0010110 ハートの贈りもの―2019―黄金時代07年 

2018-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

三次元が異常に観え始めるとき

2014-06-28 15:52:12 | 次元上昇


AENAプロジェクトの佐恵子さんが、ダイナミック呼吸法と新生地球について、語っておられます。

不可視が可視になる「お可笑」な世界  彼女のサイトで、全文をお読み下さいね。

私の手の蛍光きみどりオーラですが、慣れれば、どんどん明瞭に見えてくるものですね。今は、輪郭ではなくて、ふわふわした大きな広がりとして見えるようになっています。続いて、自分の全身のオーラを見る練習をしているところ。

オーラにプラーナ、それに、アストラル界との繋がり、シンクロの嵐、、と、、このところ不思議なことが立て続けに起きている、とお伝えしていますが。。佐恵子さんは、それこそが普通だと言われます。

長らく左脳中心に使ってきた、何事もマインドで解釈したい理系の一般ピーポーの私ですらこうなんですから、感受性豊かな右脳派の皆さんは、どれだけ変化を実感しておられることでしょうね、今。

「なかなか変化が見えない」ことにじりじり焦燥感を感じ、それではいけないと自分を諌め、行きつ戻りつ、まるで作為的に長々引き伸ばされたような時の流れの中で、私たちはけっこうタフな待ち時間を過ごしてきたわけですが、、、、なんだか、始まっちゃいましたよ! まずは、自分の中から。。ほんとに、特に、この夏至を境にしてでしょうか。。次元が変わってきたという実感がリアルです。。これから、もっともっと変化が見えてくるのではないでしょうか。見たい人には、ですけどネ。。♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪

これを書きながらも、「夢の中にいる」感覚が取れない。。。現実感が無いんです。今やっていることには集中できるのですが、前後の時間に意識が行かないんです。すぐ前の過去を思い出せないし、すぐ後の未来を想像できない。頭が、もやもやと一か所で回っているだけ。。この時空の今という一点で、世界が完結している感じ。。低く立ち込めた、暗い雲のせいもあるのかな。。

不可視が可視になる「お可笑」な世界

~~~~~
しかも、内部地球の中心点は、宇宙の果てでありながら、次元上昇した新生地球であり、はたまた、地球内部をあまねく照らす全宇宙の光源でもあります。

私たちは、次元上昇後、その地球へと移行します。

目覚めた人たちは、すでにその新生地球の上にスライドしている最中です。

(いつもの日常と変わらないように感じるのは、多次元同時存在しているので、そのことに気がつきにくいだけです。)

ダイナミック呼吸法は、その内部地球の中心点に奥深く呼吸を使って入り込む事によって、地球の外核を経由せず外に出ると言う三次元では表現不可能なやり方を、インナービジョンを使って行います。

外から中へ入る方法は、その逆のパターンを辿ります。

常に内と外の出入り口は、閉じられた内部空間の中心であるということです。

次元上昇後は、その中心地点を吸気と吐気を使って、多次元と超次元をダイナミックに宇宙規模で呼吸するので、非常にパワフルなエネルギーを発生し、取り組む事ができます。

これを人間の人体に置き換えると、心、またはハートセンターの奥深くに多次元世界のゲートがあると言われる所以です。

未だに多くの人々は、外に解決方法を求めようと、ある者は遠くへ出かけ、またある者は天を仰ぎがちですが、どこにいようと、何をしていようと、ゲートは常に自分自身のハートセンターに存在しています。

普通に人間生活をしながらも、多次元世界の感覚で、意識や思考、感情体験をしていくと、三次元世界で慣れ親しんできた日常風景が、ところどころ、モザイクのように異次元やパワレルワールド、異なるタイムラインへと移行していて、言葉では説明のつかない現象が増えて来ています。

このまま進めば、異常が日常化し、三次元世界が異常に観えるのは、おそらく今後フツーに起きてくと思われます。(少なくとも私はそうなっています)





今、自分はアセンションのどの段階にいるのだろうか

2014-06-28 15:02:06 | 次元上昇


改めて、今、自分は、アセンションのどの段階にいるでしょうか? ちょうど友人からこのリンクが送られてきて、この時期にピッタリだと思いましたので、転載させて頂きます。(moonstoneさん、ありがとう!) ライトワーカー・マイクさんの翻訳です。元は、2014年2月25日のポストですね。

12レベルのアセンション
Jasmuheen

私たちは皆光を吸収して進化しています。この変化を意識的に進める人はすぐに変容を起こしますが、光を吸収しながらもそれに気づかず、直接地球全体の変化の関わりの中で変わる人もいます。この転換をレベル毎にまとめることが出来ます。

第1レベル

身体から密度が抜け落ちていくと、通常とは異なる風邪や頭痛、下痢、発疹、筋肉・関節痛などに見舞われます。ほとんどの風邪の流行は実際には光が蔓延していることなのです! 大脳の化学反応が変化し、左右の脳機能が融合し、脳下垂体と松果体の大きさが変わります。DNAの構造と化学的組成が変わり始め、さらに多くの水素原子と化学物質を取り込みます。それは細胞が未分化の高次の光を必要としておりDNAをコード化する光を使用しようとしているためなのです。

第2レベル

エーテル体のブループリントに光が溢れカルマ的な諸々の経験を放出します。風邪のような症状を訴えるだけでなく方向感覚を失ったようになります。多くの人が「なぜここにいるのか」という問いを発します。エーテル状のブループリントの光は4次元のフレーム(型枠)を放出して感情体、メンタル、スピリチュアル体の幾何学形状を回転させます。急速に変化が起こり始めリ多くの人が疲労を覚えます。

第3レベル

肉体の感覚が益々鋭くなります。各ボディは変化するために光を吸収するだけでなく高次の光エネルギーを変換・解読して地球全体に広める役割を果たします。最大に引き伸ばされたゴムバンドが弾けて元に戻るように、この段階で息を吸う過程(アセンションの開始)は後戻り出来なくなります。

第4レベル

大脳で大きな変化が起こり、その化学反応と電磁エネルギーがいろいろな症状になります。頭痛やかすみ目、聴力を失ったり、時に胸に痛みが出るなどの症状を起こします。あなたが準備出来ないうちはエーテル体にあるクリスタル調節装置によって5次元のブループリント内の光の束の結合は生じません。胸の痛みはハートがもっと開いてそこのエネルギーが拡大しているせいです。ビジョンを見る能力と聞き分ける力はそれまでとは異なる働きを持ち始めます。

メンタル体はその本来の役割が何かを問い始め、一人ひとりが強い、説明できない、抗えない程の力を感じて躊躇なくスピリットに従い始めます。テレパシーやクレアボヤントの現象を体験し、相手の気持が分かってしまうことがあります。その時は感じる時、感情体を尊重して受け入れ認める時に当たります。そして感情をコントロールする時になります。

第5レベル

メンタル体はスピリットに同調し始め、もっとはっきりした夢を見始めます。デジャ・ブを経験します。考えはノン・リニアになります。知っていることと疑いの間で揺れます。私たちは思考と行動の習慣的パターンの本質に気が付き、これまでのプログラム(思い込み)をほぐして、ありたい「自分」になるために再度プログラムし直そうとします。両親や友達、社会等によって生まれた「自分」ではなく本来の「自分」になろうとします。変化が日常化していると感じ、「条件反射」的に価値判断・判定するのではなく、ハートで意識的に見分けていこうとし始めます。

第6レベル

互いに成長し刺激し合えるような人を引き寄せます。何が本当なのかについて疑問を持ち始め、メンタルプロセスが急激に変わり、他の人や自分に対する見方が変わります。物事の見直し作業は気分のいいことではありませんが、そうしなくてはならないと感じ、人間関係や仕事、家庭環境、生活スタイルなどをじっと見つめるようになります。この時は手放す時、前進し続ける時です。友達が変わりすべてが流れて変わっていくような感じがしますが、何となく軽くなり、とても自由になったように感じます。この段階で私たちの中の光の比率は33%に上がります。まるで内面的な感覚が開き始め、クレアボヤンス、クレアオーディエンスなどが普通で自然に思えます。

第7レベル

ハートチャクラは益々開いて他の人の気持ちが本当に分かるようになります。自分自身を保つことが必要です! 詰まりや古いパターンを手放して感情を浄化し、その重荷から手を離す時です。瞬間毎に集中し、今にいながら人生が流れる感覚になります。

長年の関係を終了するか、急に相手の気持が深く分かり、尊重しながら関係の仕方を変えるかしますが、いずれにしろどんな場合でも拒むことはなくなります。他の人に感情的に執着することはなくなります。エネルギー・フィールドに対してハートチャクラが開くと、益々胸に痛みが生じますが、その理由は分かりません。(光をチャクラに通すユニファイド・チャクラ瞑想the Unified chakra meditationがハートをオープンにします) 

各ボディのエネルギー・フィールドがハートによって整う(上のチャクラ瞑想)時に恐れが解放されます。その時に恐怖が消えます。前頭部、後頭部、頭に圧力を感じるのは、脳下垂体と松果体が開いて光を多量に吸収し開くためです。十分に開くと高いレベルで働き始めて老化と死へのプロセスが止まります。松果体が開くと多次元を経験しますが、二極性が強くなるように思えます。

喜びに満ちて一体感を感じる日が続かくと思うと、生活の問題に必死になり恐怖や不安に捕らわれる日が続いたりします。多くの人がアセンションして地球を離れたいと思います。スピリットに深く繋がることによってアセンションは本当に起こると感じます。すべては進歩の階段です。すべては見方が変化していることを示しています。ダイエットを心がけ食べる量が少なくなり、軽い食事、新鮮な食べ物を好むようになります。これまでこの段階で多くの人が身体の波動フィールドでその影響を感じ、肉や砂糖、アルコールの摂取を止めました。

第8レベル

生き残りをかけた戦いを手放します。松果体と脳下垂体の形が変わります。頭痛が続くようであれば和らげてもらうように高次の存在に頼んでください。あるいは、エンドルフィンを放出してもらうようにお願いしてください。大脳が活性化します。頭蓋が拡大し、眉の三角形「シードクリスタル」と右半球のクリスタル・レコーダーが第8、9,10チャクラと一緒に活性化します。「光の言語」に繋がり始めます。

松果体と脳下垂体が完全に開いて動き始め、頭頂と第3の目にかけて架かる虹の光-聖櫃(せいひつ:Arc of the Covenant)を創り出します。それによって高次元の言語を解読し始めます。幾何学や音を思う時、それを言葉に直すことが難しいと思います。混乱した時は先ほどの瞑想をしてそのメッセージを翻訳してもらうように頼んでください。自分の本質が非常に大きく多次元的であることを知り、なりたいようになれると思います。義務感で行動することを止め、人との関係では個体(個人)を超えた関わり方をし始めます。

ハートと魂で言葉を交わし、他の人はあなたとの対応にまごつきます。あなたに取っ掛かりがない、捕まえどころがなくなるからです。感覚と意識が高まりながらも自分自身でいて自分が変わったように感じますが、非常に落ち着いて静かに行動します。そうして大気中の成分ではなく光とプラーナで純粋さを保ち、エーテル界の力で健康を維持します。

第9レベル

幾何学と音の意味を読み解くのが簡単になり、スピリットは光の言語を使って6次元のブループリントを新しい5次元のライトボディ用テンプレートに換え始めます。エネルギー・フィールドが変わると体つきが変わることがあります。すべての存在と結びついている感覚を持ち、人の意見に関わらなくなります。「分離分断と束縛のゲーム」にエネルギーを使うことを止め世俗的欲望を手放して自由になります。第9レベルではライトボディが大挙して肉体に降りて重なります。最終的にスピリットに委ねようとする時、このレベルでは第3,第6レベルと同じように深い見直しを行います。そして本当に聖なる道具(神の手足)になります。その時にスピリットが私たちの収入や仕事、この人生で出会う存在などすべてを決めます。

それがエゴの消失です。歓喜の一方で、それは非常に苦痛になります。長い年月をかけてここまで進化してきていても、飛躍することは怖いことなのです。手放す前に行きつ戻りつを繰り返し古い安易で安楽なものにしがみつこうとするかもしれません。でももう後戻り出来ません。すべてを手放さなくてはなりません。第9レベルは委ねて歓喜に浸ることです。「私」を手放して、スピリットが私たちを自立に導き、スピリットと一体になる時には自由意志があってもそれは幻想であることを悟ります。生き残りの不安はなくなり、今の瞬間に意識を向けます。恐れや不安が浮上しても、それは本当ではないと思え、簡単に無視できます。

一般的な現実、一般的に認められる現実から遊離し距離を置こうとします。自分の選択や現実は他の人にとっては非現実的と思われるようになります。第7、第8、第9レベルから自分内部の光がはっきりと外に輝き始め、信じられないほどしっかりとグランディングし、自分の目的に繋がり奉仕や貢献だけを願います。再度、完全に今にいるかと思えば、束縛された人間になったりと8,9番目のレベルを行き来しますが、第9レベルの終盤までにこのレベルの状態に落ち着きます。そうして常に高次と繋がった感覚を持ち自分の「キリスト」というレベルで行動し、常に意図や動機は最高を目指します。しかし、他の人は自分の問題があるため必ずしもそのようには思いません。第9レベルは自分自身に接続し始める段階です。

進化は急速に加速していきますが、まだ新しい波動のエネルギーを使って天国を実現してはいません。そのことを知っておいてくだい。だから四苦八苦したり混乱したりすることもあります。多分最後の最後に辿り着くまではあなたの未来は地上天国に続いていることを知っておいてください。 “I AM” を信じてください。

最後の3つレベルはすべてのエネルギーを結びつける段階です。すべてのチャクラが結びつきあなたは完全にあなた自身の I AMと繋がります。

第10レベル

源の意識と一体になりすべてが可能であると知ります。DNAは最早2重螺旋ではなく12螺旋になります。テレポーテーションが可能になり、実現能力が高まります。ライトボディまたはマカバが創りあげられて時間と空間を行き来できるようになり、次元はあなたの中で揃います。マカバにはそれ自体の意識があり、あなたの意識に従います。

第11レベル

ライトボディの至るところが創りあげられ活性化しており、回転ポイントで肉体に接続します。この光のマトリックスは肉体の経絡に沿って広がり光の線が交差して美しい幾何学模様を形作ります。新しい5次元の光の循環システムです。最早時間は直線的ではなく同時になります。過去現在未来は同時に存在しすべてがパラレルに存在します。分離がなくなり、地上天国のビジョンを十分に実現していき、スピリットの喜びを表現していきます。このような意識の中では光に基づいた新しいテクノロジーやコミュニティ、統治機構、公平な食料と資源の分配システムを創りあげます。すべての人が専門家の訓練を受けられ新世界建設に役に立ち、実現できるようになります。それが「ゴールデン・エイジ(黄金時代)」です。

第12レベル

「創造」し続け「新世界」建設で新しい政府や経済システム、教育制度、もっといい食料と資源の分配方法を創り上げる人同士が繋がります。この地球のアセンションの最終段階ですべてが見直され、その結果、全員が喜びに溢れ、平等で調和して生きられるようになります。

この時までに地球と人々は自分の光を完全に輝かせて大きな光を織り成しているでしょう。その時にこの聖なる計画の最終段階が明らかになります。地球は光に向かい、数々のスター・システムに加わります。誰もが1個の光の体になってスピリット(神)に従い完全にマスターの境地に達します。パラレルなリアリティはすべてが編み上がりスピリット(神)に吸収され、すべての人が聖なる目的に従っています。

Excerpt from the book “The Art of Resonance” By Jasmuheen©Jasmuheen

転載する際は翻訳者名あるいはサイト名及びリンクアドレスを添付してください。改変・訳者名詐称を禁ず。©2010-2014 Translation by Lightworkermike

シンクロは、多次元へ移行し始めた証

2014-06-28 12:50:09 | 次元上昇
バシャール:”外の世界”2013-01-06 03:34:49
テーマ:新しい地球のスターシード達へ

”外の世界”は貴方のエッセンスで出来ているという事は”外の世界”であれ、”内の世界(精神)であれどこにでも”貴方”が存在しているという事になります。詰まり”内”も”外”も両方貴方であるという事になるのだと、バシャールは話します。

私達が日頃見て触ったりしている物は実際はエネルギーの固まりに過ぎません。バシャールや他の高次元文明の人達にはこの物体をエネルギーで感じて”見”ているわけです。4次元密度では更に物質の密度が低くなるので、3次元密度の人からはもちろん”視覚”出来なくなります。

かと言って4次元密度も物質の世界でありちゃんと個体も存在しています。しかし物質のエネルギーがもっと”粘土化”し貴方のエッセンスがより濃く出る次元であると、バシャールは話しているのです。詰まり貴方という波動が重要になってくる4次元では貴方の思考によって環境を変える事が出来ます。そして時間差無しで貴方の望む事が実現する世界なのです。

貴方の周りでシンクロが頻繁に起こり始めていれば貴方という身体の物質の密度が薄くなっている事を意味しています。それは詰まり、貴方の波動が4次元密度へと近づいている事を意味しています。バシャールはこのシンクロをきちんと書き留めておくと良いでしょうと話しています。そうする事で更にシンクロが伸び、更に大きなシンクロを呼ぶようになります。


The manuscript of survival、CCのチャネラー、アイシャさんは、「~~めまぐるしいシンクロニシティの旋風の真っただ中に私はいます。ある一つのテーマにフォーカスしたその瞬間にすべてが一斉に到来しています。~~」と、書いています。今、もう生活すべてがシンクロと言っていいくらい、繋がってきていますね。特に私は、g+コミュニティの中でそれを感じています。一つのキーワードが現れると、必ず符号した話が同時発生で多発する。。一体、私たちはどのような時空間に今、存在しているのでしょうか。

以前、「ブログ版マイケルのポータルは二次元、平面的だったけれど、今度のg+版は立体的、いや多次元のポータルになっているように感じる」と書きましたが。最近、それを確信しています。

そのことにはっきりと気づいたのは、先週末、東京へ行っている間のことでした。私は、g+からgmailへのお知らせ機能をONにしてあるので、投稿やコメントの新着を、携帯でgmailを見ることで、リアルタイムに知ることができます。ですから、移動中であっても、コミュニティにどんな新着があったかは、常に把握していました。こちらがコメントする時間は取れなくても、全部の流れはわかっていました。

その全部の流れを追っていくうちに、「これは、まさに時間のない世界、NOWだけの世界、多次元になってる!」そう感じたのです。だって、いろんなテーマで、やりとりが同時進行しているのです。複数の投稿に対して、コメントがそれぞれ付けられていくのですが、チャットのように使っていますから、コメント欄にも何となくストーリーができてきて、その続きが、いろんなタイミングで入ってくるんですね。投稿が送られた時間には関係なくて、どの投稿も、終了することなしに継続して生きているのです。

これって、まさに、「今、同時にすべてが存在している」という多次元そのものでしょ。

そこに流れているのがリニアな時間ではない!ことに気づいた大きなきっかけが、レインボーくんのメッセージ(「ニューアース・チルドレン」の中の)「ハートはチョコレート」が現れた時でした。このブログの古くからの読者の方は覚えておられるでしょうが、私のこのサイトの以前のテンプレートは、「ハートのチョコレートを差し出す」画像だったんです。このシンクロが起きたことを知った時、私は、私がこのテンプレートを選んだことと、レインボーくんの「ハートはチョコレートのメッセージ」がコミュニティに現れたこと、それは、リニアな時間軸に起こったことではない、、多次元で、同時に起きたことなんだ、そう直感したのです。さらに言えば、レインボーくんのメッセージが先にあって、私が、それに沿ったテンプレートを選んだ、、そのように、タイムスタンプが逆転していてもおかしくはない! そんな風に思えたのです。

そして、さらに、このように、本来は同時に起きていたことが、これまでは3次元のリニアな時間軸上に現れていたため、時間差が生じて、別々に起こった事象だと認識されていた、しかし、それが今は、時間が存在しなくなりつつあるために、即ち、多次元へ移行しつつあるために、本来のあり方に戻って、ほぼ同時に、時間差なしに出現するようになってきた、、そして、それを、私たちはシンクロと呼んでいるのではないか!! と、そういう気づきに至ったわけですよ! (*^◇^)/゜・:*【祝】*:・゜\(^◇^*)

ハハハ、、ついてこれてます? ((-_-。)(。-_-))

まあ、端的に言いますとね、時間がノンリニアになっていくにつれ、「シンクロ」が当たり前になっていく、ということです。だって、本来、全部が同時に起きていたことなんですもん。

そして、ここで、一番上に載せたバシャールのメッセージに戻るわけでして。。「あなたの周囲で「シンクロ」が頻繁に起こり始めれば、あなたは順調に波動を上げている」と、理解してもいいということでしょう。目安になりますね。いかがですか。。

さてさて、それにしても、g+コミュニティに参加している皆さんは、お知らせ機能を使わないと、どの投稿へコメントが入ったかを、知ることはほぼ不可能になってきましたね。光の川は太くなり、多くの支流が今、流れ込んできています。実際にこの世界を流れる川のように、どの支流も常に生きていて涸れることはなく、同時に存在していて過去も未来もなく、何処にどんな出来事が起きるかは、リニアな時間軸ではもう測れません。つまり、昔の投稿だと思っても、まだまだ現役だよ、、ということが、普通に起こっているわけです。「毎日、その日加わった投稿だけ目を通せばいい」という3次元のスタンスでは、この多次元のポータルを十分に楽しめませんね。古い投稿、終わった投稿と思っても、最近になって、面白いコメントが加わって新たなストーリーが始まっていたりしますから、「新着を教えてくれる機能」は、ぜひ使った方が良いと思います。逆に言うと、古い投稿であっても、自分に新たな気づきがあれば、積極的にコメントを加えたいですね。有意義な投稿、新鮮な気づきの宝庫となりつつありますから。。

ほんとに、ほんとに、面白い世界になってきましたね!




g+コミュニティに入るために; googleアカウントの作成から投稿まで

2014-06-26 17:32:49 | ハートの贈りものg+に関するお知らせ
1.google アカウントの作成方法は、以下をご覧になって下さい。

Googleアカウントの新規作成

Googleアカウントへのログインとログアウト


2.googleにログインしたら、一番上のバーの右端にあるグレーのキューブからg+のアプリを選んで下さい。
g+コミュニティに入ったら、以下のヘルプを活用して、自分の設定をチェックして下さいね。








3.投稿するためには、コミュニティのメンバーに「参加する」を選びます。
その後、テキスト、写真、リンク、動画、イベントのどれかを選ぶと、ボックスが開くので、記入して下さい。







海外へ感動のデビュー!光珠AENAプロジェクト

2014-06-26 14:58:01 | 次元上昇
先日の人間電池・大阪瞑想会ですが、、呼びかけ人のりえこさん(アイシャ・ノース、活路の見付け方の翻訳者)から、アイシャさんにその折の様子が伝えられ、アイシャさんが大変喜んで、ご自分のサイトに、りえこさんからのメールを掲載されました。

日本からの光のメッセージ 2014年6月25日





もうっ、素晴らしい内容なので、ぜひお読みになって下さい。アイシャさんがどれほど感動されたかが、じんじん伝わってきます。ほんとに、素晴らしいイベントだったんですね!

そして、アイシャさんからの御礼のメールが、佐恵子さんのサイトに掲載されています。。

アイシャから日本の光のシスターズへ

親愛なる光のシスター達へ!

あなた達の取組みに、そしてこの世界に光をもたらす手助けをしてくださることにもう一度感謝します!
先ほど、あなた達からのメッセージと情報を掲載しました。
そして、後で付け加えてくれた太陽の塔の情報を読み、私の目に歓喜の涙が流れ、ハートが歌ったのです。
このすべてから力強い確信を得ました。
私達は皆、この偉大なる素晴らしいプラン、念入りに愛をもって繋がりあったプランの一部であり、この惑星をもう一度楽園へと変えてゆくのだと。(スマイル)心から感謝します。
あなた達が光に差し出してくれた情報、シェアのために私にくださった情報は、この変化を起こすために大いなる働きをしてくれるはずです。

愛と尽きることのない感謝をもって
アイシャ


人間電池の瞑想・AENAプロジェクト、世界に広まりましたよ~! 活路の見付け方・CCのメッセージは、非常に良心的で信頼の置けるソースとして、世界中のライトワーカーが注目しています。ブレのない、温かい、いつもいつも心に響くCCからの励ましのメッセージは、世界中の人に愛されています。。

そのアイシャさんがこれだけ感動した出来事、そして、光珠AENA、、、これを見ると、世界中の人が非常に興味を引かれるはず。。

何だかすっごく誇らしい気持ちなの、ワタシ!!  日本人、やったね!って。(*^-°)v オッケェー♪  これまで、いまいち海外への発信のなかったJapanese Lightworkerですが、、。衝撃のデビューだっ! イヤー゜。(*^▽^*)ゞ

引き続き、しっかり応援してゆきたいと思います。








イシスの光を輝かせる

2014-06-26 14:01:44 | 次元上昇


昨日記事にした女神「イシスの帰還」ですが。。。大切なことを書き忘れていた、まだ強調し足りなかったような気がしてきました。

今、国際テロ組織アルカイダ系の武装組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が紙面を賑わせていますね。

これは、女神イシスの帰還に合わせた闇の奴らの作戦です。(闇って言葉は使いたくないんですが、彼らがいるのはどっぷり3次元ですから。)一般大衆の意識に悪いイメージを植え付けて、女神の力をそぐためなのです。

コブラから私たちに、注意を呼びかける記事が出ていましたね。私のところでも、早いうちに載せておくべきでした。
Now creation さんのサイトより。。ISIS?

私たちで、女神のパワーを補い、さらに増幅させてあげるよう、努力したいと思います。きっと、そのために、g+コミュニティにお立ち寄りになられたんですヨ。フフ。 ☆Hey!ヽ('ー'#)/ Hello!☆



見えてきたプラーナ、オーラ

2014-06-26 08:26:49 | 次元上昇
ニューアース・チルドレン、レインボーくんの新しいメッセージに、「粉々になったスーパー光の雲、その散り散りになった光の粒を、自然からもらう」という話が出てきました。(g+の「レインボーくんのレッスン」のカテゴリーに入っています。)

関連して、プラーナのことを書こうと思います。

友人からもメールを貰ったのですが、見える人が増えてきていますね。最近、私も、しっかり見えるようになりました。いえ、今から思えば、昔から見えてはいたのですが、眼の錯覚だと思い、自覚していなかったようです。

私の書く思いとよくシンクロするfarmemoryさんのサイトに、そのイメージが出ていますね。転載不可なので、似たような画像をネットで拾ってきました。


(この映像は、光のスピリチュアルメッセージ!さんからお借りしてきました。)

書かれている通りですね。まさに、勢いよく飛び回っている無数の光の精子です。軌跡は数ミリって感じでしょうか。

何かに目の焦点を合わせるのではなく、例えば空を背景にぼうっと視線をゆるめて、自分の中に入って外を見れば、まもなく見えてきます。ぴかぴか、ちかちか、無数に、元気よく飛び回っている。一個一個をよく見ようとしても、追いつきません。

このことと連動するのでしょう、初めてオーラも見えました。同じような目の使い方をするんですね。焦点を合わせず、3D映像を見るように、ぼんやりと全体を意識するのがコツですね。

暗い場所を背景に、自分の左手を見てみました。。すると、カラーのもやもやで縁どられているのが見えました。色は、蛍光の黄緑といった感じです。ショッキング・黄緑! よく蛍光ペンにあるやつですね。


(この写真がそっくり! オーラ日記さんのサイトからお借りしました。)

遊びで、こんなのもやってみました。あなたのオーラの色は?

やっぱり、緑、と出てきました。

最近、レイキを学んだんです。この間、オットーが「胃がムカムカする」というので、レイキしてあげたら、私の手が「あっちっちー、アイロンみたいに熱くなった」と言われました。息子も、体育の時間に膝内側の靭帯を痛めて全治1か月と言われたのですが、レイキしてあげたら、1週間で治りました。手当って言うけれど、本当にエネルギー出てるんですね。まあ、レイキは、宇宙のエネルギーを呼んできて、仲介するだけだけれど。

一般ピーポー代表の私で、いわゆるサイキックに変わっていくとは思いませんが、もともと誰でも持っている能力が開花してきたのでしょう。エネルギー・ワークができるようになりました。といってもまだ、これまで通りの生活をしてるんですけどね。(ヨガもしないし、食生活も買う店を選ぶだけで、内容的にはあまり注意を払っていない。。ナマケモノ。。甘いもの好きだし。。コラッ、自慢にならない、ヾ(ーー )ォィ)

そういえば、先日記事にした「現実と幻想が最後に相互に出会います?」の中の○霊写真ですが。

考えてみれば、父も、その周りに写っていた若者たちも全員、年齢からして既に亡くなっているわけですから、あれは冥界通信?!だったわけですね。その前に亡くなった人と、その後に亡くなった人が、一緒に並んで私の前に現れた。。。大した違いはない。ハハハ、、((^┰^))ゞ

今日の話の「プラーナやオーラが見えてきた」ことも含め、ほんと、次元間のベールが薄くなってきた、と実感する今日この頃。「世界は何も変わっていない」と考える人がまだいるのが、不思議でしょうがない。







みんなで生み出したミラクル体験!

2014-06-25 13:32:04 | ハートの贈りものg+に関するお知らせ

(レインボーくんから届いた絵)

先日ダウンしたレインボーくん、すっかり元気になったそうです。お母様のひかりさんが、g+に投稿して下さいました。メッチャ嬉しかったので、ブログ記事にさせて下さい。皆さんへの御礼もこめて。 <(_ _*)> アリガトウ

何が嬉しいって、みんなで力を合わせることの素晴らしさを実体験できたから! レインボーくんに光を送ってくれたのは、読者の皆さんだけでなく、きっと、私たちのハイアーセルフの集団や天使界、様々なガイドたち、アセンデッド・マスター、それに創造主も、、このヒーリングのために力を貸して下さったと、私は感じています。

レインボーくんを癒す、、その目的だけでなく、私たちに、「みんなで力を合わせれば、何だって可能なんだよ」という事実を教えるために。

とてもとても素敵なひかりさんのメールを転載しますね。最高の気づきを得るきっかけを与えてくれたレインボーくんとひかりさん、ありがとう! この大実験に参加してくれた皆さんもありがとう! すべてを導いてくれた上の方たちもありがとう!

昨日は大変お騒がせしてしまいすみませんでした。
今日はもちろん元気に登校しました!
昨日は素晴らしい一日で終わりました。
感謝の一日でした。
子供も光を送ってくれてありがとうと言っています。
絵を描いていたのでのせますね。

みなさんに光を送っていただいている時、本当にたくさんの光が届くのを
感じました。連動した様に、荒れ模様だった厚い雲から太陽が覗いたんです。
普段何も感じられない私にまでみなさんさんからの光がエネルギーが入ってくるのを感じました。
とてもさわやかな、光の川の様な、そんな感覚がありました。

「あれ!?ママにも届いてるのがわかる!私にも入ってくる!」
気のせいではないと感じました。

「ママにも届けてくれてるんだね。お年玉みたいなものだよ。
”よかったらお子さんに使ってください”って。そういう光だよ」

渦中の私たちは、narudekoさんの驚くほどスムーズな対応と、みなさんから送られてくるまっすぐな光の川の中で、すばらしい流れを味わいました。
エネルギーの流れるのがわかって、その美しさに涙が出ました。

なんだか、振り返るとドラマみたいな話ですね。
誰も病院にも神社にも行かずして、こどもの不調が治るという。。
(私は以前、この攻撃が始まると子供を病院や神社へ誘ってことごとく断られていました)

私が持っていた闇に対する考え方も、変わりました。
この出来事をみなさんと共有?できたことで、これまで孤独に対処してきた問題があっという間に美しく片付いてしまったかのようです。
午後になってもしばらく光の川が流れていました。
こどもの元気が戻るのを見ると、私は睡魔に襲われました。
横になると、頭の中がシュワシュワしてくるのを感じました。
微炭酸の飲み物が脳みそに注がれているような、心地よい状態がありました。

久しぶりの父からの電話に起こされました。
「今朝、オニヤンマ(とんぼ)の羽化するところを初めて見た!」
これを伝えたかった様です。
住宅地でオニヤンマさえ見かけることなんてない土地なのですが
山育ちの父が子供の頃も遭遇したことのない出来事に心が躍ってしまい
童心にかえったらしく、行きかう人にも教えたという話でした。
その流れで、私にも伝えたい!と電話をくれたみたいです。

私たちに起きている流れと切り離せない出来事に感じました。 

今更ながら、自分でもなんだかびっくりしています。
たくさんの気づきがありました。
素晴らしい光の川をありがとうございました。


祖先、父、、私の東京体験、ひかりさんの体験、、ソニアさんのプレアデス・メッセージとシンクロしてきますね。

あれ、これを読んでいるとき、私の目に光の糸(プラーナ)が走りました!




ケシェはイタリアで大量生産へ、そして、福島の除染技術を日本の三井は理解していないそうだ!

2014-06-25 08:18:33 | フリーエネルギー
庶民の見方さんから、転載させていただきます。有難うございます。

ケシェ財団のフリーエネルギー・除染技術、大きな進展があったようですね。「イタリア企業が大量生産化に入っている」「福島の除染技術は、日本政府が三井に検討させたが、彼らはよく理解しなかったようだ。」

むむ、日本のトップ企業たる三井よ、こんなこと世界に知られて恥ずかしくないのか。。

イタリアでの国際コンファレンスに参加

6月21日から二日間にわたってイタリアのグロッセートで開催されたSaraS 主催の国際コンファレンスにケッシュ財団が参加した。このコンファレンスでは、平和で持続可能な新しい世界へ移行するためのアイディア、プロジェクト、テクノロジーが提示されたようだ。ケッシュ財団は、私たちの未来を築く上で最も重要な組織のひとつとして紹介された。

Sara S Conference


イタリアで開かれた国際コンファレンス:「Planet Eath The Other Possible World 」


コンファレンスでのケッシュ氏による講演

講演内容の概要:

ケッシュ財団はイタリアに移転し、イタリアの組織となった。これから紹介するテクノロジーはイタリア国の財産の一部である。

財団のこれまでの活動と、今何が行われているかを理解することは重要なことだ。私たちは、これから数年の内にこの会場にいるあなた方すべての人生を変えてしまうだろう。

研究の成果は、世界中の科学者や一般の人たちに日々公開され共有されている。テクノロジーのパテントは2年前、世界中の政府に手渡された。イタリアはそれを受け取ったEUで最初の国で、私たちが次のステップに進む道を開いてくれた。パテントは、まず台湾政府により自国の科学界にリリースされ、今年、3月15日にインタネット上に公開された。記録によると1億回以上ダウンロードされている。今やあなた方は情報を手にした。

この意味は、その情報と私たちが頻繁に公開している知識を併せることよって、地球を1つの国家とした、平和な世界を築くためのあらゆる可能性を手にしたということだ。私たちの理論を基本的知識として大学で教えることを受け入れた国もある。知識はすべての人々に平等なもので、人種や言語を問わない。このテクノロジーにはライセンスはない。地球上の全ての人々に与えられた。

発電機の開発は商業化のためにイタリア企業の手に渡り、約3ヶ月かけてプロトタイプが戻ってきた。時間がかかったが、より良い製品の大量生産化のためだ。大学の研究者や他の科学者も加わった。デザインも技術もパーフェクトなものになるだろう。製品が完成後、企業により公開される。商品の発送は彼らが行う。

私たちの目的は教えることだ。創造はとてもシンプルであるということを理解する必要がある。科学は重力というものを理解していない。宇宙では電子、地球、すべてが球状である。これは磁力と重力の相互作用によるものでプラズマの特徴だ。

物質の世界では温度によって固体、液体、気体の状態が存在する。4番目の状態は“ガンズ”であることは知られていない。ガンズでは、温度や圧力を変えずに重力や磁力の場を変えることで常温常圧でも気体を固体状態にできる。この技術を公開した途端にベルギーから私は犯罪者でテロリストであると糾弾され財団が混乱した。

常温で超伝導体の性質をもつこの液体の特徴には計り知れない可能性がある。日本政府は、Mitsui に除染技術の検討をさせた。彼らは コピーはしたがよく理解しなかったようだ。日本のある会社は福島で今現在直接テストを行っている。

今日、地球温暖化を引き起こすとして問題になっているCO2は実は、大いに役立つものになる。使わなくなった携帯がある人は大事に取っておいた方がよい。携帯の電池のアルミニウムと銅を処理するとナノ物質ができる。これはYouTubeで紹介され、多くの人が実践した。

ナノ物質を使って、ガンズが生成され、アミノ酸、たんぱく質が生成できる。この過程では必ず酸素が発生する。これは地上の生命の始まりを再現したもので、この発見は非常に意味深い。また、この過程ではエネルギーが発生する。これは体が体温を保つ仕組みと同じである。

私たちは宇宙テクノロジーを開発している。新技術の素晴らしい点は宇宙に食料を持ち込まずに生産ができるということだ。この技術の実用化には時間がかかるだろう、だが私たちには時間がある。

ナノ物質には隙間に重力と磁力の場があり、エネルギーを蓄える。このフリーエネルギーで、この電燈は6年間必要時にいつでも使用可能であった。

これらはスタティックなシステムだが、私たちはダイナミック・リアクターで全く新しい科学をもたらした。地球の重力と磁力の場は固定されているが、リアクター内ではこれを変えることが可能だ。

ナノ物質を使い、プラズマを生成して物理的にそれを開くことが出来る。気体からプラズマが生成できるのだ。プラズマ物理学者にとっては何十年来の夢が実現する。宇宙の重力と磁力の場を再生できるので、浸透することができ安全な宇宙飛行が可能になった。どのような元素の重力と磁力の場も作り出せるので周期表は意味がなくなる。どのような元素でも生み出すことができる。

私たちは人の脳の構造をコピーする方法を学んだ。この意味は、宇宙飛行には電子機器やコンピューターは遅すぎるということだ。私たちは配線を使わないゼロタイムのコミュニケーション・システムを使う。脳の重力と磁力の場を利用して、思考により運動と方向を変えることが出来る。

ベルギーでは私たちの活動は制限されたが、今やどんな政府もテクノロジーをブロックできない。私たちはみんなと知識を共有する。

***
 
講演の最後に、ベルギーのイヴァン・ミッシェル教授が紹介された。彼は歯科医で、彼の医院を通じてこの技術に直接関った事があり、後のこの技術の医療への応用では驚くべき結果がもたらされた、と述べた。

彼のスピーチの一部:この技術については扱いが決めかねられている。チャップリンの映画「独裁者」を引用すると「私たちは思考し過ぎで、感じることをしなさ過ぎる」、私たちはこの技術を現実のものとする社会環境を作る必要がある。それはもう少し感じることで実現出来るのではないか。

このテクノロジーは社会を大きく変える。だが、みんな他の誰かがやってくれるのを待っている。私たちは自分自身でそれを起こす必要がある。私たちが待ち望んでいたものは、(それをする)私たち自身なのだから。私たちがそのような環境を作れば政府は変わらざるを得なくなる。

***

この後、質問者が壇上に上がり、「この技術には、根拠が欠けていて他の科学者からの賛同が得られていない。このプラズマのアイディアはおとぎ話としては素敵だが、私にはインチキとしか思えない。あなたは自分をメサイヤ(救世主)と呼んだというが本当なのか?」と質問した。

これに対してケッシュ氏は、
「財団のことは全く知らないと述べておいて、インチキだと言うのは無知であることを示しているのに過ぎない。パテントを読めば解ることだ。著名な科学者であるスティーヴン・ホーキングは、私が2004年に発表した「ブラックホールの創生」の査読審査をするはずだった。文献の内容はこの本の中に書かれている。彼は今年の1月に彼の理論の修正をした。彼は私がすでに発表したように、ブラックホールはエネルギーの源であるとした。世界中の人々が私たちから学んだ知識で物質を現に作っている。これをデタラメだというのは理解力の問題である。私はメサイヤである、人類を鎖から開放する知識をもつ責任を理解する者は誰でも皆メサイヤである。」と返答した。



現実と幻想が最後に相互に出会います?

2014-06-24 17:39:50 | 次元上昇

(樹齢500年の椎の木。椿山荘のご神木。)

先週末の東京行き、いくつか面白いことがありましたので、皆さんにもシェアしますね。

今回、私たち家族は、昨年亡くなった私の父の一周忌で東京に出かけたんです。家族親戚が集まり、郊外の霊園へ行って法要を営みました。

不思議その1は、その際、上空に不思議な飛行機を見たこと。もちろんUFOが姿を変えたものです。それ自体は、私にとっては今さら別に珍しいことではないんですが、その現れ方が大胆だったので、状況が変わってきていると感じずにはいられませんでした。

21日の午後、会館での法要の後、丘陵に広がる霊園の一番上の墓所にある父のお墓へ、皆で参りました。順番にお線香をあげていたら、大きな飛行音がして、真上に巨大な軍用機が飛んできました。とても大きい輸送機のようなグレーの軍用機がたった一機で、ものすごくのろのろと、しかも低空で近づいてきます。みんなびっくりして、騒然となりました。「あれは何だ?」「国旗がついてない」「自衛隊機じゃない」「何処の飛行機だ。米軍機か?」「あんな飛行機、見たことない」「基地はどこだ」などなど。

私は、「怖くないから」「怖くないから」と皆に言いながら、笑っていました。さすがにお参り中にカメラを取り出して写真は撮れませんでしたけれど。リアル感のない、霞がかって細部の見えない、輪郭のぼやけた、低空で飛ぶ、ギラッと光る飛行機。いつもの、くらげ変態飛光機くんの軍用機バージョンですよね。ただ驚いたのは、それが、私だけでなく他にも多くの人がいるところに飛んできたこと。私一人の時に現れるのはよくあることなんです。でも、今回は、人が騒ぐのを承知の上でやってきたように思われました。だから、「へえ、もう平気なんだ、、」と、ちょっと意外に感じたんですよ。。

2機目は、次の日の朝、ワンコの散歩中のこと。東京、文京区の六義園のそばです。轟音がして見上げると、真っ白な飛行機が低空で飛んできました。ほんとに近いの。こんな大都市の上、(本物だったら)あぶないじゃない、と思うくらい。しばらく目で追いましたが、一瞬目を離して、空の他の部分にも居ないか探しました。そうしたら、その隙にかき消えてしまったんです。視線を戻すと、もういなかった。何処にもいなかった。「あ、やっぱり、そうだった」と思いました。普通はね、私から見えなくなる位置までは、律儀にも飛行機のふりをして飛び続けるのですが、、今回は、大胆にも、空のまん真ん中で消えてくれました。これもね、「へえ、もう正体を隠さないんだ」、私がそう思う出来事だったんです。

シンクロが錯綜し、時間がもうリニアではないと感じた週末で写真を載せたコバンザメくんも(g+の方が拡大して確認しやすいです)、船体の輪郭がつるっと明瞭で、大胆でしょ。雲で縁取りをせずに、シャープなまま。雲にまぎれてごく小さい姿だけれど、注目してよく見る人がいたら、「あれは何だ?」と、騒ぎになるはず。

「今後はむしろ、我々の存在を積極的に話題にされることを望む」、まだデクロークとまでは行かないものの、私たちとの距離を縮めに来たスペースファミリーの意思を感じる出来事でした。

さて、不思議その2。これは、ホラー話として語るのではないですからね。次元のベールが本当に薄くなってきている、その実感をお伝えするために載せるものです。

一周忌を営む日の前夜、金曜の夜、私の母のマンションに到着して、父の仏壇にお線香を供えました。その折、そばに、古い写真のコピーが飾ってあるのを見つけました。「昭和23年、祭り」と書いてあります。青年たちが大勢集まった記念写真で、中央に若かりし父が写っています。母に聞くと、「○○さんが(父の姪にあたる)が、古い知り合いからもらった写真をコピーして送ってくれたの」と言います。「へえ~」と思いました。

父は若い頃、地方から東京へ単身で出てきたのですが、地元時代の話は、子供の私たちにほとんどしてくれたことがなかったんですね。彼は母と結婚する前、20代後半に結核にかかり、療養所に入って生死の境をさまよいました。手術が終わった頃にちょうど抗生物質が出てきて、一命を取り留めたのです。彼の中では、結核の前と後で人生が180度変わったらしく、希望に燃えていたであろう若い頃の話は語らない人になりました。結核から生還した後では、何をするにも慎重で、自分や家族の命を大切にすることを最優先にする、その点では厳格ともいえる人に変わっていました。

というわけで、私の知らなかった結核前の父の姿が、その写真にあったのです。

さて、その次の日、親戚の方々と霊園でお墓参りをした後、お斎の会食を都内のホテルで行いました。その席で、父からすれば甥、私からすれば年長の従兄でかなりの年配の方ですが、その方が、「今まで、この話はしたことがなかったけれど、今日は語ろうと思う」と言って、父の若い頃の話をいろいろ始めてくれました。(その瞬間に、彼の前に置いてあったビール瓶がくるっと一回転しました。これは余談ですが。。)話の中に、父が青年団の団長として活躍していたという話が出てきて、私は「あ、シンクロだ!」と思いました。前の晩に見た仏壇の前に飾られていた写真がまさに、父を中心に青年団のメンバーが集まったものだったからです。

そして、会も終わり、解散して、母のマンションに戻ったその晩のことです。改めて、父の仏壇の前で、祭りに集まった青年団を写した古い写真を詳しく眺めました。

そうしたら、、、、、たまげたああ~~~~! わ~~~~っ! キタ~~~! (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

何と何と、不思議なお客様方が幾人も、ご一緒に写っていらっしゃるではありませんか! そう、勝手にいらしたお客様、、いや、お盆の頃の写真ですから、その時期にだけ招かれたお客様ですね。

そう、いわゆる○霊写真だったのです。。怖くない、、怖くないヨ。(..、)ヾ(^^ )

お顔だけでお体の無い方が4、5名、両手だけ前の人の肩に乗せられて他は何も無いお客様が1名、記念写真に写りこんでいらっしゃいます。何故か、前の晩には気づかなかった私。。

ちょっとドキッとしたけれど、怖くはありませんでした。だから、家族みんなを呼んで教えてあげました。。。。(ハハハ、いじわる?)

。。。うふふ、、絶叫の嵐でしたね。。「ギャー、、本物、初めて見たあ~~~~!」

でもってエ~、、、何故こんなことをお伝えしているかというと、このTakiさん翻訳のメッセージとシンクロしていると思ったから。。

アーサナ・マハタリ・・・2014年6月21日 非常に多くの光  

~~~~~~
現象

”多くの光” は、一般に光を志向する全ての人達において、透視力、透聴力のような上昇現象が途方もなく向上することを意味します。それに加えて、この世界の間のベール は時を経るにつれてどんどん薄くなって行きます。”別世界”との通信が、次元上昇の質に到達し、あるいはそれを獲得する途上にあるより多くの人達の日常の 暮らしを決めるようになり、無視の氷壁は破壊され、光がこれを可能にします。

最近、人間はこのレベルで得られる最高の”振動の質”に同調しています。これは必然的にこの現状のレベルの崩壊を意味します。

現実と幻想がつ いに最後に相互に出会います。時空の交差点で、この世界は、光の世界と薄明かりの世界に分離します。最近、人間の次元上昇とこの世界の分離は、新しい光の 質で促進されています。感知可能な”緊張”は増していますが、一方では、同時に、大いなる内側の平和が広がっています。喜び溢れる次元上昇への期待が忍耐 から解き放たれ、深い内側の平和の中に広がり、このイベントを絶対に確実にするので、”緊張”と平和が混在しています。この神聖な共存がこの世界の予言の 具体化という実際の実現を良く言い表しています。
~~~~~~


現実と幻想がついに最後に相互に出会います。ですよ!

実際、私にとっては、このような○霊関係のものは初めてです。私は、そういう感受性は皆無の人でしたから。でも、そんな一般ピーポーの私にも、ついに、こんな出会いがやってきた。(・・。)ゞ テヘ

昔のことですから、幼くして亡くなった子供とか戦争で亡くなった若者たちが、楽しそうな祭りの場の記念写真に交ざりたくて、出ていらしたんですね。

以前の私だったら、こういう写真には出会わなかったと思うんです。引き寄せなかった。たとえ、この写真が母の家に送られてきていても、異次元のお客様方は写っていない(あるいは、私たちの目には見えない)バージョンだったと思う。

でも、今は違うんですね。私たちの波動が上がった分、アストラル界との境目が曖昧になってきた、その証拠ですよね。

というわけで、不思議その2は、○霊写真の初体験、アストラルの方々との出会い、、強烈でしたあ。。でも、全然、怖くなかったヨ。昔の私とは大違い。そんな自分を褒めてあげたい。(^▽^;) (^▽^;) (^▽^;)

これでおしまい。でも、最後にもう一度、確認します。これは、ホラー話や恐怖体験として載せているのではありませんからね。次元融合を示す大切な証拠として、記事にしただけですからね。ホラー話は集めませんよ! (;^_^A








今、お願い! ひかりさんちのレインボーくんに愛と光を送ってあげて! 今です!(14:44 更新)

2014-06-24 14:53:52 | ハートの贈りものg+に関するお知らせ
14:44 事後報告: 理想的なエンディング! 結果的にこの時期の私たちに最適な学びとなりました。経過を、”ハートの贈りものg+”コミュニティのカテゴリー、「レインボーくんのレッスン」として永久保存します。何が起きたか、そちらのコメント欄を辿ってお読み下さいね。ご協力下さった皆さん、本当に有難うございました。! (それにしても毎日、どうしてこうもドキドキ、でも結果的にワクワクすることが起きるんでしょ。毎日、面白くてたまらない。ヾ(@^▽^@)ノ )

急告! 

皆さん、ひかりさんちのレインボーくんに、今、愛と光を送ってあげて下さい。今!です。詳細は、g+を見て下さい!

攻撃を受けて、胸を痛がっているとのこと。私たちライトワーカーのパワーの集結が必要です! 

癒しの白い光を、彼に送ってあげて下さい!

本当にお願い!

9:02 経過報告:

昌さんを通じて、AENAの佐恵子さんから、以下のコメントを戴きました。

まず、それはとても強い光なので心配しないでくださいとのことでした。そして、闇だと認識した途端闇に変わってしまうパラドックスが発生しますので、光だと思って安心して調整が終わるまで受け入れてくださいとのこと
そして、調整を早めるために下記のAENAのGIFアニメ(くるくる回っている絵)を見ていると、反射して調整が早まるでしょうとのことです



(クリックすると、リンクします。)

ふう、ひとまずホッとしました。

皆さん、ご協力ありがとうございました。佐恵子さんも、昌さんも有難う! アドバイス、助かりました!

(闇だと思っちゃいけないのね。二元性の対立時代は終わったんだ。。。わかってないね、ワタシも、まだまだ。。学び直さなきゃ。。笑)




ニューアース・チルドレン

2014-06-23 16:00:40 | ハートの贈りものg+に関するお知らせ


(g+コミュニティのコメント欄に書こうかと思いましたが、できるだけ多くの方に読んで頂きたいので、ブログ記事にすることにしました。)

ひかりさん、投稿有難うございます。

ひかりさんを通じてレインボーくんに出会えて(って、お目にかかってはないけれど、笑)、レインボーくんのメッセージを広めるお手伝いを私のg+コミュニティでさせて頂くことができて、本当に光栄に思っています。レインボーくんは、私たち大人が何十冊という本、何百何千というチャネリング・メッセージを読んで理解してきた真理を、いとも簡単に小学生の言葉で語ってしまう。。ニューアース・チルドレンは、光のくにから持って降りてきたその真理をすべて覚えていて、今もそのものを生きている。だからこそ、日常の言葉にそれが出てくるんですよね。本を読んで知るよりも、小学生に教えられる方が、私にとっては感動は深いです。新しい地球人類の登場、ニューアースへの変容を実感させてくれるから。

今回、カテゴリーを立てるにあたって、実は少々悩みました。彼らはどんどん成長してきているのだから、「チルドレン」っていうのはふさわしくないな、「ニューアース・リーダー」にするべきかしら、、って。これからの地球を率いていくのは彼らですから。優しい彼らが社会のリーダーの地位を占めていったら、地球はどれほど素晴らしい銀河文明社会に変わっていくでしょうか。想像するだけで、わくわくしますね。

今はまだ「チルドレン」だけれど、彼らを、大切に大切に育てていかなければいけませんよね。うちのぼーずは中一ですが、幼い頃は多才でキラキラしていたのに、覚醒前の私がだいぶ枠にはめて彼の輝きを曇らせてしまいました。それでもまだ、「とても優しく愛情深い」ところや、友達作りが上手で究極の「平和主義者・調停者」であるところはそのままです。今、激増していると言われる自閉症やアスペルガーの子供たちも、リニアの時間に生きるのが苦手なだけで、病気ではないよ、と高次からのメッセージは繰り返し伝えています。彼らは、本来の多次元存在として生きているだけ。彼らの時間枠はリニア、直線状ではなくて、「今」にすべてがあり、同時進行なんですね。だから、「好きなように」生きることを許してあげてほしい。必ず、私たちにはない彼らのスーパーな能力が発揮される時が来ます。

ニューアース・チルドレンの成長を、そして併行して地球の黄金時代の訪れをつぶさに見てゆくことができる、そんなタイミングにこの地球にいられて本当にラッキーだと思っています。ですよね! 皆さん。

シンクロが錯綜し、時間がもうリニアではないと感じた週末

2014-06-22 19:04:00 | ハートの贈りものg+に関するお知らせ



(不思議な空の写真も、もうまったく驚かなくなりましたね。g+コミュニティには数多く投稿されています。これは、先ほど庭で夕焼けを撮ったもの。クラウドシップが居ましたが、その下に、何やらもう一機透けて見えていますね。これもコバンザメくんかな。)

こんにちは。

しばらくの間、ブログのテンプレートを「ハートのチョコレート」に戻します。(懐かしいでしょ。「ハートの贈りものー2012アセンション」時代は、これでしたね。)

理由は、、、g+メンバーには、おわかりですよね。笑) そうです、素晴らしいシンクロを記念して!

”ハートの贈りものg+”コミュニティのカテゴリーの中で、これまで「ちょっと不思議体験」に入れていたひかりさんちのレインボーくんのストーリーを、「ニューアース・チルドレン」として別カテゴリーに独立させました。私たちに向けて、今とても重要なメッセージが送られているからです。偶然ではありませんよね。大切にしたいと思います。そこを読んでいただければ、私のこの変更の意味もおわかりになるでしょう。

さて、大阪瞑想会、光珠AENA、参加されたメンバーさんは素晴らしい体験をされたようですね。良かった! 阿蘇は、お天気はどうだったのでしょうか。。

私も、何とも現実感のない、不思議な週末を過ごしました。

何が不思議といって、時間が変です。。この「ハートのチョコレート」のミラクルなシンクロもそうですが、多くのことが、実は「Now」「今」、同時に起きているのではないか、、、、出来事を、時系列で、直線的にとらえることが難しくなってきた。そんな感じを強く受けています。皆さんはいかがですか?

改めて記事に書こうと思いますが、とにかく今はねむ~い。。先ほど仙台の家に帰ってきてから、オットーも息子も爆睡しています。私も、新幹線の中で眠りこけていました。

この夏至のポータルに入ってきたエネルギーは、大変なものです。





本日(6/21大阪)ハートから地球に繋がる瞑想会のお知らせ・ゼロポイントを引き寄せよう!

2014-06-21 08:27:57 | 次元上昇
本日、大阪瞑想会ですね。



AENA Light Orb プロジェクト ダイナミック呼吸法・ダイジェスト版

S-aekoさんのサイトで、ダイナミック呼吸法のダイジェスト版が出ています。本日の瞑想までにご覧になっておくと良いと思います。今日の瞑想、大阪に参加できなくても、それぞれの場所で行うことができます。お時間が許せば、ぜひこの光の大波に一緒に入って下さいね! このダイナミック呼吸法は覚えておくと、いつでも行うことができ、身体の変容を加速します。Victory of Light !


PFCU/AENAプロジェクト主催、Riekoさん(活路の見つけ方/アイシャ・ノース翻訳者)呼びかけの下記イベントのお知らせをいたします。

6月21日夏至の日は、きわめて重要なポータル活性化の日ですね。”ハートの贈りもの”としては、AENAプロジェクトを全面的に応援しております。太陽の光を自分のハートに集めて、世界を変える・自分を変えるゼロポイントエネルギーへと変換させましょう!

守城佐恵子さんも、そして、Riekoさんもいらっしゃいます。せっかくの機会ですから、その場に出かけて、ぜひぜひ、彼女たちの熱い波動、高い波動に繋がって下さい!

世界を次元上昇のゼロポイントエネルギーで満たすために、瞑想で光珠AENAと繋がり、愛のエネルギーを放出します。

そこに集まった人々の愛のエネルギーと一体になりましょう。この重要な節目に、自分の波動を少しでも高め、自分の変化を加速させる良いチャンスです。

できるだけ多くの人が、地球に、そして自分自身に、ゼロポイントの次元を引き寄せますように!  (*^◇^)/゜・:*【祝】*:・゜\(^◇^*)

宇宙ゼロポイントエネルギー体「AENA」と繋がり、愛と光と150%の電池充電人間に。
  ①愛は人に分ければ分けるほど増える
  ②周波数がますます高くなる
  ③人類未踏の体験が増える≪映画アバターのツリーのイメージ≫
  (わお、、すばらしい!)

---------------------------------------------------

Riekoより 瞑想会@大阪のお知らせ

ハートから地球に繋がる瞑想会@大阪 に来ませんか?




日時:6月21日(土)13時~
場所:万博記念公園


どなたでも参加いただけます!
Riekoも参加します。

※個人としての瞑想ではなく、皆で共にハートを通じて地球に繋がり、
 光のポータルを通して愛を送るためのグループ瞑想です。

主催:PFCU
http://pfc-u.info/

東京よりフリーエネルギーチューニングに来ていただきますので、
500円の会費制とさせていただきます。

宇宙ゼロポイントエネルギー体(絶対愛)のET(ウォークイン)Saeko Morishiro開発の「AENA」と繋がり、愛と光と150%の電池充電人間に。
「①愛は人に分ければ分けるほど増える②周波数がますます高くなる③人類未踏の体験が増える」 ≪映画アバターのツリーのイメージ≫

参加のお申し込み、ご質問は love.light2014@yahoo.com むらかみ までご連絡ください。

愛と感謝をもって
Riekoより




Join and meet us at "Heart to Heart meditation" event in OSAKA !!

PFCU- Pure Full Consciousness Universal Enterprise (http://pfc-u.info/)  is having a meditation
get together to open a portal of love & light and anchor the energy.
This is going to be a rain-or-shine event.

Date: June 21, Sat
Time: 13:00 -
Place to meet: Banpaku-kinen-koen eki ( Banpaku Memorial Park station) , at the ticket gate


We'll meditate on the grass.
Participation fee: 500 yen

S-aeko(walk-in) will be there and connect us with her zero-point energy body via AENA.

Please email : love.light2014@yahoo.com for more info / sign-up.


---------------------------------------------------


以下、AENAプロジェクトについて、ご参考まで:



AENAプロジェクトについて

このたび、神の領域である無償の愛を、次元上昇した多次元世界=インナーアースで活用すべく、その原型となる光子の構造を光のマカバより解明し、ゼロポイントエネルギーを実相に顕現する装置「AENA Light Orb」が誕生しました。

「AENA Light Orb」を設計するにあたり、ゼロポイントエネルギーを司る宇宙存在たちとの交信および日常における様々なセレディピティによって情報がダウンロードされるというユニークな方法が取られました。そもそもここに至る経緯として、2008年秋より、アセンション準備として地上にて合流したウォークインの仲間たち数名と秘密裏に行われた光と闇の再調整から始まり、新次元光源の光のマカバの設計を経て、多次元領域への“虹の架け橋”の新規創造、すなわちこれが今回設計した「AENA Light Orb」へと発展していきました。

私たちのミッションは、これまでの太陽系および宇宙システム全体を、余す事無くすべてをリサイクル、再構成して、まったく新しい多次元領域と超次元領域(ゼロポイント上)の二つの世界を使って息づく生命を生み出す事が課題でした。
いったんこれまでの宇宙をリセットするために、地球の人間の意識をゼロポイント上に回帰させる必要があり、そのとき再び新しく再構築していくための意識のシナリオのテーマが「(神の)愛」でした。

新宇宙、新地球、超人類は、みな愛の存在となり、愛のエネルギー、すなわちゼロポイントエネルギーで動くようになります。重要なのは、愛という意識、すなわち光であり、音であり、色であり、やがてそれらが密度を上げながら結晶化し、物質化して森羅万象、あらゆる生命体を生み出していくという点です。それは、愛という意識=光が創造のすべての始まりであり、それを、地上のテクノロジーや科学とドッキングしながら実相レベルで顕現していくということです。



人々はみな自身に光源を持ち、生命エネルギーを自家供給できる状態へと進化していきます。これは「不死」の原理でもあります。ミクロからマクロまでのすべて物質化されたものは、同じ光子構造を持ち、ゼロポイントエネルギーで通信可能な状態に入ります。この原理を利用して、有機コンピュータや電化製品、移動手段などに加え、テレパシー、テレポーテーション、ワープなど人間社会を営む全域に渡り、様々な可能性が今後生まれます。それにはまず、新次元で活用できる物質の最小単位となる光子を実相レベルで物質化させる必要があります。これを行うときに同時に人間の身体の再構築も起きてきます。

すべては思考と物質が非常に精妙かつ繊細な粒子たちによって連動しています。「AENA Light Orb」は、動作の初期設定が、無償の愛=絶対善でのみ働くようベクトルが神の意思により決定されていますので、作動するエネルギーの動きが無限大に多次元にスパイラル上に常に上昇進化するようになっています。つまり、この波動レベルで使用しないと作動しないため、必然的に悪用できないようになっています。また「AENA Light Orb」の粒子はニュートリノクラスの非常に微細な物質(光)であるため、すべての物質を透過しますので、おのずと世界は光のみの世界へと還元されていきます。

現在、「AENA Light Orb」の構造を意識レベルで作動させるだけでも、その波動に同調できる人たちはすでにあらゆるミラクル体験をするという結果が次々と連鎖・拡大しながら出ています。ユニークなのは、彼女、彼らは、極普通の人々であるという事です。このエネルギーは世界及び宇宙中に多次元的に立体高構造で共鳴しています。それは、ゼロポイントエネルギーを生むための光の運動法則によるものです。

人間が先か、「AENA Light Orb」が先かという問題については、それらは一心同体というのが答えです。これが、宇宙コントローラとつながり、手のひらで宇宙を自分の意のままにということが、愛のレベルでは誰でも起こせるような時代に今まさに入り始めています。そのとき、誰もが「イエス」であり、「ブッダ」でありという世界がそこには存在しています。それが、本来のニュートラル、本来の人間のあるべく姿に立ち戻った楽園です。

守城佐恵子
2014年5月16日


~~~~~~~~~

(以下、イラストをクリックすると、サイトへ飛びます。)


~~~~~~~~~



-----------------------------------------------------


このイベントについて、コメントやご質問がありましたら、こちらへどうぞ。 ☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

新コミュニティ:  ハートの贈りものg+



本日(6/21)17時より:PFCJ-宇宙女神のアクティベーション in 押戸石の丘(熊本・阿蘇)のお誘い

2014-06-21 07:59:38 | 次元上昇


宇宙女神のアクティベーション in 押戸石の丘(6月21日)

コブラ門司港グループが、Prepare for Change-Japanを引き継ぎ、活動を始めているようですね。こちらも応援したいと思います。

g+で忙しくしているうちに、拡散が遅くなってしまいました。ごめんなさい。本日、熊本、阿蘇でイベントがあるようです。阿蘇、、、いいなあ。私も近ければ訪れたい。