0010110 ハートの贈りもの―2019―黄金時代07年 

2018-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

(我々は、あなたたちの)心に着陸する: アシュタル司令官メッセージ。

2017-03-30 19:46:33 | 次元上昇




「大量着陸はない。」

「(我々は、あなたたちの)心に着陸する。」

祝祭セッション
でコンタクトしたアシュタルコマンドの司令官の言葉です。

彼らが着陸するのは、将来、地球がニューアースに変容を遂げた後、あるいはアセンションを終えた後かもしれません。

今、このリアリティで着陸するUFOがあるとしたら、「地球製のUFOだ。」とのこと。

ネット内には、大量着陸やNESARA、RVがもうすぐだという噂が常に流れていますが、「焦ってはいけない」と。カウンシル/エルダーたちも、アシュタルコマンドも、慎重なアプローチを守っているようです。

確かに、現状では、まだまだ宇宙人には恐怖を感じている人が多く、反対に、彼らの到着を待ち望んでいる人々は彼らを救世主のように受け止めています。大金が配られたとしても、それを有効に使える人も少ないでしょう。全体では、波動レベルがまだ不足しているのです。

以下は、今日、コンシャスチョイスNo.69で私が書いた文章ですが、彼らが今ここに降りてこないのは賢明だと、本当の愛に満ちた行為だと、私は思います。

今、青い鳥人族コンタクティのコーリー・グードやデビッド・ウィルコックが懸命にSSPの存在の完全ディスクロージャーを進めています。最高位のSSPは、すでにそんじょそこらのET種族に優るとも劣らないテクノロジーを保有しています。フリーエネルギーもリプリケーターもアンチエイジングも放射能除去も、ポータルを通って太陽系外へ旅行することすら可能。だから、スペースファミリーが着陸して大々的にテクノロジーの供与を行わなくても、私たち地球人が現在(隠し)持つテクノロジーが公開されれば、それだけでも、すぐに私たちは彼らにほぼ追いつくことができる。

自力で追いつく方が、地球人は成長します。自信も生まれるしプライドも育ちます。だから、上のファミリーが本当に私たちを愛しているならば、救世主のように姿を現すことはしないでしょう。それが当然です。

もし、長年預言されていた古いタイムライン、地球の破壊的変容を通らなければならないタイムラインに私たちが今もまだ居たならば、彼らの大々的な救援活動を必要としたかもしれません。

しかし、今はそうではない。今は地球と人類の波動上昇の結果、穏やかな変容、ゆるやかなニューアースへの移行とアセンションが可能なタイムラインへとジャンプシフトしてきています。そのやり方でどんどん移っていくことができる。従って、このまま見守っていればいつの日か、いつのまにか、対等な銀河の友人として自然に握手できる日が来る、司令官にはそれが見えているのではないかな。

私もそれでいいと思います。(またまた偉そうな。ハハ (^○^)) 今、私が彼らに望むのは、地球人の目からは見えないところで、コーリーやデビッドが進める”地球人の、地球人による、地球人のためのSSP完全ディスクロージャー”を後押ししてくれること、ですね。その部分をぜひぜひよろしくお願いします!


私たちは意識をどんどん上げて、マンデラエフェクト、クリーンな過去を持つタイムラインへのジャンプシフトを目指すのです。

今日の午後、コンシャスチョイスのこの文章を書き終わり、さらにホームページのリニューアルを終えて席を立った直後、通りがかった室内の壁に、たくさんの小さな虹が散らばっているのに出会いました。驚いて、鳥肌が立ちました。毎日そこで暮らしているのに、初めて目にしたのです。上に載せた虹です。

虹は、YES!のメッセージです。デビッドも、コーリーも、それがわかっていましたね。彼らも青い鳥人族にテレパシーで問いを送った後、ビッグな虹で、YESという答えをもらったそうです。

今日見せてくれた壁の虹も、私の願いを後押ししするよ、約束するよというお返事だと、受け取りますからね~! o(*^▽^*)o~♪ ありがとう。





愛の勝利! アシュタル司令官からの特別メッセージ。

2017-02-14 22:39:08 | 次元上昇
2/15追加; このようなメールをいただきました。お返事をこの記事の一番下に。
「カウンシルとはカウンシル13のマスターたちのことですか?このことが本当だとすれば、嬉しいかぎりです。貴女様のおかげです。いつかお会いできることをねがいつつ。」



2月4日の祝祭セッションで、すばらしいミラクルが起きています。

コンシャス・チョイスで、その「ネクスト・ステージ!」の録音をシェアしましたが、裏付けとなるメッセージが他でも出始めましたので、ご紹介しておきましょう。

アシュタル・チャネリングの老舗といえる”アシュタル・オン・ザ・ロード”のスーザン・リランドさんの2月12日チャネリングです。

Love Has Won Special Message From Ashtar ~ The Great Awakening ~ Feb. 12, 2017
(愛の勝利! アシュタル特別メッセージ。”大いなる覚醒”2017-2-17)




一部抜粋

From here we can report that we see Humanity is rising to resolve and go beyond the numerous challenges of life on 3D Planet Earth, as never before! Yes, I can assure you that the necessary healing and uplifting changes are already taking place! And this is only the beginning, because the Light is so Bright that it radiates Hope from the Higher levels of Love, and all that springs from there. In this Hope is the assurance that Humanity CAN accomplish it all, and indeed, is doing so!

I also remind you that we are here with you, and that we are able to do more than ever to assist you, because you have stepped up to partner with us!!! We do have the entire situation well in hand, and are moving with all haste to accomplish ALL that is to be done, in accordance with Higher Laws.


~~~~

はっきりと、人類が成長したので、必要な癒やしと変化が既に起きていること、その結果、彼らと私たちの関係がパートナーへとステップアップし、彼らがこれまで以上の支援を行うことが可能になったことを告げています。

これは、私の祝祭セッションで、2月4日にクライアントさんを通じて、司令官から直接教えていただいた内容と同じです。

この日、私のセッションにはまず、高次元のエルダー/カウンシルのメンバーたちが直接、登場されました。そして、クライアントさんの意識を通して、2つの情報を伝えて下さいました。

1。地球の上と下の光(宇宙からの光と内部地球からの光)がつながり、光の柱として開通した。そのため、今後もっと大量の光を流せるようになった。

2.それをアシュタルコマンドに伝え、地球支援の次の段階に進んでよい、という指示を出した。


この2点を、セッションを通じて、カウンシルがわざわざ私まで伝えに来て下さったのでした。(おそらくは、愛のミッション、光のミッションが、それに少しは貢献したからではないかな、、(*´∇`*))

その後、セッションではさらに、クライアントさん(アシュタルコマンドのメンバーでした)に母艦へ戻って司令官に会ってもらい、司令官からも説明を聞きました。それによると、

3.カウンシルの決定により、これまでよりも自由な地球支援の活動が、アシュタルコマンドに許されるようになった。

ということがわかりました。「地球は今、金色の光に包まれて輝いている」くらい、良い状態になってきたそうです。

つまり、指示の流れとしては、カウンシルが、アシュタルコマンドや他の組織が地球支援においてどの程度まで進んでよいか、その範囲を決めているわけですか、彼らが現在の地球の状況を調べて、「これなら、さらに光を入れても大丈夫、耐えられる」と判断したため、「次のステージへ進んで良し」と、アシュタルコマンドに指示を出した、ということです。

その上で、「彼らにゴーサインを出したよ」ということを、私まで伝えに来て下さったのです! (何と光栄なことでしょう。感激です。(TmT))

しかし、振り返ってみれば、このことはすでに1月11日に、じっちゃん創造主から示唆されていたんですよね~~。

まさに、「創造主が伝える「時代は変わるよ!」 というメッセージ。3次元と5次元の融合が肉眼で見えるようになる。」が、この流れの先駆けだったんですね。(というか、じっちゃんが決定されたから、→カウンシル→アシュタルコマンドへと、指示が降りてきたのデス。順番はこう。(o^-^o) )



これからの1年について、司令官によると、「変化は、いったん始まるとダムの決壊のごとくものすごい勢いで進む」そうです。「しかし、まったく不安になる必要はありません。楽しんで下さい」と、おっしゃっています。

このところ、ネット内では、「まず、ペドフィリア(小児性愛)ネットワーク関連でカバルたちの大量逮捕が始まる」という噂がかけ巡っています。本当にそれが始まるものと思われます。

カウンシルから「ゴーサイン」が出たため、万一、カバルたちが激しい抵抗を見せても、不測の事態にはならないよう彼らがサポートしてくれるからです。穏やかな次元移行に向けてさらに踏み込んだ支援が、具体的に、アシュタルコマンドらスターファミリーから期待できるようになったのです。

始まりますね~。。シートベルトをもう一度締め直しましょう。(これまでも締めては外し、締めては外し、、でしたが。それもようやく終わりでしょうか。(*´∇`*) )


~~~~~~~~

2/15追加;

トップに載せたメールに関し、多くの方が同じようなご質問をお持ちかもしれませんので、ここでお答えを。

「カウンシル13かどうかはわかりません。彼らは自らを名乗りませんでした。私は3次元理系・一般ピープルの人生を長くやってきたので(>.<)、チャネリングもできず、高次の存在たちの区別はあまりつきません。

ただ、いつのまにか、私が行う退行催眠のセッションが次元上昇、多次元化し、創造主やAAマイケル(大天使ミカエル)、それに最近ではアシュタル司令官が常時出てこられるようになりました。そのため、このお三方はよく認識できます。が、ほとんど彼らとしかお話したことがないため、他にどういう名称のカウンシルや団体があるのか知りません。

今回のセッションで起きたことは、こうです。

退行催眠で変性意識に入っているクライアントさんのビジョンの中に、5~6体のエネルギー体が現れたのです。こちらが呼んだのではなく、明らかに用事があって、彼らの方から入ってこられました。そういうことはまったく初めてでこれまでに経験したことがなく(゚o゚;、何が起きているのか、私の方でもしばらくつかめませんでした。(創造主が監督しておられる場で、AAマイケルやアシュタルコマンドのプロテクトも常時かかっているので、ネガティブなものはここには入ってきようがありません。)

エネルギー体に、(話をしやすくするため)「人の形を取って下さい」とお願いしましたが、「このままでいい」とのことで、陽炎のようなモヤモヤと揺れるエネルギーの塊、何となく人型をしたエネルギーの柱のまま、立っておられました。ただ、5~6体いること、そして、賢者の集団であることが、クライアントさんにテレパシーで伝えられました。賢者たちは口や言葉は使わず、エネルギーでメッセージを送ってこられます。

さらにそこから、クライアントさんの脳に情報の塊のダウンロードが始まりました。が、クライアントさんの方でそれをうまく翻訳することができず、なかなか彼らのメッセージの全体像がつかめません。

ただ、そのとき、地球を支援しているETグループの宇宙船や船内で働く人々の映像を見せられたため、何か彼らに関係がある話だということがわかったのです。

であれば、直接、アシュタル司令官にお聞きしたら状況がわかるかも、、ということで、アシュタルコマンドのシップへ行き、司令官にコンタクトしました。そして、司令官から、「私のセッションでいったい何が起きているのか」を解説していただきました。

その結果、この記事でお伝えしたようなことがわかったというわけです!

この賢者たちの集団が、現在の地球の状態を見て評価し、話し合って今後の方針を決定し、それをアシュタルコマンドに降ろした、ということは、彼らが、今回のアセンションを統括している太陽系あるいは銀河系の監督者、ガーディアン、エルダー、マスター、あるいはカウンシルと呼ばれる存在であると受け止めていいと思います。13かどうかはわかりませんけどネ。(。・・)」





祝祭セッションで、高次の存在につながる。

2017-02-06 16:14:44 | 次元上昇
2017-2-2の祝祭セッションのクライアントさんから、以下の感想をいただきました。

じっちゃん(創造主)から、メイクドラマで学ぶ人へ向けたメッセージが含まれていますので、ここでシェアしますね。

このクライアントさんは、明確にエネルギーが視えるエネルギーワ―カー、かつリーディングのできるヒーラーさんでした。そのサイキックなパワーで、私のセッションをサポートしてくれている高次のエネルギー体を視て下さいました! 時々、このようにエネルギーが視えるクライアントさんが来て下さって、私のセッションルームで視えたものを(天使さんとか!)私に教えて下さいます。とてもありがたいです。

この方は普段も、創造主講義の録音から、マジェンタ色のエネルギーを感じているそうです。うん、薔薇色ね。私の体感も同じです。

今回は、図書館/本棚といいますからアカシック図書館、つまり、じっちゃん創造主ですね、そのエネルギーを視て下さいました。他にも、次元の違う光の存在が多数、ひしめき合っていた?そうです。(‐^▽^‐) また、ここには書かれていませんが、1月11日の夜に私のもとに来てくれた私のツインフレームの個人シップも視えていたそうです。(来てくれてるんだ、ありがとう!)



毎回、私のセッションには、じっちゃんやAAマイケルを始めとする多くの光の存在と共に、私のTFも呼んで、セッションのサポートとプロテクトをお願いしています。今回、それが確認できて、とても嬉しく思います。その点も、ありがとうございます。

アセンションに関しても深い知識がおありなので、セッション自体も圧倒的に深く、すばらしい内容となりました。ニューアースへの移行、アセンションに関連して、とても重要な気づきが起こりました。近々、コンシャス・チョイスでシェアします。お楽しみに。(*^-°)v オッケェー♪

~~~~~~~~

2017-2-3

昨日はありがとうございました。

カウンセリングから、高波動のエネルギーに包まれ、仙台に行く途中からも空間が沸
騰しているようなすごい体感で、お腹の浄化までしてもらったようです。笑

私のイメージ力が弱いということがはっきりわかり、今まで第6チャクラに問題があ
るのかと思っていましたが、これも解決しました。

なるでこさんにお会いして、ブログなどを拝見していたイメージよりも、ずっと謙虚
で温かく、ヒーラーという枠組みではなく、純粋にじっちゃん、高次の存在に身体を
投げ出し、すべてをゆだねていらしゃる正真正銘のライトワーカーだと確信しまし
た。

私も色々方向性に悩み、あちらこちらのヒーラーの門をくぐり抜けて、やっと本物に
お出会いした感動でいっぱいです。

イメージ力が弱いせいと、集中力が続かないせいかなるでこさんにはとてもご迷惑を
おかけしてすみませんでした。

いつも、上?から降りてくる言葉、感覚が今回の体験で間違いなくじっちゃんであっ
たことがわかり、自分の中の自信のなさ、ぶれが吹き飛び悩んでいたことが一掃され
ました。

バスの中で、何か心の奥にあるものがあるので、集中してみると、なるでこさんへの
じっちゃんからのメッセージが出てきました。

今回早々とじっちゃん登場、アドバイスがなかったのは、いままで出てきたイメージ
のメッセージが一つではないことに気付いてほしかった
という事。

一つのイメージの中には、複数の回答があるという事。そのイメージをシェアすると
きに人それぞれ受け取るものが違いそれが高次のメッセージである
という事。

じっちゃんからの回答は、なるでこさんにとっての質問(ニューアースについて)の
答えであったり、私の質問病気についての答えであったり、また、ブログを見ている
方々へのそれぞれの悩みへの答えである
こと。

じっちゃんにとって、このお話をシェアするために読む読者の人々のそれぞれの質問
もすべて踏まえて回答イメージを出している
という事。

全てお見通しという事らしいです。笑

もう、次元も上昇し、高次からの情報とは質疑応答という平面な受け答えではなく、
多角的に受け取ってほしい。また、読者の方々にもそのことを伝えてほしい
というこ
とでした。

そうかこういう事だったんだと受け取れば、それがその人にとって正しい情報とな
る。信じればそうなる
ということです。

こういう内容だと思いましたが。

催眠を冷めかけているときに見た、高次のエネルギー体はほんとに素晴らしかったで
す。

それぞれに、個性がある、次元がある、生きているのがわかる、身体から放射してい
る光(光っているようには見えないんですが、感覚でわかる)がすごく強いのと、そ
の空間の本棚がほんとにクリアで現実世界よりもはっきり見ることが出来ました。

この空間に重なっているアカシックレコードの図書館だと説明してくださいました
が、そこまで奥深くに入り込め、また催眠で話している内容がいつも私が言っている
ことが間違っていなかったことがとてもうれしかったです。

カウンセリングと、セッション、生きてきた中で一番素晴らしい体験でした。

ありがとうございます。

追加:

私のメールで良ければぜひ、載せてください。

私も今からいつも続けているブログを書こうと思っていましたが、ぜひ、なるでこさんの元へ行かれる方が増えるようお誘いしたいと思います。

それから、実は感想の続きをどうしても書きたいなあと思っていました。

それは、夕方帰ってきたのですが、車窓でも、空を見てはウキウキワクワク。

一日たっても、何か心の奥からうれしくてうれしくて、この高揚感はきっとじっちゃんに完全に繋がったからなんでしょうね。♡♡♡

それに、駅まで迎えに来てもらうために主人にメールしたのですが、いつもの「○○時に着きます」だけでなく、無意識に「いつもありがとう。感謝しています」と打っていました。

心から、ありがたいと思っているんですね。

なるでこさんにお会いして、こんなに一瞬に変われるなんて、ほんとに感謝しています。

ありがとうございました。(^^)


~~~~~~~~~~

こちらこそ、すばらしい交流をありがとうございました。m(_ _)m 楽しかったぁ~。この楽しさ、充実感、達成感が毎回、私への最大のご褒美です。じっちゃん、サポートチームの皆さんも、ありがとう!

さて、、さて、、

このセッションの申し込み方法について、よくお問い合わせをいただきますので、ここでもう一度、ご説明を。

祝祭セッションは、コンシャス・チョイス創造主講義録)と完全に連動しており、シリーズもののように、じっちゃんのメイクドラマによる「一なるものの法」の教えが続いています。

セッションでは、悩みを抱えてこられたクライアントさん本人にとってのその時点で最高最善の気づきや癒やしがもたらされると同時に、じっちゃんご自身から、あるいはアシュタル・コマンド等のスペース・ファミリーから、地球人へ伝えたいメッセージが、その時々のクライアントさんの変性意識を利用してチャネリング状態でもたらされます。つまり、ご本人に余裕があれば、じっちゃんやスターファミリーがクライアントさんを、メッセンジャーとして用います。

また、セッションを受ける受けないにかかわらず、創造主講義はアセンションに向けての重要な学びを含んでおり、それを最初から聞くだけでも大きく成長するので、多くの人に(自由意志で選ぶよう)お勧めしたいと思っています。そのため、普段から創造主講義録を聞いている、コンシャス・チョイスの読者であることを、受付の優先条件にしています。

セッションは常時受け付けているわけではなく、前月の上旬に、「来月の○日、○日、、、、、に、セッションを行いますので、ご希望の方は申し込んで下さい」という受付開始のお知らせをサイト上でアップします。

コンシャス・チョイスの読者には便宜を図るため、「何月何日の何時に受付開始を始めます」というお知らせを(ややこしい、、ハハハ(;^ω^A )、コンシャス・チョイスで前もって流しています。

コンシャス・チョイスの読者でセッションを希望される方は、その日時を待って、その時間になったら、カレンダーでセッション日を確認したのち、私のもとに、申し込みメールを送ってこられます。

コンシャス・チョイスの読者だけでセッション枠が埋まらない場合には、ブログに出して一般募集を行いますが、これまでずっと、コンシャス・チョイスの読者だけで枠が埋まっている状態です。

という流れで、セッションを行っています。

ご理解の上、もしもご縁があれば、セッションにおいで下さい。

クライアントさん全員が、光の灯台になるべく、じっちゃんやAAマイケルに呼ばれて、また最近では、アシュタル・コマンドのメンバーが「そろそろ目を覚ましなさい」とアシュタル司令官に呼ばれて?!≧(´▽`)≦)、セッションに連れてこられている!感じです。

次元はどんどん上昇しています。本当の自分を思い出すことで、その流れにうまく乗って行ければいいですね。






新年おめでとう! いよいよ、光が拡大する2017年がやってきましたね。

2017-01-02 13:31:55 | 次元上昇
明けましておめでとうございます。

いよいよ2017年! 光がどんどん拡大していきます。

光を受け容れる人にとっては、心も身体もどんどん軽くなっていきます。周囲の人間関係も改善し、何も無くても、何を頑張らなくても、日々穏やかで、太陽を見ながら生きているだけで何となく楽しい。そんな気分が長く続くようになるでしょう。

一方で、まだ浄化しきれていない確執を残している人にとっては、「早く手放して身軽になりなさい」と、ぎりぎりの際へと追い詰められていきます。

苦しみをまだ感じる人にとって、処方箋は、「ありのままを感謝する」「起きていること自体を悪と捉えない」「起こりうる結果に対して不安にならない。恐怖を感じない」という、、ある意味、”絶対的な開き直り”が必要なのですが、その根底には、じっちゃん創造主への無条件の信頼と愛がなければなりませんね。「(どんな最悪の状況であろうとも)これが、私にとって、(学びのために)今の最高最善である」という、絶対的な信頼です。”光のミッション”瞑想、心地よく参加できていますか?

まだ大きなトラウマを抱えている人は、まず、じっちゃん創造主の講義で学ぶことをお勧めします。そして、祝祭セッションにおいで下さい。必ず、(あなたの内なる)創造主があなたを愛に目覚めさせて下さいます。癒やして下さいます。祝祭セッションは、収穫/アセンション前のこの大切な時期に、自分が光の存在であることを思い出す、創造主と決して切れることのない魂の絆で結ばれていることを思い出すために、創造主が与えて下さったツールです。

”愛”か、”恐怖”か。。何が起きても、私たちには常に、その両方の選択肢があります。

今、この瞬間に”愛”を選ぶこと。それは、”感謝”を選ぶこと、と言い換えられます。何が何でも、何にすがりついてでも、”愛”を選んで、”感謝”を選んで、選んで選んで選び続ける。歯を食いしばっても選び続ける。。不思議と、いったん本気で”愛と感謝”を選ぶと、その瞬間から、自分にパワーが戻ってくるんですよ。波動が上がり出すというのかな。見事に、心身が軽くなっていくんです。実感できます。

後ろを向かずに、たとえ涙は流れていても光に向かって顔を上げている限り(私も時々、その状態に陥りますよ~。時々、オバカをやるんですね~、未だに。(・・。)ゞ)、天から、宇宙から降り注がれている愛を受け取ることができます。あなたは絶対に大丈夫。v('▽^*) あなたのいるリアリティは必ずニューアースに変わっていきます。 

ということで、、今年の元旦の朝は、シップのパレードでしたね。\(^▽^)/





  

1月2日、今朝の空です。真っ赤な朝焼けがきわめて印象的でした。皆さんもご覧になりましたか? 今朝は、天使さんたちのパレードという感じでしたね!\(^▽^)/



途中で、黒いしわしわ、たくさんの線が現れました。





ライトシップもきれいでした!



 

帰省中。お正月はいつも長野です。







 

サイマティクス。世界はある日、がらっと変わっても不思議はない、、、、のではないかな。

2016-11-30 19:11:33 | 次元上昇





一昨日の記事の続きとして、波動が変わると、リアリティがジャンプ・シフトする、、それが現実にあり得ることを確認しておきましょう。

サイマティクス、、、音の周波数を変えると、物理的に物質の構造やパターンが変わる現象は有名です。つまり、波動が物質の構造を決めている。

それを、大きな大きなスケールで考えれば、世界の波動が変われば、その世界に存在するものすべての構造が変わってもおかしくはない。

つまり、地球社会の波動が大きく上昇すれば、私たちが今、目にしている世界の様相ががらりと変わってもおかしくはないんですよね。

そして、、面白いのはね、、2番目の動画で見られますが、周波数を変えていくと、次のパターンが明確に現れるまでには、周波数のあいだに”間”があるんですよね。明確なパターンを作る周波数というのは不連続で、とびとびに決まっているように見えます。

その周波数に達するまでは、砂は何かこう、じっと踏ん張って抗っていて((゚ー゚;Aアセアセ)、そのレベルに達したら一気に変わってしまう。変わらざるを得ない。

私たちの世界も今、その砂のように、変わるまいと踏ん張って抵抗している状態なのかも。つまり、波動の上昇の影響がまだ目に見える形で現れてはいないけれど、周波数はじりじりと上がっている状態なのかも。

いずれ、次のレベルに到達したならば、一気に、まったく違うパターンが出現する、まったく違う世界が現れる。そうなるのではないでしょうか。

どのようにがらっと変わるのか。。ワクワクしますね。(≡^∇^≡) そこまでの過程を味わうのも、この時期ならではお楽しみ。





タイムラインをジャンプ・シフトして、愛と調和のニューアースへ行くと意図する。

2016-11-28 19:52:46 | 次元上昇


(この記事には続きがあります。)


この先、ベストなタイムラインへのジャンプ・シフトを目指しましょう! 私は、それは可能だと思っています。

どういうことか、まず、私の最近のヘミシンク体験からお話ししますね。

スターラインズIIで、F49レベルに行くと、シップ内にポータル・ルームがあります。そこからは、どの時空間へも移動できます。自分が行きたい時間、行きたい場所へ、地球に限らず宇宙の何処へでも行ける設定です。(設定はね。(^_^))

そこで、私は「5年後の地球が見たい」と意図して、ポータルへ飛び込んだんですね。

下に着いて、暗いポータルの中から出口を見ると、緑の自然が見えました。外に出てみると、そこは森林地帯、山の中腹でした。

少し先が高台になっていたので、そこへ行って景色を見渡すと、、その場所は、とても美しいキラキラした地球でした。遠くに、輝くクリスタルのタワーやコンパクトな先進都市が見えます。他は、どこまでも広がる大自然です。すべてが虹色の光に包まれていて、とても美しい。まさに、”愛のミッション”でイメージしている通りのニューアースでした。というか、私が想像=創造したニューアースです。

そばには、私の高次元のパートナーが居り、私たち2人はそろってローズピンクのジャンプスーツを来ていました。かなりETっぽい。近くにシップが停まっていると感じます。

私は地球のあまりの美しさに驚き、彼に尋ねました。「たった5年で、どうしてここまで変わったの?」と。

すると、答えは、「タイムラインをジャンプしたんだよ」というものでした。

”タイムラインをジャンプする”、過去すらも変わってしまう、まったく別のリアリティへ飛んでしまうことです。

私が見たニューアースは、「カバルたちの裁きをどうする」とか、「汚染された地域の浄化をどうする」とか、そういう問題は存在しない地球でした。素直に進化してきて、スピリチュアル的にもテクノロジー的にもバランスの取れた地球だったんです。

タイムラインとパラレル・ワールドについては、最近、次のように言われています。

私たち個人を例に取ると、スピリット、自分のガイドやハイアーセルフに従った生き方をしているとき、つまりじっちゃんの子どもである本来の自分としてワンネスに基づいた生き方をしているとき、その人生が主要なタイムラインになるのだそうです。それが基本。

ところが、様々な機会にその生き方から外れる選択をすると、そのたびにタイムラインは分岐していきます。つまり、パラレル・ワールドが作られていく。選択の機会の数を考えれば、一つの人生でも何百、何千というパラレル・ワールドを作ってしまうかもしれません。

しかし、話はそれで終わりません。ハイアーセルフに従った生き方に戻っていくと、逆に収束してきて、ふたたび基本の一本に戻るのだそうです。この基本のタイムラインは、スピリットに従って生きてきた道筋であり、そこには、ネガティブな過去の記憶はないのです。

このタイムライン・ジャンプが集合意識においても起こり得る、起こすことができるのだそうです。

つまり、私たちがこのまま波動をどんどん上げていって必要なレベルに達し、本来そうすべきだったスピリチュアルな生き方に立ち返る、その人数が閾値を超えるならば、集団として、もともと地球と人類のために用意されていた理想的なリアリティにジャンプして戻れるということです。

私は、F49のポータル・ルームのビジョンで、その未来の可能性を見たのだと思います。

絵空事ではありません。

SSPインサイダーのCorey Goodeの最新レポートを見てみましょう。(prepare for change Japanの訳をお借りしました。ありがとうございます。)

マンデラ効果

また、「マンデラ効果」と呼ばれる時空現実の融合映像を見せてもらいました。この現実の融合の中で、私たちの世界で起きたはずの数々の重要な史実が「改ざん」され、私たちの現実から抹消されたのです。

映像は、ゆっくり回る棒状のクリスタルでできた壁みたいなものに映されていました。クリスタルが回ると、プリズム効果が起きて、様々な出来事が瞬時に変わっていきました。それに、新しい現実の中にいる人々は直前の現実については何も覚えていません。

これはイザヤ書第65章17節にきちんと反映されていたとデービッドは指摘しました。「見よ、わたしは新しい天と、新しい地とを創造する。さきの事はおぼえられることなく、心に思い起すことはない。」

この言葉もまた、私たちが「社会的記憶」まで到達したら、想像もつかないほど私たちの意識が劇的に変化することを示唆しています。
これらの融合のうちの一つが起きて、開示と現支配構造の終焉が地球上ですでに起きた現実の中に、ある日私たちは突然身を置くことになり、それでいて、数々の真実を秘密にされていた今のこの現実を誰も覚えていない、そんなことになるのかも知れません。

その私の疑問に対して、彼らの答えは肯定的です。この現象は転換の重要な一部であり、私たちはいまその真っ直中にいるのです。聖書の観点から見れば、それが実際に起き得ることがイザヤ書の言葉に裏付けられています。

いわゆる「マンデラ効果」を生み出した要因は、人類の共同創造意識であるとティール・エールは言いました。


マンデラエフェクト、、ご存じない方はバシャールの説明をご覧下さい。今、過去の事象について異なる記憶を持つ人が混在しているんですね。良い例が、南アフリカのマンデラ氏の死亡時期です。現在は、2013年に死亡したことになっていますが、そうではなくて、彼は80年代に獄中で亡くなったという記憶を持つ人も少なくないのです。

これは、タイムラインが融合した証と考えられています。マンデラ氏が80年代に亡くなったのは別のタイムラインで、そうでないタイムラインと、今、融合しているのです。

マンデラ氏が80年代に亡くなったと信じてきた人々にとっては、今になって、「そんなことは無かったよ」と言われれば、「え? どういうこと?」となりますよね。

同じように将来、私たちはある日突然、「カバルたちに抑圧されてきた歴史」そのものが存在しない現実の中で目覚める可能性があるのです!

これって、すごいことだと思いませんか! 愛と赦しを学んで調和の波動に定着できるならば、ある日すっぽりと、すばらしい現実の中に移し変えられる。その場合でも、それぞれ自分の波動に合ったリアリティにジャンプする、その原則は変わりません。

ジャンプ・シフトがいわゆるイベントを意味するのか、それともアセンション自体を意味するのか、そこはまだわかりません。

しかし、可能性として、私は、ジャンプ・シフトが起こったならば、ベストの、最高波動のタイムラインに飛べた人々はそれこそ、もしかしたらシップやインナーアースに用意されたクリスタル・チェンバーに入って、テクノロジー的にアセンション処置を受けられる可能性もあるのでは?、そんな気がします。シェルダン・ナイドルを筆頭に、イベント後には、「クリスタル・チェンバーに入ってアセンションの処置を受けることになる」と伝えているチャネリング・メッセージがいくつもありますが、それが、まったくの偽情報とも思えないんですね。タイムラインの異なる人々には、それが起きてもおかしくはない。自力でアセンションできるレベルに到達した人々の世界では、そのようなテクノロジーの支援が行われても問題ないように思います。

最終パルスとか、愛の津波とか、アセンション・ウェーブとか、いろんな名前で呼ばれていますが、その”時”は近い将来、必ずやってきます。愛の波動まで到達している人にとっては、パルスによって、リアリティ/タイムラインが大ジャンプするのでしょうか? それとも、フィジカルなアセンションが身体に起こるのでしょうか?

私は、じっちゃんや宇宙のファミリーとの交流が実現する、二元性を統合した愛の世界で暮らしたいですねえ。ですから今、真剣にじっちゃん大学で学んでいます。その世界を選択する人々にもシェアしています。

さて、最後に、私がF49のポータルを抜けて見たビジョンですが。後から思い出して、驚いたことがありました。

今から3,4年前、私が”ハートの贈りもの”のブログを始めて少し経ったころのことです。

夢を見ました。とってもリアルな夢です。今でも鮮やかに覚えています。

自宅の玄関のそばに、小型の円盤型UFOが着陸しました。中から、ジャンプスーツを着た、よく似た感じの男女のカップルが出てきました。

私の家のチャイムを鳴らします。ピンポ~ン、、そして、「プレゼントです」と言って、家の中に入ってきました。

手には、小型の四角い装置を持っています。それを、彼らは、私の喉に取り付けてくれたのです。

本当に面白い、実感を伴う夢でした。

目覚めた後、私が感じたのは、彼らは「私の喉のチャクラが開くように、活性化するように、処置してくれたのではないかしら」ということでした。喉のチャクラは、コミュニケーション、自己表現を司るチャクラです。「自分らしさを受け入れ、本当の自分の思いに素直になり、表現することを楽しむためのエネルギー」を司る場所だそうです。

その後、多方向に広がっていくことになる私の仕事をサポートするべく、あの2人は来てくれたのではないか。。

で、、ですね。。驚いたことは、今、振り返れば、彼らは、私が見たニューアースにいた2人だったということなんです! 両方のペアとも、同じようにローズピンクのジャンプスーツを着ていました。ニューアースに行ったのは私自身です。私がその格好をしていた。そのローズピンクのジャンプスーツを着ていた。

つまり、未来の自分がかつて、過去の自分を助けに来てくれたんですね。

未来の自分が、今の自分にとってのガイドとなって訪れる、、これは、ヘミシンク的には決して珍しいことではありません。未来といっても、時間のない次元では、過去世の自分同様、自分の一つのアスペクトに過ぎません。波動的に高ければ、ハイアーセルフと言ってもいいでしょう。

こういう面白いことがどんどん起きていく時期なんですね。

タイムラインのジャンプ・シフト、、がんばりましょう。






「自分の可能性を限りなく信じて、光の道をただ選んで歩く」あなたも、立派なライトワ―カー!(11/12更新)

2016-11-12 05:33:11 | 次元上昇
11/12更新; 下記セッションのクライアント、るみさんから、この記事を見た感想が送られてきました。この記事の一番下に追加しています。光のやりとりがすばらしい!

コンシャス・チョイス(No.52-1 2016-10-26)の創造主による”アセンション分岐点にいる人へのメッセージ”を聞いた方から、下記の素晴らしいメールをいただきました。

今回の大周期の終わりのタイムラインの分岐にあたり、「自分が魂としてニューアース/アセンションへの道を選んでいるのかどうか、アセンションできるのかどうか」について、確信が持てずに不安に陥っている方は、まだ大勢いらっしゃることでしょう。

上記のセッションのクライアント、るみさんはそのような方たちの代表と受け止められ、そのセッション内容は多くの人の共感を呼んだようです。

アセンションへの道を進めるかどうかは、自分の選択(決意!)と波動(ハートの思いと行動!)のみにかかっています。他の誰かが”お裁き”を下すわけではありません。自分次第です。

自分の中の光を輝かせ、その光で周囲の人を温かく照らしたい、自分の中の愛をもっと高め、その愛を周囲にあふれさせたいと、心から願っている人はみな、(それが現在、うまくできているかどうかは別にして)ニューアースへの、ひいてはアセンションへの道を歩いています。濁った水の中にあっても、輝きたいと願っている珠は、(じっちゃん)創造主から見えます。3次元の海から足だけが抜けきれずにいる人は、何とかひっぱりあげようと、天界が手を差し伸べてくれます。

私は祝祭セッションを通じて、多くの、様々なタイプのクライアントさんひとり一人を、(じっちゃん)創造主がいずれ劣らず深く愛し、慈しんでいらっしゃるのを現場で見てきています。「どの一人をも置き去りにしたくない」というじっちゃんのお気持ちを、痛いほど感じています。

街で会う人、TV等で見かける人、新聞紙面を騒がせる人、どの人を見ても、「もしその人をセッションして、じっちゃんと繋がるならば」、じっちゃんがどれほどその人を愛し、温かい励ましの言葉をかけるかが、私には容易に想像がついてしまいます。一人の例外もなく、本当にあらゆる人を、じっちゃんは我が子として愛していらっしゃる。それを、私は実際にそばで見てきて知っているのです。

そういう意味では、最近では、良い人、悪い人、どんな人を見ても、その人の背後に、私はじっちゃんを感じてしまうんですね。

今、「私にもそんな価値があるのかしら? じっちゃんはこんな私でも愛してくれているのかしら?」と、疑いをはさんだ方、、そう、あなたです、あなた。

あなたも、あなたを愛するじっちゃんと深く繋がっているんですよ、100%。あなたの中にも、あなたを見守り導いている、あなたのじっちゃんがいるんですよ、100%。嘘だと思うなら、私の祝祭セッションに来ればわかります。アハハ ヾ(@^▽^@)ノ (宣伝ではありませんけどね。)

”証拠がないから”、まだアセンションの奇跡を信じられないという方、創造主の赦しと慈愛を信じられないという方、どちらかの道にコミットする時が来ています。自分が信じる方向へと、これから自分が住む世界は形作られていきます。想像x信念=創造です。待ったなしです。


2016-10-29

なるでこさん、はじめまして。

10月26日配信のコンシャスチョイス(9/24の祝祭セッション)の音声を拝聴しまして、とてもとても救われたので、思い切ってメッセージを送らせて貰います。

今回のクライアントさんのお話が、まるで今の私の状況のようで、涙が何度も溢れました。

確かに光を感じて憧れているはずなのに、もう地球といっしょにいくと決めているのに、地球を愛しているのに、どうしてうまくいかないんだろう、何も変えられないんだろう?本当は上がりたくないんじゃないか?〜なんて、自分を責めたり疑ったりする気持ちに捉われて、本当に辛い時期が9月〜10月と続いていました。
(コンシャスチョイスのイチ読者でありながら情けない話です(;ヮ;))

なるでこさんをはじめ、今まで共有していただいたライトワーカーと言われるような方々のセッションを聞くときと異なり、今度は私の身に置き換えて学び易い言葉がたくさん語られていて、やっと、やっと、見えないものこそハートで感じて信じて選ぼうと思えました。

今まで、私は地球のためにみんなのために何ができるのかわかりませんでした。
結局自分のことしか考えていない自分を情けなく感じることもありました。
でも、私は私の可能性を限りなく信じて、光の道をただ選んで歩くだけで、誰かの光になれるかもしれないんだと、今回のセッションをきいて気づくことができました。

私はセラピストの仕事をしていますが、まず私が私自身を癒し、自分を幸せにする義務があったんだと今さら感じています。

波動も感じないし、前世もわかりませんし、私には見えないけど、きっと届くと信じて(笑)、なるでこさん、クライアントの皆さん、そしてじっちゃんやAAマイケル、皆さんに愛と感謝の光を送ります!

これからもよろしくお願いします。
ありがとうございました。


~~~~~~~~~~

2016-10-29 (後から気がついたのですが、これを発信した時間が11:11でした。(^_^))

こんにちは。素晴らしい感想をありがとうございました。

このようなメッセージをいただくと、(私を用いて)じっちゃんのなさっていることが実を結んでいると思えて、とても嬉しいです。光の道を歩きたいという真摯な願いを抱いている人を、彼らが置き去りにすることは決してありません。それに、もともとあなたも立派なライトワ―カーですよ。(^_^)

この○○さんのメッセージ、個人情報を除いて、ブログに載せてもよろしいですか? 光のバトンリレーとなって、また一人、海から抜け出る勇気を持つ人が出てきてくれればうれしいです。

~~~~~~~~~~

2016-10-29

なるでこさん、こんばんは。
お忙しい中、ご返信までありがとうございました!

私もライトワーカー?!
特別な能力とミッションを抱えて、迷える方々を助ける(物質界的にもアストラル界的にも)ような人たちのことをそういうのだと思っていたのですが。
そうなんですね…
みんな本来は(自分の心に光を宿すことで)周りを照らせるライトワーカーなんだってことですよね。
こないだの講義を聞くと、そんな気持ちが湧いてきます。
そう思うと、とてもワクワクしますねぇ(*^ヮ^*)

まだまだ三次元的なしがらみに足を取られることがあると思いますが、
そのたびにじっちゃんの愛を思い出して、音声を聞き直して、軽やかな気持ちをキープしていこうと思います。

※ブログ掲載の件、もちろん大丈夫です。
小さな灯でも、光のバトンリレーに繋がったら嬉しいです。

ありがとうございました。


~~~~~~~~~~

2016-11-1

なるでこ様
お久しぶりです。
9月24日のセッションを受けたるみと申します。

ブログ拝見いたしました。私のセッション内容がお役に立てたということ、言葉に出来ないほど嬉しいです。

またちょっと自信を無くす事があったので、私の方こそ救われた思いです。コメントを頂いた方へ心からお礼申し上げます。

セッション後の近況を申し上げますと、日常に変化は無く、いつも通りの毎日ですが、ハイヤーセルフと常に繋がる事が出来る様になりました。

相変わらず瞑想すれば寝落ちするし、スピリチュアルな能力は全くない私ですが、通勤中、車の運転中に意識をハートに向けて、ハイヤーセルフと何回か唱えたら出て来てくれました。3回目のセッションに出てきたETセルフです。

お気に入りの場所は原始の地球。以前来た事があるそうです。光が満ち溢れたジャングル、樹々の間からは海も見えて、とても美しい場所です。

ふと気づくとハイヤーセルフ以外にも誰か居ます。

じっちゃん神様でした。何か重要なメッセージを下さるかと思えば、満面の笑みで、「ハグしようよ。ハグ、ハグ!」とノリノリでしたので(*^_^*)、ハグしてもらいました。(⌒▽⌒)。とっても暖かい気持ちになりました。

その時感じた事は、じっちゃんは私だけでなく全ての人を抱きしめたいと思っている事、その存在に気づかない人も抱きしめている事、また、じっちゃんの手が届かない闇の存在をも抱きしめたいと思われていると感じました。

それからは、仕事の休憩中などの空いた時間にハイヤーセルフと唱える度に、最初にじっちゃんが出て来られます。元気良く手を振りながら満面の笑みでノリノリです。

ハイヤーセルフと繋がる事は難しい事ではない事、そしてそのそばには常にじっちゃんが居て、見守ってくれているのだと思った次第です。

それでは、また現況に変化があった時はご報告いたします。ありがとうございました

~~~~~~~~~~

こんにちは。

るみさん、、メールありがとうございます。お元気そうで、うれしい! 気になっていました。

そうですか、、HSやじっちゃんがしょっちゅう励ましに出てきて下さるんですね。すばらしい! その調子で、常に上とつながって、この先の道をポジティブに歩いていって下さいね。

大事なのは、3次元(単なる、体験のための学び舎)で起こる一つ一つの出来事ではありません。それらをどのように、夜、上へ、あなたの星へ持っていって、みんなの財産、ひいては宇宙の叡智にするかです。昼間、あなたが何を体験しても、そこには、ここでしか得られない特別な学びが含まれていて、上の仲間が、そのあなたの報告を待っているわけです。

今回、あなたの正直な告白によって勇気を得た人が、本当にたくさんいますよ。あなたも立派に、大きな仕事をなさいましたね。助けられる人から助ける人へ、光のどんでん返しですね。

じっちゃんも、喜んでいらっしゃいますね~! (^_^) 

なるでこ

レット・イット・ビー(あるがまま)、無条件の愛、そして絶対の信頼。

2016-11-08 21:08:40 | 次元上昇


あなたの心を、私は守りたい。ですから、心を見張って下さいと、主が言われています。あなたの心に恐れや心配をもたらすたくさんのニュースが来るかもしれない、しかし、それを植え付けないで、すばやく抜き去りなさいと、主が言われています。そして、良いニュース、喜びのニュースを本当にたくさんあなたの心に植えるときに、それが種となって豊かに実る、それがあなたの周りの人たちに、またあなたがこれから出会う人たちに、たくさん分け与えられる、そのように私はあなたを用いていきたいと、主が言われています。


3次元の思考の枠組みを越えた大きな構図で、アセンションは動いています。

天の計画には、完璧なタイミングがあり、完璧なシナリオがあります。

常に、”今”は、最高最善です。

無条件の愛と絶対の信頼、、それが、(それだけが)、私たちの仕事です。

私たちにできる貢献です。



5次元を一言で表すなら、、虹、、の世界でしょ。(10/15更新)

2016-10-13 11:54:08 | 次元上昇
10/15更新; 思い出しました。この曲を聴いたので、そもそも、この記事を書きたくなったのでした。



この秋、、、何だか、時空のポケットにいるような感覚です。

今でも、仕事/ミッションのアイディアが次々に浮かんでくるのに時間が足りない、、、それは相変わらずなのですが、でも何故か、心は軽く、穏やかに楽しい今日この頃です。5次元の波動にいると、ほんと、わけもなく幸せなんですね~。何かが起こっても、見聞きしても、誰をも、何をも、責める気にまったくならない。争いや喧嘩なんて考えたくもない。そんな疲れること、まっぴらごめんで、自分の主張を貫くことがだんだん、どうでもよくなってきました。「うんうん、あなたはそうなのね」、それで終わり。。家庭内でも、地雷をかなり上手に避けて通れるようになりましたヨ。ハハハ。。(*´∇`*)

8月に味わった個人的な多次元体験、超強烈なイニシエーション、それによって私は一度、(他者奉仕のために)自分の肉体も魂も完全にあきらめたので(幸いツインフレームに救ってもらえましたが)、その後、私の中で何かが大きく吹っ切れました。腹をくくったというのかな。。自分の波動が変わった気がしています。

もちろん、この至福感は、(じっちゃん)創造主の講義に参加し続けているお陰でもあります。コンシャス・チョイスの読者の方々からも、続々と、「最近、楽になった~」という声を頂いています。私も、ほんとにそうよ~。いつもじっちゃんに見守られている事実が全身にしみこんだので、その愛の放射で、中からハートがあったかいんだよね~。まあ、仕事絡みでは、まだ時々、無力感で凹むときはありますが、でも、、早めに上に戻ってこれる。。(≧ω≦)b

そして、至るところに虹が見えます。。カメラを通さなくても、肉眼でも、太陽始めいろんな光源の周囲に、虹色のトーラスやボルテックスや、そこから虹色光線のシャワーが長く尾を引いてたっくさん降り注いでいるのが見えるんですよね。むしろ、カメラの方が追いついていない。

地球の波動が上がってきているんですよね。私の目に映る世界は本当に美しくなってきています。






以前にもありました
が、部屋の中に落ちる虹色の三位一体。今回は、仕事机の上です。やはりエメラルドグリーンがとてもきれいで、さらに、その周囲に青紫のオーブのようなものもはっきり見えていたので、AAマイケルがまた手からこぼしてくれたのではないかしら。






机の上に置いておいた携帯の表面に、天井のシャンデリアが映っていました。虹色がたくさん!







この2枚は、先月訪れた海で写した波の泡。




葉っぱに乗っていた朝露。






この2枚は、光を当てた私の髪の毛。




タイムラインの分岐とは、現実が分かれていくとは、どういうこと?: 最終チェック。

2016-10-02 16:59:27 | 次元上昇
(じっちゃんから戴いた言葉を日々思い出すべく、トップに固定しておきます。ξ\_(-_-)_/ξ): 
「あなたの心を、私は守りたい。ですから、心を見張って下さいと、主が言われています。あなたの心に恐れや心配をもたらすたくさんのニュースが来るかもしれない、しかし、それを植え付けないで、すばやく抜き去りなさいと、主が言われています。そして、良いニュース、喜びのニュースを本当にたくさんあなたの心に植えるときに、それが種となって豊かに実る、それがあなたの周りの人たちに、またあなたがこれから出会う人たちに、たくさん分け与えられる、そのように私はあなたを用いていきたいと、主が言われています。」





先日の記事で書きましたが、「地球と人類の次元上昇の前半部分は終了した」と、私は(も)感じています。ライトワ―カーの中には、「私たちの仕事は終わった。(少なくとも選手交代の時が来た)」と言い切る人すらいます。バシャールによれば、ネガティブ行きの急行列車とポジティブ行きの急行列車はここで完全に路線が分かれたわけで、さらに、どちらへ進むにせよ、ここから先は個々人の波動によって体験するリアリティは少しずつ異なってくるでしょう。ポジティブ行きに乗った人も、それぞれ自分に合った波動帯に引き寄せられて、別のリアリティを選んでいきます。

その意味では、私が今回書いた記事は、分岐点における最終確認事項の意味合いを持っているかと思います。今後は自然と、自分にとって楽しいと感じる空間、時間、人間関係を選ぶようになっていきます。そうなると、長年の友人といえども、「通じない」人とはだんだん疎遠になっていくかもしれません。私のブログの読者さんもそうでしょう。私が陰謀論関係を書かなくなってから、このブログの読者数は激減しましたが、”霊性”には興味がないというその人たちの世界からは、私は姿を消したわけです。もはや、別々のリアリティに生きています。波動の高低で言っているのではありませんが、最終的に私と最後まで同じリアリティを共有していくのはコンシャス・チョイスの仲間のみということになるでしょうね。ハハハ(^_^)。。今のところは、私自身がアセンドするまで(あるいはアセンド後も?!)、コンシャスチョイスだけは続けるつもりでいますから。ま、半分、冗談ぽく書いていますが。さて、本文に行きましょう



「この先、タイムラインが分かれてくる、人によって現実が分かれてくると聞きますが、どういうこと?」という質問をいただきました。

実は、既に、現実は人によって異なっています。ハート・コミュのメンバーさんが書かれている通りです。(豊さん、ありがとうございます。(^_^))

今までは、私たちが体験する世界は、個々人のリアリティが全部混じり合った形で、人類の一つの大きな集合意識のもと、共有する大きな一つのリアリティとして存在していました。しかし、今後は、人類の集合意識自体、そしてそれが作り出すリアリティ自体がグループ分けされ、分離して、お互いに混じり合うことのない別個の世界を形成していきます。

私が持っているイメージは、簡単に言うと、こんな感じです。多色のマーブルチョコがあるとします。今は、それが全部混じり合って、目の前にばらまかれています。

その中で、私が好きなのはピンク色だとします。私は、そのピンク色のマーブルだけを集めていくんです。そして、ピンク色のマーブルだけの世界を作ります。一方で、茶色のマーブルが好きな人もいます。その人は、茶色のマーブルだけを集めて、茶色のマーブルの世界を作ります。

ピンク色のマーブルの世界で暮らすには、自分自身の波動もピンク色をしている必要があります。茶色の世界も然りです。ピンクと茶色だけでなく、黄色も、緑も、青も、オレンジも、紫も、赤も、それぞれの色だけを集め、その色に自分の波動を合わせていきます。そのようにして、世界が分かれていきます。

私たちは、自分がどの色が好きか、どの世界がしっくり来るか、自分に最も合っているか、それによって、自分が今後生きてゆく世界を自然に選んでいくことになります。頭や知識だけで、私はピンクが好きだと言っていても、行動、すなわち自分の波動が伴わなければ、結局、落ち着くところは、ピンク以外の世界です。

マーブルチョコとは、今、世界で起きているいろいろな出来事です。いろんな色、すなわちいろんな波動の出来事が起きています。そのどれに、自分の意識を向けるか、焦点を当てるか、どっぷり浸るか、そのどれをリアルとして自分が受け入れていくか、、それが、マーブルの色を選ぶということです。

これまでの古い世界は、色の違うマーブルを全部混ぜたまま、存在していました。

しかし、これからは、同じ色のマーブルだけで世界が出来上がっていきます。世界は多次元化していくのです。ニューアースの次元は多層、マルチレイヤーになっていきます。少しずつ違う、混じり合うことのないリアリティとして存在していくことになります。

既に私たちは、それぞれに選んだ、自分に合った色のマーブルの世界へ移動し始めています。

例をあげれば、ネット上の無数のサイトの中から、私のブログを読みに来る人、祝祭セッションのレポートを読みに来る人、ハート・コミュg+のメンバーになっている人等は、それぞれみな、他とは違う色の世界を選んでいるのです。その差がもっとも顕著、もっとも明確に他と異なる世界観を持ち始めている、すなわち異なる世界を形成し始めていると言えるのは、コンシャス・チョイスを読んでいるグループでしょう。

(コンシャス・チョイスの宣伝ではありませんので。m(_ _)m 意識が形作る世界観の違いを説明する上で、もっともわかりやすいので例に上げています。)

コンシャス・チョイス・サークルの世界は他との差が際立っています。じっちゃん創造主のメッセージを受け取っているかどうか(受け取れるかどうか)、じっちゃんがメイクドラマで見せてくれる数々の新しい世界を見ているかどうかは、今後、進むべき道の選択に大きく関わっているからです。

コンシャス・チョイスは本来、「ラー文書/一なるものの法」の学びの場として出発したのですが、「もっと今の地球人の状況に合わせた、一なるものの法の最新のバージョンを学ばせてあげよう」ということで、じっちゃん創造主が自ら教師として、直接、前面に出てこられました。じっちゃん創造主の講義を聞く、大学のような場所です。

ラー文書は、第3密度から第4密度への収穫(アセンションできるかどうか)においては、「一なるものの法」を理解しているかどうかは条件にならないと言っています。「一なるものの法」の存在を知らなくても、その者の行動がその内容にふさわしいものであれば収穫されるのです(アセンションは可能なのです)。

しかし、その上の第4密度から第5密度への収穫においては、「一なるものの法」の理解が必須です。その段階になると、さらに上へ進むためには、しっかりと宇宙の第一基本法としての「一なるものの法」の存在とその内容を理解していなければなりません。

ということは、、コンシャス・チョイスでは、かなり先取りして学んでいるんですね。既に今の時点で、第4密度での学びを行っているのです。そのせいなのです、、、じっちゃんのスーパー講義がこれほど奥深いのは。。

二元性を超えるというのは、一般に主張されるほど容易なことではありません。簡単に言葉でわかったつもりになっても、それほど表面的なものではありません。その点を何とか私たちに理解してほしくて、じっちゃんは繰り返しメイクドラマにして、映像で伝えて下さっているのです。「二元性を超えること」、その真の価値とそれゆえのハードルの高さを伝えてくれる教えは、現在のチャネリング・メッセージにはきわめて少ない。つまりは、ナチュラルに収穫される人々を除いて、学びを得て実際に体現できるようになった人たちはきわめて少ない、、わけです。

コズミック・ディスクロージャーのコーリー・グードに、青い鳥人族のラー(ラー文書のラーと同一種族です)が告げたこと、「現時点(2016年8月)でアセンションのパルスが地球に到達したと仮定すると、アセンションできるのは地球全体で30万人(0.0042%、日本に当てはめると5400人)。」という数字もうなずけますね。アセンションが今すぐ可能になる意識レベルに到達している人は、まだまだ少ないのです。

コンシャス・チョイスを通じてじっちゃんの教えを受け取ることは、その世界へ向けて移動を始めるという選択であり、見ている現実が徐々に分かれてきているようです。次元間のベールが本当に薄くなってきて、様々な多次元現象が起きていることは、私がここやハート・コミュでご紹介してきた通りです。

ごめんなさい、、例が長くなりましたね。

私が言いたいのは、私たちは今後、それぞれ自分が真実と受け取るもの、自分にとっての真実から成る世界を生きていく。自分が好きな世界、こうありたいと願う世界に、こうありたいという自分に成ることによって入っていくのだ、ということ。

創造主が存在する、創造主は私たちに語りかける人格を持つことができる、天使が存在する、ユニコーンが存在する、妖精が存在する、ツインフレームが存在する、高次元のライトシップが地球を守っている等など、、、それを信じる人にとっては、その世界がどんどん具現化していきます。最初はぼんやりと流動的であっても、やがて確固とした現実へと育っていきます。それがこれからの地球の波動です。ポジティブにも、ネガティブにも。自分で信じるものが、その人にとっての真実、リアリティとなっていくのです。それが始まっています。

「証拠があるから信じられる」というのは3次元の枠組みですね。頭、マインドの論理が、ハートの直感をブロックしている。ハートは真実を知っています。ハートはポータルなので、真実に直結することができる。「証拠がないから」こそ、信じるという行為が価値があり、本当の選択と言えるのです。「証拠があるから信じられる」のでは、たやすくて、誰にでも可能です。目覚めていくというのは、3次元での科学を超えたところにある真実に、証拠を抜きにして、アクセスできるということ。

よく聞くフレーズですが、3次元は、「Seeing is Believing」の世界でした。しかし、5次元は、「Believing is Seeing」の世界になります。「見えるから信じられます」ではなく、「信じる者がそれを見る」ようになるのです。

その世界には、自分と同類、自分と同じ波動の人々だけが集います。同じものを見る人々です。ピンクのマーブルを選んだ人々だけで構成される、ピンク色の世界が出来上がります。そして、当然ながら、それぞれの色には波動があります。高い波動から低い波動、高い次元から低い次元へと分かれます。

高い次元の世界からは、低い次元の世界を見ることができると言われていますね。

これはどういうことかというと、、今でも、すでにそうなっていますね。ある現象がある地域、ある集団に起きたとしても、その影響を受ける人と受けない人に分かれています。猛烈な台風が同じ地域を通過して行っても、受ける被害の程度は人によって異なります。

つまり、高波動の世界からは、何かネガティブなことが起きているのは見えるのですが、それが、実際には自分には影響しないのです。

たとえ世界にはネガティブなニュースが大量に流れていても、それが自分の身の周りには起こらない、つまり、自分が高波動であれば、そこは別次元のスポットとなるので、低波動の世界の出来事を体験しなくなる、ということなんですね。そして、そのうちに、ネガティブなニュースを見ること自体もなくなっていきます。リアリティが完全に分かれていくからです。嬉しいニュースだけを目にするようになっていく。

多色のマーブルが混じり合っている世界はまもなく終わり、ある色のマーブルの世界には他の色のマーブルは存在しなくります。溶け合うことのできない波動のものは、物理的に存在できなくなります。

と、、どうやら、、そういうことらしいです。ハハハ。。♪d(´▽`)b♪ 

私のこの説明で伝わったでしょうか? (じっちゃん、オッケーでしょうか。(^▽^;))

今、私たちの目の前には、いろんな色のマーブルが混じり合ってばらまかれています。その何色を選ぶか、自分は何色が好きか、何色だけを集めていきたいか、何色の世界に自分を合わせていくか、、それが、現実が分かれていくということです。自分で作っていく世界です。

今、その分岐はどんどん進んでいるのです。自分がリアルとして何を受け取りたいのか、まさに瞬間ごとにコンシャス・チョイス、意識的な選択をしていきたいですね。

あなたが選ぶのは、何色のマーブルですか?

さて、ここからは、、補足ですが。

自分の好きな色のマーブルだけを見る、集めるといっても、しかし、今この段階において、アセンションへ進む人々には際だった特徴があります。

それは、その人たちにとっては、ネガティブな事象にフォーカスしない、焦点を当てないこと、イコール、単にそれを無視する、のではないということ。ネガティブな事象があたかも存在しないが如くに見て見ぬふりをして、自分だけが楽しく生きていればいいとは、その人々は決して思わないんですね。

もし、ピンクが高波動で、茶色が低波動だとすると、ピンクの人々は茶色の出来事に苦しむ人々を支援に行くのです。

何故なら、高波動の世界は他者奉仕の世界、「あなたのために何ができますか?」の世界だからです。

「~ねばならない」からではなく、心から、それが自分にとっての自然な喜びだから、支援に行けるのがピンクの人々です。支援に行くことは、自分はピンクの波動に身を置いたままでも可能です。むしろピンク色の波動というのは、そもそも支援に行きたくてたまらない、すべての世界に愛と調和をもたらしたくてたまらない波動なのです。

私自身を例にとってみれば、もし、「ピンクのマーブルの世界へ行きたいから、茶色のマーブルは見ないで、関わりを持たないようにしよう」と思うなら、カウンセリングもセッションもやらなくていい、やらない方がいいという話になりますよね。カウンセリングやセッションでは、時に、とても大きな苦しみや悲しみに出会います。茶色のマーブルがそこには出現します。

しかし、だからこそ、私は手助けしたいと思うのです。クライアントさんに、その視線を、茶色のマーブルではなく、探せば必ず自分の周辺や自分自身の中に見つかるピンクのマーブルに向けてほしいと願う。クライアントさんがそれを見つけることを、私は一生懸命お手伝いします。そのように努力すること、その行為自体はピンクのマーブルだと信じています。

ピンクのマーブルは、茶色のマーブルの世界に降りていくことができます。安定したピンクのマーブルは、茶色の世界に降りても、自分自身の色は変えずに働くことができるのです。それができるように、ピンクのマーブルは作られている。というか、それができるのがピンクのマーブルであり、ピンクのマーブルの条件であり、ピンクのマーブルの本質であり、ピンクのマーブルの世界の在り方です。ここの認識、大切です。

他の色のマーブルの世界がすべてそのようだというわけではありません。他者奉仕とは無関係に、ただ純粋に自分たちの仲間、自分たちの世界だけを楽しんでいくマーブルの世界もあります。それはそれですばらしいのです。「どの色の世界が良い悪いということはなく、みんなそれぞれに、好きなだけ自分自身の波動を楽しめばいいのだよ」、そう、じっちゃんはおっしゃいます。

ただ、第4密度へ移行するのは(アセンションするのは)、ここで言えばピンクのマーブルのみ、というのが宇宙の法則で、それは決まっています。今期であろうと、25000年後であろうと。(私がピンクのマーブルだと言っているわけではありませんので、誤解なきように。。まだまだです。私もまだ日替わりで、いろんな色のマーブルの味を楽しんでいます。良く言えばね。ハアア ヽ(=´▽`=)ノ)

いずれにしても、どの色のマーブルが自分に合っているか、自分は好きか、それを決めるのはリクツではないんですね。頭が決めることではない。自然に、身体がそこへ、その波動帯へふらふら~っと行ってしまいます。磁石に引きつけられるように。ハハハ。(^○^) 「「~ねばならない」ではなく、自分が楽しいと感じることをして下さい」と、じっちゃんはおっしゃいます。

さてさて、、だいぶ長くなってしまいました。m(*- -*)mス・スイマセーン 

今日の記事全体の結論としては、、今後、現実は分かれていく、といえども、自分が楽しいと感じることをやり続けるしかない!!

全員、ごく自然に自分にふさわしいタイムラインへ導かれていきます。じたばたしてもしょうがない。いずれ、自分に合ったリアリティを生きていくようになります。

ただ、ですね! 

自分は何を楽しいと感じているのか、いったい何を自分は選んでいるのか、その自分の現状に気づく上で、”知識”がとても役に立つのです。

その時々にタイムリーな知識を得ることで、周囲の状況を判断し、自分自身のレベルを知る、それができるようになります。

それがさらに自分を変えていく、自分の波動を上げていく糸口になるんですね。


あっ、鍵となることを書き忘れていました! ごめんなさい。今、じっちゃんから、肩をツンツンされました。ξ\_(-_-)_/ξ)

宇宙というじっちゃんの運動場で楽しく遊ぶために、私たちが従っている最重要のルールがありました!

それは、実は、マーブルの色は、自分で決められるということ。私たちに隠されてきた秘密です。

一つ一つの出来事は色のついていないマーブルで、その真っ白なマーブルには自分で色を塗れるのです! これまでは、他人が塗ったマーブルの色を識別せずに受け入れてしまうことが多かった。

しかし、一つのマーブルをピンク色にするのも、茶色にするのも、自分次第なのです。自分の受け止め方次第、他の誰でもない自分の選択によって、すべてのマーブルをピンク色にすることも、茶色にすることも可能なのです。

だからこそ、同じ集合意識のもとで世界を共有し、同じマーブルを目の前に出されたとしても、個人個人が違うリアリティ、現実を体験していくのです。人によって、色の塗り方が異なるからです。

これこそが人類が忘れてきた3次元最大の秘密です。マーブルの色は自分で決められるということ。自分で決めていいということ。

自分の好きな色のマーブルを集めること、あるいは、すべてのマーブルを自分の好きな色に塗ること、どちらで認識しようとも、とにかく私たちは自分の波動に合った色の新しい世界を作っていく。これからは。

それを知った上で世界をあらためて認識し直すならば、どのように感じられますか。パワーが戻ってきませんか。(^▽^)/








天使が飛ぶ朝、、何かが終わった。(半分ね。)(9/28更新)

2016-09-21 21:00:54 | 次元上昇
9/28更新; 米大統領選に関して、いろんな裏情報が流れていますが。。じっちゃんのアドバイスに従って、ここでは、”黒い赤いもの”を、わざわざ見に行くのはやめましょう。舞台裏で大きな変化が起きているのは確実ですが、はっきりと表面に見えてきてからでも遅くはない。振り回されてはいけませんね。反省です。m(_ _)m








(今朝、9/21の朝一番の空。美しい羽がはばたいていました。大天使たちだと思います。昨夜の私の願いに答えて、姿を見せてくれました。(^○^))


スピ界は今、「アセンションの第3波の到着」、そして、「卒業」のメッセージで持ちきりです。バシャールの言っていた2016年9月です。この9月から、大変容が始まります。ポジティブ特急とネガティブ特急、二つの列車はもうレールを交えることなく、それぞれ別の世界を目指して分かれていきます。

実は、私もこのところ立て続けに、夢で、”終わった”というメッセージを受け取っているのです。覚えているだけでも5回。何が”終わった”のか、”終わった”のは、全部ではなくて、半分くらいだけど。

2回は、はっきりした夢です。

3回は、目覚めたとき、かすかな夢の記憶だけがうっすらと残っていました。。夢の中では、「まったく当たり前のこと」で「忘れるわけない」と思っていたのに、実際に起きたときには、思い出す間もなく、ほろほろって、柔らかな結晶が崩れるように手のひらからこぼれ落ちてしまいました。

私はほとんどの晩、寝ている間、上の次元でも、昼間と同じような仕事をしています。つまり、「どうしたら、自分の気づきをみんなに分け与えられるか」、そのことに集中しています。だから、夢に入っても、目覚めた朝にも、違和感なく現実がつながっている感じがします。流れが途切れない。そして、上では、自分の仕事・ミッションに関して、いつもガイドたちと相談しています。彼らと相談して決まったことを、おそらくこちらの世界に降ろしてきている。

それがこのところ、目覚めると、「ああ、、もう、やらなくていいんだ」という感覚が強く残っているのです。何がどうとは言えないのですが、何とか思い出そうとすると、こんな記憶で出てきました。

夢の中で、誘導瞑想のyoutube動画を作っています。そして、「ああもう、これからは前半は音楽を付けなくてもよくなった」と思っている。

また、夢の中で、カウンセリングを終えたところ。そして、「ああもう、これからは時間を半分にしていいんだ」と思っている。

そしてまた、何かをこれまで通りにやろうとしていたら、「そこはもうやらなくていいんだよ」と、誰かから声をかけられた。

誘導瞑想の動画作りも、カウンセリングも、シンボルとして出てきています。このぼんやりとした夢の記憶のいずれもが、私がこれまでにやってきたミッションの、おそらく前半部分は終わったよ、というメッセージを表しています。それが、繰り返し来ているのです。

はっきり覚えている夢2つ、それらも、とても意味深でした。

まず1つ目。私は、教室にいました。これから、生徒たちが、自分が作り上げた作品や取り組んできたプロジェクトの結果を発表するところでした。

私の番なので、これまでに私がやってきた仕事をみんなに説明しようと立ち上がりました。

すると、4~5人の生徒が、先に前に出てきたのです。そして、彼らがみんなの前に、何やらすばらしい展示物を広げてくれました。それは何と、私の作品だったのです!

何でも私の仕事を称えるべく、彼らの手で、私の作品を立派な展示物にまとめてくれたというのです。黒模造紙に私の仕事を貼り付け、その周囲に色紙で作ったたくさんの花やキラキラを飾って、人目をひく華やかなディスプレイに仕立ててくれていました。それを、彼らがみんなに披露してくれたのです。

いやあ、びっくりしました。そんなに私の仕事を評価してくれていただなんて。ちょっと恥ずかしいような、でも、とっても光栄に思いました。((^▽^;) ここで書くと、こっぱずかしいね~。でも、自慢したくて書いているわけではないので、そこのところはわかって下さい。夢です、夢。m(_ _)m)

そして、同じ夜に連続して見た2つ目の夢。

やはり、教室です。私の夢には、教室や会議室がよく出てきます。誰かと打ち合わせをしていたり、大勢の人に何かを教えていたり。あるいは、戸外で、大勢の人を道案内していたり。UFOが飛び交う空の下で、人々に「ぜんぜん怖くないのよ~」と指し示していたり。(ハハハ、、ベタな夢ですね~。)

この2回目の夢では、教室で、私は一番前の席に座っていました。でも、心ここにあらずで、相変わらず、「どうしたら?、、」と、考え続けていました。私にとって、「どうしたら?」というのは、昼も夜も常について回ります。いつもそればかり考えている。(ハハハ、、苦労性ですね。)

すると、教師に突然、「はい、あなた、次の問題やってみて」と、当てられてしまいました。

あわてて問題を見てみると、えらい難しい物理の数式で、アインシュタインでも解けそうにない。「まずい、全然わからないぞ」と、焦っていたら。。

後ろの席の生徒たちが騒ぎ出したのです。そして、立ち上がって、口々に言うのです。「この問題は難し過ぎる。みんなで考えよう」と。

助け舟を出された感じで、ここでも、びっくりすると同時に、とても嬉しく思いました。

、、と、そんな夢です。深い意味がありそうでしょ?

私の仕事が一区切りしようとしている? そして、これからは共に担ってくれる仲間ができようとしている?

この5回の夢が意味しているのは明白ですね。

つまり、、私がこの1週間ほどの間に立て続けに見た夢は、まず、”アセンションへ向かうある段階の終わり”を意味している。前半の半分なのか、、それとも、3分の1なのか。とにかく、私の仕事の一部が終了したということ。

さらに、今後、私は仲間に恵まれていくのかな、ということです。もう、孤独ではなくなるのかな、ということ。

それがまたまた、最近、預言カフェで、じっちゃんに言われた言葉と、ぴったりシンクロするんですよねえ。

主が言われます。勇気を与えますと、主が言われています。そして大胆さを与えます、そして表現力を与えていきますよと、主が言われています。あなたはどんなときにも、後ろに退がらないで前を向いてきた、そして前を向いてしっかりと歩いてきた、その姿勢を喜んでいますと、主が言われています。ですから、これからの人生の中にあっても、本当に多くのものにあなたは出会い、それを、一つ一つをていねいにていねいに乗り越えて行くでしょうと、主が言われています。そして乗り越えたときに、そこにあなたに権威が与えられて、そこに智恵が与えられることを知って下さいと、主が言われています。

豊かさがあなたの人生にあることを、本当に受け取りなさいと、主が言われています。それは物質的な豊かさだけではなくて、人と人との関係の中で、本当に安らぎがあり、喜びがある、その豊かさです。それを見ようと思うなら、あなたが選ぶことができるんですよと、主が言われています。

あなたの心を、私は守りたい。ですから、心を見張って下さいと、主が言われています。あなたの心に恐れや心配をもたらすたくさんのニュースが来るかもしれない、しかし、それを植え付けないで、すばやく抜き去りなさいと、主が言われています。そして、良いニュース、喜びのニュースを本当にたくさんあなたの心に植えるときに、それが種となって豊かに実る、それがあなたの周りの人たちに、またあなたがこれから出会う人たちに、たくさん分け与えられる、そのように私はあなたを用いていきたいと、主が言われています。

ですから、まずあなたが幸せになってほしい。そのことを神が願っていることを知るならば、何も心配はないですと、主が言われています。今日、一生懸命生きたことを本当に自分で誉めて下さいと、主が言われています。そして、明日は神に任せなさい。私はあなたに最善を用意している神だから、恐れてはいけないと、主が言われています。

私はあなたを愛しています。そして、あなたの家族やあなたの周りの人たち、あなたと関わっている人たちも、あなたを本当に信頼していますよと、主が言われています。その愛の中で、愛の結びつきの中で、本当に豊かに生きていって下さいと、主が言われています。

預言カフェで、この言葉をいただいたとき、思わず席上で涙してしまいました。店員さんに心配されちゃったヨ。((^┰^))ゞ

じっちゃん、わかって下さってるなあ。。<(_ _*)> アリガトォ <(_ _*)> アリガトォ

というわけで、、、この9月が区切りになったんです。世界は。私たちは。本当に!

そして、私たちはこれから、ニューアースへと向かうのです。

国之常立神様の言われるように(コンシャス・チョイスNo.48)、「地球の守りびと」となるために。






今この時点(8月初め)でアセンション可能な人数の割合は、0.0042%!(9/18更新)

2016-08-28 14:52:11 | 次元上昇
9/18更新: 下記の文章で、「今この時点(8月初め)でアセンション可能な人数の割合は0.0042%」としていますが、Coreyの計算間違いで、さらにその10分の1だということです。彼は、Raw-Tear-Eirから、世界全体で30万人と聞いていたのを、計算ミスで0.042%としたんですね。正確には、0.0042%です。彼の記事内でも修正されています。下記の私の文章の数字も、10分の1にしてお読み下さい。





8月26日から、マウント・シャスタで行われているディスクロージャー会議の録音をご紹介します。英語ですが、字幕が出ます。最近の会議ものでは、ワタシ的に最もおすすめするトークです。

SSPインサイダー・リークのコーリー・グッド、Dr.マイケル・サラ、ロブ・ポッター、ローラ・アイゼンハワー、ハワイのカウイラペレ、Stillness in the Stormのジャスティン・デシャンプ等の、そうそうたるライトワ―カーが、ディスクロージャー、アセンション、ET等について、最新状況を話し合っています。

とても波動が高いです。どの人も賢明で(^_^)、思いやりがあり、明るい。こういう波動、大好きです。まるで私も、その場で聴いているような気分です。(^_^) 

話されている内容は、コンシャス・チョイスで「一なるものの法」を学んできた者にとってはお馴染みで、目新しいことはありません。が、とてもよく、整理されています。

しかし、衝撃的な情報が明かされています。私にとっても、ある意味でショックです。

Corey Goodeの最新情報(まだ日本語訳は出ていないようです)で、彼が、青い鳥人族(「ラー文書」のラー、「一なるものの法」を人類に伝えてきた存在であることが確定しています)から、8月初めに伝えられたものです。

アセンションへの道は簡単ではありません。

ラーによると、もし今、最終のアセンション・ウェーブ(太陽からのエネルギー・パルス)がやってきたら、アセンションできる人の割合は、0.042%だそうです。ということは、2300人に一人です。

全世界で、300万人。日本の人口を約1億3千万とすると、54600人です。


現状で、アセンションが起こるとすると、達成できるのは、日本で、54600人のみなのです。世界中が同じ波動とは限らず、日本人がより高いと仮定すれば、この数はもう少し多いかもしれませんが。

2300人に一人。

あなたは、自分がその中に入っていると思いますか?

実は、ショッキングなことに、Corey自身はその中に入っていないと、青い鳥人族から告げられたそうです。

ディスクロージャーに向けてこれだけの働きをしている彼でも、まだ、波動的に達していないんですね。

それを踏まえて、この録音で、このグループが最終的に確認しているのは、結局、アセンションへの道は、個人のインナーワークにかかっている、ということ。

インナーワーク。。ヨガをしてとか、食べ物を変えてとか、、そのような肉体の浄化・ライトボディの開発ももちろん重要ですが、私は、心がしっかりと整ってくれば、その辺りはあっという間に追いつくと考えています。

それよりも、アセンションを望むならば、まずは一瞬一瞬の選択を、愛と調和に満ちたものにしていくしかないのです。

自分の思いと行動を、他者奉仕へ向けていくしかないのです。もちろん、それは、自分をドアマットにするのではなく、他人と自分を同等に大切に扱うということ。ワンネスを目指すことが、すなわち他者奉仕そのものなのです。

しかも、100%そうである必要はなく、ラーによると、「51%でいい。半分を超えればいい」 つまりは、自分の思いと行動の半分以上を他者奉仕へ、愛と調和へ、ワンネスへと向ければいいのですが、、、、たったの51%でも、言うは易し行うは難し。達成は容易ではない。

勘違いしてはいけないのは、識っているだけで行動を伴っていなければ、アセンションへ向かって進んでいることにはならないこと。

巷には、たとえアセンションや「一なるものの法」の存在を識らなくても、本来の生き方が他者奉仕そのものという人が、大勢存在しますね。日本の54000人の中には、そのような人が多いのではないかと、実は私は想像しています。「一なるものの法」を識らなくても、そのものを生きている人たち。UFOを信じなくても、オーブの写真が撮れなくても、サイキックな能力がなくても、全然、大丈夫な人たち。

逆に、いろいろネットを回って陰謀論からスピリチュアルから情報を大量に集めていても、頭でっかちなだけの人も存在します。せっかく得た知識を自分の行動に生かしていない。獲得した叡智を行動に表していない。そういう人も、けっこう多い。

知識は、行動を変えていくためのヒント、ツールとして必要なのですが、集めたっきりで、しまいこんでしまい、ただの評論家でい続けるならば、自分の波動は何ら高まりません。

、、、、こういうことすべてを、私は、コンシャス・チョイスで書いてきましたし、関連して、じっちゃんの直接の教えもシェアしてきたのですが。

しかし、その情報は、自ら求めてこない限りは届かない仕組みになっています。「我々の情報は必要な人に届くようになっているのです」。バシャールが言っている通りです。

バシャールが以前から伝えてきた2016年秋からの分岐が始まっています。分岐の前には、いったんタイムラインの融合が起こるのですが、複数の情報源から予告されてきたその兆候が今、現在のリアリティに現れています。Cobraの最新インテルでも、それが宣言されましたね。

私自身が体感するエネルギーも、量子跳躍で増えています。受け止めるエネルギーの増加に、私たちの身体は徐々に慣らされてきたはずですが、時々、すごい日がやってきます。昨日今日は、まるでゼリーの海でもがいているみたい。起きてもまだ、夢を見続けているような。3分もすると、その前に考えていたことがホロホロと崩れてしまう。夢って、目が覚めると、あっと言う間に崩れて、指のすきまから消えていきますよね。私にとっては、現実が今、そんな感じです。

私はこの先、タイムラインは2回分岐すると考えています。

1回目は、アセンションを選ぶか選ばないか。選ばない場合は、第3密度をさらに26000年、経験します。

これは以前、「門は一度閉じる。閉じねばならない」と、じっちゃんがおっしゃていたその地点ですね。まず、人類の集合意識がどちらを選ぶか、その分岐点がこの9月から、と言われています。9月から今年いっぱい、くらいでしょうか。様々な兆候が合致してきています。

青い鳥人族によれば、最適なタイムラインへ行くか行かないか、どちらに行くかを決めるのは、完全に人類全体の集合意識にかかっている。そして、人類全体の集合意識には、一人ひとりの意識レベルが関与しているそうです。

もちろん、アセンションするのが幸せで、しなければ不幸せということはありません。それは、じっちゃんもおっしゃっています。どちらが良い悪いではないよ、と。それぞれが、自分の魂にとってベストな場所へ行くのです。

「自分は今回、アセンションしなくていい」、そのような考え方をする人も、確かにいらっしゃいますよね。

が、私としてはやはり、ポールシフトやアトランティス末期のようなトラウマに満ちた体験をふたたびする必要はないと思います。

さらに先へ進むと、アセンションする道における分岐が起こります。最速でアセンションする道と、ゆっくり時間をかけてアセンションする道とに分かれます。じっちゃんは、その状態を、道の勾配、角度の違いで説明して下さいました。扇が拡がるように、ともおっしゃっていましたね。

高い波動帯へ向けてすばやく登っていく道と、ゆっくりと何百年もかけて登っていく道に分かれます。少しずつ波動が異なる、これまでと違ってお互いに交流を持たない数多くのリアリティが、層となって、新しい地球に重なっていくのです。

自分はどれだけ早く、夢に見ていたニューアースに到達できるのか。アセンションする道を選んだ人たちの間でも、リアリティは今後、異なっていきます。

自分は、1.最速アセンション、2.ゆっくり(何百年?)アセンション、3,ポールシフトを経験する地球

そのどれを望むのか、そのための行動が、DO!!!が、求められています。






真我の目覚め

2016-07-28 17:08:26 | 次元上昇
昨晩終了した2016年7月お誕生会集団瞑想「紐解いて、あっと驚く玉手箱☆目覚めよ真我の光」ですが、スクリプトも載せておきましょう。

神話を題材に冒険ファンタジーの形を取っていますが、私は、実はこれ全編、kiyokoさんが上からチャネリングしたものだと思っています。

お誕生会集団瞑想の最終回、最後の共同ミッションです。今、このタイミングにおいて、多次元的に非常に重要な意味をもちます。

今は、祝祭セッションも、それからコンシャス・チョイスのレターも、読者の方から私のもとに届くメールも、ハート・コミュg+での活動も、すべてが共鳴し、シンクロを起こしています。

そのすべてが、地球と人類の次元上昇の支援というライトワ―カーが担うミッションに関連しています。私たちは、それを、ここ日本においても引っ張っていくことを、上から期待されているんですね。

そのために、じっちゃんが毎回、祝祭セッションに出てこられて、ステップを踏んで、講義の形で、私たちに学ばせよう、気づかせようとして下さっているのです。フフフ、、、淡々と文章にしていますが、実は、以前の全体の波動が低かった時代からは考えられない、とんでもない奇跡が起きているのだ。w川・o・川w オォーーー!!

上の次元と私たちの次元を隔てていたベールは着実に薄くなってきています。彼ら、高次元の光のファミリーが、もう手を伸ばせばほとんど握手できるところまで来ている。

どうぞ大きな構図で、そのことを信じて下さいね。希望を捨てないで。

「どうしてこんなことが起きるんだllllll(-_-;)llllll」というほど陰惨な事件が世界中で続いていますね。ここ日本も、例外ではなくなってきました。いよいよ峠越えに向かっているのです。しかし、大きな天変地異が起こらないだけでも、実は素晴らしいのです。ソフトランディングへと何とか持っていこうとしている。みんなの努力で。

じっちゃんの教えでは、「多様性を認めることがソフトランディングにつながる」そうです。つまり、自分と違う相手を裁かずに、ありのままを見る。愛の目で見る。対立しない。共通点を見つける。お互いに歩み寄る。そういう成熟した集合意識に成長すれば、地球と人類の次元移行は、恐れや不安を生まないスムーズなものになるのです。

闇がこれだけ深くなるということは、光もそれだけ強まっているということ。逆もまた真なのです。

どちらに焦点を当てるかで、この先、あなたが行く世界が違ってきます。恐怖ではなく、自分の中を愛で満たして、静かに自分の中心に留まっていて下さい。

さて、下記のスクリプトの中には、光の存在たちから私たちへのメッセージが数多く、散りばめられています。楽しんで、共鳴してくれると嬉しいな。♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪


☆☆☆ハートの贈りものpresents 2016年7月お誕生会集団瞑想スクリプト
「紐解いて、あっと驚く玉手箱☆目覚めよ真我の光」  (幹事 kiyoko yamada)☆☆☆

では、どこでもドアの扉を開ける前に。
宝箱を一つご用意下さい。どんな箱もけっこうです。お菓子の箱でもかまいません♡
その中に一つ、あなたからのプレゼントを入れましょう。私たちはそれを、竜宮城にお届けするのです!!

私たちのいる陸から、竜宮城へプレゼントを届けます。そして、竜宮城からもプレゼントをいただいて、今度はそれを天空の城に届けるのです!! 陸から海へ、海から天へ、プレゼントを贈り合うミッションです♡

さぁ・・・これから行くのは、前回、6月のミッションで訪れた地下神界、神の世界、クリスタルの歯車のある場所です。その沖合には竜宮城があります。その浜辺を目指します。

浜辺ではもう、人魚姫たちが待っていますよ。前回はほとんど出番がなかった人魚たち、今回はわくわくしています。竜宮の使いの亀たちもたくさん迎えにきてくれています。

どこでもドアの扉の向こうに、親愛なる彼らが、待ってくれています。

さあ、扉をあけましょう。冒険のはじまりです。


~~~~クリスタルの歯車~~~~


扉をあけると、そこは、大空が広がる砂浜☆ 

今回もふたたび、じっちゃん創造主、地球乙女、マイケル、大天使たち、天使たち、やおよろずの神々、女神様方、スペースファミリー、アガルタ人、精霊さん、自然界の生き物たち、エレメンタルなど、多くの光の存在が、この偉業をお手伝いしようと集合し、私たちを出迎えてくれます。

瀬織津比売(せおりつひめ)様、速開都比売(はやあきつひめ)様、気吹戸主(いぶきどぬし)様、速佐須良比売(はやさすらひめ)様もお見えです。私たちは竜宮城へ行くために、四人の女神さまから禊祓(みそぎはらえ)をいただきました。
これで穢れを落として浄化され、人として竜宮城を訪れる事が許されました。

じっちゃんがおっしゃいます。
「神と人とをつなぐこと、これが儀式じゃ。祓いにはじまり祓いに終わる、それは、天と地をつなぐ、神と人とをつなぐ儀式のようなものじゃな。敬いと礼をもつ魂には神の御光(みひかり)が訪れよう。わし自身はそんな固い事は思わんのじゃが、神々に全て任せておるからのう。」

じっちゃんは、私たちの顔を眺め、「それにしても、皆、良い顔になったのぉ。」と、これから未知の竜宮城へ行く私たちをねぎらって下さいます。

地球乙女が言われます。
「地球の波動が宇宙と連動して、上昇してきました。みそぎはらえの清めが加速しています。恐怖や不安が地球から振り落とされていくでしょう。自分が正しいという偏った思い込みも、批判や非難もその身の足かせとなるでしょう。こわがらないで。信じましょう。すべての歪みが正されていくでしょう。」


地球乙女は、多くの悲しみや苦しみを昇華され、今やすっかり健やかにおなりです。美しい色とりどりの花びらでできた透明なレースのドレスを身にまとい、地球にある宝石の飾りを着けて、幸せそうに、微笑んでいらっしゃいます。

苦しみを乗り越えたお姿から、愛の波動が心地よく響いてきます。汚れても汚れても、地上を自然の浄化で保たれる努力を、自然界の精霊方や神々と、地球乙女は今この時も行って下さっています。

私たちは今、本当の自分を思いだす時がきたのです。生きてゆく為に。闇も光も知ったからこそ、天の岩戸は開きました。私たち自身が変わり、世界が変わる為に。あらゆるものとつながるために。

さあ、前回のミッションでも使用したポシェットの中に、宝箱を入れましょう。

皆さんは、宝箱の中に何をいれましたか? 四葉のクローバー? 水晶? ブリザードフラワー? 種? 折り鶴? 何が喜ばれるでしょうか。竜宮城の宝物殿へ捧げに参りましょう。

人魚たちがふたたび、私たちに貝殻のストラップを下さいました。
人魚に変身して、さぁ、亀さんにつかまって、出発しますよ!!


~~~~~竜宮城へ~~~~


透明な海です。太陽の光が、不思議なことにずっと深く、深海までも照らしています。
浄化が進んだのですね。

たくさんの小魚たちが、まとわりついてきます。

透明なブルーの海、エメラルドに輝いています。
色とりどりの珊瑚礁が続いています。

沖に出ると、だんだんと水深が深くなり、魚の群れがダンスを踊るように美しい光景を見せてくれます。
くじらや、サメもいますが、まるで私たちなど気にもとめないかのように、彼らは出あっても、ただ泳ぎ去っていきます。
私たちも魚の一つになったのような感じです。

亀たちはもろもろをかき分けるように、海の中を泳いでいきます。

岩穴をくぐり、しばらく行くと、海の底に大きなお屋敷が見えてきました。
この岩穴は、私たちが前回、天の岩戸開きを行った結果、次元がつながったものです。

岩穴を抜けると、大きな壁と門がありました。
門には、タコやイカの門番が、長い槍をもって立っています。

亀たちが門に近づくと、大きな扉は、音もなく開きました。

門をくぐると、お屋敷の中は普通の空気に満ちていて、呼吸ができるのです。まるで地上のように歩けるのです。それなのに泳ぐこともできる、不思議な空間です。
空中を、魚が泳いでいます。海草や珊瑚があり、色とりどりの海の石の庭園も見事です。

私たちは、人魚の変身をといて二本の足で歩き、お屋敷の庭園を進みました。

庭園の奥に、竜宮城とかかれた大きなお城がありました。
大広間に案内されると、海の女神さまや乙姫様、海神様方が宴をされていました。

そして、私たちを心から歓迎し、温かく迎え入れてくださいました。

私たちはそこで、それぞれ持ってきた宝箱を祭壇に捧げました。
海神様や女神様方、人魚姫や半漁人たち、精霊たちも、おおおいに喜んで下さいました。

そして、きらびやかな衣装に身を包んだ美しい乙姫様がおっしゃいました。
「あなた方は、本来は、ここの食事に手を付けてはいけません。なぜなら、人間の世界とこの世界では、時間の流れが違うので、食事に手を付ければ、あなた方はこの世界の時間で生きる事となります。浦島太郎さんのように、陸に戻り玉手箱をあげると、年をとってしまうのです。

しかし・・・今日は特別に、海神様のお許しをいただきました。この宴の場で海の幸を食する事を許します。大丈夫です。ここの海の幸を、とことん味わって下さい。この幸は、あなた方の山、陸から流れ出た養分によって育ったもの、山と陸の恵みの賜物です。山と陸の恩恵にあずかって生まれた幸せなのです。その幸せをいただいて、深くかみしめ、そして、踊りや歌をどうぞ楽しんで行ってください。」

海の音楽とともに、踊りがはじまりました。

小魚たちが集まって、いろいろな形を作ります。列になって、ハート型に泳いでくれたり。
女神さまの舞はとても華やかで美しく、それはそれは見事で、見惚れてしまいました。浦島太郎さんの気持もわかりますね(笑)。
タコ踊りや、イカ踊りにも、笑わせてもらいました。

身の丈20mもありそうな巨大なサメが、天井近くを泳いでいったのには、開いた口がふさがりませんでした。

最後は、みんなでたくさんの輪を作り、手をつないでぐるぐると踊りました。
それはまるで波紋のように、小さい輪から大きな輪へと広がって、みんなでウェーブも起こし
ました!

水中のようでいて水中ではない空間は、フワフワした感覚で、身も心もとっても軽くなりました。

楽しい時はあっという間に過ぎ、そろそろお別れの時間です。

海神様が、人魚姫たちに言われます。
「私の娘たちよ。プレゼントをいただいたのだから、次は私たちがプレゼントを差し上げる番だ。天空の城へ、山へ宝箱を届けなさい。そのために、今日は、二本足に変化する事を許そう。山を楽しんできなさい。愛する私の娘、そなた達にも、一生に一度の私からのプレゼントだ。創造主様が許して下さればの話だが。」

その時、天から、じっちゃんの声がしました。
「わしは一度も制限などしたことはなく、すべてを許してきておるのじゃよ。だが、今回、それは、次元が重なる今だからこそ許される芸当ではあるのう。どうぞ、楽しみなさるがよい。」

海神様と創造主様のお言葉に、人魚姫たちは歓喜の声をあげました。大興奮です。

「あこがれの陸にあがれるなんて!!こんな奇跡ってあるかしら!」
涙を流して喜ぶものもいます。

さて、竜宮城を去る時、私たちは、自分が持ってきた宝箱を返してもらいました。中には、海からのプレゼントが入っているそうです。でも、間違っても、年寄りになる魔法は入っていないとのことでした(笑)。

私たちは、人魚姫とカメたちに導かれて、これから地上へと戻ります。

私たちも人魚の姿になれるなんて、海の中で何も心配せずに泳げるなんて、そんな体験は、そうそうないことでしょう。

水中で、呼吸をしなくても苦しくならないのはとても不思議ですが、それが、次元の重なりというものだそうです。本物のようで偽物の世界。偽物のようで本物の世界。まるで夢のようなバーチャルな世界です。

水面の波目模様が輝いてきました。私たちは遊泳を楽しみながら、浜辺にもどりました。

海から出ると、人魚たちのひれはすべて人間の二本の足にかわりました。人魚たちはドキドキしながら、足で砂をふむ感触を楽しんでいました。砂がとても心地よい・・・。竜宮城でこっそりと二本足になって歩く練習をしていたみたいですね。それほど、陸へのあこがれは人魚たちの心の中で強かったのです。良かったですね。夢が叶って♡

誰でも、あこがれがいつか叶う時が来ると信じましょう。

浜辺では、陸のみんなが待っていました。美しい人魚姫たちが陸に上がって二本足で歩く姿は人間と変わりませんが、まるでギリシャ神話からぬけ出てきたようなスタイルの良さとその美貌は、だんとつに目をひきます。巻き毛やストレートの、色とりどりの髪の色も素敵です。

私たちはクリスタルの歯車の近くに移動しました。


~~~~ひまわりの階段~~~~


前回のミッションで、地球乙女が咲かせてくれた数多くの紫陽花の花は、いつのまにか広大なひまわり畑に変わっていました。

ひまわりの花をみて、人魚たちが美しさにため息をつきつつ「太陽がいっぱい!!」とおっしゃいます。
ほんとに太陽のようです。

マイケルが命じると、クリスタルの歯車の前に、大きな白い門が出現しました。

その門が開くと、目の前には高い山がそびえていました。そして、その山頂付近に天空の城があるのが見えました。
山頂まで続く階段として、巨大なひまわりの階段がありました。大きいけれど、とても可愛い階段です。

瀬織津比売(せおりつひめ)様が、女性たちに羽衣をプレゼントしてくださいました。
はおると、羽衣は宙にふわふわと浮いて、体がかるく感じます。

キューピット天使が男性たちの背中に幻の小さな矢を当てると、背中に、ぴょっこりかわいらしい翼がはえてきました。
空をとぶことはできなくても、体が浮きあがる感じです。

ひまわりの階段に乗ると、ポンポンとひまわりが上下して、私たちの足を押し上げてくれます。ですから、楽に階段をあがっていくことができます。勢い余って体勢が崩れても、羽衣や、背中の羽が、バランスをとってくれます。ふわふわと美しい布が舞い、背中の翼は可愛いくパタパタします。

これには人魚姫たちも大喜びです♡

精霊や妖精さんたちも、私たちが階段から落ちないように、サポートしてくれます。
さすがに高いところへ上がると、少しドキドキしますが、そのスリルも楽しさの一つ。

下を見ると、壮大な景色が広がります。クリスタルの歯車が小さく見えます。海が四方に広がっています。ひまわりの階段を、思い切って一気にかけあがりました。

天空の城が近づくにしたがって、その後ろに、巨大な樹が生えているのが見えてきました。

大きな大きな樹。天空の城を包んでしまうくらいに太くて巨大な樹です。
これが、世界樹とよばれているものでしょうか。


~~~天空の城へ~~~~


天空の城につきました。その前に神社があります。そこでは、神主さんが、ほら貝を吹いて下さいました。そして、私たちを祓い清め、のりとをあげてくださいました。

それから、天空の城の門が開きました。

お城の中には、たくさんの神様や女神様、精霊や妖精さんがいらっしゃいました。

こちらでも宴が準備されていました。

人魚姫たちは、「海神様よりあずかってまいりました。どうぞお納めください。」と、プレゼントの玉手箱を祭壇に捧げました。

山神様は言われました。
「海神殿にはもうどれだけ会っていない事か。娘のあなた方に会えただけでも喜ばしい事です。」

広間の中央に、準備されているものがありました。
棒の先に取り付けられた鈴のさおと、たくさんの竹ざおに色とりどりの長い布をつけた旗でした。

女性が、円の中央で鈴の棒を持ち、左右に振って鳴らします。
その周りをさらに、他の女性たちが鈴と太鼓のリズムで踊ります。それはそれは清らかな鈴の音色です。
男性は、色とりどりの布をつけた旗を持って、女性の周りを時計回りに走ってまわります。
女性は鈴を鳴らして踊り、男性は太鼓を叩き、旗を持って走る。

女性の足元に水が湧きだし、男性が風を起こしました。
すると、裏の扉があいて、それらが世界樹へと流れていきました。

世界樹は、水を受けてうっすらと金色銀色に輝くようでした。

私たちは外に出て、世界樹の前に立ちました。

山神様が言われます。
「二極の統合は完成された。世界樹は生命の樹となり、命の根源と成り申した。つながるがよい。生命の樹を感じるが良い。パワーは無限である。その心に穢れがなければ、つながることができよう。」


私たちは生命の樹に、触れてみました。深く深呼吸できるような、そんな感じがします。どれほど深い深海にいても、どんなに乾いた砂漠にいても、水を感じ空気を感じ、根源なる命の源を感じることができます。

山神様は、玉手箱を空中に差しだしました。
すると、海神様から贈られた玉手箱も、光り輝きながら、祭壇から飛んできました。まるで二つは引き寄せあっているようでした。

生命の樹の前に、山神様は立ちました。
皆が見守る中、背丈4メートルはありそうな山神様の頭の上で、二つの玉手箱が開きました。

中から、一つずつ大、きな光の玉が出てきました。一瞬、とてもまぶしくて驚きました! 一つは、渦巻く赤色の玉、もう一つは水の渦のような青色の玉でした。

海神様の声が響き渡りました。
「奇跡の光りであるくしみたま」

山神様の声が響き渡りました。
「幸せの光であるさきみたま」

そして、じっちゃん創造主様が言われました。
「ま、ラッキーとハッピーじゃなあ♡」

二つの珠の光が、だんだん大きくなって、分裂し、私たち全員の身体に、まるでちりぢりの花火のように入ってきました。

創造主様が言われました。
「皆、ほんとに良かったの~♡これがまさしく神の贈り物じゃ。」

私たちは、奇跡と幸せの力をいただいたのです。
パワーがみなぎってきました。

体の中で、流れるようなせせらぎと、燃えるような情熱がほとばしります。

じっちゃんが言われます。
「さあ、儀式は終わったぞよ。二極の統合は果たされた。二極こそが、にぎみたま和魂とあらみたま荒御霊の正体じゃ。その波を楽しみながら超えていくことが、くしみたま奇魂とさきみたま幸魂の力じゃ。今後はどんな恐怖が訪れようが、すべてを楽しめるじゃろうて。大波を楽しむがよかろう。」

山神様が言われました。
「次元が重ならなければ、引き合えなかった二つのみたま。神と人をつなぐ力。人の心が畏怖し封印し遠ざけてきた太古の力。だが、時が来て、海神が大波をおこし、包んだ次元の重なり。この荒技に気づき耐えうる者のみが手にする真実の光。」

海神様の声がきこえました。
「しかし、まあ、力を引き出すも引き出せぬも、それぞれだ。よくよく、己の魂を磨いて、神の御心に叶うように生きる事じゃ。己の心に愛と調和と勇気があれば必ずや道は開けようぞ。その資格が、三種の神器というものなのだが。その資格がここに集まった者たちにはあるようだ。だが、果たしてこの世界を変える事ができるかどうか。だが、恐れずに表現してほしい。愛を。愛でしか闇を包めぬのだから・・・。」

女神様が言われました。
「地上は、まだ混とんとしております。先を行く者であるがゆえ、また、これから、大きな闇や、大きな波が来るように感じるかもしれませぬが、その羽衣、そして、キューピットの羽根が、怒涛の渦に巻き込まれずに、バランスを保つのに役だってくれるでしょう。またいっそう歪みが明るみに出て、恐怖や不安を感じるかもしれませぬが、地球女神様のように、自分の軸をしっかりと保ち、幸せの中におられます様に。私たちも祈っております。」

別の女神様がおっしゃいました。
「人間は、山の恩恵、海の恩恵をいただいて、生きています。どちらも感謝ですね。また、どちらも無ければ成り立たない世界。もう、何が嫌いとか、何が嫌だとか言っているレベルではないのですよ。嫌だというものはない。すべてを、好き、嫌いを超えて受け入れれば、荒魂もきっと裏返し、幸せと成るでしょう。つながるものすべてに愛を。それが、森羅万象。」

摂津織姫様が言われました。
「神話を通すことで、あなた方に贈りたかった太古のパワーを伝える事が出来て良かった。伝承は今ここに伝えたかった。そこに神々の愛がありました。育て成され。神を。そのお心の中で、卵はかえり、いつかあなたの力となるでしょう。宇宙に叶うお心ならば、生命の樹が応援しています。自分の波紋をひろげなされ、響かせなされ、輝きなされ。歪みは正され、すべてに愛と調和が宿るでしょう。」


女神様方は、そういって宙を舞いながら、嬉しそうに微笑まれました。

そして、私たちは、浜辺に戻りました。

さて、いよいよ、7月のお誕生会です。

「7月お誕生日の方の発表です。7月生まれの方は、浜辺の砂のステージにおあがりください」

貝殻で装飾されたステージは、砂もしっかり固まっていて崩れず、とても頑丈です。


~~~お誕生会~~~


「7月生まれの皆様、お誕生日おめでとうございます。
ではお名前を発表します。

Yuri kamaさんお誕生日おめでとうございます。
Hitomi naganeさんの娘さんお誕生日おめでとうございます。
Suzu hatiyaさんお誕生日おめでとうございます。
M来実さんの娘さんとお義母さん。お誕生日おめでとうございます。
Narudekoのオットーさん、お誕生日おめでとう」

拍手が大きく大きく響きました。

マイケルがおっしゃいます。
「この時代、この時、ここに集うことが出来ました。7月のパワーはまさに情熱を燃やす時。
あなた方の情熱が、新しい創造を産み、新しい時代を創っていくのです。次の新時代への橋わたしとして、一人一人がそのお役目を担っていくことでしょう。」


地球乙女が言われました。
「これから、たくさんの渦があちこちで生まれそうですが、奇魂と幸魂を得て、進化してください。自分らしさを大切に、命の鼓動を響かせて下さい。私は、あなたがたすべての命の鼓動が愛しいのです。この大地で、この海で育まれ、つながっていく未来。たどりつく未来に腹をくくり、私も今を楽しむことにいたします。あなたがたのすべてを見守っています。」


いただいたプレゼントは、天女の羽衣、キューピットの翼。そして、幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)です。それぞれに、真のアセンションを果たしましょうね。これからの人生も、それぞれに輝かせていきましょうね。ネバーギブアップ♡

最後にどこからともなく、声が響きました。宇宙の声でしょうか。
「希望を胸にかがやかせてください。最後は、笑って下さい。起こる事すべてよしということは、宇宙と創造主への信頼であり、感謝と学びであるという事を忘れないようにして下さい。私たちはいつもあなた方と共にあります。」


さぁ、皆で、フィナーレの歌です。音楽の終わりと共に、それぞれがお別れです。終わりの始まりです。新たな出発です。いつでもすべては自分の心の内にあります。


愛がすべて

2016-07-28 17:07:07 | 次元上昇
もう1本、2016年7月お誕生会集団瞑想からのスピンオフの記事です。



古い古い歌。でも、私の好きな歌。

これが、7月20日の夜、夢を通じて、私に上から降りてきたメッセージでした。いろいろなレベルの意味を含んでいますが、ちょうどこのお誕生会瞑想のタイミングに合わせて理解してもぴったり来るので、ご紹介しますね。

アセンションは進行しています。ようやくここまでたどりついた私たちの”喜びの歌”という感じがします。

以下、今の私たちの状況に合わせて、思いっきり意訳しました。(^-^ゝ じっちゃんへのというか、自分へのというか、ワンネスへのというか、愛にあふれてますね。愛の素晴らしさに気づいた感動と幸福感でいっぱいの歌です。

~~~~~
愛がすべて   by Eric Carmen

3次元のダンスをしながら、この時を待っていた
本当に必要だったのは、あなたを愛することだけ
数え切れない夜、光を探してた
そんな僕を救ってくれた 感じることを思い出させて

愛だけが大切なんだね 信じられる永遠の愛
僕たちを結びつける愛 それだけで満たされる
幻想に囚われ 宙ぶらりんだった
でも、もう孤独じゃない 愛が僕を解放してくれた

ずっと夢に見たきたことが ついに叶ってゆく
どれほど人生が変わったのか 気づかなかった
今は、愛のすべての形が見える
あなたが僕を救ってくれた 確かなものをくれたんだ

愛だけが大切なんだね 信じられる永遠の愛
僕たちを結びつける愛 それだけで満たされる
幻想に囚われ 宙ぶらりんだった
でも、もう孤独じゃない 愛が僕を解放してくれた

愛だけが大切なんだね 信じられる永遠の愛
僕たちを結びつける愛 それだけで満たされる
幻想に囚われ 宙ぶらりんだった
でも、もう孤独じゃない 愛が僕を解放してくれた

~~~~~

さらに、お誕生会瞑想の中でもご紹介しましたが、このタイミングで、私たちに伝えたいというじっちゃん、そして、AAマイケルのメッセージ。さらに、kiyokoさんが受け取ってくれた「宇宙の声」のメッセージも、ここでフィーチャーしておきましょう。

宇宙の声、私には、これがどなたの声かわかりますが、ご本人が名乗っておられませんから、○○司令官としておきますね。(^_^)

じっちゃん創造主からのメッセージ
今、このときが始まり。直感に従って、これからは進んでも大丈夫になるはず。だから、そのためには、仲間を誘って、ひとり一人が迷いを捨てて、自分の強さを思い出して下さい。今はまだ全開にはしないで、いつでもどこでもではないけれど、その時々に力を合わせて強い光を出す。そういうことを繰り返すうちに、気がついたら、すごくパワーをもつようになります。それが、みなさんが目指している、みんなをアセンションに導く、という方向に働いていくのです。闇の、黒いものにも愛の光を、あきらめずに、迷わずに、最大の力で何度も照射していけば、愛の存在に変えられます。その黒いものもさみしかったのです。一人だけ違う異質な存在として自分を感じていて、居場所がなかっただけ。今いるところを手放したくない。でも、少しずつ気づきつつあります。だから早く、たくさんの光をみんなで手をつないで送りなさい。大きく変わっていきます。感じていることが正解。今のことや、現実的なことじゃなくて、感じていくことが正解。うん、大丈夫です。

AAマイケルからのメッセージ
この時代、この時、ここに集うことが出来ました。7月のパワーはまさに情熱を燃やす時。あなた方の情熱が、新しい創造を産み、新しい時代を創っていくのです。次の新時代への橋わたしとして、一人一人がそのお役目を担っていくことでしょう。

○○司令官からのメッセージ
希望を胸にかがやかせてください。最後は、笑って下さい。起こる事すべてよしということは、宇宙と創造主への信頼であり、感謝と学びであるという事を忘れないようにして下さい。私たちはいつもあなた方と共にあります。




本日の夏至/お誕生会瞑想に向けた”じっちゃん”からの特別メッセージ!愛しているよ!

2016-06-21 17:41:24 | 次元上昇
本日の夏至、アセンションエネルギー到来に合わせたお誕生会・集団瞑想に際して、”じっちゃん”創造主がメッセージを下さいました。仲介の霊導者Cさん、ありがとうございます!

慈愛に満ちた、優しくて、ありがたくて、嬉しくて、涙がこぼれてしまうメッセージです。じっちゃんは、こんなにも私たちのことをよく見て、よく知って、その上で愛して下さっているのですね。

私たちは応援されています。勇気を出して、毎日毎日、朝起きたら、軽い心(天使の羽)で、軽い明るい心で、ガラガラ~とドアを開けて、幸せ駅へ降り立ちましょう! 

(私たちは日本人は幸せ者ですね。こんなにも直接、具体的に、創造主が日々メッセージを下さるなんて! 少し前なら考えられないミラクルが起きています。)

~~~~~~~~~~
2016-6-21

本日のお誕生日会に際して、夏至の日に際して、創造主さまに伺いました。
初めてこちらから「みなさんにお言葉をください」と伺いました。
初めてノリノリの創造主様に出会いました。

幹事のきよこさん個人に向けてのお言葉もあります。



(ニコニコ顔で、ルンルンじっちゃんです。)

(パンパン手をたたいて) UP! UP!

顔をあげなさい。

今日のこと(夏至のエネルギー到来)を喜んでいるよ。

きよこちゃん!(じっちゃんがそう呼んでます。)

ここまで来れて良かったね。
本当によかった!おまえさんも嬉しいだろう?
覚えて居ないかもしれないけれど、いやー、覚えているかな?
「お仕事をしに行ってくれる人、居ないかな?」とわしは聞いたんじゃ。
たくさんの小さくピュアな(精霊・妖精のような)魂がたくさんおってな。
みんなは「できるかな?大丈夫かな?」とハニカミながらもじもじあと一歩勇気が出なんだ。
そうしたらとりわけ純粋で小さなおまえさんが「やるよ!いいよ!」と言ってな。
みんな、少々心配してな、でもその嬉々とした顔を見て「この子ならできるじゃろう。
この子ならきっと花が咲くじゃろう!」そう思ったよ。

おまえさんは今の場所が好きじゃ。
他の人、魂との距離感をとても好いておる。大切にしてるんだね‼

(すっごく優しいお顔で微笑んでおられます。)

三種の神器はプロテクト。
よくよく、使いなさい。

(きよこちゃんったら)嬉しそうな顔をして…(笑)岩戸の中が見たいかね?
ああ、見てごらん。わしがついておるよ。


さあ、今日はお祭りじゃ。

この大宇宙と云えども、光線のように注がれる、それは宇宙の法則による循環の蓄積物、成長のエネルギーだ。

光の光線が見える者はおるかね?

何もない空間がぶわっと開いてエネルギーが噴出しているのが見える者はおるかね?

ゾクゾクと、ピリピリと、ジンジンと五体に感じる者はおるかね?

ふいに気づくと、ハートから静かにこんこんと湧水が湧き出るように安らぎのオーロラが満ちるのを感じる者はおるかね?

ストンっ。と「ああ、これでよいのだ。確かに満たされている。」そうただただ心で納得した者はおるかね?

夏至のエネルギーが満タン注がれる日に、何も感じない。
何も降りてこない。
昨日と何ら変わらない。
自分はまだ受け取れるまでに成長していない。
こんな自分には注がれない。
そう思っておる者はおるかね?

いい、いい。それでよい。
今日はお祭りだからね、1つ教えてあげようね。

心を軽く軽くね。
自分のこの今の状況、心のあり方の元へ高次の光のエネルギーが降りてくるのではないのだよ。
たとえ、この第三密度と呼ばれる次元にあっても、たくさんの層から成っているからね、
善い波長が流れている層があるのだよ。
看板でも建っていたら良かったのだけどね。
その善い波長の流れている次元を駅だとしよう。
レールがあるよ。
チケットがいるね。何だと思う?
幸せの波長は確かに存在する。揺るぎない真実だよ。
「私は、幸せの波長に乗りたい‼」気楽に気楽にそう思ってみなさい。
今の状況をひとまず置いといて。
誰だって軽い心(天使の羽)が自分のなかにちゃんと残っているから、呼び戻して。
それ、チケットよ。
その軽い明るい心でガラガラ~とドアを開けてみる!
自分の気持ちで開けてみる!
天使の羽の自分になってみる!

はい!開けて!!

そこはもう、幸せ駅ですからね。
特急しか通りませんからね。幸せビームまでビユーンと行ってくださいね。
自分世界の中で待ってても来ないときがあるからね、おまえさんが羽を使って善い波長まで赴きなさい。
まずは、意識して。
そのうちすぐアクセスできるようにもなるさ。
大丈夫じゃよ。

愛しているからね。

愛しているからね。

時に落ち込んでいっても、いいじゃろう。
その時も、かわらず愛しているからね。

感情に流されてしまうときもあるじゃろう。
なに、また晴れるさ。
そんなことより愛しているからね。

愛しているからね。

すぐ不安になって、動かないでいることに罪悪感を持つんじゃね。
その分わしが愛しているからね。

うまく出来なくていいさ。わかっておる!そんなことで愛を図らんでよい!
いつ、いかなるときもおまえさんのことを手放したいと思ったことはないからね。

どんな道を歩もうとも、祝福しておるよ。


善い波動しかない。
そんなことはあり得ない。わしはそのようには設定しておらんでな。

この世の中に善き波動のみで形成された魂はおるかい?
おらんじゃろ。

闇を恐れるかね?消したいかね?
それ(闇・ネガティブな波長)はいつかのおまえさんじゃ。ワハハハハー!

どうやって、ここまで来れたかの。よくよく、思い出して。
チケットを持ってエネルギーを蓄えるのじゃよ。

愛を充満させて!

闇への帰還。
愛しい片割れにも注いでくだされよ。


愛しい子らよ、どうなったか、皆、また わしに心の中で教えておくれ。待っているよ。



なるでこさんへ

なるでこさん、頼みました。
みなをよくよく見ていてくださいよ。
あなたの大いなる目で見ているだけでも充分よいから。
そこに在るというだけで、皆の励みになるから。

教えてやりなさい。
最強のプロテクトはなんじゃね?
最強の糧はなんじゃね?


以上です。

~~~~~~~~~~

(なるでこから)

最強のプロテクト? 何だろ?
最強の糧? 何だろ?

テストされているみたいで、ドキドキします。(;^◇^;)ゝ

私にとって最強のプロテクト? それは、プロテクトしないこと。委ねてしまうこと。自分を全部オープンにしてしまうこと。

自分の全身を無条件の愛にして、自分を完全に開いて、すべてを自分の中へ通してしまうことです。そうすれば、どんなものも、私に何の影響も与えずに、私から無条件の愛だけを受け取って、そして、私を通り過ぎていきます。

最強の糧? それは、私にとっては、じっちゃんへのまったき信頼かな。じっちゃんに愛されているという確信かな。

どんなに魂が飢え乾く時にも、じっちゃんに愛されているという確信があれば、それを食べて、生き長らえることができます。

目下のところ、私の答えはそんな感じですね。(*^-゚)vィェィ♪