里山暮らし

千葉の里山での 小さな村の四季の風景や畑仕事の記録です。

車の露が凍りました

2021-11-28 11:50:18 | 初冬

 昨日の夜は冷え込んで、半欠けの月でしたが 煌々とと言うそのままの明るさでした。

 昨日は早々に降りてくる予定でしたが 給湯器がいかれて、修理屋さんを呼んだんで 1日伸ばしたんです。来てくれた若いお兄ちゃんが見てくれたんですが、私と同じく加齢で寿命だそうで修理不能の判定でした。おまけに ポンプから石油が滲んで来てるんで 送油のコックも閉めて置きます、とのご宣託。築25年過ぎに入ってもう20年以上に成るんで 長寿の給湯器でも限界を超えていたようです。

 タンクから石油、灯油です、を抜くべくポンプを持ってくれば チューブが切れかけて使えず、また良く見たらタンクからも滲んで来ており、ダメになる時は皆あっちもこっちも いかれるようです。お兄ちゃんが来てくれたのが夕方だったんで、諦めてお湯が出ない山の家で一晩過ごし、早々に下りようとした訳です。

 玄関前に停めていた車の窓が凍っていました。初霜です。

  

 表面に着いた薄い氷です。良く見ると結晶が見えます。

 北風の晴れが続いて やっと本気で冬が来たようです。枇杷の花が綿毛を押し分けて控えめの花弁を開いては虫を呼んでます。冬の花の代表の一つです。

 

 新参者の皇帝ダリアが 本格的な霜が來る前迄の 小春日和を享受してます。新参者とは言っても もう15年は居座っているんで 時の経つのは早いもんですね。

 

 藪椿が咲き始めました。寒い筈です。此処に移してもう10年以上、大きく成ったもんです。

 

 蝋梅も咲き出しました。葉っぱは未だ皆くっついてます。

 蜜柑が甘くなりました。色も朱みが濃くなりました。木の下には何かに食われて皮だけになったのが 幾つか転がってます。じきに 獣や鳥に食い尽くされそうです。

 

 先週干した大根、未だ漬けるには 早いようです。

 長芋を掘りました。今年は思った以上の出来でした。90㎝以上のが何本か、と 全部で10本以上。

 使った樋のお古です。もう暫くは使えます。

 

 豆を落とし始めました。味噌用のや酢豆にする緑色が濃いのや、一緒になってます。夜なべで選り分けます。

 品種によって上がる時期がずれるんで、畑には未だ莢の青いのが 突っ立ってます。黒豆が家では一番遅くて、未だ莢が青いのがそれです。

 キャベツや白菜、小松菜にチンゲン菜に蕪や葱がもう一人前に育ってます。本格的に霜が来れば 味が良く軟らかくなります。 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大根を干しました

2021-11-23 14:04:20 | 晩秋

 一昨日、村の今年最後の道掃除で 村を通り抜ける道の両側の草や灌木、篠竹なんかを刈って 片付けました。夏の盛り程草の勢いは無くなってますが、カナムグラなんかの蔓草が蔓延って 絡みついて大仕事になってる所もあり 結構な力仕事でした。

 若い者が 山から大枝を伸ばして道の高い所を覆っている木まで切ると言い出し、高所作業車まで借りて来ました。で、止せばいいのにそれらの木の幹まで切り始めたんで夕方までに終わらず、 中途半端で終わりました。

 その後 一寸遅くなってましたが 大根を抜いて来て洗って干しました。半分壊れた小屋の 軒下に葉っぱを縛って 吊るしました。

 蒔いた時期が少し早過ぎて 太くなり過ぎたようです。来週漬け込もうと思います。太い奴は 半分に割る積りです。 

 

 食べる量が少なくなったんで、漬けるのも少なくしました。

 周りは枯れ色が主になって来て 小鳥も囀りではなく 地鳴です。メジロ、エナガにガラ等が群れて回ってきます。ヒタキの仲間も見るようになって 冬バージョンに変わってきました。

 前庭は 放ったらかしている内に ウコンに占領されそうです。さすがの草共も ウコンの大きな葉っぱと株の逞しさには 歯が立たないようで ヤブガラシやカナムグラも覆ってしまわずに居ます。

 

 冬の訪れ、枇杷の花が咲き始めました。前は この花が咲く時はもっと寒かったような気がしました。が、花が早く咲く様になったか 昔よか暖かくなったんでしょうか、

 皇帝ダリアが咲き始めました。夏前に刈り払い、忘れている間に伸びて蕾を付けてました。刈られて背が高くなるのが遅れ、倒されなかったのが良かったようです。

 居間の前の山茶花が 花一杯に成ってます。

 

 寒菊は終わってしまい 他の冬花が目立つようになりました。

 畑では 落花生や野菜の残骸が乾いて来て 一山燃しました。

 ゴボウは掘り終わり、大きな穴が開いてます。ヤム芋や長芋なんかを埋けるのに使います。

 白菜は週末にもう一遍来て 漬けます。小松菜や冬の菜っ葉が伸びて来て 伸び過ぎが心配です。晴れて来て 週末には霜が来そうです。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

豆を干し始めました

2021-11-13 11:57:53 | 晩秋

 今朝早く里山を下りて来ました。快晴で 左手に海越えの富士が 雪を頂いて朝日に輝いてました。そろそろ 畑では霜の覚悟をしとかないといけない季節に入ったようです。

 大豆の株が葉を落とし 莢が乾いてきました。豆を落としやすいように 株を抜いて乾かすべく、稲架に掛け始めました。3本のポールの頭の方を結わいて広げ 竿を載せる台にします。自分の肩位の高さにしました。  

 目敏い山鳩が啄み始めたようで 株元辺りに弾けた莢や零れた豆が散ってます。来週には稲架から下して 豆を落とします。1年分の味噌を煮れるだけは 採りたいもんです。黒豆は未だ葉が緑で 抜くにはあと2週間以上かかります。

 ヤム芋は掘り終わりました。草茫々にしてしまったんで 食べられる大きさになったのは 半分も無く 種芋クラスのが一杯でした。種芋を埋ける深い穴を掘る必要が有り、深く掘る必要が有る 牛蒡を掘り始めました。

 穴は腰上程、始めの株は 穴が浅くて途中で折ってしまいました。黒土が尽きて 黄色がかった粘土の山土の層まで掘らないと牛蒡を折らずに採れません。そこまで掘るには 穴の底まで降りなければならず、泥まみれで頑張りました。

 掘る目途がついた 数株を掘ったところで夕チャイムが鳴ったんで、ここまでにしておきました。来週は全部掘って、跡にヤム芋の種を埋けて置こうと思います。

 

 折ってしまった牛蒡ですが、軟らかく瑞々しくて良い と褒められました。

 蚕豆の芽が出揃いました。カラスに穿られて 抜けた所用に 余蒔きしておいた分も 出ているんで、早めに植えてやろうと思います。

 日が短くなって 入口角のクロガネモチの実が朱くなってきました。鵯たちが 真っ赤になる途端に 啄み尽くすんで、朱い実の華やかさを愛でるのは今の内だけです。

 日が温かいベランダで 台湾蘭の素心の花が開いてました。品の良い甘い香りです。冬を迎える支度に入れ、と急かしてるみたいです。長く居てくれてる 南国由来の蘭の幾鉢かですが 家へ取り込む時期みたいです。

 

 大根や白菜が育ってきました。漬物の時期が来ました。大根は洗って干します。白菜は幾つかに割って 1日 日に当てて漬け込みます。食べられる量は減りましたが 時期には時期の物が欲しくなります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寒菊が咲きました、立冬です

2021-11-06 12:05:38 | 晩秋

 やぼようがあったんで 今朝早く下りて来ました。棚田に霧が纏わりついていて、丁度 向こうの山から上がって来たお日様の光で 薄紅色に染まってました。広くもない棚田が 幻想的になってました。

 玄関脇の寒菊が咲きました。特に手入れをしてる事はないのに 健気にこの時季 冷えて来ると咲いてくれます。

 

 こっちの色のは 玄関の右側、上の白黄のは左側です。

 

 昨日は さつま芋を掘り終わりました。半分 猪に掘られ食われましたんで 1輪車に1杯と 肥料袋に2杯弱の収穫でした。苗をくれたKさんが 3種類伏せた種芋の識別をごっちゃにしてしまったんで、掘ってからの お楽しみになってしまいました。紅東と紅なんとか、に安納芋の3種です。紅東は金時芋特有のごつごつした見掛けで直ぐ判ります。

 ここへ来る猪の好みは 食われた芋の残骸を見るとどうも紅東の方らしいんです。大きく成った喰い出の有る奴をかじってます。

 落花生も 残っていた半立を抜き終わりました。こっちは電気柵のお陰で猪やアライグマには入られませんでしたが、鼠に随分遣られました。

 小さい鼠と馬鹿にしていた訳ではないんですが、今年は全くお手上げでした。畑の道寄りの半分をやられました。畝の山側の方を抜くとまあまあの莢付き、道側の方の株を抜いたら 枝から下がった針の先に抵抗が無く すーっと抜けてきます。全く何にも付いて無いんです。株元はトンネルがぐるりと掘り回されてました。来年は手立てが必要です。

 カラスが落花生抜きを 見物していて、目の前に降りて来ます。 捥ぎ残したり 抜く時落ちたりした莢を見つけては いくつも咥えてどっかへ持って行ってます。

 豆を残して 畑は冬野菜のみになりました。大根が太くなってきました。来週は抜いて干します。沢庵用です。

 白菜も1回目の奴が巻いてきました。もう収穫出来ます。こっちも割って漬けます。子供の頃の 冬籠りの名残を引きずってます。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋の椎茸が出始め 寒くなりました

2021-11-01 14:45:50 | 

 送って貰った去年のブログの先週の記事に 椎茸が出始めたとあったんで、裏藪の伏せ場に来てみました。一昨年の台風で折られた栗の枝に 菌を植えて榾木にしたのに こんなに出てました。

 

 15号台風で酷い目に遭った中で ほんの少しの恵みかな、

 コナラの榾木の方は 未だ芽が出始めたところです。

 栗の方は見た所 ボロボロになって来ていて、半分諦めていました。捨てないで良かった。本命のコナラやクヌギの榾木の方は 去年より少し遅れてます。

 モッテ菊が満開になりました。未だ蕾が有るんで 楽しみは続きそうです。

 

 黄色が強い方の花も 満開です。

 貰った時 この3種類をごちゃ混ぜにしてしまったんで、畝に一色田になってました。今度は確りラベルを付けて、分けて作る事にします。

 オオマサリの収穫を終わりました。ざっと洗って泥を落とし 干しました。カラスが待ってましたんで 大きなネットを掛けて防いでます。

 

 Kさんがヤム芋を掘ってたんで、掘り損なって割ってしまった奴を貰ってきました。今年は育ちが良かったようです。それに 寄る年波で Kさんも 深く掘る根気が無くなって来たみたいです。

 

 割れていたって 良い芋なんで 美味そうです。色々使えます。

 

 2回目の白菜を植えた畝に 大きな足跡が深く踏み込んでました。隣の さつま芋の畝へ向かってます。猪が遂に 家の畑にまで出て来ました。

 

 さつま芋を食い荒らしていきました。先週の雨の前に入り込んだようです。

 零れ種が育った落花生も この有様です。電気柵で囲った方には入り込んで来こなかったんで、 この株も大丈夫と思ってたんですが、敵は見逃してくれませんでした。

 

 Yさんに見て貰って 更に侵入が続く様なら、ぐるっと柵を巡らせる。市の方へ申請すれば 資材の支給は得られる事も有るとの事。畑の仲間と相談して申請を考えようと言う事に。柵を張るのは 畑の持ち主なんで その時は勤労奉仕をすることを約束しました。

 鹿も下まで来ているようで、食害で 畑をやる人が益々少なく成りそうです。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする