Mike(マイク)の写真日記

神奈川県を中心に、デジタル一眼で、主に鳥を撮ってます。
画像等の無断での転載・使用はご遠慮ください。

アオバト

2019-08-19 09:20:13 | カッコウ・ハト目

アオバトは丹沢のやまから大きな群れでここ大磯の海岸にやって来ます。

今回は群れで飛んでいる写真をアップ。












たくさん撮りましたのでまだまだつづきます。

コメント

アオバト

2019-08-18 16:31:33 | カッコウ・ハト目

久しぶりの投稿になります。

8月はじめ左足の太ももに激痛が走り病院に行ったのですが、最初の頃明確な病名が分からず不安でしたが、神経系の病気と分かりました。
こんなことがありトリ撮りどころではありませんでしたが、少しずつよくなり、ついに17日、4時起きで海岸に。

当日はかぜが強く、三脚が立てられないくらいでした。波はうねりではなく風波がが主でした。
アオバト、こんな状況ですが、群れでよくとんでくれました。 
大きな波とアオバトを中心にアップします。









コメント

アオバズク ヒナ2

2019-07-29 08:58:12 | サギ科

前回よりのつづきで、残り2羽のヒナで、巣立った翌日の状況。

彼らは木の高いところで2羽仲良く並んでいました。











元気に育って欲しいものです。

コメント

アオバズク ヒナ

2019-07-28 09:24:35 | フクロウ目

アオバズクのヒナ3羽が7/26巣立ちしました。
巣からでたヒナは近くの枝に、2羽+1羽で止まってました。
かわいいヒナの様子をアップします。

高い空抜けのところに2羽


そして残りの1羽は下の暗いところに、まだ多くのうぶ毛が。


このヒナのかわいいしぐさです。










コメント

オコジョ

2019-07-26 15:59:51 | 風景

北八ヶ岳、標高2200mの坪庭をぷらぷらしているとき、かわいい小動物にであいました、
オコジョです。 初見初撮り。肝心のトリには出会えず。









オコジョ イタチ科に属する動物で別名ヤマイタチ、体長はオスが約16~33cm、体重は約150~320g。メスはこれよりも小さなサイズです。

生息は主に寒い地域。年に2回換毛。夏季は背中や頭が茶色になりお腹側は白く2色に、一方冬季は真っ白のフワフワな毛に覆われ
尾の先は黒くなります。雪の中から顔を出すオコジョの姿も有名です。

かわいらしい見た目と違い、気性が荒い動物です。素早く動き、肉食でネズミやウサギなどの小動物を捕食します。
体よりも大きなウサギや、特別天然記念物に指定されているライチョウを襲うこともあります。(緑のgooより)

コメント

御射鹿池(みしゃかいけ)

2019-07-25 10:50:29 | 風景

御射鹿池に行って来ました。







御射鹿池 奥蓼科にある溜池、
湖面が四季折々の情景を鏡のように映す様が絵画のように美しく、東山魁夷の『緑響く』のモチーフとしても有名です。
2010年には「ため池百選」にも選定され、その美しさから『死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編』でも取り上げられました。
ここの水は「酸性の強い水」で微生物が生息しづらい環境で、微生物の活動が少ないことで水の透明度が
保たれているそうです。 紅葉の季節もすばらしいとのこと。 
(さわやか信州.netより)

コメント

アオバズク

2019-07-18 17:28:48 | フクロウ目

神社のアオバズクの状況

肝心のヒナ、頭を見た人も居たようですが、見られず。
もう少し時間がかかりそうです。
オス親は近くで昼寝ときどき目を開けます、メス親は巣の中?

コメント

ミゾゴイ3

2019-07-12 08:29:20 | サギ科

ミゾゴイのヒナに親たちがせっせと餌を運んでいました。

親鳥がやってきて、




催促する子供


呑み込んだ餌を、子供の口に直接戻しているようです。


別の場面、親がやって来るとみんなで首を伸ばして、早く!




子供に給餌。


この3枚は雨の中暗いとき。

コメント

ミゾゴイ 2

2019-07-11 08:36:17 | サギ科

ミゾゴイがたくさんミミズを捕ったあと、巣に向かうのですが、直接は行きません。
なぜか我々カメラマンの近くまでやって来ます。
すぐ横の塀の上に、




近すぎ!






巣には4羽のヒナが、大きくなっていて、巣立ち間近。


給餌の様子、次回。

コメント

ミゾゴイ

2019-07-10 16:07:38 | サギ科

123ミゾゴイが営巣しているところに行って来ました。
驚いたのはここのミゾゴイのフレンドリーさでした。ヒトもトリも相手を意識していません。
我らカメラマンが居るところに出てきたり、ずいぶんと近づきもできます。またこの公園での餌の豊富さにもびっくり、
このことがミゾゴイが何年もここで子育てをしている理由なのでしょう。

たくさん撮りましたので何回かに分けてアップします。
今日は採餌風景。
 ここでのミゾゴイの好物はミミズです。 またこのミミズがたくさん居るようです。

ミミズ探しの始まり、 こんなに近くまで、ノートリ。


1匹目、ぐーんと引っ張って




 2匹目 太く、長いミミズを、




丸呑みして、ヒナのところに、


3匹目 この場面では5分ほどの間、ほぼ同じ場所で、3匹のミミズを捕まえました、すごいところです。 


このあと巣に向かいます。 次回

コメント