Luntaの小さい旅、大きい旅

ちょっとそこからヒマラヤの奥地まで

「シェイプ・オブ・ウォーター」@日比谷シャンテ

2018-04-24 16:29:56 | 機内食・映画・美術展
3月末にオープンしたばかりの東京ミッドタウン日比谷、入っている映画館が豪華そうなので、見たい映画をここで見ようと思っていた。

ところが諸事情によりお出かけを1週間延ばしたら、上映館が変更になって日比谷シャンテの、それも地下の小さな箱になってしまってがっかり。

でもやっぱり見たい映画だし、といつものごとくお安い水曜のレディースデーに日比谷へ。

 「シェイプ・オブ・ウォーター」 The Shape of Water

この映画、今年のアカデミー賞の作品賞、監督賞を取っているが、口の利けない中年女性が半漁人と恋に落ちるお話し、とそれしか事前情報を持たずに見に行った。

そんなわけで開始早々50年代のセットや衣装にびっくりし、白黒のテレビに3,40年代のハリウッド映画が映る所でもうノックアウト。この世界観はたまらん、これは好きな映画と確信した。

一言で言えば変なファンタジー映画、恋する片方はモンスターだし、もう片方も美しいとは言えないおばさん、他の登場人物もみんなおじさん、おばさんばかりで若い美男美女など一人も登場しない。
指は喰いちぎられて黒くなるわ、ソ連のスパイはボコボコにされるわでグロいところもいっぱいあるのに、水の中のラブシーンやミュージカル場面は美しいし、全体にちょっとひねったユーモアがあるところがいい。
ブラックなファンタジーなのでティム・バートンを引き合いに出されることが多いようだが、バートンよりもこの監督のギレルモ・デル・トロの方が大人。
むしろテリー・ギリアムに近いものを感じて、だから好きなのかもしれない。

こんな変態映画がアカデミー作品賞とは、今年のアメリカはなにかとひねくれてるかも。うれしいけど。

映画の後はここもリニューアルされたシャンテの地下レストラン街へ。

 「やさいの王様」なる野菜料理の店があったので
 
鶏の塩麹焼がメインの定食に食べ放題のサラダ。
サラダバーは期待したほどの種類がなく、補充のタイミングも悪い。器がグラスなのも盛りづらくて、これは取りすぎないようにわざとだろうか。
しかし青菜類など生で食べてもおいしく、10種類近くあるドレッシングがどれも秀逸。
野菜料理の店とは言えメインの鶏もとてもおいしかったが、これで2000円弱とはさすが日比谷はお高い。

このレストラン街にある店、いつの間にかどこも有機などの野菜を前面に立てるようになっていて、これが今のトレンドなのね。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大藤まつり@あしかがフラワーパーク

2018-04-20 21:21:57 | 国内旅行
この春はやけに花づいていて、桜、チューリップに続いては以前から一度行ってみたかったあしかがフラワーパークへ藤の花を見に出かけてみた。

出発は浅草駅から、東武線の特急「りょうもう」で。
 
平日の朝でも日光行きは結構な乗客だが、赤城行きのこちらは余裕。

1時間20分で足利市駅に到着。
 
駅前にはフラワーパーク行きのシャトルバスが待っていて、満員になると時間前に出発してしまったのは次々に臨時バスを出している様子。

ここからは結構距離があって、フラワーパークまでは20分強。
 4月19日の入場料は1700円。
ここは花の咲き具合によって入場料が変わり、最高は1800円なのでほぼピークということ。
 
ゲートを入った途端にお土産売り場、そこを抜けるとすぐにレストランエリアとは、しっかり商売していらっしゃる。

平日とは言えすでに大盛況の園内だが
 さすがによく整備されていてとてもきれい。

早速正面に見えてくるのがちょうど満開を迎えたうす紅藤の棚。
  
  
淡いピンクのカーテンのようで、この下に座るとなんともいい香りがする。

さらに香りがいいのは園内のあちらこちらに植えられた庭木仕立てのむらさき藤。
 
色も美しいが、藤とはこんなにいい香りのする花だったかと深呼吸してしまう。

 
こちらも立派な庭木仕立てだが、白藤は花が遅くてまだ咲き始めた所。

  
まわりにはつつじやしゃくなげがたくさん植えられていて
 
まさに花の盛りで燃えるように鮮やか。

この園内で一番有名なのは樹齢150年と言われる2本の大藤。
 
 
 
この藤棚の広さは600畳もあるんだそうだ。

  
こちらの花房が最長1.8mにもなるという大長藤はまだ成長途中の様子。

さらに珍しい八重咲きの藤。
 
遠目にはまるでブドウの房がたわわに実っているように見える。

 
白藤のトンネルはまだ枝のトンネルだったし、きばな藤はまだつぼみも見えなかったけれど、園内を一周して藤を堪能。

藤の他にも園内にはたくさんの種類の花が咲いていて
 
八重桜やハナミズキが青空に映える。

ハンカチの木は本当に白いハンカチが枝にたくさん引っかかっているように見えるが
 
ハンカチの奥の本当の花は初めて見たかも。

  
  
足元に寄せ植えされた小さな花もよく見るとかわいいものがいっぱいだ。

園内には軽食がとれる食堂が何か所もあるが、どこも混んでいるので
 
栃木名物じゃがいもフライに、佐野のゆるキャラ、さのまる君の飲むヨーグルトでお昼ごはん。
デザートのスカイベリー・ソフトは480円もするだけあってしっかり苺の味がしておいしかった。

フラワーパークの敷地はそれほど大きいわけでもなく、写真を撮りながらゆっくり回って2時間。

帰りはこの4月にできたばかりというゲートから徒歩5分のあしかがフラワーパーク駅へ。
 1時間に1本の両毛線に乗り、小山で乗り換えて東京に戻ってきた。

足利は遠いけれど、この見事な藤は一度は見る価値がある。
ただし平日でもこの人出、休日にどんな混雑になるかは想像もしたくない。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

佐倉チューリップフェスタ 2018

2018-04-17 19:31:16 | 国内旅行
毎年恒例、佐倉のチューリップフェスタ、父親のご機嫌伺いついでに覗きに行ってみた。

会場であるふるさと広場までは4キロ弱、京成佐倉駅前から送迎バスが出ているが、日も差さず心地いい気温なのでテクテク歩いてみると40分ほどで着いた。

  

風車が回り、ミッフィーちゃんがこっそりいる広い会場。
  
パンフレットによると植えられているチューリップは79種類、今年は67万株植えられているそうで、週末のため屋台なども出現。
 
花畑に大勢の人がシャベルを持ってしゃがみこんでいるのは10本500円で球根を持ち帰れるためだ。

しかし遠目にはきれいに見えるチューリップ、近くで見ると実はもう終わりかけているものが多くて、例年GWの前には終わるフェスタ、今年は暖かさのためにさらに10日ほどは花が早かった様子。

植えられているチューリップの種類は年ごとに少し違うようで
  
  
今年はやけに八重咲きが多い。ぼたんの花のようにも見えて
 
これなど頭が重すぎるためか、茎が面白い形に波打っている。

おかしなもので、変形が多すぎるとオーソドックスなものが新鮮に見えて
 
こんなチューリップがいとおしい。 
    
  

 鉄オタの弟によるとこの辺りは線路が微妙にカーブして電車の写真を撮るのに最適だそうで、京成ファンにはおすすめだそうだ。 


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミャンマー南部の旅 7 モウラミャインの市場

2018-04-15 16:40:22 | 東南アジア
3月6日

ホテルには朝食が付いているが、前日ガイドさんからすぐ近くにおいしいモヒンガーの店があると聞いていたので、7時前に外へ。

するとなるほどホテルから3,4軒先に大勢の人でにぎわう店がある。

 
見ているとご飯におかずをかけてもらっていたり、お弁当箱に詰めていたり、お代わりをしている人たちもいてシステムがよくわからない。が、とにかくモヒンガーが食べたいと忙しく働くにこやかなおばさんにお願いして一杯確保。
 
ワンコに見守られながらいただくと、やさしい味でおいし~

お皿を下げてお代は、と財布を出すとみなさん「いらない、いらない」と手を横に振る。
外国人だから取らないのかと途惑っていると誰かに「ハッピーバースデー」と言われてますます困惑。
が、どうも誰も払っていないようなのでありがたくごちそうになる。

一皿が少なかったので、さらにホテルのビュッフェでもまたモヒンガー。
 こちらもおいしいが、やっぱりおばちゃんの方が優しい味だったような。

と、これを食べているとガイドさん登場。
やはり隣で食べてきたと言うのでお代のことを聞くと、「店主の67歳の誕生日なのでお振る舞いだそうです。たくさんの人が食べてくれるほど功徳を施したことになってめでたいのです。」
素敵な風習ではないか。

ホテルをチェックアウトしたら街を離れる前にストランド通りから一本入った所にある市場に寄ってもらう。

 
車を停めたのはこの屋根つきの建物の前。中には雑貨や衣類などたくさんの店があるようだが、8時ではまだ開店準備中のようでお客の姿はない。

この隣に広がるのは生鮮市場。
  
たくさんのパラソルの下に野菜や果物の露店が並び
 さらに入ると屋根の下にお店がびっしり、こちらはすでにたくさんのお客でにぎわっている。

   
ジャックフルーツやら青パパイヤ、バナナの花などいかにも東南アジアの食材が並び
 
白い丸太のようなバナナの茎はモヒンガーに必ず入っているショリショリした食感が楽しいもの。
エビのペーストや魚を発酵させたものなどもある。

 
ワイルドな肉売り場には豚と鶏。

そしてこの市場で楽しいのが海辺らしく豊富な魚売り場で
  
エビやらイカやら、魚も見たことのないようなものがいっぱい。

他の国では肉や魚の売り子は男性が多いが、ここでは売り手も買い手もほとんど女性。
ミャンマーの女性たちは働き者だ。
そしてここでびっくりしたのがガイドさんが初めてここに来たと言うこと。
「普通はお寺の見学に忙しくてこんな所には来ません。こんなに大きい市場があるなんて知りませんでした」とヤンゴン出身者が喜んでいる。

食後のデザート用に果物を調達。マンゴーの下にあるのが目が覚めるほど酸っぱいマリアン、緑は料理用。
 
マンゴー2つとマリアン5つで1000チャット(約80円)。大好きなロンガンはこれでなんとたったの200チャット(約16円)だった。

 8時半にモウラミャインの街を出て、昨日と同じ南下する道を行き
 
山の上のお寺など見ながらタンビュザヤも通過。
道の状態は良く、両側にはゴムの畑が延々と続く。

 3時間でイエと言う町に到着。
この先にはもう目的地まで町らしい町はないので、少し早いが路線バスも停まっている食堂でお昼。
  
 
例によっていろいろなおかずがずらりと並べられているので、食べたいものを指さしてご飯に乗せてもらう。
 本日のチョイスはイカの煮物。
甘辛く煮つけられた味は日本の煮物にそっくり。キャベツの煮物も乗せてもらい、いつもの通り生野菜とスープがついて1500チャット。
大満足。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ミャンマー南部の旅 6 モウラミャイン

2018-04-13 19:39:01 | 東南アジア
3月5日 続き

本日の宿泊地、モウラミャインはモン州の州都でミャンマー第3の「都会」。
1826年から52年まで英領ビルマの首都だったということで、コロニアル建築が見たいと街中を車でまわってもらう。

町の中心で目立つのは教会。
   
 
まわりのモスクや仏教寺院と同居しているところが港町らしい。

昔の役所だったらしい建物もいくつか見えて、それらは学校などになっているとのことだったが、
 
ちょっと歩いてみよう、と降り立った通りは雑然とした感じで
  
よく見ると細部にコロニアルっぽさがなくはないが、残念ながらあまり趣は感じられない。

町の中心には小高い丘があって、ここはお寺だらけなのだが、上ると景色が良く見えると言うことで車で展望台へ。
 
先ほど歩いていた街の向こうは海だが、すぐ沖合に大きな島があるので川にしか見えない。


丘の反対側にも町は広がっていて、鉄道駅やバスターミナルはこちら側。
確かにミャンマーでは大きな町だ。

日も落ちてきたので本日のホテルへ。
 
Ngwe Moe Hotelは海沿いのストランド通りに面していて
 
もらった部屋のベッドから目の前に海が見えると言うベストポジション。
 外に出ることもなく海に陽が沈むのが眺められた。

夕食のため、またガイドさんと外出。
モン料理の店を探してくれたがこれと言う所は見つからなかったらしく、看板の下のお人形はモン族の衣装だが
 
今夜はホテルでおすすめというタイ料理屋になった。

 
海辺に来たので海鮮サラダに魚の蒸し物。
 農民風スープとやらには野菜がいっぱい入っていたが、どの料理も味が濃い。ご飯をたくさん食べるミャンマー人向けの味付けだろうか。

食後はガイドさんとスーパーへ。
 
さすがはミャンマー第3の都市、ここにはロッテリアも入ったきれいなショッピングセンターがあって、スーパーも大きくて品揃えが豊富。
 ガイドさん、ここでも気に入ったロンジーを見つけて一枚お買い上げ。
いったいどのくらいロンジーを持っているのかと聞いてみたが、笑って教えてくれなかった。

 ところでここに寄ったのはガイドさんおすすめのモヒンガースープの素を買うため。
他にもメーカーがいくつかあるが、これが一番おいしいとのこと。 
 
ミャンマー産のカシュ―ナッツは珍しい薄皮付き。カチンのハチミツはブラッククミン入りで体にいいと書いてあるが、黒蜜のように濃厚ながら意外にくせはない。

盛りだくさんの一日、これにて終了。


 ←人気ブログランキングへ一票、お願いします。 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加