0010110 ハートの贈りもの―2019―黄金時代07年 

2018-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

ご神木の素晴らしいオーブたち、そして神様ワーク。。(10/29 追加)

2014-10-27 10:06:54 | 不思議ニュースから
   
(クリックすると、大きくなります。)

(10/29 追加: 書き忘れましたが、、この日の帰路にも、シンクロがありました。登米市の街中を通り抜けながら、ふと見れば、、登米”祝祭”劇場の建物が! 祝祭という名前! 驚きました。

昨日はまさに、導かれたとしか思えない不思議な体験をした一日でした! 宮城の地の神様や神社とご縁ができたのでしょうか。。

金曜日に、仙台にいらしたJCETIのサリバンさんとお話していて、彼がその午後、お友達と青葉神社をお訪ねになるというところ、私も誘って下さったので、青葉神社に一緒に連れていってもらったんですね。

そこでは、青葉神社の宮司様(片倉家16代目、本当に覚醒して意識がとても高い方でした!)やその周辺の方々から、いかに青葉神社にすばらしい神様が降りていらっしゃるか、そして、青葉神社がとても重要なポータルであるかを、教えて頂きました。

そして、昨日、、日曜の朝のことです。オットーが、「紅葉を見に行こう」というので、早朝に車で出発しました。

彼は鳴子峡へ行きたかったようですが、途中で、遊歩道がまだ2005年の宮城地震から復旧していないことが判明し、加えて、北へ向かって走っているうちに何故か濃霧注意報が出て、どんどん霧が濃くなってきたので、目的地を変更することにしました。

他に何の当てもなかったので、「では、先週、中尊寺で御朱印帳も買ったことだし、どこか神社かお寺をお参りしましょう」ということになり、私がスマホで、「東北の神社仏閣」を調べ、方角の近い登米市津山町の柳津虚空蔵尊へ行くことにしました。

柳津虚空蔵尊、恥ずかしながら名前も知らなかったんです。ほんと、ワタシ、神社仏閣にはこれまであまり興味が無かったもので。(・Θ・;)

ですから、何の予備知識も無いまま、ただ、紹介サイトに「パワースポットだ」という一文があったので、良い気を浴びたい、、そんな軽い気持ちで向かったんですね。。

ところが、、驚きました~! 到着したのは朝9時過ぎで、まだ霧が晴れず、、湿っぽかったんですが。。

それが、幸いしたんですね。ご覧下さい、これらの写真。









凄かった~! 圧倒的なオーブだったんです。

どれだけのパワースポットなのでしょう! 溢れんばかりに、清浄な”気”に満ちた場所だったんですね!

一番上に載せたのは、これらのオーブの拡大画像です。

この境内には巨木が多数保存されており、樹木がこのように樹齢を重ねて巨大に育つこと自体が、その場所が非常に良い気を発しているパワースポットであることの証明だそうですが。。

でも、これらのオーブは、森や林によく現れる穴開き木霊くんではありませんね。また、私が普段撮影するETやエンジェル関係のアセンション・オーブでもありません。

やはり、神社という聖地にお住まいの高次元の霊体なのでしょうか。。白い色の美しさといい、中の模様といい、霊性の高さ、高貴な神格?のようなものを感じます。

そして、不思議なことに、どれも7角形?に見えるんですよ。

カメラが違うわけではありませんよ。。私がいつも、カラフルなアセンション・オーブを撮っているのと同じカメラで、同じ撮影条件です。

ほんと、不思議ですよね~。。それなのに、まったく違う形に写る。。

というわけで、素晴らしい体験をさせて頂きました。金曜日にお参りした青葉神社の神様のご紹介? お引き合わせ? 他の神様にも繋げて下さったのでしょうか。

柳津虚空蔵尊、、最強パワースポットとしてお勧めですよ~。。でも、お出かけになる際にはどうぞ、静かな清らかな気持ちで、神聖な場所への深いリスペクトを忘れないで下さいね。私も神様方に、写真を撮らせて下さいと、心の中でお断りしてからシャッターを押しました。

さて、昨日の不思議体験は、まだ続きがあるんです。フフフ、、次は、、神様からお仕事をもらっちゃった。v(*'-'*)o

この柳津虚空蔵尊の境内で、「近くの観光スポット」の案内図を眺めていたら、すぐそばに、横山不動尊というお寺があることを知ったんです。

まだ時間も早かったし、「御朱印帳」をどんどん埋めていきたいというワクワクも手伝って、そちらも廻ってみることにしました。

お不動様といえば、、そう、大天使ミカエル、、AAマイケルですね。何とここは、日本三大不動尊の一つだったのです。

お参りせずには帰れな~い、、ということで、横山不動尊にも参詣したのですが。





この時間にはもう霧も晴れて、カラッと快晴の青空、、そうすると、オーブは写らなくなってしまうんですね。

お参りして初めてわかったことには、裏のお山の頂上に、そもそも不動明王様が最初に祭られていた本宮があるそうなんです。登山道が続いていました。

そしてですね、地図を見ると、何とこの山には、分宮した「出羽三山」も祭られていたのですよ! 本宮からさらに尾根を縦走していくので、本宮ですら寂しいのに、そちらまでさらに廻る人となると、あまり居ないとのことだったのですが。

ですが、、すっごく驚きました。だって、前の晩、「明日何処へ行こうか」と、オットーと相談した折には、オットーは「鳴子峡」、私は「出羽三山」と、主張した経緯があったからです。半日くらいで帰ってくるには、出羽三山は遠すぎるので、あきらめましたが。

でも、、まさに、ここで可能になった訳です。何というシンクロ! 導かれましたね。。まさか、登米市で出羽三山にお参りできるとは、夢にも思いませんでした。

というわけで、そちらもお参りして下山するルートを取ることにしました。

喜んで登り始めたは良いものの、けっこうな山道で、全体で1時間半くらいかかったでしょうか。まさかこんなことになるとは知らなかったので、普通の服に軽いスニーカー、水も持たないで上がり、、頂上へ行って、樹の肌に生々しい熊の爪痕を見た時には、さすがに少々慌てました。。

でも、このすべてがガイドに導かれて起きたことですもの、、オットーと一緒に大声で歌を歌いながら、伸びた草をかき分けかき分け、お不動様の本宮にも、そして三社の分宮にも、しっかりお参りしてくることができました~。

  

下山後、御朱印帳を預けていた社務所の方からは、「出羽三山にも参って頂いたとは、有難うございます」と、御礼を言われました。

フフフ、、今回の出来事、、ワタシ、すっごく「呼ばれた」感じがするんです。「お参りしてね!」って、出羽三山の神様方から。。青葉神社の神様から、連絡が行ったのかな。。うん、きっとそうね、、アハ。。

暑くもなく寒くもなく、素晴らしいお天気で、空にはくらげ飛光機くんたちが合計10機くらいは行き来したでしょうか。。ワクワクする一日でした。オーブさん達、神様方、呼んで下さって有難うございます。(*^-°)v

あ、大切なこと、書き忘れました。

波動って、高度が上がるほど軽くなると言われてますよね。

実感したんです。山の下の方の登りは辛かったのですが、上へ行くほど、どんどん身体が軽く、楽に動けるようになったんです。波動を上げることって、、ほんとに、身体を楽にさせてくれるものなんですね!





アセンション・オーブ・フォトギャラリー

2014-10-26 17:21:09 | 不思議ニュースから
ヒーリングルーム”祝祭”の方のサイトに、アセンション・オーブの写真を載せました。

一昨日、JCETI/CE-5コンタクト、映画「シリウス」のグレゴリー・サリバンさんが仙台にいらして、連絡を頂いたので、お茶を飲みながらほぼ一日、お話をしていたのですが、、その時に、私がこれまでに撮影したオーブやその他の不思議写真を見せてあげました。

そうしたら、カラフルなオーブたちの写真を見て、「これはもう、これまでの霊体オーブではないね、高次元のETやエンジェル界の存在たちだね!」と、仰るんです。

そして、「アセンション・オーブ」と名付けてくれました。

なるほど~~(≧∇≦)b 、と思いました。

従来、聖地等で撮影されていたオーブとはちがって、本当に色がきれいで、カラフルなんですもの。

これを独り占めしていては、オーブさんたちに申し訳ないと思い、”祝祭”の方に、たくさんの写真を載せましたから、どうぞご覧になって下さいね。。

まとめてみると、、本当に驚くばかりに、、美しいです。

強力な癒し効果があります。楽しんで下さいね~。


偉大なるマスター、QHHT創始者ドロレス・キャノン、、宇宙に還る。

2014-10-21 16:26:24 | 過去世レポートシリーズ


ドロレス・キャノン、逝く。。

まだ、信じられない思いです。

9月末に事故に遭い、それでも数日前には回復して家に戻り、リハビリを始めると聞いていたドロレスさんですが、、亡くなられたんですね。

ライトワーカー・マイクさん、、実にタイムリーな翻訳メッセージを有難うございます。

水のメッセージ「江本博士」の旅立ちもショックでしたが、、ドロレスさんに関しては、もう、言葉になりません。

もちろん、次元上昇されて、スピリット界に帰られただけであることは理解しているものの、やりかけのプロジェクトも多数お持ちで、まだまだお元気で素晴らしい仕事を続けられることを、露ほども疑っていなかっただけに、、やはり、、残念です。

思えば、私がドロレス・キャノン式量子ヒーリング退行催眠療法QHHTのレベル2を受けたのはこの8月で、モニターセッションを始めたのは9月半ばでした。何というギリギリのタイミングだったのでしょう。私の学びがすべりこむように間に合ったこと、運命を感じます。

これからはますます、ドロレスさんの遺志をついで、世界中の仲間たちと共に、ドロレスさんに教えて頂いたスペシャルな技術を生かして、ドロレスさんと同じように、多くの人の心身を癒す手伝いをし、また、果敢に、人間の真実を求めて、私も未知の扉を開いていきたいと思います。

ああ、、、スピリット界で微笑んでいるドロレスさんが見える。。

あなたは本当に、奇跡の人でした。まさに、地球と人類の運命を変えた人でした。あなたが地球に降りて成し遂げてくれた偉業に、宇宙全体が感謝しているはずです。

本当に、本当に、本当に、本当に、、、、ありがとう! 

泣いているけれど、別れの悲しみの涙じゃない。。感謝の、感動の、涙です。

移行と変化(抜粋)
Elizabeth Ayres Escher 2014-10-20


先週、「ボランティアの第1波」の2人の著名人がこの世界を旅立ちました。江本博士とドロレス・キャノンです。まだ他の人も今年始めに亡くなりました。尊敬の念を抱き、その才能が生み出す成果を喜んでいた人には悲しいことです。まだこれからも、何の前触れもなく旅行く人たちがいるでしょう。

この人たちは周りの生徒や人類に人生の質の向上と考えることの力を教えてくれました。2人は才能を発揮して自身のライフワークを通じて周りの親しい生徒たち、人類全体に知識と新たな認識をもたらしました。

ボランティアの第1波の魂たちは本来的にプレアデスや金星、シリウス、アークトゥルス人が肉体に降下した存在であることが分かるでしょう。このような星の種が人類の最初の種を地球に蒔いたのです。地球の先住民の多くは自分の宇宙の祖先を辿り、絆を維持し続けてきました。私たちの祖先は地球の人々が完全に成熟するようになる責任を感じてきました。

私たちのようなボランティアの第1波の人間は既に地球で多くの人生を経験し、いろいろな社会・文化を経験し自分の光を地上のそれぞれの地域や聖地だけでなく、少し高い波動の(5D)のインナー・アースにもアンカーしてきました。

これまでこのような第1波は、詩、哲学、政治運動、芸術、音楽、スピリチュアルな世界、建築、農業、化学、神聖科学などの様々な分野で高度の経験を積んできました。私たちは地球の光の量を拡大しウェイシャワーとして行動するなどいろいろな理由でここにやってきました。積極的に世界に関わる人もいれば、静かな人生を送る人もいますが、それでも全員が何らかの形の光で役に立ってきました。

前回の2万5千年前の偉大なる時代全体を通して、あるいはある時期に私たちの役目は果たしました。ニューエイジの始まりの今、ボランティアの第1波の人たちが去り、第2波の生徒や友人たちがその後を引き継いで使命を果たす時になりました。

第2波の人たちの中には自分の使命に対して抵抗する人たちがいます。その人たちは教師に従い講座やセッションに参加したり他の人の本を読んだりと、一般的に自分の中を探求するというよりも、自分の外にあるものに関わろうとします。

第1波にしても第2波にしても、体は旧式のモデル、寸断したDNAという状態で魂の高い次元の性質を自由に発揮するのは難しいことでした。その人たちの使命には、様々なポータルのエネルギーを取り入れポータルの出現に関わること、自分の波動を上げてスピリットを繋がるために自己探求を進めることがありました。この人たちは長年アセンション風邪という症状の肉体的変化に見舞われて苦痛を味わいました。その結果人類は、光一杯の高次元向けの上級グレードの肉体に生まれることが適うのです。元々人類は、肉体でいながら様々な次元を意識次第で移動できる設計でした。今後地球上のあらゆる生物がこのような力を取り戻す過程にあります。いつの日にか、地上の生命と世界の様相は今とはかなり違ったものになるでしょう。

今、ボランティアの第1波の人たちが地球を離れようとしています。自分の仕事を終えた人たちのアセンションの波が開始したのです。地球のいかなる束縛も受けない魂は元の故郷や星に帰って行きます。この魂たちは、インナーワークによって高次元から人の周波数レベルを上昇させる働きをし、天国や高次元への階段を作り上げる魂もいるかもしれません。

第2波の人たちは先人たちの築き上げた上に自分の使命を築き、時空の外に存在することについてだけでなく、一人ひとりの人間の中にあるもの、肉体が表現できるその多様な可能性について人類の認識を高めるという使命を持っています。

ドロレス・キャノンも書いているように、ボランティアの第3波もいます。この人たちは若く、クリスタルやレインボーとして生まれる、生まれた人たちです。その中には自閉症の人もいて低い波動に苦しんでいます。その人たちは地球にはじめてやって来た人や初めて肉体を持つ人もいます。この純粋な魂たちはボランティアの第1波によって随分前に始まった困難で地道な仕事をするために生まれるのです。

今後生まれて来る第3波の子供たちにはこれまでのような肉体的試練は少なく、もっと質の高い肉体を備えて生まれてきます。でも、ここに生まれることによって情緒的メンタル的な課題を抱え直面することになります。

人生で行うことにあなた自身の個性的なスタンプを押してください。一人ひとりが全体に対して個性的でユニークであり、自分の直感や内なる存在をまだ信じられなくても差し出すものを持っています。皆さんは、苦労をし、十分実践をして理解という扉が開きます。

起こる前にすべてを理解しようとするエゴの求めを捨て去ってください。高いハートが開き高次のマインドに繋がる時は知る必要のあることを一瞬にして理解してしまいます。内なる叡智を信じることです。その時に高次元に存在する大いなる自己に繋がるのです。

地球に生まれ、また今後5年以内に離れようとする第1波の人たちは、魂の使命を果たして故郷に帰り、その後他の惑星や次元で次の学びと経験のサイクルを開始するので、地球には殆ど戻ってこないでしょう。そうさせて上げてください。その人たちに感謝し、次の段階に行かせて上げて意識の拡大を経験させてあげてください。そのうちあなたも彼らが残した銀河と宇宙の足跡を追って行くでしょう。

お互いの旅を分かち合い平和の心でいてください。皆さんは今もこれからも教師やウェイシャワーです。

Namaste.

Eliza n Tazjima n Sundeelia

©All Rights Reserved, Elizabeth Ayres Escher, http://www.bluedragonjournal.com

過去世を手放すこと

2014-10-18 21:10:04 | 次元上昇
注: イベントのお知らせがあります。
10/25, 26 山形初≪CE-5コンタクトイベント&「シリウス」上映会≫のご案内。
11/7 AENAマカバ・ダイナミック呼吸法・東北大復興プロジェクト in 仙台のお知らせ


これは、上からずっと、「書きなさい」と背中を押されていた大切なメッセージです。この1週間、私自身にも気づきのための体験がもたらされ、その後、多くのメッセージが降りてきました。ようやくクリアになってきたので、記事にしておきますね。

zeraniumのブログさんで、「ホワイトブラザーフッド・聖白色同胞団より緊急の銀河メール『悟って もっとアセンション』 A・ジョルジェ・C・R著」というのが、連載されています。

まあ、この本、私にとっては、全面的に共感という訳でもないのですが、今回の記事を書くにあたっては、待っていた甲斐あってぴったりの記述があったので、引用させて頂きますね。

そのために、あなた方はそうした波動で振動するために、自らの意識を向上させ、内なる世界を探求して波動を上げなければなりません。そのためには、あなた方の並行宇宙(パラレルワールド)として存在する、これまでの地球で過ごした過去世、そして他の惑星での過去世での記憶を浄化し、新生地球に住む条件を得ることができるように準備していく時なのです。その浄化にはクリオジェニックボディも含まれます。(クリオジェニックボディとは、宇宙のある次元に冬眠状態で安置されている体のことで、地球に転生する前に置いてきたものです。)

   新生地球に達するための基本的な条件は、感情や心理、情動などの側面を浄化して霊性を高めることです。そうしたことは、いわゆる宗教的な聖人のようになることとは関係のないことで、新生地球に住むために聖人である必要はありません。必要なことは霊性の向上だけでなく、肉体を変えることであり、細胞の記憶や骨やホルモン、そしてリンパや体液、オーラの記録を変容することが含まれます。オーラは現世だけでなく、過去世にまとったさまざまな肉体と感情や心理、霊的状態をすべて映し出す鏡でもあります。

   あなた方が新生地球に住むことを望むのであれば、今挙げた浄化のプロセスをクリアしていく必要があります。なぜなら新生地球へアクセスするためには、これまでの過去のエネルギーを開放し、より高い周波数の波動へと変える必要があるからです。

~~

あなたが誰なのかを知るために、自分と向き合い、自分を探り、自分を見つけるようにと、私たちはいつもそう主張してきました。自分の名前はこれこれで、自分の出身はどこどこで、こうした家系に生まれて出身校はどこであるなどということは、霊的レベルでは重要なことではありません。必要なことはどこから自分はやって来たのか、自分の真のプロジェクトは何なのかを探すことです。そのことをよく理解して下さい。


私は最近、ヒプノのセッションで、いろんな人の過去世を見ています。「過去世」、、今後、ちょっとしたブームになるかもしれませんね。過去世が存在するかしないか、、これまではかなり疑われてきましたが、、前世を見る人、その現場に立ち会う人が増えて来て、そろそろ輪廻転生の真実に、みんな気が付いてきたのではないでしょうか。

そんな感じで、リーディングで、過去世を見てもらう人も多くなっていますね。

これがね、、ちょっと気をつけなければいけない点があると思っています。特に、ライトワーカーにおいて。

ライトワーカーの場合、意識が進んでいますから、あらゆるソウルは平等であることを知っており、少なくとも、現世での地位や権力を誇ったりはしませんよね。

では、過去世に関してはどうでしょうか。

カルマはバランスが目的ですから、強者として過ごした過去世があれば、必ず、弱者であった過去世も体験しています。

だから、王様だった過去世もあれば、乞食だった過去世もある。

その乞食だった過去世の自分を誇る人というのはいないでしょうが、、王様だった過去世、たとえば、それがアレキサンダー大王だったりクレオパトラだったりナポレオンだったり、、とにかく有名な権力者であった場合、それを誇ってしまったりしませんか? 

急に競争意識が戻って来て、エゴがしゃしゃり出てくるんですね。置いてきたはずのエゴが、過去世となると、「本当の自分は偉いのよ、実は」、、とばかりに、また顔を出してくる。

これがさらに、自分の宇宙的・多次元的過去世だったら、どうでしょうか?

よく見かけませんか。

「私は、元々は、〇〇星のクイーンなのです」「アセンデッド・マスター〇〇のツインフレームなのです」「私は、〇〇の司令官だったのです」「〇〇のシップの艦長だったのです」。「私は、偉大なるヒーラーでした」、これも曲者ですね。(ハハハ、、私自身も恥ずかしいですね。((^┰^))ゞ )

ライトワーカーを自認して、地球上でのヒエラルキー、差別、エゴを手放したつもりの人においても、こと宇宙へ戻ると、急に、「本当の私は偉いの」「本当の私は特別なの」症候群が再発してしまう。

私のセッションでは、Remember Who You Are(本当の自分を思い出す)を目的にしていますが、これは、「過去の栄光を思い出す」「過去の肩書きに酔いしれる」ということではないんです。一個の輝く光の存在としての自分を思い出すということで、地球・他の惑星・他の次元で、自分がかつてどのような地位にあったか、それを思い出して誇るということとは、ちょっと違うんですね。

そもそも、地球だろうが宇宙だろうが、ソウルは実に多くの転生を体験しています。次元も場所も。。

私に関して言われているものでも、(シリウスのシップの艦長という他にも)まあ、いろいろたくさんあります。

On Earth alone, you have been rich, poor, middle class, man, woman, husband, wife, parent, royalty, peasant, African, Indian, Polish, Jewish, Chinese, Japanese, Vietnamese, Mayan, Nigerian, Egyptian, Italian, French, Irish, and yes, even British. You have been an African American slave in America, as well as a Cherokee Chieftain. You have been an explorer, a scientist, an inventor, a doctor, a lawyer, a professor (numerous times), an athlete, a minister, a general laborer, a farmer, and a silversmith just to name a few.

On other planets you have served in high councils and you have lived among the commoners as a teacher of planetary wisdom.

高い地位から庶民まで、本当に雑多なんですね。それでこそ、大きなバランスが取れ、完全なる学びが可能になるわけですから。

ですから、過去のある一時期に、「私は〇〇という高い地位にいた」なんて誇ったって、何の意味もないわけです。

そういう訳で、上の聖白色同胞団のメッセージの引用に戻ります。

地球での過去世、他の惑星での過去世、何処かのシップに凍結状態で眠っているかもしれないクリオジェニックボディ、オーラの記録まで、浄化してリセットするように、と言っていますね。

これは、正しい!と思います。私も最近、このことをずっと「書くように」促され続けてきました。

そして、注意すべきは、これは、この「過去世での栄光」に限ったことではないということです。

もっと一般的なレベルで、スピリチュアルな進化の段階として、自分は〇〇が見えるようになったから進んでるとか、〇〇の写真が撮れるようになったから進んでるとか、身体が虹色に光ってきたから、手から金粉が出てきたから、指先から光が出てきたから進んでるとか、、とにかく、このような「〇〇が起きたから、自分は特別なんだ」症候群には陥らないように気を付けたいですね。(自分自身への諫めとしても書いています。)

私は、元理系一般ピーポーで、これまでサイキックな能力などゼロでしたから、自分としては、自慢しているようなつもりはないんです、ほんと。。だって、もっとサイキックな人って、世の中にいっぱいいますもの。私は広報係として、自分に起きた事実をわかりやすく紹介しているだけ。まあ、確かに自分をいくつかリーディングをしてもらった結果では、シリウスのシップにいたと言われていますが、だからといって、例えば、ハートのg+コミュニティに参加してくれたメンバーたちを自分の部下たちだなんて、一度たりとも思ったことはありません。

だって、そんなこと、まったくわからないでしょ。何の確信も証拠もない。皆さん、私よりももっと凄い能力を持っていそうだし。。

それよりも、興味があるのは、自分自身が、ソウルとして、ライトビイングとして、どれくらい進化しているかという点だけ。それこそ、そこの部分が、Remember Who You Areの要で、自分を支えるコアの部分ですよね。その他のかつての肩書き等には、私は興味がありません。

確かに、自分の宇宙ファミリーは、何処かのシップで、私の帰還を待ってくれているのかもしれません。でも、私は、かつて自分がどんな地位にいたにせよ、その過去世はもう終っているのだし、むしろ、これだけ地球でボランティアとして苦労してきたのに、もしまた将来、同じポジションに戻るのだったら、そっちの方ががっかりです。。何の進歩もなかったことになるではないですか。

だから、将来、地球と人類に対するサポートが終わって、故郷に戻ったとしても、私は別の新しいミッションに、新鮮に取り組みたい、そう思っているわけです。

そのためには、上で言われているように、「今」この瞬間をどう生きるかが大切で、過去はリセットです。

そして、人が今、どれくらいの光を放っているのか、、それは、その人が自分で宣伝しなくても、良い悪いにかかわらず、自然に、周囲からは見えてしまうものでしょ。その人の波動というのも隠しようが無くて、書くもの、話すことを通じて、また、直接出会った場合には、出ているオーラで、容易に感じ取られてしまうものでしょ。もう、真実を隠すことはできない、というのは、多くのメッセージで言われていることですね。上へ行くほど、自分を知れば知るほど、ソウルは謙虚になるもので、それは、高次の存在からのメッセージによく表れていますよね。それを目指すべきなんですね。

だから、ある意味、私もこうしてブログなど書いていて恥ずかしい側面もあります。でも、今さら、じたばたしてもしょうがないです。無心に、今の自分の輝きはどうなのか、上へ下へと波動を揺らしながらも、自分のすべきことに集中していくしかありません。

そんな感じで、皆さんも、過去世リーディングでどう言われたにせよ、これからアセンションするというのに、つまらないヒエラルキーにしがみついたまま、捨ててきたはずのエゴをニューアースまで持ち運ばないで下さいね。

自分の過去なんて、「良いも悪いも、何だってあり、、でも、輝く光の存在だ」、それを思い出すだけで十分です。

今この瞬間、自分のソウルをどれだけ磨き、光の輝きを強めていくか、それだけが大事です。

先に不思議体験をしている人をうらやむ必要もありませんから。みんな、それぞれ、バランスを取りながら、自分の道を進んでいる、それだけが真実なんです。

(最後に、、、これは、特に宣伝というわけではないんですが。

以前、”こっそり”お伝えしたヒーリングルーム”祝祭”、専用サイトを作りました。準備中で、セッションはまだ正式には開始していませんが、モニターの事例は集めていますので、過去世を見ることでトラウマを手放してゆくその過程は、ある程度参考にして頂けるかと思います。

皆さんの過去のトラウマの浄化、本当の自分を思い出す、、お手伝いできますからね。お楽しみに。)



恐怖について考えた夜

2014-10-14 21:58:42 | 次元上昇
昨晩のことです。夢で、非常に印象深い体験をしたので、忘れないように書いておくことにしますね。皆さんにも少し、何かの参考になるかも。。

昨晩は台風でしたね。仙台辺りは、夜中過ぎに風雨が激しくなりました。

よく眠れずに、風の音を聞いていたら、庭で植木鉢が出しっ放しになっていることを思い出し、下へ降りて、ザーザー降りの中を片づけに行きました。戻ってからも、何故か不安が募って、落ち着かない気持ちで、寝返りを繰り返していました。

そして、明け方でしょうか、、突然、鋭い警報音が部屋に鳴り響いて飛び起きました。

何の音? 何処から? 

寝ぼけた頭で、大慌てで発信源を探し回ると、、、携帯からでした。。大雨による土砂災害を警戒して、仙台の一部に避難勧告が出たんですね。。その一斉警報だったのです。

幸い我が家の周辺はまったく土砂災害の心配はないので、私はまた、ベッドに潜りこみました。それでも、頭が重くて。。とにかく、昨夜はどういう訳かず~っと、いや~な、不安な気持ちが付きまとって離れませんでした。

そうしたら、夢ともビジョンともつかないまま、二人の人間が、目の前に現れました。

彼らを見た瞬間、私に、恐怖が走ったんです。「この人たち、怖い、、怖い!」

腕の毛が総毛立つ感じで、私にしては本当に珍しいことに、本能的な恐怖に襲われました。。

彼らの顔の詳細は覚えていません。化け物だったとか、そういう訳ではありません。普通の人間の格好をしていました。。でも、私にとってはものすごく怖い相手だったんですよ。嫌だった。。まったく珍しいこと、そんな感覚を味わうのは、私にしては。。

だから、その場を逃げ出そうとしました。。

でも、その瞬間にね、再び自分の心がぐっと強くなったのですよ。戻ったんです。持ち直したんです。

「いや、待て、、見かけと違う。。中身は、この人たちだって、光なんだ」

何故か突然、そんな確信が芽生えて、気持ちが切り変わったんですね。

だから、、その場に踏みとどまりました。。そして、何と、私は大胆にも、彼らに笑いかけたのですよ。

「あなたたちのこと、知ってるわ」と。

そうしたら、、、、

張りつめていた空気が一瞬にして変わり、緊張がさっと解けました。

そうして、彼らはどうしたかというと、、、破顔一笑、、、

「やああ、わかっちゃった?」と、思いっきり、普通の人になっちゃったんですよお。。笑) ハハハ、、何じゃらホイ。。

こちらは、ホッとしたのなんのって。。

夢はそこでおしまいです。え? どうってことないですか。。ゴメン。。(・・。)ゞ

まあね、後から思えば、どうということのない体験でしたけど、、では何故、私がここで書いたかというと。。

目覚めてから、私、自分のことがすごく誇らしかったんですよ。だって、恐怖に負けなかったから。

恐怖を捨てることで、相手の本質を見抜くことができたから。外側はどうであれ、中身は同じ光の存在なんだと、証明することができたから。

それができた自分を褒めてあげたい、、そんな風に感じたんです。

「自分は、ああ確かに、恐怖を手放せるようになったな」と、思いました。

恐怖って、自分が作り出しているに過ぎないんだ! そう実感しました。

何か恐怖を与えるものと対峙した時にも、負けないで踏みとどまってみる。。真正面から、そのものをじっと見つめてみる。中を覗いてみる。本質を見抜いてみる。

そうすると、「恐い」と思った相手は、形を変えてしまうんですね。自分の認識一つで、相手の形は変わってしまうんです。

だから、皆さんも、「怖い」とか「嫌だ」とか思う対象に出会ったら、逃げ出す前に、「その本質はいったい何なんだろう」と考えて、じっとそれを見つめてみて。

よく、上から、「恐怖は幻想である」って、言われるでしょう。

それを、実感した出来事でした。

ハイ、本当におしまい。m(-_-)m

でも、今この時期にそれを体験するって、やはり、ステップを上がる上で意味があったのでしょうね。

それにしても、、もう、、、誰なんだろな~、、私を脅かしに来た人たちは。。(-_-;)(;-_-)

え? 仮面をかぶってきたの? 何のテストだったんですか? これは。。





赤・青・緑・紫、、いったい、これらは何の星?

2014-10-14 20:23:01 | ディスクロージャー




暗くて、見にくいでしょうけど。。

ブラッドムーンを撮影したら、やっぱり、バックに、赤・青・緑・紫などのすごくカラフルな星?点?が、写り込みました。

一体、何なのでしょう?

(というか、、ほぼ、シップだと思っている私。。(^▽^)/)

夜空は、、”彼ら”でいっぱいだ~。。一機一機に、友だちが乗ってるのね。。早く降りてこ~い!

ブラッドムーン、そして異次元の夜空

2014-10-14 13:34:27 | 不思議ニュースから


10月8日の皆既月食、ブラッドムーン、きれいでしたね。この月を撮る際に、同時にUFOを写した人も多かったようですね。

本当に血の色ですから、昔の人はこれを見たらさぞかし禍々しく感じたことでしょう。しかし、現在の私たちにはとても神秘的に見えるだけですね。エネルギー的な意味合い、惑星配列がもたらす効果も知っていれば尚の事、とても神聖に思われます。

私も写真を撮ってみました。コンデジですから、それなりにしか撮れませんでしたが。一番上の写真です。

それよりも興味を引いたのは、下の2枚です。実は、同じ構図で、連続して撮ったもの。





まったく違うでしょ?

上は、普通に3次元の物体にピントが合っています。

下は、まったく同じ条件で撮ったにもかかわらず、手前の物体にも、後ろの物体にもピントが合わず、その途中の、ただ空気があるだけの何もない空間に、ピントが合ってしまいました。

そして、その場所に(というかその異次元空間に)、またまた、オーブを始め、摩訶不思議な光の存在たちが居ました。



私がよく撮る異次元写真です。今日の構図によって、何を写しているのか、何処を写しているのか、よりはっきりしました。

何もない空間にピントが合ってしまうのは、これらの存在を感知しているせいですね。

私のカメラが勝手にそうするのか、私の波動がそうさせているのか、、よくわかりませんけれど。

でも、異次元の世界を垣間見せてもらえるのはワクワクします。






ゼロポイント講演会「ヘンプの復活が次元上昇の合図」、そして青山夜の青オーブ

2014-10-14 12:05:44 | フリーエネルギー




10日の夜、ゼロポイントカレッジの講演会に行ってきました。

終って、会場を出てすぐに写した青山の夜空です。真ん中に写っているのはお月様。。右端に、青いオーブが来てくれました。

講演会は面白かったし、勉強になりました。素晴らしいヘンプ(大麻)のお話。

いかに、ヘンプが実用性に優れ、神聖で、古い歴史を持つ植物であるにもかかわらず、石油製品を売りたい権力によって不当に濡れ衣を着せられ抑圧されてきたか、というお話でした。

私たちがこれから意識の在り方を変えてゆく、集合意識を上げていく、そのために、ヘンプが大きな力を持ち、役割を果たすことも教えられました。

かなり幅のある4人のプレゼンターの選定、その議論がどう噛み合うのかどうか注目していましたが、、最後は、きれいにスピリチュアルにまとまったように思います。

日本でもヘンプが解禁になり、ヘンプが本来の地位を取り戻すことが、日本が開かれていく象徴となり、、次元上昇の始まりの合図となる、、、その結論は、私たちに対して非常に力強いメッセージでしたね。

そういえば、「集合意識の上昇が起きている」ことに、ベンジャミンさんが触れたのはちょっと驚きでした。彼は、「最近の台風は、日本の近くに来ると弱まるでしょ。これは、日本人の意識が上がってきているからだ」、、つまり、私たちの意識の在り様が外側の現象を左右している、という類の発言をしたんです。

そうなんですよね、台風にしろ放射能汚染にしろ、波動が高いところでは穏やかに収まる。。

その真実に気が付く人が増えてきました。

楽しい会を有難うございました!

青いオーブは、AAマイケルのエネルギー、、彼も見守っていてくれたんです。





格安で世界発売になったオーマサガス・HHO発生装置!

2014-10-04 20:52:14 | フリーエネルギー


HHOガス発生装置が二万円で買えるようになりました。

販売会社はこちら: HHO Kit for Engines till 150 HP (horsepower)

以前、福島除染関係でお伝えした画期的なテクノロジー、日本を救う!ついに出た低エネルギー・元素変換技術(省エネ・省資源・放射能無害化)、この技術によるフリーエネルギー、大政ガスのHHOガス発生装置が、格安で、世界発売されたそうです。

これはねえ、すごいことですよ! ほんと、ついに、こういう時代が来た!

ガソリンもメッチャ高くなってることだし、私が車のメカに強ければ、早速自分で装着してみるのですが。。

どなたかトライしたら、結果を教えて下さい! ヾ(@^▽^@)ノ

地球発のテクノロジーだけでなく、各種メッセージによると、、スペース・ファミリーによるテクノロジーの投下も加速しているようですね。

彼らは舞台裏で動いていますから、「この世界が変わり出した」と、私たちがそれを実感できるようになる頃には、もう相当に進んでいて、そこからの変化は激変、本当にあっという間に別世界になるかもしれません。



AENAマカバ・ダイナミック呼吸法・東北大復興プロジェクト in 仙台(11/7)のお知らせ

2014-10-04 20:07:25 | 想像=創造プロジェクト
来ましたよ~! いよいよゼロポイント、ダイナミック呼吸法、AENAプロジェクトが、東北(仙台)にやってきます! 

今回は、同時に、フクシマを中心とする東北を世界一美しい街にするAENAマカバ・東北大復興プロジェクトも、実施します。

福島・東北の復興を願う皆様、ぜひご一緒に素晴らしいマカバを作り、東北に設置して、東北を蘇らせましょう。もちろんダイナミック呼吸法もマスターして、ゼロポイントへ近づきましょう! 

もちろん、、私もワクワク!参加させて頂きます。





光の遊星より転載~

この仙台のイベントに、急遽、寄付金の一部を使わせていただき、マカバの天体部分に実際のAENAプロトタイプを配置し、「東北大復興」を願って、AENA版・特別仕様のマカバをチームで制作し、東北に設置する計画を立てました。

上のGIFアニメは、その設計図のようなものですが、すでにAENAのエネルギーが稼働し始めています。

私は、かつてより、311の震災のあったフクシマを中心とする東北は世界一美しい街になると豪語してきましたが、そのための協力を微力ながら参加させていただく機会に恵まれました事を感謝します。

制作プロセスはまた追って報告していく予定です。