AKira Manabe ブンブン日記

enjoy eating fun to cooking

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プラスの言葉、マイナスの言葉

2013-02-22 00:09:44 | Weblog
【口ぐせ】

重大な危機や窮地に直面した時、
人が最初に考える言葉は何か、
最初に口にする言葉は何か?

私はそれに注目し、大勢の体験者に尋ねてみたことがあります。

もっとも多かったのは、
「何とかなる」「大丈夫」というもので、
その言葉で自分を奮い立たせ、
逆境を乗り越えることができたという答えが圧倒的でした。


一方で、倒産や自己破産などに追い込まれるという
悲劇的な結末を体験した人々に聞いたところでは、
「もう無理だ」「私はできない」がトップでした。


否定的な言葉を発すると、脳は残酷にも、
その意向に沿って、ただちに「できない理由」を
山ほど探してきます。

「できる」こともまだあるのに、見向きもせずに、
できないデータばかりを集めてきます。

その結果、「無理」「できない」は確定するに至るのです。

最初のひとことがあなたの脳を支配します。

(自分を変える魔法の「口ぐせ」佐藤 富雄)



◆◆なるほど!

皆さんは上記の文章を読んで…危機の時なんて言葉を発するでしょうか?

私は…
「なんくるないさ~」
(沖縄の方言で“なんとかなるさ”という意味)

だって、私は非常に運が良く、これまで様々なことがありましたが、なんとかなってきたから。ね。

多分…先祖に守られ、強運なんだと勝手に思い込んでいます。

昨年は福島正伸先生の自立型問題解決法というセミナーで新しい言葉を教えてもらいました。

それはピンチになったときに使う言葉です。

ピンチになったら…
「チャ~ンス!」
と声に出して言うんだそうですよ。

これは実際に使ってみたら、なんと!効果抜群!

どんな困難でも乗り越えれるぜよって気持ちになります。


人は自分が発する言葉の通りの人生を歩むと言われています。

皆さんは普段プラスの言葉を多く発していますか?

それともマイナスの言葉を発していますか?

マイナスの発想、マイナスの言葉からは何にも得られないんだよ。

プラスの発想、プラスの言葉だけが現状をプラスに変えます。

例えば…
会社に不満があったとします。

マイナスの人は陰で愚痴、不平不満を吐きます。

プラスの人は改善という形で提案します。

同じことでも、対応は自ずと変わってきます。

プラスの言葉を発しましょう。
この記事についてブログを書く
« 業務改革! | トップ | 祝!伊予銀行小松支店90 周年 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事