃないかなぁ。昔から、愛が生み出る可能性でいっぱいだったんじゃないかなぁ。

昔から、愛しかなかったという事ですかね(汗)。

この考えに至った時、何とも言えない…遠い昔に思いを馳せるというか、「さんざん闘って来たなぁ…。」みたいな気持ちになりました。「やっとここまで来たかぁ…。」という気持ちにも。今生も含め、過去生から来る気持ちなのかなぁ。その後は…しばし無言(汗)。

1つを2つに。そこに『愛』を生み、添えて、また1つに戻す。『分離』と『統合』。私なりの『二元性』の解釈。この世の問題も、私の悩みも、みんな二元性。そして、それはまだ『過程』でしかなかったという事。

さんざん悩んで来たわりには…表現が軽すぎてどうも…。自分的にはしっくり来るんですけどね…。

すごく気持ちが軽くなりました。不思議と、対極を作り出してしまう事へのジャッジも無くなりました。不思議でもないですね。今まで『結果』にして来た事が、『過程』だったと知ったのですから!不平不満、愚痴や文句で終わらせていた所が、「このケースで…オレはどんな愛を生み出せるんだろうか。」にシフトしたんですから。ポジティブでいられます。

私の今居る場所、今ある立場は、自ら選んだ『極』です。せっかく人間でいるのですから、最高の愛を生み出して行き(生き)たいですね。いや、その様な…状況や立場を見定め、愛を生み出していく人に、私はなります。

過去のセッションで、『言葉が人を創る』と語られていました。だから、私はその様に生きていきます。そう…宣言します。

祝祭セッションは、1つの愛のカタチ。私は、それで満たされました。なるでこさんが提供してくれた愛を、私で止める訳にはいきません。周りにちゃんと流していかないと!

『循環』…ですね。この言葉を想う時、やはりイメージするのは『円』。

…すごい。ホント『円』でいっぱいだ。私も妻も、彼と彼女も。あれもこれも。

あ…ここまで来て思いました。このセッションの本当の『気付き』は…

「この世界は円で、愛でいっぱいでした!」

でした!

♪チャンチャン♪

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

…という感じになってしまいました(汗)。セッションの内容から、「きっと凄く暗くなっちゃうんだろうなぁ。」と予想していたのですが、書いてみたらこんな感じに…。

しかし、1回目があったからこそ、このセッションが成り立ったんだと思っています。1回目の『気付き』がなければ、このレポートも書けなかった。この日のじっちゃんが“言葉足らず”だったのは、私に考えさせる事で…私の内からの言葉とさせた…。

じっちゃんの愛を…感じずにはいられません。

私は…この2つのセッションを、1つに戻せたかな…。円に出来たかな…。

まだまだ、私のセッションは終わりません(笑)。

また、今年も『3.11』がやって来ます。この日は、ご遺族の方々や大切な人を亡くされた方々が、人目を気にする事なく『泣ける日』だと思っています。普段は…とても気丈に、そして笑顔も見せてくれる。本当に強い人達です。だからこそ泣いて欲しいと、いつも思います。

人の数だけ『3.11』はあります。人の数だけ…様々な『あの日』はあります。『あの日』、当事者となった方々へ。『あの日』、押し潰されそうな不安、恐怖と闘った全ての方々へ、私は、愛と光を送ります。その愛を「望まない」と言う方もいらっしゃるでしょう。せめて、その土地、その地域、日本へ、光の柱を立てたいと思います。

なるでこさんは、地域の復興を気に掛けておられましたね。ありがとうございます。でも、なるでこさん、安心して下さい。街は復興します。全国から、世界からの善意が集まって、それが形になり始めています。私の地元でも、私の周りでも、それを感じています。

ただ、人の『心の復興』はどうでしょう。それは…また別だと思います。そこを何とかしてあげたくて…でも、何も出来なくて。ただただ…自分の無力さを痛感させられるだけの6年でした。

“欠乏感”を埋める事は、私の立場では100%出来ないかもしれません。しかし、この立場を選んだ者として…やれる事を、しっかりやって行きたいと思います。もう…何を言われても、このセッションを思い出せば、ブレる事はありません。ただ、その場その場で、愛を選択するだけ。そうやって、地元に、人に寄り添って行きたいと思います。

それと…もう1つ。今年の慰霊祭、献花に行きます。今まで…行く事を拒み続けて来ましたから。「自分みたいな人間が行っては失礼だ。行く資格などない。」と。それも、もう終わりにします。

このセッションから愛を受け取った、愛に生きると宣言した私の…第一歩。

…遅すぎの一歩ですけどね(苦笑)。しかし、この一歩が、この変化こそが、『自分への赦し』の証なのだと思いたい。

“何もしなかった6年”を埋めるつもりで、しっかりと手を合わせて来ます。

多くの魂が、じっちゃんからの愛と光に照らされます様に。そして、多くの人に、じっちゃんからの愛と光が届きます様に。

それでは…なるでこさん、この辺で。

じっちゃんからの愛と光。『愛』と同義の名を持つあなたへ、送らせて下さい。送る事…許して下さいね。


~~~~~~~~~~


ありがとう。。涙と共に受け取りました。m(_ _)m 私から付け足すことは何もありません。ただ、こういう人たちと一緒に、この3次元の世界、二元性の学びを終えて、、ニューアースへ、統合の世界へ、入っていけることに感謝します。




金星から始まっているスターファミリーのディスクロージャー!

2017-03-01 22:08:32 | ディスクロージャー
今日の金星です。



同じものを、写真に撮ってみました。感度を上げ、高速シャッターです。






どうやら、金星から本格的に、スターファミリーのディスクロージャーが始まった、と、見ていいですね。シップの形態が明瞭に現れています。現してくれています。海外でも同様に、金星が騒がれ始めています。

写真は、今日(2017-2-28)の金星(ではなくて、その真ん前に陣取っている巨大な母艦ですが)を写したものです。完全なマカバとは言い切れませんが、上部に三角錐が見えます。以前は、光が強すぎてオーブ状態のまま、構造体としては写せなかったので、最近は、意識的に彼らが操作しているものと思われます。回転のスピードをゆるめるなどして、撮影に協力してくれているのでしょう。動画は先日もお見せしましたが、回転する金平糖のような、光のマカバが見えます。

下の写真は以前、私の家の真上の夜空で写したエネルギー体ですが、、似てますね。同じものかしら。存在する時空は違うけれど。これら高次元ライトシップは、時空を切り取るようにして降りてきて(次元を降下するためには膨大なエネルギーと調整が必要だそうです)、私が写す写真に収まってくれました。(*^-°)v オッケェー アリガトウ♪

   

金星に限らず、他にも、空の異変を感じる人が増えていますね(激増中?)。太陽の光の強さだったり、連日、全国的に太陽の周辺に現れる光輪だったり。あらゆるところに見られる虹だったり。

星も、、金星だけでなく、シリウスや、他にもいくつもの星が異常です。いずれも、星の前にシップが停まっています。

2月23日の祝祭セッションで、アシュタル司令官にコンタクトしました。

2月4日の感動的な光の道の開通
以来、どんな変化があるのかをお聞きしました。

彼らは、とにかく「空でのディスクロージャーを進めていく」そうです。「最終的に(我々の)存在が明かされる前には人々の恐怖を取り除いておかなければならない。そのためには今からどんどん見せていく必要がある。気づいた人は自分だけに留めず広めて下さい」とのこと。

クラウドシップも、雲を取って見せていく」そうで、確かに、言われればごく断片的にですが、雲の後ろに物体の形が見えているときがあります。見晴らしのいい高架の高速道等を走っている時によく気がつくのですが、、ちょっと運転が危ないんですよね~。ハハハ 夢中になって空ばかり見てしまうので。。オットット。皆さんも気をつけて。(>_< )

進んできましたね。ドキドキ、ワクワクします。\(*T▽T*)/ワーイ♪

Corey GoodeやDavid Wilcockらの下でのディスクロージャーと、スターファミリーが起こす上からのディスクロージャー、その両者が連動して、これから地球社会を目覚めさせていきます。

その両方をつなぐ位置に、私たちグラウンドクルー/ライトワ―カーはいるわけです。楽しみつつ、がんばりましょ。ワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ






シップで出会ったチームメイト

2017-03-01 22:08:16 | マイ・スターファミリー

(プラトンの写真を入れた額を、さらに写真に撮りました。後ろに写り込んでいる背景はわが家のリビングルームですが、暖炉の前に写っている犬は実在していません。写真を撮ったときには、コスモは私の足元にいました。写真の中だけに現れた犬です。異次元空間だ~。不思議でしょ。ウフフ プラトンとコスモの関係を教えてくれたのです。(*^-°)v オッケェー♪ )


多次元話を一つ。

先ほど、瞑想中に面白い体験をしたので。。忘れないうちに書いておこう。(ブログで書くほどのことかい?とも思いますが。(・・。)ゞ )

瞑想していて、気づいたら、私は白いジャンプスーツを着てシップの中にいました。ちなみに、私自身はアシュタルコマンドのメンバーではありません。部下ではないんです。その組織には属していません。独立しています。

今日は、シップの中で、私のセッションのクライアントさん(コマンドのメンバーであることが判明した人たち)のETセルフを尋ねて(激励するべく(^^ ))、シップ内を回ろうとしていました。

すると、突然、私のいた真横の空間に、どこでもドアみたいに細長いドアが現れ、開いて(ドアの向こうは狭い宇宙船内が見えました)、長い茶色の髪を振り乱した男性が出てきたんですね。

え~? 誰だろう?と思いました。。知らない人です。見たことのない人。少し考えたけど、、思い浮かばない。

そうしたら、そのとき、私の膝で眠っていたワンコ(トイプーのコスモ)が、クウクウと寝言で何度か鳴いたんです。とても珍しいことに。滅多に寝言言わないのに。。それはリアルでの話です。彼は、私が仕事中だろうが瞑想中だろうが、いつも私の膝の上にいます。私が瞑想を始めると、彼も瞑想しています。いや、ハハハ、、眠ってる。

そして、彼の声を聞いた瞬間、一瞬でつながったんですよ。今、シップ内に現れた、髪を振り乱した男性、「あ、これ、彼だ!」って。このワンコだって。

そうしたら、急に、その茶色の髪の男性の顔が長い馬っぽい顔に変化して、「あ~、、窮屈だった」と、しゃべり始めたんです。w(゚o゚)w 「乗ってきた宇宙船は、とても狭くて窮屈だった」と。確かにね、ドアが開いたときに中が見えたのですが、着陸ポッドくらいに小さな宇宙船でした。

何がつながったかというと、話の流れはこういうことです。

コンシャスチョイスの録音を聞いている方、特に昨日シェアした録音を聞かれた方は、私が飼っているワンコのコスモは、シリウスから一緒に来た私の仲間だということをご存じですね。そのことは、じっちゃんに確認しています。さらに私にわかっていることとして、彼は、シリウスではユニコーンなんですね。名前はプラトンと言います。つまり、コスモの高次元体がプラトンなんです。

プラトンは、2月4日の祝祭セッションの際、カウンシルが訪問して下さったシーンでも大活躍しました。カウンシルは当初、退行中のクライアントさんを通じて、いつも私のそばにいるユニコーンのプラトンを呼び出し、彼に私へのメッセージを託そうとなさったんですね。プラトンがカウンシルのメッセージを通訳してクライアントさんに伝え、クライアントさんが言葉でそれを私に説明してくれる、そういう計画だったみたいです。

それほど、プラトン/コスモは、私の仕事をサポートしてくれているんです。

それで、です。なぜ、シップにプラトンが現れたのか。

それは、彼が急遽、私に会いに来てくれたからなんです。。夢の中ではなく、私が覚えていられる瞑想中の状態で、私に会おうとして。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!! 

ただ、、ユニコーンの姿のままでシップ内に立ち入るのははばかられると思い、気を利かせて、彼は人間、ヒューマノイドに変身してきたみたいです。乗り慣れない宇宙船に乗ってね。アハハ 馬顔の長い髪を振り乱した男性の姿になって。嬉しいけど、超可笑しいよ!!

そして、そのことを私に伝えるために、彼が登場した瞬間、膝で寝ていたコスモが、クウクウと鳴いたのです。「僕だよ!」と伝えるために。ありがとう! 教えてくれて。。

ありがとう~! プラトン/コスモ! 人間姿の君に会えて大感激、うれしかったよ! これからも一緒に楽しもうね、がんばろうね!

(つまりは、コスモも一緒に瞑想して(いや、彼はいつでも次元を自由に行き来できるのかな)、私と同じ場所にいたんですなあ。)


という風に、私の多次元な日常は進んでいきます。ヾ(@^▽^@)ノ この出来事はじっちゃんたち、上の連中はみんな知っていて、ここからまた私のリアリティが造られていきます。

たまには、こんなイッチャッテル話も面白いでしょ。(‐^▽^‐)  これも、私にはもう日常の一コマなんですけどね。







連日観察される光輪

2017-03-01 13:30:36 | 不思議ニュースから


全国的に連日、観察されている光輪。今日3月1日の昼に撮影しました。

光輪、、以前はそれほど頻繁ではなかったと思いますが、最近、多いですね。

太陽エネルギーの質や強度、それに、大気中の成分が関係するのかしら。

今朝は、くらげ飛行機(シップ)くんが出て、雲を作ってました。

何か関係あるのかなあ、光輪と。。。あ、強すぎる太陽エネルギーを少し弱めているとかね。(^^ ) エネルギーが強いと、地震とか誘発しかねないから。

そういえば、昨日は、福島・宮城で地震がありましたね。