Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

プーリアあれこれ 1

2018-12-09 18:30:20 | ヨーロッパ
プーリアのジェラート

イタリアに来たら1日1ジェラート。

と言うわけでまずはマテーラで閉店間際のジェラート屋さんに飛び込み。
 
自分のオーダーは右だが、濃厚チョコレートの下のラムチェリー・アイスが馬鹿ウマ。2ユーロ。

ポリニャーノ・ア・マーレで案内されたジェラート屋はレトロなたたずまいの有名店だそうで
  
 
ポール・マッカートニーを始めたくさん飾られた来店客の写真の中で、個人的なツボはマカロニ・ウェスタンで有名なリー・バン・クリフ。
 彼もこのかわいい器でジェラートを食べたのだろうか。2.3ユーロ。

続いて訪れたレッチェではしごしたのはこれもこの町の有名店だと言うNatale。
 
思いがけず大きくて明るい店内はジェラートを求めるお客さんでいっぱい。
 ここはチェリーの下のオレンジチョコがしっかりオレンジの香りでさすがのおいしさ。2ユーロ。

 バーリにも当然ジェラート屋はいっぱいあって、これはアパートのすぐそばの夜中まで開いていたお店で。2ユーロ。

もう一軒はネットで評判の良かったこちら。いかにも職人っぽいひげのお兄さんがいい感じ。
  
 メロン・ジェラートがまさにメロンそのままの味で1.8ユーロ。
後から入って来た子供たちはこの上にてんこ盛りに生クリームを載せてもらっていたが、日本人としては無理。

ジェラートの締めはローマの空港で。
 高級チョコレート屋Venchiはさすがに濃厚でおいしいが、プーリア価格に慣れてしまったので3.7ユーロもしたのにはびっくりした。


プーリアの戦利品

連日ジェラートを食べていれば体重増加も当たり前。
と言いつつ、戦利品もグロッタリエの陶器以外は当然食べ物ばかり。

ルティリアーノのグルメショップではガルガーノ半島産の蜂蜜とドライトマト。
 
アグリツーリズモでは自家製のモスタルダをゲット。

 
アルタムーラやモノ―ポリのローカル店では日持ちのするチーズを購入。

チョコレートはアンドリアのチョコレート博物館でも買ったが
 こちらはやはりプーリアで有名だと言うMaglioのチョコレート。
レッチェやバーリにお店があり、バラ売りされている色とりどりの小粒チョコレートはそれぞれフレーバーが違ってどれもとてもおいしい。

Quartaはレッチェの有名コーヒー店だそうだが地元ではお店が見つからず、バーリ空港で見つけて購入。
 
あとはスーパーでオレキエッテや小粒のヒヨコ豆など買ったら、アルタムーラの巨大なパンもあるので荷物がすごく重くなってしまった。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (1)

プーリアの旅 17 バーリ~帰国

2018-12-07 17:44:17 | ヨーロッパ
10月20日 続き

モノ―ポリから戻り、最後の夕食はバーリ市内で。

 
バーリの新市街には大きなバーリ大学の建物がいくつもあって、その周辺にはしゃれたカフェやレストランがある。

アパートの掲示板のおすすめピザ屋が大学の近くにあったので、夜8時頃に行ってみた。
するとテーブルのほとんどはまだ空いているのに、すべて予約済みとのことで入れず。
ちょうどお向かいにもピザ屋があったので、見た目はパッとしないがそこに入ってみることにした。
 
扉を開けると愛想のいいおじさんたちが入ってすぐの丸テーブルに案内してくれて、無事に席を確保。
しかし他のテーブルは大きなグループに予約されていたらしく、後から続々と地元の身なりのいいお客さんたちがやって来たので危ない所だった。

席に着くと英語をしゃべるおじさんがやって来て、「前菜は肉がいいか、魚がいいか。ピザはマルガリータだな」とここはメニューはないのか、値段もわからないままもうおまかせ。

するとてんこ盛りの生ハムにタコサラダ、すっかり気に入った生オリーブの素揚げに
  
 
そら豆のピューレと青菜、豆の煮物とプーリアらしい料理が次々と出てくる。
どれもシンプルで素材の味が楽しめ、豆の煮物はイエメンやモロッコで食べたものにそっくり。

「チーズも食べるか」と聞かれたがもう食べすぎる。
しかし他のテーブルには必ずリコッタかモッツァレラのようなチーズが乗っていて、フランスでは食後に出るチーズがここでは前菜に出るのが面白い。

そして登場したピザ。
 やっぱりこれを食べずには帰れない。

 
食後のサービスにリモンチェロを運んできてくれたおじさん、普段はスコットランド在住なのだがちょうど里帰り中で手伝っているとのこと。
お代はワイン1本を入れて3人で90ユーロと思ったよりお高かったのはここが実は結構高級なリストランテだったからのようだが、プーリア名物をいろいろ楽しめて、おじさんにおまかせしてよかった。


10月21日

 駅前のバールで簡単な朝食を食べたら、約束の9時にアパートのオーナーが来てくれて、タクシーを呼んでもらって空港へ。

空港へは25分、25ユーロの定額で明朗会計。
 
バーリの空港は明るくてきれい。
 
中にも充実した食材屋さんやカフェテリアがあるところ、さすが食自慢のプーリアだ。

バーリから乗り継ぎのローマの空港では3時間あったので
 
バーカウンターでお名残惜しく最後のブッラータ。

まだ時間があるのでラウンジに行ってみると、お向かいにはなんと味千ラーメンが。
 
一番安いラーメンが13ユーロ(約1700円!)もするが、結構欧米人が入ってにぎわっている。

こちらはプライオリティ・パスでは入れるプラザ・プレミアム・ラウンジ。
  
 
ここも食べ物が豊富で、さすがイタリア。
しかしもうお腹はいっぱい。

アリタリア機内を除いては食に大満足のプーリアの旅だった。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント

プーリアの旅 16 モノ―ポリ

2018-12-05 19:12:02 | ヨーロッパ
10月20日

プーリア滞在も実質最終日。
 キッチンの食材を片付けるが、ビーツにいろいろなフルーツが入ったジュース、日本でも売ってほしいぐらいおいしい。

今日も遠足で、今度は国鉄駅へ。
 
さすがに大きな駅から
 
ローカル線に乗って40分。
 
やって来たのはバーリの南40キロ、アドリア海に面したモノ―ポリと言う町。

ここは紀元前から人が住み、ローマ時代から発展した町だそうだが、ロンプラにも載っていないので情報がない。
 駅前のやる気のない案内所で地図をもらい、あとは街角にある案内板を頼りに街歩きを始める。

 駅から10分ほど歩くと大きな広場というか公園があり、この先が海に面した旧市街。
  
市役所とか、なかなか立派な建物が並ぶ。

案内板に従ってやって来たのはSanta Maria degli Amalfitaniという小さな教会。
 
12世紀に建てられたという教会の内部はシンプルで特に見るべきものもないようだが、眺めていると堂守らしい女性が「地下を見たいんでしょ?」と階段の柵を開けてくれた。

 
この地下礼拝所は11世紀に作られた古いものだそうで、初めは気が付かなかったのだが
 よく見ると低い天井一面にフレスコ画がある。
  
17世紀に描かれたという絵は褪色して良くわからないものが多いが、見ているうちに顔や手が見えてきて、まるでだまし絵のようで面白い。

 
教会を出て少し行くと城壁があり、その下をくぐるとその先には港。

 
漁船がいくつも停泊していて、早朝なら魚がたくさん見られるのだろうが、11時過ぎでは残念ながらもう閑散としていた。

この港の周りの壁には古い写真のパネルが並べられていて
  
 
これがなかなか面白い。ちょうど開催中の写真展イベントの一環のようだが
 「モノポリー」を抱えた男の子、しゃれが効いている。

岬の突端にはカルロス5世が建てたと言う城というか要塞があって
 
そこから海岸沿いに城壁が続いている。

  
城壁の内側の狭い道をかわいい三輪車が通り、

さらに行くと小さなビーチがあった。
 この日も快晴で、また海に入っている人たちがいる。

 ここから町の方を見ると高い鐘楼が見える。
そこでそちらを目指して城壁をくぐると
 いきなり大きな教会の正面に出てちょっとびっくり。
これが18世紀に建てられたこの町の大聖堂。
 
内部はバロック様式で華やかだ。

さて、そろそろお腹も空いてきた。
そもそもこの町に来たのはおいしいシーフードにありつけるだろうと期待してのこと。
「レストランはたくさんある」という案内所のお姉さんにどこがいいかと無理やり聞いたレストランに来てみた。
  
細い路地に面した店だが、イタリアでは珍しいお手拭がタコでさすがシーフード・レストラン。

いろいろ食べてみたいのでアンティパスト・ミストを頼んでみると
 
まずはサラダやマリネがいろいろ出てきたが、食材に新鮮さが感じられなくて、これははずしたか。
 
エビも普通だったが、白身魚の揚げ物で少し持ち直して
 ムール貝はプリプリとおいしい。
 そしてメインにはシーフード・フリットを頼んだが、これもハタハタのような魚やエビがおいしい。
が、それ以上においしかったのは実は野菜で、細切りニンジンのフリットうまし。

期待したほどではなかったが、後半は良かったのでまあ良しとしよう。

バーリへの帰路は25分で着いてしまった。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント

プーリアの旅 15 アルタムーラ

2018-12-04 19:03:42 | ヨーロッパ
10月19日

本日はバーリから遠足でアルタムーラという町へ行く。

バーリからはアップロ・ルカーノ鉄道と言う私鉄で一本なので簡単なのだが、大きなバーリ中央駅に行っても乗り場がなかなか見つからない。
それと言うのもバーリにはイタリア国鉄の他に私鉄が3本も乗り入れていて、駅前広場の正面に見えるのは国鉄、私鉄は向かって右側にあるのだが
 
空港線のあるNord線はともかく、アップロ・ルカーノ線は「えっ、これなの」と言うほど小さな建物に表示も小さくて、わかりづらいことこの上ない。

 
こじゃれた窓口で往復切符を買うとアルタムーラまでは片道3.2ユーロ。
 
階段を上がった2階のホームには意外にも真新しい自動改札があって、切符のQRコードを読み取らせて入る。
隣の線路はNord線、その向こうには国鉄のホームも見える。

 
車両もきれいで、車内にわかりやすいモニター表示があるのはこの線が有名観光地となりつつあるマテーラへ行くためだろうか。
発車間際にはこの列車も多くの外国人観光客でいっぱいになった。

発車してしばらくはバーリの郊外住宅地を行くが、線路の地下化工事が進行中でずっとノロノロ運転。
うんざりした頃にやっと住宅地を抜けると
 あとはおなじみ平坦なオリーブ畑で、景色は正直あまりおもしろくない。

バーリから45キロの距離を1時間10分かかってアルタムーラ駅に到着。
 
地下通路を通って表に出ると公園があるが、こちらに面している赤いアルタムーラ国鉄駅は今は使われていなよう。

親切なおばさんに道を教えてもらい、駅からまっすぐ歩くこと15分ほど。
 
立派な門をくぐるとその先が旧市街。 
 石畳が続き、観光客や地元民がのんびりとくつろいでいい感じの町だ。

さて、まずはこの町に来た一番の目的を果たさねば。
 
とやって来たのはサンタ・キアラ教会のお向かいにある小さなパン屋。
アルタムーラはケイコさんの所でもいただいた通り、パンで有名な町。中でもこの店は1423年創業、昔ながらの薪窯を使っていると言うことでお客さんがひっきりなしに訪れる。

 
中に入ってみるとなるほど大きな窯があり、その前にあった小麦粉はとうもろこし粉のように黄色い。
 
この窯の中を撮ろうとカメラを構えていると、中を明るくしようと薪をくべてくれた男の子、この店の跡継ぎだろうか、なんて気が利くんだ。

 こちらは大忙しの売り子のお姉さん。
 
無事に1つ2ユーロの大きなパンを買い、さらにタラッリとおいしそうなフォカッチャもゲット。
フォカッチャはアパートに戻ってからお昼にいただいたが、袋に染み透るほどたっぷりオリーブオイルが使われていながら、少しも油っぽさがなくてしっとりおいしい。さすが本場は違う。

 こちらはパン屋の名前にもなっているサンタ・キアラの教会。
その脇にカフェのテーブルが出ていたのでちょっと休憩。
 
コーヒーといただいたのは「修道女のおっぱい」というこの町のお菓子だが、フワフワのスポンジの中にクリームがいっぱい入ってなんとも優しいおいしさ。仙台の「萩の月」をさらに洗練させた感じだが、コーヒー4杯にこのお菓子2つで5.5ユーロと言う値段には思わず「何か間違っていないか」と確認してしまった。

目的は果たしたところでのんびりと町の観光。
 
町の中心にあるのはフェデリーコ2世が13世紀に建てた大聖堂。
  
正面扉まわりの細かい彫刻が見事。
 
パステルカラーの内部もとてもきれいだ。

  
他にこれと言ったみどころはないものの、小さな旧市街はもうおなじみの景色とは言え生活感も感じられてやっぱりいい感じ。

 それでは新市街の方にはスーパーでもないかとうろついてみると
 
店の奥が作業場になっているチーズ屋を発見。イタリアのチーズ屋は日本の豆腐屋のように作りたてを売る所だとコッコロ・マダムから聞いていた所になんとも絶妙のタイミング。
 
店内には甘いミルクの香りが漂い、ガラスケースの中にはリコッタやスカモルツァ、カッチョカバロなどが並ぶ。
フレッシュチーズを買っていくお客さんなど眺めていると店員のお姉さん、気前よく味見をさせてくれて、やっぱりプーリアはいい所だ(笑)。

さらに駅へ戻る途中、きれいな八百屋さんがあったので覗いてみると
  
 
調子のいいおやじが季節ものだという葉物野菜を強力プッシュ。食べ方まで身振り手振りで教えてくれたのでここで買い物。

パンやら野菜やら、まるで主婦のような買い物袋をぶら下げてバーリへ戻り、
 
午後は新市街の店など覗いてみた。

そして夜はまたキッチンをフル活用して
 アルタムーラで買った野菜やチーズ、ハムで夕食。

八百屋推薦の野菜は葉がとげになっているのですべて取り除き、茎だけをゆでてからソテーしたもの。
特にこれと言った味ではないがちょっとフキのようなシャクシャクとした食感があり、これを楽しむ野菜なのかもしれない。
なんと言う野菜なのか、ご存じの方はいらっしゃらないだろうか。

その横の黒いものはこの時期にしか食べられないと言う生オリーブ。
オリーブオイルで素揚げにして塩を振っただけだが、これがほろ苦い中にちょっとした甘みも感じられて絶品。

肉屋で切ってもらったハムもすごくおいしくて、これだからアパート滞在はやめられない。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (4)

六本木でアフリカ料理@「アフリカンホームタッチ」

2018-11-29 18:12:55 | 食べ歩き
旅行三昧のkimcafeさんが1ヶ月に渡る西アフリカ旅行から戻られたので、今度は珍しいアフリカ料理店で帰朝報告会。

 「アフリカンホームタッチ」

場所はドンキホーテの先、昔懐かしロア・ビルの向かいのビル3階。
六本木なんて随分久しぶりに来たけれど、ロア・ビルはいまだ健在なのだね。

結構広い店内だけれど、平日の夜のせいか我々の他はアフリカ系のお客さんがパラパラと来る程度でほぼ貸し切り状態。
 先に揃っていた皆さんが飲んでいたのはちょっと甘みのあるアフリカのビール。飲めない自分はMaltaなる物を頼んでみたが、ガラナだと言われたこれは甘いコーラ。

注文はもちろんアフリカ帰りのkimcafeさんにおまかせ。

 まず登場したのはヤム芋フライ。添えられたお味噌は他の料理にも付いてきたが、タイのエビ味噌のような風味がある。
 こちらは山羊肉のフライ。これが臭みなどまったくなく、スパイスがほどよく効いてすごくおいしい。

 サラダと共に登場したのはアフリカン・ミスト。しっかりした白身魚のフリットで、サクサクした衣がてんぷらよりさっぱりしていい。

ここからがメインで、まずはフフとピーナッツスープ。
 
フフとはプランタン(料理バナナ)を搗いて作るものだそうで、店内にも緑のプランタンがあったがこれは箱に入ったフフの素で作ったものかな。餅のようと言われるが確かに柔らかくて弾力があり、食感も味も北海道のイモ餅に近いと思う。
ピーナッツスープの方はちょっとピリ辛で香辛料の種類が違うカレースープと言ったところ。ピーナッツの味はほとんどしないが、フフを漬けて食べるとなるほどアフリカの食事という感じ。

 
続いては唐揚げにしたテラピアと、ラップに包まれているのはバンク―。こちらは発酵したとうもろこしでできているそうだが切るとういろうのような感触で、食べるとかなり酸味があって、これは今までに食べたことのない味。

西アフリカにはこのような穀類の粉を練った主食が何種類もあって、材料の違いで名前が違い、さらに部族ごとに呼び名が変わるのでややこしい、と西アフリカの屋台を食べ歩いたkimcafeさん。
こちらのレストランのメニューにもケンキーとかガリとかまた別の練り物が載っているが、今日はできないとのことで食べ比べが出来なくて残念。

 ワーチェは朝食によく食べられるというお米の料理だが、小豆のような豆が入って赤いそうで、堅めのリゾットのようなもちっとした食感。癖のない味でおいしく食べられる。

ここで本日のスペシャル登場はkimcafeさんのお土産、ガーナの食べる石。
 
気が動転して写真がぶれた(笑)わけではないが、これはどう見ても石と言うより粘土を丸めたもの。
ガーナ出身のママ・シェフが早速食べて見せてくれたが、確かにガーナでは女性が良く食べるそうで、特に妊婦にいいとされているとか。ただし当然のことながらいくつも食べるものではないらしい。

そこでこちらもいただいてみると、齧ると意外に簡単に割れる。
しかし食感も味もチョークみたい(食べたことないけど)で、口の中で粘土に変わる。
珍しいものをいただきました、がおいしくはない。

 ということでココナッツ・アイスでお口直しをして〆。

珍しい食事と楽しいお話しで満腹して、家に帰りついたらkimcafeさんにいただいたブードゥー人形のお土産を店に忘れてきたことに気が付いた。
kimcafeさん、スクムビットさん、ごめんなさい 絶対にわざとじゃありません。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント (5)