0010110 ハートの贈りもの―2019―黄金時代07年 

2018-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

1984年、ロス五輪で着陸したUFO(の演出)映像

2012-07-31 20:05:54 | ディスクロージャー


こんな映像があったんですね。

1984年のロサンジェルス五輪の閉会式です。

この五輪のこと、私は何も覚えていないのですが、当時、この UFO(の作りもの)は相当、話題になったのでしょうか? けっこう大掛かりですよね。

今回のロンドン五輪でのランディング、ファースト・コンタクトは、どうやら実現しない感じになってきましたので、この映像を見て、何となく想像して、楽しんじゃうのも良いのでは? 

でも、わたくし的には、最初に出会うのは、もっと美しい宇宙人がいいナ。

まあ、これは、宇宙服を着ているそうですが。この宇宙服、古さを感じさせます。笑)

それにしても、この映像を見る限りは、人々は、UFO を怖がらないで、熱狂してますね。この時代は、そういう雰囲気だったのでしょうか。

その後続く「怖い宇宙人、怖い宇宙船のハリウッド映画」によって、私たちに恐怖が植え付けられ、今、スペース・ファミリーが、大変な苦労をしているのでしょうか。

オバマ大統領の誕生日も、8月4日

2012-07-31 08:46:24 | ディスクロージャー


オバマ大統領の誕生日も、8月4日、だそうです。特別な日なんですね。何か、あっと驚く発表があれば、面白いですね。

でも、、、、どうも、この日自体に、劇的なファースト・コンタクトが起きる、というわけではなさそうです。

あまり期待し過ぎず、この日を境に、ディスクロージャーがもっと大胆になってゆく、という程度に考えておいた方がいいかも。

ディスクロージャー自体は、私や、あなたには、必要ないですし。彼らの存在は、既に、「知って」いますから。ですから、何も知らない大衆に向けて、ということでしょう。

ファースト・コンタクトを待っているわけですが、「起こる時に、起こる」。スペース・ファミリーの「すぐ」とか「今」は、とても範囲が広いので。笑) でも、五輪の競技場に降りてきて欲しいのは、確か!!!

ロンドン五輪開会式の上空に現れた UFO は、普通のマスコミでも、あちこちで、もう取り上げられていますね。





1940年代に、核の危険性を警告しに現れたという、アダムスキー型の円盤に似ているようです。古典的な形で、一般にも馴染みがあり、あまり恐怖と結びつかないのが良かったのかな。



そういえば、Cobra のサイトの UFO にも、似ています。





地球の気候変動は、次元上昇への準備

2012-07-30 11:15:18 | 不思議ニュースから


4日間でグリーンランドの氷床消滅の怪

最近、とみに、世界の異常気象に関する報道が目に付きますね。

先の銀河連邦(ワンダラー・オブ・ザ・スカイズ 7/21)のメッセージにあった通りです。

まもなく、メディアが、世界に起きているエネルギー・パターンの大変動について報道を開始するだろう。それは、あなた方の科学者たちによって測定、観察されたものだ。それらの変化は、休むことなく拡大するエネルギー、皆さんの世界を鉄条網から解き放ち、上昇させるエネルギーの一部である。観察されているこれらの変化の規模に、特に注目してほしい。今日の世界に、このエネルギーが及ぼしている影響がどれほど巨大であるかが、理解できるだろう。

本当に、これだけの環境変化をもたらすエネルギーを、同時に、私たち自身も浴びているわけですから、心にも体にも大変化が進行中です。このエネルギーには、無駄な抵抗をせず、素直に受け入れていくしか、対処法はないようです。このエネルギーが破壊しているのは、古い二元性の世界やエゴに基づいた世界であり、この後に来るものは、新生、再創造です。

地球の急激な温暖化、今のサイエンスでは説明ができないでしょうが、これまで伝えられてきているスペース・ファミリーからのメッセージによると、これは、新しい地球に作り変えるための作業によって生じています。アセンション後の新生地球では、内部世界と表面世界が統合されるため、今、地球自身が、両方の海洋を一体化させようとしているのです。

内部地球の海とつながっている、つまり内部地球への入り口があるのが、極地方の海であるため、海流が両方を行き来し始めれば、極地方は温かくなるわけです。内部世界と表面世界の一体化が完成すれば、地球全体が、温帯の穏やかな気候に変わる、ということです。

つまり、いよいよ、目に見える形で、地球の次元上昇が始まっているのです。

異常気象に見舞われる地域は大変ですが、それにより、その地に溜まっていたネガティビティの解消にもつながるので、地球が落ち着くまで、何とかもう少し我慢をするしかありません。もしも、天界や、スペース・ファミリーからの支援がなく、地球人類の覚醒が進まずに、振動数がもっと低いままだったら、地球の気候変動はこの程度では済まなかったはずです。いわゆる「大災厄」を予言していた各種の終末論に沿ったタイムラインから乗り換えることができずに、今頃は、壊滅的な被害が全地球に広がっていたことでしょう。

しかし、そのタイムラインはキャンセルされたことが、天界から明言されています。

あとちょっとの辛抱です。少しでも、穏やかに済むように、被害地域に、そして、地球自身に、愛と光を送りたいと思います。



2つのクロップ・サークル 7/29

2012-07-30 09:00:13 | ディスクロージャー




7月29日に現れた2つのクロップ・サークル。

上のものは、さそり座の形をしています。下のものは?

太陽の周囲に見つかる巨大 UFO

2012-07-29 16:03:24 | ディスクロージャー




太陽の周囲に見つかる、多数の巨大 UFO。

スピリットの写真:ハワイに現れたゴリラ

2012-07-29 14:33:33 | 不思議ニュースから


これは、スピリチュアルな写真と言っていいのでしょう。

私が好きでよく訪れるサイト、ハワイ在住の a Spirit of Light、Kauilapele さんの記事から。

彼がよく訪れるカフェ・ショップ(Java on the Rock)で、彼の隣に、アフリカのゴリラが出現したそうです。

Kauilapele さんは、ゴリラのスピリットと、コンタクトしていたのだとか。

彼は時々、高次元に入り込んでいるようです。今は既に、地球が5次元への上昇を始めていて、次元が融合していると言われており、「不思議なものを見ることがあっても、それこそ、全く不思議ではない」と、多くのチャネリング・メッセージで言われています。

このように明確な例を見るのは、私も初めてです。

皆さんの中にも、不思議なものを見た、という方は、たくさんおられるのかもしれませんね。私はまだ、ですが。

「信じられない」「合成写真だろ」と思う人は、どうぞご自由に。

私はいつも、Kauilapele さんの記事を読んできているので、彼の人となりを想像できます。私は、この話も、この写真も、本物だと思っています。

私は、直感で、信じる・信じないを分けるのですが、あなたは、どうですか? このような理屈ではない摩訶不思議に、どこまでオープンになれますか?




ベンジャミンさんは無事だそうです。

2012-07-29 12:38:10 | デビッド・ウィルコックからの情報
David Wilcock からのアップデートです。

ベンジャミン・フルフォードは無事、だそうです。

第三次世界大戦につながる2つの偽旗作戦を、スペース・ファミリーが阻止してくれた、とのこと。

デンバー乱射事件の犯人は、マインドコントロールによるもので、多くの一般人がそれに気づき始めたことに、闇の勢力は焦っています。奴らとしては、犯人を生き残らせて出廷させるつもりはなかったので、作戦としては、失敗だそうです。

なお、Bill Ballard の情報では、デンバー乱射事件の犯人とされるホームズ容疑者の父親は、LIBOR スキャンダルに関係のある人物だそうです。

UPDATE SATURDAY 7/28: POWERFUL THINGS GOING ON

I had hoped to finish uploading the rest of this investigation on Wednesday -- but was not able to do so.

The investigation itself is still transforming -- on a variety of levels.

Powerful events have taken place -- some very positive, and some definitely negative. None of them have affected me personally. I am safe and my associates are safe.

Benjamin Fulford did not post an update this week, causing alarm for his readers -- but I can confirm that he is OK. I do not know when he will resume posting, but hopefully soon.

I found out that two more massive false-flag attempts have been thwarted by Divine Intervention -- at least so far. Either one of these would have been provocative enough to immediately start World War III.

At this time there is still an old, mothballed destroyer in the Persian Gulf that is wired up with charges set to go off -- and be blamed on Iran. However, the charges will not go off and the effort has been a failure.

There have been many frantic attempts to set up false-flag events like this, and none of them have been working -- since August of last year, if not earlier.

I also found out, from insider contacts, that James Holmes was NOT supposed to have ended up in court, alive, pleading amnesia and looking totally disoriented.

The Cabal is horrified by the fact that this was a "botched job", and so many people are waking up to the idea of mind control that it is becoming widely known -- and only hastening their downfall.

There are plenty of movies that spell out how this is done -- and the public is waking up to it much faster than they ever had expected.

Other significant events have happened as well. Since returning from Chicago I have needed to stop and breathe, get some sleep and live a normal life for a few days.

I am getting close to being rested up enough to dive back in to complex production work like this again -- and my goal is to publish as soon as certain issues work themselves out and find resolution.






新しいクロップ・サークル、バーコード?!

2012-07-29 12:02:17 | ディスクロージャー




7月28日に現れたクロップ・サークルだそうですが、まるで、バーコード!

↓これも、7月28日に現れた別のクロップ・サークルだそうです。



どんな意味があるのか、早く解析を聞きたいですね。

ディスクロージャー、早くて8月4日か?

2012-07-28 09:22:38 | ディスクロージャー




私の以前の記事、「ミステリー・サークルが伝える日付け」で、この6月2日に現れたサークルが、2012年8月4日(土曜日)19:43:53、を指していると書きましたが。

また、新たなサークルが、7月27日に現れて、同様に、8月4日、を指しているようです。

この8月4日が、「天界の定めたディスクロージャーを行うべきデッドライン」である、という情報が今、ライトワーカーの間で急速に広がっています。この日までに、地球人側でディスクロージャーを行わなければ、8月4日以降は、スペース・ファミリー側単独でもディスクロージャーを行うことが許される、というものです。

これまでに、地球の現体制の指導者たちは、何回となく、スペース・ファミリーと会合を持ち、ディスクロージャーの必要性を説かれたにもかかわらず、何だかんだと理由をつけて、先延ばしにしてきました。デンバー乱射事件も、オバマ大統領がディスクロージャーの発表に踏み切る計画を阻止したものだったようです。何か事が起これば、また、ディスクロージャーに向けて、関係者全員の調整に時間がかかるからです。

先のワンダラー・オブ・ザ・スカイズの銀河連邦メッセージで、銀河系規模で会議が開かれたことに言及していましたよね。

最近、我々は再び銀河系規模で会議を開いて、我々がどの段階まで到達したか、目指すゴールに向けてさらにどのような進展が必要かについて評価を行った。この会議は、我々の巨大なスペーサーの一つの上で開催され、互いの状況に関して興味深いコンセンサスに達した。この会議には、連邦の代表者と、あなた方の世界からの使節団も出席していた。あなた方の代表者から意見が聞かれ、総意として真っ先に考慮されたのは、あなた方の感情である。このコンセンサスに従って、我々は最初の項目に真剣に取り組みを開始した。その最初のステップとして、近々、あなた方は、我々の圧倒的な姿を空に見ることだろう。主要なアジェンダの第一歩が踏み出された。


この会議には、プレアデス・ウォーク・インのシエラと、以前、「この先、こんなに楽しいことが待っている!―ファースト・コンタクト・チームより」で、記事にした金星人転生者の Hugh-man らも出席しており、彼らによると、ディスクロージャーへ向けての全体調整が行われたようです。地球の現指導者たちの自由意志を尊重するといっても、地球のアセンションへ向けての銀河系全体のスケジュールがあり、もはや地球人の一存では決められない地点まで来ているからです。地球と地球人類のアセンションは、太陽系、銀河系宇宙の運命にも関係しています。

そのため、「天界の定めたデッドライン」があって、それを超えれば、地球の現指導者の自由意志を超えたところで、惑星としての地球自体の自由意志を尊重して、アセンションへ向けての具体的な工程を開始することになるそうです。それが、8月4日だと、既に、クロップ・サークルを用いて、スペース・ファミリーは、地球人に提示しているわけです。

8月4日はまた天体の整列があり、一段レベルの高いエネルギーが入ってきて、スペース・ファミリーの着陸が可能になるのだとか。

どのような形のディスクロージャーになるか、いくつかのプランが平行して検討されているようですが、スペース・ファミリーは、「オリンピックという、世界中の人々が集中し、人類愛が発揮され、波動が高まる機会を、有効活用したい」という考えを持っているようなので、オリンピック開催期間中に、ディスクロージャーが起こる可能性はかなり高そうです。

上述のシエラによると、「オリンピック期間中に、世界中のテレビカメラの前で、オリンピック競技場の中央に、スペースシップが着陸する、あるいは、プレアデス人(競技者の中に既に交じっている?)が姿を現す、という案もある」、ということです。この場合、プレアデス人は、本来の5次元の姿を見せるそうです。光り輝く、圧倒的に美しい姿なのでしょうね。

いずれにせよ、最近の会議で、ディスクロージャーを早く実現させないと、アセンションへ向けての準備に時間が足りなくなる、という危機感が共有されたのは確かなようです。なお、この会議かどうかは不明ですが、地球人イルミナティのトップの一人、エリザベス女王が、「ディスクロージャーを認める代わりに、自分の罪を免除してほしい」申し出たようです。受け入れられたかどうかはわかりません。もっとも、ディスクロージャーが起これば、奴らのすべての罪が暴かれることは確かですけれど。

さて、8月4日を境に、世界は激変するのでしょうか? 

この後、銀河連邦のサルーサや、シェルダン・ナイドル、ブロッサム・グッドチャイルド、グレッグ・ジャイルズ・チャネリングの銀河連邦、AA マイケル、それに、レジスタント・ムーブメントの Cobra らの情報でも確認されれば、さらに信憑性は高まりますが。。こういう決定的な日付に関しては、スペース・ファミリー、スピリチュアル・ファミリー全体で、統一したメッセージを出してほしいと思います。そうでないと、又もや、ライトワーカーの間で混乱が起こり、口論が始まったりしますから。その辺、情報に翻弄されやすい地球人の欠点をよく見て、対応してほしいナ。

いずれにせよ、私は今週、3次元の世界でいろいろやり残していることを、なるべく片付けたいと思っています。

追加: 英語ですが、Bill Ballard が、わかりやすく説明していますので。ご参考までに。





トラックバック (2)

ロンドン5輪開会式上空に現れたUFO

2012-07-27 17:37:23 | ディスクロージャー
追加: AA マイケルによると(7/31)、このシップは、銀河連邦のもので、オリンピック会場を保護し、愛と光を送り、眺めを楽しんでいた!そうです。

オリンピック開会時の集団瞑想、参加されましたか? \(^〇^)/



オリンピック開会式の上空に現れた UFO。画面上部の「SKY News」という番組ロゴの下を見ていて下さい。

ニュース中継映像の背後に現れたので、作り物ではなく、間違えようもありません。



↓こちらは、光が集まる輪の真ん中、その上空にすっぽりと UFO が嵌るというのは、非常に儀式的な意味があるように思います。

イルミナティは、このオカルトチックな聖火台によって何らかのエネルギーを生み出したのかもしれませんが、逆に、UFO がそのエネルギーを、光へと変換した、そんな感じです。






危険!偽情報が拡散中?8月4日の本当の意味

2012-07-27 10:20:00 | ディスクロージャー
プレアデス評議会7/27:8月4日オリンピック会場でコンタクトを実施します

上記のメッセージ、プレアデス評議会、Micha を名乗る情報は、現時点(7/31)では、既に、偽りの、撹乱のための情報、だと言われています。

他と整合しない情報が少なからず含まれており、真実の中に偽ものを混ぜる? あるいは、偽ものの中に真実を混ぜる?、典型的な例かもしれません。また、語り口、言葉の選び方の波動が低く、高次の存在ではないようです。闇の勢力の偽装でしょうか。

銀河連邦のチャネラー、ブロッサム・グッドチャイルドさんも、「偽情報に注意するように」、特別メッセージを出しています。

Micha が偽情報だとしたら、非常に巧妙で危険なのは、以下のような点です。

8月4日デッドライン説は、クロップ・サークルやサルーサのメッセージでもある通り、真実ですが、それが意味することは、「それを過ぎたら、地球人によらないディスクロージャーが可能になる」ということのみです。「8月4日そのものに、ファースト・コンタクトが起こる」とは、決して言っていません。

サルーサは、「オリンピック期間中に、ディスクロージャーをしたい」という希望は持っているようですが、いつ、と、期日を限定してはいません。

にもかかわらず、Micha の情報では、「8月4日、劇的なファースト・コンタクトが起こる」と、言い切っています。これに、人々が熱狂し、そして、結局、「何も起こらなかった」となったら、銀河連邦に対する失望や怒りは、大きなものになってしまうでしょう。

もちろん、私も含め、多くの人が、五輪期間中にファースト・コンタクトが起きれば素晴らしい、と期待はしていますが、期待が高まり過ぎた反動で、4日や、それ以降にも、何も特別なことが起こらなかった場合、「銀河連邦なんて、もう信じない」という失望感が広がるのは、まずいわけです。そして、それこそが、偽情報を出す闇の勢力の目的でもあるわけです。

レジスタンス・ムーブメントの Cobra は、「8月4日には、特別なことは起こらない。8月、9月では、スペースシップのデクロークが益々進行するだろうが、イベントは10月以降になる」、と言っています。

アンドロメダ評議会の Tolec も、この Micha の情報は信憑性がない、と、言っています。

「8月4日デッドライン」自体は本物で、地球の現体制の指導者に対して、「この日までに、ディスクロージャーを自分たちで行うように」と告げるデッドラインであり、それが過ぎれば、銀河連邦が単独で、ディスクロージャーを行う、と通告しているものです。

それは、決して、「8月4日ファースト・コンタクト」ではありませんので、「8月4日ファースト・コンタクト説」が独り歩きしないように、状況を冷静に判断して下さるように、皆さんのご協力をお願いします。ファースト・コンタクトとディスクロージャーは、別の話ですので。

もちろん、私たちのビジュアライゼーションで奇跡が起きて、シエラ・ネブリナが言うように、オリンピック期間中の何処かで、ランディングが実現したら、それはそれで、ビッグ・サプライズ、素晴らしい! その時に、喜べばいいと思いませんか。また、サルーサのメッセージ通りに、開会式の時のようなデクローク、大々的なデモンストレーション、ディスクロージャーが起こる可能性は、十分にあります。

日々、自分自身の波動を高めることに集中して、冷静に過ごせれば、と思います。




トラックバック (1)

己の罪深さに、突然気づいた闘牛士

2012-07-23 20:18:23 | 不思議ニュースから


少し前からネットを流れている感動的な写真です。

闘牛士が、戦いの途中で突然、「哀願する無垢な動物の目にいたたまれなくなり」、仕事を辞めてしまった、というものです。

自分の残酷さに、はたと気づいたわけです。牛もこの後、彼を、攻撃しませんでした。彼は、引退しました。

何だかこの写真、牛が、彼に、静かに語りかけているように見えませんか? テレパシーが通じてきているのかもしれません。

愛と調和のエネルギーが、日に日に強くなっています。
トラックバック (2)

ドミノ倒しはバークレイから始まっている!

2012-07-21 12:56:17 | デビッド・ウィルコックからの情報


David Wilcock の最新の記事 7/20 が出ました。

現在拡大中の国際金利不正、LIBOR スキャンダルについてです。

このスキャンダルが、闇の金融犯罪者たちの大量逮捕に向けて、光の勢力によって、いかによく練られたプロットであるかが、語られています。

私もちょうど、昨日、予想したばかりですが、突然の大量逮捕で世間を驚かせることなく、先にすべての不正を暴露し、確実な証拠をあげてから、あらゆる人が納得する形で(大量)逮捕に向かう、その筋書きに従って、しっかりとイベントは開始したようです。

The Great Revealing: US Marshals Expose Biggest Scandal in History

LIBOR 不正の発覚元となったのは、世界を支配する50社のトップに位置するバークレイです。

これも、以前、書きましたが、このLIBOR スキャンダルを、ドミノ倒しの最初の駒と、考えていいと思います。

いよいよ、始まっています。時間が消滅に向かって加速していますから、ドミノの倒れ方もどんどん速くなっていくことでしょう。

お待たせしましたっ! って、感じですよ。

1 BARCLAYS PLC GB 6512 SCC 4.05
2 CAPITAL GROUP COMPANIES INC, THE US 6713 IN 6.66
3 FMR CORP US 6713 IN 8.94
4 AXA FR 6712 SCC 11.21
5 STATE STREET CORPORATION US 6713 SCC 13.02
6 JP MORGAN CHASE & CO. US 6512 SCC 14.55
7 LEGAL & GENERAL GROUP PLC GB 6603 SCC 16.02
8 VANGUARD GROUP, INC., THE US 7415 IN 17.25
9 UBS AG CH 6512 SCC 18.46
10 MERRILL LYNCH & CO., INC. US 6712 SCC 19.45

11 WELLINGTON MANAGEMENT CO. L.L.P. US 6713 IN 20.33
12 DEUTSCHE BANK AG DE 6512 SCC 21.17
13 FRANKLIN RESOURCES, INC. US 6512 SCC 21.99
14 CREDIT SUISSE GROUP CH 6512 SCC 22.81
15 WALTON ENTERPRISES LLC US 2923 T&T 23.56
16 BANK OF NEW YORK MELLON CORP. US 6512 IN 24.28
17 NATIXIS FR 6512 SCC 24.98
18 GOLDMAN SACHS GROUP, INC., THE US 6712 SCC 25.64
19 T. ROWE PRICE GROUP, INC. US 6713 SCC 26.29
20 LEGG MASON, INC. US 6712 SCC 26.92

21 MORGAN STANLEY US 6712 SCC 27.56
22 MITSUBISHI UFJ FINANCIAL GROUP, INC. JP 6512 SCC 28.16
23 NORTHERN TRUST CORPORATION US 6512 SCC 28.72
24 SOCIÉTÉ GÉNÉRALE FR 6512 SCC 29.26
25 BANK OF AMERICA CORPORATION US 6512 SCC 29.79
26 LLOYDS TSB GROUP PLC GB 6512 SCC 30.30
27 INVESCO PLC GB 6523 SCC 30.82
28 ALLIANZ SE DE 7415 SCC 31.32
29 TIAA US 6601 IN 32.24
30 OLD MUTUAL PUBLIC LIMITED COMPANY GB 6601 SCC 32.69

31 AVIVA PLC GB 6601 SCC 33.14
32 SCHRODERS PLC GB 6712 SCC 33.57
33 DODGE & COX US 7415 IN 34.00
34 LEHMAN BROTHERS HOLDINGS, INC. US 6712 SCC 34.43
35 SUN LIFE FINANCIAL, INC. CA 6601 SCC 34.82
36 STANDARD LIFE PLC GB 6601 SCC 35.2
37 CNCE FR 6512 SCC 35.57
38 NOMURA HOLDINGS, INC. JP 6512 SCC 35.92
39 THE DEPOSITORY TRUST COMPANY US 6512 IN 36.28
40 MASSACHUSETTS MUTUAL LIFE INSUR. US 6601 IN 36.63

41 ING GROEP N.V. NL 6603 SCC 36.96
42 BRANDES INVESTMENT PARTNERS, L.P. US 6713 IN 37.29
43 UNICREDITO ITALIANO SPA IT 6512 SCC 37.61
44 DEPOSIT INSURANCE CORPORATION OF JP JP 6511 IN 37.93
45 VERENIGING AEGON NL 6512 IN 38.25
46 BNP PARIBAS FR 6512 SCC 38.56
47 AFFILIATED MANAGERS GROUP, INC. US 6713 SCC 38.88
48 RESONA HOLDINGS, INC. JP 6512 SCC 39.18
49 CAPITAL GROUP INTERNATIONAL, INC. US 7414 IN 39.48
50 CHINA PETROCHEMICAL GROUP CO. CN 6511 T&T 39.78





トラックバック (1)

独りごと―低層アストラル界から来るもの

2012-07-12 10:32:32 | 不思議ニュースから
あまり、自分の記事にはしたくなかったのだけれど。

この淺川氏の言うこと、本当だと私も思う。事件が始まってから、ずっと同じことを考えていた。このような事件は今、この1、2件に留まらず、多数連続して起きている。おどろおどろしいことなので、私はずっと触れずにきた。(この淺川氏のサイトは、著書も含めて、読んでいますが、興味深くてお勧めです。)

アセンションによって、地球が3次元から5次元へ進めば、4次元は無くなると言われている。その低層には、いわゆる成仏しきれないというか、自分が死んだことを受け入れられないソウルが、生前の怨念に縛られたまま、時の止まった世界に生きている。

マシュー君やオムニク・オネク始め、多くのメッセージで言われていることで、クラリオンのコンタクティー、カヴァーロ氏の本の中には、その者たちの哀れな様子が、克明に描写されている。

昨日のシェルダン・ナイドル・チャネリングの銀河連邦が、この地球の低層アストラル界に巣食ってきたネガティブ・エネルギー体からの攻撃について、初めて?明らかにしていて、少し驚いた。

無限ともいえる長い間、闇の勢力は、地球に住んであらゆる悪事を行う、肉体を持たない闇のエネルギーの一団を養ってきました。これらのエネルギーは地球全域の特定のスポットに集中しており、銀河系の友人たちが、このネガティビティを除去してくれています。それにより、全員が光へ移行する道の途上に障害物はなくなるでしょう。我々はそれを手伝い、ガイアをこの汚いものから解放するために、内部地球の家族と合流して支援しています。この仕事はほとんど終わったと報告することができます。

レジスタンス・ムーブメントの Cobra によると、今、地上に残っているイエズス会その他の NWO 組織のトップは、このエネルギー体に憑依されているとのこと。人類を操作してきた彼ら自身が、この、まあ、いわゆる悪霊に操作されてきたわけだ。

自称チャネラーに取り憑くエネルギー体も、ほとんどが、この低層アストラル界から来ている。もちろん、GFL やアシュタルなどの光の皮を被ることが多い。波動が低いと、容易に入り込まれる。

大天使ミカエルからのアドバイスは、常に、彼の光の剣と楯をかざし、「自分のそばに来てはならない」と、しっかり命じるように、万一つながりができてしまったら、彼の剣で断ち切るように、とのこと。

今、私たちは、天界がこれだけ直接的に介入してくるという、本当に、本当に、稀有な、奇跡的な時間を生きている。何万年に一度のことだ。次元が融合し、どのような不思議でも起こってしまう、きわめて特殊な期間だ。(少しネットを検索してみれば、最近、どれほど異様な、異次元のものとしか思えない生き物が次々に見つかっているか、きっと驚くと思う。)

off-world、3次元の存在ではないものと交流ができるということは、高次元の光の存在だけでなく、悪意を捨てられずに生きている低級なネガティブ・エネルギー体も、近寄ってくるということ。

最新の The Manuscript of Survival でも、最近のこのカニバリズムに触れていて、不滅の魂という真実を知らないで、「死への恐怖」に縛られている者たちが、このような事件を起こすと、言っていた。アセンションへ向けて覚醒する人々が増えれば増えるほど、(ソウルのレベルで)、自分はそれに取り残される、という恐怖を持つ者が増えてくる、と。

天界から来る高い波動にしっかり身をゆだね、光を掲げて、自分と自分の周囲を照らして、悪想念を呼び込まないようにしたい。

普段は極力避けているのだけれど、今日は、今現在、私たちが通り抜けているリアリティの影の部分について、少しだけ触れてみた。(((;'Д' )))───!!!!




クロップ・サークル・ツアー

2012-07-10 15:34:45 | 不思議ニュースから


7月9日に見つかった、最新のクロップ・サークル(ミステリー・サークル)だそうです。

でも、私が、惹かれたのはこっち↓ 行きたいなあ。

2年前にイギリスを旅行したのですが、その時は、私は、まったく、な~んにも、興味がありませんでした。無知でした~。(涙)

今となっては、夏休み中も、野球、サッカーその他、息子がらみの行事が一杯入っていて、身動きが取れません。。(涙) いいわ、来年には、マイ・スペース・クラフトで行くから。

興味のある方に。ご紹介まで。